以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/786707.htmlより取得しました。


世紀末の詩 幕間8   カテゴリ:やる夫シリーズ 


5 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:39:53 ID:7fOa0xnU



        {     !
ィ彡三ミヽ   `ヽ   
彡'⌒ヾミヽ__   `ー                      :.:| i  |:.
      ヾ、.                      . :| i  |:.
  _    `ー―                 :| i  |:.
彡三ミミヽ                        .| i  |:.    ・・・・・ゲストヒロインに選ばれたと思ったら・・・・
彡'    ヾ、     _ノ      , -――‐-v冖  . | i  |:.     圭一や入江のほうがメインだったの・・・・
        `ー '           く: : : :r>―^ーヘ  :| i  |:.
 ,ィ彡三ニミヽ  __.ノ      rクヘ:/  ,    , .| i  |:.  
彡'                  rク : :/   /   l |  | i   |:.
      _   __ ノ   K_:_:/  / ,′  l  .| i  |:.     YJメイデンの方も、金糸雀や蒼星石は出たのに、
   ,ィ彡'              /| l/| レ1  / lメ .{ィ i  |:.      ヒナは出る兆し一切ないの・・・・
ミ三彡'                 / l |イ l l| / /..rテ| i  .:|:.  
       ィニニ=- '     厶イ>l | マl!ヽ::::::::弋リ !   |:.     しかも>>1は末妹が一番好きになったの・・・!
     ,ィ彡'           く// ,小⊃ゝゞ'.      | i  |:.      姉より優れた妹なんて居ないのに・・・!
   //        /   {_{_fて( ヽ、 ー^ー'  .,ィ i  |:.       居ちゃいけないのに・・・!
 彡'       __,ノ       ` ̄ /^Y¬]   | !   |:.
        /              r'7 / :_:_∨  | !   |:. __   挙句、このAAは手抜きだし・・・!
           ノ       ∠_/__/|:{ {:r介 .| !   |:. |i:
      ィニ=-- '"       \==彳VI:.|   | i  |:. |i:    悔しいから幕間はヒナが占拠したの!
    /     /  
   ノ     _/   
      /


プロローグ|第一話1/4|第一話2/4|第一話3/4|第一話4/4|幕間|第2話1/3|第2話2/3|第2話3/3|幕間2|第3話1/3|第3話2/3|第3話3/3|幕間3|第4話1/3|第4話2/3|第4話3/3|幕間4
第5話1/3|第5話2/3|第5話3/3|幕間5|君の知らない物語|6話1/2|6話2/2|幕間6|第七話1/3|第七話2/3|第七話3/3|幕間7|第八話1/3|第八話2/3|第八話3/3

6 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:40:26 ID:7fOa0xnU



               /.:.:.:.:::::::::::::::::::::\_/::::::::::::::::::::.:.:.ヽ
               〉.:.:.:.:, イ ̄\.:.::::::::.:.:/ ̄\.:.:.:.:.〈
                  丁イ /,ィ´ ̄`ー一'´ ̄`ヽ"\厂     と言う事で、皆こんばんはなのぉ!
                  // / /"´   !     !  ! ! \\
                 ./| / / / |   !    |   ! ! ! ヽ!      影山 睦美役の雛苺が、幕間をするのぉ!!
             |/// /   |  l|    j!   ! !: | `ト、
.                ,イ// l    i」, -‐ト、  /Nー- /、 |:.l|   | \
.         _/ ̄ | |/ゝ'、 ,イ/ \| `"´  |/``l/:/ / / ̄` \
        , ヘ._ ト、.   |/l/ハ ゝ‐'`,r=='  .   '==ュ l/イ_/_ _ __ ,.ィ^Y⌒)
        〈 , ィ7:7ゝ、, -‐_丿::L , , , , r──┐ , , , , /::::::.::7::.:_/::::ヽ Yソ
.       〉7/:/   \_〔三二ニヽ   |.:.:.:.:.:.:.:|     !二三〕'´  `ヾ::|  !} 
       {j |::|       \〔二ニ〕   ヽ.:.:.:.:ノ    ,イニ二〕      |::|  |}   皆、第八話見てくれてありがとうなのぉ!
         {j |::|        `Z7二ニヽ、_,r ニニ二7Z弐7.       !::!  !}
        ,{j |::|           |厂 ̄\只/ ̄ ̄了        |::|  !}   ヒナの活躍とかヒナの活躍とかヒナの活躍とか、
       fj」::|             ||   ,イXト、    ||            |::| 」}    いっぱい見てくれてありがとうなのぉ!
         ̄`ー- 、       \_// ⌒ヽ\_ /      , -‐'´ ̄
              ̄ \.        |.:|   |:.|       /  ̄
                  〉       |::|   |::|     〈





                  ,  ---- 、, -- 、
                , .:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...: :、丶.
.               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:. :.:.ヾ丶ヽ、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.ハ: }:.: :.:.: : ヽ `
              i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ-l-ヘ:ト:./l7¨l':/:.:.ヽ: :i    ははははは!
              l:.:.:.:.:.:.:.:l Xl`ヽ ' r-、'l:.: ,: :l: l 
.              l:.:.ハ:.ト、ヘ ___`__ l,ィ: :/V     気の効いた発言どころか、ろくすっぽ台詞なかったじゃねぇか!
        r 、 iヘ   ヘヽl:ト.ヽヽ'__` 7 イ レ'
      r 、 ヽヽ l .i    ヘl:`´ヽ.丶、__ .>'/         ,-、 iヽ ._
     _ \\〉 ` l /7 `ヘヘl` ー- ィ           ヽヽ l l .l l
     `、`ー`    ` /,、-、....--l    l,、          , 、 i ' l// ,‐,
       ¨¨l  ヽ、  ノ'  ヘヘ   ヽ--、 ,ヘ`ヾ 、-、     ヽヽ、  `'/
         ヽ.   i´   ヽヽ   ` - ..ノ   i i ヽ      ヽ ヽ  i
.          l   l   、  〉〉      i l   l l ヽ     `/  , '   この口先の魔術師に幕間を預けたほうが・・・
.          l   l   ヽ//      .l l  ヽゝ ヽ    /  /
          i   l  /ヘ/ノ       .l l    .l  \  /  /
          i    l ∧¨ '   , --−_」 `ー-、 l   `/  /
         i    l/  l , ' , :-::::'::¨::::::::::::::`::>、ヽ、  '    /
         l    .l   l/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l ' ノ ヽ    ノ



7 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:40:50 ID:7fOa0xnU



- .. _
`ヽ、: :\
`ヽ、 `ヽ:ヽ                   /´ ̄ヽ、__
: : : :\: :ヾ 、               /     ,ノ>    __
: : : : : :ヽ: :'; ヽ                /    Vト' ヽ  /Y `ー--、
__: : : '; :ヘ、ヽ____.. - ''  ̄ ̄       ,' iベ-'二イノ       !         ト、
: : : : : `ヽ:`ヽ、:ヽ、              ,' /            l  __     !:.
``ヽ、: : : : : : : ヽ: ヽ、                ,' ,'             __!__`ヽ:.:.: ̄`ヽ、l:.
,, - ''  ̄ ¨ '' - 、: :`ヽヽ      ,'     ! i            ´>:.:.: ̄`ヽ、:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、ヽ\.     ヽ   ,l lヽ        ' イ  ̄ ̄ヽ:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:
- '' ¨  ̄ ̄ ̄ ̄` ` ヽ`ヾ:ヽ     ヽ   !ll .l !ヽ、      ! ‖ ヽ、 、 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:
             `ヽ、ヾヽ、 .r ´  l、 l l:.:.ハ ヽ    i、 l    lヾト、ゝ:.:.:.:.:.:.
         - ... __   ヾヽ`:.l  ハll:.ヽ! !:.:.ハ、 ';ヽ.  l  !、_.ノ/x'´ヾ:.:.:.:.:.
             ¨ - ..  ヽ:.:.! l l' !:.:.ヽl:.:.:.:.:.\';:.:ヽ.ヽ、_l____./ ';.:.:.ヽ:.:.:.
__              `ヽ、ヘl L人l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー->:.:.:.:. ̄`ヾ、:.:.:.:.:.:
    ¨ '' - .. _           ヽ!、  ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:






          /|:::/:|::::|:::::::::::||:::::||:||:::::::::::l.|::::::::::::::::::::::::::::::://:::/ ||::::::::::::|
        , '´::::l::/:::|::::l:::::::::::|,|:-:|+|l'"゛`:| |::::::::::::::::::::::‐-://:::/ |:|:::::::::::|
      ,..'´:::::::::::::|:l::::丶:ヽ:::-'::|ヽ::|ヽ.l::::::::::| |::::::::::::::::::::::://`/、_ |:|:::::::::::l
    /::::::::::::::::::::l:|::::::ヘ::::ヽ::::::| ヽl,,, -+::::::| |l:::::::::::::://// ` l:/:::::::::/
   /:::::::::::::::::::::::::::ヾ::::::::ヽ::::lヽ::l,    ヾ、ヽ| |l:::::::/ '/, く   /|::\::/::
  ,/::::::::::::::::::::::::::::::::`::::::::〆\l/        ヾ'´ /   \//::::::::/、::
  /::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::,:::'´:::::ヽ, ミ、、:::}    l     _,,----ミ./:::::〆:/:::   蒼星石以来の、ローゼンメイデン登場なの
、┴'", ̄-::::::::::::::::, ゝ'"´ ̄ ̄i ヽミ'.、、   /.l  _,,,、-;=;;==‐,z/:/ ///:
`)='"==::::::::::::::::::)--=== l  ヽ`='ゞ、ヽー'イ''~ヽー`='--イ '´  '´//::::      だから今回はヒナ1人で幕間をするの
 )"´-=‐' ´ ̄` ‐-、:::ヽー∠l   //    l! ヽ、        / /:::::
       、:::::::::::`:::‐-::::、(=',    /    ゙i   ヽ、      くー/−<
                -、'、  /      ゙i        /≡三`:::    邪魔する奴は悪・即・ジャンクなの
                  '、 /       ゙i      /::: l
                  'y        ゙i     /:::  i
                  く __ _      ゙i   i:::.  i゙
                    ヽ        ゙i   i::: /
                    '、 ヽ-‐‐‐‐---一
                     '、`ー---
                     >,             .,- ゙
                    /;;;;;'、          .,-"
                  , ';;;;;;;;;;;;;;'、        ,-´:::
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、      ‐'":::::



