1本目のスターティングメンバー。

写真拡大 (全3枚)

 2022年8月17日、U−19日本代表候補がトレーニングマッチでU-19ベトナム代表と戦った(40分を3本)。  

 1本目のシステムは4−4−2で熊田(FC東京U-18)と北野(C大阪)が2トップを組む形となるが、立ち上がりはペースを掴めない。特に組み立ての局面で苦しみ、自陣に攻め込まれるシーンもあった。

 しかし、そうした展開でも焦らず、14分には左サイドのクロスに頭で合わせた熊田のゴールで先制。これで落ち着いたのか、18分には永長(川崎)がループシュート、続く19分には山崎(筑波大)のクロスに反応した熊田が至近距離からシュート。いずれもゴールにならなかったものの、日本は徐々に流れを引き寄せた。
 

 山崎、松田(水戸)が担う左サイドの連係が光り、そこに北野が絡む攻撃は目を引いた。もちろん細かいミスも目立ち、相手を内容で圧倒したわけではないが、菊池(長崎)と田中(柏)の両CBにボランチの藤原(磐田)と吉田(名古屋)を加えた4人が安定感をもたらした結果、1本目の日本は総合的にまずまずの試合運びを見せた。

【動画】ベトナム代表とのトレーニングマッチ詳報
 1本目から5人を入れ替えた2本目、日本は序盤からボールを支配。FWの升掛(柏)が流動的なポジショニングで相手を混乱させつつ、右サイドハーフの永長が良い絡みでフィニッシュに持ち込むなどして、チームはいくつか見せ場を作った。

 ただ、肝心のゴールがなく、そこからメンバーを大幅に入れ替えた2本目の20分以降は停滞。ボールは持てても、ベトナムを崩せない時間帯が続いた。前線のほうでリズムカルにパスが繋がるシーンは限られ、決定機を演出できなかったのだ。
 

 左サイドハーフの熊取谷(明治大)の仕掛けから何度かチャンスになりかけたが、ベトナムの守備を崩すには至らず。35分過ぎに迎えた好機ふたつもモノにできないまま2本目を終了した。

 この40分間に限れば、スコアレスドロー。やや単調な攻撃に終始し、ゴールがなかった点は大きな反省材料だろう。
 迎えた3本目、2本目のメンバーがベースとなった日本は積極的に仕掛ける。そして3本目の7分にテンポの良いパスワークから熊取谷のスーパショットでゴールを決めると、その2分後には熊取谷のクロスにドンピシャのタイミングで合わせた坂本(G大阪)のヘッドで追加点を奪った。2本目以上に縦にパスを入れる意識、さらにシュートに持ち込む意識が強かった印象で、それがゴールに繋がる布石になったと言えるだろう。

 3本目で存在感を示していたのが右サイドハーフの中村(G大阪)。巧みなドリブル、鋭いスルーパスで局面を打開するなどセンスを感じさせるプレーを連発し、終盤には華麗な個人技からシュートに持ち込みそうな場面もあった。ミスもあり完璧な内容ではなかったが、足もとに収まった時の安定感は目を見張るレベルだった。
 

 3本目は横山(松本)のPK、坂本のミドル弾もあり結局4−0でタイムアップ。結果、日本はトータル5−0で勝利した(1本目は1−0、2本目は0−0、3本目は4−0)。

 ちなみに、U-19日本代表は9月に開催されるU20アジアカップ・ウズベキスタン2023予選を戦う予定になっている。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)