「柴犬取り扱い説明書」という一言といっしょに投稿された1枚の画像が、ツイッターで共感を集めている。

これは、ツイッターユーザーの暴君ぺこ(@kuroshibapekoさんが2022年6月21日に投稿したもの。

生後3か月まではかわいらしい子犬、24か月〜は落ち着いた成犬。しかし、その間の3〜24か月の間は......恐竜!

一体どういうこと? イメージがつかない人もいるかもしれないが、柴犬と暮らすツイッターユーザーからは、こんな声が寄せられている。

「言われてみれば確かにそんな感じだった」
「激しく同意です」
「うちは6か月位までティラノサウルスだったけど、1歳過ぎてから(現在1歳7か月)はだいぶ落ち着きました」
「生後半年で前の飼い主のとこから来たときはナイフみたいにとがっては触るもの皆傷つけてましたが今は好々爺です」

飼い主の皆さんからすると「わかる!!!!!」と共感必至の画像らしい。

筆者は22日、柴犬の「恐竜期」について投稿者の@kuroshibapekoさんに詳しい話を聞いてみた。

恐竜期の対処法は「遊ぶこと」

@kuroshibapekoさんは、柴犬の恐竜期について

「24か月までは人間でいう子供の時期に当たるので、やんちゃ(いたずらをする、言うことを聞かない)なことが多い」

と語る。

22日で2歳になったばかりの飼い犬・ぺこちゃん(柴犬・メス)も、子犬だった頃は、脱走して部屋をめちゃくちゃにしたことがあったそう。

では、これから柴犬を飼おうとしている人は、3〜24か月目をどう乗り切ればよいのだろうか......。

@kuroshibapekoさんは柴犬が恐竜化してしまうのは、柴犬全般の特性や年齢が幼いことに加えて、愛犬特有の性格や飼い主との関係などに起因しているのではないかと推測する。うまく付き合っていくには、真摯に向き合うのが大切だと感じているという。

「個人的には、困ったら、愛犬がバテるまで遊ばせてあげることをおすすめします。運動によって恐竜状態が無くならないにしても少しは落ち着くと思います」(暴君ぺこさん)

特に柴犬は、ルーツが猟犬ということもあり運動量が多い犬種。散歩で満足せず、ストレスを溜めていたずらしてしまうパターンもあるそうだ。

もちろん、愛犬や飼い主の性格、生活環境などによってケースは異なるだろうが、一緒に暮らす柴犬が「恐竜」になってしまったら、めいっぱい遊んであげてほしい。