以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3032.htmlより取得しました。


やる夫は    に恋をする あとがき




705 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 19:20:19 ID:cUy/DLro
なんで佐々木は亡くなってたのに、教室に佐々木の席があったの?


706 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 19:49:22 ID:nagdOWZ.
解説してもいいけどあんまり解説したくない、という事ってありますよね
理由はちゃんとあるけどいちいち答えていったらキリがありませんし
このスレ全部読んで分からないとして分からないままでも大した問題はないと思います

とはいえ、自分でもこれは分かりにくいと思ってますけど


707 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 19:53:21 ID:nagdOWZ.


                    -―‐ -
                  . ´: : :.:.:.:.:. :. : : : . . `  、
           / . . : : :.:.:.:.:.:\:.:. :. : : : . .   ヽ
             / . . :.:.:.:.i. . : :.:i. ∧:. :. : : : . . .   ヘ
         / . . : :.:.:.:l!: :.:.:.:.|: | ミ:. ヽ:. : : : . . . .ハ
            ′ . . . : : :.|l. : : : l! |  ヽ _:ハ:. :. ノイ :.
         i . . .:.:.:.i: :.:.l !. : :.:.|l |` ̄ ヽ |'. :|:.:. :. : . . :.
          //: i : :斗七爪: : :.ハ!   _}ハ:.:.|:._:. :.:. : .ハ
        ノイ:.i | i : :|: :ハ ヘ:./ ノ〃 ̄ ̄从r ヽ:.:. : i ∧
        ハ N∧:ヾムィ⌒ }'         ハ! ) } .:i: |/ト\
           |小 ハ小              |: :jニ ':i :| ハ !  `ヽ
            ハヘ:ハ       ,   / イ7:.i:.∧ハ{ }'                第1話 後書き
             i: ∧ i ヽ ィヽ `    .イ . :|:l:イ/ }
             |/ 从: / ‐ァ〉、 ‐ <  ! i:.:|/ノ'
             {   /¬_/ ム┬‐' ノイ:.:ハ: : :⌒ヽ
                {入}_ノ イ : く___ハ/: : : : : : : }
             「ー―  7:イミ〃ミ〃ミノ /: : : : : :/
            |: :./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ : : : : : :/
            /             \..: : :/
             ./                \/
.           /                    \
          ./                       \
          l                         l
          |                          |
          l                         l
          .\                        /
.           \                  /
            .,ィl\              ;  ィ
.        ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
.     /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


だいたいの展開と最後はどうするか「だけ」を考えてから書きはじめたこのスレ
投下した時は4話までストックがありましたが、勿論この話を書きはじめた時はストックも何もありません
1話ラストの描写は最初から明確に頭の中にありました
なおミクの出番は最初はやる夫に暴言を吐かれるだけという単発キャラでした
でも私は女の子が大好きなので、涙目ミクを見て(書いたのは自分だけど)これは救済しなくては!と考えました
だから元々はささきーラブでも登場スレが少ない!なら自分で書くお!という理由で書きはじめた話ですが(やる夫とタンポポと恋さんも終わってしまいましたし)
1話を書いた時点で、やっぱりWヒロインにするという事が決定しました


708 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 19:56:37 ID:nagdOWZ.
……とまあ、こんな感じでちょっとずつ後書きを続けていこうと思います

あとちょっと後学のために質問なんですが
最終話の後日談、あって良かったですか?正直あれはない方が良かったって思いますか?


709 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 20:01:13 ID:HiGzKtnM
良かったと思いますよー


710 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/25(水) 21:35:41 ID:XrJ2S7yE
ある方が良い。
というか、読者にその後を想像させるのはモヤっとする。という俺の好みだけど


711 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 08:33:35 ID:MJJUcmNI
完走乙です!
ちょっと切なく、しんみりくる。でも、間違いなくハッピーエンドと呼べる素晴らしい作品だったと思います。

後日談はあってよかったと思います。




712 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:03:49 ID:dSHBTLYk
ちょっと質問なんですが
高校で誰かが転校・留年・退学などをして学年の人数が1人減った場合
例えば1学年320人で40人8クラスだった場合、それが319人になったら
どこか1つのクラスが39人になって、その教室には「誰も使わない机」ってのが出てくる筈なんですけど、
その机ってずっと残ってますか?それとも片付けられてしまいますか?
新しい学年になったら教室に誰も使わない机が1個あった、なんてのはひょっとして私の学校だけだった……とか


713 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:05:42 ID:zAI.osl2
片付けたなぁ、動かす時とか邪魔になるし


714 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:05:49 ID:Xi7ylxEM
片付けてた


715 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:08:34 ID:wvSHvSps
使わない机をしまっておく倉庫とか空き教室とかがあるので大体そこに運ばれる

ただ、バブル期なんかは引越しが多くて一々仕舞うとまた転校生が来たときに
運ばないといけないから面倒ということでそのまま放置されることが多かったので
90年代の小説における「空いてる席は……ああ、あそこに座ってくれ」っていう
教師の台詞はよくあることだったらしいよ



716 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:17:17 ID:dSHBTLYk
進級した時にうちのクラスだけ他のクラスより人数が1人少なくて、でも机の数はちゃんと他と同じだけあったんだけど
そうか、うちの学校だけだったのか……


717 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:20:26 ID:dSHBTLYk
という訳で、このスクール学園高校学院高等学校では、机はそのままって事にしておいて下さい
進級しても、上の学年の教室をそのまま使うから机の数もそのままで1つ余った……って事に……
そうじゃないと、ほら、どうして佐々木の机が残ってるのかって説明がつかないので


718 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 18:30:01 ID:dSHBTLYk

                    |        |
                    |        |
                    |!      |!            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    |!      |!           |   だから、ごめん   |
                    |!      |!           乂_________ノ
                    |!,      .|!,
                    |!i      .|!i
           r.―――|!l────|!l ―――――――――――――――――――――――――― .,
           ,' l     |!l      .|!l                                      l ',
           ,'   l      |!l      .|!l                                           l   ',
          ,'.   l    |!|.i     |!|.i                                     l   .',
         ,'    l    |!|.|     |!|.|                                        l    ',
         ,'      l     |!|l|     |!|l|                                      l    .',
         ,'.     l                                                  l     ',     第2話 後書き
        ,'       〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〃 ヽ                            l        ',
        ,'       ll                     ll   !                              l       ',
        ,'         {{                 {{ E! }                             l          ',
        ,'       ll                     ll {_} !                          l        ',
       ,'          ヾ、___________ヾ、_ノ                          l           ',
.     ,'            l                                            l             ',
.     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
      ∨                                                                ∨
.       ∨                                                               ∨
       ∨                                                             ∨


