JR名古屋駅構内にある『名古屋驛麺通り』が、2022年12月で開業から20周年を迎える。それを記念した限定麺がなんと7種も登場! そのすべてをお見せします。

2000年代初頭、ラーメンテーマパークは雨後のタケノコのように全国各地にオープンしたものの、すっかり下火になってしまった。

そんな中で大健闘しているのは、JR名古屋駅構内で7軒のラーメン店が軒を連ねる『名古屋驛麺通り』だ。駅構内という立地と、店ごとに趣向を凝らしたこだわりの一杯が楽しめるとあって、時間を問わず多くの人々で賑わっている。

地元に馴染み深い食品メーカーとのコラボで誕生した限定麺

2022年12月に開業20周年を迎える『名古屋驛麺通り』

そんな『名古屋驛麺通り』が2022年12月で開業20周年を迎える。「20年間の愛 地域の輪 恩返し」をテーマに、東海地方の食品メーカーとコラボした限定メニューを2022年12月11日(日)まで提供している。今回はそれを一挙に紹介する。

和歌山らーめん きのかわ軒×すぎもとミートの「わやくちゃスキヤねん!」

まずは2016年、『名古屋驛麺通り』の全面改装に伴い、惜しまれつつ閉店したものの、2022年11月5日に復刻オープンしたばかりの『和歌山らーめん きのかわ軒』。

ここで提供されるのは、静岡県浜松市の「すぎもとミート」とコラボした、その名も「わやくちゃスキヤねん!」(1200円)。厳選した国産牛バラ肉をすき焼き風に甘辛く味付けてトッピングした一杯だ。ちなみに「わやくちゃ」とは紀州弁で「めちゃくちゃ」という意味。わやくちゃ贅沢な味わいをご賞味あれ。

名驛式担々麺 しゃち福×カゴメの「しゃち福担々麺 アラビアータ」

濃厚なゴマの味と風味が堪能できる担々麺専門店『名驛式担々麺 しゃち福』は、ケチャップや野菜ジュースなどで知られる「カゴメ」とのコラボ。トマト加工品を使用した、その名も「しゃち福担々麺 アラビアータ」(1000円)。

ゴマとトマトのバランスが絶妙な、ピリ辛のアラビアータ仕立ての今までにない担々麺に仕上がっている。

札幌らーめん ほくと亭×まるや八丁味噌の「牡蠣味噌ラーメン」

1337年創業の「まるや八丁味噌」を使っているのは、『札幌らーめん ほくと亭』。

赤味噌スープに大ぶりな牡蠣と春菊をトッピングして大人の味に仕上げた「牡蠣味噌ラーメン」。まさに札幌と名古屋の至極のコラボだ。

麺処 井の庄×スガキヤの「まぜつけ台湾」

「辛辛魚つけめん」や「辛辛魚らーめん」が名物の『麺処 井の庄』は、名古屋のソウルフード『スガキヤ』と強力タッグ。

濃厚豚骨魚介スープに、スガキヤ特製の台湾ラーメンの粉を混ぜると、ピリ辛でパンチのきいた台湾風に大変身する「まぜつけ台湾」(1000円)を提供。麺の上にも台湾まぜそばの具材がのるので、混ぜてそのまま食べても、つけ汁につけて食べてもおいしい。

各店舗の店長が試行錯誤を繰り返して完成

博多 一風堂×マルホン胡麻油の「味噌白丸」

愛知県蒲郡市に本社がある「竹本油脂」のマルホン胡麻油とコラボしたのは、『博多 一風堂』。

限定メニューの「味噌白丸」(930円)は、なめらかなとんこつスープに3種類の味噌と、しょうがと玉ねぎ、太白胡麻油を合わせた一杯。隠し味にカラメルソースも加え、コクと旨み、甘みや香りが重なり合う、何層にも風味が楽しめるスープに仕上げている。

函館らーめん 醐りょう×ミツカンの「mizkanぽん酢サンラー麺」

『函館らーめん 醐りょう』は、「ミツカン」のぽん酢と、辣油、胡椒を効かせた酸っぱ辛い「mizkanぽん酢サンラー麺」(920円)を提供。

ぽん酢を使用することで柑橘系の爽やかな味わいに仕上がっている。溶き卵の入ったとろみのあるスープが麺によく絡み、身体の芯から温まる、この季節にはうれしい一杯だ。レンコンや柚子が入った鶏団子など具だくさんなのも◎。

喜多方らーめん 蔵まち×オリエンタルの「SABAまぜそば」

最後は日本初の粉末タイプのカレールウを製造・販売した「オリエンタル」とコラボした『喜多方らーめん 蔵まち』では「SABAまぜそば」(950円)を提供。

愛知県では馴染み深いオリエンタルカレーを使用したスープにたっぷりとのるのは、自家製の鯖フレーク。これがカレーとの相性が抜群! さらに脂ののった鯖のカレー竜田揚げをどーんとトッピング。満足度はハンパない!

『名古屋驛麺通り』の案内図

限定メニュー以外にも、『名古屋驛麺通り』の創業日である12月10日(土)には、感謝の気持ちを込めて1日限定で各店の代表的なラーメンを税込500円で販売する「ワンコイン祭り」も開催される。

公式SNS(LINE公式アカウント、インスタグラム)のフォロワー限定なので、事前にフォローをしておくのをお忘れなく!

取材・撮影/永谷正樹