小栗旬

写真拡大

「北条から出ていってください」

【写真】小栗旬、都内の居酒屋から松本潤と出てきて…周りも騒然!? なひとコマ

 小栗旬が冷静なトーンながら気迫に満ちた表情で迫る─。現在放送中のNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人』に注目が集まっている。

「小栗さん演じる北条義時が源平合戦や鎌倉幕府成立後の権力闘争に奔走する物語。脚本は三谷幸喜さんが務め、大泉洋さんや片岡愛之助さん、鈴木京香さん、小池栄子さん、菅田将暉さんなど、豪華な出演者がそろっています」(スポーツ紙記者)

 年明けから新型コロナウイルスの感染者数が再び増加し、撮影現場ではコロナ対策が欠かせない。だが、小栗はこの状況を生かした粋な“サプライズ”をしていて─。

「毎日、出演者やスタッフに配るマスクにひと言メッセージを書いているそうです。“今日は何が書かれているのかな?”と楽しみにしている人も多いんですよ。最近は、撮影が立て込んでいるときに“(忙しいのは)全部大泉のせいだ”など、彼をイジるメッセージが多いみたい(笑)」(NHK関係者)

松本潤と熱心に話し込んで

 時間が空いたときは、“あの人”に相談することも。

「乗馬のやり方に関して、親友の松本潤さんに連絡して聞いているみたいです。松本さんは来年の大河『どうする家康』で主演を務めるので、意見交換も兼ねているのでしょう。一度、松本さんが現場に来たことがあったのですが、そのときも熱心に話し込んでいたそうです」(同・NHK関係者)

 昨年は日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)で主演を務めるなど、仕事が途切れない小栗。いまや日本を代表する俳優になったが、若いころに受けた恩義を忘れることはない。

「大手の事務所からスカウトされたこともあったのですが、その誘いをすべて断っていまの事務所に残ったんです。自分を育ててくれたスタッフへの思いがあるのでしょう」(テレビ局関係者)

 プライベートでも、そんな“漢気”は健在。都内にある小栗の自宅兼稽古場の一軒家では、こんなエピソードが。

「2年前の夏、小栗さんの家の近くに住んでいる方が亡くなったのですが、訃報を聞いた小栗さんはその人の家を訪問。“ご迷惑でなければ……”と言ってお線香をあげたそうです。その住民は、小栗さんの行動に感動していましたよ」(近隣住民)

 小栗には、“自分と関わる人との縁を大切にしたい”という思いがあるようだ。

「亡くなった方とはときどき挨拶をする程度の付き合いだったそうですが、小栗さんが“少しでも縁のあった方ですから”と自ら願い出たといいます。あれだけ有名になっても、周りの人への気遣いを欠かさない姿には頭が下がりますよ」(同・近隣住民)

 北条義時もビックリの“漢気”弔問でご近所の人たちを感動させた小栗。そんな彼が演じる義時から目が離せない!