花巻東・佐々木麟太郎、広陵・真鍋慧、九州国際大付・佐倉侠史朗、大阪桐蔭・前田悠伍(左上から時計回り)【写真:荒川祐史、中戸川知世】

写真拡大

花巻東・佐々木は通算50発、大阪桐蔭・前田は明治神宮大会優勝に貢献

 阪神甲子園球場で3月18日に開幕する第94回選抜高校野球大会。出場32校を決定する選考委員会は1月28日に開かれる。出場校選考の重要な参考資料となる昨年の秋季大会では、各地区で“スーパー1年生”の活躍が目立った。ここでは選抜出場が確実な高校に所属する有望1年生4選手を紹介する。

○佐々木麟太郎内野手(花巻東)
 身長183センチ、体重117キロの巨体から軽々と打球を飛ばす怪物スラッガーは1年春から出場機会を得て本塁打を量産してきた。公式戦では春に4本、夏に2本。新チームでは秋季岩手大会で3本、東北大会で1本のアーチを架けて優勝に貢献した。初の全国舞台となった昨秋の明治神宮大会でも3戦2発、10打数6安打9打点の活躍。ここまで公式戦12発、通算50本塁打を誇る。花巻東を率いる実父・佐々木洋監督との“親子鷹”で東北に初の優勝旗をもたらすか。

○真鍋慧(けいた)内野手(広陵)
 身長189センチ、体重89キロで愛称は「ボンズ」。昨秋から4番を任され、岡山学芸館との中国大会準決勝で勝ち越しの三塁打を含む2安打4打点、広島商との決勝戦でも2安打3打点の活躍でチームを優勝に導いた。準優勝だった明治神宮大会でも3試合で15打数8安打5打点1本塁打。準決勝の花巻東戦で弾丸ライナーの一発を放った。

○佐倉侠史朗内野手(九州国際大付)
 身長182センチ、104キロの巨漢。昨年秋から4番に座り、福岡大会で2発、九州大会でも2発放って優勝に貢献した。明治神宮大会は準決勝で大阪桐蔭に敗れたが、佐倉は注目の1年生左腕・前田悠伍投手から先制弾を放つなど3試合で9打数3安打2打点と活躍した。

○前田悠伍投手(大阪桐蔭)
 身長179センチ、75キロの左腕は、最速145キロの切れのある速球に加え、チェンジアップ、スライダー、ツーシームなどを操る完成度の高い投手だ。近畿大会で3試合17回を投げて11奪三振1失点で優勝に貢献。明治神宮大会では初戦の敦賀気比戦に救援登板して6回10奪三振無失点と好投して一躍、注目の存在になった。同大会では計3試合で15回を17奪三振3失点の活躍で初優勝の原動力になった。

 佐々木、真鍋、佐倉はいずれも右投げ左打ちで4番を担う。選抜大会でどんな打棒を見せてくれるだろうか。前田は春夏連覇を遂げた2018年大会以来、4年ぶり選抜制覇を狙う大阪桐蔭の大黒柱。“1年生カルテット”は聖地でどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。(Full-Count編集部)