以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/736863.htmlより取得しました。


世紀末の詩 幕間4   カテゴリ:やる夫シリーズ 


141 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:44:42 ID:urQtlLg1



、     , '´          _, -‐ '´    ,'
 ヽ   /       _,  '´         ′
   ヽ′   ,  ' ´           ___,'
    ∨ /         _, -‐ '´- 、 `ヽ      ねぇ、あれはどう言うつもりなのかな?
':,     | '´     _, ='´ー- 、    \丶、 ハ.
 ,   l      , イ、 \  ヽ `丶、 ヽ. i丶!、     なんであんなにミスを犯しまくったんだい?
  !   l   /i | |ヾ、 ト、 丶  `ト、ヘ lヽ ハ\  
  ,  |、/i  l l l  ヽ l丶\ ヽイハ!ヽ|ヽ!
、  ,.  V|  ,  l - l ヱ二ヽ 丶 イ::カ |ヘ |`ト、 |   馬鹿なのかな? ねぇ、君は馬鹿なのかな?
 、 ,.  V!  、  | ヽ;;;;;〔ヽ `ヽ  ー' !、 、|
  、 ,   Vト、ヽ /、|ー '´    '   ハ l|     違う?・・・そうだね、君は馬鹿ではない
   l i  |ヽヽ、|ヽ \   ___ ' ` /|  ヽl !      前の三人の時はここまで酷くなかったからね
    l l   V-―\―- 、{- ヽ∠ -ッl   | !
__ヽ ヽ  V: : : : :/´ ̄´`ヽイ{ー‐' |  l/    じゃあ、あれかな? 僕の事はお好みではなかったかい?
: : : : : :ヽ ヽ V: : : :{ l´ ̄`ヽ. |」|\、,、,、 /
: : : : : : ヽ.  V: : :j 、: : : {| l ヽ.} \〕        それも違うんだ
: : : - 、 : : ヽ   V;ノ 、 ゝ:_:_{」 |   ヽ」 `ト、       「遊び人&賢者」の頃から好きなんだ・・・
: : : : : : :/: ヘ /  /ゝ、_ノ!    ト、  ヽ}
: : : : : /: : : : / t: /-、: : : : :lLl」    Ll〕、 ヽゝ   へ〜・・・・・・じゃあ聞くけど、薔薇乙女では
: : : : :/___:/!   / ∨ \: : : Ll〕   Ll〕!ゝ、」〕    誰が一番好きなんだい?
_; - '´   / 〉 /、  ヽ_ /\:_:Ll二ここチ:'ー:'|
     / / i / , - 、\::::::::::|\/l::|: : : ;--'     もちろん、僕です・・・ねぇ・・・・ふーん・・・
.     / /  l l / ヽ ヽ |:::::::::l/ヽ!lーッ┘      
    / /  / ,| l-、 i l |::::::::::l><!| イ
.   / /   l./ l  ! \l//、:::::::::\// l
  / /   ハ ゝ. `_! lノ:-: \:::::::::::i ヽ
. / /   /l \___〕ゝ_): : : : : :\:::;::!-i \
.,.' ,     /i 丶 -、」/|: : : : : : : : : :ヽ!: :ヽ  ヽ
′/    /.└‐-、ノ  /: : : : : : : : : : : :i: : : \  \


プロローグ|第一話1/4|第一話2/4|第一話3/4|第一話4/4|幕間|第2話1/3|第2話2/3|第2話3/3|幕間2|第3話1/3|第3話2/3|第3話3/3|幕間3|第4話1/3|第4話2/3|第4話3/3


142 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/08/05(水) 00:45:25 ID:urQtlLg1



       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        , ':: : : : : : : ::/: : : : : : : : ::/::: : !: : : : :: : : : : : : : : :\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /: : : : : : : : :./: : : : : : : : :./: : : ハ. : : : : : : : : : :ヽ: : : :::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     .': : : : : : : : : ,. : : : : : : : :レ':::/: / !:ヾ\: : : : : : :.:!: : : : :|:::::: ヽ\: : :.\:ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::!
    !: : : : : : : : : ::! : : : : : : /ィ:::/   !::| \ヽ::: : : : ::!:: : : :l:|::.|:.:.:.l:.:.:\:.::.::.:l! l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::!
.     !:: : : : : : : : :::|: : :_ ,./´,/-―- ''、l:::::::: ゞ::、: :. :.l.: : : :イ|:lハ:.l:.:.l:.l:.:、ヽ:.::.l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::!
      !::::: : : : : : : ::|: : : : :-ー 了''ゝ..、ー 、:::::::::::::: \,: :..|::ィ:./'レ:::::/|イ:.|:.::.__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::'
     !: : :: : : : ::/´|!: : : : :l:.l:.:::::::{ ノ:;;jハ::´:::::::::::/ /::j: i/ノ:::::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
      〉: l!:::: : :.{ ィ!::: : : :.!:l!::|  `ー ´ ::::::::::::::ァえメィ/´::::::::::::::::::::ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
      ハ:l ::::::::メム::!:::::::ハ!` ///      、lじン::i:ハ:::::::::::::::::::: ::::::::::lヘ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
        l| ヽ ::::ハ:::!::::::| |!      r‐、_   //イリ l!::::::::::::::::::::::::::::::::{:::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
           V ヾ!::::::| l'         ` ー'  イ::: ' ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽV! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
             ハ!: !  ゝ  ___ _, イ::::|::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
          ノ´ \ ヾ.   /'::::::::::::::::::::|::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
    r v - < _      ヽ   /!::::::::::::::::::::::j/ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...::::::: トl! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  /
  γマ_jr-、_ノrー、ゝ-、   \ヽL\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
  f' /三/三三`~j 、ノ   , ィ'ニL!\\-v 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j_イ_ イ:;| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
  v' 三 / 三三 ゝー 1_} // /∧ヾ.\ > ム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;/;,::::;:| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
 / 三 /三三三三「 | _!//  ! | ハ \!| } ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........ :;,;::.::::::::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i::.〈__/:::::::