ミクの扱いについて、1話を書いている途中は、佐々木の透明人間の根拠の1つとして「トイレで泣いていた」というのに使おうと
そしてやる夫に謝らせようと。それだけ考えていました。でも、謝るにしても許すにしても、なんか軽いなあと
よし、ならば背景を考えよう!という事で、幼馴染+嫁さん、やる夫に助けられた、そのせいでやる夫が屑になった
という設定にしました(ミクが怒るからちゃんと言いますが、屑を振る舞うようになっただけで、元々は純粋な少年ですよ)
なお、やる夫がイジメによって性格が歪んでしまったというのは初期設定そのままなので、それにミクも巻き込んじゃえという事で
ミクの背景を考えるにあたってそんなに時間はかかりませんでした
余談ですがこのAA作るの結構苦労しました


719 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 19:02:59 ID:dSHBTLYk


                              /ヘ
                            ///,〉
                          ///ノλ
                             ///彡イ
                          /;;;. -‐彡イ
                       /;;;;;;; 三ニ:,'
                           ,!;;;;;;;;;,ニ三'                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                        _,.,;;;;- /;;;;;;;;;;, ミミ;                |     ……と、     |       第3話 後書き
                   \''/;:'"``ヾミヾ'                 乂_________ノ
                     ノ;;',,、   `ヽ、
                      /;;;;;;;;;;;::ミヽュ、,,_ `ヽ;;,,_
                    /;;;;::'''ヽ\シ′  `ヾ:;;;ト``
                  //爪ヽ\シ゛       ``
                厶//J-'`"


個人的に好きなシーンその3。その1とその2はもっと後の話です。数字は好きな順番というよりは考えた順番です
この話はここ以外にも、親が死んでいるとカミングアウトした佐々木の時も、2人の間に空を挟んで間を表現しましたが
空+鳥というのもずっと考えていたシーンなので、やれて良かったです
この話は比較的すらすら書けました


721 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/27(金) 23:16:33 ID:8mudj6DA


 '.  :.       ハ                 /            /
  ', i      ハ                 _/            /
  Ⅵ       ハ               /            '
   ‘,       ハ             rく  l        /
    ∨       ヽ   , -――一'´ ヽ 丶 \_    /
      V      /  〉 _/  ,   ,     |   \  ̄ /           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
     ‘    //  /´/  /  /    ,  \_     _/               |    でも、さ    |          第4話 後書き
       ∨ _/  l / , '   /  /      ̄厂             乂_______ ノ
      }       〃/  / /   〃   /
      く_     ///  / /  ___,/    /
       八 ̄  {/ / /  //   /  ポン
        丶---し' /  /`/  , -‐'´
            L∟.'´  └ '´


手を重ねて「そこにいる」事を表現し、手を消して「消えた」と理解するシーンも、かなりお気に入りです。好きなシーンその3.5かな
手のAAを作るのにちょっと苦労しました。あと、ミクが物影に隠れるシーンとかも、簡単に作れたけど思い入れがあります
どれもこれもみんな「あいつ」のおかげだ、心の声で言うシーン。どうも私はちょっと前の台詞と重ねるというのが好きみたいです
あと誠の使い勝手は異常。安心と信頼のクオリティ


722 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/27(金) 23:20:03 ID:8mudj6DA


      /|          |\        __  l'''l     ,_  /l
    /:::| |ヽ |ヽ  __|:::::|_,,、-―''7  | ∟,,|::|_ √/|::/ |:||:::L /:|
   /..:::::::| |:::| .|:::|  ):::::::::::::::_,,、-―''´   |::――-;::/ /,,::::::::/. |/7/ 〈:::::::|
 ;''´.:::::::::::::| |:::| .|::|  二二l:::::|___    ヽl  /.:/ `´`7/   i/  .\:::l
 |::::::::/|:::::| .|:/ |/ /.::::::::::::::::::::::::::./―''7   ∠-''   //          .∨  _、-''7
 |:::/ |:::::|       ̄ ̄`|::::|   ニニコ::!―i      /´          __、-'''゙´:::,、-゙
 |/  .|:::::::i          |::::|   |,,;;;,、-''''゙゙.⊂ニニ⊃       .l ̄ ゙゙̄´:::::::,、-゙´
    |::::::::::::|          |::/         ____        .|:::::::::::,,、-''´
   |::::::| |::::::|                    /      \     .|,,、-''´
   |::::::::| |::::::::|                  /─    ─  \
  |:::::::::|  |:::::::::|           /  (○)  (○ )   \
  |::::::::::|  |/´             |     (__人__)      |
 |:::::::::::|                     /⌒\ ` ⌒´     ,/
 \:::::::|            γ⌒⌒|(●).| i\     \⌒⌒ヽ         第5話 後書き
.   \;|                 (_ノノ ゝ_ノヽ^i | |   /  |_しし_)
                       |__   __|,-''i⊃r-、   /
                        [_○_|/〉l二 /  /
                          [ニニ/二ノ_/
                          └―'


どこか行かない?→どうして?→駄目か→どこか行かない?→どうして?→なんとなく
この流れをやりたくて書いたと言っても過言ではないような気がしますが。一見無意味に思える会話ですが、こういうのが好きなんです
学校名だけでなく駅名もユニークにしてみたつもりでしたが、反応がなくて落ち込みました。集合場所が駅前なのは7話ラストのためです
この話を書くためにデートプランをグーグル先生に聞いたのもいい思い出。だってデートなんてした事ありませんし……
前にも書いた通り、これまでの話がずっと暗かったので何かやらかしたくなり、天使と悪魔を書きました。まさか再登場するとは……(桜は再登場が決まってました)
なおデートプランは3話の時点で伏線が張られていましたが、それを回想シーンで出すかどうかは直前まで悩みました
結局に出す事にしたのですが、やっぱりこういうのは気付いた人だけ分かればいいや、と思って、それ以降は伏線は張っても明示するのは控えました
そのせいで読者に親切ではないスレになってしまいましたが、初めてなので、まずはやりたいようにすればいいかなあと、思いました


