以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-2430.htmlより取得しました。


やる夫が軍艦総長になるようです。 第一部 第四話 「吹き始めた逆風」



同シリーズ

第一部
第一話

第二話
第三話



425 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:04:06 ID:tI5MM47s


                  ,,r,|
                  /'っi|
                 '~_|
                     | ̄
                     |
                      ll            、,.
                     |              l l: ̄l
                  \ |          ――l',二┴ -,―
             ____,,|,_ _        _,|、-‐ ¬ァ
                     l,    ̄ ̄     | ,l_ ̄三'二l
                   _r |          L,l_ / ̄__  |
                  ヽ ァ        l''"l´ l, ̄_ ̄,l`l
                ___,l; |__‐_―――'、‐'三 ̄―_ ̄l,ァ'―--
                '―_-―_¬''"´       `'|マ ̄ _ ''`l
                 //|; l!        r , |´-三―‐ ッ
                   // ,|; |l ,、,,     lニ- ̄'l ,‐ _´l,_
     ,             //  |; |,lr┴――:、 l-`_ ―_‐_┐_┌,
                 //   ,|; | l'!―――::l,|ー'' ~└r,r,r,r,r,r,r,┘
              //_ ネ ,|; |!::|      lニニl二l: ̄_l ̄_ーl ̄,,l-
             l':: ̄ ̄ ̄ |; l'l l-‐―l',ソ,ソl- ―:l ̄  , ‐-== ==,,‐
           lニニ,,l   ̄ ,|; l l‐-=lニ ̄:l 二二:l r_‐l`ヾ_― -"-,
         lニニ`l ‐ ''  lニニ/´ ̄  ,,__':‐―― ゙‐l ''l‐_,_ ̄ ̄ヽ__
          `l ‐ |   __、'/ |        |lィトl,―――‐ ^l ‐,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o                       l
        __,| _ l´ ̄ ̄_,l ‐' |       ,|トll,l l,     __/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ                             l
―_,,‐"-― ¬‐, ヽ ̄     干l丶  l  ヽ ̄l、ノ ̄ ̄ ̄  `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,::''´‐- ̄、-`r_―_―_―_o‐o               l
  ヾ、、__ 彡 _,ll __     ̄     ,l         ,,|     ___/___,/__ヽ_ヾヾ_ヽ____ ,,,,,,,,,,,, ...............  、_,,-|
―― ― ―::_-__,¬''l '''''''''_''T_'''' TT' """""l::T"‐=T‐'~l :T‐r‐l=, 。 。。 。 。 。 。 。 。 。 。 。, ''´ 。  。  。 、,l〉 、,l〉 。    ,/
,l- ̄-~~┘‐┴――゙┴'――――~ ―''┴― ―  ‐ ¬~= '' ̄―。 ‐。 ‐ 。‐。‐。‐。‐。‐。‐。‐。 '"。  。  。  。   。   。   ,l
________________________________________________,, 、!
― ‐―  ―  ―― ― ― ― ―― ―― ― ― ―― ――‐― ―― ― ――― ― ――― ― ――    ''''
                ┌──────────────────────────┐
                │                                     ...│
                │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
                │                                     ...│
                └──────────────────────────┘
                      原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)


426 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:04:24 ID:tI5MM47s


                   /              \
                / /           ィ     l     皆さん、こんにちわ!!
                 / /   \_  >  ´ |    |
                  / /    ,ィ゚、_)、     |    l     私は本作のナビゲーターを担当する
           _.ノ /   xァf坪ミy   , ー-、!     |
       /⌒ヽ、  /: : // 、{{ィリ    ィ柊ミ」     l     東せつなです!!
      .  -‐=彡' /: /:t {  `¨     {{ィリ }| /  /
    / ィ"´ ̄  ノ'´: : : :八   、_   {  `¨'/:/: /      精一杯がんばりますので
   / //     . :/: : :{:r㌧、 ヽ >  /: /
     /: . . : : : : :∠、:_: : : :}^ヘ_\ `  _,/: /         よろしくお願いします!!
   /: :/: : : : :/   V^ヽ-- 、 `^`チ/: l:イ、, -厂ヽ 
    レ{/: : :/:/     | ヘ._)、ヽ\-、/: ::-/ / /し} |
      /: /: :|      |  { ー\__)、_y'_/し'T ー, !
    {/ {: : : } _    「j  \ {彡'_:_;ノ!   |  / h、
       V厂      人}_    } ヽ.__ _,ノ  {   い}
      /    /^Y )    , --┴-- 、   r┘ノ\


427 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:04:38 ID:tI5MM47s


       r=彡    {三三7_ 〈:.   `   ―-、 }三三二]. .              /
       {´     :└=ァ'´   〈     \  \辷三广: :            /
       ゝ.     : : :/   l :|ハ 、   ト、|    \\{: : : .       .   {
        \  . : : : |    /ヘjミ∨\ |ート  |   \\: : : : : : : : : . . : : .ヽ\    同じくナビゲーターの
          } : : : : : V: ;〃f::hリ    V≠ミxl h、Vト-ヽlヽ: : : : : : : : : : : :l: .|ー`
          _,ノ /: : : : :∧:.l| Vソ      f::hリ Yjノ:l|   ` | ⌒\: :ト、: : :}:|     桃園ラブです!!
         ̄ 〈: : :{: : :l|∧|     '   Vソ ノ r‐|/    ○   }ノ  } : レ′
           )'^}:ノ○ :.   }>ァ一ァ   ,二.ィ′      |j       j/       みんな、この作品を見て
                  |j   ゝ、 ∨ /   /,--:r 、ァ
               _/´ /)ー'  //:::::::::ヽ.\                   幸せゲットするんだよ!!
              〈〈    / /´,二つ、::l:rと二. ヽl |
         _/ ̄ 〈〈 /  / / 二つと二.ヽ\i ヽ、_
    _,. -‐='- ,>ァ--―'    /  ∧::::l/ !  l   \ 丶r-、 _
 /´  ̄ ̄ ̄ ̄   /      ノ   {―/ /∨ | |   \    ̄`l   `>―-- 、
/           l  ___      `ー-、 , -‐'          | _         \
        -‐    ̄|´丿  }} ` ー― ⌒ヽ._X_.ィ⌒ ー一'  ̄ ̄丁|   ―         |


428 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:06:05 ID:tI5MM47s


            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html


429 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:06:36 ID:tI5MM47s


         ,  -―- - 、
        /: : : : : : :ノ,: : \            ……さて、前回はワシントン軍縮条約交渉のために
     /: : : : : : /^{: : : : :ヽ
     /: : : : :/   ヽ: : : : :l|           加藤友三郎全権を始めとする全権団がアメリカに
    ,: : : : :/_   , - ヽ: : : |
    l: : : :/ィ=、ヽ  f^テl:l : :|           到着したところまで話したわね
    l: : : :| {_ノ    ー' l: : |
    ヽ:ヽ:|    }     ハ: /           日本の、特に加藤寛治に代表される対米強硬派にとって
      l: :|、   r┐  /: :|'
      |从:ゝ. _ ´ /: : :{.__ ,          この条約交渉は想像を超えた厳しいものになったの
       人: : : } ̄  |:: l: : ァ'
      フ: :{: {ノ    _ソ:l: : :}_          まずはその交渉の模様から描いていくわ
     /{:{: : :トゝ  ` 7: : :ノ `ヽ
    |l ヾ\:廴l二二ノ-=イ/   |
    |  | /`l |   |  V′  |


430 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:07:02 ID:tI5MM47s


 { /         [r /  ∧| l   | ,   \  l |: r' ニ{{            
  V :/  . : : : : : : :/ l   /_ノヘt |}ヘ   \l 1: { -{{: . . . . . . : : : : : . .  く
  .{/{ , -―- 、: : ; : \|    \|    ̄  ||: :V{_,ハ : : : : : : : : : : : : : :  ノ    う~ん、なんだか今回は
    }ノ       `¨! .:: |`__,ノ     ゝ. __ |/: :|:/: :|1 ヽ : : : : : : : : : : : : : }
            ∧ .T                /: : ム:/ |    ̄ ̄ ̄`ヽ: ヽ:ノ     めんどくさそうな話……
           |  .\|             ̄ ̄ノ | │
           .{フ..  l  /⌒ ー ⌒\     /_,ノ {フ                 おとなしくせつなの話を
               ゝ.             /
                 >       イ                         聞いてよーっと……
                      `T ´   |


431 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:07:30 ID:tI5MM47s


.



=========================================================================

               第一部    第4話   吹き始めた逆風

=========================================================================




.



432 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:08:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────┐
│ 大正十年(1921年)十一月十二日  ワシントン  メモリアル・コンチネンタル・ホール   │
└──────────────────────────────────────┘

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――


Memorial_Continental_Hall.jpg


433 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:09:20 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────┐
│ 会場となったメモリアル・コンチネンタル・ホールにはABC順に座った各国全権を中心に、  .│
│ それを取り巻く各国随員、各国外交団、新聞記者など二千余名で埋まった。          │
│ 会議冒頭で議長が選出され、満場一致で米国全権ヒューズ国務長官が議長となった。   ...│
└───────────────────────────────────────┘


  | / ̄\    / ̄\    / ̄ |                 | / ̄\    / ̄\
  |,/     ヽ  /     ヽ  ./.   |                 |     ヽ  /     ヽ
,,__|l____l_l____l_l____.|                 |____l_l____l__
  | _   _   _   _   _   |                 |.    _   _   _
  |l   l  l   l  l   l  l   l  |   l  l|    ∧_∧       |    l  l   l  l   l  l
  |l   l  l   l  l   l  l   l  l | ̄ ̄ ̄ ̄( ´Д`,,)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|. l  l   l  l   l  l
  ∧_∧l   l  l   l  l   l  l |      (l    l)        | ,l  l   l  l   l  l   ∧∧
 ( ;´∀`)_l_ !  .l  l   l.「 ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~l, l   l  l   l.__   ミ゚Д゚ 彡
‐'( つ''_ニ -''´ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                         | ̄ ̄ ̄ ̄ .! `''‐ニ_と _   ミ
 〓| ̄「    |   ,,. ――|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !   ,|―― 、   |    `''‐ニ_ ミ_,
 T^|  |    ,. -''´ └―ー|___│                 l__|ー―┘、 `''-、,       | ̄|〓┛
   '   ,. -''´  ,. ‐''´                                 `''-、, `''-、,    !  !^T
   ,. -''´ ,,. ‐''´                                       `''-、, `''-、, .
,. ‐''´  ,. ‐''´                                              `''-、, `''-、,


434 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:10:00 ID:tI5MM47s


       /                  \           ……さて、それでは議長としてまず軍縮原案を
     /  /             \     ヽ
    /イ  /     !           \    ',         提議しましょうか
 .   i!./! /     !    \.       \.   !
    / .| !    ! ∧ !    ヽ   \   \ |       1)現在進行中または計画中の主力艦建造計画の放棄
    ! | |    |__| \|\.    !   _,! \ ヽ !.       2)旧式主力艦若干隻の廃棄による一層の縮小
    | | /!∧  _|_`ト、  \ ,斗七´___!  ヽ\八.        3)関係各国の現有勢力の考量
    | V i| ヽr个弋ふト ヽ ∨, ィ埒リ 个 、 |   \.     4)主力艦トン数を以て海軍力計算の基準とし、
   /    |  | \  ´¨´ >=く  ´ ̄  !ィ´  !    \     これに比例する補助艦勢力を割り当てる
 /    /|  ∨ハ ` ‐‐'´  i  `ー‐ 个 \ |\    \
/   /  |    ヘ、    _ __,    /    ∨  \    \
   /   /     | > 、_     r</     |    \    \
  /   /      |―へ__r=くr┴‐|     \    \.    \
 厶-―;/       |::_,/_:|::::!:::|::::::::::|       \_   ヽ    )
./   /       /´:::/::弋」_ノ!:::::::::|        \ \  |   /
  /       /::/::::::::::::/  |::::::::∧         \ \  /!
./       /::::::/:::::::::::::::::|  |:::::::::::::\         \ ∨  |

チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ(Charles Evans Hughes)1862年4月11日 - 1948年8月27日
政治家、法律家。ニューヨーク州知事(1907年~1910年)として活躍。上院議員から
ハーディング、クーリッジ政権の国務長官(1921年~1925年)。のち連邦最高裁判所長官。
司法の独立のために力を尽くしたとされる。



435 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:11:02 ID:tI5MM47s


/. │ │     \        \   ヽ           この提議に従って、戦艦や巡洋戦艦は
... 人  |       ヽ    }       ヽ  ',
_/ ヽ {\       |     |      l |  |         今後10年建造を禁止します
../ ̄`弋\ \  _仁ー―ト― .   | |  │
      \ゝ \   | \  |   │ | |  |         その後は艦齢20年に達する主力艦に限って
≠==-、     \}__,ヽ.|   │ | 人  |
 ̄  ̄¨`ーr--r‐≠三ミ气刋|   |  ,'|.  \!         代艦の建造を認めますが、排水量3万5千トン以下に制限します
      /   \¨    ̄¨斗  j/ .|     \
.. ̄  ̄´   .j    `-―‐ イハ /   |      \      将来の最大保有数はアメリカ50万トン、イギリス50万トン
                    /.| }/     l       \
\     ヾ 二フ     / |     |  \         日本は30万トンとします
  \          ∠   |      |   \
.   | ヽ        ィ  │   |     ',     ヽ      この条約締結によって破棄される主力艦は
--.、|   ` ー ´  | _,|__,」       ヘ      }       *アメリカ30隻(845,740トン)
ヽー二イ  ̄ ̄ ̄! ̄`ヽ:::::::::::|       ヘ    /       *イギリス23隻(583,375トン)
ヽヘ‐一|::: :::∨:: :|-、:::::::`ー―ヘ       ヽ/    /.    *日本17隻(448,928トン)          となります
...| } ::/|:::::: ::|::: ::|ヽ \ :::::::::::::::\       \   /

┌───────────────────────────────────────┐
│ ヒューズの提議した軍縮案は大方の予想を覆す厳しいものであり、満場は息を呑んだ。    .│
│ 彼らは特に対英米6割に制限された日本の去就に注目したのである。              .│
└───────────────────────────────────────┘


436 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:12:00 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────┐
│ 一日置いた11月14日、第2回総会が開かれた。        ......│
│ 会議の冒頭、まずイギリス全権バルフォアが壇上に立った。   .│
└───────────────────────────┘

      ,r'´.: : : : : : : : : : : : : : :.ヽ、
    /;;;:;:;:;.:.:.:、ヽ、 、::.:.:.:.:..:.:.:.:: : :\
   ,r';;:;;;:,rヾゞト、.:\.:.:、ヽ、;:;:;:;:;::ゝ,:.:.:.:`、
   l;;;:;::イ   ``ゞ, `ヾ;;、,,;;::、;;:;:;;ヾ,`ゞ;;l
   l;;;:;::,j     `ヽ、ゞ、.,,_ィニニ、、,,kゞ:;;j         ……我々はヒューズ全権の大英断を賞賛し、
   |;;;:イ!        `ー-‐'''´   `i、,;;;:|
   ,!'ィイ   ` 、         _ _   ミト、:!         その提案に賛辞を送ります
   Y彡 "`ニ=;、、_,  _,ィr=ニツ´`  ミミト!
   ,!ヾj  ,ィモテ'´ヾ! ´ヾチモz     ト,fr,l|         ここに首相ロイド・ジョージから電報が届いております
   !`Y       ,   l   、        Y k,!
   ゙、,!l         |         ,j'1/         これはヒューズ提案に賛成するとの
   ヾj、      l           イソ
    `i     `ゝ-'"        ,!′          首相からのメッセージであります
     l    _,,、、、,,_    ,イ
       ト、  ´ -‐―- `    / |            では、読み上げさせていただきます────
       l \           /  |、
     ,fゞ、_ \      ,ィ'_,、-‐゙´i、
    /   ̄,ニニゝー―‐''゙ゞ'´    ,レ、
   ,/`ゝ、,.,f´ ̄ヾ`Y彳 ̄ゝ、  _,r'´ ,!\
-‐'"´〉-、 lkj、  ,/l l ,l   lil‐'´  /、/`'ー-、,_
-‐'"´  `'ー'-、_ノ ,!,lil ゝ、 ,ノ人 ,ィ'´  ``ー-、_

アーサー・ジェームズ・バルフォア(Arthur James Balfour, 1st Earl of Balfour)
1848年7月25日 - 1930年3月19日
政治家にして外交家。哲学者。1902年首相になると、イギリスの対外政策の転換に努力。
1905年に辞任して、この当時は外務大臣を務めていた。
「パレスチナにおけるユダヤ人国家の設立を支持する」というバルフォア宣言で知られる。



437 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:13:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして、ヒューズ議長の求めに応じて加藤全権が壇上に上がった。                     │
│ 米英の全権と違い、加藤友三郎は現役の軍人である。                           │
│ ヒューズの提案が日本海軍にとりいかに屈辱的なものであるか誰よりも深く知るはずであった。   │
│ その彼が、ただ訥々と述べた。                                        .....│
└──────────────────────────────────────────┘

.__,‐l' l , /  _,../-ヽ
,:::::::,'_ ', .l l  ,'' _,......, '-,
_,,,,, -:::,,_':,l /,.::-‐'':,__,,._/             ……私は英語が不得手なもので、日本語で申し上げる
___l    >l'"    '':,,,''.',
,_ ,l   (|` ___,,,,,,,〈''''.〉             日本は米国案の高遠な理想に感動を禁じえない
. l';,'".'_':''' l ""-''-‐' l,,l l
. ':,':',   . ::l     ノ=/'              欣然その精神を是とし、海軍軍備の徹底的削減を
  ヽ,i  ' l/ ヽ,./ .ソ"
   ,,''::_〈 '''''''''"'_,:".:l_               行うのにやぶさかではない
   l::::::':_ "  /'",::' ";__
......:::::::::::::"'''''''"‐'"  ,/ "''‐-::...,_        ただ、日本は米国案に対して僅少の修正を提議するつもりである
:::::::::::::::::::::::::    _,. '"      "'''‐-::..,_
'''::::::::::::::::,----,‐''"            "''‐-,_


438 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:14:00 ID:tI5MM47s


        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇 .          ┌────────────────────┐
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )                    │ 加藤全権の言葉の通訳が終った瞬間、     .│
       `ー――'′ し∪  (ノ.                │                            ....│
                                    .│ ヒューズ以下のアメリカ全権団から      ....│
    ハハ                               │                            ....│
    (ロ゚=)    ハ ハ      ∧∧   ∧ ∧        │ うめきとも付かぬざわめきが起こった。   ......│
 ヘn |  、 ヽ  (∀゚=)    (∀゚ =)   (Д゚*=)         └────────────────────┘
 `ー、`(´`´_ノてγ(´) ⌒ヽ   /  =ヽ /  =ヽ
   / ̄/⌒ノ `ーヽ_ノ ヽ / |  Y(´9/     = |
  (__,ノ |  |    //=ノ /  |   | ヽ  |(´ヽ |  |
     (_)  / | Y  (_/ / /`ー|\ `  ノ


