焦げ付きにくいフライパンを1年以上使ってみた! 現役続行か引退か、答えはいかに…|マイ定番スタイル

写真拡大 (全13枚)

そのシンプルなデザインと「焦げ付きにくい」という言葉に惹かれたあの夏。カインズホームの焦げ付きにくいフライパンを使いはじめて、1年半が経ちました。まだまだ現役か、引退か……。 正直にお伝えしたいと思います。

2019年夏に購入したフライパンは今

[caption id="attachment_663345" align="alignnone" width="1184"] 左・カインズホーム IH対応 焦げ付きにくいフライパン 炒め鍋 28cm(880g)税込3,480円右・IH&ガス 焦げ付きにくいエッグパン 15×18cm(540g)税込1,980円[/caption]購入の決め手となった「焦げ付きにくい」という謳い文句。2019年の夏に購入してから1年半経ちますが、確かにその実力には大満足です。我が家に大きめのフライパンはこれ一つ。 毎日現役で活躍してくれています。素材は “テフロンプラチナプラス” を使用しており、ふっ素樹脂のブランドのテフロンの中でも最高級グレード。現在パッと見える表面に目立つ傷などはありませんが、中央部分にやや焦げ付きのような黒い跡があります。

こちらもオススメ:ティファール(T-fal) フライパン 27cm ガス火専用 「 グランブルー プレミア フライパン 」 チタン プレミア 5層コーティング D55106 取っ手つき T-fal 【IH非対応】

¥2,400 Amazonで見てみる

餃子を焼くとどうなる?

久しぶりに餃子を購入したので、炒め鍋のフライパンに並べて焼いてみました。餃子は焦げ付いて焼くのが難しいので、焼き上がりがちょっと不安……。というのも最近は、火加減や料理するものによってはやや焦げ付いてきているから。今回はうまく焼けてくれ〜!そんな心配をよそに、焼き色も綺麗に付いてでき上がり!でも頑張ってくれたフライパンをのぞきこむと…。以前にはなかった焦げ付きが!使用して1年経過したあたりで焦げ付きが出るようになってしまいました。もちろん洗えば取れますが、落ちにくくはなってきています。

新入りのエッグパン

あの頃のスルッとした焼き加減で料理してみたいと思い、今回新しくエッグパンを購入しました。IH対応の商品のみ、取っ手が熱くならないようにステンレス鋼になっています。炒め鍋より軽い上に、スルッと卵が滑っていく快感。なんだかすごく料理上手になったような気さえするかも。今まではスキレットで卵焼きを作っていましたが、エッグパンであっという間に綺麗な卵焼きが完成。 やはり新しいから焦げ付きはほとんど見られません。朝の忙しい時間や、お弁当作りにも頼りになる新入りでした。

また欲しくなる焦げ付きにくいシリーズ

1年半使っているということで、炒め鍋のフライパンもそろそろ替え時かな。特にエッグパンを買ってからは焦げ付きにくさを比較できて、さらに寿命を感じています。このシリーズに出会わせてくれた初代フライパンに感謝しつつ、今週末はカインズホームでフライパンを新調する予定です。焦げ付きにくいシリーズ[カインズホーム]

こちらもオススメ:ティファール(T-fal) フライパン 27cm ガス火専用 「 グランブルー プレミア フライパン 」 チタン プレミア 5層コーティング D55106 取っ手つき T-fal 【IH非対応】

¥2,400 Amazonで見てみる

あわせて読みたい:[blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/04/613643/"][blogcard url="https://www.roomie.jp/2020/10/658325/"]