以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/729631.htmlより取得しました。


世紀末の詩 幕間3   カテゴリ:やる夫シリーズ 


197 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:00:36 ID:NFaYwMUf



                                  ____
                               〆'- ―‐‐ -、`ヽ、
                             /          \;;ヽ、
                            /   / /  ',     Vハヽ チュウ
   あーようやく出番が終わったわぁ     ,' / l l i   l  l  }  Vハ.',
.                            l / /! ハ八   j / ! / j  |;;;| l  チュウ
   これでいっぱいヤクルト飲めるわぁ     レ! l{ V__ヽ\/リ _j/ レ'   l;\|
                               ハ ! }´ `   ´ `/イ  j;;;;;;;\
    ここの>>1はカルピスが好きな癖に    /;;ヽVゝ"/>  ""   /ー‐- 、ヽ
    一度も乳酸タイムないのだもの    ./;;/\jl/ッ'≧r‐‐ァ<//―――‐`―ァ
                            rr也丁孑 ヽ∠_  '´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   
                            マj_」厶> (´  >、   !\_;;;;>'´\  
   そんなんだから空気作者なんだわぁ  //      `t''´\\ |_ \ ト  i_ \
                          ∠ ;;_{ 二二ニ  r'ヘ  \ユ \ V ヽj `¨ 
                             ヽ    __ゝkv\  l  ,v厂
                             f′ ̄ ̄  〃 ^\|ゝ′
                               ヽ     _,ゝー一'´
                               `ー一 ''"



プロローグ|第一話1/4|第一話2/4|第一話3/4|第一話4/4|幕間|第2話1/3|第2話2/3|第2話3/3|幕間2|第3話1/3|第3話2/3|第3話3/3


198 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:01:35 ID:NFaYwMUf



                                  ____
                               〆'- ―‐‐ -、`ヽ、
                             /          \;;ヽ、
                            /   / /  ',     Vハヽ チュウ
                            ,' / l l i   l  l  }  Vハ.',
.   でも、初めてのぶち抜きAAとか      l / /! ハ八   j / ! / j  |;;;| l  チュウ
    前の2人よりも頑張ってたわねぇ     レ! l{ V__ヽ\/リ _j/ レ'   l;\|
     後で褒めてあげようかしら        ハ ! }´ `   ´ `/イ  j;;;;;;;\
                            /;;ヽVゝ"/>  ""   /ー‐- 、ヽ
   あ、でもそれよりも前に、         ./;;/\jl/ッ'≧r‐‐ァ<//―――‐`―ァ
    この話を見てくれた人に          rr也丁孑 ヽ∠_  '´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   
    感謝しないといけな・・・い・・・       マj_」厶> (´  >、   !\_;;;;>'´\  
                           //      `t''´\\ |_ \ ト  i_ \
                          ∠ ;;_{ 二二ニ  r'ヘ  \ユ \ V ヽj `¨ 
                             ヽ    __ゝkv\  l  ,v厂
                             f′ ̄ ̄  〃 ^\|ゝ′
                               ヽ     _,ゝー一'´
                               `ー一 ''"



199 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:02:36 ID:NFaYwMUf



                              ____
                             〆'- ―‐‐ -、`ヽ、
                           /          \;;ヽ、  て
                          /   / /  ',     Vハヽ  て
                           ,' / l l i   l  l  }  Vハ.',
.                          l / /! ハ八   j / ! / j  |;;;| l
                             レ! l{ V ヽ\/リ _j/ レ'   l;\|
                            ハ ! } ○    ○/イ  j;;;;;;;\
                            /;;ヽVゝ"/>  ""   /ー‐- 、ヽ
                          ./;;/\jl/ッ'≧r‐‐ァ<//―――‐`―ァ
                         rr也丁孑 ヽ∠_  '´ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
                         マj_」厶> (´  >、   !\_;;;;>'´\
                        //      `t''´\\ |_ \ ト  i_ \
                       ∠ ;;_{ 二二ニ  r'ヘ  \ユ \ V ヽj `¨
                          ヽ    __ゝkv\  l  ,v厂
                          f′ ̄ ̄  〃 ^\|ゝ′
                            ヽ     _,ゝー一'´
                            `ー一 ''"



200 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:03:36 ID:NFaYwMUf



       /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
      /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
.      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \    あ、あらぁ・・・!
      / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\    覗き見なんて趣味が悪いわねぇ!
     ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
    l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',  津田 愛美役の水銀燈よぉ
    | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ   :::::::: ̄:::::'´ イ  /  |:::|  l  }:::|
    |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ  乳酸菌摂ってるぅ?
   /.::/ |    \丶 ::::::::::::      ヽ        /  r1  `´    l
.  /.::/ ∧   l | ト >         __,,      厶|     |   |
\{::::{ / ヽ   ? |¬        ー= ´ 彡      '  |     |  | /    ここにいる人間達は第3話を
: . \∨ト、  \  \ト--\        ´`       /   l     | //  /   見たおバカさん達ねぇ
: : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
: : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :  
ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :  まぁ私には関係ないけどぉ
:::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄   さっさと終わらせたいから
::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::    幕間をしてあげるわぁ
::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        ?八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::
.' /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.'、   '::.::.|}〉|         | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::
./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.\   ヽ┴‐┴- 、    |   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ



201 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:04:38 ID:NFaYwMUf



         ___
      ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、
    ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、
   _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ
  〈// l l | ,′/l  / , \} !      今回のテーマだけど・・・結構難しいところよねぇ
  /∧ lTト|? / |__/_厶イ/lト、|       
 {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|
    }\_〉-′  ヘ:_::/ / 〃 l|| __ノ   悩んだみたいだけど>>1はずばり、『願望』だと思っているわぁ
 ー=ハ { >‐、ー-  ∠ィ/ l l| ∨::.:< __ 
.  / / l^7く>r<`< || l|  ト、::\::.r'⌒ 
 / /  l|/::./l\/{:.::.::_:}|l  |  |\} ̄⌒ヽ 
 | l|  , トy┼┴‐'::.:/  /| l  |      今回も考察サイトやレス、>>1の独断と偏見で
 |/| /|(」/:rxーrr'>〈 ,′∧|       考えてみたのだけど・・・自殺とかデリケートな問題に触れるから、
  Lレ'::.::ヽ/Xヘ::∨::`ヽ>∠ }ノ         不愉快に感じる話をするかもしれないわ
.  /::./:/::/_ _ _ _〉:\::.::∨::.::`ヽ
 //|X:∧ハハハハ::.::.×::レ'⌒ヽ:〉      そんなの書かない方が賢明なのでしょうけど、
   |::./ |::.::|  |::.:ト、::.::/            見てくれた人と自己満足の為も真剣で行くわぁ
   ∨  |::./   !::.| ∨
       レ′  L/



