22年1月にハサミなどを値上げするコクヨ

写真拡大

 コクヨはステーショナリー製品の価格を2022年1月1日に改定すると発表した。ノート、ファイル、ハサミやカッターなど文具の金属製品20品目、1602種類の商品を平均8%値上げするという。

 

 昨今は急激な市況環境の変化にともなう需給バランスの大幅な変動により、鋼材価格が急激に高騰しており、ステーショナリー製品にも影響をおよぼしている。同社ではこれまで、経費削減や業務改善など、各種合理化による価格維持に努め、顧客への価格転嫁を極力避けるよう最大限努力してきた。

 しかし今回、その影響が大きく企業努力だけでは吸収することが困難であると判断し、今後も引き続き商品を安定して供給していくため、「不本意ながら」価格を上方に改定することを決定した。