筆者がどうにかしたかったのは、この場所

スマホにイヤホン、タブレットにモバイルバッテリー、子どものゲーム機…。充電の必要なアイテムが暮らしの中に溢れ返っているこの時代。ケーブルの種類が複数あるというのがこれまた厄介で、家族がその都度必要なケーブルを抜き差ししたりするので必要なものが見つからず、あれでもない、これでもないと端子とにらめっこ。コードどころか頭までこんがらがってしまう始末です。

そんな“ケーブルごちゃごちゃ問題”をどうにかしたくてずっとケーブル収納を探していたのですが、ようやくニトリで理想的なアイテムに出合えました。
◆ごちゃごちゃのケーブルをまとめてドーン

その名もニトリの「テーブルタップステーション」(税込2027円)。

タップやコードを隠すことができる充電ステーション。デスク上やコンセント周りのごちゃっとしがちなケーブル類をすっきりと見せてくれます。

サイズは幅39×奥行15×高さ14cm。長さ36.5cmまでのタップに対応可と幅が広めなので、我が家の4個口電源タップだと余裕で収まるほどの大きさです。電源タップのコードは左右どちらからも出すことができるようになっているため、場所や向きを選ばず設置することが可能です。

前面部分はカパッと手前に開くようになっていて、スイッチのオンオフ切り替えも簡単!

◆ケーブル穴が空いているから、ぱっと見で端子の形がわかる!

わが家ではUSBポートの周りが充電場所になっているのですが、モバイルバッテリーや子どものスマホ、キッズケータイ、ゲーム機などのケーブルが入り乱れ、見た目はぐちゃぐちゃ…。

そこへ「テーブルタップステーション」を置き、さっそくUSBポートを中へ。

コードをそれぞれの口から出してケーブルホールに固定。今までは絡まったケーブルから自分の使いたいものを探しだすのが一苦労でしたが、これならひと目でわかって便利。カチッと留めておけるためケーブルが中へ入り込んでしまう心配もありません。

◆充電中のスマホやタブレットを立てられるのも嬉しい

設置完了。今までの状態とは比べ物にならないほどすっきりしました!

充電中のアイテムを立てかけられるところも魅力で、スマホはもちろんのこと、サイズの大きなiPadも安定して立ってくれます。立てかけられない形状のものはケーブルを引き延ばして本体の上に置いて充電することもできます。

ケーブルを出す口が広めに開いているのも嬉しいポイント。なぜかというと…

充電している時はケーブルの根元部分までを口の中にしまい込むことができ、スマホなどがぐらつかずにしっかり立つんです。

◆ほこりが積もらないので、充電場所の掃除もラクラク

見た目のシンプルさからは想像もつかないほど、使い手への配慮が細かいところにまで散りばめられた素晴らしいデザインだということを使ってみて実感。何よりケーブルにほこりが積もらず充電場所の掃除をしやすくなったという点が主婦目線からしても本当に助かっています。

ケーブルがすっきりするだけで、こんなにも気持ちまですっきりするなんて。“ケーブルごちゃごちゃ問題”から解放してくれる「テーブルタップステーション」、他の部屋にも欲しいくらいです。
<写真・文/鈴木美奈子>

【鈴木美奈子】
雑誌の読者モデルから2児のママに。現在はライターとして、コスメ・美容、家事コツなどの記事を執筆。