724 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 21:17:18 ID:UOvpcTq6

        .___     ___          ___      __         _______
       ./ __ \   /     |.        /   .|     /   |        /  ____/
      /  /  /  /   /  /|  |         ./    | .   /   .!      /  /
     ./  /     ̄   /  / .|  |        /     .|   /     |      /  /___
    /  /         /  /  |  |      ./   |  | ./  .|   |     ./      /
   ./  / / ̄ ̄ / ../. . . ̄   |     /  /|   |. /  /|  |    /  / ̄ ̄ ̄
  /  /  ̄/  /  /  / ̄ ̄|  |    ./  / .|   |/  / .|  |   ./  /
 ./  /   /  /  /  /     .|  |   /  /  |.     / ..|  !  /  /
 l   ̄ ̄ /../   |     /  \ ./   |.   !    /   .|  〉./    ̄ ̄ ̄ ̄/
  ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   ̄ ̄    ̄ ̄      ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ____ .__     __ ..f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        第6話 後書き
             ./ __  l .|   |    /  / ...|   また、誘ってくれるかな?   |
             / /   /  /...|   |.   /  /   乂_____________ ノ
            ./ /   /  / ..|   |  /  /   ../  /___    ./  /___/ /
           / /   /  /  .|   |  /  /  .../      /  ../  ___  ./
          ./ /   /  /   |   |. /  /  .../  / ̄ ̄ ̄   ./  /   |  |
         / /   /  /    .|   |/  /  .../  /         ./  /    |  |
        ./ /   /  /     |.     /   . ./  /         ./  /    |  |
        l   ̄ ̄  /      .|    /    /    ̄ ̄ ̄ ̄/./  /    |  _>
          ̄ ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄     . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .  ̄       ̄


デート後編。白馬に乗った王子様に憧れる女子高生がいたっていいじゃない!
なお佐々木は王子様が助けに来てくれなかったから自殺した訳ですが、対比としてミクは王子様(=やる夫)が助けてくれたから生きている、という意味もあります
だから自分はお姫様じゃない、王子様(=やる夫)は本物のお姫様(=ミク)の所にいたんだ、という話になりました
この時点で読者がこれを予想できる筈はありませんが、この後の展開も含めてこういう意味で書きました。5話と違って意味のある無意味な会話です
これを読み取るのはほぼ不可能なのを承知で言いますが、私はこの対比をするためにこの表現を使いました。誰も気づかなくてもいいから書きたい、というシーンでした


725 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 21:18:36 ID:UOvpcTq6

                                          ___
 ̄ ̄ ̄| ,ヘ    ,ヘ                            _|_;;|_
 田   | ` ◆、 ,:◆'                            | ::|
      |   >◆<       ─────    ̄ ̄ ̄        | ::|         ┌────────┐
 田   |  , ◆'1 i◆、           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           | ::|         │  時の流れって   │
      |  `'  :| :| ` '    /コ    /コ     /コ    /コ     | ::|         └────────┘
ヽミゞ  ̄.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ::|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ゞソミゝミ |   ―――、   |   ┌ー─ーーーー┐ ┌ー─ーーーー┐ .| ::|  ───┐
ヾ;:;;:ヽミ .乂_______ ノ  .|| ̄ ̄l|l ̄ ̄l| ::|| ̄ ̄l|l ̄ ̄l| .| ::| .  ̄l|l ̄ ̄l|
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:.;'.| :|  ||: :!|l: :||   ||__l|l__l| ::||__l|l__l| .| ::|                   第7話 後書き
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ■  | ̄ ! ̄|   └ー─ーーーー┘ └ー─ーーーー _.| ::|  ゞゝヽミ;ソ
ミゞ;;;:;ソソミヾ ;ゞ | :|  |   !  |                        l //| ::l ゞ:;ヾ :::ソ;;
iソ;;ヾ;: ;;:ヽ_;':ゞ ■〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒〒. l// | :: ノソゝヾヽノ;;;;              ┌──────┐
 ;i;:ヽ_;:ゞミゝ : :| :|_____________ . f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ..ヾヽノ;;;;              │  残酷だな  │
;ゞミ;;;;;ヾヾゞ: : : :| :|,:';',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',;',|   ―――――。   |.;ヾノソゝヾ                 └──────┘
ゞ;;;:;ソソミヾ""´/ /              !_l   .乂_________ ノ . :;ヾノソゝヾ
;;;ヾヾゞ    / /                ┌i                  \\
.       / /                   l__!                  \\
      / /                                     \\


古典的な方法ではありますがね、このシーン
要するにやる夫はミクが好き、と。いや、好きだった、というのが正しいのかな?とにかく初恋です
結果的にこのスレはやる夫が初恋を取り戻す物語だったと言えるのかな?
あとラストで、顔が赤いとか、涙が出てくるとか、喉がカラカラだとか、胸の奥が焼けるように熱いとか言ってますが
勿論、夕日が眩しくて目に沁みたからという理由じゃないので。流石にそれくらいは言わなくても分かるか
最終話の桜の顔が赤いのはきっと夕日のせいです


726 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 21:21:25 ID:UOvpcTq6
まとめサイト様のコメントを拝見しましたが
どこか他の作者様と同一人物ではないかと推測されている方がいましたが、あり得ません
あと、某所に目をつけられるとか、どこかと展開が同じとか、そういうコメントもありましたが、全く心当たりが無いので何の話かさっぱり分からなくて怖いです


727 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 21:41:51 ID:UOvpcTq6
原作は私の黒歴史ノートです
あと初期構想が残ってるんですけど実際に投下した作品とかなり違っててちょっとは面白かったです


728 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:48:26 ID:UOvpcTq6


                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \          ┌─────────────────┐
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \        │    初めに言っておく。これは夢だ   │
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \        └─────────────────┘
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈



