092_中高生_ マメ美

写真拡大

みなさんは日用品以外の買い物をするとき、家族に相談しますか? 自分は相談してから買いたいと思っているのに、旦那さんがある日、思いもよらなかったものを買って帰ってきたら驚いてしまうかもしれませんね。

『私の友だちは、旦那さんはがテレビを勝手に買ってきたらしく、揉めたらしいです。わが家はキッチンに置く仕分けゴミ箱を買われました。「相談してよ」って言いました。みなさんの旦那さんは、勝手になにかを買ってくることはありますか?』

キッチンに置くためのゴミ箱を旦那さんが勝手に買ってきたと話してくれた投稿者さん。急なことだったからびっくりしてしまい、思わず「買う前に相談して!」と文句を言ってしまったのだそうです。また投稿者さんのお友だちは旦那さんにテレビを買われてしまい、こちらでもひと悶着あったようですね。このような経緯があり、ママたちに質問を投げかけた投稿者さん。ママたちからの回答が気になるところです……!

旦那が買ってくるもの、本当に邪魔!

投稿者さんからの質問に、旦那さんへの怒りが滲んだコメントが寄せられました。

『七輪、カセットコンロ、タレを入れる壺、大量の串。焼き鳥屋でも開業するのかと思った。玄関にずっと七輪が2つも置きっぱなしだし、カセットコンロはダイニングの下にそっと置かれたまま! 本当に邪魔。マジで腹立つ』

『新婚のとき、私が切迫早産で入院中に2メートルぐらいある水槽を勝手にリビングに置きやがった。とにかく邪魔!』

「邪魔なものばっかり買ってきて!」とママたちのため息が聞こえてきそうです……。「焼き鳥屋さんを開くのかと思うくらいのコンロや七輪が置かれている」「2メートルくらいある水槽が急にリビングに現れた」……置き場に困るものたちを目の前にして、愕然としているママたちの様子が目に浮かびますね。「とにかく邪魔だから片付けて! 勝手に買ってこないで!」と旦那さんに怒りたくなるのも無理はないでしょう。

『マッサージチェア、パソコンデスク。できれば大きい物は買う前に聞いてほしい。買ってから「置く場所考えといて」って丸投げするのもやめてほしい』

「買ってきてから"置き場所を考えておいて〜"はないでしょう?」と困り果てた様子のママも。旦那さんは買い物の際に勢いを大切にしているタイプなのかもしれません。もちろん勢いが大切な場合もあるでしょう。しかし場所を考える役目をいつも押し付けられるママとしては、たまったものではないですよね。

『木彫りのフクロウ、洋風の家の玄関に鎮座してる。ふざけるな!』

ママたちが「邪魔」と感じるのは物の大きさだけが原因ではないようです。せっかく家全体を洋風でまとめていたのに、インテリアには合わない和風の置物を置かれたらガッカリするのも当然でしょう。しかも置き場所が目立つところだったら、目にするたびにストレスが蓄積されていきそうです……。

サプライスのプレゼントはやめて

「君のために買ってきたよ」とサプライスで買ってくるのもやめてほしい……とのコメントも。

『うちもいろいろ買ってきて腹立つ。私はサプライズが嫌いなのに旦那はサプライズ好き。服とか靴とか、私のものを勝手に買うの止めてって言っても買うから困る』

『サプライズで喜ばせたいという気持ちはありがたいけど迷惑。去年の誕生日には首をマッサージする機械……。相談してよ! いらないよ!』

きっと旦那さんはよかれと思ってプレゼントを買ってきたのでしょう。しかしその優しい気持ちが裏目に出てしまうことも……。趣味じゃないものや欲しくないものをもらっても困惑してしまうというママたちの気持ちもよくわかります。

「不要品だと判断!」手放すママも……

『電気ケトル。新築祝いに欲しかったブランドのやつをもらったから、旦那が買ってきたのは箱も開けずに義妹にあげちゃった』

『子どもたちとおそろいのスポーツブランドのTシャツ。好みの色じゃないし、しかもサイズが小さかった。着られないから祖母にあげて「次は必ず相談してから買って」と言った』

『中古車。しかも夫婦だけなのにミニバン。いらない。即売って新車を買った』

『招き猫。でもそれがきてから福どころか不幸が舞い込むようになり、リサイクルショップにて100円で買い取ってもらいました』

旦那さんが買ってきたものを売ったりあげたりしたと話すママたちもいました。もっと欲しかったものが同時期に手に入ったから、もらったけど自分には合わなかったから……などの理由から手放すことになったようですね。売ったりあげたりする際には、旦那さんにバレないうちにそっと手放すのがいいかもしれません。

「旦那さんが勝手に買ってきたものはありますか?」と今回のトピックを立てた投稿者さん。どうやら旦那さんの衝動買いに悩まされているママたちは少なくないようです。旦那さん自身が使うわけではないものを買う場合には、一度相談してほしいですね。

後編へ続く。

文・motte 編集・荻野実紀子 イラスト・マメ美