202 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:05:40 ID:NFaYwMUf



                       _ __ _ _
                    ,  '´ __ __ _``ヽ、
                   /ィ.:7´.::に旡コ:::::::.:.`ヽヽ
                    ,イ.:::/::/, -─ ー─- 、.:.::::.\\
                  /.:::::rィ'´         、   `ヾ、::ヾ !  まず最初に念頭におかなくてはいけないのは、
               /.:, ィ 7    ,イ     ト、  ヽ 、`ー{   私自身の境遇と心情ね
                 /fイ i 1  i .|:i     | i   | | | i!
               j」1i :| | l | N     :! |  l| j | ||  まず境遇だけど、日の光に当たれないと言う
       ト、       ,ルl |.:::| ト、ト、N ト、    ,イ/l , イノ,イ/  i!   大きな制限の中で生きていたこと・・・
 ̄ ̄`ヽ.  | ヽ    / /トト、:ト、仁ニー-、\,ィイ ィ≦二,,.′ /1
‐- 、、   \!  |     / / iト、\ ヾ じソ>    <じソス/ .::/ |  昼も夜もない、救いようもない孤独な生き方・・・
  .:.:::.`ヽ、:.\ト、  ,/ / .::::|:.:\ゝ   ̄`  ,      ̄ ィ .::/   ト、
    .: .:.:.:::::::::.\:V イ.:.:::::/:.:.  1ト、    _ _     /|.:/1  | \ 一般とはとても言い難い生き方を余儀なくされているわ
 ̄``ヾ二二ミミヽ、.:.::.:\:/::::::.:.  l | >、        , イ.::l/ ,! , イ    > ── ─‐‐-、      
     .:.:.::::::::::::::.>ミ,r'"´ ̄`ヽ、 ヽ!  7r-- ‐<__」.:.:! / /.::::|, ィ´   -── - 、
.: .:.: .:.:.:::::::::ィイ彡イ .:.:.::::::::::.:. \|_/.:.:.:::::::::::::::::.:.L_/ /.::/ /  , ィ彡三二 ニニ \
.:.:.:..:::::::::,r一'´ニ仁二二ニヽ::::.:.:. `Y7:.::::::::/^ヽ::::::::::./, ィ^ー─ - 、.:.::::::::.:.:. . ̄`` ヽ、 
.: .:. :.:.:::〈  .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.\:::::.:.:.:|{ト、::,イ|  i:::::::.ノ〈i::::::::::::::.:.:. . \.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.
. :. :.:.:::::::ト、 .:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.\.:::.j1  |:|  |:「    !::::::::::::::::::::::.:.:. \:::::::::::::::::::::::.:
 ..:::::::::::|.::.\ .:.::::::::,r'´ ̄ `ヽ.:.:::::ヽ|{!   |:|  |:L_  」!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::::::::.
.:.::.:/:.::ノ!.:.::::::::.`y'´  . .:.:.:.:.:.:.. .:.::::::j1 /⌒Y´ ̄`Y⌒ヽ1::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::
:/ィ´:.::l.:.::::::::.:ノ .:.:.:.:.:.:::::::::::.:.::::::::ル7   i rkkュ !  〈i|:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:. /.:.::::::::::



203 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:06:37 ID:NFaYwMUf



             ___
            , 〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,,、
         //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  昨今では当たり前の認識になった引きこもりだけど・・・
         / :/;;;;; 〆~^~^~^~^~^ ' ヾ、 それとは違うと思って頂戴
       / :/;;;〆   ;          l!'
      / :/;;;/  l ! l!    l l  ', l! 生命の危機的な意味で日差しの中に出れないこと、
     ,' イN;!  !_l! |! i  l! l! l |!l  日の光りの下で活動する事を一度も知らないこと、
      ,.  从レ  |!_l! l!l !: /,/__/ l! l !   ネットのような他者交流の手段が存在しないこと
     ,   ルリ lヽ. トソ`i l! ! / /__//l イ!
    :l!  《_l!__! ヽ ゝ   ,  ヘソ/./ /l!  一番最後は>>1の推測だけど、引きこもりよりも
     | /; ; ;:;:| ト.ゝ  _   .イ/ //|l!   超長期の入院患者のほうが近いかも知れない・・・
    ./; ; ; ; ; ;ヘ ヘ> ._  <=./ // l!!
    /; ; ; ;;: ; ; ; ;:;ヽ∨弋 乂1;:;/ノ/ヽ.j:|        何より、外的要因や自分で日の下に行く事を
   /; ; ; ;:;:; ; ;:;: ; ; そヘ 辷1 .》;:;:;:/;:; ;1:|         捨てたのではなく生れながらの理由なのだから、
  〈; ;:;:; :;:;i;: ; ;:;:;: ; ; 弋,、,、,,ソ; ;ヽ;:/; /!.|     , ―‐ 、  どうしても引きこもりとは観念が異なるわ
  ヽ;:;:;:;:;f=-,..、;:;:;: ; ノ; ; ;丱; ; ;.;l!; /;:l |   . イ     ヽ
    下从丱;:;:;:ヽノ; ; ; く;ル ; ;:; l;:/;ノl.ト、/ ト 、   ソ |
     | |くル; ; ; ヘ; ; ; ; ; ハ;:; ; ;.|;:;| z弋ヘ   !  ` ー .イ
     | ! l!i ;ヽ;: ; ',;:;:;:;:;:;∨;:;:;:;イ;:;:|/f〆 /   l      |.
     | ; ; l; ; ; ヽ;ヘ;:;:;: ; ; } ; ;:;:l!;:/j/厂/ ,,.、,l、,、,、,、,、,、,l, 
     | :  l; ; ; ; ;ヽ,、; ; ; ;l!; ; ; ;/; l!/フヽ '、,、_____,、,
     | :  ヘ; ; ; ; ; ;ハ; ; ; ;}; ;/; ; ; >く 〉  l; ; ; ; ; ; ; ;l



204 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:07:37 ID:NFaYwMUf



                  __ _
              _   ∠r―tァ'⌒>< ̄`  、
          〃ヾvィ.::.::.::.〉ノー、/::.::.::.::.:..、   \
         《   く::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..\  ヽ    次に心情だけど・・・これがまた厄介ねぇ
        r==≧/.::.;; = 冖冖冖¬==、::.::.:.ヽ  ',
        |:| __/=彳 ハ | | l ヽ\ ヾ=ミ⊥rr== ┐  生きていれば、死にたくないと言う
        ゞ=√ | ||| | | | |  ヽ ∨/ }:||:{   |:|   考えは当然持つわ
.          イ| | | ||| | | | |_ ィ ヘ 〈〈_/;;仆ヽ-'ノ   
       /ll | | | ⊥L」 ||才⊥斗 ハ T7:;小、 \ヽ   生への執着が強ければ強いほど、
      /" | | | | ,,≧ミ\ |  イ,-‐七ヽ|ノ':/ |:ト、\ ト >  死への恐怖心は強くなる・・・
.     //   | | | | `, -― 、 _ /  ̄"ノ/〈:/ |:| \>   
    〈::{   lヽ| | ヽ{、  ̄ノ´,  ` ¨´ ./| i/イ  i |   それは逆説的に考えて、
     ヾ〉   |::|ヘ{\ 大 ¨´   _       |</|   i |    生への執着が弱ければ弱いほど、
            |::|    |\ \   ` ´      .| i | / ̄`く     死への恐怖心は弱くなるわ・・・
            |::|    | i l  >  _ ヘ__/| i |::.::.::.::.::.::.`::
          `'   | i | /..::./.::.::.く入>、| i |::.::.::.::.::.::.::.::.  命に対して希薄だった私にとって、
              | i /.::.::.:/.::.::./.::|ヾ::| i |::.::.::.::.::.::.::.::.   生きるも死ぬもなく、ただ穴ぐらで
             | ∨.::.::.〈::.::rく::.::.::| `| i |::.::.::.::.::.       時間の経過を過ごすだけ・・・
                 ヽ/.::.::.::./ ̄} \::l   | i |::.::.         
 

