なぜ、アメリカの中高生は「ジョン万次郎」に憧れているのか

写真拡大 (全2枚)

ビジネスで海外の人々と関わる際、自国の歴史の知識は必須だといえます。しかし、日本人が注意しなくてはならないのが「外国人に関心の高い日本史のテーマは、日本人が好むそれとは大きく異なる」という点です。本連載は、株式会社グローバルダイナミクス代表取締役社長の山中俊之氏の著書『世界96カ国をまわった元外交官が教える 外国人にささる日本史12のツボ』(朝日新聞出版)から一部を抜粋し、著者の外交官時代の経験をもとに、外国人の興味を引くエピソードを解説します。

ジョン万次郎、日本よりも米国で有名なワケ

江戸時代の庶民が活躍した一例として、船乗りが嵐などで難破して漂流し、他国に到着した漂流民があげられます。

船乗りや漁師であった漂流民は身分的には高くはありませんでした。しかし、漂流して米国やロシアなどで現地の言葉を学び現地の人々と交流してきた人も多くいました。

将軍や老中がこれら漂流民から現地の情勢を調査しようとしたのです。

有名な漂流民としては、土佐のジョン万次郎があげられます。ジョンと呼ばれた理由は、助けてくれた米国捕鯨船の名前がジョン・ハウランド号であったからです。

幕末から維新にかけては幕臣にもなり、開成学校(現在の東京大学)の教授にまでなりますが、元は土佐の貧しい漁師でした。文字も書けなかったといわれています。

開成学校の教授にまで上り詰めた万次郎、出身は土佐の貧しい漁師だった※写真はイメージです/PIXTA

封建時代、身分制がある中で、明治維新という時代の大きな変化を経ているとはいえ、自らの努力で出世したスーパーヒーローです。

この万次郎は、実は日本よりも米国で有名です。

2010年に刊行された児童文学作家・マーギー=プロイスによる小説‶Heart of a Samurai”(日本語版は、金原瑞人訳『ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂』)が大反響を呼び、ベストセラーになりました。そのことで米国での知名度がとても高く、米国の中高生からは親しみを込めて「ジョンマン」と呼ばれているのです。

当時の白人優位の米国にあって、差別を受けながらも、前向きに刻苦勉励する姿は米国人を感動させるのです。移民やその移民によるダイバーシティを重視する米国文化にフィットするのだと考えられます。

貧しい漁師の子として生まれた万次郎は、早くに父を亡くし、苦労して生計を立てていました。しかし14歳で船は難破して、伊豆諸島の無人島に他の乗組員と一緒に流されてしまいます。たまたま通りかかった米国の捕鯨船に助けられ、乗船します。万次郎は自らの希望により、ハワイで他の日本人乗組員と別れただ1人、米国に向かいます。おそらく米国本土に初めて渡った日本人となりました。

米国では、万次郎のことがファースト・ジャパニーズと紹介されることも多いようです(余談ですが、ファースト・レディにアメリカ・ファースト…。米国はファーストという言葉を好んで使います)。米国では現地の学校で英語や数学、航海術や測量を刻苦勉励して学業で優秀な成績を収める一方、捕鯨船の船員となって収入を得ました。当時米国で繁栄をしていた金鉱でも働きます。その後、お金を貯めて帰国を決意。当時独立しており鎖国をしていない琉球王国(現沖縄)にまず入り、その後琉球王国から薩摩に渡りました。

薩摩では当時の藩主・島津斉彬(なりあきら)に会い、随分と重用されました。

斉彬は、当時の国際情勢から列強に支配されかねない日本の現状に危機感を持ち、外国の知識を得たいと考えていたからです。斉彬は、「まあ酒でも飲め」と万次郎に酒を勧めたといわれます。当時の身分差を考えると、大名が貧しい漁師出身の者に直接酒を勧めるということ自体、破格の待遇でした。

斉彬の尽力もあり、幕府の対外国的な窓口があった長崎に向かい、幕府の取り調べを経て、漂流から11年後に土佐に帰りました。土佐では、母親をはじめ家族との感激の再会を果たしたのです。

当時米国から開国を迫られていた時期であり、米国本土を直に見てきた経験のある、おそらく唯一の日本人ではないかと考えられる万次郎は、土佐の実家での滞在は長くありませんでした。貴重な人材として幕府に登用されることになり江戸に向かいます。

万次郎は、米国の経済的実力を肌感覚で知っていたので、幕府内の議論で開国を勧めたといわれています。日本建国以来の危機を、身分を超えて活躍した漂流民の経験と見識が救ったのです。

危機的な状況だったとはいえ、能力・経験があれば出自に関係なく幕府の要職に登用するというのは日本の封建制に柔軟性があったことを証明しているでしょう。

学問のある人については身分が下であっても尊敬する

能力・経験に加え、学問のある人を尊重するという考え方が日本では強くありました。そのため、江戸時代の知識人の中には、陽明学者の中江藤樹(なかえとうじゅ)や蘭学者の平賀源内(ひらがげんない)など、上級武士階級以上の出身でない、下級武士や庶民出身の人も多数いるのです。

学問のある人については身分が下であっても尊敬する

これは、身分が絶対的な価値である封建制の社会ではなかなか難しいことです。海外の国王や皇帝が、学問のある人を傍に置いたり、特定のテーマについて諮問したりすることはよくありますが、身分を超えて尊敬を見える形で表現するところまでには至っていないのではないでしょうか。

