以下の内容はhttp://daisanjisuper.blog.fc2.com/blog-entry-82.htmlより取得しました。


前の記事  次の記事 全記事一覧

やる夫の中世騎士物語 番外編①

328 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:39:36 ID:TD1M.cMA

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\       今回は第3話ではなく、番外編なんだお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /





                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ          番外編というよりは、作者のリハビリね
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》     しばらく、お話を作ってなかったから
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>    すっかり勘が鈍っているみたいなの
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    // /  // ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ、
   .{′ /  //  / | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

329 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:39:58 ID:TD1M.cMA

      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ⌒)(⌒)       タイトルは是非とも
      |     (__人__)
     |      ` ⌒´ノ       「やらない夫の嫁取り道中記」で頼むだろ
      ,|         }
    / ヽ       }
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く
     ヽ、      |
        |       |





          _
     , ィャj--、  ´ '  ,
   ,.'ーセリ- 、 丶     ゙ .               _
  / /  ,  ,  \ ヽ      ' 、       , _'´ --´丶          あら、それは残念ね
 ,' ! ハヘ ! __', ヽ|_       ' ー  - '´     ̄´ 丶ヽ
 l ハ.j、_ ヘ.|ハトヘ {_/\'__, -――- 、          ´丶. _ , '    今回は解説の人の無双回の予定よ
 丶/ハ. ,  ー‐ l', \二 丶-- 、  ,        , ‐;-
  i |l ト ー__ イl '、 ヽ_ ,>x-‐ '´- 、_    ;' , -―- 、 __ . '
  / '; '、, -::」   」::、  \:_: : : : : : :丶 ̄  , '´
  丶 ゝ、_.ゝzzz/::::::::'::::i―:‐:'´: : : : : : :´`'ー- 、 __
     〈::/薔 /:::l::::::::::::::〉´'ー-、!: : : 丶-、: :、_: -‐ '´ ̄         VIP村や周辺の国の紹介で
      /:l_/::::::::::ヽ:_:/_, -――丶、: :\´_
      l::i:::::::::::::::::::/ ,l::::|::::::::::::; -―'´  ̄´___              お茶を濁すつもりみたいだから
     l:X:::::::::::::イ::::::l::z:\:/_, -‐::'::´:::::::::::::::::::゙ー-、_
   , --l::X::::::::::::::`ー:l:::|\::\::::::::::::::::::::::::::::; -‐ '¨´ ̄
  ,:'::::::::ハ::X::::::::::::::::::::::l:::|」j>、:: ̄´゙フ::::::/
 /::::::::/::/l:::::::::::::::::::::::|:j_」__|_j>-イ:::/


330 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:40:23 ID:TD1M.cMA

       ____
     /     \        ちなみに、作者的には
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \     やらない夫の嫁は、ガンダム史上最凶悪女とか考えていたみたいだお
  |      (__人__)      |
  \     |++++|」_キラッ/     あの人なら、絶対ノシ付けて修道院送りにされて来るおw
       `ー''´ l







        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \        作者ちょっと待て!
  │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 l        とういうか、俺の縁談なのに
  │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
  │           :;:;:;:           │        何で俺が蚊帳の外なんだよ!
  │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳│
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;::::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;    l
  │  .;:::::::::::::::::::|       |:::::::::::::::;     |


331 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:40:48 ID:TD1M.cMA
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\        あくまでも、一つの案に過ぎないんだおw
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |       |++++| 」_ キラッ |
  \     `ー''´ l   /







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)       頼むから、別の案でお願いするだろ
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  | u       }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


332 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:41:06 ID:TD1M.cMA
                    ●


                    ●


                    ●


333 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:41:47 ID:TD1M.cMA


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




                    やる夫の中世騎士物語     番外編




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


334 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:42:06 ID:TD1M.cMA

              _  - ―― 、
             イ.:::::::  -――-\
          / /.::::/      ヽ  \
         / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ       という訳で、やって来ましたVIP村よぉ
         /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
         / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /
       ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
       ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
       /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ
     /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
    ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
    /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
   ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
   | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
   | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
   ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
   /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l  ヽく_r勹
   ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ丨
        /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |





      ____
    /  ⌒  ^\         今日から此処がやる夫と水銀燈の
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ       スウィートホームになるんだお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       はい、はい
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)      すうぃーとほーむ、すうぃーとほーむw
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


335 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:42:23 ID:TD1M.cMA

                  ィ‐r=;、
               , -‐いゞソメー -、
              /::, - ‐ ― ー - 、::ヽ
            /::/         ヾ::`    あら、まだ居たのぉ
          i::/ / /
          i | | l | | | | |__|      もうすっかりハネムーン気分だったのにぃ
           l | |__| | | |  ̄ | |
            l ! _!__ ヽハ ノ┬―ゥ
           |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' / l
  r"      | | iぃ    _     / |
 (   =‐'  | | l ゝ、___ヽノ_ ,ィ ´| l i
  ゝ-'゙   ≪T|ヽi | l_ }:/兀ヾ:{、__| !T≧
    r、  .≦≠〈::ヽ!::{{~~~}}:レヽ≧
   __ゝ 〔[`ヽ三/:: :: :::{{ 薔 }}:: :: ::
   ヽ  ノ〔 [ j:: :: :: :: :: :: ゙ ~ ″:: :: ::i





   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―)             ,  、           俺もさっさと出発する予定だったんだが、
  .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
  |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )        このまま出掛けると、色々と嫌な予感がしてきたんでな
  .|        ノ            ヽ `ー ノノ
  ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ          人生の伴侶的に考えて
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /


336 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:42:50 ID:TD1M.cMA

                        __,.ィ(rン
                       /7::::::メ⌒¬、、
       /             /  {:::イ /',  ',   ヽ
      〃              / / 「rフ〉 ム、ト、 }   } }    まぁ、それは大事よねぇ
      { 、             // ノi」ヘΛ弋チト、}ムイ,' }
.     ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   |:|:|ヘ._ゝ   ィヌイ ノ    私もやる夫と出会わなければ、どうなっていたことか…
        ` ー- .,_ __  ミ圭圭ミュ、」:ト|、}   ´< イ{
         /一 ´ /ィ圭圭圭У::::::. 丶>ー<'i ハ \
        {   ≦彡圭圭圭ミ/:::::::::::::::::.VfL j }/  }  )
           / / 豸彡癶f::::::::::::::::::::::iイ77、  //
           / /  , イ /  人:::::::へ::::::ィ~`{(ソ /´
  _       / 彡圭{ i /  ハ:::|::::::::|:::..ヽ、ノ〉
.    ヽ、____/∠圭ミ八 {´   / }::|::::::::|:::::::::::ノ、
     `一-´/  /  )'     i::|::::::::|::::::::/ヽ \
        /  /|       {:::>::|::::::::|:::::::{   \\
       /  /  \    /..::::/:::::::∧:::::::...、  )ノ





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)       俺が言うのも何だが、
 |     (__人__)
  |     `⌒´ノ        やる夫は良い奴だから、これからもよろしくしてやってくれ
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ


337 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:43:10 ID:TD1M.cMA
                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',       言われるまでもないわ
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
                //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !       やる夫が嫌って言っても、絶対離れてあげないんだから
               ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/  } !
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ / ノ/
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、


338 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:43:32 ID:TD1M.cMA

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )     2人とも何してるんだお
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |     VIP村が見えてきたお~
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄





          「`'^〉,- ー ‐ - 、 「`'^〉
        _r‐f⌒/::::《@》:::::::::f^Y⌒7⌒ヽ
        〈_ヽl/^⌒^⌒^⌒^ヽト~7⌒)イ
          く∠  | /{   〃ハ トヘんイ_ノ      あぁん、やる夫待ってぇ~
         くY| l| /ハ 、 /\}メ∨{ / ∧
          〈∧ |lイ◯   ◯ ノ「`ーヘ. ヽ
     イ三≧|:lヽゝ 、_  .∠ノ|:::::::|::|≦三二
          /|:| /::ゝ、ヽ ノ._/ r‐く:::: /|::|  \
        イ |:|ハ:::::::/l:><:::| |:::::::::::: 〉|::|   ト
        l ノ八`フ:::ヒ@入|::r ┬′|::| ヽノ
         〈/_ 厶>::::::::::::::<_ノlノ}人::.、
          /:::::::/〈/X|::〉::::\::::`ー- 、\〉 ⌒;;从;;ノ;;⌒゙./
       /:::::::/::/::/ 凶ヘ:::\:::\::::::::::\ ;(´∴;ノ;⌒`);
       ー┬|:::X::/ {   \:::X::/ーr―┘ ";:(´⌒`);;⌒`)
.       ◯  ヽー┬~r~r~rへ厶イ  ◯) ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)
       ◯ 彡 彡 彡 ミ ミ ミ ◯ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)
         ◯ 彡 彡 ミ ミ ◯   ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
            ◯ ミ彡 ◯     ;:(´⌒`))





       / ̄ ̄\
.    /   _ノ  ヽ
      |   ( ⌒)(⌒)     あの様子なら、余計なお世話だっただろ
.     |    (__人__)
      |     ` ⌒´ノ     俺も他人の心配してる場合じゃないだろ
       ン       }
.    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|
  (  y      |
.   \ \     |
    \ィン、__)、
      |     ij ,ノ
.    |   ,イ  /
      |   |  /
     |,   | ,/
      |  |  |
.     |__|,___|
.     i,___),_`)


339 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:43:58 ID:TD1M.cMA

                      ,,;=‐=,,
                      |∩;:;:;|
                      ,|:! i ':;:;|_
                     i'''" ̄~`'i
                     |':;'[];:;[]' ;|
                     !':;'';:': ;'';:|
          _,,,,--,,-'''''~~~\_,,--,,,__,,,,--'''''-'~~'~/ ヽ,,_
         /;;;;;;;;::::;;:;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ-,,_
     _,,,-(~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::;:::::::::;;;;;;;:::::::::::::::::.....ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\
   _/;;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;(::::::::::;;;;:::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   l;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶___:::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;:::::::::::'---;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;~::::::::::/::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  ... ........  .......... / /ヽ .ヘニヽ ヘヘニヽ、....ヘニヽ / /ヽi..〃、.............  ;;;;illll;;;lll;;lllllii llllllliillllll
           !-!-! Ll_l LLl_l-!  Ll_l Ll_l !-!      ;;;;;ゞ;;;;;;;lllll;;liilll lllii;;lllll
 '    ''    '   '  ''  '    ;'  ;;    ''    '    '  '  '  ''   '
''  '''   ''  ''' ''  ''''  '''    ;'   '; ''  ''   ''  ''  ''  ''  ''   ''  '' '
  ''  '''   ''  ''' ''  ''''    ,;'    ';,  ''  '''   ''  ''' ''  ''''  '''   ''  ''' '
                   ,;'     ';,
""  """   ""    ""  ,;'        ';, ""  """   ""    ""   ""


340 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:44:19 ID:TD1M.cMA

               ,. -‐    /     |   弋>、:.::..`ヽ、
               ´ /   '      |    弋>、::.::.:..\
          // / / /        j    ;  弋>、::.::.:..\
          // /   / / /   /   / /  /  /  弋>、::.::.::.ヽ、        簡易式だけどモットアンドベイリーじゃないの
         //   '    / / /    //   / /  イ  / /  弋>;:.::.::.〈ヘ
        ./ イ   /     | |l |   //  // / 厶L / /     ≫=≪ハ       何でこんな場所に…?
       // /   / /  /| || |   〃 //斗≦ ノ //|   /;イ /::||::、 ヾ\
     '/ |   || _厶L.ハ|   | /ー=彡ィて下¨ゲ  |   ヾ::∨:::ハ::ヽ 〉::〉
        |  ||   | ,,.≧ミヘ. |      弋_'シ 〝   ' /   ト-イ|  ト、::ヽイ
       |   小|l  |ヾ{ じ} ヽ        ̄`='   //    /  |::|  |:::「  |
       ヽ { | |ヽ. | _ゝ'´ ノ            /'   /   |::|  |:::|   l
        \ヘ  \    ヽ           /   イ     |:::|  |:::|  !
        /:::ハ  {                ∠  ´ |    |:::|  .|:::|
          /::/ /\ ヽ      rー-、               |    |:::|   |:::|    '.
       /::/  '   ` \      ̄´             |    |:::|  |:::|    '
        〈:::{   l       \                 |    厂   ヾ     ヽ
: .\    ヾ  |    / \                '    /|             /
:: : : .\.     |    /   /ヽ                 /     / l           /. :
: : : : : . \   |    /   ,   ` ー―┬¬'      /    /   |      /{/. : : : :
: : : : : : : : .\   |   ′  l       |     _/     /   l   /. : : : : : : : : :
: ミ::..、: : : : : .\ |   ∥    |    />r‐く二、ヽ::/    ∧    | /. : : : : : : : : : : :
\_〉:..\ : : : : : :|  l|   l|   / イ/:/:「ト,::ヽ::.〉:/    /.::ヘ.  /. : : : : : : : : _ -―
:::::::::::::::::..\: : : : : l  |ト、  ||  /:/  /:/.::/|:|ヘ::V:/    '.::.::.::.:〉∠ -‐ _ 二 ̄  -―.::
:::::::::::::::::::::::::>'"二l l|―--''、 |::| /:/.: / :|:|::.ヘ:/  /..::ィ<]{f7-―::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::::::::::::::::::://..::.::.:..ヽ | ̄::.::―-い-:/.:::/  |:| .::/ ∠::ィ<フ _{f7.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
::::::::::::://..::.::.::.::.::.::..\:.::.::.::.::/}}7:厶イヽ |:| /<二フ   _{f7.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
::::::://..::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. /}}/:/      ノ:|       {f7.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::


