ホリエモン ワクチン未接種の仕事相手と絶縁も“餃子店でマスク拒否”との矛盾指摘する声

写真拡大

《一緒に仕事してた人が新コロのワクチン打たずに2回もまあまあひどい症状なってるの知って愕然としてる。それでも打たないって頭悪すぎ。社会悪。当然縁を切った。反ワクチンの人自主的に静かにわたしから縁を切ってください。ストレス溜まるんで》

7月22日、自身のFacebookにこう綴ったのはホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(49)だ。

堀江氏は「ホリエモン&CEOセオ」という音楽ユニットを’19年に結成。しかし、“パートナーであるCEOセオ氏がワクチンを打っていない”という理由でユニットは解散。そしてCEOセオ氏に対して絶縁宣言をしたのだ。

さらに堀江氏は、《私が付き合う人を選別するのは当然の権利だ》《個人の自由だし当然の権利。私と交流したければワクチン打ってこい、ただそれだけのことだ》と追記している。

ユニットの解消について、CEOセオ氏も22日にTwitterで報告。そして《今からでも言うこと聞いて打てばいいと言われましたが理解出来なかったです》といい、《ちなみに私は反ワクではありません》《単純にその人に必要か不必要か、それぞれ自身で判断すれば良いという考えであり、誰かに強制されるものではないと思ってます》と記している。

自身のYouTubeチャンネルからホリエモン&CEOセオのMVをすべて削除するなど、堀江氏のCEOセオ氏への怒りは相当なもののよう。

CEOセオ氏をはじめワクチンを接種しない人への“絶縁”を宣言した堀江氏だが、コロナ対策に苦言を呈し、大きな話題を呼んだことが。’20年9月、マスクの強制に苦言を呈した「餃子マスク事件」だ。

「広島県尾道市の餃子店で同行者がマスクをしていなかったため、店側から『マスクを着けていないと入店できない』と言われた堀江さんは『食べている時以外はずっと着けていないとダメなの?』と返答。同様のやり取りを繰り返した結果、“入店拒否”になったといいます。堀江氏は『マジやばいコロナ脳』とFacebookに綴っていました」(スポーツ紙記者)

また同年11月、新型コロナウイルスに関連して国土交通省が 「マスク未着用の客に対して乗車を拒否できるようにする」とタクシー事業者の運送約款の変更を認可。その際も、堀江氏はYouTubeで「過剰な対策」と批判。さらに今年5月23日には、Twitterでマスク着用について《「私以外で外してる人ほぼいないっすね。怖いんだろうね皆んな」》とした上で、《「ワクチン三回打ってほぼ風邪になってるウィルスにいつまで怯えてるのか不思議ですわ」》と疑問を呈していた。

マスクの強制に拒否反応を示すいっぽうで、ワクチンを打たないビジネスパートナーには絶縁宣言――。その効果は違えど、新型コロナへの対策という点では同じだという点から、堀江氏の対応に矛盾を感じた人もいたようだ。ネット上では疑問を呈する声が散見された。

《ホリエモンがワクチン打ってない商売仲間をそれを理由に一方的に切ったの? なんか一昨年くらいにノーマスクで入店断られたのに逆ギレして個人経営の餃子屋さんだったかを燃やして潰したも同然みたいな事案あった気がするけどあれってホリエモンじゃなかったっけ???もしかして別のホリエモン???》
《マスクしろって言われたらキレるのに自分はワクチン強制しようとするホリエモン》
《マスク強制には怒るのにダブスタ》
《言動に一貫性がありませんね》