8 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:41:18 ID:7fOa0xnU



       , ´    ` ヽ 、
       ( 〈      ャ::‐ミヾ   /´ ̄ヽ_          _、, - 、
       ` ヽ     ヽ:::::::ヽヽ /      ヽ、       /  ヽ、 〉、
          _\_ ,  _\:::::::ソl  、 /::~::7 /      /  ‐ - ' ' .ト、
       '/     /       、 ヽ:::::::::::::l )     /   \  ̄´, ).            ナルシズム
      ( (___, /  ,  //l    ヾ  ヽ、::::、 )  / `ヽ    )、 ̄ ) 今回のテーマは、『自己愛』なの
    "  ̄ ̄ ‐- //  / .//  i   ソ i  、  〉)/、 ヽ  ヽ / て´_) 
 〈         // i  ノ '´/ ̄ `|   l リ ヽ i/   ヽ ヽ   l   /   
 l         〈 l 〈  リ    |   /  l  リ l      l ヽ  |‐ '
 ヾ、ヽ       ゙ ' イ  /  ̄ヽl  ノ,-、 l  l i      l  l   l    うぬぼれや自分自身への性的倒錯・・・・
  |ヽヽ ヽ       l       ´    l ノ ノ       |  |   |     それよりも、もっと根源的な部分な話 
  l  、  ヽ   、 弋         ゝ Y 丿        l l   l
  i  ヽ   ` ‐-   ヽ  , ‐-..、_  / ゝ         l l   | 
   、 i  -  _ .三  _ ヽ  ヽ、  :/ /_  クァ        | |  |    それだけに、全体的にも重要なお話なの
    ヾヽ /    〈´ `    _  /   /// ノ        |  l  l
    /ヽ      \ ////、、\.  / //イ         l |  |
   /         // // ヽ 、/ /  /ソ         | l l
   l         〈 〈- ┐T´ \ヽ/ / / /        _ ┘┘´
  l        ´     l |   ヽ  / ノ  _  - ‐
  ` - ´          | l    |  / ´
                l |    |  /
                | l    l



9 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:41:47 ID:7fOa0xnU



                   ,r‐vrrz、_
            _rf7爪ノ >‐く⌒ヽ、
           _/厶彡イ⌒ l   ヽ, ヘ
.            //笊「|/ / , l | |.| | l ハ リ,
          《/  ,}|:| | |レ斗rl| | トkハ |:}ヘ
         人 '(」」 |ィリ,ヱ、!リハr=ミ j从 :〉  そもそも、自己愛は誰もが持っているもの
          (\   ̄リ|j.仆r「   ヒ「rイ《. 〈
.         `廴≧=-辻! `¨´  ;.  从(てう
            `て廴三リ个 、 ヽア ,ィf彡ヘ,て    「愛しているから愛して欲しい」
              `つ人クリ  `T´ `て(´      「もっと私の事を理解して欲しい」
           rfツ-うrヘ,  〔乃rヘ         「期待を裏切らないで欲しい」
           }ツ⌒ヽ ヾスX〕》て 〉
           /      Y `つソ ハ,  
             /       |{  `ん 人ヘ,          もっと広義な意味で、自意識やエゴ・・・
            ,〈      ゝ、リ   `Y} |l∧          これを抱えていない人間は居ないとさえ思っているの
.        〈         |     リ リ ム   __
         \んヘ,  ,イ       トrく厂 ̄  (ア⌒ヽ   
.           ん〜^ミY´       从  /     》 'く 〉〉〉   
        r―{ ツ⌒V^》辷‐-    ≦^>‐-=二   《`r┴じ{    ”自分磨き”や”自分へのご褒美”なんかも、
      { ̄  {|    ト》       .イ     ¨''¬》}   Y     もっと愛せる自分になるため・・・
        \  ヘ乢,| Krヘ.       リ\       ¨|  , h     愛している自分に対するプレゼント・・・ 
         V   》v'l.」\ `ヽ      `ヽ,     リ  i | |
       _〉/  'V  \   _Y ⌒ Y ⌒ヽ,/  ノ | h   ・・・って解釈してみるのはちょっと極論かな?
     / /    \   \Y´ ⌒ `Y´ ⌒ `ヽ,  /  小 j
    / /  /      \   \    _人     ノ/  //  !
    〉 (_/ /       `ヽ  `ー'  ⌒X_ /    /  |



10 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:42:16 ID:7fOa0xnU



                      _. _rvェュ           /    /
                _rv'⌒X>'´: : : : : :ヒ=.、          /    /
             ___rレvュ-√: : : : : : : : : : | :ヽ\       /    /
            />'´: : : : :/rヘニ>‐- 、:_:_:_:_ヽ:__>'      /    /
     .      〈r┘: : : : : : //ひヘノ`ーヘ仁ニ=-┘「丶、.     /    / そして重要人物なのが入江なの
            | : : : : : :/ ノ l ヽ ヽヽ、、└ヘj>! } }    /    /
           r'X : : ;ィ7イ7| ト、ト、l | | l l| l| | ∨ 〈.   /.    /  入江と言う人間は、やる夫とやらない夫の
         rク :l //:/ )| | l | | | | | l ?|-|‐┤! ,'ハ くミヽ/.    /    間にいるような人間だと>>1は感じているの
        └'ー-く/:/_ノ | | | |_l | l | | l |」l_l_ ノ,'/! /\`ヽ\  /    
           /彡∨ ハ |l ヽX´ヽ、}ノ }ノ '  ̄`///^ヽ /人リh l /
         く\ //l l | Yヽ ,x≡  ,   "" { レイ彡' }ニ彳り/     科学者としての道を突き進む理屈者でありながら、
           `ヽレ-ヘヽミ}ヘ.′ "゙  r ^   / くんイ}ノ‐<_./       捨て置く家族に罪悪感を覚える有情を持つ・・・
          ー个==彡仏‐ ヽ、  ヽ ノ , イ{/rク^7マ⌒)厂
              `て(=≠7乙厶>r-−´ ノ: | ノ    /
                 }厂/ ̄ |: :\   /: : :ヽ    /        有情でなければ家族の崩壊に心は壊れず、
                  /   .| : : :  ̄: : : : : : :\  /          理屈者でなければ自分の行為を正当化できない
                  /   _/  : : : : : : : : : : : : :∨
                   /   ∨:  : : : : l: : : : : : : : : :|          
                ./    l: : : : : : : :ヽ : : : : : : : |            とってもとっても良い人で、
               /   ∧: : : : : : : : : : : : : : : :.l             すごくすごく可哀想な人・・・・・
              ./    /.| ': : : : : : : : : : : : : : : {
               / ,.-=.〈 | .|V: : : : : : : : : : : : : ハ            そういう人物として>>1は捉えているの
             | |/ / \ >、 }: : : : : : ,: : : : : : : : \
     .       ( | | 、\ /ノ  |: : : : : : :}: : : : : : : : : :ヽ         
              ヽ.ヽ\ヽ/ `ヾ.|: : : : : : : : : : : : : : : :/ ̄ヽ 
                         ト; : : : : : : : : : : : : : :/    ヽ
                     | ヽ: : : : : : : : : : : :/     `.
                     |  \ : : : : : : : : /.       l
                     |     \: : : : : : /         |
                     |      \: : : :f       |
                         l        \__{          |
                        |        ||       |