439 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:15:00 ID:tI5MM47s


         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ             日本は未だかつて英米と均等な艦隊を
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j              保持せんと主張した事はない
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \             また将来もその企図を有するものではない
   ,、, ィ´     .li. , <`_〉 、  /: : : : : : : `': . .
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、       日本海軍の既定計画はあくまでも
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、    守るに足るものであること、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|
 入: ',         rヘ, 二>          : : :/.: : : :|    これをこのさい確言いたしておきます!!
 ヽ\' ,        Ⅷ/                 ./.: : : :ハ
  l  ヽ        y′             ./.: : : : : : |
  |   ',       《               /.: : : : : : : : :|


440 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:16:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────┐
│ この瞬間、満場は総立ちとなって加藤全権に拍手を行った。                ..│
│ 自らが育んできたはずの八八艦隊を自らの手で葬り去り、”好戦国日本”の疑惑を   .│
│ 洗い流す発言に総ての人が感動したのである。                       ....│
└─────────────────────────────────────┘

                   |
\                 |            /         /
  \               |          /        /
   \                             /
      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、  /              _,r'´
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)               _,r'´
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、         _,r'´
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ   _,r'´
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l                     _
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ    ___,.--―――' ''''"""
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   _
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ̄ ̄――- _
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                ̄ ̄――- _
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


441 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:17:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────┐
│ しかし、その後の修正案の提議は、ヒューズによって軽く跳ね除けられることになる。 ....│
│ 修正案の内容とは、海軍がそれまで示してきた対英米7割保有という数字であった。 .....│
│ ヒューズはこの7割という数字を全く相手にしなかったのだ。                  .│
└─────────────────────────────────────┘

       /                  \
     /  /             \     ヽ          我々の戦力の7割相当を保有する?
    /イ  /     !           \    ',
 .   i!./! /     !    \.       \.   !         そんなの認められるわけないじゃないの
    / .| !    ! ∧ !    ヽ   \   \ |
    ! | |    |__| \|\.    !   _,! \ ヽ !         6割の数字は現有海軍勢力の㌧数から割り出したの
    | | /!∧  _|_`ト、  \ ,斗七´___!  ヽ\八
    | V i| ヽr个弋ふト ヽ ∨, ィ埒リ 个 、 |   \       その算定に誤りはないし修正もしないわ
   /    |  | \  ´¨´ >=く  ´ ̄  !ィ´  !    \
 /    /|  ∨ハ ` ‐‐'´  i  `ー‐ 个 \ |\    \    だから比率の変更は絶対に認められないの
/   /  |    ヘ、    _ __,    /    ∨  \    \
   /   /     | > 、_     r</     |    \    \
  /   /      |―へ__r=くr┴‐|     \    \.    \
 厶-―;/       |::_,/_:|::::!:::|::::::::::|       \_   ヽ    )
./   /       /´:::/::弋」_ノ!:::::::::|        \ \  |   /
  /       /::/::::::::::::/  |::::::::∧         \ \  /!
./       /::::::/:::::::::::::::::|  |:::::::::::::\         \ ∨  |


442 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:18:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────────────────┐
│ こうして会議が紛糾する中、開会後三週間経った12月1日にバルフォア全権が単身で加藤友三郎の元を訪れた。 .....│
│ これは対英米6割受諾を薦めるためであった。                                          .│
│ 彼は日米の仲介に動いたのである。                                                 .│
└─────────────────────────────────────────────────┘
           _ __
        ,r.:"´;:;;;;;;;;;;:;:.:.``ヽ
       ノ彡;;;;;:,;;;;;;;;;:;:;:;:;:.:.::ゞ\         ……貴殿が5・5・3の比率を日本国民に
      /.::/⌒ヾ.;;;;;;;;;;;;;:;:;:::.:.:.ミミミヽ
       l::::j    \`ミミミヽ:,、;;;;ミミミ',       反感を残すものとして呑めないのは承知している
       |/l       `゙""¨´ `l;ヽ\|
      リ,,rヘ、_    _,,,__  トヽ\!       ならばここはそれと合わせて太平洋の防備条件について
        ハ'^`モッ'ト :"ニtz‐ッ ``V^ヽ;l
        u|    ´l ;:. ` ̄ ` , ;ヘ'/       何らかの協定が得られれば、海軍制限について
       ll    ,′;:::.     / し'′
         1   `"´     ′1         国民の理解を得るための十分な説明になるのでは
         ',   -‐─-;   ' /.:.L
        ハ、    ̄´  .//ノ::ハ        ないのかな?
         __「ヽ\   _,.ィ‐'´ .:::/ トーrr
  ‐rr一'77フ′ ``≧≪"   :::// l: //:;:     この点なら私からヒューズに話してみよう
  l l   i゙1 \   ノl〈   .:.::// ノ/ ':;:;;;


443 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:19:00 ID:tI5MM47s


       r '――- 、_-、 \`丶、
     ,ィ′ニ二 ー 、  \ ヽ、、`‐ 、       ……分かりました
     r'  ̄ ̄_、 ̄ヽニr‐''\ ! ヽ. l、
     Y'´//ィァ八\_」   ヾ|_ | l |      用兵作戦上の補償条件が満たされるなら
    ,.ノ∠_,ハ (_メ='r'´ ノ ノ( /{_| | イ L_
  r 、_ン¬'´ ゝ/ごj′ ‐=:、_^ {  ト<ぐ^l )    対英米6割を受諾するのも止むを得ないでしょう
ベ、 (、    j 〉‐'′,〉  `'ッ汀、 りツ) !/
  \ \ ,/ 〈    _   j゛ f'∧ \ 〃     しかし、ただ一つだけ絶対に譲れないことがあります
   _ゝ、\  ヽ √r‐、 く i {  ;)  j′
\、/   \ `7ヽ、  `ラ'`⌒`'’ ` /       戦艦「陸奥」は完成度98%として廃棄艦リストに挙げられていますが、
、 l\    `L厂ヽ__/ ノ   _ /
_ ヽ.|  \  〃    ヽハ _''"{           あれは既に建造代価も精算済みで乗組員も乗艦しています
 ̄ \、  ヽ〃      l    人
    ヽ  |「i|       ゝ ''´  〉ヽ        これを葬ればどんな政治家でも国民に言い訳が立ちません!!
         |l !  fバ}  ∧  / 八


444 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:20:00 ID:tI5MM47s


                      i
                      |            ┌─────────────────────────┐
                      |            │ こうして交渉の結果「陸奥」は廃棄を免れた。        .│
                      |            │                                   .....│
                ―i二二i┼――‐‐         .│ しかし、その代償としてアメリカには建造中であった    ..│
            ̄ ̄ ̄rェェェェェiェェj_ ̄ ̄ ̄         │                                   .....│
               [i';';'i:.:.:.:i;';';'/]..            │ 16インチ砲主力艦2隻の存続を許し、イギリスには      .│
               _`゙'}iHi:i:{''゙´ュ__...           │                                   .....│
          ___〔二二二二二〕/___        │ 35,000トンの主力艦2隻を建造することを許した。      │
            ̄ ̄ ̄ヽヾ〕i i〔¨..::i/_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ..│                                   .....│
             E[「_二i ___i二_圭コ . .     . │ また、太平洋に防備宣言を設け、アメリカは         │
              二ニ_j  i.::::::ニ二           .│                                   .....│
             |_ 干rj    iュ::圭j_|...            │ グアムやフィリピンに防備施設を設けられなくなった。   .│
             __o_,','_}ttttttj_.::_:_::ュ_        │                                   .....│
             Ll_ ̄_____ ̄__」-‐'          │ しかし、何よりも大きい日本側の失点は、           │
             r‐! ェ|ェェェェェェ|ェェェ:|rュ__..         │                                   .....│
      ` 、    └L|ー、 ・・・・ _,‐」.:',',ニ{".        │ 日英同盟を破棄せざるを得なくなったことであった。    .│
        ` 、_____〕=|____|ニニニ',',}{ェュ; ____    └─────────────────────────┘
        _└ー--ニ}_:_____..:::::::::::',',二{ ゙}―{゙ェェj
      \ |三j : /´ ̄_:~""'''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
       \}ー rェュ ______ ――' ̄.::i:::{::::三三i:::::「ニニi
        |: /´ ̄ /oヽ、''_‐-ヽ;二ニニニニニニニニニニニニニi
     __,,.. .-‐ '''";-ー‐,'`""''' ‐- ...,,__.::::::三i-j}‐┼‐‐___
   __';     /'  ':, ; ...:::::::::::::::::::::::::::::`""'''i ̄jコ==== ニニニニニi
 ‐―‐,r' `ヽ   /    .:  ...:::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-‐―-└====ヽ ̄ ̄ ̄
    { ¨¨ `ヽ/     i  .:::::::::::::::::::_,,.-‐''"  ¨¨  ̄  ̄ ij ij }
::::::::::::i       /`':,    :|  ..::::::, -'"          ゛ ゛     |:::::::::::::::
::::::::::└ー-‐-/-ー-'ー-‐ 'ー-ー-'ー-‐ー ―ー-‐ー-ーー-‐-ー-ー':::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


445 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:20:04 ID:SxyCOOdo
アドミラル・ステイツマン!



446 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:21:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────┐
│ この結果に最も憤然としたのは、首席専門委員として米英と渡り合った加藤寛治であった。  ..│
└────────────────────────────────────────┘

                                  ニ/ニ    Y    対
                                    {_     ゝ  
  ー亠ー          ____                 ヽ     〈    米
   二          /__.))ノヽ,                ⌒)    ノ  
   [ ̄]        |ミ.l #ノ ゞi.)     ∩─ー、       /    く    .六
    ̄        (^'ミ/.´・ .〈・ リ    / ● u  `ヽ   ―ー     ノ  
.     つ         .しi   r、_) |   / u ( ●  ● |つ.. ,-亠-    ) ...... 割
   __          | .ィェェェ /    |  /(入__ノ   ミ  / 廿     〈 
    /         ノ `ー―i´  ,.‐rニ(_/  ∪ノ  /  又    〃.    や
   (_,       / ̄ \_`ヽ/ - -l\__u_ノ_          /
   __        / /⌒ヽ| | | /  二}      ゙`''、          /.     て
   _/      / / \  \A./   ./          :、    ___ノ   
  (ノ ̄`メ、    | |\  \./   ./I            `、    ̄\_     !?
   __      |  | \/   ./ |          i'    i       /           |
    /      |  |  | \   /| |         |   |      ノ           /
   ´⌒)     .|  |  |  | `-ノ | .|         |   |       ´ゝ..ィ'!ヽ  /`Y´
    -'       |  |  |  |  |  |  |        |   |             )/


447 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:22:00 ID:tI5MM47s


                        ノ
                        \  わ  何 . こ
                         < . し   と  な
                         ) . が  か . い
    ―― [] []              >  .育  し  な
   | l ̄ | |  ____          ノ   て  て  条
   |_| 匚. | /__.))ノヽ        \  ..た  ひ   件
\\   | |. |ミ.l _  ._ i.)        ノ   .方  っ  ど
   \\ |_|(^ミ/#´・ .〈・ |        \   が  く . な
      \\しi   r、_) |         <  .マ  り . い
 [] [] ,-,  . .|  `ニニ' /          ) ...シ  返  し
   //    ノ `ー―i      ,.r-、 /   . や  す  .て
 匚/ /⌒>ーーニヾ ̄ \  P{三) ̄ヽ っ  ん   も
    /   |        \  \/\ノ  ノ   .!  や  飲
    /ヽ/^y         |ヽ     /  \         め
\  (、、J  |         | \_/   <        る
 \\    |         |       ノ           か
   \\ |          | _― ̄            い
\    \/ ̄ ̄ ̄"ー――7    ̄ー_           .な
从从   (           /       ν、
Σ  ヽ、  へ       ヾ/          V⌒
Σ  /  ̄   \     \
Σ_ノ \、__ / \      ヽ
  \\  \ \   \    〉
 ̄\\\ ̄| \\  //  /
 ̄ ̄\\\ ̄\ \//  /
 ̄ ̄ ̄\\\ ̄|  // /
 ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄\二フ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\ ̄|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\\\  \


448 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:23:00 ID:tI5MM47s


           ____
         /__.))ノヽ     えー……
   .      |ミ.l _  ._ i.)     交渉団の中で主張に食い違いがあるものの
         (^'ミ/.´・ .〈・ リ     総合的に判断して……日本は
         .しi   r、_) |      軍縮会議を……脱退し……言うなればわしが育てた交渉団は……帰国を
          |  `ニニ' /      検討するものとする……
            ノ `ー―i´
        /Λ 〉.:〈 7//\
     . /////V::::::V/////\
     ///////∧::://///////}
     .////////∨/////////{
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |

   \ えっ!!  /   \ ちょ、ちょっと…/
     \     /      \    ∞    
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )

┌─────────────────────────────────────┐
│ 彼はこの交渉を破談にしようと独断で動き始め、海軍強硬派の足並みを揃えた上で .....│
│ 外国人記者団に「日本は会議脱退を検討中」という虚報を流したのである。       ..│
└─────────────────────────────────────┘


449 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:24:00 ID:tI5MM47s


         / \ヽ\ヽヘ i ソ// / _八_
        ノ\ ミミヾ、ヽN / /イ´ 三{
         ゝヘ.r'    イリハ´   `ヾ≦イ              一体どういうことだ寛治君!!
         トュ、lソ _,、  '     ,、ム 仁{
        ゝ { { `≧、__」__/_,ィ≦__`/}ィ,j               我々は会議脱退など考えたこともない
         >、 ミ{` ̄´イj ,iヾ'" ̄` }_入
       , ィ'´ `ヽ.   ,'|     ,'/: : : \              記者に虚報を流すなどもってのほかだ!!
   ,、, ィ´     .li. , <`_〉 、  /: : : : : : : `': . .
  /.:L: : : : : : : : : :.l.ハ.' ー ―-ノ ィ: : : : : : : : : : : `丶、
  ,′|: : : : : : : : : : .|  ヘ     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  l: : {: : : : : : :   '.,   {ゝ---′_,/ : : : : : : : : : : : : : : : /`、
  |: : ;         ヽ_.l ノ __,ィ´        : : : : : : /.: : :|
 入: ',         rヘ, 二>          : : :/.: : : :|
 ヽ\' ,        Ⅷ/                 ./.: : : :ハ
  l  ヽ        y′             ./.: : : : : : |
  |   ',       《               /.: : : : : : : : :|



        ___
      /__))ノヽ
      .| l _  ._ i.)            ……で?
     (ミl ´・ 〈 ・ リ
      し   (_) |            どない言われてもワシはこれ以上よう付き合えませんで
       |mj |ニ' /
      〈__ノ-イヽ ホジホジ        今ちょっと体の具合も悪いし、先に帰らせてもらいまっさ!!
     ノ  ノ

┌─────────────────────────────────┐
│ これには加藤友三郎もさすがに満面を朱に染めて寛治を難詰したという。   . │
│ 結局彼は、正式調印を前に体調不良を理由に一足先に帰国してしまった。  │
└─────────────────────────────────┘


450 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:25:00 ID:tI5MM47s


        /  / . : : : : : : : : : : : : : : . /   |  : : :|
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/       l: : .  |    ……ということで二ヶ月に及んだ軍縮会議は
         ,: : : : l: : : : : : : : : : : : :x<_         l: : : : . |
         l: : : : |: : : : : : : : : : ;イfヒかY`   , -―l : : : : |    翌大正十一年二月六日に幕を閉じ、
        l: : : : !: : : : : : : : : /{ 辷ン       fヒかy: : : :|
       l : : : |: : : : : : : : :/         辷ソノ|: : : :/    いわゆる「ワシントン条約」が正式調印の運びとなるわ
         l: : : :|: : :| : : : : /        {:     /|: : :/
        |: : : |: : :|: : : : ;'            /: : : /     条約の有効期限は1936年までの15年間よ
        l: :/:ハ: : |: : : : |ヽ.     <二フ   /: /: /
       /://: : }从 : : : |  \     ー  /l: /: /      そして主力艦の代艦建造は1931年まで禁止されるの
     `フ://: : : : : :ハ : : |   \   . イ   !'i :/
     /: {:{: : : : : : : : ヽ |     `フ´: : :\  j/        次でその条約の詳細を見てみるわ

┌────┐                            ┌────┐
│ 戦艦   │                            │ 空母   │
└────┘                            └────┘

(米英)  52万5000トン※                     (米英)  13万5000トン
(日)    31万5000トン※                     (日)    8万1000トン
(仏伊)  17万5000トン                       (仏伊)  6万トン
基準排水量3万5000トン、主砲16インチ以下           基準排水量2万7000トン、備砲8インチ以下
※ヒューズ提案から「陸奥」の問題により改定されている   2艦に限り戦艦から改装可。3万3000トン以下

┌─────┐
│ 巡洋艦   │(条約内で巡洋艦という言葉は示されていない。主力艦を除く大型戦闘用艦船)
└─────┘

保有制限無し
基準排水量1万トン以下、備砲8インチ以下


451 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:26:00 ID:tI5MM47s


     /   /./    _ヽ      ヽ
     ハ ///   ー' ィヶf㌦      l          この他軍艦の廃棄は条約発効から18ヶ月以内、
      l / /      弋ンハ     | |
      |'   レfミ㍉       |    /! |          戦艦一隻を標的艦に改装できる(日本は「摂津」を充当)
     |   l Vン l        | /l/:::| ゝ _ ,
     |   |    '       | /::::::∧   ノ       現保有艦を3000トン以内でバルジなどによる防御強化を
     l   |:、   ー'´ ̄   j/:/!::::::::Vヽ \
     丶   |:::ヽ    __,ノ|ノイ:::::::::::::::::l  |      行えるなどの細かい規定があるわ
      \ !::::::::\∠-- 、  `寸 ̄`>、:::!   |
        l\:::::/ ⌒ \\  \     ̄ ̄ 〉     いずれにせよこれで日本海軍の大拡張計画は消え、
          /        \\  \  、__/ ヽ
          /        \\  >  _ ノ|    10隻の主力艦が残されたのよ


452 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:27:00 ID:tI5MM47s


    |    〃   | |   l\ \           ヽ! `¨´   )ノ
  しノ/  //  |  l l   |―\_、  l|     |l
  `Y     | l   |l 卜、   | ィ≠≦y\ |     |l      でもせつな、加藤友三郎の目的だった
   | |     l l   ハ |≦\ l| トri| | 》  }/     /|l
   レl  / 八   | 7ナノi|  ヽ| 弋.ン   /    / |'      国家財政の破綻の回避は果たされたんだよね
    ∨{   \ ヽ弋ソ         /   ィi  | /|
     ヽ{⌒  `T`   ’       ̄   ノ  ノ/|      その意味ではワシントン条約を結んで
            、   r--、       , ‐=彡' ♀
            l \   ̄      /|/´   {}       良かったんじゃないの?
            |   ヽ             |、
            ♀    丶-r‐ ´   / ヽ
           {}     」    /    \
                /ノ   /       }\


