東京武蔵野ユナイテッドFC(JFL)は18日、MF本田圭佑(30)が2021シーズンをもって現役を引退することを発表した。

 元日本代表の35歳MF本田圭佑(スードゥバ)と同姓同名で、サッカーファンの間では話題になっていたMF。新潟県出身、1991年6月22日生まれの本田は新潟工業高から平成国際大に進学し、14年に横河武蔵野FC(東京武蔵野シティFC/現・東京武蔵野ユナイテッドFC)に入団した。JFL通算160試合15得点。引退に際して、クラブを通じて以下のコメントを発表している。

「現役を引退する事を決めました。自分のサッカー人生、最後まで後悔なくやりきったと思います。辛い時期もありましたが、思い返せば楽しかった思い出ばかりです。引退した今、一番に思い浮かぶのは感謝の気持ちです。

小学生の時からサッカーを始め、今までたくさんの人と関わってきました。全ての皆様にこの場を借りて、感謝を伝えたいです。学生時代では、サッカーの面白さや深さを教えてくれ、人間的にも成長させてくれた、監督や、コーチの皆さん、一緒に戦っくれた事だけでなく、バカなことや、沢山の思い出をくれた仲間、強く上手かった、そして恐かった先輩方、こいつらには負けないと思わせてくれ、人懐っこく仲良くしてくれた後輩達、最高の経験、思い出をありがとうございました。

武蔵野では8年間もの長い間、スポンサー様、ファンサポーターの皆様、ボランティアスタッフの皆様、監督、コーチ、スタッフ、事務局、多くの方々に支えて頂きました。皆さんと一緒に勝利を目指して戦えた事、勝った時の喜び、負けた時の悔しさ、これは人生の財産だと思っています。

引退を決めてから、過去の試合記録を見て振り返りました。一緒にプレーした多くのチームメイトの名前が出てきます。練習や試合のことを思い出し、何とも言えない気持ちになりました。無口で有名でしたが、みんなとサッカーしている時は何よりも楽しかったです!みんなで勝った時のこの喜びは、他では経験出来ないことだと思います。先輩方、同期のメンバー、一部生意気な奴もいた後輩達、皆さんとサッカー出来て良かったです!

職場の皆様には多くのご迷惑をおかけしました。皆様のご理解とご協力が無くしてサッカーは出来ませんでした。会場にも応援に来てくださり、嬉しかったです。これからも宜しくお願い致します。ここまで大好きなサッカーを続けて来れたのは、支えて下さった皆さんのおかげです。ありがとうございました。最後に、一番側で応援てくれた、両親、兄、妻、娘達、本当にありがとう。最高のサッカー人生でした!この経験をこれから活かして生きていきます。長い間ありがとうございました!本田圭佑」