11 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:42:36 ID:7fOa0xnU



             \  /   /⌒⌒\  \  /
            /  Y   厶¬_r¬ム     Y  \    そんな入江が導き出した答えが、
          \ |  / /     ', \  |  /     自己愛に向けて無限の愛を提供してくれる
              |/|/  /l    l |   \.j\|       クローン家族なの
             l   | l  | l| l   l| l | l | l|_
       , -‐ '´ l| l lイ ̄l ̄ト  イ ̄l ̄lY /|l  ` ー、
    ,r ー- 、  V\トハ , ==、ヽ ノ , ==、 l/|/レ     ヽ    
   l, rー‐┐\〔二二二〉""、_._, ""{二二二〉 _ ___i       他にも手段はあったかもしれないのに、
   / ̄`¨ヾl__ヽ 〔二二}> 、 |   |  <{二二〉 '´   / ̄Y⌒ヽ      現代ではまだ生理的に受け入れるのが難しい
  l  - 、::...| ト-、 に二!:::..∠ト イ_\.::に二}、_, ィ|  i   ├┐     クローンを選ぶあたり、野島はエゲツないの!
  /  _  `Y.:/l | `ト レ'  ̄ Y_   _Y ̄  レ'  ┌― r'  /  /ー┴┐
  |     ̄Tー' l |  /,二二 Y¨Y二二.\   l'| r   ̄?.ノ   っ:|  
  l   ̄´」 ___l | 〈 〈 l   //Yl l    l| 〉  l | l  | l   l|  l :|   でもそこが好きなの!
  下  ̄ |:.:.:.:.:.:.l | l ト、二二/イ ト 二二´イ  l | |.二二l   l二二l :|  
  | , -/.:.:.:.:.:.// /´/   // i  lヽヽ   l \l :| lゝ l ノヽ ノゝ l ノ |
    V_ノ.:.:.:.:.:./// /   /イ !  l l | l   l  l | >、 ヽ二フ , < |
      ー‐ '´ ̄  /  く/ l l|   !| L〉   l L| ≦ 〈二水二〉「乳l |  
              /       l l|   !| |     l | つ L___」 「酸l |
          /       l l|   !| l    l | ノ      「菌l |



12 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:44:08 ID:7fOa0xnU



                rァュェ= 、 _    _ rュrェォ、
                Y}  ^ト、 ` ̄rrア'´    }ヨ
                 rソ  _ YVィソ     /j´
               _7ィ‐く_/ {´/ヽ'フ⌒j、r 、 {ア、
              ´ァ ´^´:/ `7´:ーイ ー ^ーく十'ヘ
              /   .:/ :/  : /:  l  \{ソヽ{
                /   . :.l  :. , / l   |    ヽヽ
             { /  イ | /´ . /  イ  }:.  } l      今回、レスでクローンについて色々言われたの
             ノトl ! |_Aキ´. : :/ー //、: :/: :. /:. ヽ、
           _∠ {从ハィ示,:イ-ァ≦/イ, イ: :. /}:..   `ヽ
        </-―_∠}弋ツ   イ斤ぅト ノ イ/:/ー-:.   /   >>1は難しい話はさっぱりだけど、
         ヽ、 _:⊥ -={xx ′   ゞ-゚'__彡/:. /:._   , ′    入江理論のクローンは可能か・・・って話は、
            ヽイにニヽ. ャッ   xx { -、`ヽ/:_  `ヽ/       「無理じゃね? よく分からないけど無理じゃね?」
             ` ニソ´r> 、 ,. ィ{く二ヽー':._ _..ラ′        って言ってるの
              `ミソ/ ̄` 、   ̄く<_ヽ >′
                  リ,{     ∧,     ∧=ヽ´        でも、世紀末の詩ではそれでいいの
                ,′Y´    `、  / ゞ´ゝ       
                 {.  |    ,. ,.ニ\   ,j {        自己愛と言う題材において、あくまでもクローンは
                ∨ i  // ∧`}};   ,′ト、        表現する手段であり象徴そのものであると解釈しているの
                ∨レ'/',   V  ./   ! j
                 }K二ニ 〉   〉 /´ ⌒ヾ{       
                 `, \ /   / {´ ̄`i≧} 
                    }  , ′  ./ ヾ.!    j        愛すれば、愛した分だけ愛してくれる・・・・
                    ,′/   /ミ.  {  /         鏡のように正直な、愛の人形
                v /   /    ``く       
               / ./   , 'ミ     `∧.,         
               {y /    ヽ__ ≧x─=ニ≧     通常のクローンは分からないけど、
              / ハ    ',二二ニ=→、_ {._     ここでのクローンは、そんな風に解釈しているの
                 {__彡ハ    、ヽ___,::::::::::::'v:::::ヽ  }      
                 l:/_ ', r、ヽ_>‐'´:::::::::::,′::::::`y'
                  jレ'   ー'`´ヽ\:::::::::/:::::::::::::/
                /            ヽ}::∠___,/ノ     
.              /           ノ'´ ̄ ̄   |    
              /             イ          |
           ,′            / |         |
             /            , ′.!          |
.          ,′        /   |         |



13 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:44:33 ID:7fOa0xnU



       { ̄ ̄´厂``ヽ 、  ,.-‐─--_、
         )   |      >{=ニ二_ ̄´ /
       {     |  ,. '’⌒´~,  ̄ 、`ー{   
      ノニ二'⌒ゞ< / /  .i!   i  ヽ.
     ,イ ./ \_r'´ /  ,j.   ji    }1 }j l
   ,べ { レイ´   ,{j   ト K_八ト、 从从り    愛以外の理由で、そう言う存在が居てくれればとは思うけど・・・・
   {ハ、ゞ{.  !    { VJj ィf゚i:i〉 `'f:i〉ト、
     `ス´\ト、   `こ二〕 `ー'  __ `゙ j孑      入江のように愛することは>>1は出来ないと思っているの
     厶 \  >一气 ソ:::...   `´, ィ〔イ
    ,.- 、`>'´⌒ヽ.__ Y’ ィ'Tj::┬くリ ))         入江の凄いところは、クローンを心から愛し、尊重しているところなの
  / ,へ_Y      V二>─仁ニ. Y’
. / ∠..__,人_ {  ノ  冫/六,,__ | |    ,ィ八     やる夫に「家族には努力が必要」と語ったり、
-〈二 -‐_= ̄}    イ{/// / \`ゞー-‐<厶、.}      ヒナが迷子になったら、その身を案じる・・・・
  ,.' ´,.. '"j   ゞ.|// l |,.‐ '"     \ `ヽ、     
/ /   /       V |/     、┬zァヽ ``ーyi、
/      j゙   ,.-‐-Y'´        ̄´     r‐}
      l’ /,.ニニ={         -一 ''¨_,..`Tj    個として尊重しなければ、努力の必要性は説かないし、
    / | / /j( i ! { ,)    i      _,.- '´ -' シ      迷子のヒナに思い通りにならない苛立ちをぶつけると思うの
\_/ /レ'// ,.ゞ亠'´       ゙、   ' ´     ノ´
ヽ_(ニく_/ L∠/  ノ            _,.イ



14 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:44:50 ID:7fOa0xnU



    「: : : : ̄ : <>h<>'´: : : : : : |
  _r| : : : : : : : : ; イ」: : : : : : : : : : ト、
r夕: ヘ: : : : : :.:/>'びヘ>x : : : : : : l: :\
` ̄ | :ヽ: : :/>イ  l ヽ ドY>、: : /: r彳      ク    ロ    ー    ン
   ハ_:_>ク l |l  ! | l l `YZ: :/ ト、    『究極的に都合のいい、人工の愛』と言う前提を備えつつも、
 ∠└べ^ヽ 'T !| |l ! 'T| ノ }ハ / `ヽ    肥大しがちな自意識に飲まれる事も無く、決して愛情を注ぐ事を
└ァニミヽ\ r;=ミヽj∨r;=ミxY! /   Vニ二|     止めない入江は、凄い人物なの
  了⌒\ ハ 〈::_:}   {:_::} 八(二三仁>′  
  └'⌒ヽノ小 "   '   " /{彡ク7∠Y´     
    ̄`))らノ>- /)  イrく^)) }厂 ノ      でも・・・何故そこまで出来るかと言うと・・・・
      /: : {L/、`Yヘ_l}: :`ヽ、        
       〈: : : : !: : :`ヽ!く: : : : : : :}         
      /: ノ : | : : : : : \) : : : く          絶望してしまったから、としか言えないの
      ∨: : :′: : : : : :ハ : : : :/
      〈 : /: : : : : : :/:|l : : : |
       | /: : : : : : :/: |l| : : : |
       ∧: : : : : : :/: :」lハ: : : |



15 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:45:15 ID:7fOa0xnU



                  _
                   f   \
        ,. - 、__,rヘ |    ヽ
      /  __   ヽ. l/ ヽ、ト― 、
        lミ′     >ヘ二ニ=-リ、 イ
       に}_,. -―{  / /    ハ\{
        ゞ-r―ヽl / レニミ.ト   - 'V-'
    T^ヽに>くに二ハじ ? -  ,′    入江は家族を愛していたの・・・
    「 ̄ ヽ「⌒! ヘ-'   ,rァニ イ
     >,      トく >、 ' ′イ  {        でも、研究職に忙殺されて父親としての責務を果たせず、
 「 ̄  ソ、 ノ _ノ:.:Xニ<ニ´ヘ ! ,ノ         父親としての有り方すら見えなくなっていたの・・・
/!      VT>:.rイ:.{  }:{ T  ̄´
/ソーr、 / }::レl |::トニソ ノ
    /   /ハ」 ヘ!ノ   )           ・・・・その結果が、家族の崩壊
     >、〈 {    | |.  ',
 イニニニシ、l |.    | | 、  >、          その過程を経て、入江は自分を含めた人間のエゴの醜さ、
/´ くノ-‐Y. | !   | | ヽ/ ,r-ゝ、          愛は所詮、自己愛により得られるものだと結論したの
 / ij ノ' .〉!   ゞニニ V、 「i |`-  
´    __/'´  /⌒/⌒⌒ーrくヘ'−、  
  /イ /^Y^/ く/ーァ__ゝ->ヘー、}       これがクローン家族の始まりで、  
ーヘ   { Y く- /    ,イァ<´ヽ/イ         入江が人間そのものに絶望しちゃったの
-  j   )r-に|コ、  / |__ト/'´ ヾ   
   ,.ニ、ノ 〈/∧|.>/ ト、|、 に|イ   ヽ
_ノ      .//ヘ./. └ |. ><|リ     丶      やる夫は婚約者に逃げられても絶望しなかった
       ,'く  V    .|'   /! ──   \      だから、入江の愛に違和感を覚えた     
         レ >/    .|>< |  ,,..     \    
        ハ  {     ノ  /! ( ● )    丶.
       {: :{   `、   ハ、_ノ.リ            V   一方で教授がクローンを肯定したのは、
      ヽ:.`ー‐}   ヘ、__ノ    (      j   )    自分の歴史に絶望し、未来が無い事を知っている
                      ゙ ー― ´` - ';     だから、入江に共感してしまったの
                             /     
                           /  
                          <



