札幌GK菅野孝憲(写真は昨季のもの)【写真:Getty Images】

写真拡大

京都戦の前半15分、FWピーター・ウタカと球際で競り合ったGK菅野孝憲が退場処分

 北海道コンサドーレ札幌が7月2日のJ1リーグ第19節で京都サンガF.C.と対戦。

 前半15分に札幌GK菅野孝憲が一発退場となるシーンがあり、「ちょっと厳しすぎる」「レッドカード妥当」と賛否が巻き起こっている。

 スコアが動いたのは前半9分だった。MF山田楓喜がクロスを送るとFWピーター・ウタカが抜け出してヘディングシュート。これはGK菅野に阻まれるも、こぼれ球をウタカが詰めてホームの京都が先制した。

 注目を浴びているのは前半15分のシーンだ。京都が最終ラインの裏へボールを供給し、ウタカが反応。GK菅野がペナルティーエリアから大胆に飛び出してクリアを試みるも、先に触ったウタカがボールをキープする。菅野が身体を密着させてボール奪取を図るなか、ウタカも粘り強くシュートを放った。これは札幌の守備陣が防いだものの、直後に笛が吹かれてGK菅野にレッドカードが提示されている。

 菅野がウタカと球際で競り合った際のプレーが「DOGSO」に該当すると判断され、一発退場処分となった。

「DOGSO」(ドグソ)とは「Denying an Obvious Goal-Scoring Opportunity」の略で、決定的な得点機会の阻止を意味する。適用条件には、(1)反則とゴールとの距離、(2)全体的なプレーの方向、(3)ボールをキープ、またはコントロールできる可能性、(4)守備側競技者の位置と数、が必要となる。

 スポーツチャンネル「DAZN」では「痛恨のレッドカード…GK #菅野孝憲 が果敢に飛び出すものの、DOGSOの判定」と記し、決定的瞬間の映像を公開。「ちょっと厳しすぎる」「妥当だろ」「DOGSOではないような」「レッドカード妥当」と賛否を呼んでいる。(FOOTBALL ZONE編集部)