341 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:44:43 ID:TD1M.cMA

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・      モットアンドベイリーって何だお?
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ





             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ      簡単なお城というか砦ね
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |     モットは丘で、ベイリーは柵や城壁に囲まれた村のことよ
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′     ここはまだ柵はないみたいだけど…
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉     普段は丘の下の村で暮らしているけれど、
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ       敵に攻められたら、丘の上の塔に篭って防衛するの
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


342 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:45:09 ID:TD1M.cMA

    ///ィ ヽ@、
   {{x}}// | /`、::.',      でも、モットアンドベイリーはバイキングの建築様式だから、
   i人r ● iイ/∧::i
   i l ゝ''''  ●//i      バイキングの活動が盛んだったイングランドや北フランスではよく見られるけど、
   | vヘ  -  ノゝ i
 ミミi〉-+〕{{x}}〔¨」V i彡     この辺りではまず見ることはないわぁ
  ゛ミr:::::::r⌒⌒j::::Y i i
    l:::::::r⌒⌒j::::::l i ハ
   |::::::::ト,@イ:::::| iノ
    ヽ:::::::::::::::::::√ノ
    l:::::::::::::::::::l







     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \        複雑な工具も必要としないし、短期間で作ることが出来るから、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)       知識のある奴なら作ること自体は難しくないだろう
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃       むしろ開拓村にはぴったりだな
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |        こんなものを作る奴がいるとは、これは村長に会うのが楽しみになってきたな
.    \/ ___ /





               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |        じゃあ、早速「突撃・隣の晩御飯in村長さん家」だお
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


343 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:46:03 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●


344 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:46:25 ID:TD1M.cMA

              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶       そこまで解説されてしまっては
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l      私の出番が無いではないか
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l





               /,/ 〃 1ト|!  iム--|!、|   ||   /    /
           /〃 ! i |! ィ1´ | ヽ_」L !    lトミ/     /  ヽ    では、続きの解説は私が…
.            '/ i  1.l ト、ヾツrテ─ャ、 |   ||'´,.ィi    / 丶、
            ヽ |! |  !|└┤ヽ  ! /  |   ||'´  |    / \  \
          ` ミ、l、´ ̄    !  i   `′  |   ||   |  /ヽ  丶
          > - 、 丶.     |. ノ       |   ||  イ .ィヾ 、 \  ヽ
            三 二     | く.        |   || ´ ノ' 丶 \ヽ 丶
           == ' 弐    |! ヽ _   │   || ィ    \ 丶ヽ
              彡/〃  ||  |.ト.    |   || |    /丶、ヽ.\
                //ツ  ||  | ! ヽ   ,.!    !| !   /   , ヘ ゝ


345 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:46:42 ID:TD1M.cMA

                              ____        l       ┃     ━┳┓     ヽ
             , 、_            , '´_      ̄ ``ヽ、   ヽ    ┃       ┣┛     ,/
            , ─-'´  ヽ           /- '´      〉ゝ'   \  l     ┃     ━┛       /
       _/    、    \      / / //    ,  ⌒   ヽ  ヽノ     ┃             /
      /       !       ヽ    / l i // 〃 1 !i ヽ ヽ  ヽ ヽ、    ┃     ━╋━    ヽ
    r¬    i    l、__, -|L.     i  ! |i.ヘ /i /!| l.ト, ヘ  |l  |  i    ┃     ┃┃┓       〉
    l   i   ヽ    ヾ、   /   ヽ  ! │ :!__,∧|/ |! |!l l  ト ||  |  l !.    ┃       ┛      /
      !   !   ヽ __,ノ フ‐'´    }  || ,1 | `ヽヽ l ∥! l !_ 」!  ト  ヾ!   ┃                /
     l   ヽ、_/ヾ、 〃⌒7 _,/ヽ || !j  ト、   ヾ└‐レ 弋|ヘ ||  |ヾ、 i             ╋┓┓   /
     、   > ‐ァ--Z___, -< /   ヾ|」| │ `ー‐_   ´ ̄ ̄`7!  !\ヽj  ┃┃┃     ┃┃┃   !
      丶ニ二∠__, ベ、   /     || │、  ル' ̄ヽ `ー‐ '/ ||  |ヽ ∨    ━┛       ┛     ト
                   丶、 /        ||  | ヽ/    リ  _,.ィ示l!  |ヽ∨  ___     ____,|
                 `¬-.、_     ||  |  !    /‐ ´ ヽ! ||  ハ ムイ´ヽ丶 ヽ \  /
                     `T丶」l  !   ! ̄ ̄7   //!! | 〉{_`丶ヽミ三丶 ∨
                      | || ∥ ト、 l  / _,//  || | Uヽ、 ∧ \ヽ 丶ヽ
                      | || i|!  lヾヽ|/- ニ='  iヘ  || | f' ヽ  ハヾ、 ヽ \`ヽ、
                      | || |||  |i Y=イ     !イ ヘ || | `┬‐ ' ヽ ヾ、 \ヽヽ \











     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  ┛ ┗
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  ┓ ┏
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.        まったく油断も隙もないわ
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l


346 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:47:04 ID:TD1M.cMA

              __ __                   水銀燈達が説明した通り
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、             モットアンドベイリーはバイキングが作ったものが始まりじゃ
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l          なぜバイキング達がそんなものを作ったかというと、
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l         バイキング達が、襲撃した土地にそのまま住み着き始めたからじゃ
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)    元々バイキング活動というのは、
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ    北方ゲルマン人の出稼ぎのようなものじゃった
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l       春に西欧の町や村を襲い、冬には北欧へと戻り、
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l      手に入れた金品や奴隷を「琥珀の道」で売りさばいておった





                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \     バイキングは商人でもある、と言われる所以じゃな
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ    ハンザ同盟の元となる商業ネットワークの一端も担っておった
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!    当時の北欧は、フィヨルドの谷間毎に村があり、
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||    それぞれが自治権を持った村落社会で、
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||    国としての結び付きはなかった
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||    大きな問題が起これば、近所の村で手を組むくらいじゃな
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!


347 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:47:32 ID:TD1M.cMA

    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥     ところが、8~9世紀に掛けて北欧でも国による統一が始まる
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i     勢力の強い村が近所の村を支配下に置いた、という感じかの?
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !   やがて北欧全体で主導権争いが始まり、
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i   それに敗れた一族は国外に新天地を求めることになる
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-   俗に言う、第2次ゲルマン民族大移動じゃ
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \             デンマーク人はイングランドと北フランスに向かい、
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ           ノルウェー人はアイスランドやグリーンランドへ

                                          スウェーデン人はロシア方面へと向かうことが多かったようじゃ





     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l      現代のサッカー・イングランド代表のウェイン・ルーニーなどは
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.      丸顔で凹凸が少なく、目鼻が顔の中心に集まった
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.     典型的な北方ゲルマン人の顔立ちをしておる
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/      イングランドがデーン人やノルマン人の支配を受けた証じゃな
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.     日本でも青森県出身の元力士・舞ノ海も、やはり同じような顔立ちをしておる
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/      スラヴ人等にもよく見られる特徴で、寒冷地でも体温を奪われにくい顔じゃ
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l


348 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:48:01 ID:TD1M.cMA

       ,.--¬,-‐¬‐-、
      /  ´          ヽ       当時の西欧は、名目上はカロリング朝フランク王国の支配下にあったが、
     / /  ´⌒,⌒ 、 ヽ  ゙,
    ./ / //l l ||. |、 ! i ヽ , ゙!     800年に西ローマ皇帝に戴冠したカール大帝の下、
    l  |! i/ /.| l.l| | ! ! iヽ ヽ .! .i
    .i|  |! !/.l l i !| | | | .| |〉ヽ l ..:|.!    カロリング・ルネサンスと呼ばれるローマ時代の文明の復興と神学の体系化が行われた
   i | | || .|'‐!‐リ- リ ! ,-l‐i|‐! .!::::!:::|
   l | | || !t.tーァ    ォーァ-! |::::||:::|
   !.| | |.| .|',`''"   ,   "'''´| |'|| 、 ヽ
   ,| | | |ノ| |ヾ、  _   /'! | | ! !
  / ノ // i! |!. `,; 、 _ ,.ィ, ,|| |. !||ヽヽ.ヾ      しかし、ゲルマン人の分割相続の習慣を律儀に守った結果、
 ,/ / i l .| || / \  /゙iヽ| ハ | !. ヾ
 / ///  |.| l/!  >く  | 〈  ! |/ |ヾ ヾ    100年後には、各地に小領主が乱立する状態となっており、
/ .〈〈,/,./-,| |. !/L.」\l ,' | i`ヽ、ヽヽ〉 ヾ
 /  r'´ ! | .|  !  |::|  ! 〈 〈!  ヽ 〉ハ ヾ    バイキングに対して国を挙げた防衛体制などは夢であった


349 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:49:02 ID:TD1M.cMA

      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ    話をモットアンドベイリーに戻すと、
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j    今までは海や川から突然現れ、襲撃した後はまた船で逃げていく
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川        防衛を考える必要はなかったが、定住するとなれば話は別じゃ
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ       自分達の村が他のバイキングに襲われたのでは、笑い話にもならん
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\





               . -─────- .
             ,  ',´            丶、
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |      とはいえ、ローマ人のような優れた石造建築技術など
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !      バイキング達は持っておらんかった
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |     そこで彼らが作ったのがモットアンドベイリーじゃ
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


350 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:49:22 ID:TD1M.cMA

                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\        やらない夫が説明したように
                    / / ,. -     - 、 \\
                / / /         ヽ ヽ :.      モットアンドベイリーを作るのに、特別な技術や工具は必要ない
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |      まずは、地面を掘って村と丘を囲む塹壕を掘り、
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !      彫った土を丘にする場所に積み上げていくだけじゃ
                    | :|  jム     ,      从'  八
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.       丘のふもとに村を、頂上に防衛塔を作り、
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.      村と防衛塔を囲む木柵を巡らせ、
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.    村と塔の間に防衛用の門を作れば完成じゃ
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.    塔は食料や武器の貯蔵庫でもある
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |


351 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:49:44 ID:TD1M.cMA

               . -─────- .
             ,  ',´            丶、       しかし、モットアンドベイリーは木製なので火攻めには弱かった
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ    その為、この時期の西欧の大きな戦いは野戦が中心となる
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |    騎士達にとっては我が世の春という時代じゃった
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |      無論、力のある諸侯は木柵や防衛塔を石造化していったが、
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !     ゴシック建築では巨大化・高層化すると、支えに補助柱が必要となり、
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !     堅牢さとの両立が難しく、この時期の城は小型の物が主流だった
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |    この状況が変わっていくのが、13~14世紀に掛けてじゃ





               ___
           ,.. -''"´       `丶、          この時期になると、十字軍の主導権は教皇から国王へと移る
        ,.-'"´            ` ヽ、
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ     十字軍の遠征で、ビザンツやイスラム世界に残る
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i     ローマ時代の優れた石造建築技術に触れた国王達は、それを自国に移入した
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l     こうして所謂「中世ヨーロッパの城」が作られるようになる
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!             こうした築城家達の中で、特に有名なのがエドワード1世じゃ
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ          イングランド歴代王の悲願であるスコットランド征服を成功させ、
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ        内政面でもまずまずの成果を残した名君じゃ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、     ただし、やはり武勇に秀でた獅子心王と同じく、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ   後継者には恵まれなかったがの…


352 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:50:19 ID:TD1M.cMA

              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、          そして、こうした城の登場は「騎士の時代」の終焉でもあった
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶       何しろ無為無策に突撃するだけの騎士に
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l      城壁の上から弓を射掛けるだけで良いのじゃからの…
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l         また、14世紀になると騎士の鎧はプレートメイルが用いられ、
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)   騎士の鈍足化に拍車が掛かる
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ   こうして火器の登場を待たずして、騎士は戦場の主役の座を降りた
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l      まぁ、このお話は13世紀前半が舞台なので、完全に蛇足じゃな
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


353 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:50:59 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●





