恋愛をしていく中で「別れ」が訪れることもあります。

できるだけ避けたいですが、できれば告げられる側はせめて「納得できる理由」を言ってほしいものですよね……。

そうじゃないと、モヤッとした気持ちを抱えたまま引きずってしまうこともあるでしょう。

今回は言われて驚きの「別れたい理由」を聞いてみました。

シャワーを浴びるタイミングで…

「私は猫っ毛なので、朝シャワーを浴びて髪を乾かしたい派なんです。
でも、彼は『シャワーを浴びずにシーツの上に寝転ぶなんてありえない』と……。

実はずっと『寝る前にシャワー浴びなよ』と言われてはいたのですが、そんなに苦痛に思われているとは思ってなくて。
別れるタイミングでそれが理由って言われてショックでした」(26歳/ネイリスト)

自分は普通だと思っていることが、相手にとっては耐えられないことだった……。

こういうことって、深刻な状況にならないと分からなかったりするんですよね。

彼に指摘されていてスルーしていることがないか見直してみることは大事です。

家事も全部やっていたのに…

「同棲してから、私も彼と同じ会社で働いていたのに『家事もできないと思われたら結婚してもらえないかも』というプレッシャーで、全部家事を引き受けていたんです。

そしたらどうしても余裕がなくなってしまって……。
『俺と一緒にいても楽しくなさそう。イライラしてる』という理由で振られてしまいました」(24歳/IT関連会社勤務)

これは同棲、結婚をすると多かれ少なかれ同じような問題が起きるカップルは多いようです。

頑張って尽くしたのに振られてしまうなんて悲しすぎますよね。ここで大事なのは、「なぜそうしたか」。

動機が「自分がやりたいから」ではなく「嫌われたくないから」だとすると、どうしても楽しくなさそうに見えてしまうでしょう。そこは気をつけたいところですね。

お金の感覚の違いが…

「何度かご飯デートをしていた相手がいつも『1000円でいいよ』『2000円でいいよ』と微妙な割り勘を言ってくるのですが、そんなに毎回細かいお札を持っているわけじゃないですよね。
そしたら『払う気がない子って万札しかないとか言うんだよね』って嫌味を言われてしまい、次のデートがなかったです」(31歳/企業受付)

これはもう付き合う前に金銭感覚の違いがわかって良かった……と考えた方が良いのかもしれません。

ただ、一般的には相手がごちそうしてくれることや、多めに払ってくれることが分かっていたとしても、お会計のときに払う姿勢は見せたほうが好印象かもしれないですね。

男性は思っても言わないことも多い

別れを考えるほど思い詰める前に相談してくれれば……とビックリしてしまうような事情も、実は相手は前から真剣に思い悩んでいたということも多いです。

ただ、はっきり言わなくてもポロッと口に出すなど、男性側もさりげなくサインは出していることが多いです。

それを見逃さないようにしたいものですね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)