以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/753235.htmlより取得しました。


世紀末の詩 幕間6   カテゴリ:やる夫シリーズ 


328 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:54:00 ID:QzZFO4bo



     |┃三 ガラッ
      |┃
      |┃: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : \
      |┃ : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
      |┃ / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : ::: ',
      |┃斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ:: !
      |┃:|: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
      |┃ /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
      |┃/ 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
      |┃   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
      |┃      _ '     !
───|┃     /   `t   /
      |┃ \  {    / /⌒)
      |┃    ヽ `_⌒ ィ ´  /
      (⌒ヽ ・     ・  /
      |┃ノ         /
      |┃   つ     <
      |┃  (::)(::)     ヽ
      |┃/    >    )
      |┃      (___)






  .  |┃
      |┃
      |┃: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : \
      |┃ : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
      |┃ / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : ::: ',
      |┃斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ:: !
      |┃:|: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
      |┃ /!/  ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
      |┃/  ___ ィ   |/ == レ}|./ヽ: |
      |┃   `¨ ¨    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
      |┃   ::::     '     !
───|┃        r;2    /
      |┃ \    ヽフ  /
      |┃    ヽ     ィ ´  
      |┃ヽ  ・    ・\
      |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
      |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
      |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
      |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
      |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~


プロローグ|第一話1/4|第一話2/4|第一話3/4|第一話4/4|幕間|第2話1/3|第2話2/3|第2話3/3|幕間2|第3話1/3|第3話2/3|第3話3/3|幕間3|第4話1/3|第4話2/3|第4話3/3|幕間4
第5話1/3|第5話2/3|第5話3/3|幕間5|君の知らない物語|6話1/2|6話2/2


329 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:54:30 ID:QzZFO4bo



::::;::::::::::/--ー|:::::;/─ーー|::::::,:;;:::::.:.:!::::....|
:::i::::::::/:..;:.._/:::/_ _ .:..|:::::::i:::::::.:::i::::.....|
::l:::::/:..:..'´/::;/-ー- 、_ ..:|::::::i:::::::::::i::::::::..|
::l:::/.:..: /://.:´::ヽヽ、ヾ,::/l::::::::::i:::::::...|
::l/:..: /'´  i.:i:::::::::i:.:.i '/ l::::::::/i:::::::.iヽ
::|:..:      つ::::::::i.:.:i ;/ i::::::/`l::::::/:..ヽ
ヾ、.:..:..    ト,;_.;..:'..;/  /::/=く:.i:::/::::;;:..ヽ
.:..: .:.:..:..:..::.:::...` ゙̄`  /:/) ノ /:/::::::::il;:..ヽ
..::i           /i、´' ,/;/::::::::::;:::|i::::ヽ
           / /ー:'~:::::::l::::::::::i!::l l;::::l
´ ``          /::::::::::::::::::l:::::::::::i!:::l l::::l            |.:.:.i.:.::.:i  /i.:.i  i.:.:.:.:.:.:/ .//:    |:|.|.:.:.:.:.:i.:.:.:.:|
           イヽ、::::::::::::::::i|:::::::::::i!:::l ト-i            .|.:.:.:i.:..:.:i.:.:._i_i:ir'~^.i~:.::/ .//: '''''''ーェ/. |.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.|
        ,. イ":.:.:.:.:.:.ヽ;::;;:::_| |-ーー''~~ r-i           |ヽ,:.i:.i:.:.ir'´i:::||::::ー::ォト  /'´: :r:=‐-;/ `.|..:.:.:.://.:.i.:::|
    , イ":.:.:.:.:.:.:.:.    ヽヽ ` \-ーi i~i |::::|          |.:.:.:ヽト,i.:.:|.:.:|r=(.f"::"j'ト /::  ´ r'f"ヲ:ォ;;j|.:.://.:.:..i.:.::|
                                    /.:i.:.:i.:.ヽ,ト:.:.ヾ:i::::`''"~´:::   .: ''"`''-''::xリ,ィ:.:/.::i.:.::i.::.:.:ト,
                                    .:.:i.:.:i.:.:.::トi`'ト、:.ミ、_     .:i     .r''´;::'.|/:.:.i..:.:i.:.:.:.:i.:|
                                    :.|.:.:i.:.:.:.:i.:.::\ト'ト=,,__          ::" :,'.:.:.:.:/.::.:i.:.i:.:.:.ト,|
                                    .|.:.:i.:.::.:.:i.:.:.::i.:.:´.ト、::::   ''' ‐.''    /.:.:.::/..:.:.:.i.:.:i.:.:.:.:iヾ、
                                    .:.::.i.:.::..:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.`::::,_       , r'´::i/.:.:./.:.::.:.:.i.:.:.:i.:.:.:.:i ヾ、
                                    .:.:.:.i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:/ー|`‐ 、__ r ´.|^`.V.:.:.:/.:.:.:.::..:i.:.:.:.:i.:.:.:.:i ヾ,
                                    .:.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i.:.:,,r'´ .r'´.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:´'ソ/.:./.:.:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i  ヾ、
                                    .:.:.:.i:i.:.:.::.:.:i.::.:<´   .i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: _ /.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.i.:.:.:.:.:..::i.:.:.:.:i  ヾ、
                                    .:.:.:.i.:ri:.:.:.:.:.:i.:.:i    i´~'    /´.:.:/.:.::/.:..:.:.:.:.:.:.:i`'-,.:.:.:.:.:i.:.:.:.:i  ヾ、
                                    .i/i:.:.::i:.:.:.:.:.:i.:.i   ヽ、      /i.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  ト、:.::..:.i.:.:.:.:i  ヾ、
                                    'i.  i:.:.:.::i.:.:.::.:.:i..i    ヽ,    /.i.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i  .| .\.:.:i.:.:.:.:.i  ヾ゙、
                                    ..i  i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.::.:i     ヽ   / i.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  .|   /.|.:.:i.:.:.:.:i   ヾゞ,



