堀口恭司(撮影は2018年)【写真:Getty Images】

写真拡大

堀口恭司がバックハンドブローをモロに受けた瞬間とは

 格闘技「ベラトール272」の世界バンタム級タイトルマッチが3日(日本時間4日)、米コネティカット州アンカスビルのモヒガン・サンアリーナで行われ、堀口恭司(アメリカン・トップチーム)が王者セルジオ・ペティス(米国)に4回KO負けした。ド派手なKOシーンの動画をベラトール公式ツイッターが公開。主導権を握っていただけに、「一撃で負けた」「ブーイングがなかったら…」などと逆転負けを惜しむ声などが上がっている。

 まさかの一発だった。4回終了間際。組み合いから離れた時だった。堀口は距離を詰めた相手のバックハンドブローをモロに被弾。顎に当たり、そのまま大の字でダウンした。王者が追撃の拳を振り下ろそうとしたところでレフェリーが阻止。RIZINバンタム級王者の堀口は担架で運ばれた。

 ベラトール公式ツイッターがKOシーンの動画を公開。カナダメディア「ザ・スコア」のニック・ボールドウィン記者は「こんな夜が大好きだ。MMAタイトル戦史上に残る瞬間。信じられない。ホリグチがどれだけ支配的だったか語る人もいるだろう。その通りだ。リマッチでも彼が勝つかもしれない。ただ、これはペティスの瞬間だった」と投稿した。

 米スポーツ専門局「ESPN」のマーク・ライモンディ記者も「ホリグチは完全に圧倒していた。ペティスの一撃はもしかすると年間最高KOだったかもしれない。本当に信じられない」と投稿。海外ファンは「アンビリバボー。ホリグチが可哀想だった」とコメントを寄せている。

 優勢に試合を進めていただけに、ツイッター上の日本のファンからも逆転負けを惜しむ声が続々。「試合をずっと制してたった一発…言葉が出ない」「ブーイングがなかったら堀口はあのまま確実な試合進めたと思う」「差があっても一撃で負けた」「90%勝っとったのに…」「堀口の功績は消えない」「ブーイングから立ったのが悔やまれる」「ペースを握っていただけに悔しいだろうな」といった反応が相次いでいる。

(THE ANSWER編集部)