面接官が現れない!「待っても待っても入室せず、連絡がついたのは4時間後」というウェブ面接エピソード

写真拡大

コロナ禍以降、オンライン面接は珍しくなくなった。キャリコネニュースが実施している「面接」をテーマにしたアンケートには、オンライン面接で違和感を覚えた読者からの声も届いている。東京都に住む20代後半の女性(その他/正社員・職員/年収300万円)も、散々な目に遭った一人だ。(文:okei)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

「ちょろっとすみませんの一言だけ添えて、あとは平然と……」

その面接は、まったくもって予定通り始まらない面接だった。女性は

「Web面接だったのですが、面接官は30分待っても入室せず、1時間待っても入室せず。都度連絡したのですが返事もなし」

「連絡が着いたのは予定時間から4時間後の事でした。しかもメール」

と憤りをにじませつつ振り返った。30分も過ぎた時点で相当不安になっただろうし、時間は無駄に過ぎてしまった。遅れた理由を、相手は「面接」と知らせてきたという。

「恐らくダブルブッキングしてたか忘れてたんじゃないかと思います。ちょろっとすみませんの一言だけ添えて、あとは平然と次の面接予定日を決めて下さいと書かれていたのでお断りしました。信じられません」

と女性は呆れたように綴っていた。