       ______
      弋:ー -- 、__:::::>
       ヽ      \.:.:.:.:.::.:.: `              ┌─────────────┐
         \    :.:.:.:.::..::.:..:.:..:..:.:.:.                │  どうして分かるのかって?    │
         ':.:.:\>'´/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::            └─────────────┘
       /:.:.:.:.:.:.:.:/:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::
       ':.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..
       ノ!:. |.:.:.: /.:.:.:.:.:.::.:.:j/.:.:.:.::.:.:.:.::.,:イ:.:.:.:.:.::.:.:.::     -‐-、_
      ノ:.:.!.:.: ':.:.:./:.:.:∠:_.:._.:.:.: ノ、/ |: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\_:::::::::::::::ミ= 、
    ∠..イ: !.::.|:.:. ' :.:.:.:.:.:.:/  ̄//ヽ, ':.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ̄ ̄ ̄ ¨ヾ≧
. -────‐ -、:.:.|:.:.:.:.:.イ  _ '´      l:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.::ヽ:.:.::ヽ     /
           ヽ!:.:.:.:.:.:.l   ヽ,、   :: l! |:.:.:.:.:.::.:.:.::: |:.:.:.: |:.:.:.:.|   ,.イ
:_、_'ノ⌒ 、ノ⌒!     ヽ.::ヽ.:!    ヾ ,    l! |l:.:.:..:..|:.:.:.:. |:.:.:.:.:!:.:ヾ|_,.イ
フ三 三ヽ  ヽ_ィ   |::,:ハ         l! |!ヽ,.::.:!.:.:.:.: ,:.:.:.:.:!:.:.::ハ:|
二二 三 |三三`‐ ァ ヾ、           、、 !:.:,l.:.:.::ノ:.:.:.:., :.: ' l:|
三三 三_ヽ三三 ノ   |:!         _   ヾ,j,//:.:.:.::.:./:.:.:./  リ         ┌──────────────────┐
三三ヽ 三ヽ三三ゝヘ__j=,ヽ   、 ヽ    、/:.:.:. .__ヽ_ /_ _:/              │  女の子と同じベッドで寝ているからだ    │
三三三 三 |三三 三ヽ/:/ 、.   ___..ノ__:._, _´ ー'  ' ,二)             └──────────────────┘
三三三 三 |三三 三, |':/ヾ,、 ̄ヽハヽ, -、'ノ‐、/_ j     ー'、
三三三 三 |三三 三/ヽ j/   /, /     ヽ´`ヽ  /ァ/
三三三 三 !三三 三三ヽ    / /       |  ヱ.ノ ./
三三三三 ノ三三_.三三三\ . !/         .|   | ノ


729 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:48:56 ID:UOvpcTq6


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


┌────┐
│  昨夜  │
└────┘


            ミ||\
             ||:::: \
        .____||:::::::::::\
        ||       ||:::::::::::::::|
        ||       ||:::::::::::::::|
        ||       ||:::::::::::::::|
        || / ̄ ̄||:::::::::::::::|
.        /― ― ||:::::::::::::::|        おーい、ただいまー
        / (●) (●||:::::::::::::::|
      |    (_人_) ||:::::::::::::::|
.      \   ___||:::::::::::::::|
         ||ゝ,.___)::::::::::::::|
         ||   \ i、._)::::::::::::::|
         ||    \||:::::::::::::::|
         ||      ||:::::::::::::::|
        ' ̄ ̄ ̄ ̄||:::::::::::/
             ||:::: /
             ||/


730 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:50:09 ID:UOvpcTq6

                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈 
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )      ま、とはいっても一人暮らしだから
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|       誰も出迎えてくれないんだけどね
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



             l:ヽ、
             _|:.:.:.,ゝ、
           /:::::`:.:::.::ト,ヽ、
          /::.:,-‐;::::::;、_ヾ、:l!
          シ/∠^:.:.:ムソ yソ
           i!:: ̄`^ー--ーt´,               にゃあ?
           |::::::::::::::::::::::: :::l!
          {:::::::::::::::::::::::::ぐ_
         ',::.:.:::::::::::::::::::.:.:::`ヽ
           ',;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l
            ヽ、:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::|
              \ ::.:.:.:.:.:::::::::l
              \;.;:.:.:.:._ノー-..、
               `ー、_':.:.:.:.::::;:. `ー-、
                   ` ̄´  ̄`ヽ;:.:`ー-、_,、
                          ` ー--'



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  / :::⌒(__人__)⌒::::\        お、ソウ、ただいまだお
  |     |r┬ i      |
  \__ `ー‐' __/
  /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ          ソウは仕事に疲れたやる夫の唯一の癒しだお
  | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|


731 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:50:27 ID:UOvpcTq6

               。
            。 O     ____ー、
          ゚  。 \ヽ / u ゛  u  \  ゚
          -  ・。 /;゚ ⌒  ⌒ @\。
        ,  ゚ 0 ─/ { U (●) (●)  .\ / 。   ,'´ ̄ ̄`',
         ゚ ,,、,r-'⌒l u//(__人__) 、 ) 。゚ | o     ,! ハ ハ !
      。 ゚ r-'⌒`ー-'´ヾ,. ir- r 、//u   / 。 ・゚  l フ ム l
        ヾヽ、_,,,、-、/ミ,ヽヽ/ ノ_, -イ-、\     ∠  ハ ッ j
          ー = ^~、 ̄r'´ ̄`''jヽ、  〃ヾ ゚ 。   ヽ フ   /
 jヽjvi、人ノl__     / /  ヽ´{ミ,_   ̄`'''-ヽヾ      ` ̄ ̄
 )   ハ   7      /  / `'='´l  ̄i'-、_,,ン ノ 。
 )   フ    て   /  /   !。 l  l  - ニ
 7   ッ    (  __ヽ、__l ___ .!。 l__l__,-=-,___
  )   !!     ( ,               l  l
  ^⌒~^⌒^~⌒^               ヽ=ノ



         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ー)  (ー)'
    |         (__ノ、_,x ,--、
    \.       `ー<  ヾ zヽ ズズ…
____/       ー‐\/| |
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