               __     ,.、
         ,ヘ, '´ ̄     丶  / !│
          /´   ヽ  丶   ∨ ∨
        / / / ト |   ヽ  ! /   /
.       / /, ! ト  ヾ    l! ∨   /i
      / !1 |│l __,.ィ─┤ lヘ, / |           13世紀前半というのは、前にも言っていましたが、
       i  |.|!r七ト´  rャ:ヤ ∨./|  l
       レ'´ || ヽヘ.フ   `´ l  lイ !  !           具体的な年代は何年頃なのでしょう?
.         ||  ト  '      !i l   l  l
          !!i |! ト ヾ⌒ ィ'|| |   l  |
          l|j l! ||  |i7t//!! !   |  l
          || ! !∥ 」 /ヾ || l \」  !
          || l | !//イ ∧」| |   >-、
          ||,」 レ  /⌒! ∥ .!  / // `ヽ
        / ヘ. ト、 j  |  |! l / / !    i
          /  ∧!   |   |  jレ' / / |   /


354 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:51:22 ID:TD1M.cMA

               . -─────- .
             ,  ',´            丶、
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i       現在の作中の時間軸は1208~1216年の間という設定じゃ
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |       第2次ブルガリア帝国初代皇帝カロヤン・アセンの暗殺が1207年
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !       ローマ・カトリックの権勢の絶頂期の教皇インノケンティウス3世と、
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !      第2代ラテン帝国皇帝アンリ・ド・エノーの没年が1216年じゃ
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |







     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l       外交・軍事面で成功を収めたカロヤン・アセンの死と、その後の混乱
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.       統治者としてまずまず優秀であったアンリ・ド・エノーの登局
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.     各国の王に口出ししまくったインノケンティウス3世の存在などで
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }     東欧に一時的に訪れた休戦期間といったところじゃ
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.     逆を言うと、ブルガリアの軍事的な脅威が後退した事で
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.      ブルガリアと国境を接していた領主達に悪さをする余裕が生まれたのじゃ
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l


355 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:52:04 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●


356 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:52:43 ID:TD1M.cMA

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /       ピンポーン、ピンポン、ピンポン~♪
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |          新しく領主になったニューソク・デ・やる夫だお
  \     ` ー'´     /
  /          \           突然だけど晩御飯食わせてくれだお
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ





       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´        はじめまして
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ           俺がVIP村の村長をしている
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン             カナメ・オウギです
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \


357 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:53:10 ID:TD1M.cMA

    //  /,      ,
.   //  //  // /,  ,
  //  //  // // /.:'
; //  //  // // // / ,
//  //  // // // / /'  /   ,
/;ト、:'/  // // // / /'  /   /  ,   ;
7/,/\;// // // / /'  /   /  //   川
/ン_厶ィ\;// , イ{ / /'  /   /  //  /// '
 「7::ヾ:、\/ |!ハ/'  /   /  //  / ' /  イ ,
  {う}::::\、\jl |{ /   /  //   /   /   /' /  .:     カナメ…随分悪知恵の回りそうな名前ね
 ヽ弋こツ ゞv/\}f/,  .:′,〃  ,   /  /  /  '
   ` -  `Y{`ーク / ィ   //  /   '  /  ,′
          //ィ/ ハ/ィ/  /  /  /  /      この村のモットアンドベイリーは、あなたが考えたのかしら?
               r-:zL」_厶イ彡 ィ   /
              ィチう≧ァx // ' /   /
                ‘代こツ /く 爪//   ,
        ` _」     `ー   ,ィ/彡    /
     `丶、             // イ  } //
、    `          イ / / | /   '
::\      ____ . . ´ハ{ 〃{  }/     |
≫x:ー:7_「 ̄} 川 爪{/ | l i l// ヾイ    |
//フイ/ム、 j/ l !/ |i/  | l i l{   川     |
才///「`ヾ:{′| ′L__ ;/| l i l   | !{     '
//〈/:∧  }:} _」ァ7///7ァLi」_l_   |八    |
厶///小.///////////////ハ | ヾ;:.  |
マ「{マ「{マVヽ//////////////∧i   }}   |
 |:| |:|    {'///////////////\イ    |
 {:{ ヾ:,   }'/////////////////\   |


358 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:53:31 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´      …あの?
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ         モットアンドなんとかというのは?
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \





                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ         ヽ  l
                , ソ/ l ハレ´イ{ {   |{.   |  |  ハ
                //:/ ノj `´i |`ヽト 、 |:ヽ.   } , リ |!      この村の防衛設備…
               ハ:{/イ: {  小7テミト、 {ヽ!: / / /   l l
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { '赳ハ\ }:/_オメリ  イ/      平たく言えば、村の裏の人工的な丘と防衛塔のことよ
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`    /ィ亙フ'´//′
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!      ,!  7´ |   /
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、  ` ー  イ.: j|  /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::>ー<l!:..:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_


359 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:53:55 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ     あぁ、あれを作ったのは俺の親友ですよ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : ,'      元々の村長はそいつで、俺は2代目なんですよ
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´ 
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /          あいつは俺なんかと違って、ちゃんと学識もリーダーシップもあった
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /             でも、襲ってきた山賊との戦いで…
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',         あいつの夢を終わらせたくなくて、今は俺が村長を務めていますが、
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \     正直ガラじゃなくて、領主様が決まったのは有難いですよ
     |        |                 l    \. \







     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \       (なるほど、それでまだ柵が無いのか…今の村長は前の村長ほど危機意識を持っていない訳だな)
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)      (前村長は優秀な人物だったようだし、生きている内に会いたかったな…)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      (それにしてもこんな辺鄙な村をわざわざ襲いに来るとは、どこから来た【山賊】なのやら…)
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


360 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:54:19 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /     あの、それがどうかしたのですか?
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \






         ___
       /     \        農作業の合間を縫って、すぐに村と防衛塔の周辺に防柵を作るお
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |     山賊に襲われて、犠牲者が出ているような状態は放置はできないお
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l


361 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:54:50 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン       あぁ、それなら心配ありませんよ
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、         山賊が現れたのは一度だけで、その後は全く襲われていませんし、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,      あの時も途中で山賊の方が逃げ出してしまいましたから
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \







             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ       これは単なる好奇心だけど…
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ       前の村長ってオーストリア派の貴族じゃないのかしら?
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |


362 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:55:21 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /      オーストリア派とかは、よく分からないですけど、
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /         確かにあいつは貴族の家の出身ですよ
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \







   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l               (大体裏は読めたわね…)
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|              (前の村長さん…どうやら私の【お友達】だったみたいね)
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /      (お養母様かしら…、それともカツヒコの取り巻きが暴走した…?)
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―      (やる夫達のアイデアが上手くいけば、自然と目立つでしょうし…)
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二     (私も気を付けた方が良さそうね…)
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::


363 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:55:43 ID:TD1M.cMA

      ____
     /\  /\        これからは、やる夫がこの村をじゃんじゃん発展させるから、
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\     攻めてくるのは、山賊とは限らないんだお
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /     村を発展させて、嫁さんが怪我でもしたら何にもならんお





           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ              ,, -''
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ             .,, - ´
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ         ._ ,,-'' ´  _..:.-.:''    もしやる夫に何かあれば
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |  _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:..:.:..:.:.:
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }.,,,,,, . - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:    こんな村くらい
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ...i    ._ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / .i_,,..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:    私が燃やし尽くしてあげるわ
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// .l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /|.|:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.::.:.:
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          ///  |.,|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、 ._ _.    /l_\_ ._|;」:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:;;:.:.- '''
     //   ゙ |_| /\.<´-i'' 丶\ ∠ー^i `i ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.,,:.:.-丶''
      /\ー─-、...,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄--´  l l  |:.:.:.:._:. - ''..| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;.l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- '''.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.|,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - '''   | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ./  !  !      l   \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;


364 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:56:20 ID:TD1M.cMA


       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン      いや、流石に心配しすぎですよ
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、        それに、こんな土地を発展させるといっても…
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \







     ____                発展性の方は心配ないお
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \             やる夫の実家は、農業じゃなく商業で儲けている家だお
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ
  |    ー       .|
  \          /


365 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:56:39 ID:TD1M.cMA

             ,. -─────────‐- .、
            // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\           そして、国境の最善線の碌な防衛設備も無い村が
          /                     \
         /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \        ボロ儲けしているのを、みすみす見逃す程、
       /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
      /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \      この時代の領主は甘くないお
    /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
   /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \
  /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ
 |               |      |      |              |
 |               \__/\__/               |
 |                |       |               |
 |                |r─‐┬──、|                |   大体この村は存在自体が
 ヽ                |/   |    |              /
   \              \      /             /    オーストリアとハンガリーに喧嘩売ってるんだお
    \               ̄ ̄ ̄ ̄             /






       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン         えっと、それは一体どういう意味で…?
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \


366 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:57:01 ID:TD1M.cMA

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      この土地は確かに名目上はシタラバ領だが、
 |    ( 一)(●)
 |     (__人__)     実態はオーストリア、ハンガリー、シタラバの3カ国が
  |     `⌒´ノ
  |   ,.<))/´二⊃    お互いに牽制しながら、手を出さないようにしていた所謂緩衝地帯だっただろ
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \     その土地に、一番の小国のシタラバが開拓村を作り一方的に領有を宣言した
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )   オーストリアやハンガリーからすれば、さぞ頭に来ている事だろうよ
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ    その上、その村が碌な防衛もせずボロ儲けしていた日にゃあな…





      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐ 、
    ,. '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::_ --" ̄_ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  /:::::::::::::::/  _,.-' ''ゞ:::::;::::'ミ,、:::::::::::::::::::::::::::::l´
 ,.':::::::::::::/  /  ,,イ゙\゚- '入、ヾ,::::::::::::::::::::::::::l
 /::::::::/ // -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''l::::::::,──''"´
 ':::::::/ ,.イ::/ /∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ''''
 i::::/ ,.':::::/u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }
 l::/ /:::::/u uヾく,_,ノ′ l lゞi-rイ
 ,' /-、::::ヽu    ' ' ` ,__〉〉  |
.  /l 「ヾ::::ゞ  ,.r‐     `'U'U__,.ィ}|
 /::::| ー}::::ゞ/,r 'T"丁 ̄| ̄ | l|'|         ●     ●     ●
 }i::::iト、}::/ ,イ  |__,∟ ⊥ _|__,l|.|
 `i::iiiハ/ `| i l_/       _,ノノ||
.  }ii.j    l |Y/      ‐┴''" ||
  ゙l.!   |. 仁   _,__      ||
  /.    l lニレ'´     `ヾ'、  ||
  /     ヽ 「]、       ヾ>、||
/      . ヽ`「ヽ        }H|\
            ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||  ` ー─
   u        \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|
             \ ` ̄ ̄ ̄ /
               `-──‐′


367 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:57:31 ID:TD1M.cMA

   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |  ミィ赱、i .i_r赱        俺の名は、VIP・デ・やらない夫
. | ::::::⌒ (__人__)
. |     トエエエイ        VIP村は狙われているw
. ヽ     `""´}
  ヽ     ノ
   /    く







     / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ      そういう事態が起こらないようにする為に、やる夫が領主に任命されたんだお
   / ―   ― \
  /   (●)  (●)  \        …とはいえ、備えを怠って良い理由は何もないお
  |     (__人__)      |
  \   mj |⌒´     /
     〈__ノ                多分、前村長はその辺を理解していたから、モットアンドベイリーなんかを作ったんだお
    ノ   ノ


368 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:57:47 ID:TD1M.cMA

                       >-テ=---:{ニ{@}ト,
                       , : ´ r辷::::::::::::::::::ゞz==彳
                    /  辷:::::::::::::::::::厶イ',.\\ヽ
                      /  辷::::::::::::::::テ//| l .|| i ヽ、ヽ.\
                   / .,:辷:::::::::::::テ 7/j | i .|| |  ',∨.Y.ハ
                   .′.//t_:::::::::ri:}  |.| | ! i .|| |   | ! | |.|
                    i //{:r_フx::=x'   |.| i | | .|| |   } ! | jリ
                     / //r彡.'7八::|   !| |z=ミ|j_i. // .///
                 / // / / i  |j,  |ハ弋:::リ j_//j_///      まずは、山賊を撃退できるようにして、
                   / // / / /!   | ヽ ハヾ、`′ { ヽ´彳
                / // / / /| ハ ヘ、 ヘ     冫 ',        村の収益を上げて、
                ,イ // / / /  !    ', ハ``ヽ - ノ i | ハ
                //./ / / /  /i   ハ  ∧   イ',〃j /        この村に安心してお嫁さんを迎えられるようにしましょう
           /// / / / /  / .|∨   !ヽ-:<ニ x_ヽ i./
           //.イ / / / /  /  j ∧   .|':: :: :: :: :: ::.>xヽ、
      ,. イ 〃7 ./ / / /  /  //:::::∨ i:: :: :: :: :: :: :: :: :: Y ヽ、
`ー─ ' ´    {{  / / / /  /  //:::::::::::V !:: :: :: :: :: :: :: :: ::7ヽ  `ヽ、       『ドキッ!男だらけの開拓村』なんて
         ヾ .| ! { |  .|  //__:::>.ィ∨i:: :: :: :: :: :: :: :: ::ト、 ∨  \
             | .'| | | /:.| {イ>,.:::--==ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: r≦ .V    \    一部の特殊な趣味の方にしか需要無いわよ
            V |りレ':: : |/イ<:::::::::::://::|:: :: :: :: :: :: :: :: ト='  |/|   jⅥ
            _}ヾ:: :: :: :: :: ヽ::::>x-:' <::::j:: :: :: :: :: :: :: ::.∧ミ==x j/|/
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: \://:::::7:: :: :: :: :: :: :: :: ::∧ミ=、 }}
                 V:: :: :: ::_r--、::>-:.<:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\}〃
             .':: :: :: :/    ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽrt  __
              7:: :: :: :.i       \ :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ハ:: :: {::(>=≦:::)
             7:: :: :: : t        r':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::∧:: :: ーiYiヾ=x
          r-、 /:: :: :: :: /         \:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :∧::::::/:|:ヘ',: \ヾ
        {:t-::/:: :: :: :: /       _,  〉:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::i:: 〈::::!::', ヽ ∧}}
     ___,>'´/:: :: :: :: /       /:: ヽ':: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ∧:: i:::| : ',:ハ ∧
     _,. イ:: :: :: :: : {     /:: :: :: :: > 、:: :: :: ::....:::::::/::./: :} : i-': : :i:: ::| .∧


369 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:58:12 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ        俺達はどうすれば良いんですか?
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \          村の収益が上がるまでは、山賊も今迄通り無視してるだろうから、
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)         その間に、村の防衛設備を充実させることだな
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │         それと本格的な戦争になれば、俺達みたいな若造ではやはり経験不足だ
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /         そっち方面に詳しい人間に心当たりはないか?