330 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:56:13 ID:QzZFO4bo



                        /\ \;:;::;:;:;
              ,;'""\   /\ . \ \;::;:;
                ,'     \/   \  \ .\:;;
.           ___\   /      \ .\ .\;:
       ,. -'´: : : : : :\/          \  \_\;:
.     /: : : : : : : : : :/             \/;;;;;;;/
     /: : : : : : :ヽ、/                 ./;;;;;;;/    こんばんは、広田 聰役の伊藤 誠だ
.    /: : /:: : : / : : :-,,,,,           、/ーx,/
   /: : /: : : 斗--、:|: : :ヽ         /r'` \         今回は第六話を見てくれてありがとう
   |: : |: : : : : |: / \: :.!"l      / \:::    \
   |: : |: : : : /!/^ {} .| :/ ゙! !    /  ./|\:::   \     僭越ながら、幕間を務めさせてもらう
  < : 」_: : / 〈    |/  ハ    | /゙ヽ: :| \:::   \    
  <:: |. 小{   _,,.. -    |   | レ: :.|ヽ:|   \:::   \
   厶ヘ ハ         、 l,   ||{ハ/ V     \:::   \    
      \_!      _ ' l,__|| !         \:::   \   ・・・・あと、これとってくれない? お願いします・・・
        ヽ    /   `t   /            \:::   \
      ___,r| \  {    / /                   \:::   \  回想シーンでしか出れなかったから、
    /:/::::| \  ヽ U_⌒ ィ ´                  \:::   \ ちょっと悪ふざけしたかっただけなんです・・・
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、                     \:::   \
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、                   \:::   \
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\                \:::   \
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!                 \:::   \



331 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:56:56 ID:QzZFO4bo



         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . -−-γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、 フゥ タスカッタ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ::::メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>    さて、今回のテーマは『遺伝子』だ
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\ ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </    他にも『慈愛』と『嫉妬』が話に絡んでるが・・・
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄  遺伝子と慈愛はリンクしているからOK
    l::::ハ│::::|                   ノ´'         嫉妬は登場人物の人間関係を表現したものだから、
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /            本筋ではないと判断さえてもらった
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\           まぁ、嫉妬についてはあとで後述しよう
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\



332 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:57:23 ID:QzZFO4bo



             ___
           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
        _ /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
           j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',  さて、今回の話は優秀な遺伝子・・・つまりは才能を有していれば、モテるのか?
        .|:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
      、__?::::/:::i:::::メ__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|    こう言うことだな   
       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:i  ̄ !/ ?   小ハl  −、_  天才は凡人を愛し、凡人は天才を愛する・・・・
        / j、八i  ´  j〉   爪i         ハ
       /   ハ jヽ、  t_ア .ィ   !    〉  , !  天才故の苦悩を抱える俺は安らぎを求めて言葉を愛し、
      /    |  { > __/ ,!   !   〈   / {   凡人である言葉は才能と言う輝きに魅了され、俺を愛した
     ,     〈 l   t―- 、 / !  i     v /  {
.    /       , 、  \      '   !     レ゙   i  俺たちの関係は、遺伝子によって仕組まれた恋愛感情ってわけだな
    {   〈`ヽ  j__ \   ヽ  /   〉    {     ヽ  
.    〉 \ ヽ ∨ ) }  >= 、 ,`=v   /    ′    ゙,
   |   丶} ;'  厶_/  //  /!  /    ! {      !
   |     ∨ /  /  //  , !  /    }!     ?@
   {      ′/、 /  〃丶,′! .゙     ヽj       {
   ヽ     〈  ゙ y   /  /、丿イ       〉       ム
   丿   __>、 ′  ′// 丿      ∠         }
   〈_/┌/ `ー‐ー-r匕r''⌒ヽ z―‐t  /ヽ   / 〈
   く /  八        ∧/ ヘ、 く \ `く  |/     `、
.    リ     `,      /  〉  ∧  ぃ   ̄ソ   ヽ
    \   !   /、 /  / j | \ イ



333 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:58:07 ID:QzZFO4bo



              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',   そして天才的な俺と比較され、苦悩していたアナゴさん
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',   そんなアナゴさんを愛したのが、遺伝子戦略とは違う
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>   ベクトルである「慈愛」で愛したのが世界だ
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´  
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ    遺伝子に振り回された言葉と、
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/      遺伝子に惑わされずに愛した世界
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_       遺伝子の働きかけで繋がっている俺達と、
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-    自らの意思で愛した世界達
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::     >>1は後者を支持したいと言っている
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



