以下の内容はhttp://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/cat_10036005.htmlより取得しました。


2020年06月17日

22Comments職業アルバイト|2020年06月17日 21:00|Edit

1 :Lv][HP][MP][ ★
新型コロナウイルスの影響で食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の需要が伸びる中、 配達員の自転車やバイクが絡む事故への懸念が高まっている。

東京都内では配達員が車に衝突して死亡したほか、京都市内では「猛スピードで走行して怖い」などと住民から苦情が上がる。 ウーバー社は配達員と雇用関係を結んでおらず、安全運転の指導が不足していることが背景にありそうだ。

5月中旬、京都市下京区の四条河原町。 夕方になると「Uber Eats」と書かれたリュックを背負った若い配達員が盛んに自転車で行き来していた。 赤信号を無視したり、自転車走行禁止の区域で下車しない人の姿も見られた。

配達員をしている中京区のアルバイト女性(23)は 「スマートフォンの地図を見ながら走る人も多い。正直、危ないと感じる」と打ち明ける。

日本の運営法人「ウーバーイーツジャパン」(東京都)によると、 外出自粛が広がり、契約する飲食店数はコロナ禍の前と比較して3割増え、全国で2万店を超えた。 配達員の数は非公表だが、不況下で手軽な副業として始める人が多いとみられる。

その半面、4月には東京都内で軽乗用車と衝突した20代の男性配達員が死亡。 首都高速道路を自転車で走る危険な交通ルール違反もあった。 京都府警によると、6月上旬に中京区内で配達員が絡む自転車同士の接触事故があった。 「交差点を斜め横断して危ない」「車を運転中に接触しそうになった」などの苦情も寄せられているという。

〜(略)〜

写真:京都府警東山署員から交通ルールの指導を受けるウーバーイーツの配達員
https://kyoto-np.ismcdn.jp/mwimgs/c/d/600m/img_cd447ff0e05271bfeb7c567b07f77806986866.jpg

以下ソース:京都新聞 2020年6月16日 10:30
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/276884

20/06/16 17:37 ID:FqfqZisR9.net



以上の内容はhttp://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/cat_10036005.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13