453 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:28:00 ID:tI5MM47s


    /            .> '"´      |  |
   ,            /          |  |    ……世の中には理屈の通らないことがいっぱいあるのよ
   |        / \_         |   |
   |  |     /fヒテー-、 `     、___  !:  l    確かに下記の表のように国家予算は安定したわ
   |  | |   / `冖¬    / fヒテー 、./:  /
   |  | |   /          `冖¬ /:  /     だけど加藤寛治のような強硬派は日本がアメリカに
   l  | |  /         l     /: : .'
   /  j:/:!  :'       __     /: : /      屈服したと思い込んだの
__// /:从 . :|  \     `  /: : :  /
: /  , : : ハ. :!   \     . イ: : : :   /       その結果反英米の国粋主義が台頭することになるの
    /  : : : ヘ|    /: ー'´: : :/|: : : :  /

┌───────────────┬───┬───┬───┬───┬───┐
│.                        ...|. 1922年 | 1923年 |. 1924年 |..1925年 |. 1926年 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│国家総予算(単位100万円)       ...|.....1,501 | ...1,389 | ...1,785 | ...1,580 | ..1,666 . |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算(同上)              |..... 397 | ... 278 | ... 282 | ... 227 |.. . .239 .|
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│海軍予算の総予算に対する割合(%)...|..  26.5 |  20.1 |   15.8 |  14.4 |  14.4 |
├───────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤
│陸海軍予算の総予算に対する割合...|..  43.6 |  34.9 |.   28.0 |   27.0 |  26.4 |
└───────────────┴───┴───┴───┴───┴───┘


454 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:29:00 ID:tI5MM47s


        , -‐ 、   //      ―- \r-- く⌒ソ    \__,
   , - 、 /     「7 _`l/       ―-[   }         く  ……確かにアメリカのやり方は強引だけど、
    |    /    Lj´ /´ ̄`   ―- 、 ヘ r-イ        -、l 
  、_ノ           /  |          ヽ /ハ |         、  |  今も昔も日本経済はアメリカに依存してるんだし
  \/      /   l t l     |      l  V |  ー一ヘ ト、 l\ノ 
    / / /⌒ ー| | ! \、   l\ \ |   |/l     レ’ }ノ    何よりも国の儲けにならない軍拡に
    Vヘ(     ハt  \lノ \  | ゝ _V  /l {}            
          {} \、 l ≡≡丶l ≡≡| //              お金を注ぎ込むなんて……
              \{         ノイく 
                   ゝ. _ )ー~(  .ノ 〉 \             当時の日本人は精神面より経済面を
             / \√「天「厂 <  , \ 
               | |く  |/ |/  /  /  |           重視しないといけなかったんじゃないのかな……


455 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:30:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────┐
│ さて、条約交渉がワシントンで行われている頃、やる夫は廃棄されるかもしれない新鋭艦を ......│
│ 何とかして残そうと彼なりの努力を行っていた。                            ...│
│ 彼はその船体を流用する補助艦の構想を上申したのだ。                      ..│
└────────────────────────────────────────┘

         ___                  た、例え戦艦として完成できなくとも
         /\:::::::::/\.
        /:::<◎>:::<◎>:::\              補助艦としてその船体を完成させておいて、
      /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
      |     ` ー'´  u   |            そのアーマーと兵装は隠匿しておけばいいんだお
      \  u   :::::     /
      /    :::::::::::::::::::    \           そうすれば危急存亡の際に戦艦として復活できるんだお!!
    /                 \  〈〈〈 ヽ
                      (〈⊃  } }   艦種は駆逐艦母艦がいいと思うお!!


456 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:31:02 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ しかし、成立した条約の中では軍艦廃棄に関する規則が明快に定められていた。          ....│
│ 空母に転用できる2隻を除いてその船体は総て海没処分かスクラップにするしかなかったのだ。   .│
└──────────────────────────────────────────┘

               /◎)))
              / / :
              / /  :
             / /   :
             / /     :,
            / /      :,
            / /       :,
             / /         :,           / ̄ヽ
      .∧_∧ / /          :,         〔=±==〕
     .( ・∀・) /          、  ∩__      (( (・ω・ ) ))
     |/ つ¶__/    ヽヽ     /;;;;   ヽ     (( o┳o) ))
     L ヽ /. |     ヽ ニ三 |:;;;;   | 人  (( [圓]J )) ガガガ
     _∪ |___|            \;;;;_ノ<  >` ::::┻┻::::::
     [____]_   ボカーン!  " /^/^:V^:/^〉^〉^|^:|^:l,
   /______ヽ_ヽ         (壬三三三三三三三三/^ヽ
   |______|_|      (壬三三三三三三三三三|  |`
  /◎。◎。◎。◎ヽ= / ̄/     :| .:|.、:| .:|.、|)(^:/^〉^〉^|^::| .卜_/i  .wVゞ;爻v;oゞゞ彡''‐v.、/V > :
  ヽ_◎_◎_◎_◎ノ=ノヽニヽ”v'(壬三三三三三三三三三○::||__|  ヾ:゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.;/ミ;.、:;v''‐-v,,;:


457 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:32:01 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────────┐
│ つまり、空母に転用する「天城」「赤城」を除く進水済みの「加賀」「土佐」、起工済みの天城型2隻は   │
│ 消え去る運命でしかなかったのだ。                                        .│
│ やる夫は愛児を失ったに等しい心の痛みを受けた。                               .│
└───────────────────────────────────────────┘

         / ̄ ̄ ̄ \         ううう、なんで「加賀」や「土佐」を残せなかったんだお……
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。      あの2隻はやる夫が初めて一から取り組んだ高速戦艦だお
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜      世界最高の戦艦だったんだお……
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \       無念だお……
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ


458 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:33:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────┐
│ 彼に残されたわずかな憂さ晴らしは、残された10隻の主力艦による「六四艦隊」を      .│
│ より強力なものにすることであった。                               ......│
│ 条約で認められた防御改正に彼は注目し、その実行を急ぐように激しく要望したのだ。  .│
└──────────────────────────────────────┘

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       「残存主力艦ノ改造ハ目下ノ海軍艦政上特ニ
       |                    |
       |                    |        最大必要ナルコトヲ確信ス。
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//  一、長門陸奥ヲ除ケバ一発ノ魚雷モ艦ヲ危険ノ位置ニ
     /    防御改正       /  /   /     陥ラシムルコト杞憂ニ非ズ。
     /              /  /   /      殊ニ金剛級ニ於イテ甚ダシ。
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /      二、長門陸奥ト雖モ今日ノ知識経験ヨリ見ルニ甲板ノ
 /             /    /   /        防御不十分ナリ。況ヤ余ノ八艦ニ於テヲヤ。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    /   /         何レモ容易ニ『クヰーン・メリー』※ノ悪運ニ陥ルノ患アリ。

                              故ニ、本改造ノ必要ハ補助艦新造ノ比ニ非ズ」

※クイーン・メリー(HMS Queen Mary):英ライオン級巡洋戦艦の三番艦。
ジュットランド沖海戦において敵砲弾が甲板を貫通、火薬庫が誘爆して爆沈。


459 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:34:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ そして、何よりもやる夫が重視したのは、アーマー製造技術の温存であった。             ...│
│ 主力艦が最低10年建造できないことで、防御鋼鈑の製造技術が失われる可能性があったのだ。 ....│
│ やる夫はそれを既存主力艦の防御改正によって防止しようとしたのである。              ..│
└──────────────────────────────────────────┘

         ___             もしアーマーが作れないということになったら
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\          それは製鋼技術の大損失だお!!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |        現在の技術から進歩できなくなる上に、むしろ退歩を
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ      余儀なくされてしまうんだお!!
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄         だから、改造用のアーマーを製造して技術維持の目的を達するんだお!!
.      |          |


460 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:35:00 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────┐
│ もとより海軍当局も手をこまねいていたわけではなかった。                    .│
│ 大正十一年五月一日、対米強硬派の加藤寛治が軍令部次長に就任したのである。     .│
│ 当時の軍令部長は山下源太郎大将であったが、加藤は彼をうまく祭り上げながら巧みに   │
│ 部内の実権を握った。                                           .│
└───────────────────────────────────────┘

     ____
   /__.))ノヽ              対米必戦は動かん!!
   .|ミ.l _  ._ i.)  
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ              あいつらは自国内で邦人を排斥し、経済的にも締め付けを図っとる!!
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /(⌒)            さらに太平洋や極東に多くの戦力を配置する米国の対亜細亜政策は
   ノ `ー―i´ノ  Y`Y´`Yヽ 
      (´ ̄   .i__人_人_ノ      日本との衝突を引き起こすのは間違いないんや!!
       ` ̄ヽ      /
           ` ̄ ̄ ̄´       だから国防上対米戦を重視すべきなんや!!


461 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:35:30 ID:tI5MM47s


         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)            ……ということで末次よ、
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
      .しi   r、_) |             アメリカをやっつけるためや、一つワシの下で
        |  `ニニ' /
       ノ `ー―i´_             働いてくれんか?
   γ´⌒´---><ーヽ⌒ヽ
  /⌒  ィ    〉〈   ); `ヽ         お前もワシントン会議での屈辱は忘れてへんやろ
  /    ノ^ 、__| .| __人  |
  !  ,,,ノ爻\_ .| .l ノr;^ >  )
 (   <_ \ヘ、,, _ヽ/、__rノ/  /


462 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:36:00 ID:tI5MM47s


         _________
      ,.r‐''''........._.......-、
    /:::::::::::::::::::||_))::::::::ヽ          そらそうよ
    !:::::::::::::::::::::::||_))S:::::::i
    !::::::::::::::::::_,,、-'''''' ̄ ̄`'ヽ        アメリカをやっつけんと日本が亜細亜の盟主になることは
    |ミシ ̄ ̄__,,,~,__ !'''"
   .(6ミシ  ,,(/・)、 /(・ゝ |          できんのやからな
     し.    "~~´i |`~~゛ .i   
      ミ:::|:::::........ f ・ ・)、 ...:::i         ワシントン会議での屈辱はなんとしても晴らすんや
    ノ_ヽ::::::::::::-=三=-:::/    
  /:::::::::::\ヽ:::::::::::゛::::ノ/
/::::::::::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄ |::::::::\

末次信正(1880年6月30日 - 1944年12月29日)最終階級:海軍大将
加藤寛治らとともに艦隊派の中心人物として対米強硬論を貫く。強固な右翼的思想の持ち主。
後に軍令部次長としてロンドン軍縮条約に強く反対することになる。

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 彼はワシントン会議次席随員で、強硬派の盟友である末次信正大佐を軍令部第一班長に起用して ....│
│ 懐刀としてその腕を振るわせたのである。                                    .│
└───────────────────────────────────────────┘


463 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:37:03 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 加藤寛治を中心とした対米必戦論が広まる中で、対米不戦を願う加藤友三郎の思いはかき消されていった。 │
│ 彼はワシントンから帰国後に請われて首相に就任していたが、その目の前には                   .│
│ 条約履行に伴う廃棄艦の処理手配や軍縮に伴う人員整理など問題が山積みであった。              .│
│ その他、シビリアンコントロールを目指す海相文官制など海軍大改革の諸問題に彼は取り組んでいたが、   │
│ その彼には既に腸ガンという死病が取り付いてしまっていたのだ。                         ....│
└──────────────────────────────────────────────┘

      〉,f升{    i.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾrく_j_jイ.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉
       〈≦二{    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i ト彡〉   今更わが身を労わろうという気はないが、
       〈≦二ト、 '" j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.i.:.:.イ.:.:.:.:.:.:.:.:. i トィ
      `Y^マヘー任≧==x--、.:.:.: : ゝト--‐企x、:.:l     将校や兵7,500名、軍艦を建造する工廠の工員14,000名を
       |f⌒Vi  ^f之フ才"´ |:.:.i:.:.:.:`之フ´.:.:/
        tl くト、    ´';.:.:.:. ,イ~|:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l      余剰人員として退職させねばいけないその責任は
        ヽ ┤l     ` ´  |:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          `|┤ト、       ,ィ |:.:.i.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       私一人が負わねばいけない……
          ヽム``    , '´ト、;l:.:.j.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ∧:.:ヘ  rf{`   寸:.:.:.:.:.:.::/         しかし、余命少なく加藤寛治の暴走を止めきれないことが
        ,ィ´.:.∨:ヘ   `  ̄ ̄ ̄丶:.:.::/
  ___,斗‐<.:.|.:.:.:.:.∨.へ、  ...:.:.:.:.:.:.:. /          あまりにも苦しい……


464 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:38:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────┐
│ 加藤寛治を中心とした対米必戦論の広まりは、ある人物に影響を与えることになる。 .. │
│ それは、やる夫の覚えめでたい田路坦であった。                    .    │
└─────────────────────────────────────┘

              _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|      `ミ::::::::::::∧
                 /::::::/ :::::: /:::i:::::|        ミ:::::::::::ハ
             /::::::/::::::::./::::::|:::::|        `Y:::::::::/
               /:::/!::!::::ハ!ハ!八i-ミ  ゝ=--―_ }:::::::/
.              //  |:从:{ <Tァ:::トミ、ヽ  /rfァ::T >}:ィ' l
              ′   iハハ  ` ̄   ::l      ̄´''7ノ/
                    i  ! i       ::       ムイ
                  ヘ      :{ .       /
                   ヽ   _,.. ..._   , i
                   ,r| \   '''  / !_
                   l <!  ` 、__ ィ   |〉 !
                  ノl \       .ノ ヘ
                ,..ィ'    ,...ヽ     r..´     ヽ
          _,... -‐ ´/ |    !::: |     |::::l     }ヽ ..._
     -‐  ´      '  |    ノ:::: l     /::::::l    |    `  ‐-


465 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:39:01 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────────┐
│ 彼は随員として軍縮会議に参加した後横須賀工廠の勤務に戻ったが、第四部時代に計画した   │
│ 砲艦「安宅」が安定が不足していたとして懲罰を食らって以降海軍への不満を募らせていた。  ...│
│ そして、対米必戦論の広まりで起こった米英敵視の風潮が、彼に決定的な嫌悪を与えた。    ..│
└─────────────────────────────────────────┘

         f广}下7⌒トr-- 、 __                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       ヒソヒソ
        ,ィ卞れlんイ^Y⌒L、,`ヽ厶                 おい見ろよ、あいつ外人だぜ  >
        ィソ´ ̄^ミ、⌒^くス之乂l⌒Y勹                _____________/
       /,ニ、ニ ‐、`丶`ヽ、ヽヽゞノ Yフ' ̄〉
     //レヘ、丶、ヽ、`ヽ、\i ト∟イト、__/               ヒソヒソ
      {{ {   >‐-、ニ≧、ヽリ、`ヽハヘ}                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       Y=、__f^不ヒテー‐¬'ニヽ`ヽ| lい      …………             何でも海軍の技官の嫁だよと    >
      {'´{厂'、__フ'´     リ',ハヽ、l  l、\                        ______________/
      ` 7          イ`、ヽ、|  l,ハ ヽ                 ヒソヒソ
        ト´ __        `ヽ、ゞl  ヽ ヽ `、
         ヽ      ´ _ -─ヘ、│   l l |         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヒソヒソ
           \__ .ィ_´‐ ´     l│   | | l        俺たちは工廠からはじき出されたってのに、       │
             〈i     ___ヽl   l、l ト、                                        >
           ,.--、、___リ_. --'´::::::::::::`l    l ヽ| ヽ     そいつは海軍に残ってのうのうと暮らしてるのかよ!!│
         _{   } _>、\:.:.:::::::::::::::::::|    |、 l'、,',ハ     ______________________/
        〈__ン'フ7´ /へ \::::::::::::::::|    ト、ニl',、',' l
     fア/:.:::::::::::\_,∠-‐^>、ヽ:::::::::::l   | lZ}'、,',、!               ヒソヒソ
     jV:.:.:::::::::::::;:'::;':.::::} ´ /ゝヽ::::/.','、,',、l| lニl,、','、|                                   ヒソヒソ
      くイ:.:.:::::::::;::':.:;:':.::::::{∠ - ‐ヘ V,'、,',、',' il ,仁l'、,',、j


466 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:40:00 ID:tI5MM47s


            /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:::.:.:.:.::.ヽ
        ,':.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:, '.:.:.:/::./}:.::.:.:.:.:.:::i!.:.:.:.:\
         i:.:.:.:.:.::./ ヽ.:.:.:.:.::.://::./ /:./ ./:/}.::.:.:.:.:|.i:::.ト、:.jヾ
        ',:.:.:.:.:.{ {!i j }.:.:/7:ノ/::./ !:/ミV:./ |::.:./i:.:| |.:.! !i       ……というわけで、私だけならともかく
         V:.:.:.ハ う└'   i::./  {:|  `‐=}.:./ ,≦/.:|
.        r‐=',.:.:.:.',      {/  、_!|__  /./ /_/Ⅵ!|         これ以上妻が蔑視されるのには耐えられません
       / { .ノ:/ ¨'',           ̄¨  /./ {¨
     ┌''''  Y    {           //  ',             それに、懲罰のおかげでもはや出世の見込みもなく
  ィ¨¨:.|    {     ; 、          ‐- 、 ノ
. / !:. |  .:.  \   i ヽ       -‐ =、_,ノ               海軍というものにつくづく嫌気が差しました
.   !:.  !  .:.:   \ i  >       , '
  |  ,  .:.:.:.   \    ≧、 __ノ\                ですので退官を決意しました……
  |  !  .:.:.:.:.:    ,二ヽ ./     }  ≫、 _
      ,  .: :.:.::.:.:  /  / \  ∧   |       ≫、
       i .:  :.:.::.:/  /   | /   ',  !         ' ,
         ;   ./    ヽ  !     ', |          i
       l  /      }  |     ヽ{          }


467 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:41:00 ID:tI5MM47s


           _-─―─- 、._          ……田路君が苦しんでいることは聞き及んでいたお
         ,-"´          \
        /              ヽ        だからやる夫も何とかしてやりたかったお
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ      でも、君が決めたことなら仕方がないお
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /      田路君、やる夫が君に餞別を渡してあげるお
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\       ぜひ持っていってほしいお……


468 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:42:02 ID:tI5MM47s


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /           推薦状……?
        /   /. 推 /
        /   / 薦. /
       /   / 状 /            平賀さん、これは一体……?
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       / ̄ ̄ ̄ \            ……やる夫はこの六月一日付けで造船少将に進級したんだお
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \        その肩書きがあればたいていの無理は利くお
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /        君が退官するという話を聞いて、海軍の下請会社の筆頭の
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ         三菱造船に君を雇うように口を利いておいたお……


469 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:43:00 ID:tI5MM47s


             . -―==≠´\_
        .......:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ー-
        / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::`丶
      / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、:::::::.\
.     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::ハ:::::ハト、:::::::::.⌒ヽ      ……平賀さん……
    /.::::::::::::/.::::::::::/.:::::::::::::/|:::::;  l::::| |:!ヽ::::::ハ
    :::::::::::::::l::::::::::/:::::::::/::/ |::厶 l::::| |厂{:::∧        申し訳ありません、ありがたくお受けいたします
   |:::::::::::::::l::/.::/.::::::i:::i::::i/厂  |:八 ム、 Ⅵ
   |:::::::::::::::/:::∧::::::::Ⅵ:::| /,二、/  ヒフ_, {          このご恩は一生忘れません
   |:::::::::::::::八{::ハ:::::::| 八|.ィ:::厂, ,;   V  、
   |::::::::::::::::::_::::::::l\|  ^===彡     \ |         いつか必ずお返しいたします……
   ヽ:::::::::::/ `ヽ:|                , ノ |
     \::::{ ( く_                     |
      \ヽ  }               ,_-. │
.          \>―ヘ             ´│ 
          |     \          丿 
        /|       `ニ==‐―┬=≦ __
         |  \      \:::::::::::::::::|      ∧
         |    `  ー-=ニ二::_::::|       //∧
.       /               `ヽ    ////∧