334 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:58:34 ID:QzZFO4bo



            ,. -'´: : ̄ ̄:`┴ '´⌒\
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : :ヽ: : ::ヽ
        /: : /: : : : : : : : : !: : : : : !: : : !: : : !: : !: ',
        |: ./: : : : :./: : : :∧: : : : :|\: :!: !: :!: : |: :|  『愛は、遺伝子に惑わされない慈愛である』
        |: !: : :!: : ::|: : : / ,レ: : :!:.ト、_ヽ|: !: :!: : |V
        |.: !: : |: : ∧/斗く |: :.∧|  `厂|: :|ヽ:|    これが>>1の解釈だ
       <_:.!:rヘ : |  ___ ィ |/ リ==テ !V V
        <_ヘ 小!  `¨ ¨ ´     ::::: |       最後まで遺伝子での恋愛感情に振り回された
          入_ヘ.  :::::    , 〉   .!        言葉は嫉妬も合わさり、シンジへのプレッシャーの塊と化した
         /::::::/ ヽ.      r;2   /          
       ,. イ:::::::::|   \.    ヽフ /        結果、シンジは俺の息子である証明を渇望し、
    /::::::/::::::::::::|     ` 、 , ィ´:\         自身を損なっても跳ぼうとした凡才の姿だったわけだ
_, -‐<:::::::/::::::::::::::::|       ∧::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::厶ィへ:::::::::|‐- 、_    !__∨:::::へ:::\_
::::::::::::::::::::::::!:::::::::\:|-、_   __/|/::::::::\!::\
::::::::::::::::::::::::!:::::::::/:|--、__  ̄ __,. -|::\::::::: !::::::::::\
::::::::::::::::::::::::!::::::〈:::::::|: : : : : ̄: : : : : :|::::::::〉:::::!::::::::::::/



335 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 22:59:24 ID:QzZFO4bo



                (,r'⌒
         、-ー''゙´ ̄ ̄゛''-――
       ,r'             \
     ,r'                 \
     i.          ::::   ::::  ヾ \ヽ
    l    /     イ :::、ト.  .ヽ \::::ヾゝ
    l     l   / ノ::::|  |. | ゙i.゙i::::ヾ ゞレ
   l   ....:::|: 、イ≠=キ'::|  |゙il=メトヽ ,|ヽ |   しかし、四人揃って酷い人間関係だぜ
  ≦  ::::: y:: Y|j;;;゜li':::| ノ:::j;;゜li {l|| |レ’
   ノリ゙i::::: {^゙i:{:::: ̄ :::レ'::.   ̄':|N| /     そんな風にしちまったのが作中でも言われた一枚の手紙の悲劇であり、
      ヾ゙::::!∨::::   :::   i   l’,レ′      嫉妬心が四人の関係を複雑にした
       ヾ;::゛ト、  ‘こフ  , ' 
        );::| 丶.,_   , '           それについては、バトンタッチしよう
  ,へ<゛´ ̄ソ|.\   `''''i´Yー'^''''-_._
 ヘyr)m〉'z-ント.,__ l.゙iV◇ヘ|  / 、 、\





     /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ、
    _ラ::/ソイ〃:::::::::ィ:/|:l ゙l::|ヽ:::::;、レVwリl
.   7:::::::::::::::、:ハ|/ リ l!   l! _lハLl,i::;::::::::}
    |ハ:::::::i?E_l!‐_二`ヽ.  ` r≠、、`lイ:::::!
      ?E:ヽ  / l!寸`      弋リ冫 1:::ト
      ヾ;ヘ  ` ´           /ヾ'
         { fヽ.     `´      /ソノ
         `ヽゝ.    ー ─‐   _'/   こんばんは! 広田 馨役の碇 シンジです
          ム、      /
             |`ヽ、_ __,/ |       ここからは、ラストを飾らせてもらった僕が担当するよ
             |       |
.          .'`ー┤       |`7ヽ
         _/  i /!        ト l ,ト、-、_
    _,. -‐'"´/,.ヘ \ ‐‐、  ,.‐‐  / i^| ヽ `‐- ._



336 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:00:37 ID:QzZFO4bo



             iヽ、 lヽ、
          __,ゝ::::`::::::ヽ-...
          _>:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           7j/////::,ィ:::N::::::::::::ヽ.
           r'__ / // |::::::::::!ヘィ:::::::ヽ   
              l,-、!  ‐!、_ |::/!::::レヘソ:::::::i 
          ,ハ_,ソ   _ニ、ヽ|/ |::::::::::::::::::::::lノ!
         / r'      ! r'ハ. ` |/|:::::::::::::::::::く   言葉さんは世界さんに嫉妬し、
          l       `ー‐'   ノ::::::::::::::::::!`    それが原因で誠さんと正面から愛せなかった
          | ゙丶          ソ:::::::::::::::::/
         l          ィ'tフ)::::::::/    かと言って、世界さん達が幸せだったかと言うとそうでもない
         丶 .._____ _,.r‐、二ノ-‐'"      
            ,|-‐''_ニニ二゙‐j  
            ,|-‐''_ニニ二゙‐j          広田 規夫ことアナゴさんもまた、遺伝子の価値に      
            { r'´     |「|            捕らわれた悲しい人間の一人だった
       ,.-‐‐、-イ>`フ     l、   
      /     \ \     \ 
     i   ,r、‐、.  ヽ__ヽ___/` ‐-゙ヽ、       世界さんに愛されながらも、自分は自分だと居直る事が出来ず、
     r|   !.__ソ  /!     l  r'´| ハ、       常に誠さんと比較しては絶望し、未だに家族を受け入れられないで居る
     i !       /l:::::l  r、 |  `l:」 ! i
     `|     l;;;;;|:::::::i  ! | i   「l l |}    
      !       |;;;l::::::::::l、 l l  r┘!/ /      愛を体現出来ていたのは世界さんのみだったわけだ
     ├‐┐  /;;;i:::::::::::::〉 !j ∧゙ ̄/l i
      |   l  /;;;;|::::::::/,.ヘ. /  ヽ/;/ |
      | / /;;;;;;l-‐'" < //   /;;;;;! |
      l i /;;;;;;;!  __,..イ´ヽ、 /;;;;;;;;リ!