205 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:08:38 ID:NFaYwMUf



            ,ィ/;;/';;;;ィ=''´ ̄ .:        .   `ヾ=\
            ,イノ;;〃;;ン′ .:   : .:     . :.       ヾ、
          /(,/〃/ノ,    ::  .: .::      :. :. ;   ヽ. \  心の奥にあるのは命への価値よりも
        __ムノ;;;;;ィ)' / .:  .:::  :l:..:::: :.     ::l:::. l 、   !  ヽ  ヒマワリのように生きたいと言う願望・・・
        ,.ィ'7フィ;∧ヽ/ ::  .:l::  ::|::::|::.::::.    ::!::.. ! l   l   ヽ  愛されて生きたい言う願望・・・
      l;;;l l//l;;;| !;;l  :::  ::!:: :::|l:::l::::::::::..   ::l::::::l: l   ! .::.  ヽ
        |;;;l/;/!|;;;| ノ;;;}:: ::: :::i:::.. ::| l::l:::l:::::::::.  .:;!i|::: ,!: ! /:: :::: 、 l 
.       |;;;/;/! |;/;;:イ:l:: :l:::..::i:ト:::::::| l:::ト:ヽ::::::: :/リ|::/|:.,イ: /::: :l:::: |l
      |;;/;/.! ゞィ'´ l::l、:l、::::l_lゝ.=l=ヾ!ヽヽ::::::/ ' ナ`メイl、/l:::::イ:::: l l  それを叶えられることなく燻り続け、
      |/_/:| |;;|   ヽヽ;lヾ,N;:_ェ弋   ヽヽ/ ';:ニミ、/ヘ/:::/l::::: /リ   生きるもなく死ぬもなく
       |;;;l .::|. |;;;|   :::ト、l/彳::;;;:}`      "{..;;;:リ゙ツ// /::/;|     在り続けたのだけど・・・
.      l;;;| .::|. l;;;|l   :::|.l |゙ヾ _ゞ=''          `ー''' 'イ::::. 'イ|;;|
     l;;;l ::| |;;;l l |  .::::| |.|             i:..     /:::::  l |;;!   それを変えてしまう人が現れた
      〈;;;| .:::| |;;;| l | .:::::| l.|          /::     ノイ::::::| | |´
     N :::::| L;l ヾヽ.:::::| リ、         ´      ノ |::::八| |    それがやる夫であり、物語の始まりね
      | ::::::| :::| l:. :l:ヽ:l`^\      '^ニ`    /レ |::/|:.  l
    /  :::::::| ::l l:::  l |::`::::::::::l丶、        ,..::'´|:::l レ |::. `、  
   / i   :::::::|::l l:::::  l !::::::::::r┴- 、`_丶 -:.ェ_´:::::::::|::l:. .   |:::. i ヽ  
.  // |  :::::::::|:| !::::::  |l:::::::::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;ニ><;;;|::::::::|::l::..::  |:::. ト、ヽ
  l i |  ::::::::::ll |::::::::.. ll:::::/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;L;;〉;;;;ヽ::::|:|::::::::.  |::::. l ヽ`、
.  | | |  :::::::::::| |::::::::::. l:ノ;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;/ };;;;;;;;;ヽ|:l:::::::::::... |::::. |_ヽ 、



206 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:09:33 ID:NFaYwMUf



      /   |          \     
     / /    ⊥ -──  ─ 、  ヽ      やる夫の語る愛と、永遠であるべきと言う
    /  /  /         __ `ヽ \    考えは、私にとって魅力的なものだった
   /   / /     _ , -ー '    \  \/   
   l   /   , イ      l   |    ヽ/    
   l / ,. イ ´ |  !    |l,|、-十ー  、 \    燻り続けていた愛への渇望は、
   |/ /   | | | -'l、   ! l| | || |  ',    ついに矛先を見つけてしまったのね
   | /l | | |,.イ´ト、| \  | 仟テ卞,|  | | |  
  // l | | | |ィテ卞  ヾ' ヽ::ヽ:::}l || !   私はやる夫に決めたわ
  ゝー| | | | ハ、:ヽ:::}     つ::ノ| / / /   
    l l l ヽ ヾつ:ノ r ーv、 :::::!./ / /    でも、そこにやる夫に対して愛はあったのかと
    ヽ !ヽ!  \ |:::   ヽ  ノ _,ノ/_/___| /ヽ、_ 問われれば、無いと考えているの
      /__|\  ヽ>一ァ、 <ー-く |  |/::::::::::::::::/
     >::::`::\  ∨ ̄{  }_ <_.∨/.:ヽ}  ヽ、:::::::::::::>
  -ー:::':´::::::::::::::::::>-ゝ: : `´: : : ブ/: :く ー、  lヽ:::::/
  `ーァ:::::::::::::::/: : : : /: : : : : //,、_{:`'ー'、_ノ: :}::<
    フゞ- /: : : : : /: : : : //lぎん}: : : : : : 厶ヾ  AAが発言と合ってない?
    / / ノ: : : : : : / : : //: : :.ゝ一:  ̄ヾ ̄| |    せっかくだから使えなかったAAを使いたいのよ
    | ∧{ ヽ、: : _l_:.//: : : : : : : : : : : : : \| |     文句ある? おばかたぁん♪
    |l  ヾ一' ̄ //ヽ「´: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/
      {ヽ、 /厶゚ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ



207 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:10:42 ID:NFaYwMUf



             ,.. -{薔}- 、
          /   ll l ヽ ヾ:;:;ヽ   
         / | || |ll丶|  ヾ:;! l    やる夫の全てを愛し、過去の痛みを癒すと言い、
           ,'|l| ll ハ ノィ=ミ|   天 |     海に誓いの言葉を立てても・・・教授が言った通り、
          || ィ=ミ   ⊂⊃  | r┴-、   その行動の根底にあるのは愛されたいと言う願望
         |⊂⊃  _   ∠  |{こノ_j_
          |i ぃ  {´  ヽ  |  .| 〈`ー'´|三≫    誰でも言いのか?と言う問いに対して
.      ≦三| ト     イ | |∧ 〜 |≠≧     そんなものだと答えたのは、
.     /⌒)_ヽ   ` '´〉 ゝ  |:; :; ィ┘≫       誰かに愛される事を感じられるのなら、
 ,.- 、_ヽ _(ノ )_ノ:; | l´i〜〜i | |ィヽ´ ヽヽ         拘ることじゃなかったのね
.f ̄ll ∨ />'⌒ヽ‐イ:;! {@}ノ| / 、 ヽ ' ,' ,
.ヽ 丶  Y´      {ヲ :;,`、:; :; :;ll  | | .)ノ / | l   酷い言い方をすれば、たまたまやる夫の言葉が
 __f−'|l-l/ハ::::::∧:;/X>、:; :;T¬ | __l~彡 |/    呼び水になっただけで、やる夫個人はどうでもよかった
./:; :;ゝ- '∠:::_}ィヘ_}XVXXヽ:; :; ヽ
." ̄ ̄ `7ニヽ  ヾ/~ ~ ~ `>i:;×:;l        私に必要なのはやる夫ではなく、
      |  ll ヾ、 ~L , '´  ヾ:; :; |         誰かを愛し、その為に生きる自分だったのだから
      ヽ_〉  | ツ'´     〉/
        l  |レ'ー'      "
        ゝ-'



208 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:11:39 ID:NFaYwMUf



               rく乞7ト
             /::::::>=<:::::\
           /::::/      `ヽ>― 、
           f´ ̄∨  / /   l lヽ{ つ_丿    そんな相手を見てない盲目的な愛を、
           人 ⊂ノ| |ィ7T  ノート、く ̄\ \    やる夫はうとましく思っていた
        r‐く ̄`ーク乂y==ミ/ ,=ミトヘ\   ヽ
       \    /l|八 "" __ ""ノ リ_>、  〉  美人からの盲目的な愛は殿方にとって
        ヽ /ヽヘ ヽ (    ノ イ /:::::::::::::::>′   魅力溢れるかもしれないけど、
        く:::::::::::|::丶>≧=≦ /イ::::::/ ̄       それは”貴方でなくてもいい”と言っているのと
       ≦三≧ーヘ::|::::::トr‐r‐r‐|::::| ̄ ≦三≧      同じようなもの・・・
      / / ̄}ア⌒   |::::::| {迄} |::::|_ ⌒ヾ{ ̄
    // '  /     /ヽ:::: 、 / ヽ ノ:::/::L、        やる夫はそこら辺を感覚的に察して
    {{ l イ    /  }::::::\_/:::::::::::::::〉_         いたのかもしれないわね
    丶 | l|   イ  /:::::::::::::|\:::::::::/\:::.... 、      だから拒絶した
       | | |   l|  >┬―{__ ̄ \::::::\:::::\
      l l八   |? /:::/:::|:::::::|__/ ̄/\::::::〉::::::::\    拒絶されても私が笑っていたのは、
       ! ヽ  l ∨:::/::::::|:::::::∨ ̄/ ̄ ̄ ヽ/ \:::::::::ヽ、   やる夫の心情を重要視してなかったからなのね
         \l /:::/:::::::::\:::::ヽ_/rく>ーヘ7⌒フ::\:::::ト、  
           l::::l:::::||:::::/j>ー\∨   んイ:::|ヽ:::V〉|:::ヽ
           |::::|:::::||::::|八    、   / :::::::::::| l〈ヘ〉|ヾ:::l
           |::::|::::儿::|::::::\    '.  / \::::::| |::::::/  }ノ
           |::∧`l「:::|\::::::〉   } /    \| |:::/
             ヾ{ \:::::|  /   //       |/