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 平賀の推薦を受けた三菱側は、田路のその英語力を買ってロンドン駐在員の席を用意していた。    │
│ 平賀の好意を泣き顔で受けた田路は、"Naval attache"(外国駐在海軍武官)をもじって          │
│ 「テクニカル・アタッシュ」と名乗り、大正十二年が明けて間もなく、妻子共々横浜を後にした。     ....│
└───────────────────────────────────────────┘


470 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:44:00 ID:tI5MM47s


            .  -――-、_
         / : : : : : : : ; -: :\         さて、大正十二年(1923年)とは軍縮条約を履行する年であるとともに、
     /: : : : : : : : : :/: : : : : :ヽ
      /: : : : : : : : : ィ: : : : : : : : : i       条約下の軍備再建に着手する年でもあったわ
    l: : : : : : :/  |: : : : : : : : : :l
    トmク/    l: : : : : : :|: |       対米対決の主力艦が量的制限を受けた今、残存主力艦の
    l:{只}ー、   -- ヽ: : : : : : | : |
      l : : |fr}    ィfrx Y: : : : : l: /       戦闘力向上とともにワシントン条約の対象外となった
      l : : |り    }::り)|: : : /:/:/
      l : : | ノ   `¨ |: : :/:/:/        1万トン以下の巡洋艦によって主力艦の劣勢を補うことが
      l: : :ト、 - 、    l: :/レ: :{
     |: ハ}/\   . イ:/: : :l: :\       軍備再建の要とされたの
     }ノ/: : : }T ´   jイ: : : :\: :ヽ
    l: : /: :{: {〈    /ノ: : : : : :|: : :}      既にやる夫計画による7,100トン級巡洋艦(古鷹型巡洋艦)の建造は
   /ハ: {: :/{: { \ ∠:ノ: : } : ナーく
  /    \{_ `T  / ∠:_:ノー'    ヽ     決定していたけれど、それを上回る条約上限いっぱいの
 l  l   /   l./  /     |   l
..ヽ l /   /     /     {/        10,000トン型巡洋艦の建造が急がれたの
  l V{  /      /       }


471 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:45:00 ID:tI5MM47s


                        , - 、. -、_ ノ!
      r--'⌒ヽ _ _ , -――-、/      く         結局またお金がかかることになるんだ……
    ト-'    r' f<   --r{廴        }
     {     /ー/|      ̄`ヽーハ._ノ⌒}ノ         で、その10,000トン型巡洋艦って
     ゝ{⌒ ー' / \、 ト、   V \      
            {  l∠\∟\ |ト、ノ l              どんなものだったの?
          人 { ┰  ┰‐Vノ ノ {}             
        rr―、nl      ノイ nr―┐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈ノ{_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{_ノ  ̄ ̄ ̄


472 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:46:01 ID:tI5MM47s


            ,  -――- 、_
            /     , -‐ `ヽ          制限としては基準排水量を10,000トン以下に押さえることと
           /    . イ      \
       〃   /  |          ',        備砲を8インチ(20センチ)以下に抑えることの二点だけよ
        /    /    ヽ           ,
      ,   /    -―-l     |   l       8インチ砲の搭載は7~8,000トン級の船体でも可能だけど、
      |   仁ニ   イ、Tl       l  |
      |   l }_ソ    ー' |    /  /       それを主力艦の代替として搭載数を8~10門程度に増強し、
       .  l   '     |     /  /
         ヽ l        |  , /  /        限度いっぱいの10,000トンまで排水量を拡大したの
          l ゝ `⌒    | / /  /
          ||| \       | /|/  {\        これを"Treaty Cruiser"(条約型巡洋艦)と呼んだわ
          |人|  ノ>r '´ j/ l  { ヽ.
           /  /:|      〉 \ \       後のロンドン軍縮会議で甲巡、すなわち重巡洋艦に
         /   {ィ}     /   }_ }
         {{   \_  ー'ァ  / }/`ヽ      区分される艦種よ
         八   /`、_ _/  ///   |
         / /\{    `ァァ‐ '´ 〃   |     まさに条約が生んだ艦種なわけね
          l |  {`   /}    |l   |


473 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:47:00 ID:tI5MM47s


-、   /⌒ヽ    ___
  ー'    |  / , -―‐/⌒ヽ_               つまり条約のせいで巡洋艦が拡大化したんだ
     : : 厂辷/  / ,     \
: : : : : : : : / ー/   / / {    /   \            軍備制限があってもやっぱり軍拡競争は
: /: : : : /へノ| l  /∨  ,  卜.l   |
/レァ'´ |〃_ハj   l ー―ゝ. | \/ /            起こっちゃうんだね……
/ へ、〃/ヘ ` \ { 三三 \| ー‐} /
\_  〃 { 〈    `  , , ,    三{リ             条約があるがゆえに競争が起こるなんて、
/ \l|_ \_           ' ' ヽ
     ハ l\ ∧      ―‐-   ノ____       皮肉としか言いようがないよ……
     V |  \ >‐==冖ニ二三 ̄l   _
        / -―  l  l     i  ̄


476 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:49:35 ID:a37nYEOY

重巡洋艦なんて、まさに条約がなければ生まれなかった(少なくともああいう歪な形にならなかった)スキマ艦種だよなあ

>>476
アメリカのデ・モイン級重巡が17,000トン超えたこと考えると、やはり1万トンの制限は
中途半端に過ぎますからねぇ。



474 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:48:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────────┐
│ 二月に入って間もなく、条約型巡洋艦の計画を目指す緊急会議が開かれた。      .│
│ 席上、加藤寛治軍令部次長はやる夫計画主任に量的劣勢の質的打開を依頼した。  .│
└─────────────────────────────────────┘

                     )  お前が条約型巡洋艦を育てるんや!!
                     ヽ 
        /__.))ノヽ       )  やる夫、任せたで!!
        .|ミ.l _  ._ i.)       `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
       (^'ミ/.´・ .〈・ リ                      /  __  `` ー- 、
       .しi   r、_) |                    , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         |  `ニニ' /                 _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉  ビシッ
        ノ `ー―i_    -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  〉  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /


475 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:49:00 ID:tI5MM47s


     /.: ̄ ̄  ̄ ̄ \                任せてくださいですお
    /: : :             \
  /: : : :            \            排水量10,000トンという条件が同じならば
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \         既に7,100トンの古鷹型を開発しているやる夫は有利ですお
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|         そのためにやる夫は既に幾つもの船型を
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j     )      /         描いているんですお
\: : : : : : :.::ハ从从从从ハ     /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\           米国や英国の新型艦には絶対負けませんお
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . :                   \


477 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:50:00 ID:tI5MM47s


                       ____
                     /__.))ノヽ  
                     .|ミ.l _  ._ i.)               ……正直ワシもやる夫が内外でかなり
                    (^'ミ/.´・ .〈・ リ  
                    .しi   r、_) |                 反感を持たれていることは耳にしとる
                      |  `ニニ' /   
                     ノ `ー―i                 しかし「夕張」での実績は捨てがたいし、
           .__/ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄)___
         〃  .// ̄ ̄ ̄/    / ̄ ̄ ̄/ /    〃⌒i       何よりもワシが育てたった平賀徳太郎に
         |  ./ /     /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|  .しU /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i      弟に対する支援をすると死の床で
  [__]___|    / /-、 .\_.  /      Uし'[_]     |
   | ||     |    / /i  i    /           .| ||      |      約束したことは絶対忘れへんで……
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ ______. | ||      |
   |(_____ノ /_| |__________. | ||      |
   | LLLLLL./ __)L_| |LLLLLLLLLLLLLLLL .| ||_____」
   | ||    (_/   / i                  | ||    | ||
   |_||        / .ノ                 |_||    |_||
            (_/


478 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:51:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────┐
│ 軍令部からは新型巡洋艦に対する具体的な要望も出され、やる夫はこれを念頭に置きつつ  │
│ いくつもの試案を積み重ねていった。                                  ...│
│ それは、わずか三ヶ月ほどの間に8案にも及んだのだ。                       ...│
└────────────────────────────────────────┘

    ┌──────────────────────────────────┐
    |
    │  新大型巡洋艦  大体要領                        軍令部
    |
    |     *速力35kt以上
    │
    |     *航続距離14kt/10,000海里
    │
    |     *兵装
    │       ・8インチ砲連装四砲塔(8門)以上  5インチ高角砲6門
    |       ・魚雷発射管12門
    │

大正12年1月12日軍令部「新要求」より


480 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:52:29 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────┐
│ 大正十二年五月十六日、重要な技術案件を審議するための技術会議が設けられた。  ..│
└──────────────────────────────────────┘

                         ∧_∧ _       ∧∧ _
                        (´-` )||      (゚Д゚,,).||
      /`l       ______( (S)  )||____. |  O||___
      ||  |     /     /          /     / ̄/     /j
      || _└.   /    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/.  |
      ||_  /     /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.|.  /|
      ||l  /     / | ̄ ̄||     / ._| ̄ ̄||     /  |/
        lニニニニllニニ|    ||ニニニニllニニ :|    ||ニニニニl  /l||
         |      |l   |――|| l――|l|   |――|| |――|| /
         |―――|l   l   || l――|l|   l   || |――||


481 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:53:00 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────┐
│ この会議には、艦政本部の各部のみならず用兵側からそれぞれの代表が参加していた。   │
└───────────────────────────────────────┘

                     r、ノン^ー- 、_
                _ ∠  ┴‐< ̄ ,ニヽ
                / ,  rヘヘrく  /^ く二ミヽ
            ノYトト、{' /イハ ト、 ト、 Vヽ  }ヽ`ヽ \           古鷹型は8インチ砲6門搭載、
            , /ィ仏!L ゝ '^´| | !| ゛|  Y ハ  \ ヽ
         〃l l | l|     ィ/_土ニ jハ | ' /}ヽ  ヽヘ         だが新型巡洋艦には
        { | l i,斗-_、   ' ィf{灯7 Vィxくイ |  ,ハ|
          V!ハィ'7tユ}      ̄´     rソ/ /  / ; !         8インチ砲を8門は積まないと
            j} i `´ヽ‐          r介 /  /  jノ
                 、   ,  --      /イ | {  /            米巡洋艦と正面からの殴り合いでは
                 \  ¨      /{/リヘ ! ト-
               ヽ    _   ´   |    ヾし'            勝てないな
                     `T     _ レヘ
             __   /^Yハ_二 -¬ノゝ、_             それから増大すると予想される
            _」    ̄丁7´.:.:.:    レ':::   ̄了>─-、
           ノ´|:::|.:..:.   厂ト、.:.:.:.   /:::    ,イ/    l     航空機の脅威を振り払うには
         / | |:厶 --イ ! ヽ、__ ヘ、 ///   r‐- 、」
         f汀 |∠ _    /   ハ. : : .  // 〃    || ト-ィ|     なんとしても高角砲が必要だ
          h | },ハ:::::: ̄ ヾ-':  \_//  /  ,   l「 `ー'|
.         「} | i′rヘ:::::::::/:::::    _ ィ´     j   ,  |L _  |     まあ、これらの要求はすんなり通ろう
       <ヽリ l /  \::′:_, -‐'´ l{    ハ //ゝ ヘ、 7
       ト、\(\   トイ     l{     }::::ヘ   `¬トイ
.       j∠ユ ` 、\  !:::| _,.. -┴‐  ¬∧:::::l      く /
    辷二_ -   _, -┴ ' ̄      / L/ |::::::ヽ    /

砲熕部代表


482 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:54:00 ID:tI5MM47s


. /: : : ://: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/l/__: : : : : : :l
/: : / / : : : : : : : /: : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : /´  `ーァ : : : l
: /  ./ : : : : : : : ,': : : : : : : : : :/ /: : : : : : /:/     ,イ : : : : L _      大型巡洋艦は戦艦との正面からの
´   /: : : : : : : : ,' : : : : : : : /  /: : : : : 〃:/      〈ミ: : : : : <_
   /: : : : : : : : :,': : : : : : : /\  i: : : :///   /`ヽ  !ヽ. \---‐´     撃ち合いは望めないが、
.  /: : : : : /! : i: : : : : : :/ァ云≧!: : /  ´ z=≦.._    l_ : ヽr-`
 /: :〃 / .l: : !: : : : :.:/、弋タ_ l : /   ´ ´{rネハヽ,   ハ/          機動力を生かして有利な体制を保ち
.////   l: /l : : : : / " ̄  l:./l  /  ``ニ"- ゛  ,'イ !
"  ´   ,, l/-l: : : :,イ.     l/ .l ,'         ,'〉 !ノ            機を見て遠距離より魚雷を発射して
    ,, ''   l: : ∧_!       l            ,'/,ィ`丶、 
 ,, ''       l: /   .l       ` -       ,'_/     `丶 、      米艦隊の輪形陣を突き崩す必要がある
''         l/   i、   、______,、   ,'          \
                !ヽ、   、   ,      ,イ              \   戦艦に対抗できる唯一の武器として
`丶、          l  ヽ      ̄ ̄    / l                \
   `ヽ,      /  l ', ヽ       /  l .l          , - ... _   \魚雷は一発でも多く搭載したいな
  _ .. -'     ,' /!. ',  ヽ、____/ /   ト、!       /    ¨ ‐ -

水雷部代表


483 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:55:00 ID:tI5MM47s


                   , -──────- 、
                 /              \           ……皆さんおそろいになりましたかお
                   /                 \
              /                        \        それでは第四部(造船部)の代表である
             /       ´⌒\,, ;、、、/⌒`        ヽ
          /) //     ( ● ) ノヽ ( ● )         l      私、やる夫計画主任から
.         //,.'//      ´"''",      "''"´          |
       , ' ,.' , '/./       (____人____)        |      今回の10,000トン型巡洋艦の成案について
      ,.'       /,.'")'                       /
      /      ' , '                     /       説明させていただきますお
   ,-, '       , '  、                 ,/
  / !      ./ ___ 、ゝー               イ、,__         お手元の「壱万噸巡洋艦ニ就テ」という
/   ヽ  ,、-‐ '/´                            ̄`ヽ、
     ヽ' '、                                 \    資料に目を通してくださいお
      \. ',                                  ヽ
        ヽ                                   \ では、始めますお
       /                         |             \


484 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:56:00 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────┐
│ やる夫は自ら書き上げた一万噸巡洋艦要領書をゆっくりと読み上げていった。 ......│
└───────────────────────────────────┘

         ___
       /      \           「本艦型ニ就イテハ、用兵上ノ要求ハ第一高速力、第二航続力、
      /  ─   ─ \
    /    (●) (●) \        第三攻撃力、而シテ適当ノ防御ヲ有セシムルニ在ルモノト推察ス。
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /  之ノ設計ノ方針ヨリ言ヘバ、何レモ独立シテ考ヘ得可キニ非ズ。
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)   可成其御趣旨ヲ満足スル様ニシテ、総テヲ最モ経済的ニ総合スルニアリ。
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |          随分諸種ノ設計ヲ試ミタル結果、本案ヲ以テ最モ適当ナルト認メテ提案ス──」
    |           |


485 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:57:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 続いて本論に入り、速力は要求通りの35kt、航続距離は機関の都合で8,000海里に減じるなどの   .│
│ 要点を述べた後、武装に関しての話を続けた。                                .│
└──────────────────────────────────────────┘

        ____               「第一、大砲」
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\           「本艦ノ如キ高速力ニ対シ八吋砲ノ四砲塔ヲ装備スル事ハ
   |     |r┬-|     |
__ \      `ー'´     /     ___   最モ至当ノ設計ト見ル可シ。又、用兵上ノ要求モ
ヽ  ̄`"¬ー--、,,,_   _,,,、-ー"´ ̄´....,., /
 ∨ ;:;:;;;;:;:;:;::;:;;;:;:;;:; `Y´ ;;::;;:::;:;:;:;:;;;:;:;:;::; /    四砲塔ヲ持ッテ満足サルルニ近カリシモノノ如シ」
  ', ;:;:;::;::;:;;;:;;:;:;::;;:;;:;: i ;;:;:;:/ ̄ ̄/;;:;:;: /
   ', ;:;::;;::;::;:;;::;;;;:;:;;:;: i ;;:;:/   /;;:;::: /



       ____
     /⌒  ⌒\    
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\          アー、オホン!!
  |     l/⌒ヽ     |
  \   /   /    / 



     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | チラッ      「……然レドモ」
  |    ー       .|
  \          /


486 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:58:00 ID:tI5MM47s


         ____
       /      \            「……更ニ之ニ一砲塔二門ヲ加フル事、本艦ノ威力ヲ
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) \          増ス事ニ於イテ至大ノ効果在ル可きヲ思ヒ、
    .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /    万難ヲ排シテ之ヲ装備スルコトヲ企テ、十門ヲ
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)     備フルコトヲ得タリ」
    .|  \   y(つ    /,__⊆)

┌─────────────────────────────────────┐
│ やる夫は軍令部要求より8インチ砲を2門増やし、砲力重視の方向性を鮮明にした。   │
│ 量より質という用兵側の要求にここでは答えたことになる。                ......│
│ ただし、その代償として高角砲6門を4門に減らすこととした。               ......│
└─────────────────────────────────────┘


487 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 21:59:04 ID:tI5MM47s


            、__  -──== 、   _      , -、
               ̄二ニ=一…_二≧く    ̄¨ニ<   \
                 / ̄ ̄ ブ ̄  _, r ¬ミV´ , -ヘ  \ー-ヘ、     (……ふむ、平賀少将は
                  /,ィ 了/ 〃  ̄`>/  /^ト、ーヘ、>ミ┐
                // / /ヽ、 /   / / /| |  〉ー-ヘ.  |    軍艦対軍艦の砲撃戦に重きを
                     { | フ7ぇ、  / _/,イ  j /! ハ   _ハ`ヽ |
                 _∨ ヽーン    ィ7¬ミ辷7 / | ̄ / ! | |    置いたか
              <   /   } ヽ     ゞニン^ /,イ / / リ ||
                `ヽ|   r - _      `/ /∠ ベ二,イ  | |l    高角砲2門を減じられたとはいえ、
               ー=ニハ   、__ >    _/r 7⌒} |/ |   ||!
                   、  =           , -┘/ /|  /,ハ   8インチ砲2門の増加は
     \ー-、     , ヘ、   、            ∠ -‐≦< /  /イ |
       ヽ: : : :\/: : : : \  /^ー      -…7´/ ̄/, -一'////  /   それをはるかに上回る戦力だ
   _ ‐ 了ヘ: : : :/: : : : r¬-∧_         //  〃  /´//
.._/   |/ ∧: く : : : : : フY r< ̄` ー-、_ /    /   /          鉄砲屋としては喜ぶべきだな)
     _/ /:::::}_:_ >ー一' ̄∨\ノ: : : : : : : 厂ヽ
、  /  l::::::::::::::`Tヽ: : : : : :| : : : : : : : : : :/  _jL_