337 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:01:59 ID:QzZFO4bo



         ,. -- 、.,,_
     ,. ‐'⌒:::::::::::::::::::: :ヽ、
   v'::::::::::::::: :::     .:::::ヽ、_
  .7::::::::::::::  .;ト、::::::::::::::::::::::::::ド
  /:::::::::  .::::::ハ!. \:::ト、|l::;::::::Z   そして、作中には嫉妬しているのではなく、嫉妬されたいと思った人も居る
 ;':: ;.  .:::::::ハ:|    '"⌒゙'l |ヘ
 |:::::::::::::|.l:::レ'     r'⌒ .「l     レギュラーである、こなたちゃんだね
  ';::::::::::;レ'  , =、       .|′
  〉;:::_:ト.  l′   , 、     !    原作ではやる夫が好きなのに告白を断らなかった理由と、結局は勝負を
    |.ト.、     _,...:'^!  /、     ご破算にした理由は明かされなかったから、>>1なりに付け加えたのが、
    ` ー'ヽ、   ヽ- '´,.イ   ヽ     「焼もちをしてもらう事で、相手の関心を確かめる」って行為だね
      /  l`` ヽ‐-イ__」    |
    /    ゙、  /`-、   l.ノ 〉
   ,'   、   ヽ '′トイ   .|-ァ'   結局つかさちゃんに諭されて、自分の行動の幼さを自覚し、
    |     |      L.!   .|"|     霊長類として負けているとまで思っているやる夫をそれでも好きだと言ったのは、
  〈     リ         .! !      彼女の中に慈愛が芽生えつつある証拠・・・として付け加えてみたんだ
    't::;;‐;ァ'7ニ>  _,   〈 .l
   |   ハ -ゝ  ̄`" ̄/ ,.イ .|
   !  !ケー- 、_     _/ |_リ    ちゅるやさんの配置は原作だと僕の傍に居る役だったんだけど、
    |.  l.,'  /   ̄ ̄レ' _」       それらはやる夫さんに回して、こなたちゃんの傍に居る役にしたんだ
   l.  l,ヽ     ,イ_,...,,]       
   ヽ 、lzト、  / ,/ { ` l′     
    ``´.l  ヽ/'´  .l   |   
       l   ;′  .ド.r;久
       |   /    `ヽ、_,)
       ユこh       ` ´
       .| `'´j!
      ヾ=彳



338 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:03:12 ID:QzZFO4bo



           __v__,.._
         ,ィ'´::::::::::::::::::`ヽ.
        /ノヘイフ::::,、:::::rヘvハ、
       l'^´:::ィ!::ハ| lト、::ハ::::::::l、
       !::::::/-iナ ! l ‐ナ-!:::::トi   他にも嫉妬していると言えば、やる夫さんだね
         ゙l:::i -tテ    tテ‐|ハ!
        (r!    、    /ソ     ジュンさんと一緒に居るところを見て嫉妬をする・・・
         ゙ヽ、  _   ,.'′      でも、これはすぐに解決したけど
          ,.-|ヽ、 ..ィ'!、
         l ヽl、   |、i`!    
        ,.イ ,ィ‐l_   _ノr゙ト、      言い具合に真紅さんの口車に乗せられているけど、
        / レi::| ,ノ‐`-´‐ト|::!ヘ\      真紅さんはやる夫さんをどう思っているか・・・・明らかになるのかなぁ
     ,ィ"   _|::|_>ヽ-‐'、_|::|_  ハ
    | `ヽ、 |:0:: ̄:::::::::::::::O::| !丿 !   金糸雀さんも、やる夫と真紅さんのやり取りに複雑な表情を
     !    ヽ l:::::::::::::::::::::::::::::::::||'  |    していたし・・・レギュラーの人間関係も、段々変化していく頃合だね



339 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:03:45 ID:QzZFO4bo



   ,,.-''" ̄ ̄`゙'ー-、r=
  ./:: : :i: :: :i: : !、.:.::.::ヽ
  |イ.:..:i|/__レ|:/lヾ.:.::ヘi
  くlr:l:.:.l -ー レ -、 vレヘ!  さて、キャスト配置の話に移ろうか
  くl レ.i    |  N
  ム`ー      ' ,/     俺達、スクディ組については結構前から皆に予測されていたな
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´__
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、                                                     /´ ̄`ヽ、
: : |: : : ヽ/、;:;;;}イ: :ヽ: \                                                  /      │
.: :.>': : ヽ/::::| .l: :<: : ヽ                                                    _,. -‐ハヽ - 、、
                                                         /|    / ::::::::::::::::::::::::::::`ヾヽ
                                                       /:::::|    ,':::::::::::::;::::::::::::;:::::::::::::::ヾヽ
                                                     / ::::|   ,'::/:;i:::!:人:::::::::/i::ハ:::::::::::';=|
                        話の内容的にも王道チョイスだね     .     | ::::::|    i/!::{::::l ノ ヽ:ノ `ヽ|::l::|:::|::|
                                                      | ::::::|     iノ从(ヒ_]     ヒ_ン ) |::;':::|
                         他候補も結局上がらなかったわ  .        | ::::::|    .ヽ|""  ,___,   ""  !ノ:::::|
                                                      | ::::::|     .',.    ヽ _ン     イ:::::::l
                                                     | ::::::|      ヽ、       , イ:::::::: :l
                                                      | ̄|       ` ー---─ ´ルレ レii
      , ''´ ̄ ̄`' ‐-.,,
    /::::::::::::::::::::::::::::::::\       , -―‐
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     / .:;∵」
   i::::::/::::::::::::::::::::::::;;;;;;:::::::::::i    / .:;∵」
   |:::::|:::::リ/|:::/ |::::/ |、:::::::ハ    ./  ;;」   私や誠さんは第二話で使おうとも考えたけど、
   |:::::|::::/ |:ノ |:ノ  |:/:::::N   / .:;∵」     やっぱりこっちの方がシックリ来たから、キャスト的には満足ね
   |:::::||::::(ヒ_]     ヒ_ン i|ノ   / .:;∵」     .
   |::::::::::"   ,___,  "'i::::ト_ ./  ;;」
   |::::::::ヽ  ヽ _ン    ノ:::|  /;;;;/
   |:::::::::::` ー------イi:::i| /;;;;/