732 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:50:48 ID:UOvpcTq6


       |
       |
       |
       |                     ________
       |              〈ヽ     |
       |                ))    | //
       |               ((     |      //
       |__________ 屯_、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /         ζ     /| ̄
     / ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヽ  / |____占占______
    / / ´´゜-  - 、''""''  / / 〔ニ〕ニニニニニニニニニニニニ
   / /   / (ー ー)ヽ     / /  |iiiii |
  / /     ゝ(_人_) ノ"''  ./ /   Y
 / /       ~     / /
/ /                 / /



           | |==============| |
           | |                    | |
           | |                    | |
           | |                    | |
           | |______/ ̄  ̄ヽ___| |
          / ̄ーユ¨‐‐- 、_   (____ノ    /| |
       _/      ` ヽ__  `-          /  | |
___ /         `ヽー、}        /  /| |_____
    ノ                 ヽ__  `ヽ. /  /  | |
  /                       ノ|  /
/                        / |/
|      .|         |        .| | |
|        |     .|   .|         |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
                                       , --  、
                                        /      ヽ
                                         ゝ     ノ       ふぅ…あれ?
                                           (|     |)
                                         |     |
                                       し   J


733 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:51:13 ID:UOvpcTq6


        ,ン''"""゙:ヽ
        ,;':::::,-、:::::::::::::"ー--.-.- 、,,,     ,,,_,,_,,,_,,,,,,,.--:::::ァ
        ,;'::::,;' ジ:::;:::::::::;::::::;:::::::::::::::::::゙''''';;;'""::::::: ::: :::: :: ゙ヾ/シ
       シ;;:/,シ:::::;::::::::::; :::; :::::; :::::;::  r--- 、_::::: ::::: :::;::; ::::ミ
       ,{:,ン:::::; ::::::::::;  :::;: :::::; :::::; :::::..;:ヾ;;;彡;;;>::::::::::':; :;: ;:::// -'''ー---、
     , -'"::;::::;   :::::::::::::::::: ; ::::::;:::::::::::;;彡レ':::::::::::::::::::;:;;  :,:ミ::: ,  __ ,__)
   , -'" ::::::; ::::; ,,,  ..::::::::::; : : ::::;:::::::::::;:: 彡: : : : :::::::.ー、 イ:;'⌒""''" ̄
  r'  , -'""""""  """''-'-'-';,,,,, ::;::::::;::::: ;::、彡,::彡三ジ: -ェノ
  ゙ー‐'                ゙ヽ;::;: ::::;  "'- 、⌒"'''''''"              Zzz…
                     ゙ヽ、:;      ゙''ヽ,
                       "゙ヽ、       ゙;,
                          ゙ヽ、 i ヽ ノ
                            `ー'ー'




       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\           あらあら、やる夫のベッドで寝ちゃってるか
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /           ちゃんとソウの寝床に……
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃


734 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:51:56 ID:UOvpcTq6


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\        いやいや、この際だから一緒に寝るお
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |     気持ち良さそうに寝てるのに、わざわざ邪魔したくないし
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /



          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |         おやすみー
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/


735 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:52:40 ID:UOvpcTq6


  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |     チチチ・・
  /  | |┐  /  / | |: : : |
/    | |┘/  /   | | : : :|
      | |/  /     |〉==:|
      | |  /       | |: : : |  チュンチュン 
    /| |/         | |: : : |        
_//| |________________| |: : : |        
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|        
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \      
   ̄ ̄ ̄                \     
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「                     ,. ―――――――――――――――
     ||               | |                      f.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   []|| []            | |           __        | |        ______
     ||               | |         >'´ : : : : :ヾ      ! !      /─  ─ \
_______」.」_____________.|_|         ___|: : : : : : : : : ヽ-''"   ̄ `ーー/ (ー) (ー)  \ー----
────────‐-、             / .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、  、   /  (__人__)     ヽ
\             \        ,. -‐'ー- _、_            ヘ、__rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ
  \       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、、 '"__          ``-ー´⌒ヽ_ノ
    \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ



  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |     チチチ・・
  /  | |┐  /  / | |: : : |
/    | |┘/  /   | | : : :|
      | |/  /     |〉==:|
      | |  /       | |: : : |  チュンチュン 
    /| |/         | |: : : |        
_//| |________________| |: : : |        
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|        
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \      
   ̄ ̄ ̄                \     
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「                     ,. ―――――――――――――――
     ||               | |            ↓        f.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   []|| []            | |           __        | |        ______
     ||               | |         >'´ : : : : :ヾ      ! !      /─  ─ \
_______」.」_____________.|_|         ___|: : : : : : : : : ヽ-''"   ̄ `ーー/ (ー) (●)   \ー----
────────‐-、             / .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、  、   /  (__人__)     ヽ
\             \        ,. -‐'ー- _、_            ヘ、__rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ
  \       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、、 '"__          ``-ー´⌒ヽ_ノ
    \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ    ヽ


736 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:53:11 ID:UOvpcTq6


       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \          ふう、いい朝だお
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃



               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ       おい、ソウ。シーツ洗濯したいからそろそろ……
            | ⌒(__人__)⌒      |
         \   `⌒ ´     /
             /             \


737 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:53:22 ID:UOvpcTq6

      l |       Vヘ::ヽ   、      /,イ: : ./"/:/         /
       ヘ. ',.  r≡、r, lゞ ' ,      /.'/: : / :,イ/         /
       .ヘ ',. ,' ニミ { {l;:;:;:;:ヽ ´'.   , .{l: ::/ 'y'、__,..       /
        __rt.{r‐,_∠ ll'、;:;:;{  ゛.ー =' .〉 {: :{/   ノ {´ヽ,ー―'       Zzz……
       ゞ>'  ̄' =<フ-, ヽ;:{   _/__.><''V     .ノー': : :.',
        |     ,_´7ヨ. /ニ/.,,,'''./><ヽ    ノつ: : : : :.',
         .l.    「ヽヽrt/.r=/〈〈_//7l', .',',  ノフ: :: :: :: ::ム
          l    r' r './ \'  ヽ/// ヾ_〉〉 //: : : :: :: :: ::㍉
        l   >-y'.     \ //./   ,. <´ : : : : : ; : : : : : ヽ,
         .l   λ,'         \ . r'ー,、:: : : : : :/; ; : : : : : : : > 、
          l   'ッl.,_          >ー'  \: : /;; ;; ;; : : : : : : : : : : :)
        ├='' 'ー7ィェ 、_     /     ,'<; ; ; ; ; ; ; : : : : : : :ノ ̄
         ヘ     ~^.メ-'^.≧ー'<    / | 'ー=、_ ノ⌒ー '
          ヘ   /        .}〈.゛' ´ >'///////|
           ´'ー '        ,.<//゛' ´// _ , . , _ //ヽ
                    ,「: : i/∩l//´: : : : : : ヽ,/
      ., ー==´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : l: :Ⅴ.レ' : : : : : : : : : |
       {::: : : : : : : : : : : : : : : : :::_l,. -ー- 、:: : : : : : : ::|
      .,}- 、: : : : ::_ , -=ニ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : |
     ← 、 : ゛ 、l´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::i
    /   .ヽ: ::l:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ム
   ./       >┴ 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ
   .i     /ヽ : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :> '
    ヘ   ./   ヽ,: : ',: .: : : : : : : : : , > ' ´
     ヘ ,'       ,ッ_ , '、_::::::: : :,. <
      ム      ヽ     ̄´
      ム       V
       ヘ,      V
        ヘ      V