488 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:00:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────┐
│ 用兵側にとってもここまではむしろ喜ばしい改変であっただろう。     │
│ しかし、それに続くやる夫の発言は会議に衝撃を与えることになる。   │
└──────────────────────────────┘

     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─ヽ  .─   \      「……水雷発射管ハ十二門ノ希望アルモノノ如キモ……」
  |   (●)  (●)   .|
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       
    /: : :             \          「重量ノ為ト、居住区域ノ関係、及ビ
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \        above all 用兵上、本艦トシテハ強イテ多ク装備スルニ
: : : : : : : :.._        _      \ 
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l     及バズトノ御趣意ナルヤニ依リテ、
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . . (    j    )       /      八 門 ト ナ セ リ 」
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\   
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \ 
: : : : . : : . : : .                   \


489 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:01:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────────────────────────┐
│ この言葉は、水雷を扱う「水雷屋」にとっては青天の霹靂だった。        │
│ 水雷は、大砲の犠牲となって三分の一を減らされることになったのである。   .│
└─────────────────────────────────┘

             、
             ヾ:::、   ji
         `ヾ:::ヽ|::::::::ゝノ::i              じょ、冗談じゃねえ!!
         _..ン::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    fオ::、ニ三::::::::::::::::::::::::::::::::wx::::::ヽ          確かに「強イテ多ク装備スルニ及バズ」とは言ったが、
.      ヽ:::ヘ  ̄`ト、:::::::::::::::::::::j ,ヘミ::::;;イ
      ヾ:::ヘ ヾ::∨ミノ::::::ノヾKzzャキ∨::z        そりゃあ単なるご挨拶じゃねえか!!
        ヾ:::ヘ ゝ:∨.:::ノ三三}{三∨:ツ
        ヾ:::ヘセヘ∨/ ' \∨ヘ           用兵権限のない技術屋風情が海軍伝統の
        __<ヾニハヾi  Fニニニユ iソ弋ヽ__
     i彡彡゙.ノ光| ヽ.|;;;;;;;;;;;;;;| /  爪ヾt {ミヽ.    水雷戦を軽んじるのか!!
     |彡゙ ノjノヾゝ, ソ    i/  ル' ヾiミ、ヾミ|
     | ィ彡~  ィ彡 ヒニニニニオ `ヾv ヾミヽヾ|    何が「above all(何よりも)用兵上」だ!!
     |夕   ィダ           ヾ;;ヽ ヾミ|
     |   ヾミi             }ミソ    |    貴様、何様のつもりだ!!
     |三三三|                |三三三|
     |      |ヽ○          ○ ノ     |


490 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:02:07 ID:tI5MM47s


      ____
    /__.))ノヽ    
    .|ミ.l _ノ 、_i.)           なんや? なんか文句あんのんか?
   (^'ミ/.´・ .〈・ リ 
   .しi   r、_) |           あるんやったらワシのところへ言うてこんかい!!
     |  (ニニ' / 
    ノ `ー―i´            やる夫の理屈はいちいちスジが通っとる
 _, ‐'´  \  / `ー、_  
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ       米英の巡洋艦も8インチ砲10門搭載を狙ろとるいう情報もある
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ       当然の処置やないかい!!
 ヽ、   ー / ー  〉
  |`ヽ-‐'´ ̄`冖-┬イ
                                                   ___ |\
                                                ∠二:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、゙ヽ:.l__
                                                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\
                                                  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                            いえ、別に……           ∠ -‐/.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.ム;;::-、:.:.:|
                                                /.:.:./.:.:.:._ノ:.:.:.:./ ヽ、_<:.:.\
                                              ∠ イ:.:!:.:.:/○ ∨  ○  |、.:.:<
                                                   |/|:.:/ | | 、_,、_,  | |⊃|ノ.:/
                                                   |/ヽ.| | ゝ._) | | //
                                                       \>,、 ____\ ̄ 7
                                                      / ヽ______/   \
                                                       / /¨¨¨¨\    \

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 加藤軍令部次長は「鉄砲屋」の親玉的存在であり、それが堂々とやる夫の後ろ盾になっている以上   │
│ 正面切った反論は「水雷屋」の誰もできなかった。                               ..│
└───────────────────────────────────────────┘


491 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:03:00 ID:tI5MM47s


   /三/ ,,......-‐''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__
.  /三/ ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::: ニ=-
 /=l/ /::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 |ll/∠ -‐ ''"´/:::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|            し、しかし!!
 |ll| /三三//::::::::::::::::::::::/ /:::::::::/`゙ヾ-‐z;;;;::::::::::|
. ヾl l三三/.!:::::::/::::::/  /::::::/ノ(     >::::::>           魚雷発射管を12門搭載しても
  `ヾ=三l !::::/::::::/゙ヽ  |:::::/  ⌒ /`ヽ ≧::::;;>
.     ヾ=、 l::/:::/l|/\、 |::/   / _,,,、  〉,´ヽ\           その重量超過は数百トン程度だ
       |/レ'  |、 ヒハ |/  ≦ィチ ,,  ''<,..ソゞヽ、
         \ /=| ゙ー...":::::::::...゙ー-- ´   / ''/     `ヽ、        その程度なら一万トンをオーバーしても
            | |三|         __    i-‐'z≦三三ニl ヽ
.         / ̄`ヽ_   ヽ /_,≧、 /三三三三三|l   |l、     分かるわけないだろうが!!
       / ̄`    \\   /   //三三三三三三/  /ミl、
     / ̄`          \ゞ-‐ ''" イl三三三三三三/   /三| ヽ   何とかして搭載するんだ!!
   / ̄`           |--‐=彡l |三三三三三=シ /三シ'  |


492 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:04:00 ID:tI5MM47s


                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /:.ノ(          \           ,,              ,,.    ,.
                /: : : ⌒             \        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
                / : : : : ._          _    \     /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
               | : : : :   ´⌒\,, ;、  、、/⌒`.  l     /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.                  |: : : ::;  ( ◎ ) ノヽ ( ◎ ).;;:: |    i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
               |: : : : :   ´"''" ,      "''"´  l     i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
                \ : : :     (    j    )  /      i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
               ,r''"\: :   .`ー-‐'´`ー-‐'′/         i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
              f!: : : : :: : :           ト、        i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
              i!: : : !: : : : :             ヽ.       i:::::::::::::::/  i::/
           ! i ./: : .i i: : : : :: : ;!ii:::i:      :i:i  i       i:::::::::/     i/
            | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、     :i'   i,        i::::::::i
            |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    :,./.   ',     / .  i:::::::i    排水量を一万トン以上に
           ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i: :// ',   ヽ.,.r"/.    i:::::::i
    i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./ :'i,'.,.,,,.r'" /    .i:::::::i    拡大して水雷を増加する?
\   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./:: ;;ir''"  /ヽ  .   i::::/
  \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /  ヽ.   i/    ふざけるんじゃないお!!
   `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /ヽ.   ヽ、
.      〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /  ヽ、   .ヽ、     ワシントン条約は陛下の勅許を
       ヾ;::ヽ、i  !            /      /,,,,..... --''' "´
 ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==                 受けて調印したものだお
          ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
           `i、 ||  |i   i ||'"    /                     それを誤魔化すなんて
            .ヽ||           i|'
.              i'ヽ、      ,,.r''"!i                      もってのほかだお!!
            ....:::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::.......

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 妥協案として、水雷発射管分のトン数を10,000トンから超過する案がどこからか持ち出されたが、   │
│ やる夫はこれをにべもなくはねつけた。                                     │
└──────────────────────────────────────────┘


493 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:05:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────┐
│ この話を聞き及んだ用兵側の反平賀派は激高した。   .│
└────────────────────────┘

┏━                                             .━┓
┃|  技術屋の任務は用兵側の注文を形にすることじゃねーか!!        |┃
┃|                                                |┃
┃|  たかだか図面屋の分際で用兵内容に口を出すなんて、          ..|┃
┃|                                                |┃
┃|  越権行為もはなはだしいわ!!                         ..|┃
┗━                                             .━┛

三ヾ、__     |/  l川 \l:: :l \/ 、!,   `ー'   厂     |三三三l`ヽ、
三` ̄ ̄   \,,   ィニ=::::::V、 r、_____, イ}  ノ:::     |三三三三三>、
三ニ     /ヾヽ三'/ :::::::::::::\ヽlヘ    ヘ ノ イ:::      | 三三三/  ,==\
三三ヾー/    V/   :::::::::::::::\`ー―一'/:::::        ,'三三三/ /三三ニ
三三ニ/       ',      ::::::::::::::::`ー―‐'´:::::................   /三三三ll  i三三三三
三ニ/         ',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    /三/ l三ニl  |三三三三
                ヽ                      /三/ |ニ三l  |三三三三
              \                  /三/  .l三ニl  |三三三三


494 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:05:30 ID:tI5MM47s


                          ┏━                                         ━┓  .
                          ┃|  夕張・古鷹・妙高と、最近は技術側主導の軍艦ばかりだ     |┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  対米決戦の兵器開発は、あくまでも現実の戦闘に参加する  ...|┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  用兵側の主導下に進めるべきだ                 .   |┃
                          ┃|                                         |┃
                          ┃|  不譲の平賀は邪魔なだけだ!!                  ..|┃
                          ┗━                                         ━┛  
                          
                                 ',  l       ヘ l:/   ヾ      _  _  l      l´  l l、
                                 ', !     ,イ  ハ!ヽ、_ ‐-       `    .l l     l l   |l l:.:.
                                 V    / .l ,'::            `ヽ _..l l     li !     l:.:.
                                ,/ ,イ   ,'  ! .ト、  rー-‐  ー- 、  , ィ:.´:.:.:.l l     ll l    !:.:.
                              ゞー' i / l  l  .l l:.:ヽ  `ー ___./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.l    .l l ll   .l:.:.:
                            rーノ:.:.:.:l/:.:.:ト、l .l  l:.l l:.:.:.:.`-:'':. ̄:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll    l .l ll:.:ト、 l:.:.:.:
                            !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l l  l:.:.ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    l l l:.リ ∨:.:.:.:
                            `ヽ:.:.:.ヽ、:.:.! l .l lヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l l   l l l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.


499 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:08:15 ID:XfqZK7wE
ここでスッパリ巡洋艦は砲戦専門にして、水雷は水雷艇や潜水艦に集約するって
言うやつはいなかったのかねぇ・・・



495 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:06:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────┐
│技術側の反平賀派も付和雷同した。   ....│
└──────────────────┘

┏━                                     ━┓
┃|  人情の機敏てぇ物をあいつは分かっちゃいねえ!!.       |┃
┃|                                        .|┃
┃|  あれじゃ部下が育たないぜ!!             . .  . |┃
┗━                                     ━┛

         ヾrヘ{      | ヽ`   〃^
        , イィヘ      、 〉   /し
       〈 く ∧ハ        ′   ∧`
.        }   \ヽ ´ ̄元 ̄ / | \
        _」    r、\\ノ州 //  |  /\
   +‐' ´ 〈    |fハ `Y´ ̄<⌒ヽ/} / /
        ヽ   }い _」    \  `く/ / ̄\
           \ ヾ{   |     \   `く     >
          \  ┤       ヽ   \_ /
               \_」              r~′
               |            /了
              んヘ、_,. -‐' _/
                   く___ ノ ̄


496 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:06:30 ID:tI5MM47s


                     ┏━                                           ━┓
                     ┃|  気に入った文官技師を私兵のように使うんだぜ?       ...       |┃
                     ┃|                                                 |┃
                     ┃|  あれじゃあ直接責任者の技術武官のやる気を削いじまう!!.        |┃
                     ┗━                                           ━┛
                     
                                 |l /! 、 \   ′         /  , 〃  /lノ l、  〉
                                |/|  `i ┬ゝ  ヽ ^       <._∠イ´, ‐'´/ / l /
                                   `ー‐弋ヽ    __         /`T"/ / / レ′
                                        〉∧   `二 ̄`       /  |/  〈._ノ
                                     l/  \        ,. ‐'´   / /  ヽ、__,ノ!
                                          ノ∧、  ,. ‐'´      l /| _>‐-'´
                                        ´  ヽ ̄      / |/ ヽ、   __
                                                ∧      /   ′  >'´ ,>' "´
                              _, -─‐- 、__, - 、  _, ‐'´`、     /     /,. ‐'´/
                        ,..-''"´       /∠>'´    〉   /    //  /
                              ∠二二ニ、〈           ,..- ' ´/  /
                                 ◯  ◯ \`ヽ 二ニ=‐ ' "´,..‐ ' "´    /   /
                                      ` ー---─ ' "´          / /


497 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:07:00 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────────────┐
│そして彼らが槍玉に挙げたのが、当時就役直前だった軽巡「夕張」であった。                      │
│「夕張」は計画時の船殻重量1,076トンが最終的に1,255トンになり、200トンも排水量を増すことになっていた。    .│
│これを見た反平賀派は、やる夫の計画は重量にごまかしがあると陰口を叩いたのだ。               ......│
└───────────────────────────────────────────────┘

                                                  |  __
                       |                             | |EEE|
                       ┼                            | ゙'ll,,ll_
                        |                               [ニニニニ]_
                        |                   .iiiiiiliilllilii、   !コl,,゙l/''''''l゙゙゙゙゙|__.   ,----。
                     ,----。,,,,,,,, |                   厂.,l,_  ゙゚\,,_!二コ| ロ  ̄  ┌´.!'''!.l,,__,,》====
             .,,,,,,,====l,,,,,,,,,,,||,,,,,,,|,,,|、    ,,,,,,,,,、    .[二]_,,l゙  .゙|,\,,_ ~゙゙゙《ll厂~|~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i┌‐┐_              ,,
   、 、     '''''''''|,,,,,,,|] ̄         |≡三≡|  [ ≡三≡弋三三フ弋三三フ、  ├‐┴‐─ ──────┴─────━━ヘ''''''ザ'''゙゙゚”/
...,!''''"~゙~゙~゙~゙゙~゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ・ ・ ・       : : : : : : :  : :      、
..'゙,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ,′


498 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:08:00 ID:tI5MM47s


┏━                                           ━┓
┃|  それ見ろ!! ヤツのやることは所詮は机上の空論さ!!        ..|┃
┃|                                                 |┃
┃|  こうなった以上、もはやヤツを第四部から放り出すしかねえ……      .|┃
┃|                                                 |┃
┃|  さて、その後釜は……                                 |┃
┗━                                           ━┛

     /           ,;: '   / ィ /:.: :.:i:..}:: :.: ト:..ハハ  ̄
    く  ‐-              _ イ:i:.: :.: :.ノ:.: :.:lリソ
     `)             ,ィ´  }::i./:.: i:..: :./:/'
     〈               l   ノィ/{:.: :.:!:.:.八'
.       / ⌒           ノ  ´ /.: :.:i:.!:.: :.: {:.:.ヽ
     `7;j        _   ´    {:/!:.: ヽ:.: :.:.ヽ.:.::.:辷彡
     /;ij:j    -‐         {八:.ト、:.:i:.. :ハミュ、
     `ー''‐''´´ ̄ ̄} ‐   _, -─- =---ハハ:}:!
           /`┴-=≦´           ヽハ


500 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:08:30 ID:tI5MM47s


                       ┏━                                         ━┓
                       ┃|  ……まあ、一人しかいねえだろうな                     ...|┃
                       ┃|                                               |┃
                       ┃|  俺たちの言うことをハイハイ聞く温和で協調的な、それでいて   . .|┃
                       ┃|                                               |┃
                       ┃|  とてつもなく有能な男はな……                        |┃
                       ┗━                                         ━┛
                       
                                      _」 |    | 丶   ̄´   / 厶ヽ \
                                   ヾ_,ヘ.|             ,イ _」リ| ゝ-勹
                                      `フ八  | ̄\   //,ムノ 、≦´
                                  <,  〉-、`ニー┘// /ー'´   _>
                                    > >‐┬r三イ´ /   ト=彡
                                      ` ̄ ̄レノ |      Kハノ ̄´
                                        _/_,厶_   i|
                                    _∠ー -、 ー-、\ l l、
                             , -─-┬i/|     〉  ヽ_〉l  ノ`丶、
                            /      l/  |-─ '  _,ィ |. l/ __」 ̄ `T ー──- 、
                          /       /   ヽ _/ ヽ.ノ Y´ ̄    |   |      \
                          ,′    /    ∨     《近リ       /     |       `、
                          l    ∠/⌒ヽ、 |      ̄      /     |           `、
                          |     `7    Y´|           /     |        \
                         |     /       |/\   ヽ     /       ヽ| _        \
                          l     /     |    `丶、」_,.‐'´          `く丶 `ヽ、        \


501 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:09:03 ID:tI5MM47s


    藤 本 !!  平 賀 を 放 逐 し て お 前 が 第 四 部 を 継 ぐ ん だ !!
   
