昨年のAJCCはアリストテレスが優勝(撮影:下野雄規)

写真拡大

 私は気象予報士という職業を生かし、季節馬激走予想を行っています。まずレース当日の気温を12度未満の「寒」、12度以上18度未満の「涼」、18度以上25度未満の「暖」、25度以上30度未満の「暑」、30度以上を「酷暑」とした5段階区分けし、配当妙味のある季節馬を特定。

 さらにJRAの馬場発表をもとに馬場状態を解析、分類します。それらの独自情報を活用し、それぞれの気候・馬場に合った穴馬を抽出。ここでは、過去10年の気候成績から激走馬の傾向を分析。当日気候レベルを想定し、激走が期待できる馬を抽出しました。

 今年は例年以上に寒い日が続いていますが、週末も厳しい寒さとなりそうです。

 ここでは過去10年の気候成績などを中心に、激走注目馬を抽出していきます。

・過去10年の人気別成績
・1番人気馬【3・3・0・4】
・2番人気馬【3・1・2・4】
・3番人気馬【1・2・1・6】
・4番人気馬【1・0・2・7】
・5番人気馬【0・2・1・7】
・6番人気馬【0・0・2・8】
・7番人気~【2・2・2・74】
(過去10年の気候 寒:8回 涼:2回)

 1番人気は3勝を含む連対率60%。直近5年は【2・3・0・0】と優秀。

 激走馬は過去10年で8頭。うち7頭が6~8番人気。

〇注目ポイント
1・激走馬8頭中4頭が寒の中山で勝利実績あり。内3頭が重賞での実績。
14年 6人気3着 フェイムゲーム(13年 京成杯 7人気1着)
18年 8人気3着 マイネルミラノ(14年 美浦S 1人気1着)
19年 7人気1着 シャケトラ(17年 日経賞 4人気1着)
21年 6人気3着 ラストドラフト(19年 京成杯 4人気 1着)

2・激走馬8頭中4頭が6~8歳。
14年 11人気2着 サクラアルディート 牡6
15年 7人気2着 ミトラ セ7
18年 8人気3着 マイネルミラノ 牡8
19年 7人気1着 シャケトラ 牡6

※1~2番人気で連対に入った10頭中6頭が4歳。
12年 2人気2着 ナカヤマナイト 牡4
17年 1人気2着 ゼーヴィント 牡4
18年 2人気1着 ダンビュライト 牡4
1人気2着 ミッキースワロー 牡4
19年 1人気2着 フィエールマン 牡4
21年 1人気1着 アリストテレス 牡4

3-1・激走馬8頭中5頭が4コーナーを1~3番手+馬体重484~522kg。
(開催年 人気着順 馬名 馬体重 通過順)
14年 11人気2着 サクラアルディート 484 7-7-5-2
15年 7人気2着 ミトラ 508 2-2-2-2
17年 7人気1着 タンタアレグリア 488 8-9-6-3
18年 8人気3着 マイネルミラノ 498 1-1-1-1
19年 7人気1着 シャケトラ 522 4-5-4-3

3-2・8頭中3頭が4コーナーを8~9番手+馬体重448~462kg。
14年 6人気3着 フェイムゲーム 454 12-10-8-8
16年 7人気3着 ショウナンバッハ 448 11-11-12-9
21年 6人気3着 ラストドラフト 462 9-11-9-8

〇激走注目馬
・ダンビュライト(セ8)
18年の同レース勝ち馬。
寒[2・0・1・0]と優秀。

・スマイル(牡6)
前走迎春Sは先行して4番人気1着(馬体重540kg)。
寒の中山芝2200m[2・0・1・1]掲示板外なし。

・ラストドラフト(牡6)
このレース2年連続3着(馬体重464-462kg)。
いずれも4コーナーを8番手から。

(文・三宅誠)