209 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:12:36 ID:NFaYwMUf



       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  ///         |   ヽ
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |      '
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ‖   _  ,
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l  ただ愛を体感したかっただけ・・・
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |   そして、自分の存在を今の状態から
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |    強く変わる事を望んだ・・・
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !  
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;     そこに命への執着はなかった・・・
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/    
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡  ここで大事なのは、”命”と”生きる”は、
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_   私の中ではイコールではなかったこと
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二  
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒



210 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:13:44 ID:NFaYwMUf



            ,  =≠勹又 ミ= ..、
          , イ/´:::::::::{_{、_)_) !:::::::`ヾ 、
        / //_:::::::::::::´:::::::::`´::::::::::::::::ヾ、  やる夫の話を聞いた私の愛の答えは、
      , イ⌒V?´ , ´⌒i 丁 ド=ミ、:::::::::::}ハ   命を滅ぼしても相手の記憶に留まる事で
.    /  {{_ノ/'´}} i i  i  | i. i  i  ヾ 、::ノ川    愛を実現できると思ったのねぇ
  /  /,7/ { 〃.i i  |  | i. i .! i .!    : }i|
_ ´ ./.ノ//} ド_ノi! | l | | .i ノi .! i i| i i  :i :i|、   命に執着していない、ならではの答え・・・
,//  //{::{イj :!!┼ミ;!| l!|| .i ハi .! i i| i i  , .:i|!\、  
/,  ´ {:{.イ:|ハ. i|仟;_;iミ、i.ハ i.|-|┼i/j_i }, / イi|| ヽヽ  ローゼンキャラで言うならメグが好きそうな考えね
/.//!:!_乂八 { ゝ-く` 川, ≠≦, i`/ / /:!.i||.  i|ヾ 、
/./.ノ|:|{小_V/ト、       ゝ、ソ∨ , イ !.| i||ヽ j| L}
/. : : /L!/////ハ    __′      //ハ i.| i|| _乂
'´ /////////// i.ト、  `ー`  -=彳´/ / .|.!.| i|| _ | } ≠彡 , もしくは自身の呪われた境遇を終わらせるために
≠三ミ、//  /イ ||ii 厶、__ .. - イ// /!_j__|.!.| ,イ彡'´三三彡  愛を利用しただけかもしれないわね
三三 イ´::::`\ ノ||ii广 ノ Y´ ̄〃/イ´:::::::::::`ヽ´三三三ニ=
彡'´ /::::::::::::::::::∨||i{|:::::::::/|:::::ノ /, ´ ̄ ̄`ヽ、_`ヽ、三=ミ
/__ノ::::::::::::::::::::::::::{| i|ヾ/イ j//{ ノ         ̄ ̄丁`
´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ //  /   __ 、    _, - 、__ノ   いずれにしても、そんな形でしか
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /, -} } ` ̄ i:::::::::::ノ      私は愛を見出すことができなかったの・・・
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  / /f薔fj     |:::::/
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   ゝ彡≠’ j   ハ:::j       
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   /   ノ  /__ノ′     そして迎えたのがラストのシーン
  ∧:::::::::::::::::::::::::::/  /   ノ  , /   , ' }
 ./ ∧::::::::::::::::::::::{__ノ   / / {  /〈`′
   / }::::::::::::::::::::::::/  _ イ   {   7  )′
  ./  {::::::::::::::::::::::ゝイ::::::{_ /ハ.



211 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:14:53 ID:NFaYwMUf



           ,. - ‐{@}‐ -
         , '´::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ、
       /   ̄  ̄ ̄ ̄ \::::::::\\
      /               \::::::::ヽ ヽ  作中で白い蝶と形容されていたけど、
     /                    \::::::ヽ l   最後のシーンは蛹を破り蝶に生まれ変わる為の儀式ね
   / /  /       |  l    ヽ 〈:::::::::〉l
    |/  / / | /! | l  !  | ! !l ! 〈:::::::::〉i  
    ||  | |  | | ! | | ハ_.斗|‐ト! l|_ヾ:::/__l_  希望も絶望も生も死もない状態から、
    !|  | |_.斗十ト!ハ/´リ,r==!、リ||__@´__|  生まれ変わって、わすかな時間でも構わないから精一杯、生きたい
  rハ|  ! ! ト!r卞::Y   " ト ! j/ !/  /\ \ 
  レ|!ヽ ト、ト、ト、.弋_ソ     ゙ー' j \/ l \/  太陽に向かって育つヒマワリは、憧れの象徴ね
     /ヾ /|ヾト    、    ∠ /    |  |
     /  / l  ヽ._   、っ   .ィ´| /     |  
     \/ l |  ト、!` ¬ -イ´  / /      !      __
       |/\|  __」ィァj / ,r」__l     l_,. -‐''"´/
        j  / // ノ,.イ´   ヽ-''"´:;:;:;:;:;:;-‐:;''"´ ̄`''‐ 、
         / / l/ __`ー__'´ /     |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、:;:;:;<´ ̄ ̄`
      / ///乳酸菌//       |;:;:;:;:;:;:;:;:;、:;:\- :;:;:`-、
       / /  '‐-/―-- '/         j、;:ト、;_:;:;:;\:;:;:\`-:;:;:',
     / /    /  '  /       /l∨   `'-;_:;',` :;:;:',  ヽj 
.     / l     l    /     ,∠/ ! i   |  ヽ', ';:;}
    / /!          /      / イ  | |   !      '′
.   / / l         /    / / l   ! !      
  / / |      /    //   |   ! 



212 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:16:03 ID:NFaYwMUf



 ____
:::::r乞ト.::::`丶、
::::ヾこン:::::::::::::::\
^⌒^⌒^ーr、:::::y=l=x  生も死もないところから、太陽の
li | il  |il l | ト《_八_》   下に出た事で私は生を得たわ
|il|i|l i|li|l|lil|li|i| l`介'i′
|li|l|l i|li|i|ili|lillili|il| il |  あの時、やる夫はとても綺麗だと言った
|il| | l l |l|i |li li|l|li|il| |
l l| ハl | l斗fT7从i|l |  それは、やる夫が見た初めての”生きた姿”だったからね
       ◯  /l|ilil|
        'il |lil||  死を意識した行動ははっきりと生を浮き彫りにした・・・
       / i| | lil|   普通の人間はただ生きているだけで生を見出せるけど、
  ¬   _イ|l i| |厶イ廴   それが出来なかったのが悲しいところね
≧==≦〈{|:::::\/三三≦
 〈八〉 〈{|:::::::::::?三三{
^⌒Y⌒〈{|::::::::::/l|丁ヾ{ ̄
 〈匂〉 〈{|::|::::::||i| l|   
nnnnrタ::::|::::::||i| |l



213 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:17:11 ID:NFaYwMUf



           「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
         _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
         〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト〜7⌒)イ  最後のシーンは自殺か?と言う問いだけど、
           く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ    自殺ではないと>>1は考えているわぁ
          くY| l| /ハ 、 /\}メ∨{ / ∧
           〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
      イ三≧|:lヽゝ 、_  .∠ノ|:::::::|::|≦三二 蝉が7日間しか生きられなくても
           /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \   土の中から出るのと同じように、
         イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト     
         l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ   穴ぐらで生き永らえるのではなく、わずかな時間しか
          〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、      生きられなくても生きている事を実感したかったのね         
           /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;ノ;;⌒゙./
          /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴;ノ;⌒`);
        ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`);;⌒`)
.        ◯  ヽー┬〜r〜r〜rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)  鬼束ちひろのCastle・imitationあたりが何か合う気がするわぁ
        ◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)  http://www.youtube.com/watch?v=mdb5hGSs-A4
          ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
             ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))



