世帯年収800万円の資産状況 「無職で1年暮らせるお金以外は投資に回す」というツワモノも

写真拡大

マイホームは人生の大きな買い物というだけあり、そう簡単には購入に踏み切れないものだろう。IT・通信系の会社に勤める30代後半の女性(年収800万円/神奈川県/正社員/未婚)は、

「貯金200万円、iDeCo39万円積立。家賃10万円、ローンなし。食費7万円。家を買うかどうか」

と、現在の家計状況とともに迷える胸中を綴っていた。ほかの世帯年収750〜800万円の人たちの住宅事情についても見ていこう。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/CPG04M4S

「金融総資産が5000万円を超えたら自分用のマンションを購入したい」

年収750万円20代後半の男性(東京都/IT・通信系/正社員/未婚)は、月3万9500円の賃貸住宅に住んでいるが、

「金融総資産が5000万円を超えたら自分用のマンションを購入しようと思っています」

と打ち明ける。現在の資産は「およそ4000万円です」というから、そう遠くない将来に購入できそうだ。男性は積極的に投資していくスタイルを取っており、

「不動産2000万円、投資信託1000万円、貯金1000万円の比率です。無職で1年暮らせるお金以外は投資しています」

と運用方針を綴っていた。

「去年家を建てたので貯金が少ない……今後増やしていきたい」

すでに住宅購入済みの読者は、どのような暮らしを送っているのだろうか。メーカー系の会社で働く30代後半の女性(世帯年収800万円/群馬県/正社員/既婚/子ども3人)は、

「(資産は)預金300万円、NISAが150万円、ほか財形貯蓄、個人年金・学資保険など。日々の暮らしには困ってないが、去年家を建てたので貯金が少ない……今後増やしていきたい」

と今後の目標を語った。