カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

写真拡大

自身のインスタで表明「足引っ張らないように精一杯頑張ります」

 カブスの鈴木誠也外野手が8日、自身のインスタグラムを更新。来春開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場を表明した。メジャー組では大谷翔平投手、ダルビッシュ有投手に続き3人目で、世界一奪回に向けて侍ジャパンにまた1人、強力な存在が加わった。

 鈴木は「報告遅くなりすいません! 僕もWBCに出場させていただきます。足引っ張らないように精一杯頑張ります。ではさよなら 栗山監督胴上げするぞぉー」と綴った。

 メジャー1年目の今季は、故障に見舞われながらもカブスの右翼レギュラーとして111試合に出場、打率.262、14本塁打46打点だった。2017年の前回大会では全5試合に出場している。

 前日には、米カリフォルニア州サンディエゴで行われたWBCのメディアデーに参加した侍ジャパンの栗山英樹監督が「日本のNo.1の外野手であるのは間違いない」などと話していた。攻守で中心人物となるべき鈴木の出場は、日本に大きな力をもたらしそうだ。(Full-Count編集部)