三重県志摩市の複合リゾート施設「志摩スペイン村」

写真拡大

  「にじさんじ」所属の人気Vチューバー・周央サンゴが、自身のYouTubeチャンネルで三重県志摩市の複合リゾート施設「志摩スペイン村」の魅力について語ったことが発端となり、16日から17日にかけて同施設名がトレンド入りし注目を集めた。影響力は大きく、ここ数日間で公式ツイッターのフォロワー数が約7000人増加し1.5倍に。広報宣伝担当の松川優希氏は「若者を中心に多くの方に注目していただいていると思います」と話した。

【写真】「にじさんじ」に所属するVTuber・周央サンゴが「今まで食べた中で一番うまい」と紹介したチュロス

 周央サンゴは7日、YouTubeで行った生配信で「スペインをテーマにしたとっても素敵な面白いテーマパーク」と前置きの上、施設をユニークに紹介。「メインのアトラクションで1分も並びませんでした」「本当に人がいなかった」と来館した際の〝ネガティブエピソード〟を交えながら志摩スペイン村愛を語った。16日の夜、その切り抜き動画がツイッターにアップされ話題に。17日未明にかけて、公式サイトにつながりにくくなるほどの盛り上がりを見せた。公式ツイッターが朝5時に、突然のトレンド入りに対する驚きをつづったツイートは8900リツイートを超え過去最高の反響だった。松川氏によるとトレンド入りは2021年6月、YouTubeの「ジャニーズJr.チャンネル」で関西ジャニーズJr.の「Aぇ!group」とのタイアップ動画が公開された時以来だという。

 配信で周央は施設内のグルメについても触れ、「今まで食べたチュロスの中で一番うまい」と熱弁する一幕も。松川氏は「『周央サンゴさんの配信を見てチュロスを食べに来たけど、本当においしい!!』や『サンゴさんの影響で、早速行ってきた!』などの投稿もチラホラ見受けられます」。週末にかけての来場者増加に期待を寄せている。「若者に限らず多くのお客さまに来ていただければ」と呼びかけた。

(よろず~ニュース・松田 和城)