               ___
             /      \
           /⌒   ー   \
          /(● ) (● )   ヽ          ソウ?   ……あれ?
            | ⌒(__人__)⌒      |
         \   `⌒ ´     /
             /             \


738 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:53:55 ID:UOvpcTq6


        ___
       /_ノ  ヽ\
     / (○) (○) \
   / u   (__人__)   \         お、女の子?子供?な、なんでこんな所に?
   |     |i!i!i!i!|   u  |
   \  u  |;;;;;;;;;|    /
    /    `⌒´    \         いずれにしてもヤバイお!
   (<<<)        (>>>)
    |、 i、       ,i  /
    ヽ_/       ヽ__/
     |          |




                   ___
                  /     \
            /ノ   \   \
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、    未成年略奪ロリロリロリロリ
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ
    ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'       信じてくれお! この女の子が勝手に入ってきたんだお!
            │  ・        ・  │
         │             │
          │ 自 主 規 制   │
          │                │


739 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:54:53 ID:UOvpcTq6

           /'/^マム! '_ , イ.イ::ハ
           //   マア兀ノ |/{::::::∧
           /:!    }{| ||  }{:::::::::::ヽ        んー。うるさいなあ、マスター
          ヽ:{    /ノ太zzzzツ::::::::::r-'
           〈ヽ__ツ~|下~!ー--r::へ_
             `ー '  .}::: ̄7「  {:::::::::::::::> 、
                   |⌒ヽトー-くx、::::::::::::::::::::>x、
                   V:::::::|    |{::::丶:::::::::::::::::::Y `ヽ
                ヽ:::: |    |{:::::::::::ヽ::::::::::::::!  .}
                      \!    |{:::::::::::: |::::::::::ノ`¨¨´
                        トxzzzzり__ノ ̄´
                       丁 、~~、ヽ
                    ゝ' `ヽ」’




                          i! ヾ゙`ミ 、
                            i! i  \ヽ ミ  ぴ
     ぴ                    |   ヾヽ ミ  こ
     こ             .-‐ ¨  ̄::|,  ミzヾ:ヽ_
                     , ~: : : : : : : : : : : : : : ー-、ヾ::ヽ`.、
       _____∠: : : : : : : : : : : : :: : : . : : : :ヽ !:::l: :.\      いつもなら僕が寝ていると静かにしてくれていたのに
     Zニ,,:::::::::::::::::, ´: : : : : : : : : : : : : : : :. :.、: : : : : :ヽ:::l: : :.:\
    i! ヽ  ~ミ=z/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : ヽj: : : : :.ヽ
     i! ヾ ミ ./: : : : : :: : : : : : : : ::..: i: : : : : : : : :.\: : : : .ヽ: : : : :.:ヽ
         ` -/: : : : : : : i: : : : : : : :.:: :l: : : l: : : : : : :.:\: : : : ヽ: : : : :.ハ


740 名前: ◆haganaIIG.[] 投稿日:2012/07/28(土) 21:55:07 ID:UOvpcTq6


   z==:‐- ..    ._,__,,.. ...,,,,.. ...,,__     ,. -‐;==z,
   |  . .\::::::>'":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: <:::::/. .   |
   ’ ゛:. .:..:.:;>´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙く:.:..:..: ' /
    ,ヽ. ゛:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:"/
    ``V/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧
    _,,ァ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: {
     !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|
     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:∧;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:i!
     |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:/  ヽ;:;:;:;:i!;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
     |;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:i!;:;:/ー-  \;:;:!ヽ、ー\;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:i |
    /ハ;:;:|;:;:;:;:;:;:;:!/   __  弋  \;:;:;:;:ヾ、;::i.;:;:;:;:/;:;:ハ!
   . i! ハ ハ;:;:;:;:.;:;:|,ィ≦≠zヾ     シィ==ォェk/;:;:;:;:/;:;:/
      ∧ !;:;:.;:;:.||レ仍从Y!     テ爪斗ツ》:;:;:i!/;:;:./      何か大変な事でも起きたの?
        ヾ',;:;:;:ハ 弋彡      弋辷''  } ./ レハ/
      i>》しヾ! ヽ ///    _    /// .ノ/ ハ'》え
      わ-》ふヾ> ,>-‐‐-、  , -''"´`</ノて》ちヽ
     /.;.;わ《 う/ /       V      ハヽふう.;.;.;.;!
     }.;.;.;.;せ》/ /       i{       ∧ヾァ.;.;.;.;.;ヽ
     i.;.;.;.;.:;えi ./        { .}        ∨i.;.;.;.;.;.;.;i
     |.;.;.;.;.;/:;:;/         ,' ハ        }ヽ.;.;.;.;.;{
     |.;.;.;.;./:;:;,'        /! i        ハ:;\.;.;.;i
     {.;.;.;/:;:;:;i          ,' | ∨:;ヽ        i:;:;:;:;{ !
     ノ.;./:;:;:;:;:i!          ハ i×!:;:;:;',       ハ;:;:;:;ヽヽ
   . /.;./:;:;:;.:;:;}        i:;:;:;{ |:;:;:;:;}       {:;:;:;:;ト、\
   /.;./:;:;:;:;.:;:;|        {:;:;:;:;V:;:;:;:;ハ       |:;:;:;:;ハ ヽy'





