OSAMU GOODS(R)のジルとジャック

写真拡大

’80年代に女子中高生をとりこにしたOSAMU GOODS(R)が、今年で誕生から45周年を迎えた。’80〜’90年代に青春時代を過ごした人たちにとって、懐かしくもあり憧れのブランド。それが近年の“昭和レトロブーム”で、既存のファン以外に、若い層からも支持を得て再注目されている。

“再ブーム”の背景を、OSAMU GOODS(R)のライセンス業務を行うコージー本舗の神津隆行さんに説明してもらった。

「’16年に40周年の展覧会が東京・弥生美術館で開催されました。若い層の来場者が多く、そこでOSAMU GOODS(R)が注目されるようになったのです。人気が決定的になったのは、翌年の『コム デ ギャルソン』さんとのコラボ企画。洋服とのコラボがとても話題になりました」

神津さんによると、現在もっとも多く商品を購入する層は「20〜30代の方」とのこと。その人気の理由は“普遍的なかわいらしさ”と“原田治さんのこだわり”にあるという。

OSAMU GOODS(R)の生みの親・原田治さん(1946〜2016年)は、東京・築地出身で多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業後、1970年『anan』創刊号でイラストレーターとしてデビュー。以降は、雑誌、広告などで幅広く活躍。OSAMU GOODS(R)は1976年に商品化された。

「原田さんは10代のころに夢中になっていたハリウッド映画のニュアンスをキャラクターに加味したと話していました。アメリカンポップなデザインには、幼少期の影響があったのでしょう。そして、かわいらしさに『5%ほどの淋しさや切なさを隠し味のように加える』。そこが多くの人を引きつけている理由ではないでしょうか」(神津さん)

■「昭和レトロ」アイテム5,000点のコレクターが語る魅力とは

「’80年代グッズのなかでも、OSAMU GOODS(R)は私にとって別格です。原田先生の世界観や美学が貫かれた特別感、専門店でしか買えないブランド感、価格帯も高くて親におねだりして買ってもらう高級品で、あこがれのグッズでした」

そう語るのは、昭和レトロアイテム5,000点のコレクターで「昭和的ガーリー文化研究所」所長・ゆかしなもんさん。

「中2のときクラスで2人だけファンクラブに入っており、『OSAMU GOODS(R)のセンスのよさを知っているのは私たちだけだよね』と話していました。いま思えば上から目線なのですが(笑)。いま街で20代の女のコがOSAMU GOODS(R)を持っているのを見ると、私が訴えてきた“OSAMU GOODS(R)のかわいさは永遠だ!”という確証を得た気がして、とてもうれしくなります」

そんな“OSAMU GOODS(R)の歴史を年代別に解説していく。

【’70年代の特徴】

初登場の’76年〜’80年代初頭までは「スライスドアイ」という、目に切れ込みが入り、光が表現されているイラストが主流。全体的に細い描線でジルとジャックの雰囲気も現在とは若干異なる。

【’80年代の特徴】

イラストは徐々に簡略化された。’85年前後に発売されたスクールバッグは女子中高生の間でブームに。当時はスクールバッグを学生かばんのサブバッグにして持つのがおしゃれだった。

【’90年代の特徴】

’90年代には、よりシンプルでポップなイラストが増え、専門メーカーとの共同制作グッズも多い。人形などのレアな立体グッズも発売された。

【’00年代の特徴】

’76年〜’90年代まではマグカップやお弁当箱、ステーショナリーといった日常使いの小物が多かったが、’00年代〜現在は、メーカーとのコラボグッズが増え、衣類も登場してきた。

懐かしいのにどこか新しい。OSAMU GOODS(R)の魅力は語り継がれてゆく。