   
   {    !    、,ゝ===く::::            _       、,ゝ===く::::        !    }
   ィ彡三ミヽ `ヽγ      `ヾ,              、  γ       `ヾ,    /` ィ彡三ミヽ
   彡'⌒ヾミヽーく(   r,J三;ヾ   )>                 く(  r,J三;ヾ    )>   ー彡'⌒ヾミヽ
        ヾ、  ;   {三●;= } ,=               ′  ヽ;{三●;= }   ,=ソ  /
     _   `ー―'ゝ≡三=ノ                    ゝ≡三=ノ `ー―'
   彡三ミミヽ                                            彡三ミミヽ
   彡'   ヾ、    _ノ                              \_   ヾ´    ´ミ
         `ー '                 ____                 `ー ´
    ,ィ彡三ニミヽ  __ノ            /::::::::::::::::::\                  ,ィ彡三ニミヽ
   彡'                     /::::-::::::::::::-:::\                       ミ'
         _  __ ノ       /  (   ):::::(   )  \              _
      ,ィ彡'        .      |    :::::::__´___:::::::   |               ,ィミ'
   ミ三彡'        /⌒      \    ::::::::::::::::::::   /                  ミ三ミ'
          ィニニ=- '         ./ ::::::::::::::::::::::::::::::: \              ィニニ=- '
        ,ィ彡'              .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |                 `ミィ,

┌──────────────────────────────────────────┐
│ こうしてやる夫放逐の空気は形成された。                                  ...│
│ 陰謀に巻き込まれた形の藤本も、自分の才能が評価された以上逆らう理由があるわけでもなく、 ....│
│ 徐々に嵩を増していく陰謀の流れに身を任せた。                               │
└──────────────────────────────────────────┘


502 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:10:00 ID:tI5MM47s


        /  / . : : : : : : : : : : : : : : . /   |  : : :|
       /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :/       l: : .  |     ……さて、やる夫はこの一万トン型巡洋艦において
         ,: : : : l: : : : : : : : : : : : :x<_         l: : : : . |
         l: : : : |: : : : : : : : : : ;イfヒかY`   , -―l : : : : |     当初魚雷兵装の全廃を主張したといわれるわ
        l: : : : !: : : : : : : : : /{ 辷ン       fヒかy: : : :|
       l : : : |: : : : : : : : :/         辷ソノ|: : : :/     この一件をもって造船官による越権行為とし、
          l: : : :|: : :| : : : : /        {:     /|: : :/
        |: : : |: : :|: : : : ;'            /: : : /      さらには後の設計変更による重量増まで含めて
        l: :/:ハ: : |: : : : |ヽ.     <二フ   /: /: /
       /://: : }从 : : : |  \     ー  /l: /: /       平賀やる夫を悪し様に罵る人がいるけれど、
     `フ://: : : : : :ハ : : |   \   . イ   !'i :/
     /: {:{: : : : : : : : ヽ |     `フ´: : :\  j/         今から少しそれについて考察してみるわ


504 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:11:26 ID:XfqZK7wE
なるほどもう言ってたのかw
そりゃ荒れるわwww


503 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:11:00 ID:tI5MM47s


    , -―y{     、      \]}  人_}     _
  r―/  / ヘ、   |\__\   ヾT〈  丶---‐'´
  |     ,'  l l\、  V´ , ニ=、\   ||\            魚雷全廃……確かにそんな思い切ったことを
{し'    {   、 |,ニ、丶-\ r:ハY ',  ハ |  \、
乂/   八   |メr:ハ       Vン  | /⌒!    ゝ\        言ったら「水雷屋」さんが怒り出すよね
 {{ / rーヽ. { Vン ノ       l/ 〉/
  乂{へj   |\           rr‐'               でも、やる夫さんのことだから何の根拠もなしに
        |人   「ヘ      / |
       {}  \  ー'  _ ∠ ⊥._               そんなこと言い出したりしないよね
            >≠- 、 _    \
           /     \ \   /             きっと何かわけがあるんでしょ?
          _/        |   \ {
        //  ̄ ̄      |      \


505 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:12:00 ID:tI5MM47s


            /:    : : : : : : : : : : : : : : __ ; : : : : : : : :
        /: : : .    : : :, -‐    ̄    /: : : : : : : : :
        ,: : : : : : : . . /           l: : : : : : : : : :     やる夫が危惧したのは防御上の問題よ
         |: : : : : : : :∠                |: : : : : : : :
         l: : : : : :/ハyヽ           |      . . : :     計画当時は魚雷の強度その他の理由で
         |: : : :〃{弌_ノ| |    -―‐- ._ |: : : : : : : : : :
         |: : :.:イ 弋_.ン      y=ニ、 ` |: : : : : : : : : :     船体内の中甲板に固定式発射管を埋め込んでいたの
        |: : : :|           ,心ハ\ |: : : : : : : : : :
         _」: : :.:|     _,/     {弌_ノ } ヽ: : : : : : : : : :     この配置では砲戦時の被弾で一挙に誘爆して
     ,.:'´ ハ: : : !    j/       弋__,ン   /: : : : : :/: : :
    ,.:'   ∧: ::.、                  /: : : : : :/: : :/     轟沈する危険性があるとやる夫は見たの
   ノノ      ハ: :.:\   、 _         u./: : : : : 〃: : /:
  ノイ      |: : : :∧     ヽ         /: : : : : //: : /: :      やる夫は巡洋艦に砲撃戦を優先させたのね
  { ノ    /:|: /}/: :∧          /: : : : //: : /: : :
  ルノ   /: : :j:ノ: : :.// ヘ. __     /: : :/ /: /:{\: 
  { {    {: : : : :{: : :{/    }     /: /  /イ: : : ヽ


506 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:13:00 ID:tI5MM47s


  V , -‐ァ'     トrイ-/  ,/ ! /|  ,   \-‐-、
  `  {/⌒ ー' /| V  / ,二|/` |l ト、 l   l〕  |-、
         / Vヘ l/ ,ィf_テ  \!ニヽ|l   |    |        なるほど、防御上の理由か……
        /゚ 〈 ヘハ| ヒrノ    ィ_テY|l  /    `ァ
            ヽ_   `    , ヒrノノリ /|    }       「鉄砲屋」さんはやる夫さんの言うことを
                l     _   ` イイ |ノ`ヽ jノ
               ∧     /゙}    / ゚|    レ'         もっともだと思ったわけだね
               /  \ / /  イ |
      / ̄`マT ´  /7/ /¨´                  「鉄砲屋」さんと「水雷屋」さんの意見が
     /    \\ / ̄ ̄ {Tフ¨ヽ
     |     l 丶{´ ̄   ノイ/  |                食い違っていたわけだ


507 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:14:00 ID:tI5MM47s


. / : : : : : : : : : : : : : : :>{: : : : :',
/ .:.:/ : : : : : : : > ´   '、: : : :l          そうよ、つまり、「重巡洋艦をどう使うか」に関して
l : : |: : : : : : / ̄`      ヽ: : : l
l : : |: : : : :ィ斤テy     ̄`ヽ!: : :!          用兵側でも意見が分かれていたということなの
∨: ::|: : : : 仏しノ    fィ〒y|: : :|
|: :;|: : : :|        弋ン /:|: : :|          承知の通りワシントン会議で主力艦である戦艦の
ノ: : 小: : : :|      '     /:|:.:./_
: : /: ::ハ: : :|    c:     /: :l:Y           保有数は制限されることになったわ
ー/: :/.:∧: |\       /.:.:/
-l: : |:.:.{: :ヾ\.>‐ァ. : ´: : :/〈_            このために、重巡は戦艦不在の場面において
 V: {:.:.:.:. : : : :\ ノ人: : : : : r '´
/ゝ:ゝ、 _:_:_:_:_:_: \ ): : : ノ             代用主力艦の役割を果たすべきだという意見が強かったの
  / ̄ ̄    `ヾ{ノ-‐'´
イ      / ̄` \               だから重巡は砲力を重視し、制限排水量内に収めるために
|    /      l|  
|   /          |                雷装は全廃してもいいとも言われたのよ


508 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:15:00 ID:tI5MM47s


      / . : : : : : : : : : l: : . \          その一方で、ワシントン会議での不利を克服するために
     /  . : : : : : : : : : : /l: : :   ヽ 
      / . : : : : : : : : : :/ l: : : :   |        魚雷を主力装備と位置づけ大々的に使用しようとする動きがでてきたわ
    ,  : : : : : : : : :/   ヽ: : : ∥
    | : : : : : : :/    , - l: : : l|        大艦を一撃で屠れる魚雷を大型艦にも装備し、積極的に
    l : :|: : ::ィ作ミ    彡作ハ: : l:|
     丶: :|: : ハ::ン      弋:ン |: : /_        使用して敵艦の漸減を図ろうとした人たちがいたの
      l: |: :|      l     l: :/丿
     /イ!: :|、   ___  /⌒!'⌒\       すでに計画された古鷹型には固定型魚雷発射管が12門備えられていたし、
        八: |::\     /、l | ⌒\\
      /: : ヽ{´ | >ー/⌒i八.ノ へ o \\    一万トン型巡洋艦でもその装備は当然と彼らは主張したわ
  //  : : :/ \\/⌒! | く    \  ) )
  / { : : :{: :ヽ  / `|__ノー'   \  //^)


509 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:16:00 ID:tI5MM47s


         /                } \       しかし、当時(大正年代)において日本の魚雷は
        /              ,ィ    ヽ
       ,               / v   l      まだそれほどの高性能を獲得していなかったわ
       ,'            /   V   |
       l          /       l   |      当時使用された61センチ(大正)八年式魚雷では
       l         ,fニ二   二y  ,
      !   | |    / 牝リ   牝リl  /      信頼性も低く、雷速・射程とも後年の酸素魚雷の
         .  :| |     / `¨´   、`¨ j /
        l   :| | !  /           / /       それに遠く及ばなかったの
      、__,ノ  :/ j: ;l  |    (二フ /: /
     >: : :/   !/ハ |> .   /l:l :/        だから酸素魚雷である大威力の九三式魚雷が登場して
     /: : /   j: :| ヽ|  /:l`:T \j/
   , =ニ´ {    、 :!   /`゙l: : : :   l          初めて海軍は魚雷戦の大規模な強化が出来たのよ
  /   l ゝ {  l\ゝ __ |ノ}: :  ノ\


510 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:17:00 ID:tI5MM47s


    /      /  l            ヽ
   ,'    /    l            l         そして妙高型は後に魚雷発射管を上甲板に上げて
   ,    /   、__」_         |
   l     /ノ     - \        |         旋回式発射管に換装して被弾時の被害拡大を防いだの
   |    lィ=ミ ヽ   ィ=ミy         l
  !  l」ィリ     }イリ ハ     |:  /         私たちはつい後世の視点で見がちで、魚雷の不搭載を
    ヽ  :l´~´ }   `~´  l   |:  /
    l  |i   '          l  l:|:l: :l           不審に思うかもしれないけれど、当時としてはありえない
    | l|:ヘ  }Z つ    .ィ:|:  l:|:l: :、 _ ,
    lノハ: : \  ー   / l:l:|: : ハ|:ヽ: \ノ        選択ではなかったと思うわ
    / : : : |:ヘ. __/  j:l:|: /: :  \ \
   /   /: : :l{ \l   / j/l: : :    \ )


511 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:18:12 ID:tI5MM47s


            .  -―- 、
            .  ´       >-、 
         /        /   ハ
        /      . -‐ ァ     ハ         その証拠に、米国ではワシントン条約に基づいて
      '      /   〈      l
     l   ∠.  、__ l     l |         建造された条約型巡洋艦の雷装を撤廃もしくは
      l  ィ冬ミ   f冬ミl    ,'::::l
     l  /ヒノ    ヒ:ノ |     /:::/         後に撤去しているわ
     l | l   ,       |   :/:::/
     l | l.          |  /:::::{          つまり、米国は巡洋艦の砲力重視を明確にしたの
     レ! ::\ ヒっ     | :/::::::::廴_
       |:::/ ヽ _  イ | /.::/ :: \         そのような考えを持つ人が軍令部にもいて、やる夫の
       |/     ト-‐_´ |' /   :::::::ヽ
           ∠. __/l     :::::l       それと合致したというのが正しいと思うの
         /        \卜、 :::|!
        /           ヽ `v::ノi       はっきり言えば加藤軍令部次長のような人たちね
        |              }' |


512 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:20:00 ID:tI5MM47s


              . -――- 、
            /: : : : : : : : : : :ト、
           イ: : : : : : : : : : : : : l: :ヽ        一部の人々の主張やイメージと違って、やる夫は
           /   : : : : : : : : : : : : j: : :ヘ
        /. .       : : : :/|: :  ハ       それでも懸命に砲雷両立の要求に答えようとしたわ
         l : : : : : : : : . . .. ‐'´  l. . . . l:l
         | : : : : : : : : /      l : : : l:|       やる夫は大正12年4月6日付の「要目比較表」※では
         |: : : : : : :/ー-   -― l: : : :l:l
        l: : : : : : 代テ`    代テY: : :〃       一万トン型の兵装を20センチ砲10門、発射管12門としているの
         v: :l: : l^^         ^^l: : /'
         }: :l: ::l      l     l: /         これが4月17日調整の図面※※では発射管が8門に減ったわ
          レハ: l、      _    /レi
          ノ: :v|::\  ´   /::: :l          技術会議のわずか1ヵ月前ね
        /  : :l:::ノ >- イ::::: :ゝ \
        _/: : : : : :ヽ     l|: : l: : :`T゙`        おそらく砲術関係者の後押しに支えられる形で発射管を
     / {: ::{: ::::::ト-ゝ、 , -!:ノ:: : l: ノ\
      /   ゝ::t: :::::| \  . ヘー|::: :ノ´   ',       砲力優先と居住区の確保のため8門に抑えたというわけね
     |    l `丶:{_ / ー Y:::ノ   |  |
     |     V   l {  ー―}´l     |  |       「above all 用兵上」というやる夫の言葉の意味がこれで分かるでしょ?
    〈     |l   い  ー‐i |     |  〉
    |      |  / /   [_ノ  丶  / |
    |      |  / /   丿 \ /  / |

※平賀アーカイブ目録「1万t軽巡洋艦関係」表題「要目比較表 12.4.6」
※※同上目録「1万t軽巡洋艦関係」表題「壱万噸軽巡大体図」


513 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:21:00 ID:tI5MM47s


    イ     {ミソ-‐=ニ ー 、
     レ{.r‐-〃´ ̄/⌒  、 ハ  , ヘ            なるほどね……
        。/  //l  ,、  ∨}三} └‐┐
       / l| /レーl  hV  l/! }   __ しi        どんなものでも評価する際には
         N"`ヽ\| `V | | {_/ -‐┴=ぅ
         l └-、__"`ソ/ ゚l} | rァァ'"´       「その当時の視点」を忘れちゃいけないわけだ
          r\__ イ     」二l/
     rr=ァ=テ{〈 \ハ 寸=、     !  |          戦艦の代用として砲戦を行うのなら、必ずしも
     |:|/ ヽ |:::|_,∨Vム く::l \   |  |
     「{  l !:::!  \| V }∨ `¨{  |          魚雷はいらないって話になるわけだね
    / ` ノ」:::| \  \l/...)-、_`  |
   /  /|V:::/ :::::::丶、l/: {     ̄          まあ、これも一万トンって枠がはめられたための
  〈 ーくi__:|_ゞ{   ::::::::::゚ |
   \  \  ヽ     ,  |                難しい選択だよね


514 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:22:03 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────────┐
│ 偶然ではあるが、これからやる夫にとって不利な状況が続く。                             │
│ まずやる夫を庇護してきた加藤軍令部次長が六月一日付けで職を退き、第二艦隊司令長官に転出した。   │
│ やる夫を守る防護壁のひとつだった加藤の転出は、陰謀に弾みをつけることになる。              ...│
└──────────────────────────────────────────────┘

     ____
   /__.))ノヽ         ワシもずっとお前の面倒を見てやりたいが、
   .|ミ.l _  ._ i.)
  (^'ミ/.´・ .〈・ リ          第二艦隊を育てるのも大きな仕事やからのう……
  .しi   r、_) |  
    |  `ニニ' /          後の事は今度転任してくる艦政本部長の安保清種※に任せてある
   ノ `ー―i´
  ̄ ヽ___。__/ ̄ヽ         あいつはワシと徳太郎の同期や
   ,ィ -っ、    ヽ
 / 、__う    i  |       あんじょうお前の力になってくれるやろう
   /      |  |


515 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:23:01 ID:tI5MM47s


       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \         残念ですお……
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |       一緒に一万トン巡洋艦の建造に携わりたかったですお……
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ        ともあれ、おめでとうですお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

※安保清種(あぼ きよかず、1870年11月8日 - 1948年6月8日) 最終階級:海軍大将。男爵。
海軍兵学校18期で加藤寛治・平賀徳太郎と同期。日露戦争時「三笠」砲術長。日露戦争後より軍政畑を歩み、
軍令部次長・艦政本部長などを務める。1927年海軍大将に就任。1930年には濱口内閣で海軍大臣となった。


516 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:24:01 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────┐
│ さらにとどめを刺すように、これまでやる夫を絶妙に生かしてきた第四部長山本開蔵が   .│
│ 八月十三日付けでその任を退いた。                                 .│
│ 軍縮で人員整理を行った山本は、自らをその身に加えたのだ。                 .│
└──────────────────────────────────────┘

     /            \|   _,-─         ヽ
   /"         _,,_    i /,,、、_       ヽ,
  /"        /"  ` \ .i//    \       i       ……軍縮の人員整理を行い、
 ./        /          i  _, 、 、    \       i
../        /       ,;;--ミ 〆;;、  i     i       i      多くの人員を路頭に迷わせた身としては
.´        /     /    `′  i i、    i      i
          /     /"          | | ヽ    ゛,       i      いまさら職務に未練はない
       /    /           ! !. ヽ     ヽ     .i  
      /   ./     _     _.//    ヽ   ヽ    .i     しかし、気になるのは君のことだ
 `─¬´  ,,/"      (;;;)     (;// ,ゝ  ´  ヽ、,_ ヽ、_ i 
   `T─¬=======ミ、,_ 、    /./==o〒シ",ri i" ̄   i    私は本当は第四部長に君を推薦したかった
    ! (| !゛ヽ、て);;;≡/ヽ \   /"´,ゞ=)シ ./,iノ ./|  i   .i"
/  i ゛、 .!  !   ` ̄´    `   /       / .i´./ ||  |   |    君は造船少将に進級してもう一年になる
  i   ∨ ゛!             | 、    /, |ノ ii  .|   | 
  |   .i ,  ゛,           ,  ヽ==彡  .|   ii  |   i,    資格は十分だし実力もあるが、
  i   .i !i  .|゛,          /      ./  i  /!  i  .i/
  .i  .i ii   i;-iヽ      -─ -     ./i i i、 /ノ  .i   /    君に反感を持つものが多くいる今の状況では
   i  i ii  .i;;;;i. \     ─     ./ .| i .i::,)ヽ  ./ ./  
ヽ   ゛ヽii !.i .i、;;i    ヽ、       /   .! ! !/ i  / //     とても君を推すわけには行かなかった
 .ヽ  ,`ヽ ! i \     ゛ヽ 、 __,,/    .,i i i| /i / //   
;; :;;゛ヽ /   ヽiヽ `ヽ-,,_        _,,-"´ ii  !"  i //       残念だ……
.:;; .;;;..ヽ     ! `ヽ,,_  `゛-,,,   ,-"    ,,!-"    i//.    
 ;;; .;;;, ゛,       ``-,,_  .゛∨  _,,-" ̄     //.


517 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:25:00 ID:tI5MM47s


           ___
  *        /      \  ☆             大丈夫ですお、部長!!
  + ☆   /   ⌒  ⌒\     +
☆    ii ,、ノノ  (● ) (<)ヽ *            後任に内定した一期先任の鈴木圭二は現場畑で
*   / 彡^(´  ⌒(__人__)⌒:: |   キラッ☆
  *  /⌒ヽ     `ー'´   ノ +            大した実績もない男ですお!!
 +
    +                             これは自分を第四部長にするまでの

                                  ワンポイントリリーフに決まっていますお!!