370 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:58:50 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /       前村長の知り合いに
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /          「奇跡のトウドウ」と呼ばれた有名な騎士がいますよ
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,       でも、今どこで何をしているかまでは…
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \







   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|               お母様が生きてらした頃のシタラバを支えていた騎士ね
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /       お母様が亡くなられた後、私も何度も助けてもらったわ…
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /      無事でいてくれれば、良いのだけど…
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::


371 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:59:35 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●


372 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 19:59:57 ID:TD1M.cMA

                _____
           ,. ‐'"´      `` 、
        , '´      ‐ 、     丶         ここまで意図的に説明することを避けてきた
       / ,       、\  丶、     \
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ       各国の思惑を、この辺りで解説したいと思う
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_


373 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:00:28 ID:TD1M.cMA

      ヽ                \         まずは、カナメの故郷のハンガリーからじゃ
     /⌒¬┬、           \
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i     カナメがブイブイ言わせているのを見ると、
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'     さぞ国力があるのかと思ってしまうが、全く逆じゃ
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ      強力な国王ベーラ3世の死後、後継者争いが勃発
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\   それに乗った貴族達が勢力を強め、見事に小領主乱立状態じゃ







                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',    その隙に、ブルガリアのカロヤン・アセイが
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l    ハンガリーからベオグラード、ブラニチェヴォを奪ったことで
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!   ドナウ川を使った流通をすっかり抑えられてしまった
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||    現在の国王はアンドラーシュ2世じゃが、
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i    王位に付くやロシア遠征を繰り返したが全敗…
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||    その戦費を調達する為に重税を課すという悪循環に陥っておる
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!


374 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:01:04 ID:TD1M.cMA

              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶       ハンガリーには国を挙げてシタラバを攻めるような余裕は無い
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l      せいぜい隣接する領主が攻めて来る位じゃな
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)    カナメも別に生国の軍隊を呼び込む気は無い
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ    むしろ余計な口出しが無い分、やりやすいというのが本音じゃ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


375 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:01:39 ID:TD1M.cMA

     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l     逆に、現在絶好調なのがテッサの故郷のオーストリアじゃ
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.    バーベンベルク家の全盛期を築いたレオポルト6世の元、
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、    まず集権化を行い、その後に外交に乗り出しておる
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/    正直こんなお隣さんは小国にとっては御免被りたいのぅ
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.   ライバルはハンガリーとバイエルンじゃが、片方は自滅中じゃ
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_   不幸中の幸いは、オーストリア公は内政の充実を優先し、
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l     バイエルン公は領土的野心が強い点かの






               . -─────- .
             ,  ',´            丶、       オーストリア公自らVIP村に攻め込んだ挙句、水銀燈を担いで
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ    そのままシタラバを蹂躙する可能性もありうる
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !    シタラバにとっては、最悪のシナリオじゃな
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |    無論その場合、カナメは水銀燈を暗殺するじゃろうが…
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l   これを回避できるかどうか、やる夫はカナメに試されておるのじゃ
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |


376 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:02:19 ID:TD1M.cMA

             /.:.:.:/.:.::/.:∧ヘ:ヽ:::\ヽ
                /.:.:.:/.:.::.::/::/ {`'' ',::ヽ::;.:.ヽ:',
                /.::.:/::/.:.:l.:.{:i::! l  レ弋::!::!::!:l     オーストリア派が結束して、ハンガリー派と争ったり、
               /.:.:/:/.:.:.:.l:::Tl十‐!  徐ヽ::}::!::l::l
              /.:.::l/i::.::l:.:lヽl:!_   ヒリ_,:/::j:::}リ     オーストリアに介入されたりはしたくないのよ
           /.:!:.::.:!::.:.:l::.l`'´    ヽ`イ::/:/
          /.::!:.::.:iヘ::.:i.:'、_  ┌―ァ 从/!
           /.:.:l.::.::∧ ',:::ト-'  '、_/ /| l:.::l
            /.:.:::!:_::::_:::〉、マ::',` r-- '::.:.::! l::.::l      でも、小国の内輪揉めを避けるのが目的だから、
          /.:.::::,(   `ヽ ';::ヘ !:::::::/.::/ !:.:.::!
        /.:.:.:./  `)`ー―`-'、::.ヘ`ヽ=-〈  l::.:.::}      ハンガリー派に敵対的でない人間がオーストリア派を纏めた上で、
.        /.:.:.:.:;{ /ハ  ――〈::.::.:', `'   ヽ !:.:.:リ
      /.:.:.:::/.:!   !: |  ――fl::!::.:}_/´ _リ::.:/      ソウスケか私に忠誠を誓ってくれるのが理想なのよ
.      /.:.:.::.:/.:.:!   ヽ:ヽ、 ―' |::!:::l、l  ̄` <
     /.::/.:.:/.::.::\  マ:ヘ/  !リ:::! !   i ト、 ヽ
.    /.::/.:.::,'.::.:.:::.:::ヘヽ、`´   //ノ、_ .>个!_トミ.、_〉
   i.:.:i.:.:.::i:.:.:.:.:.::.:::∧ ,>- '´      ノ   `}>     やる夫は一応その条件を満たしているから、
    l:.::!:.:.::l.:.:.:.:.:.:.::/.:::ヽ /      /     /
    l.:::l.:.::.:!.:.:.:.:.:::/.:::::::::| /    \j´O 、 /       どこまでやれるか、とりあえず試してみたって訳
   l::::!.::.::l.:.:.:::.::i.:::::::::::l∨       | ̄   f
    l::::!:.::.:!:.::.::.:l::::::::::::l::::}       j    |         駄目なら水銀燈に【病死】してもらえば、いいんだし
    ';::l::.::.:!.:::.::l:::::::::::l::/     /     /
      '、:::::::l::::::l::::::::::lム .._    / 、O,  /|
        \:::l::::::l::::::::l`メ, _`ヽ/    /! |


377 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:02:53 ID:TD1M.cMA

               ___
           ,.. -''"´       `丶、
        ,.-'"´            ` ヽ、
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!      次は、ブルガリア、セルビア、ラテン帝国、ビザンツ亡命政権じゃな
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!     これらの国は、数十年前までは東ローマ帝国という一つの国じゃった
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l      東ローマ帝国(ビザンツ帝国)とは、
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!     系譜上は古代ローマ帝国の正当な後継者に当たる
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、      しかし、実態はキリスト教化したギリシア人の国であり、
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \    どこを探してもローマ人もローマ帝国の理念も残っておらん
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ


378 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:03:22 ID:TD1M.cMA

                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ    この中で、真っ先にビザンツから独立したのが、
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i   セルビアじゃ
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!   セルビアは独立後、ブルガリアの独立を支援する
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||   ビザンツがセルビアを全力で攻められないようにする為じゃな
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i   その間に地盤固めをするという戦略じゃった
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!





               . -─────- .
             ,  ',´            丶、
            /"/  ,  , ,      、      \
           /' /   / // ,     ヽ ヽ    ヽ
        / ' ,/  /〃 /イ .i| i !   |i  i      i      しかし、この後セルビアに計算違いが起こる
      / ,イ 〃 //,'  '"|  || | ∥ i. ||  | i    |
      〃7 /'  //..L ! !  !| ! |.!  | ||  | |    |      ブルガリアがあっさり独立を勝ち取った上で、
     / L./ !.._/ |! | `ト. !. |ヽ」」ム__」 ||  | |    !
         `' 爪  ト¬=ミ、 `ヾ ,.三 └.ル.」|  | |    |      ベオグラード、ブラニチェヴォ、ニシュ、プリズレンまで奪取してしまう
      二 i | !  |! ゝ_ソ     ¬ ;¬ァ、|i ∥ |    |
       ィ i | !  ||    '     ゞ'ノ ' !!  !) !    !
    r:、    i│!  fヽ.  、____    ,. ||  |! |    |
    ', '、   | | |  | ! |丶 `  ' ´  ,.ィi├||  |! | i  !     これらは、全てセルビアが国境線にしようと狙っていた都市じゃ
    ,ム `n /.│l  | ! ! i 〉:ー‐ '"i|│|│||  ||i !  !. l
   / ヽ、ヽ!. |! ! |  !.| | | リ    l|∥|│||  ||| |  |  |
  (⌒ヽ / ノ .|∥ ! ! ィ'´       丶 |│||  ||| |  |  |



※ベオグラード、ブラニチェヴォ、ニシュ、プリズレンの位置については、この辺参照のこと

 Wikipedia 「カロヤン・アセン」の項より~
 ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/62/Bulgaria_under_Kaloyan.png


379 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:04:30 ID:TD1M.cMA

     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l      ベオグラードは、ハンガリー(北)に向かうドナウ川本流と
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l      クロアチア(西)へ向かうサヴァ川との分岐点にあり、
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.     古代ローマ時代に国境防衛用に作られたこの地域の防衛拠点都市じゃ
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /    ブラニチェヴォは、セルビア方面(南)に向かうモラヴァ川の分岐点にあたり、
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.     ベオグラードにも近い事から防衛を連携することが可能になる
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_    東に向かい黒海に注ぐドナウ本流はブルガリア領を横断しておるから、
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l      この2都市を抑えたことで、ドナウ水運はほぼブルガリアの物となった





               ___
           ,.. -''"´       `丶、
        ,.-'"´            ` ヽ、        ニシュはモラヴァ川中流の都市で
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!       プリズレンはモラヴァ川から更に西に進んだ所にある
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!    これによって、セルビアの東北国境は完全にブルガリアに押さえられた
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!    西側はエーゲ海で制海権はヴェネツィアに握られている
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!   南のアルバノン公国はヴェネツィアの属国じゃ
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \        セルビアとしては、ブルガリアと事を構えない限り
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、        ジリ貧という構図じゃな
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、      とはいえ、正面からぶつかるには、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ    軍事力に差がある、という頭の痛い状態じゃ


380 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:05:08 ID:TD1M.cMA

            -、,...__    ヾ、|,、
         ,,.-‐‐'゙'-"',.'‐''"'i゙'/ `'、‐、
      ,.-;''",-,'‐''-‐'"  , ;;':|i':;, :, .` 、ヽ          ここは同じ小国同士、
.       '",゙''‐-,;:,‐'" ,ィ' l |;;:;|::;;l::i ::i ; ヽ`、
      /,-,:'',:'", , ;'::| ..:l i' " |;l. :l ;|.::i:`:、        シタラバとセルビアはお互い仲良くやっていきましょう
      /' /.:;'";:' ; l.:l:::l、:::|i:|    l;'./i.ノ.::;!:::、ヾ、
.        i.::;'.;:';'.::;.l::|゙、l`、l゙'、   ,ノノ/''i.,ィ::;::;:i::.i゙:.、      …という暗黙の了解ができあっがたのよ
       |;:;!:l | ::l:::i;:l ;|;-‐-    -‐-ノ',l,ノ::;l::i::|`''‐、
        ゙i| '!l l :::l::| '";, ,       ;.; ゙,i'|.::;l:::llノ
         `i゙、::l、'、       !      ,ノ;/':;ノ:|
            l::i:l`:;;'、   ー――‐  ,/;'lノィ'i::.|       こういう判断が出来るあたり
          i;:l::|.:.:|::`:,、    '''   ./:::i' :|:|:.|
        l :l:::l ::'l:::::l::`i‐、   ., .ィ'::l:|:::l,'::|::|: l       セルビア王ステファン・ネマニッチは
         ;i.::l::::|.:;:l:;ノ|ノ、`,、`''",/,!ヾl;/;::;l:::|::.l
        /.::;',,.-i::i゙i'"   `''r-i''"  ゙''ノi'::;j::::|:::.l      優秀な人物よね
        ,'‐i'"   ゙、iヽ''"  ,:‐!-l' -‐;ヽ;';ノ、`゙' ‐i゙、
        i  i    /ヾi'"'''  /:i' l゙'、..::::;ノ'ヾ、゙、  ,'::::i
      l  .:`、  ‐';/ !,-‐;''":;l l `';:-、.;/゙、`'  ! ::::i
       | .::;''ヽ, / /  /.::::l|o|l  ::ヽ;;; i l , i'、. ::|    同じ条件で、無茶な遠征をしまくったハンガリー王とは別物ね
      l .::/.: ';''  `'!,,  ,.-‐''l,.l.|,,.-;、゙; ,,‐''" ヾ;:.`、::l
       i/.: ;'    `''ヽ、  ゙'、.,/ `'"    i.゙:.ヾ|    人格はともかく、能力は信用しているわ
      /;  !         ` 、  ヽ.         }::. ノl


381 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:05:40 ID:TD1M.cMA

    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥       更に、ブルガリア皇帝カロヤン・アセンは
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !      ニケーア帝国のテオドロス1世と同盟し
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !     ビザンツ帝国を滅ぼしたラテン帝国を大いに破る
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-    しかし、この後カロヤン・アセンが暗殺されたことで
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \                事態は大きく変わる
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ             先程も述べたが、東欧に束の間の休戦期間が訪れたのじゃ
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ





                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',    その束の間の平和を利用して
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l    やる夫はあちこち旅して回り
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||    束の間の平和に悪さをしようとした
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||    隣国領主を懲らしめたところから
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i    第1話が始まる訳じゃ
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!


