トヨタに続き日産も「全固体電池」開発に本気!? 新e-POWERなど電動化戦略を発表へ

写真拡大 (全2枚)

クルマの電動化を推進し、事業活動の持続可能性を追求

 日産は2050年までの実現を目指す、事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルに向けた、新たな目標を発表。その目標の達成に向けて2030年代早期より、主要市場に投入する新型車をすべて電動車両とすることを目指し、電動化と生産技術のイノベーションを推進するとしています。

カーボンニュートラルを目指して日産が発表した新たな目標のイメージ

 日産の社長兼CEO 内田誠氏は次のように説明します。

【画像】2050年のカーボンニュートラルを目指して! 日産が発表した新たな目標を見る(6枚)

「日産は、気候変動に対するグローバルな課題解決に貢献していくために、覚悟をもって取り組んでいきます。これをチャンスとして捉え、私たちの強みである電動化車両を主要市場へ積極的に投入し、カーボンニュートラルの実現へ大きく貢献していきます。日産は、人とクルマと自然の共生を追求しながら、人々の生活を豊かにする、そのためにイノベーションをドライブし続けます」

 そして同社は、CO2排出量の削減や電動化技術の実用化など、これまでに環境対応と社会的価値の創出に向けて取り組んできた活動をさらに発展させ、この新たな目標に取り組んでいくことを明言。これらの取り組みにより、パリ協定における気候変動目標の達成や2050年のカーボンニュートラルに向けたグローバルな活動に貢献していく方針です。

 また、同社は環境理念である「人とクルマと自然の共生」を実現するための 中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム」を発展させながら、クルマや事業からのカーボンフットプリントを最小限に抑えるよう継続的な取り組みを実施。ゼロ・エミッション車のパイオニアとして、これまでにも電気自動車「リーフ」を50万台以上販売するとともに、業界団体や政府自治体と連携しながら、インフラ整備やEVの価値についての啓発活動をおこなってきました。

 そしてさらに、2030年代早期より、主要市場である日本、中国、米国、欧州に投入する新型車をすべて電動車両とすることにより、電動化技術の採用をさらに積極的に推進していくとしています。

 日産は、自動車産業が世界中の政府自治体やパートナーと連携し、技術革新と環境負荷の低減に取り組むことで、地球環境と気候変動課題に対応するための原動力のひとつになることができると確信。社会で再生可能エネルギーや充電インフラが拡大することにあわせて、クルマの電動化を推進し、事業活動の持続可能性を追求することで、カーボンニュートラルな未来を実現していくとしています。

 日産が発表した、2050年までに事業活動を含むクルマのライフサイクル全体におけるカーボンニュートラルを実現するための新たな目標は、以下のとおりです。

・よりコスト競争力の高い効率的なEVの開発に向けた全固体電池を含むバッテリー技術の革新。
・エネルギー効率をさらに向上させた新しいe-POWERの開発。
・再生可能エネルギーを活用した、分散型発電に貢献するバッテリーエコシステムの開発。
・電力網の脱炭素化に貢献する、エネルギーセクターとの連携強化。
・ニッサン インテリジェント ファクトリーをはじめとする、車両組み立て時の生産効率を向上させるイノベーションの推進。
・生産におけるエネルギーと材料の効率向上。