遊んでいたが電池切れ、足を放り出して脱力するコーギー

写真拡大

 お尻をスライドさせ、独特なくつろぎ方をするコーギー。伏せた時のお尻のフォルムが見事だと、飼い主さんのツイッターにはたくさんの反響が寄せられている。階段を下りるとき、おもちゃを追いかけるとき、どんな姿もチャーミングなのは、コーギー犬にしか出せない特有の魅力。目が離せなくなってしまう理由を飼い主さんに話を聞いた。

【動画】短い足を自在に操り、平らになってしまうコーギー「ずっと見てられる」

■伏せたときの脱力感がたまらない

 コーギー2匹と暮らしている飼い主さんは、彼らのチャーミングなくつろぎ方をSNSに投稿。後ろ足を秒で放り出し、敷物のように平らになる姿には「可愛いプリケツ」「永遠に見ていられる」とたくさんんお反響コメントが集まっている。

「2匹とも生後2ヵ月でうちに迎えましたが、当初からこのくつろぎ方でした(笑)。当時は犬がよくやるポーズなのかなと思って見ていましたが、このコーギー特有のぽちゃぽちゃした体型と短い足が面白さと可愛さを引き立てているのかなと今は思っています」

 コーギーの魅力は「チャーミングな体型といつもニコニコしていて人懐っこいところ」と飼い主さん。「伏せたときの“べちゃっと感”はコーギーにしか出せない魅力だと思いますし、いつもニコニコしているとこちらまで幸せな気分になるので、毎日元気をもらっています」。

■「自宅でも無防備に転がっている」

 写真の犬は、コーギーのぺぺちゃん(2022年1月生まれ)。ドッグランに初めて行った際、身体を動かしたり友達と遊んだりせず、寝転がってしまう姿が反響を集めた。ツイッターでは「友達作れなくて寝てた入学式の俺みたいや…」「大物(笑)」という反響も。

 飼い主さんは「毎回満足すると草むらで寝ようとするので、これが好きみたいです」と、いつも通りのスタイルであると話してくれた。

「ぺぺは自宅で無防備に転がっていることが多く、あの写真もそう珍しいことではなかったので面白がっていただけたのは少し以外でもありました。その後も何度かドッグランに行っていますが、相変わらず草の上でごろごろするのは好きみたいです。最近はちょっとずつ、他のわんちゃんにも挨拶しに行けるようになってきました。体力も充分あるので、アウトドアを楽しみたいと思っています。ドッグランもそうですが、キャンプやハイキングなど一緒に行きたいと考えてます」