382 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:06:13 ID:TD1M.cMA

      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \        一方、ここでハンガリー王アンドラーシュ2世が、また悪手を打つ
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ      混乱の隙にブルガリア王位を簒奪したボリルと同盟を結んだのじゃ
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川         結果としてベオグラードの割譲は認めさせたものの、
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ        強国ブルガリアの力を削ぐチャンスをみすみす逃がすこととなる
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\







        ,_(,(ィ----------- 、.,,_         ノ/
     ,..イ _.....,.ィ-――――――--ミヽ、     //
   ./,イ"´               `ヽミヽ、 //
  //.        ,.イ/          .| ./<´
/ /       ,.イ  /          ,/´ ̄ヾ、、
       ,..イ    / /´             .ヽ`"ゝ‐-ャ
  /  / ,イ     /    /  ∠彡ム      `i ヾ´、
     i O。    /   / /´ ヾ、彡| i      |   \
     !      /  .// /      .j  |   l   .| ミ、ヽ、,__\      何でそう中途半端な事をしますかね…
    ∧ X、_____,.ノト、/ /./        / /   .|   .|  \
   .i y. ~㍉、  ! /~`゙ク‐‐ノ     / /   / ∧ .ト、  ヘ         男なら腹を括りなさい
...ヘ  |//l.    ~゙㍉,         、/ /   /    | ト、 ヘ
..| ヘ .|.        ~       /ヘ /  r"ヘ     j .| .\ヘ
y  ヘl                 ∠\-".!  .ヘ   /  .|  ヽ!
!     ,、            、     У 〉、  .\_/ ヘ .|          カロヤンの後継者を匿って脅しを掛けた、
ヘ    | 丶、          ~㍉_ -"‐" / \   `゙‐-l、|
〈.ヘ   ヽ、  `丶、          .~㍉_./   `ゝ-   ヽ          セルビアを見習いなさいよ
 l. ヘ.   `丶  `丶      //l.__,/_ノ /´      ヘ
 .| .ヘ     `丶.  `丶_       ̄/   ( _ ,イ´     .ヘ
  |.  ヽ、      `丶_.|/    -‐彳-‐イ「 〈   ,.ィ     ヘ
  .|    丶、           /   / ヘ ヘ ‐ ´  ,..ィ    ヘ
  ヘ     ` ‐ー--r --<´    /   ヘ ヘ、 ‐´ ヾ=    ヘ


383 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:06:49 ID:TD1M.cMA

                       ,..イ/
      ,...=─────===≦彡< _
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,.ィ、: : : : _:_:_>、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : ト: :`>.、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : :i: :\: : :.\
. /: : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : |: : : ::ヾト、: :ヽ
../: : : : : : : : : : : : : : :.:./: : : : : : : : : :.: :川: : :ハ  ヽ: !
,: : : : : : : : : : : : : :.:./: : : : : : : : : : : : :/ .}: : : : :ハ   ノ
: : : : : : : : : : :.:.:.:/:/: : : : : : : /!: :/: :/  |: : :}: : : !
: : : : : i: : : :/: ::/:.:./: : : : : |: :/|: :/イ:/ ,,i |:: ノ!: :ハ|       おかげで、こっちは油断できなくなっちゃったのよね
: : : : :.l!: : /: : /: :/: : : : : : |: { ハ:{-≠≦イ |/: 川
: : : : :,': :/: : /=}::{!: : : : :.:.:.レ::{ .__,,   |:ソ          シタラバはブルガリアとは直接国境を接してないから、
: : : :/: /: : :{ { .|: |: : : : : : :.ト: !   ̄ ̄   ヽ
: : :/: /: :.:从 i  ハ: : : : : : :|ハi、 """    r'          ブルガリアが大人しくなると、周りの国が元気になるだけなのよ
: :/: ,.': : : : : ゝ、>ハ: : : : トハ          |
: : ./: : : : : : : ∧>ー}: : : :|       _ -―'       r"⌒y
: : : : : : : : : :/     .l:.:.:.:.:ト、     {_ ,ソ    三 (  ノ  )
: : : : : : : : :/ \  l: : : :ヽ:::::......   ̄ |        ヽん_ ノ
: : : : : : :/\  \ l: : : : : Y―――="|
: : : : :/   \  \: : : : ::Vハ: :i: : :|:|
: :.:/       .\  \: : : :V \: : |:|            今迄はオーストリア派を遠ざけて、国内を纏めてきたけど、
イ  ̄ `ミ、     \<.ヽ: : : V /!: :i |
\\   ハ   /::::::::::::}: : : :V /:.:..!.|            こうなるとオーストリア派でも優秀な人間は懐柔していかないと…
ハ\\   .ハ   \::::::::::::i: : : : !:::{:.:.:. |
   ヾ }   ',    }:::::::::: l: : : :|::::!: 川
    i!    i   廴:::::: |: : : :!:/./: /


384 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:07:20 ID:TD1M.cMA

::::::,イヘ´1::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::|   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::      冗談ではない!
::::| へ  !::::::::::::::::::::::::::::::::::x" ,_`ヾ ヾ:
::::://へ、.ヽ、iヽ、:.;. ,,,.;;;´,イ  ̄ゞソ   ヾ:     何故わざわざ将来の政敵を、厚遇せねばならんのだ
ヘ,ヾl<´ ̄℡ッ、 ハヾ´ー  ̄´´   ヾ
 ト メ  ̄ ̄ノヘ
 `ヽ∨     ∧           _
   `∧      !       ┐  j 「
     ヽ、     k    _    /  |
      \  -‐=ニ ¨-´   /   ト、
        \        /  ∨∧
         ヽ     . <    /  j
           `ー―´    /  .ノj





               >'´ノノ―‐-、_r‐、  ||  _ノ
              /   / _;;;;-''´;;;;;;;;;;;ヽ7 !彡'
 -―-- 、 ___,∠    ノ'´;;;;;;;/;;;;;/;;;;_,;;レ'/ヽ;;;;ミヽ        …という問題もあるのよねぇ
                  /;;;;;;;;;;;;;/!;;;;イ;;/ヘヘ|;;;;;ヽ;;;;ヾヽ
           ___,ノ;;;;;;;;;;;,/!|」_/|/ /  リ|;;;;;;;;;i;;;;;ハ        実際これ迄忠誠を誓ってくれたハンガリー派を差し置いて、
  ヽ    _ <   /;;;;;イ;;;;;;;|;;/    ̄   、/ |;;;;;;;;;|;;ヾ、ハ
.   ヽー ´      /;;;;;.{ !;;;;;;;|;;| ´"'ー`  _ ソノ;;;;;|;;;;;| `ヽ      急にオーストリア派を優遇したら、
     |\      /;;;;;;;;;`ヽ;;;|ヾ、      !ヽ、/;;ノ;;;;;;l;;;;|
    /  |´\  ,/;;;;;;;;;;;|;;;;;;;l\    _   ´ 、i;;/;;,/;;リ;;リ        組織が立ち行かなくなるのよ
    /  |   ∨;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;|ヽ     -`   ノ_;;イ;;/ ノ
、  /   /   i ̄ヽ_/|;;;;;;;;| \    <´| /
レ'   /、  i  i  ハ |;;;;;;;;;|   >- ´;;;;|;;;;;;;l|
\_/    !    |ヘム;;;;;;;;;ト、 /;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;l|             だから、元々中立派で敵が少ない上に、
  |  ヽ    i  i   |〈 i|;;;;;;;|´ヽjヽ,;;;;_|;;;;;;;;|
  ヽ、 ヽ       | \!;;;;;;;ヽ 〉て´ ハ;;;;;;;;|            目に見える手柄があって、左遷同然で辺境に飛ばされた
   ,ハ     i     |/´ |;;;;;;;;;;| i__ノヾ  |;;;;;;;|
  /;;;;;;;∨      ん、   ヾ;;;;;;;| | |、     !;;;;;;;|            やる夫は何かと都合が良いのよ
. /;;;;;;;;;;;;;∨   い/   |   |;;;;;;;| | | \__/ノ;;;;;;|
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、  ∨   `ヽ |;;ノり | ∨  /|;;;;;;;リ


385 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:07:51 ID:TD1M.cMA

              ,<´`>、   ______ゝ\   ,〃
            /  ___  ヽ  `゙゙ー--、,;;;;;;;;;;;;; ̄`;;;;`>'/、   λ
            l  /´ , -、ヽ ヘ    ン."´;;;;;;;;;;;;;;;/:::::ヘ ///ミヽ、 | l〃      そういう訳だから
           .| .| /  } }  l /;;;;;ィ;;;;;;;,:..::::´::::::::::::::::|.l/:::::::::ヽ.ヽ''〃
            .| .| l .、丿 j   |´´/;;;;/:::::::::::/::::/::::,-,レ:::::::ヽ:::::ヽ;;;;ヽ       ここは一つ男を見せなさい!
           |  | ヽ、  ./  .|∠_::/:::::/:::::ノ::::イ::::イ/ミハ`l:::::::|:::::::ヘ;;;;;ヽ
           l  ヽ  ` ´   | //::/::::/-、' |::/|::/.|/  .|::|l:::::|l:::::|:::::ヽ:;;;l
         / ̄´丶   \     |Y:::|:::l:::::l::::/,__lメ、|l ソ  .|/l::/ l_l:l:::::::ヘ;;|
        |    l 、       ::ノ|.|イ::::l:::::l::l".γ`cヽ-   _,,∠´i,_/И::::l::::.lヽ
    ___ イ   ::ヽ|ヘヽ    :::::./ |l |::ヘ:::Ν、 l .し.l     γ´ci `メ´|::::.|::::|Ν
   i´       :::::ヽヽ`::::::::::::::: '::::/ |l:::::ヘ:! , , ̄`       lι.ノ   /::::ノ|:::l|
   |    |     :::`l:::::::::::::/:::::/:::: |:::::::::l`    _  l     ̄´、 /::::イン|ノ|
  ィ´    |      ::::::.}-‐::´:::://_」;;;;;;λ.   /‐ ̄.二二l   ∠,イ:|´;;;;;;;|
  |     .l     ::::::|_:::-‐ y /:::::::::::::..   `\/       .|   /::::::::|;;;;;;;;;;|
 .|  .|   .:l     :::::|ヽ、::/:::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ―-  __ ノ /|:::::::::|;;;;;;;;;;;|
 |  .l    |     ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::   l、. ""  , イ;;;;;;;|:::::::::|;;;;;;;;;;;|
 |  .ヘ    l   ::::::::::::::::::::} .、::::::::::::::::::::::::::::: _ ノ、 ` ´ /`l;;;;;;;;|:::::::::|;;;;;;;;;;|
 ヘ   ヘ    ゝ‐----、::::::::::::l:::::`.ー-―‐z、―彡ヘ:.:.:ヘ  /l:.:.::|`ヽ|:::::::::|;;;;;;;;;;|
  ヘ  ..ゝ---┬-、:::::::∧___丿::::::::::::::::::/ 丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ '!.|.:.:.:|  |:::::::::|\;;;;|
    .`ー―‐´`\::`゙::´::::::::>ー--- ´|  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ /.:.:.:!  |:::::::::| λ;|







              __
         _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
       ./      U       \
      , '     ___     __ .ヽ
     ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
    /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
  . .,'                        .l
    l   U.    (     人    .)    .l
    .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'        …がんばりますお
  .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
       ゝ、               /
      /` ー――――― ‐=''' く
     /                      \
    /                    ヽ
  . /.                      ',
  /       /                i   l
. /      |                |   |
 |      |                   |   |