143 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:46:15 ID:urQtlLg1



                                    ____
                            _.. -‐''" ̄゛   ゙゙̄''ー、、
                         _..-'"゛ ._,,...... ..,,、        ゙''、
                         _ / ._..-''"゛     .`'、        \
                    ,/゛_ /              l,            ヽ
                  / _/´              l             l
                / ,/                │          l
              ,/./                      l           l
               ,/,/                        .|         ,、/
             /,/                      |       / l
        ,. - ‐―- 、.                     /       // /
     ,.-'´三三三三三>ヽ                    ./     .///
    /三三三三三,-‐ニ二 |                . l     ///
.   l三三ニ三三ニ三 三ニl                  l    .///
    \三三三三三三 三ニ!ー-、               l   ///
    >三三三三-‐' ´二,.!-'ニフ             /  ///
.   /ニヽ二二二ニ-- ´三三ニ/               .,-‐っ//
   \三三三三三三三ニ=-〈          c=ニL/ /〃
     ヽ三三三ニ=‐'´.i..::.:..:.:ヽ       / ,-‐i_//   僕は知っている!
.     /;.::.:.i.:.::.:ト、ト;:.;;.:..::..:i:.:l.::.:;i lへ、 ノ` く´/゙/v,イ )
     |:i::.::.:l:.:i:/、ヾ、\\彡.:l.::.i:l !- ヽ ,=-k/ // i- 「水銀燈と暮らすようです」の水銀燈や
     l:|l.::.::l::.トうミゞ、 ゞイ.ン!l.::.l:| ノ!-‐彡ヒ/つ)〉く.!^^´   「狩人として生きるようです」の姉さんに
     |:|〉:|:..::.ヾ=‐´ i  `´/.:,-'フ‐iニラ/ニ / /        魅力を感じている事を!
     y ヽ\;トミ:iー'´^>-ー/フて⌒ヽ〈/ノ, /
     i:: ::i:: :: :: 7 ,.- i´   /」_,、ヽヽ」 ノ /        それに対して、「遊び人&賢者」以降
   ,. -┤:: :l:: :: ::/ 〃l    l )〃L!'´/ /          好きと言える僕が「折矢学園」くらいしかないことを!
 i´:: :: ::i:: :: l:: :: ::ヽ  └-‐--L」ー ' .´  /
 ヾ:: /:: l:: ::i:: :: :: ::Yヽrく〒元´       ノ           最近では「ドラゴンは〜選ぶようです」の
  ./:: :: :: ::!/ ̄て  い l))‐- -―'i´             薔薇水晶にもご執心みたいじゃないか!
  ヾ;;:: :: :: :`ー-‐っ_.,、_,、_,、)ヾ'´`´/
      ̄ ̄ヾ三三i、ニ,フiニト´ ヾ/              この嘘吐き作者め!
       ゞ三三< >三l                  汚物は消毒だぁぁぁぁぁぁ!
       /三三三ニ`三三〉ヽ、





144 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:47:12 ID:urQtlLg1


                              _____
                             ┌<二三三三三≧ 
.\                              ∨三三三三三三7
  \                        ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_   こんばんは、山内 羽夢役の蒼星石です
    .\                     r==ニ二ニ三三三三三二≧
      \                   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/   第四話を見てくれた皆さん、
       \     .  フゥ、スッキリシタ   /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ     そこでケジメをとらせた>>1に代わって
     .    \                    l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|      心からお礼と謝罪をするよ
      .ト    \               |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
   ヽ、i / .∠   \             ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/_∧__∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
    / y'_/      \    __,-,,-、     }:l::.|:ゝ       /:/:,′  ~ 。 r *o:*::f:::r::::.l
 .ゝ-+-::i⌒ヽ       _\__/| | l |ヾ-!.-‐:/人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ:*o;;;ro,,、:*o;;;ro ot _f_ヽ丿
  .__/::| l |      (⌒l二|-l ..uUU"'l---′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/^=V ー┴F-'''''''"V"~~ ┴
   / /:| |  i       "~  |ヽ (    ノ     rt<   /ニ7弌ー、      
    i ::| |  )     ..   |┌`――,i     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ   それじゃあ予定より早いけど、幕間を始めさせてもらうね
    /i ::し//        ..  | |o    l   ./:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|
     ::| (( __       .. | |.     . |   /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}ヽ



145 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:48:12 ID:urQtlLg1



      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    N______И
.   rヘ 二二二二/`ヽ、
  /  /,         、 ヽ  今回のテーマは、『親子』
  ,′/ / ,′l |  ト、 !  j
  ! ′/ /7メ |  レ仁| /|  
  | l| { l/-=ミヘ. |/:::「レ' /   世紀末の詩では愛する者が恋人や伴侶である場合が
  ∨丶 〈::.::.::}  ヽlヾツ厶イ     圧倒的多数だから、第4話は異色だと思って頂戴
  `、 ト、ヾ゙゙´  _ ,  ,イ /   
   ヽj \>r-r<}//  _  
    _/: : |介ヘ: : ̄厂「rヘレ‐-、
    >、: : :.:L_ニ_〉_:_厶┴し'/¨7 }  まず、僕とダディの関係だけど、
.   rく  /7¬^X ハ  〉 ≠ ー'/   >>1は僕とダディには愛があったと思っているんだ
  〈 \>'´/:`ヽ/ lレ': :∨ /∨ ̄
     ̄  V_:_:_:_ノ_:_:_:/ / /        それを前提に進めさせてもらうね
.       / ̄7  「 「 / /
      厶__/  l  |/ /
      |=≠    Y弍/
      └′    `┘