16 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:45:37 ID:7fOa0xnU



    {:::::/...._:-‐ ´ / :ヽ,  ,. ,. ,. ノ::..   \:::::::::::..  l::::| クローンも、
    l´::::/  ...:/  .:::/ / ./ / |- 、:::...  \:::::::::... l::|   もっと時代が進めば生理的嫌悪を感じる事がなくなると思うの
     l::´  /::/  .:/、_/_ノ_,ノ、_.ノ   \:::::... \:::::::.. l|
     l  /::::/  ..:/    ` 丶、      \:::... \::::. !    今より少し昔の時代では、肌の色が違えば結婚できるわけがない・・・
      l/::::::/ ..:/        __  _-‐ニ二.__\::... \ノ     そんな考え方が当たり前のようにあったの
      l::::/ ..:::l       / _ ̄ `Y´`、 ノ !´\:. |
        l:/ .:::::l      / ! /ヽノ_.ノ  ゝ._ノ|!  _ノ{     とっても昔の話じゃないの
       l ..: .:::!.      /  ゝ、     i::..    |゙(´:::::ノ      見ている皆の、お爺ちゃんやお婆ちゃんが生きている頃の話なの
          l.:::::!     /    }   ..:::/::::::..  ノ `i::{
           l::l|.    /!/⌒ゝ-'  ..::::;/;:::::::::/.=ヽ\:!
         lj     /j !__,> ...:::::::/'´ ̄、/    }´ 「 ‐-、   クローン家族はイヴの時間や攻殻機動隊くらいの
ヽ::、::..       l _,.- '/ _,ノ=-‐"、      }   /  {` ー __    時代なら、きっと問題なかった・・・は、駄目かな?
./ ::::::::::....       }´/ {'´ j、  {   ゝ-‐-、 !    ',  ゝ..__
{    :::::::::.....  .:/、r‐、'⌒) \'、.      }.    }
丶       ......::::ヽ    ̄    `ー- .._ ノ` ー-‐'
  |::....       ノ、



17 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:46:10 ID:7fOa0xnU



             r=-、      _,.......、
               }|   ``ヽコァ' ´´ ̄`l}
           r'  r== 、}j_}'´__,r==、゙、
        _  r'\  〉  ,.イ_j、>``  fr'
       //`´`ヽ ヽ'=テ'´ー' ー'`ーヽ=r'´
       j {_,. - '´ ト=彳 l !     !  l ヾ
      、j ,イ    {  ,.{-!-|、   l__l_l | lト、   さて・・・
     r=、{ ヽ    ト、l、l,r=、N、ノ=、ノ`//'  〉
     {{__, ト-`= r'__}_イヒソ   ヒソ}ィ''´_ノ    入江はクローン家族でやり直す事で
        `=-<ヽ_ニ〉、 ,.、__,'_ ノニヽ、-'      平穏と幸せを手に入れたの
        く fr'´ くくヽr/_::::::::::_Yモこ,
         ト、`´  )´7´r'-;::::r(ヽ〉 ̄
        〉' `` く,イ{   7ァ{`_ノ        オリジナルのヒナは死んだし、のりは再婚して・・・・
        /`ヽ  /〈{ヾr'´ト|{ / }
      〃  ヽ   ヽヾ!八ヾノ
     //     ``フード'  ヾ、__           圭一だけは、取り残されちゃったの
    / /      >'´!|    ヽ`丶、
   ヽ、/      , ' |:l !   }  ノ, -'-、
    /-‐、   /  //,ヘ__ノ//_ /、 }、        生きている人間で一番の被害者は圭一なの
    ヽ   ヽ,、{〉`Y:://'´  ,r`)'´/⌒j'´}-'
      \く ``rァ、`゙   ∧` ̄>'`´_ヽ=、
         `ー'  'ーr‐イハ>ノ ヽく_ニ7マ
             /7lN´}=|   lヌ 7/ ヽ
             ヾrl!ヽノl   └ヽ'ニ==lトァ'"⌒ヽ
              {_!〉´`|     ヽ__//   /
              |ヽヽノl      {    /
              l! //ニ゙、      `ー'´
              {ヽ'    ヽ
               ヽ、___,.イ



18 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:46:26 ID:7fOa0xnU



    /   __ヽ、ヽ、, -‐    \ヽ,ィ´ ̄ ̄j
  /´ ̄ ̄ rゥ=-\ ヽ、_,ィ――-- 、ヽ___ -‐ヽ.
/      ,>ァ‐ 丶_rrス7´ ̄ ̄`>ネ-- ニニ、ヽ
      / / __,.ィゝ、ト'ニニニニrベヽヽ.  //
      , イ   ゙ラ´ ̄´/   ,′ !`¨´ヽハ¨Lヾ.、_ヽ\
    / / / ,′   ,′,′i  |    |、  `iー、--ャ
  / ,:′,' /  / ,' |___|___|__|    j| |', ヽ ',
/  ‖ ! ||  |.ィ'´| __|_|_、 !` !  /ノ_|_  ハ| |  i
    ‖ | || '´| |,ィ´ィ- 、-ミ V ,′/イ´ノ `ソ、! ! !  |
`ヽ、 ‖ | ||、 レ',:僞孫}}  ,ノ_,ノ_ノ ,ノ=、 ,' ノソ /  ノ   圭一は入江の事が大嫌い
ゝ-、ヽ.|!、 ヘ. '、く {{刄fj勺     ,:俐} jノ_ノ´/|/     
ヽ、__`ヾヽ>、 ヽヾ廴__,ノ      仗V ム_ ´-‐ヘ      でも、それは強く意識している証拠なの
/   ̄ヾ、  \ \ 、、、      弋シノ゙ハ `ヽ、 |
< ̄ ̄,ィ‐`ー-、ス¨`        冫 、、、,′冫、 冫     入江にとって、”前の家族”だったとしても、
=、-`ヽ、__ー-r'-、丶、   r_ァ    ノ ̄ \ `ソ       圭一にとってはずっと父親で、無視できない存在だったの
   ̄,>ォ' r`ヽ.` く\ `>--― ァ''´ ̄ ̄`フ¨´
  //´ ゝ{- _\ノ`ーヽ.___ノ ̄ヽ ̄jヽ二フ´      
  ヽ{   |´/  ´    \`ヽ  ̄/ ̄ハ



19 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:46:57 ID:7fOa0xnU



              , :':´ ̄`ヽ
    , . :-:―:-v七く : : : : : : : 廴_
    く: : ; =イひrくノ^V^丶、_:」へ `丶、
    ∨:_:ノ7/丁  、  ヽ ヽ: : : : :> )
     /.7/ / l |   l  |l \:ハ ∠=┐
   /.:.:l ' ,′| l   | l   ! | !   〉彡く、  だからこそ、クローン家族と対面した時のショックは尋常じゃないと思うの
   しーJ| l|  l  、  | L - ‐ |  〃 〉  ))
  <丶/ l八 _>‐ヽ l ,ィf=ミ ノ|∠三ミ}
   ∨_ヽ、ヽrfうY ノ  ゞッ{彡厂 ̄´      再婚ならまだしも・・・・よりにもよって、”自分自身のクローン”と、
    }ミ≧} Yヘ ゞ′ _ " .イ^フ           ”居なくなった家族のクローン”と幸せそうに暮らしているだなんて・・・酷すぎる話なの
.    〉-=ミ 八 > '⌒丶_ /じヘ、
    /    !ヽ/_ |   トr彡勹7丶        醒め切って無関心になっていれば、嫌悪感を持つだけで終わったけど・・・・
.  〈    |、  `l   |个x,.:'´: : : ヽ        圭一は歪んではいるけど家族の意義を無意識に知っていたからこそ、
   '.    | ヽ  \ 丿||:/: : : : : : :!|         醒め切れない、情のある子だった・・・
    |ヽ  ′ o、  Y _|l」 : : : : : : ハ
   ! V    ` riノ」: : : : : : r‐'′/__
   r'⌒Y⌒丶、/: : : : : : : :/: : ∠_ ̄ ̄))   怒り狂う程の激情を覚えても・・・それでも、圭一は入江に答えを求めていたの
   〈 _`ンヘ   ヽ : : : : : : : 厶-<て(  ̄ ̄
         、   i: : : : : ; '´    } ))        だから、自分の為に入江を試した
         ヽ  |.: : : :/     / 《 
          ` ー' : : : {   /