214 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:18:12 ID:NFaYwMUf



                    ,. -‐ゞ"‐、、 ξ
                    ,イ/!lヽノレ!l ヾ;ヽ
                  〃ィO  O ゙!i 天|     「いや、客観的に見て自殺だろ!」って思う
               _rmイ ぃ こフ  ∠ l | l      人もいるでしょうねぇ、当然だわ
.              ≦三辷71l{_     イノ l| ,rnm
            ≦〈:::/:::::〃{薔} 〃::∠イ_/>へァ′
              _"/::::::::::゙=="::::::::::::' ̄::ヽ/三≧ 読んでくれた皆はそれでいいわぁ
        √:: ̄:::::::::::::::::/!:::::::::::::::: ,イー一 '´ゝ≧    でも、見てもらう側の>>1は主観的にも
        厶:::::::::::::::::::::/×|:::::::弋_¨´ヾ ヽ ゙`        見て考えないといけないわぁ
      /::::::::/!::::::/><|::::::::::::\
    @__//l;/〜|;/〜〜〜レ、::::::::::::ヽ
  ∠´__ヽ:::::./         冫:::::\i\lヾ!         そして、今回は主観と客観で
  {. __儿ノ         /´::::::::/              答えが正反対なのよねぇ
  ` ̄ ̄ ¨´        〈=r、,-〈
                   `ヾ \ @
                  \_ソ



215 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:19:31 ID:NFaYwMUf



                  _,、、
               -{勾」}―  _
             -――-  、::.::.::. .\
             /         \::.::.::. .\
        /               \::.::.::lハ   前にレスで「後押しは一般倫理では間違い」と書いたけど、
         '   .′   |   ト、ヽ ヽ   ヽ::.|_ l    正直主観に欠ける発言で、見てもらう側としてはよろしくないわねぇ
       /   l |  ||   | 斗 ┼l| // 小ヽ l
      l|   | |  ||.イ | | l ノ || 〈〈_ノ:||:l_〉〉l    教授も真紅も、やる夫が行く事で、私が”生”を得れる事を
      | |  _|ム、 |ヘ ヽ>==十F| ト-r1ヾ.r′l     分かっていたから後押ししたんだわぁ
      | l 、 |,,≧、ヽ  ヘ __ ノ l | | |:| |:|  l             ィ /
       ヽヽ\ 〈ヘ _〕     ̄   ノノ l|:| |:|   l  /{ イ ∠ ィ三/
         |:ト ヽil|〈       ´| | |      l /三//三三∠ ィ彡
         |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}ノ三三三三三三二ニ
           | ト  ` ´┐ / l |∨三三三三三三三三三<⌒
            ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三三三三三三≦ ̄
             / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\三三三三三ニ=
          / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ三三ア⌒ヾミ、
          /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド⌒ヾ
        ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |   l   間違った事を言ったつもりはないけれど、
      ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l   l   立場的には不用意な発言だったわぁ
      |V   イ  |.::|{包}j}/.::.::.ト ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: イ?   l
      |ノ // /.::.|`冖 /.::.::.::.::.jノ::.\ ::.::.::.::.::.::.:イ | l  l  |  次からはもう少し考えてレスするから、
      |\ ' f::.::.::.:.\_/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`>┬rく | l|  l  l  l   これからも生温い目で見てちょうだいな
    ┌ヘ   八::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.://.:|:|:||:トヽl ||  |  |l l
    r个 \{ ハ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.___ゝニノ|:|ゝニイ | ‖ | l l
    | } L イ /_ハ__r一¬¨ ̄ ̄} ::.::.::.::.::./|:| |:|ノ ノ ハ l l |
   / |  )〔 }イ〔 - l   し┐ イ.::.::.::.::.::.〈〈;ハ;〉 ヽノ  } ノ l |
   〈 ├〈 ┌く.⊥ )  |    / /.::.::.::.::.::.::.r'         ´   jノ



216 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:20:32 ID:NFaYwMUf



          _
       -―〈{包}ー 、
    /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
.    //::/           ヽ
   | |:::|  | 斗     ト、 l  |  長くなったわねぇ
   | 小 |八 人     ハノ  |  
   〃|| || |   O ヽ / O 厶仆   そろそろマトメに入りましょうか
  _{{_儿ll、\、、     、、 ノノ|ル__
  >:::::{  ト-   <__フ /} ノ:::::::〉  やる夫に対して愛と生への願望しか
 く::::::::::::\_〉⌒ヽ ―<7⌒Y:::て    なかった私には、やる夫に対しては
  / ̄〉イ|l |ト--イ「 ̄ 「 ト-仆ヘ「     愛は無かったと>>1は思っているの
  | / /、>ー┴―┴‐< ヽ|  
  | | |  `  ー―――  ´ | |    心の中にあったのは、生まれ変わりたい、
  ヽ.| |                  |ノ     愛されたいと言う願望・・・
.     |                ノ  
    〕_ー--   --−  _〔       愛に対して餓えている反面、
   /ー- _      _ -‐ヘ       厳しい見方をすれば愛する方法は幼く、
    |      ̄ ̄ ̄      |        愛される為の手段でしかなかったわ
    |                 |    
   ヽ                丿      結果、やる夫は私を選ばなかった 
     ` ー――――  ´



217 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:21:33 ID:NFaYwMUf



          _,  -― ―‐- ._  アイサレル ヨリモー♪
        /, - '´ ̄ ̄  ̄` ー、\ アイシタイ マジデー♪
       , / , -‐'´ ̄ ̄ ̄` ー、 \ 、          , - ― - 、
       / /    |    l   ; \ヾl___      「_二_「_「二|
     r.」/   l  l  | l  |  /l\ |    ./       ヽ
    /ハ.   ∨l  l   l ハ  l', l〈|l ト、i    /_ __ _ _ヽ
   , |_/| l   l` ト、八 /| / ._孑i´l | ¨|lヽ __. |     , - ― ┴-、  『愛は、愛されたいと言う願望では得られない』
   //| :l   :lイ,.ノハ   ィ ,.ノ::ト l:l  / rー' / ヽ― -- ゝ ::. _ _ ノ
     l :l  :ll |::しリ   |::しり l/  {/ /   -、)     ( ::__ _ ヽ
      l| ::.l N ゞ= '  .  ゞ= ' / / ̄ヽ { |   : ::.ヽ_    (::.. .. .  イ}  こんなところかしら?
      !| :.N|:.l    , − 、 /.イ/: : .:.:.:} }{`ー ---'  ̄ ̄ `T: . ̄_丿
    |! /|:l :..\  l   l  ̄ / l: : ./.:/丿 |└ |  , -    - ` ̄|    厳しい事を言っているけど、>>1は
      |' |'|:/´ ̄:>―rt.‐<:.//」: : l: :{└、 {   | (( ヤクルト )) |     愛の話よりも、私の生きたいと言う願いこそが
       /.|: : : :{_j×!,小、 ×:、: : : : :ー、L.i  ヽ `       ´ 丿      第3話の魅力だと考えているの
      /: : : :t.‐| /  | | l: : : 〉:. :.、: : :.::厶└ 亡` ー―― ‐ ´  
      / ̄iー、:} V   / l /:\/.: .:/´ ̄  └―'´  ̄           そしてその象徴である最後のシーンは
    「 ヽ .:l  .:}    | l:/\: : .: .:/                       世紀末の詩で一番好きな場面だわぁ                    
    .」、_ .:トイ}、     /.: : : .:.:.::/
   {〈__/ /l 「:l   /.: .: .: .:.:..;:/                        当時見たとき、本当に悲しく綺麗だったもの
   〔 L._}イノイ: :l/: : : : .: .:/.::\                        DVDで見れないのがとても残念だわ
   └=こソ/.::::: : : : : : :: : : : : :: : .:.\           