146 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:48:50 ID:urQtlLg1



                 /:: :: :: :: ::       、   ヽ
                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ 
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l     
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::      
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l   でも、両者の関係には爆弾があった 
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'      
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/     
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'    ダディは僕が誰かのものになってしまうと言う恐怖・・・
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!      つまりは嫁に出てしまうってことだね  
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l       
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'      そうならない為に、男性としての人生を望み、
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /         子供らしくない僕は受け入れてきた
   =、〈 y    c',-‐´ //、、 レ;イ          
 __ __冫(l ,、     / /ァ ヾ!f! } ヽ、_          そんな中で迎えたのが、僕の重傷とDIOの到来  
// /   )      tニノ /   { | }  ` `゙ヽ、_,,      
      `フ   __,,.-‐'´ 〕  { | }/´lZ___,/    ,,..┐
、  |     ヾラ´ Yーヲ/゙r、  { | }l    ,,.ュァ―v‐' " /  /)



147 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:50:11 ID:urQtlLg1



                 |
             ┌‐‐┴- 、
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/  DIOを呼べば、僕を失うかもしれない
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\   でも、このままだと僕が死ぬ可能性が高い
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/  
        `V.{.:l.::lrr?l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´   ダディの葛藤を打ち壊したのは、やる夫だった
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′   
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/     ダディは、僕がリボンを持っている事なんて
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/       想像もしていなかったんだろう
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ  
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、       
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」       エゴと向き合い、その上でダディは決断した 
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ      
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ       
            V/::::/_fシ′       ',    \    自分では本当の意味で幸せにしてやれないこと 
         ノ /   ,    ,′   ヽ   .::.\   それでも、生きがいである僕を失ったとしても、
        _,フ´     /   /     .:ヽ  .:.::::.\   僕には幸せになって欲しい・・・
       (⌒ヽ.   /   /   ,r'⌒ヽ \  .:.:::/ 
         ヽ.:.:/ヽ ′  ,′ /    ト、   .::/   
         V.:.:.:.:K7ァー--イ ´  ̄`` !::.\__/  エゴを抱えているとしても、
         ``⌒7 三三ノニニ ー- 、 厂 ̄      僕を愛していなければ出来ない決断をダディは選んだ
            ノ三三/        /l      



148 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:51:00 ID:urQtlLg1



                  _,,_
             _,,_,,.-‐''´   ̄``7
           , -'" `、_        〉
         /      `i      /-‐‐ '''""''ヽ
  ヽ      /        l`'ー‐--‐´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   \  ./        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_   _|__
     \/         イ__,,.. -‐ '''""´;;;;;;;` ̄´;;;;;;;;;;;;;`i
      ヽ      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
            /i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,,____/
 \        /  ヾ、,____,,.. -‐ヾ'""´ヾ : : 、: : : : :`、  自分のエゴの下で歪んで育つよりも、
   !`'-、_   /    /: :/: :/ヽ : : \ : : ヽ : : ヽ: : : : :!   DIOのところなら女の子としての人生も、
  .|   `'ー-'     /: : !-‐ナーヽ : : \'´ ̄` : : !: : : : !    総理大臣と言う夢を叶えるにも相応しい
  |           /: : l: :/   \,_,ゞ_,,ニ.、ヾ、: : !: : ゝ
  |           ´ !/ .! '⌒ヽ    ´   .` l: : i: : /
  .l              !.i .! ⊂⊃    ⊂ニ⊃ ノ: : ! /
  l              ヾヽ   ー    , イ: : .! !   病院後のダディの心にあるのは絶望でも恐怖でもない、
  l               `、`.ト 、..,,___,.-‐'i´: :l: :.//     僕に幸福になって欲しいと言う別れの激痛を押し殺すほどの
                  ヾ!  , -'|_ _,, -〉、ノ ノ       父性愛なんだと信じたい
                   ,r'´lヾ、,_~__,,ュ‐i   `7,,_
                 /( |_,ノÅ   /   ).;.`ヽ
                /;.;.;.(   /Y.|`'ー'   );.;.;.;.;.ヽ   最後のダディは、僕が未練を残さないように
                /.;.;.;.;.;.(   !〈〉.|      ).;.;.;.;.;.;.ヽ   恨まれるための迫真の演技だね
              /.;.;.;.;.;.;.;.(  ! ∧.|     |;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ
             /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.(   / 〉      〉.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ  
             /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ  .! 〈     /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.>



