30年前のナウい国産車が250万円超え!? 日産「フィガロ」の極上車を発見!

写真拡大 (全3枚)

丸っこくてカワイイけど、トガッたクルマ? 日産「フィガロ」とは

 槍のように先のトガった武器を意味する「パイク(pike)」という英単語。

 学校英語やビジネス英会話ではほとんど耳にすることのないこの単語ですが、一部のクルマ愛好家のなかでは「パイクカー」という言葉の一部として耳にすることがあるかもしれません。

1991年に発売された日産「フィガロ」。海外では現在も根強い人気を誇る!(Photo:TOPRANK IMPORTERS)

【画像】これはキレイ!? 30年前とは思えない超極上「フィガロ」を見る!(20枚)

 パイクカーとは、その語源の通り“トガった”クルマのことを指します。ただし、物理的なデザインというよりは、デザインの思想が“トガっている”、つまり前衛的であったり先進的であったりする場合に用いられます。

 なかでも有名なのは、1980年代後半から1990年代前半にかけて日産から発売された、通称「パイクカー3兄弟」です。1987年の「Be-1」、1989年の「パオ」、そして1991年の「フィガロ」です。

 これらは初代「マーチ」をベースに、レトロなエクステリアデザインを施したコンパクトカーシリーズであり、バブル全盛期で先進や革新性を求める当時の機運のなかにおいてカウンターカルチャーとして機能し、発売当初から絶大な人気を誇りました。

 とくに、“末っ子”となるフィガロは、当初8000台の限定生産だったにもかかわらず、最終的には2万台へと増産されるなど高く評価された1台となりました。

 本来であれば、「前衛的なクルマ」という意味ではトヨタ「will サイファ」などもパイクカーの定義に入りますが、フィガロのあまりの人気に「パイクカー」といえばこれらの日産車、なかでもフィガロをイメージする人は少なくないようです。

 フィガロは、FFレイアウトに1リッターの4気筒SOHCエンジンを搭載します。最高出力76馬力と、かなり非力ではありますが、「パイクカー3兄弟」のなかでは唯一のターボエンジンが採用されています。

 また、全長3740mm×全幅1630mm×全高1365mmというコンパクトなボディにオープントップという独特のパッケージング、そしてなによりもそのクラシカルな丸いフォルムは、見る者を惹きつけてやみませんでした。

 しかし、1990年代に入り、安全基準などがより厳しくなったことで、自動車メーカーはかつてほど自由に設計をすることができなくなり、その結果、フィガロは1992年をもって販売終了となってしまいました。

なぜ30年前のナウいクルマがアメリカで250万円もする?

 そんなフィガロには、海外、とくにイギリスでも人気があるようです。

 ライトウェイトスポーツカーのメッカでもあるイギリスで、ヨーロピアンなデザインのフィガロが高い人気を誇るのは、日産にとっては想定外の喜びだったかもしれません。

 一説によると、2万台生産されたフィガロのうち、4000台近くがイギリスへと渡ったともいわれています。

 すでに発売から25年が経過しているフィガロは、米国にも輸出されているケースがあるようです。

 米国は右側通行のため、原則として左ハンドル車しか走行できません。しかし、一部の州では初年度登録から25年が経過しているクルマであれば、右ハンドルなどでも登録が可能となるいわゆる「25年ルール」があります。

 そのため、国内専用車で左ハンドル仕様がないフィガロでも、米国の道を走ることができるのです。

 日本車の人気が高いカリフォルニア州ロサンゼルス郊外にある中古車販売店では、実際にフィガロが販売されています。

内装も極上ともいえる保存状態の日産「フィガロ」。(Photo:TOPRANK IMPORTERS)

 発売当時のカタログカラーでもある「エメラルド」のエクステリアカラーで彩られたこの個体は、1991年式で走行距離は3万7272kmと、比較的低走行の1台です。

 ホワイトレザーを基調としたインテリアも、往年のクラシックカーらしいたたずまいを存分に持っています。

 バッテリーやスパークプラグ、エアクリーナーフィルターやワイパーブレードなどの消耗品は新品へと換装されており、コンディションは良好のようです。

 気になる価格は2万3995ドル(約249万円)と、当時の新車価格である187万円を上回るプレミア価格となっています。

 日本国内の中古車価格を見ると、50万円から150万円程度の個体が多く、やはり割高に見えます。

 しかし、フィガロは前述の通り海外でも根強い人気があるため、状態の良い個体は海外において高値で取引されているようです。

 かつては300万円を超える価格で取引された実績もあるといわれており、今回紹介した個体のように、程度のよい美品であれば決して高いとはいえないのかもしれません。

 オープントップを開き、西海岸の海辺を走るフィガロの姿は、さながら1960年代の映画のように映ることでしょう。

 その丸っこいボディが特徴のフィガロですが、米国の人々には“pike(トガった)”クルマに見えるようです。