丸亀製麺「熱盛 カレーうどん弁当」

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は2月3日、テイクアウト専用商品「熱盛 カレーうどん弁当」を発売する。価格は税込590円。店舗によって販売期間が異なる場合がある。

「丸亀うどん弁当」シリーズの冬季限定メニューとして販売するもの。

【関連記事】丸亀製麺「熱盛 丸亀うどん弁当」発売、シリーズ初の“温かい”弁当、おすすめの食べ方は?

「熱盛 カレーうどん弁当」は、ピリ辛なカレーだしと熱々のうどんに、天ぷらのほか、甘めの卵焼き、きんぴらごぼうを合わせた商品。カレーだしは、北海道産の真昆布や厳選した複数の削り節から引く白だしをベースに、絶妙なとろみをつけた和風仕立てだという。うどんの量は並のみ。

通常のうどん持ち帰りでは、レンジ不可の容器を使っているが、「熱盛 カレーうどん弁当」ではレンジ対応(フタは非対応)の容器を使っている。注文を受けてから作るできたてのカレーうどんを詰めており、家でも熱々の状態で味わえるのも特徴だ。温め時間は、500Wで約3分、700Wで約2分半。フタと中皿に、天ぷらやおかずを取り分けながら食べることで、別々に食べたりうどんにのせたりと好みで楽しめるという。

「熱盛うどん弁当のおいしい食べ方」(丸亀製麺)

【1月25日発売】丸亀製麺「新 鴨ねぎうどん」、ごろっと“合鴨もも肉”でジューシーさUP
 
丸亀製麺は「熱盛 カレーうどん弁当」のオススメのトッピングとして、「温泉玉子」を提案している。カレーのスパイスがきいた刺激の中に、まろやかさと濃厚な味わいを楽しめるという。
 
なお、「丸亀うどん弁当」は、2021年4月の発売から累計1700万食を突破した。おかずと天ぷらが入ったボリューム感や持ち運びやすさなどが好評で、うどん弁当の発売以降、テイクアウト比率は大幅に拡大しているという。
 
丸亀製麺では、「熱盛 カレーうどん弁当」のほかにも、「熱盛 えび天玉子あんかけうどん弁当」(590円、以下税込)、「熱盛 えび天かけうどん弁当〜3種の天ぷらと定番おかず〜」(490円)、「熱盛 かけうどん弁当〜2種の天ぷらと定番おかず〜」(390円)なども取り揃えている。

「熱盛 カレーうどん弁当」などのラインアップ(丸亀製麺)