149 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:52:01 ID:urQtlLg1



               | 三三三三三三三三三三三三三三三. /
               | 三三三三三三三三三三三三三三三 /
            __ |` ー-- 、..三三三三三三三三三三三'
         r__─ /       ` ー── - _ 三三三三三l
          |  `ー---... _                       |
          | 三三三三.... `= ー― -- ..、          ト._.\
         ' 三三三三三三三三三三 `ニニ=ー───---` .)
         ヽ___ 三三三三三三三三三三三三三三三三  /
           /::::` -..、_三__三三三三三三三三三三三三 /  結果、生きる目的を失ったダディは元の浮浪者に戻る・・・ 
         /:::::::::::/::/:::::::::人::: ̄\--- ..、___三三_三三._/
        ' :::::::::::::::/:__:/  |::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::: ̄ヽ  
        '::::::::::: :,. '::::/:/ ` |::|:::::::ト , ----- 、 :::l ::::::::::::::::゙
          |::|:::::::ノ::_/, ' __  |::l::ヽ::ヽ \ ::::::::::::::: | ::::::::::::::::|  
       丁! ̄::!::/イ,.ィ´ `ヾ|::ヽ:::ヾ::\_`_ヽ ::::::::| ::::::::|::::: |   DIOの登場前に、僕がダディのエゴを否定するか
        |ヘ:::::ヽ:::::::| ト ィ_、| ヽ| \!` 7:::::::`ヾ、::ノ ' ::::::|::::: |    ダディがエゴを認めればこうはならなかった
        ハ:::N\::l ゝ_..ノ       ハ::_,ヘ| ハi /::::::::,. ::::,   
        l::::::ヽ::::::::ヽ           ゝ __.ノ,.'::::::::::::./:::::/    ダディはあまりにも僕を大事に思ってしまい、
        |:::∧:::::::::::;ヘ      '       /イ:::::::::::/::イ::|      僕はあまりにも子供らしくなかったんだ・・・
.          レ'. │:::::::|::::ヽ.    ,- 、     フ:::::/::::::小/∨
           |:::::::.ハ/ヽl >._j /    イ:://::::イ/      
           |::::/   /  ノ /フT   /,':::::_イレ         でも、ダディが僕を失うのはDIOがいなくても 
             V  _ ノ ー<'/ノ , 介 ̄ l::/´ \          怪我をしなくても、定められた事なんだ        
          , -ーf  ー-ノ !-イ/l::!ヽ  レ    \
          |三r |  、__ ノノ //_j|:|ヾ:ヽ              ここからが本題だ
       γ´ ゝrゝl  ノ|  /イ/{.|:|
       (j   入(^つ-rく> ´//`l{´|:|



150 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:53:05 ID:urQtlLg1



  /.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:. _ ____」
  ヽ.::::::::.:.:.:./´ ̄         |
  .`、.:::.:/       _,.-‐┴─‐-、
    V′,.'"´ ̄ ̄          /
    ゙y'′.:.:.:.:.:.:.::,.-── -.. 、--<
   /.:.:::::.:.:.:.,.ィ .:.:、.::::::::::.:.:.:.:.::`、::.:.`ヽ     どれほど愛しても、いつかは巣立ってしまう
    \.:.::::.,.ィ .::l .:.:::::〉:.ミ、::::::::.:.:.::::',:::::.:.:.l      どれほど愛しても、いつかはパートナーを見つけてその人を愛する
     `Y .:.:i:::::|.:.::/ハ::、トトヘ::::::.:.:i!:::::.:.:|   
       l .::::l:::l:|.://‐- 、ヽ、 ,.ィ≠リ:/::l:::!     なぜなら、親が子だった頃があるように、
      | .:::::l:|:|レ' ニ二``  ,f万 l/:::::l        いずれ子も大人になり、親になるのだから
      | .:::::l:|:ト、`ヾじソ    ー' l::::::|       
      ヽト、.l:|:l:::.、 `´   ′ ノ:::::リ, ィ⌒ヽ_  親子の愛はとても尊く、時として男女のそれよりも
         〉:.:::::::ヽ    rっ /1::/  `)   )  素晴らしい場合があるけれど、その一方では
          | `ヾトトリ>.r‐一 '  ,l/こ:ヽ_人. (´   終わってしまうものんだ
         〉.t‐ リ i ,.ィェュ、 / r‐'.:.::::: ', )    
          i::,コ 1 | /7j゜ト、j |  i}.:.:.:.::::::. V   いや、終わると言うよりも受け継がれると言った方がいいのかな?
          | L, ィ |. L/ j゜l| ,」 /.:::i .:.:.:::: .:ト.、  
         ,.イ .:::( ',    ̄ ̄   l7.:::| .:.::::::: .l:::::〉 
       〈.:.:| .::::::ヽ_ヽ  ヽ   /.:.::::| .::::::: .::|:::/  
         ヽL.::r‐、.:::::ト、_ `  /.::::::::レ'⌒77"´\   
        ノ     ̄`丁}  _,リ´ ̄   //1:.\〈  
          〈       /(⌒Y^7      /^Vハ.:.:::ヽ  
          `Y´ ̄`V ノ / ̄`Y´ ̄V  V.:.::::::::l



151 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:54:10 ID:urQtlLg1



           
               r ' 三三三三三三三三三三三_\
               |三三三三三三三三三三三三三 ヽ
               |/´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `'ヽ 三:::./
              _|, -≡≡≡≡≡≡≡≡≡=_ _、 \:/
            r ' 三三三三____三三三__三三三__ \/
           丶三., -‐ ' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐ - 三三ヽ\.
             >':.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヽ,三三 ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.ハ.:.:.:.:.ト 、.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.ヽ,. /   ラストにダディを探し続ける姿は、
           ,'.:.:.:./.:.::'___ノ_  | .:.::| 、 j:__jヽ、.:.|.:.:.:.:.:.: !      ダディとの別れを認められないと言う抵抗だね
           |::/:/::::/j:/_-_  ヽ :|  _\|` ヽ|:.:. /:.:.:}
           l::l/ ォヘく 7__ハ`   ヾ!  フィ::ヾマ |:::/::::.:.,      最も、中学生と言う年齢で親離れを
            イl: ヘ:| ゝ-'        ゞン  ,レ:../.:/       求めるのは、酷と言うものだろうけど・・・
            `|::ハ!///    '    /// /.:./.:/     
              ヾ|::ゝ,     r‐,     ノ.:.:/.:/       今思えば、迷子になって必死に親を探すかのような
               ヽ:::|iゞ 、      ,. ィ'ハ:l:.:イ/         あの姿こそが、僕が唯一見せた子供らしい行動だったなぁ
               _rYL..,-イ`_ ー ´_j、 レj/|.:.:,'        
             /{ヽ/  , ,==ゝr<   \レ,ノ‐-__、      
            '三(`,/   //_ノ:ハ!^ヾヽ   |_) 三_ _ヽ__