20 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:47:43 ID:7fOa0xnU



                      /.:::::::::::::::::::::/  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ,.-、_ ,..__         ,′::::::i:::::/!:::′ |:ト、::::|ハ:::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::::
        /マ厂 ̄`ヾ=、,r‐‐-、|:|:::::::::|::::| |_:l   |:! }::::l |::::::l、:::::::|::::::::::::::::::::::
       /.: : :マ:.:..:.:.:._: : :`ヽ_:_:_|:|:::::::::|::::l´!::「   V∧:!__!::::::} ';:::::|::::::::::::::::::::::   同じ顔を利用した二択・・・・
      弋: : : : :マ:.:_;..=≧‐r〈  _|:lハ:::::::',::{ ヽ{  ノ ヽ リ !:::/ヽ|:::::|::::::::::::::::::::,′
.        j}:.:.:.:.:.:i{´: :`シ''"´ ̄.: :ハ{: V:::::ハヽ ___    /  j;/  リ!::/:::::::::::::::::;i:{     互いにとって確実で、残酷な手段で圭一は試したの
       ム=-、.{{_;/.: : : :/.: : /:|: : :ヽ::::::', ''"''ヽ    ,.___   ノ'::::::::::::::::::/      
      〃: : : : :.〃/: : : : j: : :/!: |: : : : :\:{:::::. ,   ""''ヽ//::::::::::::::/{ 
      仏-、: : ://.:′: : : :|:_iム|-ト、: : :|: :iハ丶、 、 __ :::::::‘/:::::::::::,.イ         一方、自分に関心なんてもう無いと思っていた
.      /: :>'"|: |: : : :i r'!.:il  '、{ \:!: r‐、j\ヽ、ー'  __,.ィ'::::〃/、           入江には衝撃的だったの
.     /_;.イ: :_/|.:|: :{: :ハ| ヽ{ __ ヽ  }/  |: : :V!  ̄{   |::/,.イ:.:.:.:.:\
    ´ ̄: :_:_:_: : `ヽハ: !.:{ ,ィ==ミ    __  /ノ!.:/:|ヽ   -‐ !/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、 
     ,. -‐==ニ=-ゝ,.-ー¬、::::.. _ __ ' ´ヾ∧、レ′!   ___/.:.:.:.:.:.:.:,. -―-、、     父親としての努力を怠った自分を、
     :.:.:.:.,.イ´三ニ}ムィ''マフ´   {  i .::::::})=そ:::|`-':.:.:.:/.:.:.:.:.:./,.イ´ ̄`リ      それでも父親と思ってくれる・・・・
.     Y: ,.ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:[三二ニス  `ー ' ,.`=彡ヘソ、ヾ!:.:.:.:/.:.:.:.://      }
     ゝミニ=-テミ:/ゝ-=彡ー'` ‐=≦マ´.: : : : : :iヽ}:.:/,. -‐彡イ          |     自分は、父親だった事を凄く遅れたけど理解したの
       `マ(_,./: :ァ'`ヽ}: ト、 }入./: : : : : : : : ヾミ只ニフ´/ _,.二.._     ′
           `ー{: : :〈::く`ヾミx.__/ム': : : r‐,: :_; : : : /::::!厂 ̄ ̄    ` //
              ゝ、:_\\:_:ィ彡rく.:_:_:/:.:.'ー':く.: : ムィ'´ ,.__,        /
            〈.: : :\/,.イ!|:!}/: : : : : : : : : )'′-―'⌒      ,.ノ /



21 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:48:21 ID:7fOa0xnU



            __ イ  _____ ,. イ r──-_、_ ,..-''"´ ̄}ト、
        l  /´:::::://::::::::::::::::::::::::_:_:_:ノ  |  rぅテ┴ャゝ 、   |l::.|      __
        ノ|  |:::::::::/::::::::::}`::::ー-::、:::::::::::::\j /  /  ヽ 、 \|く     (´>「r}
       {:::| /::::::::/:\:::::|ハ:::::::::::::ヽ::::::::::::::// / l!   !i  l ヽ`い、   ∧ヾノ
      __ヽ::V::::::/:::::::{ヽ::|::::|::::::::::::::::|::::::::::// l  l!     !l  !  !l l|卞、 ∧ ∨\
     /::::::::_:::/::::::::::::::|::::l|::/|::::l:::::::::::|:::::::::{ {  {  |l    !l /! / l リ ヽ 7   \\:ヽ
   ´ ̄/::::::::::|:::::::::::l::::::|_:_j/: :|::::l::::::::::|ヽr=ゝヽ ゞヾ`ヽハ !´ __`ソノイ  /      ヽ、`_}
    /::::::::::::::::::l:::::::::::ヽ::ヽ    |::::ト::::::::|、::ト==}ハ 冫=   ´ ̄`/ j__/      .::/
    /::/::::::::::::::::ヽ:::::::::::ト、ヽ   |::l l:::::| ,,zゝ_ノニコ    r ¬  辷厂〃    .::/
   /:/:::::::::::::::::::::::\:::::::| `ヽ j/_,. j:丿 rz_=Y云ム  ヽ__ノ _〔_/     .::/     父親は入江1人だけ・・・・
   〃|::::::::::::l::::::/:::::::::\::l  ,.ィ=''~-_=、 _」{ヒzj {|/ ̄_,>ーr‐''ノ‐/    _ィ'´        その事を理解してもらえた時、
  /  !::::::::::l::::::l::::::::::::/ ヽ/r''´,.ィ云`|f ⌒辷. イ: ̄ /ニ圷ニヽ   .::.:〃           片方は泣いて片方は泣かなかった
      |::::::::l:::::::|::::::::::::|___/{ /ヘ::tz:リ !}  `  }:.  <<´ /ハ\〉〉  .r、/_
     |:::::::|:::::::|::::/´ヘヽ   \__´ - ´  ィ  /:.  /`‐ァ/i  | ト'  r〈ヽ`、\
     j:/|:::::∧/\ ヽ(_         ´ー' /-‐¬  // !  | l!  \ヽヽ` ヽ
       ヽ/  `   `ー个 、_         /   ノ /ノ i  L|、   }     l       何故、クローンが泣いたのか?
                |: .     ┬‐一'´    / //     l ヾ、  l    |
                |: .      |_  ___,/// 、   / ヘ ヾ、  ヽ    }        正直、>>1にはここだけが解釈できなかったの
             _ ノ-、: .     ソ ノ`´:  //)'_ ヽ  ,.'   ヘ. ヾ、 ノ   ハ
         ,.. -‐< ̄ヽ、___ ̄ ̄´/ヽ: : r/ /ノメ┐ノ⌒ヽ_ ノ \ヾ;/   l ヽ
       /: : : : : : :〈  ̄ ̄   ヽ / // / //    { \ .:.::V    l  〉ー┐   見分ける為の演出・・・それが限界だったの!
      / : : : : : : : : :}        〈   ´ {/     \ハ..:.:/    | /   ノ
      l: : : : : : : : /         }      |{ ヽ〉 、  .:.:人/    l´  く       と言う事で皆に任せるの!(○投げ)
     │: : : : : : : ./          l    j 〉‐〈⌒ >ーく :/      j   ノ



22 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:48:39 ID:7fOa0xnU



                   __  -- 、
               ,  ´ ̄´ ̄ 二ニ¬、_
              //    __ 二二三彡ヘ
                 ' // /   __  -= 彡´ ハ二二;ヽ
            /{ 〃 / / /_ -ニ´  ̄´  /イハ   }:::}
         〈 !  { 厶 /^ヽー_- ニニ - '  l ハ /::/
          { ト、ヘ く\ヽ`ヽ \≧三ニ-    l  V::/        結局、入江はクローン家族を選んだけど・・・
         弋ニミ∧、\\\\ ヽ_`ヽ. __   l l  ∨ 
            圦` ヽ\\\×´ __ ミY^ヽ l l lハト、         圭一ともう一度家族にならなかったのは、
           Lヘ   \\く ヽィ´丁′   }_ リ l l lハ、:\         互いにとっての”清算”であったからだと思うの
             |lへ ,.ィ \ヽ´^ー '      rイハ l l  lハ`ヽ\__
             |l l \ィ=ミ             l l l l l  lハ  `ヽ\
             |l l  个 ′ 、  ,    /  !  l l l  lハ    \\     もうお互いの生き方は別々になり過ぎていたし、
             |l l  / l > ..´ ___ ,∠  ! l l l  l ヘ      \\     失ったものが大きすぎて親子としての再構築は
             |l l /,.--r^Y^r<: : : : : \_/ヽヽ l l  l ヽ     }:::::ヽ     不可能だったと思うの
             |l /に二ブ⌒| ̄\: : : : : :\  〉、\ l  l  \    \:::|  
             |l/ レ'て_)(_弋___), ==‐-ト、' / >、 二二二二`ヽ   ヾ
            イ′_/´ li   、 、`¨¨{: : : : :_: : |ヽ/   l '、 \`ヽ{
         // f´/il?U|l | i l | iヽ  ゙、: :./ l ヽ| }     ヽ \  ヽ ',、    圭一もそれを望んでいたわけではない・・・・
.       / / ノ'i l||l | l_|__l_|1ハ ハ/ '! /,小、    \\  '.小     ただ、自分が入江の息子であった確証が欲しかった
        , '  / , ' {_| l人|x| l l,ニ、川}/// l// 入-=ニ    \\||l
     / / /   7ニヽヾ;  Lハ 厶ィ´─〈/ /_〉 }、_       /「 |||
.     / /  '   /{´三ヽ八 _  u ∠二二下(廴))/    ̄  イ l  j/||    入江は自分が父親であった事を理解したとは言え、
    / / /   / / ̄)ノ7))\_ ィ f三三〕ゝー‐'/      l l l  //|?U     クローン家族に幸せを見出し、それを捨てる気はなかった
.   / / /    / / / // ィ ニ圷、ヽ/: : :_ソノ:\ 〈       !川 / //
   ' 〃/   /{,/ / // /:〈〈 //{: : 〉〉: : : : : : : :〉 j      ,イ }ル″//
.    {{/   /ハ / //r‐!/:.V/:ゞニ'ノ」: : : : : : :/ _l _/    //   ノ´      離れたお互いの人生が、一瞬だけ交差しただけなの
     ヾ.       // ,' j: 」: : :}/: j/: :f: : : : : : :.:ハ 「     //
                  /:/: ,.イ: :〃: :.:∨: : : : : :ノ l     'イ
                /:/:./:::/: /|: : : :.,′ : : : : | ′     /亅
          / : /:./:::/: イ::|: : : /: : : : : : :.| /      ,} {
          /: : : /: :|/:./:|:::|: : / : : : : : : : レ   _ - ´|___〕,
.        /: : : : :/: : : : :.:{ : ヽ!: /: : : : : : : : :|-‐¨   |  \



