以下の内容はhttps://s-max.jp/archives/cat_36964.htmlより取得しました。


新スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が発表!67W急速充電や生成AI対応カメラ機能など。6月27日発売で予約開始、メーカー版は4万8800円


G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が登場!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は20日、同社が展開する「OPPO」ブランドにおいて5Gやおサイフケータイ(FeliCa)に対応した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 A(オッポ リノイレブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて発表しています。

OPPO Reno11 Aはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)「OPPO Reno11 A(型番:CPH2603)」がECサイトや量販店、仮想移動体通信事業者(MVNO)、移動体通信事業者(MNO)の楽天モバイルにて販売されるほか、さらにMNOではソフトバンクが提供する携帯電話サービス「Y!mobile」から「OPPO Reno11 A(型番:A401OP)」も販売されます。

発売日はメーカー版およびY!mobile版ともに2024年6月27日(木)より順次発売され、どちらも発売に先立って6月20日(木)11時より順次予約受付が実施されています。価格(金額はすべて税込)はメーカー版がオープンながら希望小売価格および同社の直営の公式Webストア「OPPO 公式オンラインショップ」や「OPPO 公式楽天市場店」、「OPPO 公式Yahoo!ショッピング店」では48,800円となっています。

また同社ではOPPO Reno11 Aの発売を記念して『「O Care 保証サービス」3ヶ月無料 Summer キャンペーン』( https://www.oppo.com/jp/newsroom/press/oppo-ocare-summer-cpn/ )を2024年9月30日(月)まで実施し、OPPO Reno11 Aまたは「OPPO A79 5G」のメーカー版を期間中に購入してO Care 保証サービス月額プランに申し込んだ場合に本登録月および翌月、翌々月の最大3カ月間に渡って無料になるとのこと。なお、O Care 保証サービスは購入後21日以内に仮申込が必要なのでご注意ください。

一方、発表時点におけるメーカー版の販路は公式Webストア以外のECサイトがAmazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピング、量販店がエディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ、MVNOがmineoやIIJmio、HISモバイル、QTmobile、NUROモバイル、ピカラモバイル、LinksMate、LIBMO、楽天モバイルが楽天モバイルショップおよび同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )、「楽天モバイル公式 楽天市場店」とのこと。

これらにおける価格は量販店やECサイトでは例えば、ヨドバシカメラやビックカメラなどなら48,800円の10%(4,880ポイント)還元の実質43,920円、Amazon.co.jpならスマートバンド「OPPO Band 2」がセットの「発売記念限定BOX」が44,364円の1%(444ポイント)還元の実質43,920円、単品でも同様に44,364円の1%(444ポイント)還元の実質43,920円となっています。

またmineoでは43,560円(分割では1,815円/月×24回または1,210円/月×36回)となっているほか、IIJmioでは「SUPERVOOC急速充電器SET」が48,800円(分割では2,036円/月×24回)で、さらにIIJmioでは2024年9月2日(月)までの期間は『OPPO新機種発売記念キャンペーン』によってSUPERVOOC急速充電器SETがギガプランの「音声SIM」または「音声eSIM」を他社から乗り換え(MNP)とともに購入すると24,800円(分割では1,035円/月×24回)となるとのこと。

一方、楽天モバイルでは43,890円(分割では1,828円/月×24回または932円+914円/月×47回)で、キャンペーンによってMNPかつ初めて楽天モバイルを契約すると楽天ポイントで12,000ポイントが還元されて実質負担額31,890円となり、Y!mobile版の販路はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などで、価格は39,600円で最大18,000円割引で21,600円からとなっています。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、メーカー版や楽天モバイル版のGalaxスマホ・タブレットでも初期化せず修理できる「データ保存修理」を提供開始!料金は3850円


Galaxyスマホ・タブレットのSIMフリーモデルなどでも保存したデータをそのままで修理可能に!

サムスン電子ジャパンは1日、同社が展開する「Galaxy」ブランドのスマートフォン(スマホ)やタブレットのうちの日本のオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)や楽天モバイル向け製品について保存しているデータを残したまま修理を試みるサービス「データ保存修理」を2024年6月1日(土)より提供開始するとお知らせしています。

データ保存修理は申込時のセキュリティー管理方法としてパスワード管理とメンテナンスモードの2通りがあり、パスワード管理の場合は利用者が画面ロックをPINコードで設定して修理時に解除して行い、メンテナンスモードは画面ロック(PINコード、パターン、パスワード、生体認識)を設定した状態でメンテナンスモードを設定・解除して行います。