152 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:55:00 ID:urQtlLg1



             「 ̄二_ー-、
          ,、_lニ´--- 、 `丶\
            /   ,、     \ Y
         /   ヘ        ∨〉
          /. :l .:l .:∧ 、 :. .:   . :l  『親子の愛は終わってしまうが、もう一つの愛の形である』
         /ィ: :! T メ ヽ',ヽ'´_`∨: :l  
         |: l ,ヤ圷 ヾ 'う:ハ:∨:/   僕とダディの間には愛はあった
         |: lハ ゞ'     ゙,,个.':/   
.          l l、人."  _  ,.イ:l:./     偽物なんかじゃない、本物がね
.         レ ヽ| ヾ'::,テ '〔_:ハレ'     
             /    `ヽ    
           //<_フニヘ   ',      
            //-_、__`_∧.  ',     
.          ,、/ /´____.∧r---、  ただし、巣立ちがあるように親子の愛は永遠ではない
  ,.ヘ-‐ ' 'ヽ.//_.,'         { k    }   
  〉\ '、´`ヽ「〉,7   }     l  ヘ-ー┐ 世紀末の詩が求める愛には永遠であることが
.  { ヘ\\rlλ' ‐-_、,.. _ _,.-' 7 ',{___」  条件だから、親子愛は残念ながら該当しない
  ',∧ \ヽ{.lYレ‐r(´ ∨∧ ‐、ハ ',}  7
   ヽ.ゝ、_`{ /   l 〉'λ{__,〉  ',ィ^l_」  でも、親から子へ、子から孫へと続くもう一つの
     ` ー‐7   l / ハ  ',  .ハゝニフ    愛の形・・・それが、第4話なんじゃないかと考えてみた
        /   l/__/  l__〉   ',   
      /     !   l    ',   ∧
      ,'     /    l     ',   ヘ   
      l   /    l     ',    ヘ
      '、  ,'    l      ',  /、\
  ,、,、__,(,ヽ、 _, -‐ '^ '  ‐-、-==t^ヽ \ l
 λ`;`;  ゝ r'´         ',___,ベ  \ |
 ヽ=.、^_=-イ        _,、.'_  ノッ,   `′
       ̄        ト、_`ヾ, ' '/
               ` ' ' ' '"´



153 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:56:06 ID:urQtlLg1



 ×         ' .          |              \
    x            ` .   , -┴==――-  .. _        〉
                   .    /  ´          "'- 、   /      X  
                   {     , -‐ァ===‐- .._   "'-.′
                    ',/}/:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、:ヽ   `、 ゜            
                ×   / //::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.::、 /        , 前回と同様、キャスティングについては即決組だね
                  _ノ_,ム:ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽヽ
               _/ /,. -‐〉:.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl:.',   キラッ☆  男装美少女AAなんて僕しか>>1は知らないし
      ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ__−、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|i }
         ×x .   ぃ     .イ」::.:::|:l ⌒`  |l '示:`ヽ|:l::.::;:l:|:.!              X
       . '´     ,. 介iー-、 {从:::|:::|:トゝ     丶 ヒ'リ刈:/::|::/〃:リ′ ; ☆     ×
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y:.}人:l::l  r:ゥ- 、' `^ /:::l::::.::::.x:リ′  ゛
   x /      / /⌒ヽ  込J `'i ヽト\丶_ ,.‐く  イ:ィ:::!x::X::/  ゛ ゜ .    ダディについても最後の浮浪者のAAは
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉   .l | -.__{:::::::}.彳〔__レ1::ル'゜       ゜ ×.   あれだって決めていたから即決だったね
   ー 、 --−'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ |::l::|
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、ノ/;リ  x          ☆
      x '` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう″ ! |
            Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X     キャストで困らないって素敵♪
        ☆ , ゛ヽ:..:..:..:../  ,.⊥_  /小\¬-{   ∨ヘ._,. -‐¬、          
               ` ー′  j:..:..:..:Y´:´/ハ卜':..! :ヽ  ∧::ヘ .:..:... }   × x
                  /:..:..:..:..j/:..:.`:..:´:..:..i  :..:ト-_ノ マ'’:..:..:..:..ヘ



154 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:57:08 ID:urQtlLg1



        /::::::.:.:.:.:.              |
       ./:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
      ヽ::::.:/ , -'"´              \
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<        さて、ここで一つ次の話題へ・・・・
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|        いつもまとめて頂いている
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|         AAまとめブログさんにあった
           |:::|:::!/:::::''ー==z、 ヾ:、´,、-=ュ!::!::::::l/  r‐ 、      このコメントに注目したい
         l:、!::ト、::〈ヾ_トッツ    〈じソ7l/:::/:/  !   |
            !::ヽ:::`:、. , , ,    ′ , , , , /.:/:/  /   !
         ヽ.::ヽ:::.\    r ┐    /:,:::イ  /   /
            \ト、:::::: .、  ー′ , イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒!.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ ┃4. Posted by (´∀`)  2009年08月02日 09:32.. .┃
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /  ┃                             ┃
           ,イ7!ノネ;l/;/  /ソ.:.:.:.:〈/ 「ヽ ̄`ニ   >、/ヽ ┃原作では、小切手はちゅるやさんのお菓子箱に.┃
             /ノj 〉;/,};;;/  /j}.:.:::::::::::i  \`Tにコソ´`Y^7....┃破られて入ってた、そこの描写見たかったなー。┃
          /.ノj./;/j} |;;|  ,/ソ'.:.:.:::::::::::|    \。〉仁ここソ  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            /::ノj l;/ j} !」 /j}.:.:::::::::::::::::| ___, イニニ7'´ ̄
          ,イ:〈/   _j}  , イソ'.:.::::::::::::::::::j /.:.:::::::.:.:.|


