原 由子

写真拡大

サザンオールスターズの紅一点で、キーボーディストであり、ボーカル・コーラス・アレンジなども幅広く担当し、バンドの音楽的かつ精神的支柱である原 由子が、1991年発表の『MOTHER』以来、実に31年ぶりのオリジナルアルバムをリリースする。

『はらゆうこが語るひととき』(1981年)、『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』(1983年)、『MOTHER』(1991年)に続く、4作目のオリジナルアルバムのタイトルは『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』。クリムトの絵画から着想を得て名付けられた本作のスタジオ制作作業が始まったのは、コロナ禍真っ只中の2021年7月。44年の音楽キャリアを共に生き抜いてきた“戦友”そして“楽友”である桑田佳祐による全面バックアップのもと、柔軟で彩り豊かな音楽性と、野心的で実験的なサウンドメイクに磨きがかけられ、穏やかで柔らかな“原 由子”のパブリックイメージを大胆に刷新する作品になったという。これまでに発表してきた3作のオリジナルアルバムでは、ミュージシャンとして、その時代毎の『原 由子像』を表現してきたが、約1年の時をかけて生み出された本作の先に見えたものは、ミュージシャンとしても、人間としても更に円熟味を増した原 由子の姿。見栄も虚勢もなく、あるがままに現代(いま)を生きる“婦人の肖像”であった。

アルバムには全て未発表となる新曲が全10曲収録される予定。その中の1曲であり、桑田佳祐によって作詞・作曲された新曲「ヤバいね愛てえ奴は」が、今週制作発表が行われた7月12日(火)より放送開始となるNHK総合 ドラマ10『プリズム』の主題歌に決定。情報解禁に際して開設されたアルバム特設サイトでは、本楽曲を一部聞くことのできるティザー映像が公開されている。

アルバム収録曲詳細、完全生産限定盤特典情報詳細は後日発表。公開されたティザー映像ではアルバムより「ヤバいね愛てえ奴は」と「スローハンドに抱かれて(Oh Love!!)」の楽曲の一部を聴くことができるが、6月25日(土)放送の桑田佳祐のレギューラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM/JFN系 全国38局ネット 毎週土曜23:00~23:55)にて、両楽曲がリリースから約4ヶ月も先駆けて最速先行初オンエアされることが決定した。アルバム収録曲全10曲のうち2曲が今晩ベールを脱ぐことになる。

なお、その他の収録曲詳細および、特別映像作品が同梱されるという完全生産限定盤の内容については後日発表となる。音楽人として、そして、目まぐるしく移ろう社会を渡り歩き、時代と闘ってきたひとりの女性として、ただひたすらに音楽と向き合い発露した原 由子の“本懐”が色濃く表現された『婦人の肖像 (Portrait of a Lady)』。まずは「ヤバいね愛てえ奴は」「スローハンドに抱かれて(Oh Love!!)」の2曲をお聴きいただきながら、31年ぶりのオリジナルアルバムの全貌を、お楽しみにしていただきたい。

原 由子 コメント

私にとって31年ぶりとなるオリジナルアルバム「婦人の肖像(Portrait of a Lady)」が完成しました。
昨年の夏より、今まで作り温めて来た曲のモチーフや、現在の気持ちを反映させた曲をまとめておこうとレコーディングに入りましたが、レコーディングが進む内に、曲作りや、アレンジ、そして演奏し歌う事の楽しさに改めて気づかされ、桑田からも背中を押して貰って、気づけば全10曲のアルバムとなりました。
コロナ禍でのレコーディング、また世界情勢も変わり不安が多くなる中で、改めて幼少期より様々な音楽に触れ励まされてきた事、今なお音楽活動を続けていられる事の有難さを実感しました。
次の世代にも音楽の素晴らしさが伝わりますように、そして自由に音楽を聴ける平和な世の中が続く事を願いながら、このアルバムをお届けします。
十曲十色の世界を楽しんで頂けましたら幸いです。