340 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:04:28 ID:QzZFO4bo



         __ ,、__
      /::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::>
    ∠:/://::::::!:::l:::l:::l::::|
     |:l::| >‐:、ト、l, ‐<!::ノ  一方で困ったのは俺たちだった
     f^ K l!j  li:j 〉^}
      ゝト、  _'_   イ´    ネタにも使ったけど、元々はハガレン兄弟の予定だったんだだが、
        ト、___`イ       あまりにもアルフォンス(人間)のAAが少なく、
      _.イ fノ   l|\       単体AAでは絶望的だったから断念したわけだ
    _/:::::|:::|_.  _.|::::l::\
   /:::::::::::::|:::|_` '´ |::::|::::::::\
  l::::::l::::::/::∧_ヽ.  |::::|::::::::::::::l   人気作品=AAが豊富と思った>>1の迂闊だったな
  |:l::::|:::::|::::|   \__j:::::|::::l/:::|
  |:l::::|:::::|::::|     /:::::|:::::|:::::l::|




            /    / ハ i ハヽ、\ ニ=、
        /   / /!ムノノ/ } ハ i、ヽヽ
        ,    !ハ{ _!__,ヾ  ' 二レ-! ヽ }ヾ
        l   ミ、〈 fリ `   ( 'f;リ〉 |ノレl   そこで急遽抜擢されたのが僕たちだね
        ヽ _ !   ̄ __ 7  ̄  ! ′
          {fゞヘ    f-‐-- }   /i      ヤンデレの息子である僕はやっぱり病んでる・・・・
         ー-ゝ    |,__  /   ,.'-'        そう言う表現をするのに「逃げちゃダメだ」とか楽しかったから、
             リ!ヽ _`二´ /            不幸中の幸いだったよ
           「 ̄ ̄     「K´____      
  __,.-=/==ニニ 、 ノ L__   / |   
'´ == '/ニ, ′     \\  ト‐} { |ヽ      人選的には僕は満足かな   
 ̄|´  l   '       ー-ヽ\_ ヽl ∧ヽ !\   
  |   !  !             `''-{、ヾヽl. \   
  !   l  l          _,.-――、).  !   \
  l    」 -‐       /      \ l     /\



341 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:05:26 ID:QzZFO4bo



        ,___     ,,
.        _,ゞ、 ̄''''''''''`、ヽ,
     _,,r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::i,,,,,,,_
  _,,,,r''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::ヾ、
   ̄7´:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::;:::::::;'':;;;;ゝ
.   /;/;r:::;'::;'::i;:::i::i;:`、::`、:::::::';;;;;;;;';;;;'i
   レ!::i::::;':::i::::!i:::i、:ヾ;:ヾ;:`、::::;;;;;;;;;;;;;;;!  一方で俺は及第点だ・・・正直、月姫/志貴のキャラ観は一切無視せざるを得なかった
.   V!:::i;:::ii:::i i;::i,.ゞ'<,r'''''''''ヾ;:::;;;;;:::;!  
     ヾ!r‐ヾi、ヾ! ,r' iっ::;!.!i::i _ 'Y    AAでは結構アホな表情があったから楽しかったけど、
      ,i,`、':;;i、_i  `ー" iレ'´,ノ      今思えばCLANNADの岡崎 朋也のほうが適任だろうなぁ
      i, i,`ー' i  `、  ' ' ,ノi'''´/
      `ー.<´ i ̄7  ̄ /i;/     ちょっぴり反省
.         `ヽ`,´ ,,/  i    
           r'´''''''''''''''''''''''i
         _,f;;;;i;:::::::::_;;;;;-‐::i,_
        f::::::i,_,ノ:::::;::::''''''''''''''''`>
        i:::::/:::::::::::::::::_;;r‐''''''´
        i;○;;;;;;r'''''''´



          ... .-‐…‐-. ..
        . .::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:...
.      / !:.:.:.:.:.:,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.rv x''` .、
     /イ/レ'ヽハ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.jハノヽ!`:.:丶
    j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .、
    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ.:.:.:.:.:/.:.:.:/i|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
     {.:.:.:.:.:.:.:.:.:/iノiノ!::/iノi:/ノ リ、:.:ハ:.:.:.:.:iヽ
     v‐、.:.:.:.,' ー‐ノナニ、′  r‐i/-トノハノ   余談だけど、僕こと広田 馨役はドラマだと、
.      { 、 ヾ:::!   < トィj      イ7ヽi/      実写版デスノートで月役だった藤原 竜也なんだ
     ヽ ( ハi    `゙     .  `゙ ,′
       ):.:.:.i、         〉'  ノ
        ノハ|  、    - -  /       ラストのピアノを弾く演技は当時見た>>1にとって、
        r‐‐‐|  丶      /          とても格好良かったよ。今の藤原よりも断然に好き
      ノ \!    ゙ r‐<
     /ヽ   \.__    |、 `ヽ.   
.  /   `ヽ    >、 ! ヽi r‐ 、      その分、血まみれ展開を予想出来ずにとてもショックを受けたけどね
. /        }   /  ト、 j ∧ !\