155 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:58:18 ID:urQtlLg1



           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!  なるほど、実にいい意見だ!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|   ウチに来て姉をファックしていいよ!
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !  
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|  
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./  
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ    小切手の行方・・・確かに見たいと僕も思うシーンだ
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/      でも、残念ながらそれはこのスレでは作成されなかった・・・
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l     
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/       
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_   なぜなら・・・・
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V
            /.:l.:.:(``y' /〃〈〈ハ、:.\  /`7.:.:.:.:.:.:',
         /.:.:l.:.:.ノ`y /.:/.:.ハ.:.l \.:.:V `7.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /.:.:.:l.:.:ト、y'/.:/.:/~i/.:.:l  1.:/`7.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:',
        /.:.::::::l.:「`7 V.:/~~i.:.::/L_ノ/ /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:',
         〈.:.::::::::l.:.:y′/.:/~~ i:.:/ `ー'レイ.:.:./⌒ヽ!.:.:.:.:.:〉
          \.:.:「`ヽ /.:/ ^~7.:/  ノ j.:.:/   /.:.:.:.:/



156 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 00:59:45 ID:urQtlLg1



                    〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
                  , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
                〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
                 \、三三=彳  i        、  '.   } ハ
                   ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
                   / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i  この>>1は、十年以上前に放送されたのを見て以来、
                    ′  i′' j ' \ ヽ丶、\ ┼f ┼ :! :i i   世紀末の歌をずっと見ていないんだ!!
                   i  i  / /_/_/__ ヽ \ >x≧f斗}  i i i
                   l  |i / イノ∠_云ミ、  \、 イ_ぃハ 癶 / l i
                   { ハノ´ 小 {_?゚}      弋__ノ イ i  l l
                   V i  \ ヽ 弋ノ          /i !  | !  __
                     i i   ハ\_     '      ; --、// i´i⌒l  .r=i
                     i l   l ヽ      r _ ヲ    ィ.|l⌒l l  | ゙ー '|  | L.」 ))
                     l ト、  ハヽ >  _   _. イ/j/|.ー‐' |  |   |  !   l
                     |l  } ./   ヽ>ヽハ`¨´ _⊥.|"'|   l   │  |. i   」  ,. -‐;
                          i/ , v⌒ -‐' {_.  ´   i  !   l  _|   l. |  | /  //
                         ,孑'"´ /_ノ7ー 、.   │ l   l、'´j、|   | }  |,.{  / ))
                       /) /  // ハ 「ヽ }    |__,.ヽ、__,. ヽ_」   レ'   ;   /



160 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:02:44 ID:urQtlLg1



              _,‐''´´ ̄ ̄ ̄```丶、
             │, --‐‐─― ---、_ _ ゝ
            _, ヽ'  ̄´´ ̄ ̄`‐―-、/ 
           ヽ             `/  世紀末の詩はドラマだけど、
             ゝ-‐―" ̄ ̄`丶、___/   ノベライズとしても出版されている
           /   │  | ヽ ヽ 丶、      
          / / / |  /ヽ 丶 ヽ   l   >>1はそのノベライズを準拠として
          |/  /l/ | /   \|\ l  |    作成しているのだけれど、内容的に
          ヽ/|  ○l/   ○ 丶ゝ|  |     かな〜り端折られているんだ
          /  |          lヽ、l  |  
          |/|  ヽ、  (_,、_,)    ,,l   /  大筋はドラマと変わらないけど、文章的に
           ヽ|\/ `‐-y-‐'''"~ゝ| /    味気なかったりするから、ドラマを見てない人が
            /:::: |  《 小、}}  ゝl/ヽ      手を出すのはオススメしないよ
           ヽ/_:::::|       i::::::/
            __/::::::丶‐‐--‐‐"::::::ヽ、,、      
          __,l:::::::::::/:::,、二二、__',::::::::::::/ _    ドラマは見返したいけど、もう環境的に
       (( 〈_,ヽ、:::::l/::::::::::::::丶ヽ、___/_ ノ )   ビデオを見れる状況じゃないんだねぇ・・・
               ̄/::::::::::、-:::::::::::ゝ       
             _,,ゞ::::::::::::: ̄,ゝ:/_____      
             丶-┬-、__,''ヽ /___/_/      
                |/l             
                l/



161 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:03:32 ID:urQtlLg1



                        ____
  ジタバタ                  /::::::::::::::::::::::::`丶、
                   , --‐'――─‐--- 、:::::::\
       ジタバタ       ,イィ_二仁 イ 二― `ヽ::::\::::::}      
       _          〃,lト、 ヽ \ ヽヾ `!::i:い::::::i/
      {  ⌒}       /:/=冬フ`ヾ! ‐ゝ七、ト!:リ !|:::|    具体的には、第三話ではちゅるやさんが        
     (`   `i       .イrっ==`   ≪´ ̄ |:イノ レ´     傷ついた鳩を助けて、最後には飛び立つ
      {__,、_ァ- ′/ {`>_ Y´  /> -- ‐- 、`ヾつ!:. :ト'        巣立ちを象徴したシーンもノベライズでは
        /´X //く/ 八   {       }   jレヘ⌒}        カットされているね
        {:// \'ィ、_Y__>,ミ - .. __ノ _.. イ トヽ:.V
          /V   ト、_ >、_ || (<_仆_>)、 //::_/ ヽ>イ ハ  r‐v‐ 、
        { ハ _ノ::.::.::.:ト.ハ トヽィ/l 廴__//::.:/ニ <イ/ |ハ r'    }  第二話のラスト、やる夫が教授に
  r'⌒ヽ-、|!  ヽ::.::.::.::.::.:\jノ::Lノー─‐::''/´    //'7-、|| ヽ_ィ  フ   「愛はあると言え!」と突っかかるシーンも
  r'    j  | ヽ  \_::.:ト、:ー: :`ヽ、;;;ヽ、::.:ァァー----Ll_/ー'    ー'     ノベライズではカットされているんだよね
  7   i′  l!     >=ニ::. ::. {、;;;;;/
   ー^ー ′  _l!.斗‐.<::.::.::.::.::. :. :.リ/
         ハ     }::.::.::_::.:/´                   件の小切手も、ノベライズではもちろんカットさ
         ヽ:_ヽ__ ,⊥-´
           `\