                  _____
                /           \
               /              \        ┌───────────────────┐
             /   ──    --─   \      │  朝起きたら、飼い猫が幼女になっていた  │
            /  /____ `ヽ   、,,.-='、'、   \    └───────────────────┘
          /     . l i;;;:::;;;i |′  .l i;;;:::;;;i |     \
          |     ヾ''''''´"ノ  ヽ`'''''"'"      .|
          |       (    i    )       |            ┌────────────────┐
           \       `ー ─'^ー 一'       /          │  だから言ったろ?これは夢だって  │
            \         ̄ ̄        /           └────────────────┘
              〉三三三》     《三三三〈


741 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 21:56:58 ID:UOvpcTq6
以上、初期版「やる夫は    に恋をする」第1話ダイジェストでした
本当は「やる夫は猫に恋をする」というタイトルで、まあ色々と考えているうちに恋をする対象を空欄にしたら現在の話になりました


742 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 23:56:34 ID:UOvpcTq6


                            __    __
                           イァ‐,`´__/⌒㍉r'⌒ヽ、
                        //イ/:::{   ハ.ト、 ヽ ℡
                          ' ¨i /:::;ィ:::|  / 爪ヽ  ハ `
                       '爪/:::イ ,  |八', `、
                        ムイ_」    「ヽ V \ ’
                             { ノ__l .  .l=人 ,  ヾ、
                        /   .| ,  i |'  ヽヽ   ヘ
           ( ;; ;: )  ⌒ヽ      {`ヽ   |   ,.|     }  , 、 ヘ                    ( . ;.; .; :.: ⌒) ..;.;:⌒):.ノ
      ___ノ  ノ⌒)  .;;:.;.)     λ    ,    i     |  寸 ,             _____,ノ      ノ⌒) .;. :.:ノ、
:.`)_ _ ̄  ̄  _ _ ___丿    .㍉、   Ⅶ  ハ    |   V   ’            ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`     . .. ;: ;.:.:;;`ヽ _:;,)
:.;....)´ ̄ ̄ ̄                    λ\    ,   ヘ   .ト、   ,   ',.⌒ヽ             _ノ        .. . .;: .:; .:_,ノ
: .. =─  -               ,イ:{  \ 寸   ヽ | ヽ  . i | .i.;;);.;;ヽ             ̄`ヽ_,ノ ⌒ ̄ ̄´
                          / .|、V   \ 寸 、㌧   ハ  i |.| ‐-、__`ー、__
一⌒)                    ∧ ヾ∧     ヽ\ \\  , l /| i|      ̄ ̄
::.:、::.`ヽ_                  , ヘ__/::.ヘ      、 \ヽ\`ー, .i/ リ|
ー' ̄ ̄´               {   /::.::.::ヘ       、 \`㍉、/  / .j            第8話 後書き
                         /ヾィ::.::.::.::.::㍉、       `ー  ℡、
                     〈ェュ_ム::.::.::.::.::.:ヘ ヽ     \     \
                         `ーイ::.::.::.::.|::.::.ヘ \     \
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.ヽ  \      ,     ’
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.::.:\  \     i     ハ
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.\  \    .|      ,
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::ヽ  ヽ        }
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::..ヘ   ヘ ,x=x==¨¨"
                         {==≠===ハ==寸   \
                         |::.::.::.::.:|::.::.::.::.::.::{ }::.::.:|`㍉   \
                            ̄ ̄ ̄| ̄「 ̄:|  ̄   `ー―一
                           r'ー-}:::::::|
                           l__l.-‐┴t
                               <_,ィ}__}
                              ,ィチくィ<__,.ィ’
                         `< |_ム__.ノ
                                   ー'


ある意味、一番苦労した話です。新章に入るという事で「何もしない話にしよう」と決めてあったので、描写のなかった日常の何気ないシーンを描こうと思いました
フェイトの後ろ姿が1レスだけ出る、という事以外は本当に何もしなかったと思います。補習の話はもちろんお盆に照準を合わせるためです


743 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 23:57:55 ID:UOvpcTq6

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...:::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::|       だったらさ       |
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::\_________/
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,            第9話 後書き
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."           .  . ..


「名前」はこのスレのテーマの1つなので。佐々木は公式で名前が無いキャラなので、これをどう活かすかを考えた結果がこれです
だから1話時点で考えていた「だいたいの展開」の1つなんですが、8話になるまであんまり出してませんでした
だからこその名前プッシュ。ミクも、佐々木も、星を護る天使さんも、名前に対して三者三様の反応を見せてくれました
ここからは最終話を「13話」と目星をつけて、そこから逆算で書いてました
そうしたら1話のレス数が最初は30弱で7話はもっと多かったのは仕方ないとしても、1話に30レス強、そして11話とかは60レスと普段の倍以上
もっと先の話ですが60レスも投下していて思ったのは、一気に300とか投下してる人って凄いんだなあ、という事でした


744 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 23:58:33 ID:UOvpcTq6

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|              星を護る天使……?
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

                                                           第10話 後書き


                                            ___
                                           /     \
                                 iニーヽ    /─  ─   \
                                iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \       それって、天装戦隊ゴ……
                                  ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
                                      ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
                                        '、_ \       )
                                          \ \ / /|
                                           |\ ヽ /  |


佐々木の名前と両親について語る話。佐々木の親ってやる夫じゃね?って言っていた人がいましたが
はいかいいえで答えるならその質問の答えははい、でもいいえです
助けてくれる人がいたのがミク、いなかったのが佐々木と言いましたが
父親がやる夫だとするなら、その父親は既に死んでいるので、佐々木を助ける事ができなかったという事になります
でもこっちのやる夫は生きています。12話の車でも死にませんでした。だからミクを助ける事ができたんです


745 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 23:59:34 ID:RsBmU9II
もうすぐあとがきも終わりか・・・。


746 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/28(土) 23:59:37 ID:UOvpcTq6

         __
        /   _ノ\
       /     (一)
        |     (__人)
       |          l
.        | U       |       ふぅ。1人動物全役は辛いだろ
.       ヽ      ノ
     _ ヽ     / _                                        第11話 後書き
     / ∩___∩ \
    / _| ノ      ヽ  )                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    (__)  ●   ● |                                          |. もしかしたら…  |
     |  |    ( _●_)  ミ                                     乂_______ ノ
     | 彡、   |∪| /
     | /  ̄ ̄)ヽノ
     ∪    (  \
           \_)


