同じサイズですが、左にいくほどカップは浅く容量が少なくなっています

こんにちは!下着の魔法使いちーちょろすです。元下着販売員で今はフリーランスとして下着の発信活動をしています。

みなさま、ブラジャーの正しい選び方はご存じでしょうか?

お洋服と同じように採寸でサイズが決まると思っている方が多いですけれども、実は違うんです!

ブラジャーは採寸を目安にして、試着とフィッティングをしてもらってから選ぶのが正しい方法。

ちょっと選ぶのが面倒な下着ですが、試着やフィッティングをして正しいサイズを知れば、きっと毎回試着やフィッティングをしてから選びたくなっちゃいます!

特に薄着の季節になってくるとバストの位置やサイズが合っているかがわかりやすいので、ぜひこのタイミングでサイズが合っているかもチェックしてみてください。今回はそんな、サイズ選びで重要なフィッティングが何かについてお話ししていきます。

◆フィッティングとは、体にブラジャーが合っているかチェックすること

ブラジャーを選ぶ時には採寸以上に、フィッティングで重要なポイントをチェックする必要があります。ブラジャーのワイヤーとバストの輪郭が合っているか、バストの形とブラジャーのカップの形が合っているかなど、採寸だけじゃわからない細かいところまで販売員さんに見てもらいましょう。

コロナ禍でどのブランドでも必ずしもやってもらえる訳ではないので、やってもらえるか心配な場合は店舗に電話をして確認しましょうね。

◆ワイヤーが痛いと感じたら、形が合っていないかサイズが違う

「ワイヤーは痛いから嫌」というお声をよく耳にしますが、ワイヤーが合わないからだけじゃなく、正しいサイズをつけていない人もたくさんいるんです。

特にワイヤーの真ん中のところが体に刺さって痛く感じる場合は、そこがあたりにくい形のワイヤーもあります。

また、サイドが痛かったり脇にボリュームが出ている、背中にお肉がたくさんあるように感じる場合はサイズが小さすぎる可能性があるので、近くの店舗で相談をしてみましょう。

◆何をつけてもカップが浮いている気がする

日本人に多い体型では、バストのボリュームは前に出るというより横広がりになっている場合が多いです。なので、ブラジャーのカップに深さがあると、どうしてもカップの内側に空間ができてしまったりカップの上辺が浮いてきてしまうことがよくあります。

そういった時は、サイズは同じでも下から見た時にカップが浅いものを選ぶのがおすすめです。

◆採寸は目安、フィッティングで自分自身にピッタリなブラジャーを選べる

こういったポイントを見てくれるのがフィッティングです。自分ではわからない、気づかないようなポイントをプロの販売員さんはしっかりチェックをしてくれます。もちろん、質問をして自分で合いやすいものの傾向を掴めば自分でも選べるようになりますが、今まで採寸だけで選んでいた方はぜひ販売員さんに頼ってみてくださいね。

◆採寸チェックは3ヶ月に一度が目安

実は採寸は3ヶ月に一度のチェックが目安です。しかし、前述したように採寸だけではサイズは決まらないのでサイズが合っているか不安になった時にフィッティングまで受けてみるようにしましょう。

<文/ちーちょろす>

【ちーちょろす】
下着の魔法使い。販売員時代の知識を活かして、下着で自分に魔法をかけるための知識をnoteやTwitter、YouTubeで発信中。特技はサイズを当てること。趣味は下着屋さん巡り