庶民の中から歴史的に偉大な思想家も出ています。

江戸時代の著名な思想家の石田梅岩がその一人です。

梅岩は石門心学(せきもんしんがく)という新たな思想を打ち立てた思想家として知られています。

石門心学とは、一言でいうと、町人に対して道徳意識を教えるために生み出された仏教・儒教・神道が一体化した思想といわれ、心と自然が一体となり私心をなくし無心の境地を目指すものです。江戸時代後期には門人が全国的に広がりました。

この石門心学は、封建時代の思想の中ではかなり先進的とみなされています。私が知る限り、海外には自然と一体となり無心の境地を訴える思想は多くはなく、サステナビリティが叫ばれる今、再注目されつつあります。

梅岩は、丹波国(現在の京都府亀岡市)の農民の次男として生まれました。その後、呉服屋での奉公などの経験を経て、45歳で塾を開きます。その塾では性別に関係なく多くの塾生を受け入れて石門心学を説きました。

私心なく世の中に尽くすべきという教えは、現在のCSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)にもつながる概念として再評価されてきています。日本各地のビジネスセミナーでもCSRやSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)と関連させて、石門心学の先進性について言及されることがあります。

石田梅岩が活躍したのは18世紀前半。このような封建時代に現代の最先端の議論に繋がる思想が、農民出身者によって定立されることになったというのは海外の人々から見てもやはり驚きだと思います。石田梅岩の石門心学は、江戸時代の庶民の教育レベルが高かった一つの例といえるでしょう。

もし江戸時代に「ノーベル賞」があったら…

江戸時代における自然科学系の教育レベルの高さは偉大な科学者を生み出しました。

学校の日本史の授業では、どうしても政治や経済の話が中心になり、芸術文化や科学のことは後回しになりがちです。しかし、海外の人たちと話をするためには、芸術文化や科学の分野で世界における日本の先進性を知っておくことが重要です。

科学の分野で大きな功績を残した一人は、華岡青洲(はなおかせいしゅう)です。

華岡青洲は、江戸時代中期の1760年、紀伊国で医者の息子として生まれました。そして、早くに京都に出て医学を学びます。手術で患者を助けたいという思いが強く、紀州に帰郷後、麻酔薬の開発に従事します。母親と妻の献身により、母親の死亡、妻の失明という極めて大きな犠牲を払いながらも麻酔薬の開発に成功します。

そして、1804年、全身麻酔状態で乳がんの手術を行い、がん自体の摘出に成功するのです。当時としては、信じがたい快挙であったはずです。欧米諸国でも、がんの手術はされていましたが、全身麻酔がなく、大きな痛みを伴うものでした。日本は麻酔手術という分野で世界に先駆けたのです。

数学の分野では、関孝和(せきたかかず)が大きな成果を残しました。関は円周率を小数点以下11位まで求めます。これは当時世界で誰も成し遂げられなかったことです。

我々は、科学は欧米が牽引したと思いがちです。しかし、実際は、江戸時代、日本でも独自に発展したのです。

もし江戸時代にもノーベル賞があったなら、東洋の片隅にある日本人科学者が受賞していたかもしれません。

江戸時代は「書物の時代

社会の教育レベルを測る一つの指標として、出版された本の数や売れた本の数があります。他国と正確に比較できる明確な数字までは残っていないようですが、この本の数においても江戸時代の日本は世界的に見て突出して多かったと推測されます。

16世紀にキリスト教の宣教師によって活字印刷がもたらされ、さらに豊臣秀吉の朝鮮出兵により朝鮮から銅活字がもたらされました。その後発展したのは、木版印刷でした(田尻祐一郎著『江戸の思想史』)。

日本の商業出版が始まったのは江戸時代初期の京でした。その後、大坂や江戸にも広がり、漢籍、仏典、『太平記』などの軍記歴史もの、『源氏物語』など物語も多数出版されました。

大坂では井原西鶴(いはらさいかく)の『好色一代男』などの浮世草紙(うきよぞうし)と呼ばれる文芸形式の本、近松門左衛門の浄瑠璃本などが出版されて、広く町人に読まれました。多くの部数が販売されていることから価格も手ごろだったのでしょう。

柳亭種彦(りゅうていたねひこ)の『偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ)』は、全部で38編ありますが、江戸ではそれぞれが約1万部売れたといわれます(『江戸の教育力』)。江戸にはたくさんの読者がいたことになります。

江戸には、貸本屋が600以上もあったといわれます。また、京、大坂をはじめ各都市にも多数の貸本屋がありました。本を借りて貪り読んでいる人がたくさんいたのです。

封建制の時代は当然表現の自由は保障されていません。幕府を批判するようなものは当然ながら御法度。しかし、江戸時代より前の歴史物の出版には大きな制限はなかったといいます。また、物語・漢籍・仏典などは一般庶民の教養の向上に大きく役立ったようです。江戸時代は、「書物の時代」だったのです(田尻祐一郎著『江戸の思想史』)。

海外の人に話すと、少し自慢話に聞えてしまうかもしれませんが、封建時代の日本人が本好きであったという点はおもしろがって聞いてもらえる話題です。

山中 俊之

株式会社グローバルダイナミクス 代表取締役社長