とても長い話になってしまいました。ミクさんマジ嫁
ミクを名前で呼んだシーン、好きです。待ってる間はずっと相手の事を考えていられるってのも、好きです
なおラストはあの引きにするってずっと考えていました。実は最終話の構想はかなり綿密に決めていたので
9話を書いている頃から12話を書きはじめていました。だから11話ラストがああなる事も決まってました
あとお盆もそうですが、49日の計算が間違ってないか実は何百回も確かめました


747 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 00:02:25 ID:FLUhpwms


                   /二二ヽ
                    | 佐  |
                    | 々  |
                    | 木  |                    第12話 後書き
                    | 家  |
                    | 之  |
                  __| 墓  |__           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                 / └──┘ \          |      自ら命を絶つ事を選択しました      |
                |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ソ       ヽ__________________ ノ
                ソ::::::::::::::::::::::::::::::::ソソ
              / ソ ̄|;;;;;;;lll;;;;;;;| ̄ソ \
              |´ ̄ ̄ |. [廿] .|´ ̄ ̄.|
              |:::::::::::::::|      |::::::::::::::|
              |:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄|::::::::::::::|
               . ̄ ̄ ̄|_______|´ ̄ ̄゛


空欄に入るのは「幽霊」っていうのは最初から決まっていました
だから空欄は漢字二文字分で、毎回ラストの一枚絵の透明人間があんな窮屈だったのはそのためです
最終話の1つ前は、前半はギャグにしよう、ラストはシリアスに最大の種明かし、そして「透明人間」を消して「幽霊」と書き直す演出にしようと
ずっと考えていた構想でした
映画館で、今ちょっといい事したって誰も覚えちゃくれない、という話がありましたが
昔のやる夫を肯定するために、それを覚えていてくれた人が出るというのも決まってました
今回だけタイトルコールがいつものアイキャッチ風じゃなくて、前回ラストと繋げてました。クライマックスのいつもと違う特別な演出って好きなんですよ


748 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 00:03:11 ID:FLUhpwms

O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o゚:::::::::::::::::::::::O:::::::::::::::o。::::::::::::::::。:::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o::::::::::::::::::::::゚:::::。゚ o
:::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚:::::::::::::::゜ o::。:::::::::o:::::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::
:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::○゚o:::::::。::::::::::::
::::○゚o:::::::。::::::。::::。:                                   o゜::::::o゜::゚:::::o。:。::::::::::::::::::::::o::。
:::::::::::。゚:::::                       帰ったお                       ::::::::::o:::::::::::::。
::::::::::::::::::::::。O::::::::○o                                    ::::::o。O::::::::::::::::::::::::::::::::o:    最終話 後書き
:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::::::::::o::                             :o゚:::::::o:::゚:::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::゚::::o:::::::::::::o:::::::o::゚::                  親の所に                  ::::::::。::::
。O::::::::○o゚::::::::::::::::::::o。O::::::::○::::::。::::。:                            ○o゚::::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
:::::゚::::::::::::。 :::::::。:::゚::::::゚:::::。:::::::::::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o:::::::::::::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::


タイトルコール無しで始まった最終話。当初気付いた人いるのかな……
どうなったの?→帰ったよ。親の所に というシーンで終わり、とずっと決めていました
ただやっぱりこれで終わるというのは不完全燃焼な気がして、あの後日談を作成しました
あの後日談は私の頭の中だけにあれば書かなくてもいいや、と思っていた物なので
それにAAと台詞をつけるだけだったから書くのは簡単でした
あと後日談とは関係ありませんが、桜の(吹き出しが入っていますが)一枚絵も結構気に入っています
やっぱり女の子は可愛くないとね


749 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 00:07:35 ID:FLUhpwms
はい、という訳で「やる夫は    に恋をする」これにて完全に終了となります
過去ログ化は近日中に依頼します
皆さんありがとうございました


750 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 00:10:36 ID:sZLtI4Ws

お疲れ様っした!!1


752 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 13:08:01 ID:bW/ZOouA
後書き乙
ところでクラスに居た「佐々木」(>>3)は佐々木と同一人物だったの?


753 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 14:27:18 ID:t3P2QfTU
>>752
なるほど。
同一人物と思って読んでたけど、亡くなったのがしばらく前みたいな描き方だったから、別人の可能性もあるんだね

学校がいじめや自殺を知って公表せず、やる夫が知らなかったのだったら、佐々木が悲惨だ


754 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 14:28:16 ID:t3P2QfTU
>>753の後半は「同一人物だった場合」です。こうでもなかったらつじつま合わないと思ったので。



755 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 15:49:53 ID:FLUhpwms
実は5話後書きにて、悩んだ末に削った文章があります
>>752-754の疑問に関するヒントあるいは答えに繋がる事だったのですが
削ったという事は、そういう事にしておいて下さい


756 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 16:03:16 ID:FLUhpwms
あとはまあ、佐々木の幽霊?があの姿をしているという事は、少なくとも小学生の頃とかではないでしょうし
それに魂が現世に留まっていると~という星を護る天使さんの言葉もありますし
それらから、佐々木が亡くなった時期はある程度絞れると考えていましたが……
やっぱり読み取るのが難しいという事で、伏線は明確にしておくべきだったのかなあと


757 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 17:16:38 ID:bW/ZOouA
>>756
幽霊関係でこっちの常識が通用するって発想は無かった。

想像出来たのは桜が孤児院に勤める前に死んだ&もし生きてたらやる夫と同年代、くらいかな
そもそもやる夫が何故空き机の主の名前を知ってたのかが解らなくて考えてました。



758 名前: ◆haganaIIG.[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 17:38:53 ID:FLUhpwms
そもそも死んだ人間って成長するんですかね……
私は、死んだ時のままという設定で書いていましたけど


759 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/29(日) 17:49:54 ID:ikCJRpxg
死体は代謝が止まってるから成長はしない
幽霊の定義にもよるが、「人間が死んだ時に体重が21.3g減る?」精神情報体理論に基づくなら成長してもおかしくない(時間の感覚が正常に残るため精神のみが成長する)
ハンマで一撃

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

そこそこ面白かった

No title

蒼の猫の話がすげー見たいんだが・・・

No title

正直、蒼猫の話のほうが面白そうw
page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3032.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13