[8.7 J1第24節 湘南 1-5 札幌 レモンS]

 J1リーグは7日、各地で第24節を開催した。14北海道コンサドーレ札幌は13位湘南ベルマーレのホームに乗り込み、5-1で快勝。順位を11位まで浮上させた。湘南は2連敗となり、14位に後退している。

 4試合ぶりの勝利を目指す湘南と6試合ぶりの白星を狙う札幌の一戦。試合は立ち上がりに札幌がスコアを動かした。前半9分、右サイドでボールを受けたMF小柏剛の低弾道クロスをMF駒井善成が右足で合わせて先制。抑えの利いたシュートは、湘南のGK谷晃生が反応できないゴール左隅に突き刺さった。

 この1点で攻勢を強めた札幌は前半14分に追加点。ボックス内右でボールをコントロールした小柏の横パスを湘南の谷が右手で弾くも、味方のDF大野和成に当たりFW興梠慎三の足元へ。押し込むような形でゴールネットを揺らした。

 さらに札幌は前半36分、ペナルティーエリア手前でボールを受けた興梠の落としにMF宮澤裕樹が右足一閃。地を這うようなシュートは谷の手を弾き、ゴール左に吸い込まれていった。

 前半を3点リードで折り返し、試合を優位に進める札幌。後半17分には、ミドルレンジからMF青木亮太が右足を振り抜くも、シュートは谷の正面に。その2分後には湘南のFW阿部浩之が遠めから狙ったが、枠を捉えることはできなかった。

 すると、後半24分に札幌がさらに湘南を突き放す。左サイドでコーナーキックを得ると、DF福森晃斗が入れたボールをDF田中駿汰がヘディング弾。湘南のDF舘幸希にマークに付かれながらも、体を投げ出してゴールに押し込んだ。

 こうなると止まらない札幌。後半27分には途中出場のMFスパチョークが右サイドでDFラインの背後に抜け出すと、ゴール前にラストパス。走り込んでいた青木が落ち着いてゴール左に流し込んだ。スパチョークは加入後初出場でアシストを記録。札幌が点差を5点に広げた。

 ホームで劣勢に立たされる湘南。それでも、後半34分にボックス内でボールを受けた阿部が右足のコントロールショットで1点を返し、望みをつなぐ。しかし、試合終盤にかけてたたみかけた湘南だが、奪ったのはその1点のみ。札幌が5-1で快勝し、敵地で勝点3を手にした。