386 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:08:15 ID:TD1M.cMA

              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l         …内緒話は終わったかの?
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l       次は、ラテン帝国とそれを作ったヴェネツィアじゃ
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l







                     _, -‐ ´ ̄ ̄ ̄``丶
                   ,. , '´, /,  / i ,.  、 \丶        元を辿れば、第4回十字軍へ遡る
                   /, ' // 〃 / ,イ∥│ | l. ヽ \
                  /〃/ 〃 '/ ,/ / i i| | l |i  !   iヘ
               /´ / / // ∠.../! ,' | l| ト ! !! |!   ! ',
                  ′〈 /i / ヒル」' Li  l」 ! 」」」_ || !!   | i     英独仏の王が集まった前回の十字軍が
                 '7,ir }, -rュミ、   \!ヾi`|ト.||  │ l
                 ,',' !! i| ` ヒツ     テ‐、`ヽ,!  l |i     連携を欠き碌な成果を挙げられなかった事を受けて、
                ,',' ∥ .||     ,    マ,._/ ヽ||  |! !!
   r‐-、           ,','  ! l !            /||  |! ||     ほれ見たことか、と教皇インノケンティウス3世の
    \ 丶           ,','  l  | iト、    '、ヽ     ∠_」!   |! ||
     ヽ ヽ , ┐    ','  ,i   !∥!|丶     _, .ィi| i ||  |! ||     呼び掛けで集まった十字軍じゃ
     ,ム  Y  !    ','   i|   !∥!| |!`ー‐ ' ´!. i l∥ | !!  |! ||
    / 、 \j  l    ,','  :i!  .|∥i !_」!     { 」 | !! !l|  |!i |i
    ノ 、 \__」   ,.  ','   ∥  !」 '´ i     ア ヽ.|| i|!   |!.| !i
  ヾ、 丶__,〉    }  ,','   ム │    |    /    \|l   !!.| ||     結果としては、予定の3分の1しか集まらなかった挙句に
    ヾ _丿    ,'  i '  r'´ !   i   │  /     /!   || ! ||
     丶     ヽ | ! /  |  ト   ヽ/     /  |   || |! !!    ビザンツ帝国を征服する、と教皇の面目丸潰れじゃった


387 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:08:53 ID:TD1M.cMA
        ,_(,(ィ----------- 、.,,_         ノ/
     ,..イ _.....,.ィ-――――――--ミヽ、     //
   ./,イ"´               `ヽミヽ、 //
  //.        ,.イ/          .| ./<´
/ /       ,.イ  /          ,/´ ̄ヾ、、
       ,..イ    / /´             .ヽ`"ゝ‐-ャ        ウチも襲われたのよねぇ…
  /  / ,イ     /    /  ∠彡ム      `i ヾ´、
     i O。    /   / /´ ヾ、彡| i      |   \       船賃が払えないなら、あそこの港を襲え
     !      /  .// /      .j  |   l   .| ミ、ヽ、,__\
    ∧ X、_____,.ノト、/ /./        / /   .|   .|  \        …とか唆されて、ザラの港町を奪われたのよ
   .i y. ~㍉、  ! /~`゙ク‐‐ノ     / /   / ∧ .ト、  ヘ
...ヘ  |//l.    ~゙㍉,         、/ /   /    | ト、 ヘ
..| ヘ .|.        ~       /ヘ /  r"ヘ     j .| .\ヘ
y  ヘl                 ∠\-".!  .ヘ   /  .|  ヽ!
!     ,、            、     У 〉、  .\_/ ヘ .|
ヘ    | 丶、          ~㍉_ -"‐" / \   `゙‐-l、|
〈.ヘ   ヽ、  `丶、          .~㍉_./   `ゝ-   ヽ
 l. ヘ.   `丶  `丶      //l.__,/_ノ /´      ヘ
 .| .ヘ     `丶.  `丶_       ̄/   ( _ ,イ´     .ヘ
  |.  ヽ、      `丶_.|/    -‐彳-‐イ「 〈   ,.ィ     ヘ
  .|    丶、           /   / ヘ ヘ ‐ ´  ,..ィ    ヘ
  ヘ     ` ‐ー--r --<´    /   ヘ ヘ、 ‐´ ヾ=    ヘ







      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i       ザラはシタラバの持つアドリア海の良港じゃ
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'        ヴェネツィアは以前から狙っておった
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ         シタラバからすると、地中海交易を行える唯一の港町じゃ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\      ヴェネツィアは良港を奪いつつ、シタラバを蹴落としたのじゃ


388 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:09:25 ID:TD1M.cMA

    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥       ヴェネツィアのこの十字軍に掛ける思いは特別じゃった
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !     ヴェネツィアは長い事地中海の東西交易を独占してきたが、
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i    この時期ジェノヴァやピサが東地中海に進出している
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \                ヴェネツィアはビザンツの海上防衛に力を貸す代わりに
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ             ビザンツ領内で特権的な地位を得ておった
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ





              __ __、                 ビザンツは傭兵の伝統のある国じゃ
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、            ゲルマン民族大移動時にも進入してきたゴート族を傭兵にしておる
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l          ビザンツの主力はアナトリアの騎兵、つまり国内の少数民族じゃ
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l          ビザンツのお偉いさんや首都の民には
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)    自分達の血を流して領土を守るという意識が弱いのじゃ
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ    古代ローマ帝国末期の悪しき伝統じゃな
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l      傭兵のヴェネツィア人が国内でデカイ顔をしていては、面白くない


389 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:09:57 ID:TD1M.cMA

     // // /  '. '. '. '.  '.     .|  l
     , ', '   ./ /  / !ヘ  '. '. '. '.  '.    |  l      一方、ヴェネツィアも自分達の血を流すのが嫌いな国じゃ
.    / /  ./ /  /l  !'. '.  '. '. '. '.  '.   .|  l
   / /  ./ / l  l l.l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l'.      内陸への領土拡張を捨て、海外領土は良港ばかり…
  ,' /!   /l  l il  l l l l. '. '.  '. '. '. '.  '.  |  l '.
  ,'./ l.  ,' il  l_il  l l l l.  '. '.  '._'._'. '.  '. !  ! '.     移民でも受け入れん限り、人口は頭打ちじゃからの
 ,'/ l__ ,' il  l`l  「ト、_.!  '.」/ヘ!´ヽ!__l_! .l  ト、
       il⌒lヽ⌒                  l .l  lン }
        il  l iト.ヽ,_,,ン       'ミ;_  ,;ャ、! l.  ! /
        il  l iL' `´  ,      `'''゙´  .l l  .l/
        il  l il iト、   __  //   ,. l.l  .l '.      そして、市民が政治参加する共和国が
        il  l il il'. \.  ヽ(  ヽ   . / !l  l '.
        il  l il il '. ,-r==、 ´ ,ィ´   ll   .l'.       徒に移民を受け入れ、市民を増やすはずも無い
        il  l il il // ヽヽヽ`¨´ヽ     !  .l '.
        il lT¨¨lトl,L.__ ヽヽヽヽ''"i     .l   l::7_     「オセロウ」の黒人船長なぞ、現実にはおらんかった
        il l !三l.|ト,,マ トl ヽ/::::::/    .l   l/
        il/´>`l.|シュ-ス| /:::::::::/   /l   l







      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \        ヴェネツィアとしては自国の船の安全保障の為に、
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ      ビザンツ海軍に協力しているのに、
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j      それをジェノヴァ辺りに利用されたのでは文句も出よう
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ         こうしてヴェネツィアとビザンツの仲は険悪になり、
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\      ますますジェノヴァやピサが手を伸ばしてくる…
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\


390 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:10:40 ID:TD1M.cMA

                    ,.. -―‐--――- 、
                    / ,.. -     -- 、\
                    / / ,. -     - 、 \\      この状況の打開を考えていたヴェネツィアにとって、
                / / /         ヽ ヽ :.
                 / / /  /  ,  :.     ':,  ',     今回の十字軍は、正に渡りに船という訳じゃ
                   '  ' /  /   | |  |  |  :.  !  ! !
                    | l| |/ ' :l | |  |  l  |l| |  | |
                    | i| |--|、 i| | |  | _ム斗| |  | |
                    | :| {_!ィ芹ミ、 リl从 ,ィチ=、l_」|  | |     90歳を越える元首エンリコ・ダンドロ自らが
                    | :| |:|、 ヒ::i:ソ    ヒ:i::ソ ' }/}  | !
                    | :|  jム     ,      从'  八     参加する力の入れようじゃった
                  , 八 l| l 、  ー 一   イ / /  |
              / :l :::. }:|  >     ィ  / /  l|
             ,    | , Ⅵ Yー 、`´,-‐、 ,  ,     :.
             /   /  } |イ:|  /r=、  /,  {     ,      結果は、イスラム教徒何それ?
               /   / ,ィ| |:::::::、/ィ介、∨::{  |::ヽ|   :.
           /   /,イ Ⅵ !::::::::/ / }! ヽ::::|  |::/ `ヽ、 ',    …と言わんばかりに、ビザンツ帝国を征服してしまう
             /   // \ | |::::::/ /} Ⅵ }:::|  |:,   / }  :.
          /   , ,   ` | |:::〈_/::||、 /}=':: \ l|:{  /  |   ,
            ,'   /r-- 、   , !::::::::::/'::∨||::::::::::::ヽ| '    .   ヽ
        /   ,' 7≧-`ヽ、}/:::::::::::{::::::::、l」::::::::::::::::Y!    }    ,    自分の呼びかけた十字軍を破門するハメになった、
          /   / と_,. -ァ    `丶、::::::::::::::}:> ´ ̄`ヽ}    ヽ    :.
       ,   / / ィ´イ' ,.--、   `> ´     _ /     }    ,   教皇インノケンティウス3世こそ良い迷惑じゃ
        /   /  ーr-/ノ ̄>  ̄         , ´ `'ー-- 、___|  :  |


391 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:11:15 ID:TD1M.cMA

               ___
           ,.. -''"´       `丶、             実は、ビザンツ征服までなら、悪い話ではなかったのじゃ
        ,.-'"´            ` ヽ、
       /ィ,ィ r  , ,      、      ヽ         なにしろ当時のビザンツ帝国アンゲロス朝は、
     /,'´/ , '  / ,/ l i  、 、  丶      i!
    , ',イ /  /,' / イ  l | i  !. `、  i!     i       歴代皇帝が全員内乱を起こして、わずか19年で滅亡する
   /.//,.ク .// ,ク / !   ! i!l  |  li!  i!     l!
   !/イ/ l //./ l / l  i l! l  |  l!  |!        l
    ! ケ/イメ、i ,' |  ,i! ハi!  i! l!  |       l!
        l l ト`i.、メ  l ハ l l! |l l. ,'l!  i      l     「小国の内輪揉めは自滅フラグ」を証明してしまった訳じゃ
        ! l lヽ!_;〉  `` 「`卞,ト| jl j ハ  ヘ     l!
      | l! !   ,   ‐‐iテュ 、 `! ./ L.i!   ヽ    l!
      li l! ヽ  、_    ヽニ' '´/./ ! ノト、   ヽ   l!
       l! ll l!丶 `ー-    ,..j!/  ,'´l  ヽ  \  l!
       ! ll l! l.丶 --┬''"´ /'´  i!  l.  \  丶 ト、
      l!  l! ハll  \ヽ〕! /  ノ.l  i!   \  丶、ヽ
      ! i´ !| ∥  / //,,. ‐'"´  !  ヽ    丶、   ヽ \
     l r〈 i!.!」L ,イ/フ /二三   |   丶    丶   ヽ ヽ
    广、 ヽ`´ ィ'///// '´r‐   ヽ l    丶     丶、  丶、丶、
   〈 丶 ヽ i /'´rヘ/ ,' //     i! l      ヽ       `丶、  丶、丶、
   /ヽ_ヽ.」'´ / i lハ. |      lト l   ヽ  ヽ        丶、  丶、`丶、
   /  `i   /  l  ! l/     / j ヽヽ   \  \       丶ヽ、  丶、 `丶、
  ,.'    |  /  ll  l li!    // l ヽヽ.   \  ヽ、      ヽ 丶、  丶、  ヽ
 i!    ,j! ィ'   l l ∨    /´  /`i  〉ヽ   ヽ   ヽ、     ヽ   丶、 ヽ   ヽ