218 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:22:34 ID:NFaYwMUf



                     __ _rrz=、、_
                     , ...::.::.::{>{くtア〉}::.::..  、
                /...::.::.::.::.::.`ー=‐'.::.::.::.::.::..\
                /...::.::.::.::.::.::.  ィ^⌒^⌒^⌒^ヽ:.ヽ 〃/
                  / .::.::.::.::.::.::/ /           \  ⌒
              ∧::.::.::.::.::.:/   イ | |       l |    ヽ
                / ヘ ::.::.::.:/ l 斗┼十    j⊥」 l    l  これは本筋とは関係の無い話だけど、
            /   ヽ::.::.:l | | 厶≠ミメ    〃」_ノ`'|l ||
              /     ∧::.::| l |仏'::::}?ヽ   /ィぅ心ミ|| ‖|  気になるのは、やる夫が
          /    /  ?   |弋辷ソ  j/  ヒ::ノバリ ハ|   私を選んでいたら、結末は変わっていたのか・・・
            /    /   /小、 、        , `"' lノイ  }ノ
         /    /   〃|| |l\_>     __   ∠/|l     はっきり言って『もしも』の世界の話だけど
      ̄ 二≧- _ /   /|l_儿l|  |\    (_У  イ  ハ      興味あるのよねぇ
    -一 ニニ二二三三≧ }ハ{ | ト、 `   _, < ∠|  仁三  ̄
   -一¬ ニ二三孑…ー<ヽ l |::.::.` ーrヘー-<三| /三二ニ=ー-
      / -‐ ¬ア´/    ∧ \ヽト、::.::.::.:イ{}トヽ::.::.ヾj/=ミ、    第三話で>>1が興味があるのは、
.     /    /〃/   _/.::.:.V^i:.ヽ \::/|{儿}トヘ.::.::〈   l \    前述した『水銀燈はやる夫を愛していたか?』
    /     /|   ヽ::.::.::.::.::|::.. ト-〜r〜r〜l\::.ヽ   l      そして、『やる夫が水銀燈を選んでいたか?』
    '     / |    |::.::.::.::.:|::.::.ヽ 二{{迄}ニ}::.:.ヽ::.l   l    この2点なのよね
 /    /    f     ノ.::.::.::.::.ヽ::.::.:..\´ノ }ヽ/.::.::.::}::..\  l
      /     ∧ { 〈::.::.::.::.::.::.:..\::.::.::.`ー‐'.::.::.::./.::.::.::.:〉 l
           // .::... \ヽ::.::.::.::.::.::.::ノ .::.::.::.::.::.::.::.::./.::/.::.:/   、
       /  \  ::.::.:..\::.::.:/...::.::.::.::.::.::.::.::.:/.::/.:/    \
            ` ┬―-=::.::.〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.:f::{{:II}}
                `l::.{{_II_}}:「::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|::.:jハ{
              |::.::}ハ{::.l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|::.::.::|



219 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:23:35 ID:NFaYwMUf



    /.:::::/ /        | | |       .:!    .:!       `,
  ./.://.:/ /     i   | | |     .::l .:.:.:/ .::!   ,′ !  ',
/.::::://:/lNl.     | |   | | |::.   .::/.l.:.:.:/ .::::!  ,′  |   結論から言えば、実行していたわね
 ̄`フ/:/ l/l.     | |   | | |:::.  .:::/l l.:.:/.:::::/l  /    !
_/:/:/  :| ',  ,,,,ト、|_ヽ__ト、ト、.ト、:. .::/ /.:/.:://__/l    !   やる夫自身を見ていなかった私は、
.::::/:/  ::|  ',   |ヽ 二ヽ!ニヽNト、.::/ /ィ/イ ̄7 / /   /     生まれ変わる為にきっとしたでしょう
フ::/  /リ  ト、  ',. `ヽ弋込ミヽ、 V    ィ_万孑 フ   /
"´  ./   /i: \ ヽ   `¨´ ̄       ´ ̄ ̄/  /     そして、もう立ち直れない程の傷をやる夫に与えたでしょうね
   /   /.::|  \/.       i         / , イ     /
  ./   /.:::::|   |`ヽ         `        /ィ´ l.     /  物語としても、やる夫の心境としても
ミミヽミミヽ.:.::::::|    |  ヽ     -─-     /1  /   /    選ばなかったのは正解だったの
ミミミ斗;;ミミ、.:::|    |  // >.、   ー   ,. .'´l  1 /   /.::::::::
彡''" ̄``ヾミヽ  i :| .// /.:::::.> 一 <::、l  l   /    /.:::::::::::
.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミヽ  l:::| // /.:/ ./ 只::: `ヽ:\ /   /.::::::/::
.:.::::::::::::::::::::.:.:.:.ヽ l:::ト、:::::::::.ィ /.:::ハ::::',  \:.V   /.:::/:::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::.:ヽ:l:::ト、\ // /.:::/  i::::l   /  /.::::/::::::::::::



220 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:24:32 ID:NFaYwMUf



                      / /_rグ::.::.::; -‐代ニtノジ:: ̄::: ̄:: ̄`丶、::`ヽ、∨ 77
                _/ /fフ::.::.::./::.::.::` ̄;二ー===r‐-、_:_::.::.::.`ヽ、::ヽ∨/
            , -=ヘニ/ {/::.::.:/::.::.::_:_;:r<ノ ` ̄´⌒ー'´ ヽ>-、_::_::ヽ`Y   それでも、可能性を探すとしたら・・・
           / 三三三 | 「7::.:/::.::;ィこィ′         、  \  ヽ `ーヘ7ト、\
          / 三三三三 | {::/::_;ィニノ /   ,        `、  ヽ   `、  |::l|:::lN  決行する前に、やる夫が私に命の価値を
      _/三三三三三ニrrヘvr'7    l   |,     、 l|   、 `、  l ∨::l|:::||:|   見出させることね
  , -‐仁7三三三三ニ//,1「 ̄     | |   l| |      l lト、 l  、 | l|:::||:::l|:|
  {三三l三|三三三三ニ{〈// l }  ,   , |?| | | | ,     } | l  ト、 | |  l |ヾニニノ  愛でなくてもいい、恋でもいい・・・
  」三三',ニ|三三三三ニ∨/ //l ,′  l | ? l | | l     l l| |  ! | l l  l | ‖l:::|
/ l三、ニヽ」三三三三∨〈_//| | l|    | |  | ‖l | |    l/ l| |_厶モ十7| ,' l| |:::|   死んだら失うと言う恐怖心を喚起させれば、
- ‐ヘ三\三三三三ニ/777 l| | l|  , l| | l| ハl | l    |ー彳,ィf禾ざ了 l/  l| |:::|    私は躊躇う様になるわぁ
二7∧三ニヽ<三三三/ //| j l| l| l  l|ハ | |__」斗弋  | / 〃`‐=く_) 〃  l| ヽj
// /ヽ三三\三三 凵〔 |lト l | |  |レヘイ ,ィ行テヽ\ j         〃   l  | |  そしていずれ、愛にたどり着く事ができれば・・・
// /三{\三三`三三三ヽ |‖Nハ ヽ `ヽ <ヾ>'´    、     〃l    | l| |   やる夫が、私の太陽になれれば・・・
┴‐r┐ \`丶三三三三三lノ| l |//\ \ヘ、 ゚゙"     ..:}       l| |  /イ| 〃l  
  / j三三二ニ二三三三三}〃 { |l| `ヽ//ヽ、      _, -┐   l| l  // }レ1/   きっとハッピーエンドだったはずね
  厂 ̄       /⌒!三三二厶 ハ l|  |├ヘ:::> 、   └‐=´ / |l |// /7′
二>-―‐¬介ヘ-‐'     、 ∨ハ l|   リ_l/::.::r1::>::rーr-‐'´   |l l///
´       /__}ノ       ヽ \ ヽ\ ヽヱフVーレ'7::.:{∨{    l |l `<
       {         ヽ  \  〉′ `ー┴ '´   `丶>ヘ、  丶ヽ    ̄`丶、
        ヽ       、  \  }イ-―===== 、       `¬―- 、 __ `丶、
 `丶、    }     -、 ヽ、  }/-'ニニ二二二ヽ、 `ヽ、



