以下の内容はhttps://s-max.jp/archives/cat_35294.htmlより取得しました。


ソフトバンク、5G SAを使った法人向けマネージドサービス「プライベート5G」を提供開始!シャープがモバイルルーター「SH-U01」を納入


ソフトバンクが法人向けマネージドサービス「プライベート5G」を提供開始!対応機種「SH-U01」も発売

ソフトバンクは29日、携帯電話サービス「SoftBank」において5G(第5世代移動通信システム)のSA(Stand Alone)方式(以下、5G SA)を利用した法人向けマネージドサービス「プライベート5G」を2023年3月29日(水)に提供開始したと発表しています。

プライベート5Gは企業や自治体などのさまざまなニーズに合わせて個別にカスタマイズした5Gネットワークを提供するサービスで、まずはパブリック5Gの設備や電波を利用する「共有型」(以下、プライベート5G(共有型))のサービスを提供するとのこと。

合わせてシャープがソフトバンクのプライベート5Gに対応したモバイルルーター「SH-U01」を商品化したと発表し、ソフトバンクより3月29日に発売されたとのこと。5G NR方式のSub6(6GHz未満)に対応し、5G SAをサポートして下り(受信時)最大約2.1Gbpsで利用可能となっています。

またソフトバンクと住友電気工業がこのプライベート5Gを活用したスマート工場の実現に向けて協業を開始し、プライベート5Gの対応端末として住友電工が開発中の産業用5G端末を2024年をめどに提供する予定であると発表しています。

また産業用5G端末に加えて住友電工の独自技術であるAI(人工知能)による映像圧縮・解析ソリューションなどを活用して生産現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進めることによって住友電工グループをはじめとする工場の生産性向上に向けた取り組みを推進していくとしています。

なお、ソフトバンクでは利用者の敷地内に専用の基地局や設備を設置して高度なプライベートネットワーク環境を提供する「プライベート5G(専有型)」は2023年度中に提供開始予定だとしています。

続きを読む

ソフトバンク、Leica監修の5G対応ハイエンドスマホ「Leitz Phone 2」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ライカスマホ第2弾「Leitz Phone 2」がAndroid 13に!

ソフトバンクは29日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに昨年11月に発売した5G対応ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Leitz Phone 2(型番:LP-02)」(Sharp製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年3月29日(水)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(5G/4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。また更新は完了まで最大30分程度かかる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容は以下の通りですが、詳細はシャープの公式Webページ『Android 13対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.13) – よくあるご質問』をご確認ください。

・Android 13へのOSバージョンアップ
・まれに通話中の送話音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上
※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

日本国内初!ソフトバンクがiPhoneやiPadで5G SAを提供開始。iOS・iPadOS 16.4で対応し、無料で利用可能ながらも将来は有料化を予定


ソフトバンクが5G SAをiPhone 14シリーズやiPad Pro 12.9インチ(第6世代)・11インチ(第4世代)で提供開始!

ソフトバンクは28日、携帯電話サービス「SoftBank」にてスタンドアローン(Stand Alone)方式による5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス(以下、5G SA)を最新のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズおよびタブレット「iPad」シリーズ(ともにApple製)に対して日本国内通信事業者として初めて提供開始したとお知らせしています。

対象機種は「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」、「iPad Pro 11インチ(第4世代)」、「iPad Pro 12.9インチ(第6世代)」となっており、これらの機種にて最新のiOS 16.4またはiPadOS 16.4にアップデートすることで5G SAが利用可能となります。

なお、同社では現時点では5G SAを無料で提供していますが、将来有料化して月額料金550円(金額はすべて税込)で提供予定としており、有料化(任意加入)に伴って未加入の場合には5G SA機能を制御(停止)する可能性があるとのこと。

有料化および機能停止は今回提供を開始したiPhoneシリーズおよびiPadシリーズだけでなく、すべての5G SA対応製品が対象となる予定で、具体的な月額料金や提供開始時期は未定となっており、決まり次第、同社の公式Webサイトなどで案内するとしています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBankにて障害時などのつながりにくい時にau回線に切り替えて使える「副回線サービス」を4月12日より提供!eSIMのみ


SoftBankにてau回線に切り替えて使えるオプション「副回線サービス」が提供!

ソフトバンクは27日、携帯電話サービス「SoftBank」においてau(KDDI・沖縄セルラー電話)の携帯電話回線に切り替えて通信を利用できるオプションサービス「副回線サービス」を2023年4月12日(水)より提供開始すると発表しています。

料金は個人向けが月額429円(金額はすべて税込)で、通信速度は送受信時最大300Kbpsに制限されるものの、500MB/月までデータ通信が利用でき、通話やSMSにも対応し、通話は22円/30秒(一部宛先を除く)、SMSは受信が無料で送信が3.3円/通(全角70文字まで)となっています。

一方、法人向けは月額550円で、通信速度は送受信時最大1Mbpsに制限され、1GB/月までデータ通信が利用できます。通話やSMSは個人向けと同じです。なお、データ通信は超過後はさらに送受信時最大128Kbpsに制限され、テザリングオプションなどの各種オプションは利用できず、auの通信設備への負荷増を考慮して必要最小限の通信速度を設定しているとのこと。

また通話もかけ放題サービスや家族割などの通話料やSMS送信料の割引は対象外となります。申し込みができる対象は「基本プラン(音声)」または「通話基本プラン」、「通話定額基本料」、「通話定額ライト基本料」、「ホワイトプラン」、「タイプX」、「タイプXにねん」、「標準プラン」に加入していることが必要。

提供されるSIMはeSIMのみで、対応機種はeSIMに対応したスマホとなっており、サービス開始時点ではiPhone XS以降やPixel 4以降などとなっています。申し込みはソフトバンクショップなどの店頭にて行います。なお、副回線サービス利用時にはS!メール(MMS)や国際アウトローミング、国際電話は利用できないとのこと。

続きを読む

NTTドコモとソフトバンクがフラッグシップスマホ「AQUOS R7」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


シャープの5G対応フラッグシップスマホ「AQUOS R7」がAndroid 13に!

NTTドコモは27日、同社が「2022年夏モデル」として昨年7月に発売した5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R7 SH-52C」(Sharp製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2023年3月27日(月)に提供開始したとお知らせしています。

またソフトバンクは27日、携帯電話サービス「SoftBank」向けフラッグシップスマホ「AQUOS R7(型番:A202SH)」(Sharp製)に対してAndroid 13へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2023年3月27日(月)に提供開始したと案内しています。更新にかかる時間は最大30分程度とのこと。

ともに更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新ファイルサイズが大きいと思われるため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されます。

ただし、ソフトバンクでは更新にかかる通信料は無料としているほか、NTTドコモでもアクセスポイント(APN)をdocomoに設定し、docomoをモバイルデータ通信の優先設定にした場合の更新において通信料金は発生しないとしています。更新後のビルド番号は両機種ともに「02.00.00」。

主な更新内容は以下の通りですが、顔認証がマスクをしているときも利用可能となるなど、独自機能も多数追加されているため、シャープの公式Webページ『Android 13対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.13) – よくあるご質問』も合わせてご確認ください。

<NTTドコモ>
○Android 13に対応
詳細は下記ページをご確認ください。
https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_13.html

○Android 13以外の機能向上や操作性改善
詳細は下記ページをご確認ください。
http://k-tai.sharp.co.jp/support/osv/osv13/index.html

改善される事象
・より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2023年2月になります。)

<ソフトバンク>
・Android 13へのOSバージョンアップ
・まれに通話中の送話音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上
※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む



以上の内容はhttps://s-max.jp/archives/cat_35294.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14