決勝戦に駆け付けたリバプールサポーター【写真:ロイター】

写真拡大

リバプール側の入場口に偽チケットを持つファンが多数殺到、地元警察の対応が物議

 UEFAチャンピオンズリーグ決勝が現地時間5月28日、フランス・パリ郊外のスタッド・ドゥ・フランスで行われたなか、試合前にキックオフが30分以上遅れるハプニングが発生。

 偽チケットが出回った影響での混乱だったとされる一方、ファンに対し無差別に催涙スプレーを放った地元警察の対応が物議を醸している。

 リバプール(イングランド)とレアル・マドリード(スペイン)による欧州CL決勝戦は現地時間午後9時(日本時間29日午前4時)キックオフ予定だったが、30分以上も遅延。このハプニングについてUEFAは試合後、リバプール側の入場口に偽チケットを持つファンが多数殺到し、その対処に応じていたためだと理由を説明している。

 UEFAはさらに声明で「キックオフ後もスタジアムの外にいる人数が膨れ上がったため、警察は催涙ガスを用いて、彼らを分散させるとともに、スタジアムから追い出しました」とも報告。入場口付近に集まったリバプールファンを退避させるべく、地元フランス警察はなりふり構わず催涙スプレーを振り撒いたようだ。

 その決定的瞬間が収められた動画がSNS上で拡散したことから、地元警察の対応が物議に。英メディア「スポーツ・バイブル」は無差別に催涙スプレーを使用するシーンを取り上げつつ、「フランス警察が行った戦術の結果、泣き出してしまった子供の姿が映っている」と指摘している。

 さらに、この状況を目撃したリバプールDFジョエル・マティプの弟マーヴィンのコメントも紹介。「スタジアム周辺やスタジアム内の警備体制は、CL決勝にふさわしくないものだ。子供や無関係のファンがいる場所で催涙ガスを使用するのは危険だ!」と述べたといい、世界が大注目するビッグイベントらしからぬセキュリティー対応の不味さを指摘した。

 スタジアム外での混乱ぶりについては、元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏も「危険な光景だ」と非難。自身のツイッター上で「グラウンドに入るのは不可能だと思う。これはとても危険なことのように見える。絶対的な大混乱だ」「これほどお粗末なイベントは、やろうと思えばできないだろうね。これほどお粗末で危険なイベントはないだろう」とUEFAを批判しており、波紋を広げていた。(FOOTBALL ZONE編集部)