「俺目当てで…」ぺこぱシュウペイ、若かりし頃の“モテ伝説”明かす「5人並んだことがある」

写真拡大

5月24日深夜放送のニッポン放送『ぺこぱのオールナイトニッポン0(ZERO)』で、ぺこぱ・シュウペイが過去の“モテエピソード”を明かした。

【関連】ぺこぱ・シュウペイ、“大ファン”有村架純と共演するためにしていたこととは?「リアルにここ数年…」

今回番組では、メールテーマの“モテようとしてやっていたこと”について、ぺこぱの2人がトークを展開。その中で、シュウペイは、高校時代に、海で“逆ナン”されたなどのモテエピソードを披露した。

それを聞いていた相方・松陰寺太勇が「教えてほしいな。そこまで言われると」「そのモテ話というか」「伝説1個ぐらいあるんじゃない?」と振ると、シュウペイは「カウンターの話知ってる?」「バイトしてた時に、カウンターでドリンク作ってたのね」と、バーテンダーのアルバイトをしていた頃の話を切り出した。

続けてシュウペイは「その時に、俺目当てで来てくれんのね。『シュウちゃん今日行くね〜』みたいな。お客さんが。連絡先とか交換してて」「で、1回、関係を持った女の子がカウンターに5人並んだことがある」といい、笑いを誘った。

松陰寺は「ヤバい!伝説や!」と声をあげ、シュウペイは「みんな別々なのよ」「俺もびっくりしてレモンサワーぶるるって震えて混ぜすぎて、サワーの気が抜けてるよって言われたことある」と話していた。