342 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:06:00 ID:QzZFO4bo



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|   それにしても、>>1の解釈を深く掘り下げると、
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     俺様のような天才は凡人と付き合っちゃいけないってことになるよな・・・
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /   
      ___,r| \  {    / /         それって酷くないか? 俺と釣り合う天才なんて、そう居ないだろ
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、           そもそも、天才と凡人の恋愛に遺伝子での必然ではない事を証明するって
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、        不可能じゃないか。 天才に対する差別だぜ
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::


             ,.. -ー―- ...,,_
              /::_,. .......:::::::::::::゛`ー 、
             /::/::::::::::::::::_,,.:::::::::::y:::::\
         /:://::/".メ.//|::}丶::::::::\
         ///::,イ::./ ノ/  |/   i::::::::::::ヽ
          ///::::/::::|/ ⊂⊃   丿 \|::::::::::::::|
       /::::':::::/::::::|        ⊂⊃イ |::::|y'
       /::::,::::/:::::::|   i`ー 、       | |::リ
      ,|::::/::/::::::::|   |   `ー.、    リ::|
      | /::/:::::::::::| .   |      7   /|::|   そんなの簡単ですよ?
     ,イ/::::|:|::::::::::|   t     /"   ノ"|::::|
      |'/:::::::|::|i::::::::|::`-..,,_\,..../"__,./::::l:|::::|    誠君がピアノを弾けない状態になって、天才の証明ができなくなればいいんです
      ./::::::::::||:::l:::::::::l::/\~7::::゛~ ̄::::::::::::::|/|:ノ
    /::::::::::::|::::::i:::/   \|\.:::::::::::::::::::::::|/|
    /:::::/:::::i::::::::/ゝ、!- 「 ̄y ̄j::::::::::::::::::::'‖|   でも大丈夫ですよ、誠君・・・私は誠君を愛しています
    /::::/:::::::j:::::::/  /`  / ∧ t;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;}    遺伝子とか慈愛とか>>1さんの迷惑な意見なんて知らないです
  ./::::::|:::::::丿::/  /    ̄∨ ̄|\::::::::::::::::|::|l     
.. /::::::::|:::::::/:::/  /      `i  | \:::::::::::| |i   言葉だけじゃ足りないですよね? さ、手を出してください
 /::;イ |:::::::|:::/  /    o  o|  |\. \:::/  ||    大丈夫ですよ、痛いのは一瞬です・・・・その後は、私との
, '::/ |. ||:::::/:::ミゝ'         |  |::::\r'\  jj     愛の証明が待っていますよ・・・さぁ、さぁ、さぁ、さぁ、さぁ・・・!
   |. | L::/iノー-ー‐-ー-ー‐ -ー-::::::: ~`"
   k tメ/|i i ‖ i ‖ i | i  ‖ハ:::::ノ
  /|7ゝ't::::|丶ー-ー-ー-ー‐-ーー ' ̄
/  |   `し:::::::/〜〜/:::::::::::|〜〜|
-〜



343 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:06:59 ID:QzZFO4bo



.     /: : : :u: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : :u: : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈 (・) |/:::::::レ(・) }|:./ヽ : |
  <:: |. 小{   _,,.. - :::::::::::、-.,_  レ{: :.|ヽ:|  ・・・・・・
   厶ヘ ハ   ::::::::::::::::::::、::::::::::::::: {ハ/ V
      \_! u     _ '     !
        ヽ    /   `t u /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \u  ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


                                                ィ彡三ミヽ  `ヽ   : ::::::::::|:::::/ __/斗''" i:/   |
                                                '⌒ヾミヽ   `ー    .::::::::::::|::/  /´   /   |
                                                     ヾ、       .ヘ::::::::::N ((  ̄ ))       !
                                                  _    `ー―' . ∧::::::!  `  ̄ ´         |
                                                彡三ミミヽ       / .|:::`::ト                |
                                                彡'   ヾ、    _ノ  l:::::i:!        _       |
                                                      `ー '     !::::从      ? ̄ ̄ ̄|
                                                 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ /::::::::::::\    |′     |
                                                彡'      ` ̄    :::::::::::::::::::::>   ゝ     │



344 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:08:23 ID:QzZFO4bo



<言葉様がお怒りじゃー!
 <目が攻撃色で真っ赤だー!


               _,  __
             ,;;'`';";;,^ゞ;;;;'ヽ、
             (;;;;::、,,,;;::;;;;、::::;;, i
             /'      ヾ;;; |  ぶるあああぁぁぁ!
            ./,-'"  ゙`'-、. |;; l
             i , '^ゝ ゙^ =.  L;;l   そろそろ次回予告の時間だぜ? 子猫ちゃん達ぃ
            |  ,r _;;. 、.   |r)
            l , ,-、--、_ヾ  .ll     いつまでも遊んでじゃなぁいよ
            ヽ ゝ‐=−ノ丿 :: ノ  
            `、`ー-‐'  ,,;; |      
             ゝ    ,,;;: /i、
         ,─一/ i\___/ / |\
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |                            |
    |                            |
   ,r-つ                       ⊂ニ
  /r ´つ   さぁーて、次回の世紀末は?   ゝ−
.  l /_-´                       `r‐
  | r´つ                           ゝ
  \ |                              .|
.   `|                           |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