              __ __
         ,,.-‐'''"´ ´    `、丶、           しかし、その後が良くなかった
       ,-'´,  ィ ,i  i .i ヽ ヾ、丶、ヽ、
       ./ / ,イ  i! ||i ll ヽ ヽ丶.ヽ 丶        元首ダンドロが指揮を執りヴェネツィア主導であったにも拘らず、
      / ノ ,/ /!  ∥ |.l lヽ li. li  ,i.  l
    / ,イ! l l .l ,ハ.  lヽヽヽ li li   l i  l       征服後のラテン帝国の防衛から、ヴェネツィアは手を引いてしまう
     | .l .i ll i. l l_ l、 l ゝヾヽ」‐、l!  ! .!  li
    ‐' l .l! l'´!_'  ´`  `ェ_  l  l! l.  l.l      更に強力な皇帝が出ることを嫌い、干渉も行っておる
       l .K´,-ァテナ   '"ヤ'ニソヽl .l l ヽ .i l.l
       l  l、!` `'''´           l  lノ.i l l.l l
      l l.lヾ、    _        丿 ハ l. l .l.l.ト、   ⌒)
      l l l l丶、  !、`丶 , イ!/ /l l. l l l.l.l 丶、  )   こんな状態で、周辺勢力に対抗できる筈も無く、
        il! .l l l l ll丶--´ '´ .」フ' /l.l .l. 丶 l l.l.l 、_ノ
       i|.l! l. l l,l ll ,iゝ、,-''"´ ./ / l.l .l 丶 l. l.l.l       地中海の制海権は徐々にイスラムへと奪われていき、
      ,i.l.l! l l .l! .l lノ!,r'´\  ./ / \、. ヽ、 丶l. l.l.l
      i.l l! l l .l /ィ´//l、ヽ〉ソ  /  / ヽ、丶  ヽ、.l.l      ヴェネツィアは幾許かの繁栄の後、緩やかな衰退を迎えていく
     i.l l! l lィ、 くィ´/l ll、ヽ/  / ./     ヽ,  ヽ、l.l


392 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:11:47 ID:TD1M.cMA

 /        ./  /./   i、 / /|    /   /     ヘ    ヘ
    /  /   / _!/_,,,;ノ  ヾメ、 .j   /j  / .|     |     ヘ
 // / /   /| / / ...,´   / `メ‐-// |  /|  |          .i    まぁ、ただの自業自得よね
´ ./ i /|  ./=|!彡ミ :: ,.  ノ `、/ /´/ `jヽx、.j  |     |     |
 /| .| | ! /〃ij ゙゙ ,,,ノ   ,,, /´""㌦/ /  メ、 j     i      .|
/i .| ii | |ヘ/   .j   |::..   ""     /゛㌦,,/ ./     |      .|
..| ,| .|ヘ .| | i      ゙          ´   /  /     /|      |    制海権は確保して欲しいけど、
..|i ソ ヘ  l     `l丶--------,      ./  /     / |     .|
..l     ソ!.     |  ̄`゜""丶-ノ    ./ //     /       .|    そのためのコストは払いたくない
    /  ヘ    .|   /   ./   /..イ´ /     /  /     .|
  /    .∧   | /    /--=´イ´  ./     /         .|
/       ∧ /´j´    /      /     /  ./      .|
    _,,,,,,_,,/,,/ ./`‐‐‐ "´      ,,.ノ     /   ./       |     そんな甘い事を考えてる時点で
  r-、|  i  !  / ゛"    -==二___,,,...イ/    /       |
.,イ'\|| .|  .l  .l ゝ、__     ._,,,,, イ    .|/    /        |     現実が見えてないわよね
    || | ./  〈 `丶‐ ̄| ̄ ̄          /    /        |
    ソ / (  ヘ    ,.l            /    /         |
   l( ヽ、 ヽ   ヽ  / .l           /   j゙゙゙゙゙`゙\      .|
  ./ ヽヽ ヽ `   ヽ'            //   .|     `\    |
  /   `ヽ      |          /  i    i       `\ .|





      ヽ                \
     /⌒¬┬、           \         このカナメの反応を見ても分かるように、
    / //i| ||  Yヽィr、       ヽ
   // / /!」!__|!  | //ケi ヽ       ヽ       西欧の領主達からはヴェネツィア人は嫌われておった
.  // / ,イ´LlL_|| │`イ !∨」\       i
    ̄``| T「 ̄|   |L. ! |ヽ\  Yヽ.     j
 ハ   丿 U   l   |うiヽ\ \ヽヾi「`ー─'
  ッ  「 _"" !   レ/  ヽヽ `ー'川          体育会系の部員がイケメンの文化部に、
  ハ  、` ノ | i j´ヽ  ∨i i l !|
   ッ  ヽ  _」 / l   、   l l ヾヽ         「何、調子こいてるんだよ」と絡むのと大差ないレベルじゃなw
   ハ   ´ |/ l >¬   ヽ ヽ  ヾヽ
         ,ノ /    ム  ヽ ヽ  ヾ\
       /' / >‐',、´r ヽ   \\ \\


393 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:12:20 ID:TD1M.cMA

    ,,″,′ ,7 i  i ! l l  i|   i! ! i  ヽ   ヽ  i 、  ∥
   ,″〃  i| |!  !i  ! |  l !   !  ト  ト、   マ∥!   ∥
   ,'  ,'|!  l ! ∥  ||!  l l   ! l   '  ヽヽ ヾヽ   iリ |  ∥ i     後は、ビザンツ皇族の作った亡命政権じゃが、
  ,'  ,'∥ ||i i|!  |!i|   !|i  l. ヽ   '、  ヾ 、 '、ヽ  |!.!,   |ト !
  |  ! ∥ i ! |∥  !||  lト  ! ヽ  ヽ.  ム、ヽ‐-、 '!|   ∥|! l    シタラバにはほとんど関係が無いので、
   ヽi  |  l l | ||  ト|!、 llヽ  i  ヾ 、ヾ´ 丶\ヽ ヽ」|   ∥i|! !
       ヽ、! !、||!、」ャキ-ミ、 ! ヾヽ '´ ヽ> ュ─r= ッ'||!   ∥||!ト,l   ここでは割愛するぞ
          i`! | ヽ ∨ヾ     /  し′  j} /  !i.   ∥||!i !i
         | ,ィ! i、ム_」       - ゝ にノ'´  ,′  .∥||!川
         |レ‐ヤ |!ト   /      、─────'───'─‐-
    _, -─ 7  } ||!ヒ‐、 `        \
    丶、   l   ! ||! !  丶、ヽ  ¬ニヲ \
      丶、,′ ,'| ||! |i    ヽ     ′  \
      _   /   .,' | ||! |L      > 、_,  ´ ヘ
    / `丶  / ! !!'´  )   /      ∧∨ヽ





                _____
           ,. ‐'"´      `` 、             英仏はそれぞれ、フィリップ2世尊厳王と失地王ジョンの治世じゃ
        , '´      ‐ 、     丶
       / ,       、\  丶、     \                歴代フランス王でも屈指の名君と
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ               イングランド史上でも稀に見る凡君じゃ
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ           結果は言うまでもあるまい
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二    ただし、ジョンについては同情の余地はあるがの
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_      兄の遠征費用を捻出しながら国内を纏めていた手腕や、
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ    結果としてじゃが、後の市民革命につながる
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ   マグナ・カルタを残した点は評価されるべきじゃろう
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ    神聖ローマ帝国(ドイツ)は帝位争いの真っ最中じゃ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``    北イタリアとシチリアにも領土を持っておるから、
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_       教皇も絶賛介入中じゃぞ


394 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:13:48 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●


395 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:14:09 ID:TD1M.cMA

   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |   ( ―)(―)             ,  、           婆さんは、話が長くて困るだろ
  .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
  |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )
  .|        ノ            ヽ `ー ノノ         まぁ、シタラバに絡むところは、
  ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ
   >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ                     カナメ様が纏めてくれてるだろ
./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
(   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
.\  /   /   {  /







      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |            やる夫が期待されているのは、意外だったお
. |   (__ノ ̄    /
. |             /             水銀燈の話だと、もっと警戒されているかと思っていたお
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ







   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)        やる夫を警戒しているのは、カナメ様というより、
 |     (__人__)
  |     `⌒´ノ         カツヒコ様とその取り巻き、つまりはハンガリー派の重鎮だな
  |   ,.<))/´二⊃
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉        「奇跡のトウドウ」とやらを手懐ければ、カナメ様は喜んでくれるだろうが、
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \        カツヒコ様は闇討ちして来かねない
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ


396 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:14:46 ID:TD1M.cMA

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │       どっちらにしろ【山賊】フラグかお?
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │       どこの【山賊】だろうと、【山賊】に変わりはないお…
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /







   / ̄ ̄\
 /   ⌒  \
 |  ミィ赱、i .i_r赱     そして、期待に応えられなければ、
. | ::::::⌒ (__人__)
. |     トエエエイ     水銀燈に【山賊】フラグだ
. ヽ     `""´}
  ヽ     ノ
   /    く       自分の立場が、どんだけヤバイか理解できただろ


397 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:15:18 ID:TD1M.cMA

           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ        頼りにしているわよ、旦那様♪
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈







     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |         防柵はマジ大至急だお…
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


398 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:15:39 ID:TD1M.cMA

                    ●


                    ●


                    ●


399 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:15:58 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',.   u     ,,. |:     /ン        …あの、お話は終わりましたか?
      ,一´、:',        、 /::    /
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ    , -――一 , ' 、 \
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \







      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      あぁ、待たせて済まなかっただろ
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       新米領主様に、ちょっと気合を入れてたんだ
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


400 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:16:26 ID:TD1M.cMA

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●       VIP村のこれからの方針としては、
   |      (__人__)
.   |        ノ       まずは農業よりは商業で金稼ぎだな
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │      幸いここはドイツとイタリアを繋ぐルート上にあるからな
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /







       ____
     /      \
   /   ⌒   ⌒\       具体的なことは、村人を集めて説明するお
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |      上から命令するだけでは、人は動かないお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ       ましてや、これまでの生き方をガラっと変えるような事なら


401 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:16:59 ID:TD1M.cMA

       ,  '´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
       {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.       }: : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : `}
      /: : : : :, _ - ‐ -`、::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::: : : :く
      lー ´       `ー ''- ‐- '´ー 、:::::::::::::::: : : ソ
        l_ _                ヽ、 , /´: : :,'
       l: : : /,, ̄  ̄ ー -、- ー 、_    /: : : , '
       /,: : ´/,-‐=== = 、ゞ: : : :, '二 `ーV、: : ´
      { ',ゝ::/   ,= = ヾ   ゙-- ´r - 、㍉/) `´     わかりました
      `、i: :ヽ,  、f´ヒソ`    i  f心 ソ /,'ケ
       ヾi: : ゞ.      ´    l  `゙ ´ ./} /
        ヽ:',         ,,. |:     /ン
      ,一´、:',        、 /::    /          (随分若い領主様だから心配だったけど、
   , '  / l::ヽ  、             ,.' 、
 , '.    /  ,!, ,' ヽ  `ー ――――' , ' 、 \         意外としっかりしているじゃないか)
/.    イ//  '.  ヽ    ゙゙゙゙  , 'ト  l  ' ,
     l     !   ヽ     , ' l \ l   ',
.     |.     ',    ヽ _ _, '  /    |    ',`‐
     |      l          |      l    ' , \
     |        |                 l    \. \


402 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:17:20 ID:TD1M.cMA

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \      ただし、反論は認めないお
     |       (__人__)   |
      \      |r┬-|  ,/
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l







      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐ 、
    ,. '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::_ --" ̄_ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
  /:::::::::::::::/  _,.-' ''ゞ:::::;::::'ミ,、:::::::::::::::::::::::::::::l´
 ,.':::::::::::::/  /  ,,イ゙\゚- '入、ヾ,::::::::::::::::::::::::::l
 /::::::::/ // -‐''"_ヽ'、 l l′/`_''l::::::::,──''"´
 ':::::::/ ,.イ::/ /∠´ `ヾ' l lレ'´ 'ヾ''''
 i::::/ ,.':::::/u i{,_,,  ゚ }! l li{,_,. ゚ }
 l::/ /:::::/u uヾく,_,ノ′ l lゞi-rイ
 ,' /-、::::ヽu    ' ' ` ,__〉〉  |
.  /l 「ヾ::::ゞ  ,.r‐     `'U'U__,.ィ}|
 /::::| ー}::::ゞ/,r 'T"丁 ̄| ̄ | l|'|
 }i::::iト、}::/ ,イ  |__,∟ ⊥ _|__,l|.|
 `i::iiiハ/ `| i l_/       _,ノノ||
.  }ii.j    l |Y/      ‐┴''" ||
  ゙l.!   |. 仁   _,__      ||
  /.    l lニレ'´     `ヾ'、  ||
  /     ヽ 「]、       ヾ>、||
/      . ヽ`「ヽ        }H|\
            ヽ`「ヽ、、,__,,ノj‐||  ` ー─
   u        \`'〔`'T''''''T´ ,ノ|
             \ ` ̄ ̄ ̄ /
               `-──‐′


403 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:17:47 ID:TD1M.cMA

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (―)(― )   |       …というか、そんな事をしている余裕はない
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
   .l^l^ln       |        実際、今のVIP村の農業生産量では、食っていくだけで精一杯だろ
   .ヽ   L       ノ
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     ヽ         早いとこ結果を見せないと、こっちの首も危ないしな
  /   /      |







       ____
     /      \        とはいえ、先立つ物がないと話にならないんだお
   /   ⌒   ⌒\
 /   ( ●) ( ●)ヽ
 l      ⌒(__人__)⌒ |     それと、外交や軍事に詳しい人間は絶対に必要になるお
 \     ` ⌒´   /
 /             ヽ


