@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

発売1か月で2.7万台受注

ホンダは、2022年6月27日、同5月27日に発売した新型「ステップワゴン」の受注状況を公表した。

【画像】エアー、スパーダにプレミアムライン【新型ステップワゴンをグレード別に見る】 全163枚

累計受注台数は、発売から約1か月となる6月27日時点で2万7000台を超え、月間販売計画の5倍以上となる好調な立ち上がりとなった(販売計画5000台/月)。


ホンダ・ステップワゴン(スパーダとエアー)    前田惠介

購入層は、先代からの乗り換えを含めたミニバンユーザーを中心に、30代から40代のファミリー層がメイン。

日常シーンのほとんどをモーターで走行し、低燃費で滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」や、シンプルで誰にでも似合うエクステリアデザインなどが高評価のポイントとして挙げられた。

パワートレイン別では、e:HEVモデルが67%、ガソリンモデルが33%とハイブリッドモデルが売れているという。

グレード別では、スパーダ(e:HEV)が35%と最も売れており、スパーダ・プレミアムライン(e:HEV)が24%、スパーダ(ガソリン)が20%と続く。そのほか、エアー(e:HEV):8%、エアー(ガソリン):7%、スパーダ・プレミアムライン(ガソリン):6%となっており、スパーダが優位となった。

カラー別では全グレードで半数近くがプラチナホワイト・パールを選択しているという。

なお、現在、新型コロナウィルス感染拡大影響や慢性的な半導体不足、および不安定な海外情勢などの複合的な要因により、製品の提供に時間を要していることもあわせて公表された。