料金は修理代金とは別に3,850円(税込)がかかり、修理代金に別途加算されて請求されます。ただし、修理診断の結果、データ保存修理が実施不可であった場合はデータ保存修理にかかる3,850円はかかりません。その他、データ保存修理の受付はカスタマーサポートセンターへの電話のみとなっており、オンライン修理受付「YourService」からは申し込めないということなのでご注意ください。

続きを読む

オウガ・ジャパンが次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」を6月20日に発表へ!公式Twitterアカウントにて予告。67W急速充電などに対応


次期スタンダードスマホ「OPPO Reno11 A」が6月20日に発表へ!ティザー画像が投稿

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が一部のメディア向けに「OPPO Reno Aシリーズ 最新機種」予告カードを送付して近く次期スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno11 A」を発表すると案内しています。予告カードは新製品のスペック・特徴などにまつわる英数字を散りばめたカードとなっており、合わせてハッシュタグ「#RenoA止まらない進化」と次期製品への思いが記載されていました。

またすでに紹介しているようにOPPO Reno11 Aは海外で発表されている「OPPO Reno11 F 5G」がベースとなっていることが明らかとなっており、これらの英数字は11Aが「OPPO Reno11 A」、67が67W急速充電、7050がチップセット(SoC)のMediaTek製「Dimensity 7050(型番:MT6877TT)」、64がリアカメラのメインカメラの約6400万画素CMOS、4Kが4K動画撮影、5000が5000mAhバッテリー、7.6が薄さ7.6mmあたりを示していると考えられます。

一方、同社は7日、公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )にて「#RenoA止まらない進化」とともに予告カードにもあった67という数字に加えて「2024.06.20」と書かれたティザー画像を投稿し、OPPO Reno11 Aを2024年6月20日(木)に発表することを示唆しています。なお、過去の例から発表後7〜10日くらいには発売されているケースが多いため、発売日は2024年6月27日(木)あたりとなりそうです。正式発表が楽しみですね!

続きを読む

未発表の次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!メーカー版「2407FPN8ER」とソフトバンク版「A402XM」が認証通過


次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!写真は現行機種のXiaomi 13T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「2407FPN8EG」および「2407FPN8ER」、「A402XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG PSB-IV-11348」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiが公開しているソースコードから次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14T Pro」となることが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、2407FPN8ERはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、一方でA402XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測できます。

これにより、昨年に発売されたXiaomi 14T Proの前機種「Xiaomi 13T Pro」や前々機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」対応製品として投入されるのではないかと推測され、ともにXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む

スタンダードスマホ「OPPO Reno9 A」のメーカー版・楽天モバイル版(CPH2523)とY!mobile版(A301OP)にAndroid 14へのOSバージョンアップが提供開始


スタンダードスマホ「OPPO Reno9 A」がAndroid 14に!

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)が5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno9 A」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対して最新プラットフォーム「Android 14」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を順次提供開始しています。合わせてOPPO Reno9 Aを取り扱う移動体通信事業者(MNO)のソフトバンクおよび楽天モバイルからお知らせされています。

ソフトバンクでは携帯電話サービス「Y!mobile」向け「OPPO Reno9 A(型番:A301OP)」に対してAndroid 14へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2024年6月3日(月)より順次提供すると案内しており、更新内容は以下の通りとなっています。更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(5G/4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は最大60分程度だとし、更新後のビルド番号は「A301OP_14.0.0.701(EX01)」としています。

なお、ソフトバンクではソフトウェア更新にかかる通信料は無料となっているものの、更新ファイルサイズは大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されています。ただし、契約時に提供したUSIMカード以外を利用したり、契約または登録内容と異なる用い方をした場合などでは通信料が発生するときがあるとのことなのでご注意ください。

また楽天モバイルでは「OPPO Reno9 A(型番: CPH2523)」に対してAndroid 14へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2024年6月3日(月)より順次提供すると案内しており、更新方法は同じくスマホ本体のみによるWi-Fiや携帯電話ネットワークによるOTAが用意され、更新内容は以下の通りで、更新後のビルド番号は「CPH2523_14.0.0.701(EX01)」としています。

両機種ともにビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイスについて」→「バージョン」→「ビルド番号」から。その他、OPPOではAndroid 14のOSバージョンアップに合わせて独自ユーザーインターフェース「ColorOS 14」も導入しており、ColorOS 14についての詳細は公式Webページ『Discover ColorOS 14: A Smart and Smooth Mobile Experience | OPPO Global』をご確認ください。

<更新内容>
⚪︎Y!mobile
・Android 14へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上

⚪︎楽天モバイル
・OSアップデート(Android 14)
・セキュリティの向上


続きを読む



以上の内容はhttps://s-max.jp/archives/cat_36964.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14