345 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:10:20 ID:QzZFO4bo



『おいおいおいおいおいおい、これが愛って言うのなら、俺ぁ要らないぜ』


                              ____         , -───- 、
                          ,. -'"´      `¨ー 、   /        \
                         /              _ \/              \
                      ,,.-'"          ,,.-'"` Y  /              ヽ   やる夫、プニプニだろ・・・
                    /        、__,,.-='"       |               ヽ
                    i へ___, j   " γ⌒ヽ       |                  丶
                    ./ γ⌒ヽ     弋__ ノ      . |   、                l
                   /  弋__ ノ       ヽ////,    !._ノ'′  `、            |
                   //////.,  人     ノ        |● )    "ー--        /
                  ,'     '、,_,,ノ  `─-‐'ヽ        |       (● )      /
    あ・・・教授・・・  .   i      `、  _y──‐{         |    j  /////     /
                   ' ,      i_/  / _ 人       |    .-‐"ヽ.    )    /
                    \       ̄ ̄           |    ` ー-`ー-一'′  /
                     ’、                   ヾ              /ノ.:.\
                     _,r‐'´入                   |            //.:.:.:.:.:.:.\
                    /  /´ \               `ー-=-      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                    〈  ./    \



346 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:11:45 ID:QzZFO4bo



『エンジェル達は、何か面白い噂をしているみたいだ』

             __=z- 、>、___
         , -z'"〈  / ̄` ヽ、  \
        /イ: :. :. :.フ: : :,イ| | : : |\  ∧
.        /: : /: :/: :// | | |: :' , ∨: :ヽ
       /: :// ィア / / | |l L: : | |: : : :ヽ
.      /:/ :/: :/ |: / /  l| ',|`ヽ√: : : : : ',
.      /イ: :〃 イ,ィz⇒/   _| l|ヽ/: : : /: : : |
     / イ: :.イ./}イト┘}    ア?、/: : : /: : : :,'  
       |: : :V.イ 辷ノ     r┘ヾ: : :/: : : :/
       |: :. :. :{    '_  弋ント': :<: : :/
       |: :ハ: : 丶、 !   }  /: :. :/ノ:/    って、言う噂がね、口コミでね、広がったの・・・・
       l: ハ: : :ハト>`=‐zイ/: :/7V     
       レ'  \ハゝ-┴ハ三| /ン^_>'ヽ
             ,イ   //ヽマ∠lv'", -‐'"\    
.            / |  ,ゝr〆―弋〈      \
           / .|  /イ7ly'"二ヽ、ヽ  ‐、   \
           l  .yz' | | | ソ ,ニ  ` ‐┴ ゝ
           |  { .l 「l |└'´〈 /
           |  | .| | | l   ヽ-―――-

                                           

                                            ======            ======
                                            ======            ======
                 ほほぉ、それはそれは・・・           ======            ======
                                                                        ・
                                                   /            \
                  乙女として聞き捨てなりませんなぁ              |      ∧       |
                                                   |       / ヽ        |
                                                   \__/   \___ノ



347 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:12:40 ID:QzZFO4bo



『まぁ〜た教授は小難しいこと言ってるなぁ』


        / ̄ ̄\
      /       \              相手が病気になり、自分より先に死んでしまうと
      |::::::        |               分かったとき、あなたならどうします?
     . |:::::::::::     |                 
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/20(木) 23:13:35 ID:uS3L8C5s

次は同性愛か


349 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:15:18 ID:QzZFO4bo



          ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミミミヽ
         .:;:;:;:;:;.:.:;:;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:ミミミヾ_
        ,;;;;;;;.:.:.. `ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:.:.:',     次回、「恋するコッペパン」は
          !;;ミィ彡ハ  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;',      以上の3本でお送りするぜぇ 
        ,;;;;;;!   ゙、  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
         ,;;;;;;;′     ゙、 .:.:.:.:.:.:ミミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
      ,;;;;;;;;′  _    _ヾミミミトt、トt、.:.:.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   レギュラー達も色々と今後に影響ある
       〈;;;;;;;′/      \   ̄``ヾ.:.:.:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    事態が起こるから、結構重要な話だ
      ';;;〈                `1;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
        `ヽ   l・)  l・)        ヾ;;;/⌒ヾ;;;;;;/
        l                 ;;;! い i;;;;;!    分割は三回を予定
        | ┌─- 、            ;;! ノノ /;;/     
        | |      ヽ       ;′   /;;/     
           ', 入___人_ノ ヽ     ′  __ノ;;;;;;;!     ただ・・・ど〜にも書き溜めが進まないだよねぇ
            ',         \     /  l;;;;;;;/
            ', /´ ̄`ヽ     \  /   l;;;/       今までは1週間に一話分前後は投下してきたけど、
          l      ヽ        /   ⊥         今回は時間が掛かるかもしれないってばよ
             | ̄`ー' ̄/     / ,、-‐'",、-1
           |`ー─'′   /‐'"´,、-‐'"  1       決まり次第改めて連絡するから、
           「ニミヽ rrr‐''"´ <        L        唇を厚〜くして待っていてちょ!
            ハニ`1i  //⌒)ノ    , -‐ 二>==-、、、_
         ,.ィイ   1i   l l       ,. '",. '"´.:.:.:.:.:.:.:.     /
    7ニ7二7.:.:.:l ト、__ノ i  l ヽ _/ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     / / 
   / /   .:.:.:l l`ー ィ. i  l ト‐‐ァ /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.     / /



350 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[] 投稿日:2009/08/20(木) 23:16:17 ID:QzZFO4bo