               __,,,,_
             ,,-''" ̄     `゙ヽ
         /,,/´           ヽ
        / /               ヽ                  そうか、君はそう思っているのか……
       /     __,,,,__              ヽ
      r''~゙ヽ/´   `ヽ、            ヽ
      f  ,,-、' ̄ii\    ヽ.             ヽ
       {  i   丿  \   \、,--、        ヽ              だといいがな……
      i  i     o  __,,ゝ、,,__フ.ゝi.         ヽ
      |  |._O_   -て《__ノ´| .|/ }    ヽ    ヽ
       //-=ミヽ     '´  ,| .|,,ノ      ヽ    ヽ
      ´  .| ヽ¬        | .|`! ヽ      ii   i. ヽ
        |  i \         | .! ヘ ヽ        ii   i  ii
        |   iヽ  --     ,| ii/  ヽ丶,-'''┐  i    i  i
          |  i `ヽ、   , .'" | i/  ,-''´:::;;;;;;;;;;;ゝ,,_i,-、  i  i
          |  | i `゙ ´ii   /´,,-''゙:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙'-i,_ ノ
        !  | ヽ,,/´:;;i__/´::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙ ''-,,,
        ヽ 丶   .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          /´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


518 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:26:05 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────┐
│ 八月十三日、山本と入れ替わりに鈴木造船少将が第四部に着任した。   .│
└────────────────────────────────┘

           /  {     // ` ー-、 ∧
        l 、 _ゝ、 /    ヽ  V lヘ
        |/ /    ̄      _   V}ハ
        l {         /, ‐-\V〈 }                   あー、私が
         lハ    、  {  // _ ィ〉 |/ /
         ヽ } /ヽ __  -‐' />'′ }_/                    このたび第四部長に就任した
          〈ム ̄ 二´ハ    '´   /!
          ヽヽ ==' l        |                     鈴木圭二だ
           〈\ ´ 」l  〉  _ イ ハ
                }/` ー-、´-‐'__'ノ / } \                  みんなよろしくな!!
             / , --、___, | ̄     l /  l ̄\
       _,/  --、  \ / -´ ̄  l /    l    l ̄\_
   __/./    -、\ _ハ、__//    l     l      ̄\__
  /    /       __  \〉  \  /    l    l
  |    l      /_〉  /l    /´`ヽ    l    |       /
  l    l    _.イ__/ l   /    \  /    l        /
 |   /´\   l   |   l  /      /\l|     l     /
  !  /\  \.∧  l     ∨\    /  /     l    /
  | ,'   \  `/  l    l  \___/  /     }     l
  l /     \ /ヘ  l   / l  /  \ ∧     /    l

鈴木圭二(1875年1月13日-1930年9月29日) 最終階級:海軍造船中将
東大工大造船学科卒。明治三十七年造船監督官として英国出張。
舞鶴工廠造船部長、横須賀工廠造船部長を経て艦本第四部長に就任。



       ____
     /      \
   / ─    ─ \       ……まったく、この男は絵に描いたような中間管理職だお……
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


519 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:27:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────┐
│ 第四部長交代から四日後の八月十七日、ワシントン条約を締結した各国の批准書が   │
│ ワシントンに送られ、いよいよ条約を実施する段階に入った。                  │
│ 廃棄艦の兵装撤去は六ヶ月以内、海没・スクラップ化は十八ヶ月以内である。       ..│
└──────────────────────────────────────┘

          /  ̄⌒>¬
     /⌒ ̄|    / / ̄⌒\_         今こそ最後の気力を振り絞る時だ……
    「\   ヽ   |  )     ∧_
   く  \   |     |    /  >      八八艦隊の未成艦だけではない、
   ノ\  \  |     /   / _>
   L   、、   \   /    〟,/       私が日本海海戦で参謀長として指揮した諸艦も
    <ヘ≪ ⌒~~~`ヽw,・´~~~⌒ /へ>
    <ニ/      ((  /     |ヘ>       記念艦となる戦艦「三笠」を除いて
    <ヘ| =====| (( /===== ノヘ>
     (δ| 〟==ヽ   ==, ノζ)       そのほとんどがスクラップになるか補助艦になるかだ……
      (|ヨ       |      ┌/ノ
      (ヨ |   < |  ,    /_/         しかし私はそれを作業に遺漏のないように
       ヽ   / \_/ ヽ  /
       /|\ |ー――一| /|ヽ          指示せねばいかんのだ……
      ||\\ヽ、    //| λ
      / \\\__// / ヽ
___一|   \  ̄ ̄ ̄ ̄_/  ヽ_
~~     \   ー--、,-一  /    ̄ ̄
        \    ||    /


520 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:28:00 ID:tI5MM47s


          ___
          |    |
          |    |              ┌─────────────────────────┐
          |    |              │ 七月上旬から病床にあった加藤友三郎は、         │
          |    |              │                                   .....│
       ,,,.   |    | ,'"';,     ..       │ その気力を振り絞って作業に遺漏がないよう指示した。  │
     、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、   .....     │                                   .....│
      ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙      ...   │ そしてまるで彼が葬った諸艦の先導をするかのように  . . .│
      ∥  `i二二二!´ ∥            │                                   .....│
      昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌.           │ 八月二十四日、首相在任のまま大腸ガンの悪化で   ......│
     | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|. . .       │                                   .....│
     |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|           │ 青山南町の私邸で臨終を迎えた。享年六二歳。     .....│
     |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|           └─────────────────────────┘
  ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
    |  |:::  |: :    : : |::   |  |
    |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   /_|:::  |: :     : :.|::  :|_ヽ
  _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|_
   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l


521 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:29:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 友三郎逝去の翌日、やる夫が断固として計画変更を拒否していた10,000トン型巡洋艦「妙高」の ......│
│ 建造訓令が、やる夫の原案通り横須賀工廠に下った。                          ....│
└──────────────────────────────────────────┘

                      ┃        \l/
                      ┃          | =|~i-┐
                 _||_       A|-lニi==l__
               \  _|| _/゙゙ヽ  |x|Eェ|=l===l,
                \|||ヾ==ヽlliニ \|ニi≡iiコ ::|
          ━lニニil|ニニ((Yニ≫=i ≫=iE;[ニ二|・・・l  lニニニlァ━
        ━lニニ||[二二V三i二二i三i二二| ─ ━lニニYニニlニニニlァ━     ___,,,,、。、
   l'''''' ̄ ̄ ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ =>  /"
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~‐''""⌒'''┴~~~


522 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:29:59 ID:tI5MM47s


..      ____
     / ―  -\        ……「妙高」がやる夫の原案通りに建造されることになったのは
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \      きっと亡くなられた加藤総理か退官した山本元部長の口ぞえのおかげだお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /      やる夫は感謝しなければいけないんだお
.   ノ         \
 /´            ヽ





         ____
         / _ノ ヽ、\
      /o゚((>)) ((<))゚o       そしてこれはムダに魚雷を積みたがる水雷屋共に
     /    .:゚~(__人__)~゚:\
     |         |r┬-|    |       やる夫が勝ったということなんだお!!
     \、     i⌒i‐'  ,;/
    /  ⌒ヽ.ノ ノ  く          これでやる夫の第四部長就任は間違いないんだお!!
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.       鈴木なんて所詮は繋ぎに過ぎない男なんだお!!
         ベシベシベシ


523 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:31:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────────┐
│ ……もちろん「妙高」の建造訓令がやる夫の原案通りであったことは激怒する「水雷屋」や反平賀派を  │
│ 落胆させるどころか火に油を注いだのであった。                                  .│
│ 彼らはやる夫の知らぬところで密かに陰謀を練り上げていた。                          │
└────────────────────────────────────────────┘

┏━                       ━┓
┃|                          .|┃
┃|   ……どうだ、いけそうか?    ,    |┃
┃|                          .|┃
┗━                       ━┛

         l: :ハ:l  '}          jl ' ノ:.:.l/
       V `l  丶-     _, ´ 厂:/:/
              、  、=ァ''_´/  /イ:.:.|〈
            \ `ニ-   / ルW≧
             ヽj|lj;, ィ       l
              |        l
              /l     /    `丶、
              /  l     /       `丶、__
    ,. -‐    ̄ ー - 、   厶 -- ―          ̄


524 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:31:30 ID:tI5MM47s


                  ┏━                                             ━┓
                  ┃|  大丈夫、いけそうだ                                   |┃
                  ┃|                                                   |┃
                  ┃|  俺の計算なら中甲板の兵員居住区を潰せば、あと四基の魚雷発射管と  |┃
                  ┃|                                                   |┃
                  ┃|  魚雷格納庫が作れるぜ!!                             |┃
                  ┗━                                             ━┛
                  
                                     ヽ:.| ~             〃.}
                                        ハ    〉         ソ/
                                       l l    丶 ´_ -_‐7  rノ
                                        `ヘ  v_' ´ ‐ ,. - ´  ノ|!
                                        \   ̄ ̄-   ..::´: :|
                                          | ` 、__ , ..-': : : : |
                           _r──--、     ,.、-rノ    : : .    : . l\__
                        /´  ヽ,_   }-─ 、 ̄l   |          /´  \_
                      _/ ヽ    ヾ  |   丿  ヽ ヽ、_____ /   ,. -''"´  `` ー-
                     /  、   \ .:::}:_jr''"    〃\_       _../
                     |、   \   ):ノ:::::/    /     ̄ ̄ ̄ ̄   \


525 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:32:03 ID:tI5MM47s


┏━                                        ....━┓
┃|  よし、細かい計算は藤本にやらせればいい                 .. |┃
┃|                                              |┃
┃|  奴なら文句ひとつ言わずにうんと言うさ……               |┃
┃|                                              |┃
┃|  下っ端の水兵が乗り組んだ艦でどうなろうと知ったこっちゃない    |┃
┃|                                              |┃
┃|  ようは積んじまえばこっちの勝ちなんだよ!!            ......|┃
┗━                                        ....━┛

           ヾrヘ{      | ヽ`   〃^
          , イィヘ      、 〉   /し
         〈 く ∧ハ        ′   ∧`
  .        }   \ヽ ´ ̄元 ̄ / | \
          _」    r、\\ノ州 //  |  /\
     +‐' ´ 〈    |fハ `Y´ ̄<⌒ヽ/} / /
          ヽ   }い _」    \  `く/ / ̄\
             \ ヾ{   |     \   `く     >
            \  ┤       ヽ   \_ /
                 \_」              r~′
                 |            /了
                んヘ、_,. -‐' _/
                     く___ ノ ̄


526 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:32:30 ID:tI5MM47s


                                    ┏━                       ━┓
                                    ┃|  後は平賀の始末だが……       .|┃
                                    ┃|                          ...|┃
                                    ┃|  まあ、それは別の同志に任せるか   |┃
                                    ┗━                       ━┛
                                    
                                         ∧./ l  ` " j       ´ ,'´lヽ〈
                                         / / 〈      ゝ丶      丶/ヾ、ヽ
                                         / fヽ.      _  ヽ、 |- ' 丶ヽリ
                                         ,' /iヽ` ',  / /, - `` ` ,ィ  i |ヽ j´
                                         l l | i ゝ-',  ´ ´  ,,,,,_,./ |リj/ ´
                                          l! ヽ! ハ ゝ-=,.'´`´ , '´ , -ヽ, - '´`丶、, ヘ
                                           ゝヽゝ‐|  wv '´, '´ /   , ' ´   \
                                             , -‐j ̄  ̄   /   , '´
                                         ,'  ̄/`<´      /__  '´


527 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:33:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────┐
│ 妙高の建造訓令が出てから一週間後の大正十二年(1923年)九月一日──── .....│
└────────────────────────────────────┘

|  やる夫は朝から第四部で計算を行っているんだお          |
|  残存主力艦の防御改正のための計算が必要なんだお……    |
\                                        /
   ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        O 。
        ____
      /      \
     /  ─-  -─\    カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
   /──( )─( )- \     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
    |. u     (__人__)    | _________
   \  u..  ` ⌒´  ,/ .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
   ノ           \ . | | 機械式計算機 |     カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
. /´              .| |              |   カチッ  カチッ  カチッ
 |    l               .| |              |      カチッ  カチッ  カチッ  カチッ  カチッ
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、  .|_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二  _,| |  ||


528 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:34:00 ID:tI5MM47s


            _____
           /        ヽ
  チクタク     / / ̄ ̄12 ̄ ̄\\
          / /  ヽ |     ヽヽ
         | | 9   ○   .3 | |
         | |          ..||
          \\   6    //    チクタク
            | ├ ─┬─ ┤ |
            | │  │ . | |
            | │  │ . | |
   .. チクタク . . | │  │ . | |
            | │  │ 彡 | |
            | │  ○ . | |
            | │      .| |
            | └ ─── ┘│
            |.______.|



              .     _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_     .
     ..       .._、-'' `    XII    .´''‐ ,_.  
            ._、‐`        ▲        ´'‐,
          .、 ` XI         ┃         .Ⅰ ^ _   
        ..、`              ┃               ´ , 
        .,`             ┃             ´_.
        ,` Ⅹ              ∧            .Ⅱ ',.. 
       .. ,′             ┃                  '.. 
     ....;                  ┃                   : 
     . .!                  ┃                 i
      l Ⅸ             ●              Ⅲ i        チ……
      .,                                ; 
      .'.                               ,′
      ´,                                ,'  
       .´_ Ⅷ                          Ⅳ _`  
         ^、                         、`  
          ' _                       _ `    
           ´-._ Ⅶ                Ⅴ 、‐`. 
             ´‐、,_                 _,、‐'` 
                ´''‐- 、、 Ⅵ  .、、-‐ ''`     .


529 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:35:02 ID:tI5MM47s


         __      __   _      __
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
    ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V:::レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/
                       __ ____
                       __ ____
                    //   ̄  \\
                    //   ̄  \\
                   //--.--  -─\\               な、何が
                   //--.--  -─\\
                 //  (○ ○) ((○(○) \
                 //  (○ ○) ((○(○) \             起こったんだおおおおおお!!!!!
               .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
               .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
                   \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
                   \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
                  ノ         \\| | | |           ||
                  ノ         \\| | | |           ||
                /´                 | |          | |
                /´                 | |          | |
               |    l                | |          |||
               ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
               ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
                ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =
                ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =


530 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:36:13 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────────┐
│ 午前11時58分32秒、神奈川県相模湾北西沖80kmを震源として発生したマグニチュード7.9の激震は、   .│
│ 東京・横浜・横須賀といった関東の主要都市を一度に貫いた。                        ......│
└────────────────────────────────────────────┘

      .ヽ  ...l .l       ,!   \   l三L  .r|    iゞ   .!  ./  ./ i′       ,./     ., -'''″
-、、     ヽ  " ヽ.      !     \  .!三l /│  ./    │ ./   ./ /       ./  _,、,/
  `''-..、   .!'、、  .\    /         ヽ.,!三三三} ,i、/     l‐l゙  ,ノン゛      ,,/,..-‐' /
、    `''、, .l  \   ヽ  │           l゙三三三| / . l′   ./ .! シ´       ./    /
. ゙''-、    .\.l   .`'-、.ヽ. !        /.三三三|/  .l    ,l lン゛      . /    /
   `''-、.   ..゙!、     ゙ゝゝ         /三三三三 !、  l   ./ | ."     . /     ./        ... -ー''',゙
      . l    ヽ      ト、、    /三三三三三 l. !!  ./ ;;l゙     .,,./       ./      , / _..-'"´
       .l    ヽ    ..l三゙''-、__/三三三三三三 ∨} / 三|   .,ン/'゙    .,/;∨  ー―ー'、,..-'″
        l     `-、   ヽ三三三三三三三三三三 テ三三| .,..‐゙/  . _..-'"三r'" ̄ ̄ ̄ ̄"
.、、         l.     .゙i..、  .ヽ三三三三三三三三三三三三 !‐"; / ._..-'''´三三/  __,、  __. ..,.. - ̄ ̄ ̄
  ゙'';;- ___l      ヽ`'-..,, ヽ三三三三三三三三三三三三 l゙‐'´三三三 iiン-‐''゙゙´三三三 ゙̄ii./ ″
¬ー-___--ー''''″    __⊥三三`ゝ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二=―---
.―- __、._..-''" ̄ ゙̄'、三iv.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二― ̄ ̄ ̄ ̄
    _.. ‐'″       ヽ;;;゙''-_二三三三三三三三三三三三三三三三三二-──--、_ー¬'''"゛   _____
_-'"゛            !三三三三三三三三三三三三三三三三三三`'-、 \ ___,゙ゝ、、  _..-'"゛
                   〉三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 \,i,二-‐'' ̄ン'"゛
 ̄――--___,゙'-、,、  ,/三三三三三三三三三三三三三三三三v-、三三三三三三三㍉、゙''ー ,,_
             `'ジ7"三三三_,,vi丶三三三/.i三三三三三三三三ヽ_ `|三三三三o三三三゙!ミ-/  .`\__、
      ._,, -'' /  ./ ;;.,r‐'''"゛ ./゙三三三/ .、 |三三三三三三三三三~ 三三三三\ .`゙'''ー-ゝ `'-、、 ‐. ̄ ̄
   _..-''´._ /   / ./   、 l三三三/  / .!三三三三三三三三____三三三三三l,_       `゙''''ー- ..
^'''" _ /    ./,./    .,/-l三三三/  _,!__/三三三三三三三三三゙'''ー、, `'''ー ..__三三゙'-、
._..-'"     ,/;i./ .ー ̄^゙'、.,..-''゙三-''7;i,゙_‐´ .,./ 三三三三三 ! ヽ三三三三三゙ゝ、__二ュ三三ヽ、
     ._.. -゙‐─^゙~゙''ー ../゙'''ク´   /三三゙'゙三三三三三三l′ |三三三三三三,____三三三、三三`'、
__‐''"            /     l三三三三三三 /.l三三ヽ .!三三三三 |     ̄ !.、 `'''ーxy..ミll― .__
               /     l丶;.,./ 三-、三/  .l三三三三、三三三|      .| .!     `'-,,ヽ、
                /     ./ /  / ゛  ..l′   .l三三三./ \三三|      .| .|       `'ヽ、
_,,.. -‐''''^゙ ̄ー―┐       ,/'"  /      l,    .ー!'、.;;ノ    `''''、;;.!     │.ヽ            `'-、、
        / /      ,/    ./       .,イ     .! \         ゙' li      ヽr'"'、,
     ,/゛ .`./     /     ./       / .!     .!   ヽ       .ヽ      ヽ  .|'-


531 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:37:00 ID:tI5MM47s


            ,r - ‐
           / (
           |  ヽ       _ ___,,、     ./|
          ,へヽ  ゛'- ‐ ' " ´    ヽ   ./  !
        /  \            ヽ/   .l      /l
   _,、 - ‐ ' ゜                  ヽ  /     //
 /- ‐ ‐ ' /                   l∠--― ' " ゜ /          だ、大丈夫ですか主任!!
      /゛   /   ________,、 ヽ               / .//
     ./   ./ //     \ l     ., 、  ー--- 、// ./
     i ././ / /--------∠ヽ }  \/ .}      ゜"゜ /
    .l ./  i / ! /.. '\、 .( / U ゞi  ! |ヽ l    /⌒丶、          お怪我はないですか!?
    |/  .|./ l/ .i ヽ'゜ i   ゜' ‐ '.レ  / .lヽヽ   /      ゜' ー 、
    .|    l  } .〈   く      .| ./ //|/  (  / ⌒ヽ      〉
          リ 丶、 _ ,、 -、  .l ./|/ . i.⌒ ヽ゜' "  , - ‐ ' ゛    〉
          /  ヽ、 i______〉 .| / /  丶   ヽ  /  ___ , -‐   〉
         ./    丶   /.!/ ./、   \  /  / /     〉ー
         /   _   ゜‐ イ゜  ./  \   ゜"(  /ヽ/  ./  /l
        ./, r‐'"゜ ゛'、 /.{゜'"゜ヽ     \   .゜' " /  ./  / /
            \ ! ヽ、 .!    ヽ  _ _ , - ‐ ' "7  .(  ./、 /-‐'‐-- 、
             ヽ,   )     |/      /゜ー "‘ "