221 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:25:41 ID:NFaYwMUf



               __
          , ' ,z-=γyハ,ヽ
         / γ´;:;:r=;ゞニイ::ヾ'.,
.         _l__/ィ'´ l /l l l l ヽ::}',
.        (ニ,ボ、コ ,⌒ l / l/-トハ:}l__      希望的観測なのは分かっているわぁ
.          (ニハマ l{ぅテト  ' r:ャ,.! l┘
        ,' " ゙ l l,,,`´    ゙,',,/! |ヾ 〜♪  でもいいじゃない? 「もしも」の話なんだし
.         ,' !  l ト 、 ,...rn_-〈 ! |`
.       ,' .,'  l l =`;ォ-,{____}‐'.! |_      それなら多少夢見てもいいでしょ?
.      ,' .,'   '/lニ-',ハ-‐';':´:::::::::::`フ
.       l ,'   γ::´::::;::<_L.l  k::::::::::<
      l l  l 、:::, <:::::::::Y |  l.`ヾヘ´
.      l l.  l /.「 `ー-‐', '  l  ',
.       l l   / l     ゝ ィ l lヘ
        lハ  λr'  }    l、 l lヽ
.        y'^>::'-.、__,...-‐':`_7、 l
        {/ィ `)oγヽ,-( )/::;::ヽ:\
.         /::小´:::::ゝrイ:´::::::Y:';:':;ヽ:/
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::'::::'::::`::'::7
.       ヽ、_::::::::::::::::::::;: ィ' ' l::::::::::::、::::;/
         ',`.:.'.:'.:´.:.:.:.;'.:.:.:.:.`.ヽ、.; γ´ヽ
           ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  ゙ー;'^ヽ
            ', .:.:.:.:.:.:.:.:lヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ  {.:.:'.:.|
             ', .:.:.:.:.:.:. ', ヽ.:.:.:.:.:;. ィ'´  `ヾ'
              ヽ_.:.:._/  `¨ ' {'ィ'ヽ
             _ノ'=テ      ノィ:::;::'〉
            {´::`::´:;j      {:;:::;:'ィ^´
.           ̄´` ´      `´



222 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:26:54 ID:NFaYwMUf



              ,. -――‐---、,. --、
              / ,、_,、 --- 、//:::::::ヘ  
      ____//(=゚ヮ゚=):::::::::::::/_:::::::::::::ハ.   -、        キャスト選びについては、実は一番早かったのよねぇ
       |::::---、::::::::,. -―――- 、::::::Z:::::::::::|ヘ. ((_)))
       l:::::::::Z::::/   ヽ.      `丶、::::::::| ヘ.          と言うよりも、スレの作成動機の1つが
      ∨::::::::/  l |   \     ヘ \::l__ム.___  ,r===、   「この話を水銀燈で見てみたい」だったの
.  ,r==、、∨::/    | !  、  \    ハ  ヾ、ニニ7/  {{ {{¨}} }}
  {{ {{}}_}} ヘ:i    l l !,  ヽ   \-―,ハ  lハマニハ  ヾ ゙='′   
.   ` ̄ /ハ   十!ト'、  l.\/.| \/__|   ! ヘ∨ ヘ.   /|    ,.ィ   女性レギュラーよりも決定は早かったし、
     くく,/∧.  !ムL._\| \\lィfうリ/! / !|ヘ〉   ヘ./:::|/l/:::/-―ァ  他に候補を挙げることもなかったわぁ
    |\|〈/ |ヘ  |「下iう     └‐'′| /  l.|\ ∧/ヘ:::::::::::::::::::::/  
 < ̄::::::::::::::V__ \'、´ ̄         " イ/  //⌒\::::::::ヽ:::::::::::::::Z   最後のヌードシーンはあのAAでしか
.   >:::::::::〃⌒`ヽ. ヘ. "  ′       / //'::::::::::::::::::\:::::::\:::::::::::\   表現できないと確信していたしね
    `Z:::::::{{::{{¨}}::ハ〉、. \  ーr_ァ'′/イ /::::::::,. -- 、::::::ヽ:__マ¨ ̄ 
   ∠//ヾ=='ノ  }\ {` ー--__'´/:ノイ::::/:::::::::::::::\:::ハ  !ヽヽ.
    / ,.イ:::r'´ ヽ. イ、__|ヾ、:::::::::::人::::::,r====、、:::::::::::::::::::::ヽハ |ヽ〉 l   津田 愛美は教授の次に好きな役で、
.   / /| ∨  ヽ. ヽ __ `ヽ:|ヘ/∧:!〃:,r==、:::}}--、::::::::::::::::::::j !'. ',|   それを好きなAAキャラの私で配置できて
  /.イ !〈 \  〉-'にV`ー'ハ く/ |」{{ヘ{{ ___,リ __ \:〉::::/  ||!ノ     キャスト的には満足ね 勿論一番は教授♪
  fハ | | ヽ.__}'´ / _ハ::::::::::::マ⌒⌒_,ゞイ` ̄ / / 、 l/  /!|| |
  || ヾ.ム._,ハ _r'´r'´ /|:::::::::::::ヘ.  廴__,ゝ-イ /  / h .// /´|/ 
  ヾ:、_{r‐'⌒'´ _,.イ /:::|:::::::::::::::::ヘ. /:::::j`Y L〈 __/ 厶 マ´ /_,.イ    富竹?
    (_f⌒'⌒´_ノ /::::::l::::::::::::::::::::∨::::::| L_ヽ--、_ 7´ __}_ノ‐'´/     カメラ持ったオヤジはアイツしか知らないの
     Y´ ̄`´ /:::::::::ヘミニ:::::¨´:X:`:ーL_ ヽ--、_二´--i‐,r==、、
      ̄マ二´::::::::::::::::/ \_::::::::::X::::::::| \⌒⌒ヽ-‐f二} {{ {{_,リ     
         ` ー--‐'⌒` ー-ニミー―廴:::\__ .. ィ'´
                     `))ー―`ー一'´



223 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:27:58 ID:kaLEt21H


深く考えてるねぇその姿勢は凄いよ



224 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:28:10 ID:NFaYwMUf



            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ‖| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′      そろそろ頃合ねぇ
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \        カルピス飲みたくなってきたし、
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー       そろそろ失礼させてもらうわぁ
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |ノ              │.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐' さぁーて、        │ ―――-
:::/   7 Y´   ..|│                 │.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{│     次回の世紀末は?.│.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
├く    <__ .   │                 │.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:



225 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:29:36 ID:NFaYwMUf



『この子がゲストヒロインかしら? 私のお話では出てこなかったわねぇ』

                       ,、
                    r ヘハ二/ヽ ̄}
                  ,r' 」 r−ムヘソリノ!_Z、
                 / 〕 {\.入乏人_  ̄ ̄了
               / - └i_` ー、| Vイ }下 T´
               , -7フー-  _ ̄└- 、',  V-┘、  |
               l/     >ー- ヘ. V ̄ _|         お邪魔するかしらぁ!
               l{  _      ,ィ:⌒ヽ ∨ヽミ/ ,ヘj /⌒i
    〈ヘ、         V´ , -、   ',::::::f !  /´ イ } , ィイ⌒}      今日は普通に買いに来たかしらぁ!
  r、 } ヽ\          ヽハ:.:.r!    ゝ−'    r' /.::::// .:; .イ
   '、ヽ  ト'ヘ./{      .ハ ゝ'r  _     / ̄ ̄`¨ ー- 、ノー
    ヽr ┘ _,、└1   r−-'.   Y´ ノ   /!       /ホ〕
   r ‐' r、」  ヾj  r ヽ - :.> 、 ´   /!ノ /       \/l
   ,ゝ t'     _, -_, -┴=、-、:::. >7.::/::| /,      / 〈 |
   > 〕-    \入 .::r‐ 、_)7´.:/./.::/:::j ´    ‐ /  ハヽj
   ヽ く         (ィ冖┘  ヽム{.::/.:::/    . :. .   /
    く  厶         〈フ  -、'´_//¨T゙     . :::: : .
   /   /       {!  _/ ヘ._/.::/     −、_, へ、
    ヽ  {__−        / /r―::/ィ´┐    . : :/     ヽ
     レ1 └i  _, - '´  j_ l:/! ト、:::/   :. : :/
     └ヘ ,二」    ∠:: ィrj‐/::|´      、:/