162 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:04:39 ID:urQtlLg1



  __,冖__ ,、  __冖__   / //          \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /           /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /             , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ          /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「  10年以上前の記憶とネット上に辛うじて
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//         ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}    転がっているわずかな情報を元に
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /           Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j      作成するにしたって、限界がある・・・
   n     「 |      /             ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/        
   ll     || .,ヘ   /               `T   l    |    l::! .::: ':::;l
   ll     ヽ二ノ__  {               |l.   |  _. |    l::!  .::,'::/    
   l|         _| ゙っ  ̄フ            ト   Y´:::::〉   /;イ :i::/レ'
   |l        (,・_,゙>  /                |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル          野島ぁぁぁぁ! てめぇぇぇぇぇ!
   ll     __,冖__ ,、  >                l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
   l|     `,-. -、'ヽ'  \               リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー .              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:  ドラマとノベライズの内容くらい統一しやがれぇぇ!
   ll     __,冖__ ,、 |                   ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ               ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:  でも好きだぁぁぁぁ!
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {                  r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
. n. n. n        l                    } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
  |!  |!  |!         l
  o  o  o      ,へ l



163 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 01:04:49 ID:Kx6+h5Wd

TVとかも録画してない限りは、所用とかで名シーン見逃すなんてザラだよね


164 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:05:33 ID:urQtlLg1



   
           _ ... -──- ... _
         i´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`i
         |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
        _⊥ニニニ二二二二ニニニ ⊥._
       Vo゚。三三三三三三三三三V
        V 三三三三三三三三三 V   さて、魂の叫びも果たしたし、   
         l:.:/:.:l:.:ハ:.ヘ:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ    そろそろ締めくくらせてもらおうかな
           l:.:l:.:.:l/^ヽ:.:l:.:.:lヽ⌒ :.:ヽ:.:.:!   
           !:.:!:.:.l,f示ヽl\l f宍ミー┘:.:l
          /イl:.:.:l ヒzク    込ツ/:.:/:/   
            ハ:.:lヽ''. _冖_ .''ィ7´:/    
             VN ,ィ7テiViキーュKl/     
        ,. - 、-v'::,}i}〉V}{V 〈{i::ヽァ ̄`ヽ  
         }` ー‐V^{_i_i_) ┴‐ {_i_i)V-‐ '' ´}    
        |ヽ )f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_),..イ
        } │              │く   
        Z!.│ さぁーて、      │ /   
         ≧│            │Z  
          {i │次回の世紀末は?.│〈   
          〈{ │__________________________│'゙〉   
         〉z..__ ::::::::::::::::::::::::::::::: __,,. z=〈
         (二二二二二二二二二二-'''"



165 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 01:06:09 ID:Kx6+h5Wd

脚本の時点じゃなくて、監督とかが勝手に後で付けたした可能性とかもあるんじゃね?


166 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:06:57 ID:urQtlLg1



『こなたさんは、母親と仲直りは一応出来たみたいだね』


                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',  ヒステリックに泣くのなら、あたしも「負けるかー!」ってなるんだけどねぇ
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |   こう・・・珍しくさめざめと泣かれちゃって・・・
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\  あれは反則だよ・・・
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   あー・・・・あれね
  |      |r┬|}
  |      | | |}    確かに、ママのあれは反則だ
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



167 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:08:06 ID:urQtlLg1



『あれ、こっちは珍しく喧嘩しちゃったんだ・・・大丈夫かな』

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__   人をそんな目で見て、それでも教師なのかお!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

                            

                                        !    !            |  ヽ  l  /  ! !
                                        l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
                                    、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
                                    l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
            私は彼女の友人として           |l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
                心配しているのだわ!     、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
                                    ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
                                     !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
                                     ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
                                     ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
                                    // l       /\!          !    /.::::::::
                                    . /l ト、       !              /    /.:::::::::::
                                    /:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::



168 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:09:08 ID:urQtlLg1



『どうしたんだろう・・・教授でも、迷う事はあるんだ』



        / ̄ ̄\
      /       \    ・・・・・・・パパが、その人のことを
      |::::::        |    信じる事が出来なかったからだよ
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .   いや、違う・・・・そうじゃない・・・・それよりも・・・・
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