                 ,、
             ヽYノ
           r''ヽ、.|
           `ー-ヽ|ヮ
      .        `|     
                |      
            _二 |ニ       
              ノ
        ノ |_   ll__l---||_
      rj「l__`ー'  ヽlーj  L---┐
      |―┴┴―`ーrュ-‐< ̄.ィj .__jl
      |[][][][][][] i """ _..,,rr=''´ l  
      l ̄ ̄ ̄ ̄/7-‐'´     /      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
   f  jL-、 _-‐'      -‐´~~      d⌒) ./| _ノ  __ノ
   ヽ |  ̄  _j_ -‐'~´~~
     `ー〜´~~~~



351 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 00:53:24 ID:hL/KFsUA

乙乙

正直、遺伝子がどうのと言われても血液型占い程度の実感しか湧かないw


352 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:52:31 ID:nlnOEs8o



>>342
言葉は誠を肉体的に傷つけるような事はしないと思いまふよ


353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 06:45:00 ID:9JB57Ja6

>>351
あくまでも「本当の」とか「真実の」とかつく愛を求めてる連中の話だから、実感がわかないのはむしろ健全ww
あまり極端になると「子供が出来ない同性愛こそが本物」とか、わけわからんことになる
定義し辛い物を無理にひとつの型にはめようとするから、実際の感覚とかけ離れた考えが出来上がる


354 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 07:18:29 ID:KNQKXYj2

>>352
言葉はギリシャ神話のヘラみたいな感じでしょうからね

分かってはいたけど、悪ノリと言う事でここは一つご容赦をww


355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 07:38:51 ID:nlnOEs8o

正直な話、アナゴさんやシンジも普通の人間からすれば、十分、凄いレベルな気がする


356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 10:29:36 ID:hL/KFsUA

>>354
原作の言葉は(少なくともスクールデイズの時点では)どれだけ病んでも
直接誠を傷つけようとした事はなかったかと
死んだ後の誠の首を切断して持ち運んだことはあるけど


357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 10:37:53 ID:nlnOEs8o

>>356
それがヘラって事じゃね?
恨みの対象が旦那のゼウスじゃなく、すべて浮気相手の女にいく


358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 12:14:08 ID:D5TGNZ52

自己愛かヤンデレかの違いだと思う
世界は自分を愛さない怒りで誠を殺し
言葉は別の人を愛してるって事を認めないから人を殺す

>>356の言うように首を持ち歩いてたのは誠が死んだことを
受け入れてないんじゃないかな?と思う


359 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 12:33:50 ID:m2FRVnLg

ダンナの首切り落とすのはサロメジャネ?


360 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 12:44:24 ID:2VaM/rgw

ヨハネはサロメの旦那じゃなくね?


361 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 12:51:16 ID:bX2ICESs

サロメって踊り子じゃないの?
それで踊りかなんかを褒められて褒美にヨハネの首をもらったっていう


362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 18:40:20 ID:HnMJq/m2

大好きなヨハネにキスをしてとねだるサロメたん。
しかしヨハネさんはガチホモなのでサロメを相手にしてくれません。
実はヤンデレだったサロメたん、父親に「サロメたん欲しいものがあるの」と、おねだり。
サロメたんに甘い王様は「上手に踊れたら何でもあげるよ」と、安請け合いしてしまいます。
そして上手に踊れたサロメたんは父親にヨハネの首を要求する。
約束だから仕方ないと父親はヨハネの首をぶった切ってサロメたんにプレゼント
サロメたんはヨハネの生首にキスをして大喜び、こうして二人はラブラブな日々を過ごすことになりました。

サロメはこんな粗筋だな

三行でまとめると

ヤンデレサロメ
ヨハネをナイスボート
生首にキスしてとっても幸せ


363 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 23:38:46 ID:KNQKXYj2

>>362


        /;';/:::;/;/´フノ リ`゙i::::`、
       ,/レ/;/!/○    ノ 、_!::!::;;i,
       ,/:/:/::::/  ,、      ○ リ:;:| i!
      ,/::::/:::::/  i  ヽ、_    |;ノi
     ,イ:::::;!:::::/|  |      フ  /:::|
    ノ,/::::/;::::::|:ヽ、 ヽ    /  /::|:::|
   / /::::::::|:|::::::|::::::`メ、`___ ´,, イ:::::|:::ト、
  / /::;::::::|リヽ、|;/~ \|ヽ;::::::::::::::::::;|;イ `
 ノ  /::/::::::|::::::::/::::ヽΤ`+´`、:::::::::::::::リ;|
   i::::|::::::::|::::::/:::::ノ:´゙レ、ノ、_ノ、;::::::::::::::|;|                        ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、
  /:::/|::::::;/::::/:::/::::::::::::::ヽ´::::i`、:::::::::::|i!                       /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ
  /;::||::::::;/:::::/;;;/::::::::::~::::::~::|::::|;、`メ;;::::|リ                       ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、
 レ´|:| !;;;;|::_;/_ソ;;::;:::;:::::;::::;:::::|:::;:i´~ー´:ノ                      / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、
   !j-ーイ_/,/,__|__|___|__|__|__|__ト;;;;/                        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',
 ''゙´"/'´`|\:::::/===/:::::::::::|===                          ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         ',
 ^~~    ` `ソ::::::::/::::::::::ノ|::::::::|                        ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',
                                           ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ',
                                          i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i
                                          !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
                                          !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
                                          ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
                                         i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
                                         !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
                                          ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
                                          l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
                                         l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
                                         l    l /;,. .        /      /      l ム/´
                                         ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
                                          !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
                                         /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
                                         /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
                                         //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
                                        U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //

こういうことですね


364 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 23:54:31 ID:hL/KFsUA

だいたいあって……る?

第七話前編につづく






以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/753235.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13