226 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:30:32 ID:NFaYwMUf



『こなたは、ちょっと問題を抱えちゃったみたいねぇ。まぁ乳酸菌を飲めばきっと解決するわ!』

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : :U : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l   正直、ショックだった
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l 
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l   パパの事、ママはどう思っていたんだろう?
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l     
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N    ママの恋愛感って、凄く安っぽかったんだなぁ
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l                         なんて考えちゃって
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l      
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l   
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l  
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l      



227 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:31:35 ID:NFaYwMUf



『教授の後姿は今日も渋いわねぇ。そこが堪らないわぁ!』


        / ̄ ̄\
      /       \  それでも、忘れなきゃいけない
      |::::::        |  忘れなきゃ、いけないんだ・・・
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



228 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:32:38 ID:NFaYwMUf



                    _r=ミr‐=r=ッ、_,、  /,ヘ.ヽ
                 _rァ^ゞ='ヘ-^ーヘィァミ/∠_}|
                     「//    \       \ く ̄ヽヽ
                     f//      ヽ  `ヽ   ヽヾ._ノノ_   次回、『星の王子様』は以上の3本でお送りするわぁ
              ___レ′  / l   | } ノ l   | Y´ ̄} } 
            { { ̄7/ ! | l | l| |、   | _」ム┤  ト、ト、_ノノ    話の内容を覚えている人は、次のゲストが
            ト、ヽ///|| | | _|」⊥、 l|´リ,斗、! l| || ヾ` ̄      誰だか予想がつくんじゃないかしら?
           // ̄//|ト、`<´j斗ミ ヽノ ′"/ /|ノ|   \    
            〈/ / / /八 ヽ、ヾ、″ ,.-┐_ノ /l  | ヽ.  \    分割予定は次回も三回よ
        __   ヽ/ //  ヽ、>=-、 ヽ_ノ_フ′| /   \  `ヽ、
       _ゞ `ヽ、._// ,.-‐べ \:.:.:.〉⌒7、{_ノ|/⌒ヽ、  \   `v-‐y' ̄`ヽ、
      _,.'´      /,イ/ .:.:.:.:.:.:.\ヽ/  /  〉.::.Y.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.ヽ、\  \     _二ニゝ
____ノ       /// {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7_/  / |.:.:.:'、 :.:.:.:.:.:.:.:\ヽ ヽ  ヽ    `ヽ、__
`ラ   ̄` _,   / / / _ゝ、.:.:.:.:.:rッグー-、ヾ_/Y⌒i.:.:ヽ.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:〉|`ヽ.ヾ、 }      _,. -'′
ノ  _,..-‐'´   / / ///7l_}ヽ.:.:/ ノ、  ヽ_}づヾ ̄}.:.:.ノ .:.:.:.:.:.:.:.:/ |  l | rvrr、    `ヽ、_
 ̄7      / / /, { {_//.:.ト、}∧__/ `ヽノ \   /.:∠;:-‐.:.:.:./   |  _リ 〉〉〉〉}⌒ヽ、_,.'´
r-'′,. -― / / l| > /!.:.:|」/ヘ/__  /  _ノ/,イ===、/   /レ^くv'´   ノフ     実はもう大分完成しているから、
` ̄´    | 〈   | K//.:.:.:./.:.:.〈  `Y´Y´Yj.:.:.{ |.:.:.:.:.:.:.仁)/ :.:.:| rく_ /        1発目は近いうちにゲリラ投稿するわぁ
       ヽ.j   | l /.:.:.::/.:.:.:.;イ ̄`フ^ツ^'/.:.:.:| |.:.:.:.:.:.:.l/ .:.:.:.:.:.| r、心   }     
             l ト、!:.:./|.:.:/ ` ̄竺_/.:..:ノ{ |.:.:.:.:.:.;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:| rく ニ) {       
           || _}.:::l {:/   ,. -'´/\.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.r┘rく ニ) }       さよなら♪ さよなら♪ さよなら♪



229 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:33:34 ID:NFaYwMUf



       ._
        \ヽ, ,、
         `''|/ノ
          .|
     _   |
     \`ヽ、|
       \, V
          `L,,_
          |ヽ、)   ,、
         /     ヽYノ
        /    r''ヽ、.|
       |     `ー-ヽ|ヮ
       |       `|
       |.        |
       ヽ、      |
         ヽ____ノ
         ,ィ:.:./    `ヽ
       /t.ォュ  l| l  l  ',
       // ll  l|/.:l: :l|:\. l
       / || l: |:○::l:::l:|○::l|
   /::..../  l: ト | i|    li |
  /:::::::::::::......:|:l |  i|r -- ┐li ,
  //∨V::/:.l: |、 i     l /
   /    \:.l: |くム|____ 」イ|       ―  ll  ―   ノ‐┐
   /    /水:N._ノl:.:.:./  l|         ̄ / ヤ   /    ノ
  ./ ////{/|:.:.l__:.厶:.:{_, - 、      ̄      ̄    ´
  l /'/ //  !:.:':≦、_ーぅ:≦ っノ



230 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:37:50 ID:Q3nwj7f0


幕間おつかれさまでした

それぞれのストーリィにそれぞれの解釈があるだろうし、そもそも物語は脚本家や製作者/制作者の
手を離れたときから物語そのものの意味を内包するから、感じることが人それぞれなのが当たり前と
しても、今ここで、こうして、世紀末の詩というお話に関心がある人間同士で自分たちが考えている
ことを披露することができるということ、それ自体が「新世紀の詩」であるように思えるよw

この放映があった頃は、まだ携帯電話の機能も限られていて一般的ではなかったし、ネットだって
限られた一部の人しか使っていないシロモノだったし、ジョン・レノンの歌詞ではないけど

 想像してごらん2ちゃんねるが無くて、通信回線もない世界を

という、そのものだったからなぁ



231 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:41:29 ID:NFaYwMUf


>>230
当時、自分と同い年だと携帯電話を持っている人のほうが少数だったからね

むしろPHSのほうが多かったような・・・

通信関係の進化は尋常じゃないよ・・・



232 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:43:38 ID:vjvaMI4f


乙です。

銀ちゃんの主観的世界が伝わってきました。
頷ける面も多いです。

これ、元々の問題は富竹のおいちゃんなんだろうなあ、きっと。
もう少し日常を、生きるということを楽しませてやればよかったのに。

あと、やっぱり教授と真紅さんはやる夫に背負わせすぎ。
やる夫なら受け止められると信じてたのか。

お話の主題に関しては以上。
以下は重箱の隅。


主観的世界と客観的世界の折り合いをつけて人は生きてくわけで、
その客観的世界が特殊すぎた銀ちゃんがああなのはわかる。
半分世を捨てて、潜水艦建造という自分の世界に打ち込んでる教授がああなのもわかる。

でも、真紅さん、貴方は教師という、
子供の主観的世界を客観的世界に折り合いつけさせるのが仕事でしょ。
下手すればやる夫、自殺幇助の事情聴取よ。

そこまで考えても、銀ちゃんの主観をやる夫に受け止めてもらいたかったら、
今後はもう少しやる夫に優しくしてやってください。



233 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:46:50 ID:Q3nwj7f0


>231
今のこの時代以前、人間は自分の声が届く範囲の人間としか接続してない、いわばタコつぼに
こもってたようなもんだったしねー

それが良いことなのか悪いことなのかは100年先200年先の人間に決めてもらうとして、漏れは
今このスレでの素晴らしいAAストーリィをはじめとする、テキストを通して語られる、様々な人間達の
様々な息吹を心から楽しんでルーヨ

これからも楽しみにしてるよんよん



234 名前:世紀末 ◆KIaN2kL3i2 [sage] 投稿日:09/07/28(火) 23:53:41 ID:NFaYwMUf


>>232
真紅先生はなぁ・・・もしかしたら、後半につれて不人気[ピー]とかレスされることになるかもなぁ

>>233
サービス残業にヒィヒィ言いながら、次も頑張らせて頂きますww

4話につづく







以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/729631.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13