169 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:11:17 ID:urQtlLg1



                r==‐-、
              〉-‐ー-ミヽ __  _ _
           , ィ''"  ̄ ̄`ヽ}「 「´~~``i
           /,  ヽ,′_.-‐'´⌒L`ヽ\|
         /.:./:::.:.:./.:.::::.:.:.:.   .:.:::.\ 〉〉
          /:;:/l::.:.:./:./.:/.:/  .:.:.:.:.:::::::V/
        l.:.|:|::|:.:.:.|_/_/_/ , イ.:::/:::/l.:.::::',
        |.::l:|::|::::::|ゞ=、// /、/.::/./.:.:,:::|      
        ト、.:l::|::::::| 辷シ    rミ:/:/.:.::/:/      次回、『車椅子の恋』は
           `ト、::.:.', ' ' '  、 tシノノ::::/l/        以上の三本でお送りするよ
       __   ヽ:::ト、 rっ _ノl:::/l/
       /   `ヽ_|:::厂丁l::/l::::l/^ヽ          予定はいつも通り三分割
     /:::.:.       |/_入二|:/    .\         初回投下はゲリラの予定だ
     〈:::::.:.:.   .::::lrr-‐ー‐ー- ┐ ..:.:::.ヽ    __
     `い-─-、;:: イ1}o´ ̄ ̄o }1}.:.:::::::/  /.::::.ヽ   そう言えば、第五話は世紀末の詩の中で
      7'´~``く::::::}1}      }1}'~~`く_/ /⌒ヽ}    一番好きな話だって>>1は言っていたっけ
      〈:.:.   .::〉::::}1Lo  __o」jリ  / _⊥   ヽ   
        〉  .:く::::.:.:辷ニニ-ーー ニソ .イ ,rく7イ^J |ノ/   ゲストヒロインも僕たち、薔薇乙女じゃない
     〈::: . .:.:.::ハ,.-一'   .:.::::Ll/ /ィrソく. J/      みたいだけど、大丈夫なのかな・・・
      1´ `「 ノ.:´.:7"´「__只_]__ノ/trソ__ノ ``ヽ
      i    レ.:.:.:.:.;′  /l |   /rtソ_ノ、     |
       i    |.:.:.:.:.:.;' _/ィソ1」 イrソ__ノ     `ヽヽ
     /′   |.:.:.:.:.;'/ィソ , ィィ ィrソ_ノ   、     〉    では皆さん、お盆休み前の最後の一仕事、
    ./,′   !.::::イィソ , ィ'^Y⌒7ニノノL.    \   〈      精一杯頑張ってください
   /,′   |.イ_,′_ , イ_; ⊥_ノ '    ``丶、  \ ヽ
   んL」ヒ」L」爪__ ノY_ノ       i       `ヽ   i}    >>1は仕事でマジ悲鳴をあげているので、
  /.:.:::|  ヽ:イ i |  |ノ    ̄`¨` ー─- 、     \ノ}     慰めようかと思ったけどまたミスしたから
 ./.:.ィイ| l J  ,' |__ノ            .:.:.::::.ヽ_  ,.-─く       一足早く迎え盆される側になってもらいます
.:〈ィイノノ:ヽL`っ{_ノ::.:.:.      .:.:.:.::::::::::::::ノ」 V   / ̄\  
 ノノノ_ノ ,'  `ヽ::::.:.:.:..   .:.:.::::::::::::::::::ィソ -─ V / ̄ ヽ  以上、蒼星石が送る幕間でした
 7_ノ  _,′_,.-‐' ´ ̄ \.:.::::::, -‐┬‐┬-- 、   V  / ̄ヽ
 ⌒⌒]/⌒>┬┬r‐┬''7"´| |  |  |   ' ヽ l /    /
  // .:.:.::/′ l l |  | |   | |  |  |   |   l/` ー‐ '
 .:::/.:::::/-┴ ┴┴┴‐--'-、.」__|_|  |  _|_/
 :/.::/                    ̄ ̄



170 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:11:50 ID:urQtlLg1



                        ,、
                        ヽYノ
                      r''ヽ、.|
                      `ー-ヽ|ヮ
                          `|:::::::`丶、
                           , -'‐ |‐- 、::::::::\
                      ,イィ_二 |ニ`ヽ:::\::::::}
                    〃ィO  ノ `!iい:::::i/
                 _rmイ/  こフ   リ !|::|
                 辷71l{_     イノ レ',rnm
                〈 _/(<_仆_>)、 __∠イ_/>へァ′
               /トヽィ/l 廴_//::.:_/ ̄ ヽ/
          √ ̄ ̄´::.::jノ::Lノー─‐'::.:.イー一 '´
          厶-、::.〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::弋_¨´
           / ̄`メ、::.::.:>‐、::.::.::.::.::.::.:\
       __∠二Y  `´   └、::.::.::.::.::.::.冫
    ∠ニニ 、=、/        冫 ̄`>'´
    {. __儿ノ        /⌒ヽ/
    ` ̄ ̄ ¨´       〈=r、`く    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                     `ヾ \ ヽ  d⌒) ./| _ノ  __ノ
                    \_ソ



171 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 01:16:00 ID:OVBZA9hD
乙ー。

>>159のうp主の語りを読んで、

親から子へ。そして、その子が親となり、また子へと愛が続くのなら、それは永遠とはいえないのかなぁ

と思いついたが、まあここでの主旨ではないんだろうからなぁ。


172 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [] 投稿日:09/08/05(水) 01:19:00 ID:urQtlLg1
>>165
たぶんそういう絡みなんだろうけど・・・切ないよ


>>171
はい、永遠ではありません
ただ、親子愛を否定する気にはなれなかったので、
別口だと解釈しています


173 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 01:33:17 ID:Kx6+h5Wd

乙っした

次回のゲストヒロインが気になるぜ



175 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 04:52:28 ID:l2PnBYV4

コソっと一言 veohで検索


176 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 09:04:57 ID:yJsOckaS

>>1はエベロンの蒼はどうなのかな?
あれはあれでいいものだと思うけど蒼ではない気もするwww

ともかく1乙


177 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/05(水) 09:31:50 ID:R7p0E89K

ああ……欝になるとわかっているのに、わかっているのに続きを待ってしまう


第5話 「車椅子の恋」1/3 につづく








以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/736863.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13