学生同士の切ない恋のシチュエーションを想像させる、新曲。鈴木愛理は「はい、中学生のとき。帰宅する場面を妄想してます」と説明していた。 (撮影:野原誠治)

アイドルグループ・℃-ute(キュート)が21日、東京・池袋サンシャインシティで新曲「君は自転車 私は電車で帰宅」の発売イベントを開催。5名のメンバー(平均年齢17.8歳)で、ミニライブと握手会のプログラムをファンに届けた。

℃-uteのシングル18枚目は、初のバラード曲に。タイトルから想像されるように、学生の恋愛を描いた、キュンと甘く切ない情景が浮かぶ歌詞となっている。

会場で、しっとりした雰囲気を感じさせた、ライブパフォーマンスを披露。岡井千聖は「はい、新しいチャレンジ」となりましたと、笑顔から真剣な表情を見せた。そして「曲を頂いて、歌はもちろん。ダンスの内容もガラリを変わりました。なので、メンバーと呼吸を合わせて、取り組みました。引き締めた気持ちじゃないと、曲のイメージが伝わらないと思っています」と戸惑いもあったもの、その変化を受け止めてきた様子。

リーダーの矢島舞美も「そう、曲のイメージが聴いてくださった方に情景が伝わるよう、メンバー5人で話し合ったことがありました」と、のりきれたキッカケを説明していた。

総合プロデューサーのつんく♂。同曲の仕上がりや狙った部分について、以下のようなコメントを発表している。

この楽曲はとにかくシンプル。それがテーマでした。

歌詞の世界感は、ページをめくるように進んでいく短編映画のような感覚。メンバーの呼吸音まで聞こえてきそうな、そういうリアリティを演出しました。

彼の自宅で昼間遊んでいたのか、単に彼の地元駅周辺で遊んでいたのか、わからないけど、最後に見送るとき、彼は駅まで送ってきてくれました。(ま、当然といえば、当然か…)

夜遅くなると門限に引っかかるので、時間を気にしながら駅についたところから、始まるわけですよ。

すごく切なく、もう二度と会えないような迫力の二人ですが、きっと明日は明日で、学校で顔を合わすんだと思いますよ、この二人。

でも、恋愛の起動時間って、24時間じゅう、頭の中は恋人だらけだし、もうそれ以外に、何も入ってこないもんね…。

18日に発売されたばかりの同曲。その世界感を打ち出すべく、新しいプロモーションも展開された。

発売月となる4月いっぱいの、1ヶ月間。毎日1本づつ、合計30本ものオリジナル映像が、You Tubeのオフィシャルチャンネルで配信中なのだ。メンバー個々の魅力にも、クローズアップされていたりして、趣の違ったMV映像が楽しめる仕組みとなっている。

■関連リンク
℃-ute Official You Tube Channel(4月1日から毎日1作づつ公開)

℃-ute(キュート)
(写真左から)萩原舞(16歳)、矢島舞美(20歳)、鈴木愛理(18歳)、中島早貴(18歳)、岡井千聖(17歳)

鈴木愛理 矢島舞美 中島早貴
写真左から:鈴木愛理(すずき あいり)、矢島舞美(やじま まいみ)、中島早貴(なかじま さき)

岡井千聖 萩原舞
写真左から:岡井千聖(おかい ちさと)、萩原舞(はぎわら まい)

鈴木愛理 矢島舞美 中島早貴
写真左から:鈴木愛理(すずき あいり)、矢島舞美(やじま まいみ)、中島早貴(なかじま さき)

℃-ute ℃-ute

℃-ute ℃-ute

℃-ute 鈴木愛理
ライブパフォーマンスを披露した、℃-uteのメンバー

イベントには、珍ゲストが登場する場面も。大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有(25)をモノマネする芸人、ミニビッシュ(36)が現れ、ヒット祈願の1打席勝負を実施。会場を盛り上げた。

打席に立ったのは、矢島舞美。小学&中学生のときに、野球とソフトボールの経験を活かし、ミニビッシュからライナー性の打球を打ち返し「ヒットの兆しかもしれない」とメンバー同士で喜びあっていた。

ミニビッシュ

ミニビッシュ ミニビッシュ ミニビッシュ
珍ゲストが登場する場面も。大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有をモノマネする芸人、ミニビッシュが現れた

■写真ギャラリー
鈴木愛理
矢島舞美