23 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:49:31 ID:7fOa0xnU



                     ィァ…‐-、r‐ュ__
                     / / ̄_ -ニゝ-<´ ̄ ̄}
               / /   '´       `ヽ\  |
                 __/___//         __    ハ ヘ下、
              /〃 ̄__ー_─‐- ..∠___ //∧ ? i
              ノ八,rく\\「`¨ヽー‐--_'_/イ ∧ ∨|
              厶ィハヽ\\\ \\千r┬イ l l li V|   でも、きっとそれだけで圭一は前に進めるようになったと思うの
               {?h ヽ\\\\‐ヽ‐-l|i川 l l l l|
              ヾ,   ヽ_\\\, =テミ `Yrいl l l l|     ずっと自分の中で澱んでいたものが涙と共に流れたのだから
                lヘ / _\丶 ^ー '´   _j ノl l l li
                | !ヘ.Y゙`ン         rイ | l l ll
            ____j l lヽ´   、  _     /l |l |i l l l   悲しいけど、苦しいけど、それでも・・・前に進める
         _」´: : : : :`Y^Yヘ.   ` ′ / :| |l |l l l l  i
        /: l: : : : ;. イ⌒>、: : :>  ... ィ  _」 |l |l l l l li,
          >:rL. ィ´ん'⌒Jし`卞、:」___」一 '´ l 川儿_」_l_l lハ   ハッピーエンドじゃないかもしれないけど、
          L:.:|_フi li|i| | |i l l! l l ∨/ イ凡_.イ///    `ヽハ    前回のキョンと同様に前向きにはなれたの
       / ̄「| l ll |l|l| | |l l l! | l i }{ {/___/ /イ    ヽ,    }ハ
       フ入l1ハl斗┼l| | |l十ト、イノ7ー┐个ノハ      ` ー 1lハ
     く〈二ヽヘヽlィf T||l Tハト !Y´二入j//^ト、____        | lハ   どうしようもない悲しみばかりの序盤の話と比べたら、
       `ヽ>ソ八ヘ.ゝ┘   └ ' ∠ィ三三]l |  / \    ̄ `Y|l,小    ちょっとだけ優しくなってきたの
        〈〈,-=、ハ   ー   .イ___辷¬イ| |  `ト、 ` - _ __,r┘|l | i
        /  ‐r'´: :`ィ.TTf´く: : : :\ソノ l |  /  ヽ  _.イ l   l !!
         ハ_`ソ: : :.〈〈_,1:j:L._〉〉: : : : ヽ .リ , ′   ヽ/   ,′ , ,' !  ・・・本当に、ちょっとだけ
       ヽノ⌒ヽ: : :.`ー'l::iヘ‐f゙:i: : : : : :l   _ノ \.  /  /  / / .′
          \ ハ: : : : i:.|::|: l::|: |:_: : : ,イ f´     ン′ /  / / /
        ,ィ∨ ! : : : |:.|::|: |::|: 「: : : : :| / ̄   /   /  / /  ′
          〈  V: : : : :l:.|::|:ノ:ノ:.j: : : : : |ハ     /   {/ //
         ヽ〃l: : : : :.マ ̄ ̄フ: : : : : il ',   /    〈'´/
         }  l: : : : :.ヽ  /: : : : : : :リ    ,イ  \ ヘ
           ゝ._ l: : : : : : :y': : : : : : :./   /       ヽヘ



24 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:50:03 ID:7fOa0xnU



            .               , -― 、_ , -―-、_ __
                            } __{ム-- 、   } -ヽ
                           /´_, イ__〕‐- 、 }__/ ` /ー、
                          ノイ  ,     ヽ:::ト、\ / ´ 入
                           /  l| | l__ ヽ Vハ ヽノ , ´ く、
                          {|   l| l ´l    |  j// /  ノ 〔   さて・・・
                          '.l   ャlィ!;ヽ l l l / / { /、 ソ
                          /ハ |:゙! ゞ'  ´!';:iヽイ / ?ヘ)   入江に対するやる夫の反論は
                            {ノjヘ   ,  `' / / , -_―ノ      「振り向いてくれなくてもいい」というもの・・・
                             〈fヘ ヽァ  イ_, イ{ / __
        ___     __,,,... --―  ''"ア´!  _ ヽ`,‐r‐''- {!_ノ、         
 ,.... _,.. - 、_,.」  |! ̄ ̄ ̄             /  `Y´,>-'"   ' .::ト、        自己愛に根差していることを認めつつ、
 ゝ-ァ ,.-  !  |!            .. .::::.:/   ..:..:|_」!    .:::./ ゙i         しかしそのベクトルに収斂されることを
 /ィ ヽ  ,ィ-| o |!:::. .... .....:..:..____;;;:.:.:.. -イ  ...:.::.:/。|!   .:r‐':.:....   !          拒否し続ける強い意思・・・
.(// ハ ゙トヽ ヽ,.. ┴‐ '''  ̄ ̄        ト、__;,:.イ。/´!:.. ..:::/'´   . .::|
  .(ノ 'J ´           _ヾ._ ̄ヽ,Aヽ-'ュ__,./,...、-ヽ::/   ..:.::::::/   
              _,..- ''"二  `ソ  |  i|!  ̄ ̄ ヾ;.,    .::./
           _,.-''_,..- ''" /  / /|   |!          .::/      誰かを愛し、愛し返してくれなくても・・・・
         , ´ ,.イ   / ,..イ ̄! __」  o !i ..:.       ,.ィ         
       ,/ /  _,,..イ ,..イ:::::::>、 ´ ゙7 ̄/'::.___,,.. -‐ '':::!'        そしてまた自分の意志と相手の意思に大きな隔たりがあっても、
      /   'ー '"_ ,,.イ::::::::::/  ヽ、/ /' ̄ヽ\ ..:::::: .:.:.::ヽ         決して嘆かず、むしろ愛を与え続けることができるの
      !    ,.ィ'":::::::::::_,..-'     ヽイヘ ィヘ   \ヽ、   .:.:ヽ
      `ー '  ヽー ''"         ヽ ' ! \  ヽ>ヽ、、 .::::゙、
            ゙、           /  |: ! ヽイ  |「`ヽヽ、:.::ヽ     
             !         ,ィ'!   !:. |.     !  ゙i! |`ヽ.゙、    地道な努力を重ねて、ゆっくりと育んでいくもの
             .L____,,... -'' |::|   、;.:i: ..    |i   |! !:::::::::ヽ、
                      !::゙!  :..、|:. ..    |i   {! |:::::::::::::ヽ    ・・・それが本当の愛なの
                        |::::|   ::.゙!      |i   ゙! ゙!:::::::::::::::\



