このほどブロック塀の穴に頭を突っ込んでしまい、身動きが取れなくなってしまった犬の話題がアメリカより届いた。為す術もなく困り顔だったこの犬は、ブロック塀にはまっている間に通りすがりの犬に何度も噛まれてしまったという。散々な目に遭った犬は迷子だったことが判明し、最終的には飼い主と再会することができたそうだ。『New York Post』などが伝えている。【この記事の動画を見る】米アリゾナ州フェニックスで、ブロック