404 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:18:15 ID:TD1M.cMA

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( 一)(●)
 |     (__人__)        …という訳で、俺は周辺国を回って借金の相談に出掛けてくる
  |     `⌒´ノ
  |   ,.<))/´二⊃      ついでに、使えそうな人材がいればスカウトしてくるし、
  ヽ / /  '‐、ニ⊃
  ヽ、l    ´ヽ〉        「奇跡のトウドウ」の噂も集めてくるだろ
   ,-/    __人〉
  / ./.   /    \
  | /   /     i \
  |"  /       | >  )
  ヽ/      とヽ /
   |       そ ノ







      ____
    /  ⌒  ^\       やる夫は、村のみんなにこれからの方針を話して、
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ     農作業の合間に防柵作りだお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


405 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:18:41 ID:TD1M.cMA

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´      銀ちゃんは、やる夫と【わっふる】ね♪
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_       将来の労働人口を増やすのも、大事なお仕事よぉ~
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::







   ._ _ _
..(ヽl_l_ll_l,l
  ヽ  r
  │ |
   |/ ̄ ̄\
 /    \ ノ
 |    ( ●)(●)      【男だらけの開拓村】を代表して、強く抗議するだろ
 .| ノ(  (__人__)
  | ⌒    ` ⌒´ノ      富の偏在は、内輪揉めの元だろ
  .|         }
  .ヽ        }
   ヽ     ノ
   l/   く
   |    |
    |    |


406 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:19:13 ID:TD1M.cMA

 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      目に見える目標を村人に提示するのも大事なのよぉ
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|        奥さんが欲しい人は、やる夫に付いて来なさい…ってね
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \







           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\        やる夫に任せておけ、だお
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
  `ー---‐一' ̄







           ,,-''' ̄ ̄ ̄\
         ,,-''           \        マジでお願いしますだろ
  / ̄ ̄ ̄               |
 /                    |
 |    .i                   /
 ヽ   `-一''''''"~~``'ー--、 -´´-一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


407 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:19:43 ID:TD1M.cMA

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □



          やる夫がVIP村の領主になったことによって、

          VIP村に嵐が訪れようとしていたのであった…


408 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:20:15 ID:TD1M.cMA

                _____
           ,. ‐'"´      `` 、
        , '´      ‐ 、     丶
       / ,       、\  丶、     \              ところで、私が本編に登場という話はどうなったのじゃ?
        // / !.i i i 、  `、 ヽ  ト、       ヽ
      /./ ' 1∥∥!.ヽ.  ヽ `、 `、ヽ  \  ヽ            やらない夫の嫁というのは、ちと気に入らんが
     i イ  ! li |、 i ト ヽ  ヽ. 、   、 丶  ヽ  ヽ
     ','i イ! | i |ヽ ヽ丶ヽ丶ヽNト   、  \ 丶 丶ヽ
     i!!| ∥i! ト」! 丶.ヽンと"ー= ミ、  、   丶_ヽ  ヽ三二二ニ==
     !! レ'| i.| テェミ `` ,ィ元j''ラ ヽト   ト、   `ヾ、   ヽ、__ ュ
        トi i.ヒ'」   └┴   i5、ヽ `、丶、   `` ‐-、._`丶  ``
         i!ヽ丶 '   _,    ,.イヘ ヽヽ  ヽ 丶       `` ‐ 、二
          ! ヘ. `丶` ‐ ´,. '   iヘ ヽ. i ヽ  トミュ二 、        ``
          ', ',ヽヽ `T´ !    ヽヽ\ヽ \ヽ`` ‐-三三ニュ-、_
            ヽ.ヽ冫ルソ'´! ,  ,.ィ入ヽ.\!  ヽト≡─‐- 二三三``ミ
          冫7 ./``  ' フ´ ,/ `ヽ`ミミ 、 ヽ 丶二三三ヽ‐三ミ
           / ./ /    / /       } 、 丶ヽ、 ``丶二ミ 、 `` 三
        _ / / ,/  __,/ /,ィ     ,ヘ ヘ、 丶`丶、  ``  、ミ   ヽ
      ,ィメ ヘ∠广  ̄___  ,y'    /  ヽ 丶  丶ミ‐-、    ``‐、
     戊  ,㌧ ‐' ´    `ン    ∧    丶 ヽ   ヽ  ``丶
     ,レ'`'"´    ,.:ュ_  /    ,ヘ 丶    `丶ヽ   ヽ   ヽ``
    /      _,. '´`` ─/     イヾ 丶ヽ      `丶、 ヽ   ミ
.   /     , '丶、        ,イハヽ 丶 \丶       `` ‐-
   丶 -‐'"1    `` ‐- 、__,,イ ヽト ヽヽ丶\丶、         ``
         リ          〔 ト 丶i、ヽ!  丶丶-`丶、_
       i|             i ヽ  ヽ ヽ  `ト、 ``‐- `ニュ_


409 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:20:36 ID:TD1M.cMA

  /' // / .〃 '! ,ハ  ll !. i !i  i    、ヽ,
 〃/,/ ,' ,′,7 ,' i l .i  |i l  |:||  | l i  .,i '´
. ,'〃7 ,' .i」_i_|  ! |│:!  i', ! |:!!  ト リ "            その件ですが、作者的にどうしても都合が悪いので、
/.,' / i i|. ´!.|」 |``|│| 弋'¬‐i-、!||   :!'´
 `' ヽ」:!iH,r=ュミ' `! >二 !_「i|  | _, ュ   /         代わりに出番減という方向で落ち着いたようです
  ‐-  |i l` l: ト    '"T ¬:、.||  |´ j!  /!
  ─  || l ` '′     ゝニリ' !!   ! 人イ  |i
  -‐  || .|!  ノ         ||  レ' ,.イi !  ||
     |l .ト、             ||  |ィ | ! i  ||
     ||  !.|\  ̄'     , 」|i  ∥! | ! |. ||
     ||  | !  \   _,  '7 .川. ∥| │! |: ||
     ||  | |     ̄ヾ,_/  :i |.!  lヘ!i .! | |: ||
     ||  |│    , '7  i  ,」.,!| │:ヘ│| |: ||













                              ____        l       ┃     ━┳┓     ヽ
             , 、_            , '´_      ̄ ``ヽ、   ヽ    ┃       ┣┛     ,/
            , ─-'´  ヽ           /- '´      〉ゝ'   \  l     ┃     ━┛       /
       _/    、    \      / / //    ,  ⌒   ヽ  ヽノ     ┃             /
      /       !       ヽ    / l i // 〃 1 !i ヽ ヽ  ヽ ヽ、    ┃     ━╋━    ヽ
    r¬    i    l、__, -|L.     i  ! |i.ヘ /i /!| l.ト, ヘ  |l  |  i    ┃     ┃┃┓       〉
    l   i   ヽ    ヾ、   /   ヽ  ! │ :!__,∧|/ |! |!l l  ト ||  |  l !.    ┃       ┛      /
      !   !   ヽ __,ノ フ‐'´    }  || ,1 | `ヽヽ l ∥! l !_ 」!  ト  ヾ!   ┃                /
     l   ヽ、_/ヾ、 〃⌒7 _,/ヽ || !j  ト、   ヾ└‐レ 弋|ヘ ||  |ヾ、 i             ╋┓┓   /
     、   > ‐ァ--Z___, -< /   ヾ|」| │ `ー‐_   ´ ̄ ̄`7!  !\ヽj  ┃┃┃     ┃┃┃   !
      丶ニ二∠__, ベ、   /     || │、  ル' ̄ヽ `ー‐ '/ ||  |ヽ ∨    ━┛       ┛     ト
                   丶、 /        ||  | ヽ/    リ  _,.ィ示l!  |ヽ∨  ___     ____,|
                 `¬-.、_     ||  |  !    /‐ ´ ヽ! ||  ハ ムイ´ヽ丶 ヽ \  /
                     `T丶」l  !   ! ̄ ̄7   //!! | 〉{_`丶ヽミ三丶 ∨
                      | || ∥ ト、 l  / _,//  || | Uヽ、 ∧ \ヽ 丶ヽ
                      | || i|!  lヾヽ|/- ニ='  iヘ  || | f' ヽ  ハヾ、 ヽ \`ヽ、
                      | || |||  |i Y=イ     !イ ヘ || | `┬‐ ' ヽ ヾ、 \ヽヽ \


410 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:20:59 ID:TD1M.cMA

              ,r、
                 ,ィi i               /`i
          , -‐ ' ´ ̄ ̄ ̄ 丶、      /`i |
       ,. '´ ,   、  ヽ      丶   /  l ,!
      / / / i, i  ヽ  ヽ.      ヽ/     .レ
    / / / / i i |i |   ヘ  i    /    /       作者としては、本編キャラには任せられない、
.    /イ / / '|│! ! i !    !|  !  /     , '
   〃'./ ' ,' ! | ! | li   i|  |!/      , l          現代知識を交えた解説をマスターに任せていく方針なので、
  / ,'/i !  | !| | jヒ弋¬¬  !! , -ィ  ,. i  i
  ! !|∥i ィ´二!  ̄弐¬ヤ |  |! '  i , ' l  |          本編に登場されるのは果てしなく都合が悪いそうです
    ` 「i ト ヤT    ー'  i|  !i  ,/l  !  !
     | ! |i! `丿       !|  ||/l  l   i  |!
     |.l. ||ト    __    〃!   |i i ! |  |  |!
     ||  || i 丶´      / i   !! ! ! !  !  !!
     ||  || |  |ト、 _, ' / |!   !!i i i l  |  |!
     ||  ||i.!  |i 冫ィァ -‐||   |! ll | i  l  !i
     ||  |||!!   !i !7'´ ヽ.  |!   |ム!| ! !  !  !i
     ||  |||!|  !∨ル、 / ヽ. i|  |  \! !  i  |!


411 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:21:27 ID:TD1M.cMA

                   ,.  ーイ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄`"'   _
                      /        イ      \ `丶
                 /// / イ  /| |   ヾ      .∧
                    / / /  〃 / | / .| |  ト  ヽ    ',   .∧
                / / /|  | |  | | | | |  | |   |   |   .∧       理由は納得出来ても、
             /_/|_| |_H_|- |__| _.ト|_|__|__.!   !     ∧
                 | ヽ _      _    |   |      .∧      気持ちは納得せんわ…
                 |  ┯━┯   ┯━┯ァ |   |      .∧
                   l   ハ_ノ    ヽ_ノ   !   !       .∧
            ,. - 、.,__!  /V/      /VV/  .'   A       ∧
            `⌒'ー-`ニ_ー-、,_ _ ,.      /   /ヘ )、     .∧
                !  ヽ\ __(     { ̄ `Y´ ̄ ̄ ̄ ヽ.    ∧
                _,. - '"|   ト ._ __,,...丶-─<    |          ∨   ∧
     __  _,. -'"´    |_,  ┴''"´       >   |           ∨  ∧
   /    `´   _, - ''"´           _,, >   レノ          ∨  ∧
  〈//./  ̄ ̄ ̄     __ ,,.. -─ ''" ̄  ̄ア-''二_ -、__ノ./ ∨  ∧
   `ヾ</へ _ ノ ̄ ̄                   `' - 、 ア    !   ∧
                                     `'-、    ∨   ∧
                                           `'-、   ∨.   ∧
                                         `'、  ∨   丶
                                              ;





               __     ,.、
         ,ヘ, '´ ̄     丶  / !│
          /´   ヽ  丶   ∨ ∨
        / / / ト |   ヽ  ! /   /          お気持ちは分かりますが、
.       / /, ! ト  ヾ    l! ∨   /i
      / !1 |│l __,.ィ─┤ lヘ, / |           既に決定したことです
       i  |.|!r七ト´  rャ:ヤ ∨./|  l
       レ'´ || ヽヘ.フ   `´ l  lイ !  !
.         ||  ト  '      !i l   l  l
          !!i |! ト ヾ⌒ ィ'|| |   l  |
          l|j l! ||  |i7t//!! !   |  l
          || ! !∥ 」 /ヾ || l \」  !
          || l | !//イ ∧」| |   >-、
          ||,」 レ  /⌒! ∥ .!  / // `ヽ
        / ヘ. ト、 j  |  |! l / / !    i
          /  ∧!   |   |  jレ' / / |   /


412 : ◆NiVO3Ffeio:2013/02/23(土) 20:21:51 ID:TD1M.cMA

>…おのれ、かくなる上は…

>マスター、落ち着いてください

>出番減の前に無双回を戴いたんですから…

                    ●


                    ●


                    ●

                                         おしまい

関連記事
スポンサーサイト




Pagetop
syougunmk-9
価格:110円
平均評価:null(null)

新型SRC体験版
syougunmk-9
価格:無料
平均評価:null(null)

モンスターカンパニー
パン@ブルークリエイター
価格:無料
平均評価:4.4(604)




以上の内容はhttp://daisanjisuper.blog.fc2.com/blog-entry-82.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13