25 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:51:10 ID:7fOa0xnU



           / .:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::: .:.:. .:.:.:.:ヽ .:::::::.::.:.ヽ
         / .:.:.:::::.:.:.:.::::::::::::.:.:.ヽ::::::::.:.:.:.:.:.:::`、::::::::.:.:.:!  
           / .:.:.:.:.:::.:.:.::::::::::::::::::::::.`,.:.i::::::.:.:.:.:.:.::i:::::::::.:.:.:!   『愛とは、自己愛に根差していても、努力により真実の愛が生まれる』
           ! .:|:. i .:::ト、::i::::::::|.:ヽ:.、:::::i:::l::::::::.:.:.:.:.::|::::::.:.:.:.:|    
           | .:|:: | ::::| i:::ト、.:::|:::::|:.|.:.:::|.:|::::::::::::::i.:.:|::::::::::::::!    入江とやる夫の説く努力は、大きく違うの
           | .:|:: l.:::::| |/ -|:十i┼l:、.::|.:|::::::::::::::|.:.:|:::::::::::::! 
         ト、ト、ト、.:.ヽ   |/ |/  1::l::l::::::::::::::|.:::|::::::::::/      
              `ヾ、.:::.`, , ==-.`i.:|:::::::::::::|i::|::::::::/      自己愛のみで結論付けた入江の努力は、クローン家族と言う
       _ __ _    ヾ::ノ   ' ' ' '   |.:|.::::::::::ノ|::|:::::/l        努力さえすれば報われるのが約束された事が前提なの
      /.:.:.:::::::;:l}にニL_ ,L_     ,    |/.:.::::ィイイlト::/:イ           
    〈.:.:.::::;:;; -──==、ュ`ー<    i.:.::::::/   l/ |         
    ヽ, ィ´    / /   、 `ヽ.::;>一'1.:.::/       ヽ_      一方、やる夫は報われなくても、その事実すら受け入れる・・・ 
    / il   /_/_/ ,/!   ||  lK    |.::/ノ     , '"´ ̄`ヽ    
  _/   ||  /l/ l/i`7 |  リ .! |.    |/厂   / / ̄ `V     自己愛を認めても、自己愛は一部に過ぎず、
イ, -─=|ヽ.:l ==ミ、 | _ノト、:/ /!   , イ __/ /       !      もっともっと大きなものがその先にある・・・・
ニニ =={ミこ彡}  ""    ?/Vノ  //ニニ7 / -──‐‐-| 
 , -‐={ミこ彡}   、 _' `゙ソ彡} `Y´ ー一' /l, '´ ̄ ̄ ̄ ̄ |     
`ー一メ´ ̄`ヽト、    _,.イニ彡}ヽノ__ , .イレ′       |   やる夫の説く努力は、
 厂  r─‐ -、ヽ`にニフj彡イ=-_j       /            /l     その先にあるのが荒野だと知りつつも歩むことなの
/ ,   |:::にニ!.::≧只ー─-、 ``V       /         /.:.|      
_/   `ー一'7::/i::ト、:ヽニ!:::!  /     /         /.:::::!    努力の言葉の重みが、まるで違うの
          /::/ |::| `ー‐ ′イ      /         /.:.:::::|



26 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:52:05 ID:7fOa0xnU



               _        ,. -──‐- 、
           , ィrー ュ、/.:::/ヽ   ,rー-っ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          <.:.:::::ト、:::V.::::/::::fj  / ,イ´.:::::/:j|::::::::::::.:.:、:::::::、::ヽ
         ゙、.::::j }>=巛ミニ< ,ィ ,イ.::::/:::/:/:ト、::::::、::::::l::::::::.ヽ::!
          , イ.:.:.:リ;.:イ,r'´ `ト、`ヽ:/::/::l/::N:ハ::ト、::::ヽ::i|:::::::::::l::|
       / レ'7.:.::::j }  j! l | jl/:|::::!/」-‐l/ ヾ!‐ト、:_::|:!:::::|::::|:|   最後、入江が生き延びたのは、決して入江の
        / /  /.:.:.:.:j_}1j/,ィ_l/リ|::l:::::ト、        `7::::::!:::,:,!    全てが過ちではないと言う意味じゃないかな?
        ,jN ,ィ ^六ゝr、爪 f_トッ`┐|::::|::!'⌒   '⌒`.,!::::::|://
     ノ jノ   ヽj川 ヽ \' 'r┤ !:::|:l:、' 'ヽ_ ' ' ' '/::::::/:/
    <´ ノ      `トト、 ゙}三} ヽ! ト、N:::\. ー'   ,イ/::::/l/      誰もが愛に望み、手に入るとは限らないの
    `>、ト、,ィ 三ニヽV/_  `孑イ     /l/ ` ーr‐<//::,イ/L
    〈彡7^三二ミr'´ ,r'⌒ヽ`l7  / ,rr‐ 一'7 _/"´ /.::i   敗れた人、絶望した人、弱い人・・・それでも生きなければならない時、
      V/ 丁二7 j ノ   `,/ _/ / | !:::::::::/ __ /.:.:::::::.\  だけどもう誰も愛せないくらいに傷ついてしまった時・・・・
     「 トVトト、./ /ノ     i〉 〉  / /トヽ::::::|:::::::/.:.:::::::, -‐‐ヽ
       | i 込7ソ<´        |/  ,/ j/ `ト‐ュ!:::/.,r─ '´_, ィ´ ̄7i    
      //ィ彡>>:;ヽY´.:.:._, ノ  / /  /「孑ニニフ´i ̄//   l/|    登場人物だと、黒沢がそうだと思うの
     _//::/'´ ̄`7.:::|   仄メ, イ  ,′ /::j!、__/:厂  l_/´    l/|
  /.//::/  , イ.:.:::j  _ノ}  \.::/  /::/  |:::!  /        /:::|  
   //::/ / /.::::::j  ,r-ゝ、_ \//::/    |::|  /      /::::::!    自己愛しか残されなくなってしまった人にとって、
  ,//:://  /.:.:::::」  /       >フト、/ *  j::|_ノ_        /´ ̄     クローンは救済なのかもしれないの
  //:::/    /.:::::::/| /     /:/ ゝ、´ ̄`ヽ'´ ̄ヽ\     _/



27 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:52:47 ID:7fOa0xnU



             _ _
            }1   ``ヽ        _ __ _
             }1      `ヽ __,..ィ ´      j!
              リ  rr=== ミ}   }彡 -==ム
            ム  リ .: .:. :. :.∠YニYく. :. :. :.: . ./
           /⌒ヽノ .ィ ´ `~~~~´ ``ヽ .: :ノ    今回、考察してくれた人が何人も居たからつい張り切っちゃったの・・・
          ,.イ⌒ヽ  / .::; ,.        \ト、    
           /  VV.Y´ .:::/ / ,| | .:|:| |::|:i   l:!     キャスティングについては、実は入江&ヒナじゃなくて、
         ノ    V.:| .::::/ /__/ | | .:.:l:l 1:|:|  l |:|ト、     エンジュ&ばらし―で考えていたの
          `≧ミミyハ| .:::/7´l /`メ、|.:./ナナN  l |:リ 人
        く  ̄``ヽ .::|.::/ ,.イ⌒Tヽl/ T Tヽ|   辷_彡
        辷_彡_‐`辷_≦ ヽ廴_」_   l_ノノ/ ノ‐辷_彡   でも、エンジュよりも入江の方が語りが似合うところや、
        辷_彡_‐ `辷≦ 、    r‐┐   ハノ_‐辷_彡    設定を少し変える(本当は妹ではなく姉)事で、ヒナの方が
           ( ( ⌒ `_弓ハ\ __l _丿 ..イ 弓`)ノ´ ̄      適役であると判断したの
           /     > ‐く   ̄``ヽ- 、
         /      /  ノ       ゙、ヽ
           /     V  /  ,r ;;;    r;;;,、', ト、      一応これで原作メイデンは全員出たけど・・・・
        /        ,′ !  /`ー1   l:lー'ヽ', V       まぁ、うん、ばらしーは・・・・風向き次第?なの・・・
         ヽ       l  l  L__ノ   l:L__ノハ ヽ
         \   ノ  l      (::) `ー' !  \
          `>y'    ∧       ーr'r‐'   ∧   )
        ,. イハ.___ノ  >、      l_ノ __ ノ   `T´
       /: :/ い    /⌒ 「¨¨`フ"´     . : :〉
      /. : :/. : い   /    人.:.:く      . : : /
    /. : : :/. : : :い  /   /    `ヽ、   . : : : /
  /. : : : :/. : : : :.い /   /      /.:入. : : : /\
  . : : : : :/. : : : : : い′ /     /::/ / ̄`く. : : : : \
  . : : : :/. : : : : : : :い__ノ       /::/ /  、\ ). : : : : :



28 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:53:05 ID:7fOa0xnU



  rー‐x、  , −-、
 /   /  .オ'´イ ̄`ヽフノ^ヽ
 L._{_/ l l |  ヽ \ /
 r\ /   ! l」_、   ',  ',        圭一は分かりやすく、
 n/ノ{   从=、 ヽ =ムノノ_,        「グレても違和感のない少年」
 l | |    Vり  ´りYハ〉         「髪の毛トリックが使える事」なの
ー'_ヽ'´フ- 、へノ´r‐ ァ´i _ 〉
   ノヘヽ \ \ー'_イ} イ\ ,ィ
} ̄'‐ 、 ||    「r、Yj〕ー┬イ〈_        髪の毛の「::::::」をいちいち消すのは面倒だったけど、
l: : : : : /| ,   | V/┘- 、l_|-┘        感情表現の大きな圭一はとっても楽しかったの
\: : :/ ム'´   | ト' \\_`_ー-、_
  }_:// |     L|   ヽj-、   ̄フ┐}
      l         _/}_/ー-、`_     怒り顔も泣き顔も大きいのは圭一の美徳なの
        l       // ̄-、ノ  _ 」‐┐   __
        l    / ̄     \/ Y <_   / /`i
        l   /        _}个 、 | l/イ>,」 ! |
        ヽ /       ノ イ \ \!.」/l | | }



29 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:53:22 ID:7fOa0xnU



   ,ll/   /lll /lll |  |  |  | | | | | | | | '''''l||l l||l l||l/  ./ /
   .'リ|  | /lll /lll |  |  | | | | | |`‐|┼!┼|‐| |  |  / / / ̄`/
   .:l|\| |lll /lll |   | | | | | | | || |_|// |  | // /  /
  .:l||/ | |lll |lll| | |  | | | ,| | | |. |  __. | |  | / /  /    名残惜しいけど、そろそろ時間なの  
  l|/  | |lll |llll | |  |  |/| |  |  '彡==//  |//  /.,,
  `ヽ,、., \|lll |llll || |  |/ |_ _| |        \ /,,,,,_. | /l      だんだん、前向きになっていっているのだから、
      `゙| `゚'゙/llll゙|/| '| /:::::ヽ      """ / /__ /\|,,//       きっと今度も・・・・もしかしたら幸せにだって
      ゚!、 /llll゙,ン  \゙x 弋:::ン  `  _     |∠'' ((,,(..,,,. '''''         なるかもしれないの
       \|llレ'/== ゙'\       丶 )   | _ ∨''     _ _____,,、
        /  (__ ,,,,/ ゙'フ"       ,/  ヤr―−''''''""""¨        |_
          (⌒ 、)/./ ,, ̄/``:゙゚'ヶv ,, -‐'''ソ   l l              ,-‐-`.、
         ̄)) \ ''''',' ,/ /-== - 〜l´    ,.'-‐-、  さぁーて、    ,=ニヾ||l l||l |l:
          ̄     ̄/ ヽ、,′   | `、  〈_,.rニ=、           ,ニ=d λ ̄``|||
              /、      |  .|  \/( r_rk=ニ、次回の      >‐-.、_ r  .:ll l||
             /:: ::\ \/  |  | /|||l λ _,.-‐く 世紀末は?  "''‐-、._).!||i'//
             \:: ::\  、  |   | ̄ ̄ K_,.-‐''"            | /|lll/ /
             /            | `、  |__,,,......--―─=''''''''フ''''''''.::l||/ /
             `、   \     \ |  .`、       ` .||l:     . l||/  /



30 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:54:08 ID:7fOa0xnU






                          
                           
                                   『さぁ、ゲームを始めよう』






31 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:54:32 ID:7fOa0xnU



 
                 _         |  // _/__
                 ()),, ̄),,       |\    /  /
                     ̄ヾヽ  ,    |     /  /  ツ
                     `ヾ、 ;
                         ヽ、
                  ヾ、ヾ、 ー - ... ヾヽ _
                 ヾ、` lllllll` ー -==':::::::::>` ー - .. 、 _
                  i`` ` ー - .. 、 _ `ー' ` ー - .. 、 _
              /^ヾ`>ー - 、    ` ー - .. 、 _
     ___,,〃  ` ''''':::::;;;;; _ ` ー - ..、 _   〃 ̄ `
 ̄ ̄フ/::::::::::〃          ` ー - 、 _ニニフ ̄ > ー
::::::::::/./:::::::::::::/ i     =  、__  ! __[`ノ ,r'ー‐'
::::::/./:::::::::::::::i  !     、  、   ̄! ̄ノ  ̄`ー‐'
::::/./:::::::::::::::::i  ヽ        `ー―‐〈




         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /   ちゅるやぁぁぁ!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)

                                               ,r-――-、
                                             /      ヽ_
                                            /        〉l^l^)
                                            l        //ノ ソl
                  な・・・なんてことを・・・・!           ハ_ノ   ヽ_ /   /
                                           /(○)   (○)l    lヽ
                                          /  ヘ(__人__) ム   イ  `ー―-、
                                         /   / \⌒´<´ |   .l    /   ∨
                                        /    /   ヘ     l   |   ,'     l
                                      .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ
                                        /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l
                                      /     l  ノ   ヽ   |        /  }
                                     ∧     / ,〆     ヘ  l      /   l
                                      ヽ、_,ノ'´         ∨l      /   ノ
                                                   ', |     /    ,'
                                                     ト、   ノ     ノ
                                                       `ー'



32 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:55:02 ID:7fOa0xnU



                          
                                  『期限は明後日の夜明け』



                               『それまでに俺の名前を当ててみろ』



33 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:55:28 ID:7fOa0xnU



          ___
          /::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::\
        |:::::─三三─::::::|  ごほっ・・・・!
       | ( ○)三(○)|  
       |::::::::::::(__人__):::| 
        |:::::::::::::|r┬-|' ;`∵:
        |:::::::::::;::`ー;:: :゛;.・:゛∴
        \::::::::::::::::::∵∴゛;.゛;
        >::::::::::::::::::<∴;.゛;.
       /::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::::::::::::::::::::::::|

                                                           r¬、_r¬、_
                                                      r‐┘:.:._;: -―辷`丶、   ___
                                                      /:.:.:/  ,      〕:.:.:.:`丁|:.:.:.:.:.:.:}
                                                       |:. / ,  l     l|└-、:.:.:.| |:.:.:.:.:.:「
                                                       ∨ / 、 | l   |  | ]:.:.| |:.:.:.:r┘
                                    やらない夫さん・・・!?.     |  ト、 |\ | l //| {:.:.:| |:.:.:.ノ
                                                      l  | N ○ヽl/´○!ノlヽ| |:rく
                                               .         `ヽ||   、_,、_,   レlO/Y⌒ヽ
                                                  r‐-vヘ.__」 |ヽ、 ヽ__}  _/ |レ':.:.`て_ノ
                                                   { r┘:.:.::{_:.| |:ヾ >‐-< 7´ }:.:.:.:.:.:_:_)
                                                   ヽ、):.:.:.:.:.:.:〕にニコ  ○ く_rイ∧:.:.:.:} ト、
                                                    しヘ:_/´:.:.:.:≧√ ∧`ヽくく/:. ヽく | l l
                                                      つ:.:.:((_/   /:.:|   ヽ:.:.:.:.┌'´| ||


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\      たとえ便所に隠れていても、息の根をとめてやる・・・・!
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : :l  _,-ー、
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: :|/'、=--ー: :メ,
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\ ``-" \,_、: : :: : : :ヽ
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\   ``ヽ: : :: : :: : :ヽ



34 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:55:57 ID:7fOa0xnU
 



                          
                                『これは、神に託されたゲームだ』



                                『真実の愛の意味を、教えてやる』



35 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:56:17 ID:7fOa0xnU






                           ゙ヽ,   ,,,,                    .,,,  ,/
                             i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,              ..,,,,,゙゙゙リ /
                             ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-        ,,,,:/.,,,./:リノ 丿
                              ゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//  /
                               ゝ,,丶\::v || |:‖ -__w ヽリ゙リ゙|j:‖// /
                                ゝ''ヽヽ::,, --v,‖ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /
                         
                          
                                  さて、俺は一体誰でしょう?



36 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:56:41 ID:7fOa0xnU



    |    \      /  |
    |     \r rイ   |
  「 ̄  , ィ´ ̄`7ハ^X^ヽ  ̄`7
  」   ,//  //i::l::ノノl l:、  /
/ L_//, イ/::l:|::|:|::|ノノ::|:Vコ       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    /|:.|.:|::|`ト、,|:|::|.|::|_;:イl::lヽ ヽ       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     |.:!::|::|::!:0′.:.:::::.: 0′ |   \       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  .:.:.::::|     .:.:::::::::::.:.:.    l:.:.   ヽ       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なにこれ?
_.:.:.::::::::l       /ヽ    /::::.:.:.   /
二三三ヽ      ⌒    / ==ニイ
``>.::::フ^rrー - 、 _, -─-、ニ二<
 l::/   |:にニニ >>ェ<ニ二::| `ヽ
 〈    `ー一'77^トト ー一'  /
  >  /    //  l:| i  i    〉



37 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/09/27(日) 11:56:57 ID:7fOa0xnU



        ._
         \ヽ, ,、
          `''|/ノ
           .|
       _   |
       \`ヽ、|
        \, V
           `L,,_
           |ヽ、)  ,、
          /    ヽYノ
         /    r''ヽ、.|
        |     `ー-ヽ|ヮ
        |       `|
        |.        |
        ヽ、      |
           ヽ    , -┴ 、
         ,. -‐`-く. -― く_
          ゝ// ! ヽ ● ヽ `ヽ
         // ● r‐‐っ :::: ', ノ
        / { :::::  ij´ ̄    } ',
      l_ 7 、         ノ-‐'
       | ゝ--ゝ       /
            7{{><}}ヽ
            </ /|!|!、 ヽ〉  ヽ         ヽ
             ゝf´   `7´  ー 、 l ―    ー 、
              ヽ_{ ̄}_ノ    ノ  レ 、_ ゆ   ノ



38 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/27(日) 11:57:03 ID:JuZSmZG6


乙なのー

これ問題も答えも釈然とせんかった思い出がある
まあ、次回はゲストキャラにニヤニヤさせてもらう



39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/27(日) 11:58:01 ID:KwXhKSM6


幕間お疲れでした〜♪



40 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2009/09/27(日) 12:15:00 ID:Wfufop5Q


名前の件、どうするんだろ・・・
無理して入れなきゃいい話か



41 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/27(日) 12:32:23 ID:JuZSmZG6


>>40
お前さんの考えてる名前ネタは、次回とは別の話じゃね

バレならスマン



42 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/27(日) 12:41:10 ID:gFsLcgIk


本当に入江は泣いた圭一をクローンだと思って、泣かなかった方を助けたのかね。

と、悪いことを考えてみた。



43 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/09/27(日) 12:46:32 ID:AnVLmPhY


その後、助けた圭一を解放したのなら、オリジナルだと認識してたんじゃない。
クローンだと思ったら、自分と一緒につれていくでしょ。
助けられた後、圭一が自分はオリジナルだと証明する必要があった描写はないよね。


第9話につづく






以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/786707.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13