       ,, ───_
    /:::://::´ ̄:::::::`\
    /:::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       うう……事務所がめちゃくちゃだわ……
.   /::::::/::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::i
   |::::::/::::::::::///:/:::::|:::::||::::||       天井の電灯は揺れる、書棚は倒れる、
   |:::::|:::|:::i:::|`ーレ |::::_ト,_||::」j
.   |::(|::|:::|::| -─   ─ /:|        机も椅子も動いてしまってぐちゃぐちゃ
   |:::::::ヘ::N |  |   | |j:::i
.   |::::::::::ト\\rー, |ノ:::/         あの重たい機械式計算機が床に落ちるなんて……
    vNw::i ヽー⊂⊃ヾ/
      /´\  {\ー、          主任、大丈夫ですか~
   /::´: :\ \ ) ヽー\
.  / ⌒ ヽ ̄<´⌒`rf´ ̄ヽ ヽ
  {    }: : : >、 ノ-\⌒/ ヽ
  |     |: : :ヽ/」  ー: :ヽ_ヽ_


532 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:38:00 ID:tI5MM47s


                   ___
                  /     \                 落ち着けっ、みんな落ち着くんだお!!
            /ノ   \   \
  、nnn       / (○)}liil{(○)   \       nnn、     まずは被害報告!!
  | l l l        |   (__人__) _     |      l l l |
 と  ノ‐─‐─-、\ ヽ |!!il|!|!l|      /、-─‐─‐!、  つ    速やかに各部署の被害をまとめるんだお
    ヽ___      |ェェェェ|       ___,r'
            │              │             負傷したものがいればすぐに救助!!
         │             │
          │             │             とにかく状況を把握するんだお!!
          │                │


533 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:39:00 ID:tI5MM47s


      _」/     /  _     ゝ      l     \
     |_」      / / f.:ノ    l \     ヽ      \
     「 _」     _/イ ゚ _ノ     |   \__  \__ -‐ ⌒tー'      な、なんてことだ……
    |  lハ   ー  j  ̄              ト-く |   l    \
    ヽ  ーヘ ノー、                   l    |  l           こんな状況ではとても
       \ └、l ゚ }!         -ァー、       l    |   l
        ヽ  ヾ ´|       /// \ 〉  |   |    l          仕事どころじゃない!!
        l   、└、_´    //  _//   /     !   l
        /}   `ト、 r  /´ //      /    |    l          帰宅の許可を出すから、
      _/ ヽ     \ ̄\_//       /、    |     l-――
    /  |     \__ノ l ̄`L イ /     / l     ∨   l         速やかに帰りたまえ!!
    |  ヽ        /    \     /\` ー― 〈/ ̄「´ヽ
  /     \       /   / ̄ ` ̄ ̄ l   \   r/    |  \
./          丶 _ イ   /   / ̄ ̄ \   \ l|   .人


534 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:40:00 ID:tI5MM47s


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \               そうしますお!!
    /o゚((●)) ((●))゚o \
    |    (__人__)    |              子供たちが心配なんだお!!
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、        謙一!!
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、  をノ        道!!
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)          重孝!!
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙           父さんが今行くお!!
       | "''ヾ!|     .|
          |    i|   .|
        |   /| , il |


535 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:41:01 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────┐
│帰宅の許可は下りたが、交通機関はことごとく止まり徒歩で行くしかなかった。      │
│街中は倒壊した家屋や倒れた電柱、ひび割れた地面などがそこらじゅうにあり、    .│
│やる夫はしばしば足を止めることになった。                          .│
│そしてさらに、昼時で昼食の準備中の家が多かったこともあり、そこから失火して     │
│方々で火の手が上がっていた。                                 .│
└────────────────────────────────────┘

                                           、Х
                                        〈`
                                          /\
                                         //.:::.:.::〉    ま、街が廃墟だらけなんだお!!
                             i!i||!!      〉へ::.:/ヌ/〉
                              i!i!:;:;!i!|    /'个y´ ̄Lム、   自宅は無事なのかお!?
                          !i!|i|!i   i|!i|!|i!:.'.;| [] . :::.ヒ!
           _             i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,, . : : : :ロ.::|   急ぐんだお!!
              /:/\          i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!| :.:.::.:.::.:|
        ┌个┐| | .:_|___.     !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i![]::.:.::.:|
        | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r!i|    / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|:.:.:..::|
        | └┴┬i::::|==========|:i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i: : : :|
        |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r!!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|:::.|. ┌::、     /〉
   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : :!i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !:i:..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
 _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!ム、|  || _r─
//\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:!i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢i!ii!!  .|、 i、       ,i  /  !i!i!冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|ー|__!」====l|_く>‐┴─|i|l|
.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!  i!iii;;;;;  |          |  !i! '                 ルヘ:


536 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:42:05 ID:tI5MM47s


┌──────────┐
│  平賀家  自宅   .│
└──────────┘


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ,/                      ヽ
    /                  ./\   ヽ
   r ''´ ~`ー、          //\\   ヽ
 r´       ミ>、_____//   \\__ヽ
.ぃ       ミミΣ.     // l ̄l ̄l \\ |
 <;::     ミミミシ.    //   l_l_l   \\
  `wv,i;、vi;w'´    //             \\
     |;;!;;li;;r'.        ̄  |            |  ̄
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |  .[llllllllllllエllllllllllll]   |.|| ̄ ̄l ̄
 ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄| ̄|| |  | ̄ ̄ l  ̄ ̄|   .|.|| ̄l ̄ ̄l
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄「 ゙|_||_,,|  |     l     |   ,|」|l ̄ ̄l ̄
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄| |  |     l     |   ,| .! ̄l ̄ ̄l
 ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l| |_,,|___l___|__,| .!l ̄ ̄l ̄
l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄ ̄l ̄|                | ̄l ̄ ̄l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄


537 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:43:01 ID:tI5MM47s


  |┃    ガラッ    ____
  |┃ 三      /u     \
  |┃        /   \, 、/  \
  |┃ .      /  ( ●)  (● ) \           み、みんな!!
  |┃ 三   |   '" (__人__)"' u |
  |┃       \    ` ⌒ ´    /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.          無事だったかお!!
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ



、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、 l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l::::::::|:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::, l-
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::,-´
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/::::::::, ′
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::/  よ  父
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,/   
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::/l..   く   様
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:|    
ー/:::::::||-、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×||    ご   ・
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-┘        ・
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T‐、   無  ..・
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::ヽ`、
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽl.  事
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl.. で
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|  ・
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::| . ・


538 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:44:00 ID:tI5MM47s


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\          か、カズ!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |        よかった、大丈夫だったかお!!
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ         子供たちは?
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l         子供たちはどうしたお!!
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'


                        ;'⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ 、_
\人_从人__从_从人__从人_人从ノ/  ./                        ヽ
 >                 <  .(    お父さん!! よかったよ……   )
 >  お、お父さん!!    <    .)                        ノ
 >                 <   . ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~
 >  無事でしたか!!    <       .l ヽ,,, -ー -', l
 >                 <      ./  @ o  @ ヽ         ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\  ...Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ        |  おとうたま…… .    |
     / ̄ ̄\              l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j        |                   |
   /:::::::  / ヽ            `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)         | こわかったです……  |
   /:::::::::  (○)(○)           リ::::::( ( >) (く)::(            乂_________/
  .|::::::u:::   (__人__)      .      ハ::::ハ 。゚ ,ーュ。j) )            ___
  .|:::::::::::::   |r┬| |              Y ヽ    イ' y           /ノ  `ヽ\
  ヽ::::u:::::::   `ー'./              / 'ヘ   j ̄ヽ          / ○   ○  \
  /::ヽ:::::::::::    ノ              /、  ヾ /    ヘ         |⊃||(_,、_,)||⊃ |
  /::::       く               il     Y   il          /⌒l   ヽ._)    ィ’
  |:::::        \              l ヾ .._  i!  .. イl         /  /        ヽ
  |::::        ヽ、二⌒)          l j    i!    l l         |  l      Y  |


539 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:45:02 ID:tI5MM47s


 .::::.::::::i:|:.: 〉 |  |  | | , .:!  ,:′  ト、
 ::.::::.::::|:|::7 i |  ト、_|__,!ノ .:::|  /::   .,j!: |             子供たちはみんな揃ってます……
 :::.:::.::::|:|/ リ"´!二!二| ト、! /,イ  .:/ |:.:!
 ::.: ,イ心ト7 .:| 弋 (::。j`7 Vl/心、 .::/ j/              家の瓦はほとんど落ちてしまったけど、
 `7ゝイ  :!  `"´     ヒソ}, イ /
 \ヽ、::::|   |        ′ ゞ'ノ イ                 家そのものは大丈夫ですわ……
   \:ヽ|   |      ‐-   ,! i|
     ヾリ  .iト、       ´   /|  |                 ただ、そこの風呂の煉瓦煙突が
    _」 .::||;:;\  _ _, イ   !  !
 , ィ´|;:;:;:| .::||;:;:;:;:;ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;\|  |                 崩れてしまって……
 ::/::::|;:;:;ノ  .::i;:;:;:;:;| |氷k;:;:;:;;:;:;:;:\ |
 /:::::::!;〈   `ヽ__,ノノヱ7;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;〉、 _ _ _ _           重孝が危うく下敷きになりかけたんです
 .:::::::::`7;ゝ--、__ _\;:;:;:;:;:;:;:;ノノ::::::| )ヽ:::::::::::::::\,r- 、
 .:::::::.:::::\;:;:;:/_, イ;:;:;:;:;:;:;:;7ゝz、,イ::::::|::::::::::::::::::::::ヽイ厂`つ
 :.:::::.:::::.::::::`7;:;:l:;<二 7;:;:;:;:;:;/:::::弋ニ二7iト、:::::::::::::::::::::::::〉6rノ
 :::.::::.:::.:::::,:イ;:;:;<_二リ;:;:;:;:;:;:ヽ:::::::ヽニ二>;;;;;;;;;;;;:;:;;:;:;:;:./ ̄
 :::::::.::::::./:::|;:;:;:;:;Zニ7;:;:;:;:;;:;:;:;ト、:::::::Zニ7::厂 ̄ ̄


540 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:46:00 ID:tI5MM47s


                                  __,ノ
                                   ) . し、重孝それは本当かお!!
                                -=ニ
                                  ,)  よかったお、本当に無事でよかったお!!
                        ___     ⌒ヽ
                   __/_ ノ  ヽ、\     ノ-、
                . / ノ  ヽ_\) (<)゚o\     ⌒ヽ, -、/^ヽ「`′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「
                /  ○   ○ \人__)   |
                | ⊂||(_,、_,)||⊂|⌒ ´  ./
    お、おとうたま…  ヽ(⌒) (_.ノ   ィ‘二 .イ
                  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´     
                  .|      i ̄  . |
                  .|      |     . |

┌─────────────────────────────┐
│ 妻や三人の子供たちは幸い怪我も泣く無事であった。       ......│
│ しかし、六歳の次男が危うく瓦礫の下敷きになりかけたと聞き、   .│
│ やる夫は思わず無茶苦茶に子供を抱きしめていた。         ..│
└─────────────────────────────┘


541 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:47:00 ID:tI5MM47s


┌────────────────────────────────────────┐
│ 後に「関東大震災」と呼ばれることになるこの大地震は、東京・横浜を焦土にしただけでなく   .│
│ 震源地に近い湘南地方に揺壊、火災、津波の三重苦を強いたのである。            ....│
│ この地震による死者・行方不明者は10万人を越し、それを一桁上回る人々が被災した。    .│
└────────────────────────────────────────┘

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/


Desolution_of_Nihonbashi_and_Kanda_after_Kanto_Earthquake.jpg


542 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:48:00 ID:tI5MM47s


       , -―‐- 、
     /、   / ,≦\                ……というわけで、震源地に近い
    / , --、_/  `l ヽ
    lV     、___ Vハ              横須賀軍港地域も大きな被害を受けたという報告だ
    l{  __,    、._ _ V}
      ll /  _.ヘ   ゞ' ┘ レヘ             鎮守府施設全壊、工廠半壊、機関学校全焼、
     ヾー'ゞ' }   `  /l 〉〉
     〈ハ ` 〈.}  _、  u |り             海兵団施設大破など諸々の損害が出た
     ヽヘ.    ___    lイ
       ー1 ┴― 、〉ノ /l|              重油タンクには亀裂が入り、85,000トンの重油が流出した
        ト、  ̄`  / l}
        l | ト--- '/ ∧、             しかし、何よりも大きい被害は、空母改装のため
       /l\ l   //   〉\
     イ /  /\ ./}   /  l \         横須賀工廠で準備中だった巡洋戦艦「天城」だ
  /  / ,'  /}´ ̄`Y1  /   l  丶 _
/    l  | / l    l| /    |      \   船体が船台から落ちて歪んでしまったそうだよ
     |  V   〉ー-イ l/   /       l \


543 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:49:01 ID:tI5MM47s


┌───────────────────────────────────────┐
│ 工廠の船台で空母改装の準備中だった巡洋戦艦「天城」は、船体を支える支柱が外れて  .│
│ 艦尾が船台の左側に滑落、船体の軸線を完全に狂わせてしまったのだ。          ......│
│ もはや「天城」の進水は望むべくもなかった。                            ...│
└───────────────────────────────────────┘

           ((ゞ、
           il l\ゝ、                          (^)
           iU  \ゝ、-==-、                      -)}( -
           |     \γiロiヽ                      i|「
         . /\    ゞ:ゝiー:i/.                   ,--,‐=‐-,
        [=[====]    iXi><i                     ヾロヽ日/
                 iXi><i .                     I'''i亠l
                 iXi><i    .____________|,,,|l:l:l|______        
                 iXi><i   ..| | lニlニlニlニlニlニ|]ニニニl]==='| | |==l=l======l=l!|        
,ニニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', ,'ニ,'´ ̄ ̄`', . | | ロ ロ ロ ロ lニニiニニiニニi ロ,|冊|IニニlIl==l //l|       
ll li|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi|::l-‐|ニiニiニiニi| | | lニニlニニlニニlニニlニニlニ| i|ヘヘニニニl=//l''|     (')ll 
ll ,l|'''|'''|'''|'''i|::l-‐l|'''|'''|'''|''i|::l-‐|l'''|'''|'''|'''i| |  | lI ̄l ̄l ̄l ̄l ̄| l!ニlニlニl! |'l'l'|l'ヘヘ≡lEl//l'''''|円円円円ll'____
. ____________                                     ___,,,,。 
.,|,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄: ̄ ̄ ̄ : ~  |   
   l゚,,ケヽ--,:         : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゚゙゙゙゙゙゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ノ 
    ̄     ̄ ̄∩゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙∩゙゙`゙゙゙゙゙"'''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''''∩'''''''''''''''''''''''''''∩''''''''″
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


544 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:50:00 ID:tI5MM47s


         ____
       /     \          そうですかお……
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \       海に浮かべることも出来ないなんて、
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /       あまりにも無念ですお……
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 「天城」は解体と決まり、廃棄する予定であった神戸川崎造船所の戦艦「加賀」が代艦とされた。  ..│
└──────────────────────────────────────────┘


545 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:51:00 ID:tI5MM47s


┌─────────────┐
│ 震災から数日後────   .│
└─────────────┘

    ..      ____
         / ―  -\
    .  . /  (●)  (●)                カズ、謙一と道を連れて
       .|     (__人__) ヽ
       |      ` ⌒´   .|               少し出かけてくるお
        \ イ斗┴r┐` .; /
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、             ……正直言って、帝都が焼け野原になるなんて
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_            こんな事は二度とないだろうから、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,         ぜひともあの子たちに現場を見せておきたいんだお
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


546 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:52:00 ID:tI5MM47s


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」               ……どうぞ父様のご随意に
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |               お気をつけて
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j



                   r 、.     ,、
    / ̄ ̄\          l ヽ,,, -ー -', l          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /  ⌒  ⌒\        /  @ o  @ ヽ       <   お母様、
  /   (⌒) (⌒)ヽ      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ       |
 .|    (__人__) |      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j       |   いってきま~す
 .|      `⌒´  |      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)       \________
 ヽ         /      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(
 / ヽ       ノヽ      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
/           ヾ       Y ヽ    ̄イ' y


547 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:53:00 ID:tI5MM47s


┌────────┐
│ 東京帝国大学   │
└────────┘
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄


548 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:54:00 ID:tI5MM47s


                   .,,-''"    \
                 ._,-'"        \    ┌───────────────────────────┐
                 /\           \ ..│ やる夫は当時東京帝国大学工学部の教授を兼任していた。  │
           __   //\\           \│                                       .│
          /|[]::::::|_ / \/\\         /.│ そのために罹災した帝大を訪れたのだが、             .│
        ./| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //. │                                       .│
      |  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/... │ その建物の三分の一は倒壊もしくは焼失していた。      .....│
    _..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  ..└───────────────────────────┘
   / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/
     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/
      |  |:::「. / .\/\  /\ \/ /::::::::/
      |  |:::l //\ \/  \/\_, -― 、


549 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:55:06 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 帰路、やる夫はより被害の激しい下町方面に足を向けた。                        ...│
│ そこには焼死や圧死した被災者の遺体がいまだ処理しきれずに放置されたままになっていた。  ....│
└──────────────────────────────────────────┘

     ∧∧:;。;-(:)∧∧_ (:;。;-ζ  ⊂.;;.: ;⊃  /)         (;:゚o;(:)ヽ~
     (;;゚-:;::)⌒'(。;-;゚;;)っ l:: ∪  ,,,_∧ヽ;,::.;'ヽ⊂:;; ;:. ,,,∧⌒ヽ  ,,,._.,,..:';..,,  (;::。-:)゚::)∧_∧
    ‥∵∪:;∪''.': ,:,':: '"'"''"(';;;(:;);-゚:)ι(;::。-:)⊂ζ;;:-゚;;)-;。;;) (:。 -;。*)::ヽ⊃⊃V⊂(;;。;-;゚)⊃
   ,:,'::∴'.':  ∧_Α  ∧_∧  ,:,'::∴'.':   '''V   ,':::'.'V V,,,._... V V  ̄   ∧∧ノっ∴::,
   ∧_,,,.  (*゚ o゚;;メ;;::.(,,'-`*) ∧_∧  (ヽ_ ,,..: ;...,∧     (*。Ο゚;;) ヽ~ ,,,.(;-:;゚::)っ ,::',,,∧っ
..  ( ゚;;-;゚;)つ ''"⊂,:,'::∴'つ∧ (;;)゚。(:;:)⊂,:,':(:::)(;;。;-;゚)     ∪∪'''"∪   (メ;。-:: ,,,._.,, ;(:;);-゚:)っ
   ∧_∧      ∧_∧∵.:;;゚) ⊂;,::.;';っ  ∧     ∧/)/)   ∧_,,,.;:::っ∨∨(。;σ゚*)ヽ⊃
   (;´;-(::)⌒⊃ (メ;。-;。)_ ノ   (ノ:;..:;   (:;。;ζ,'::∴'.'。*):.:;;..)~ (:;´;-`;)つ∧_∧∨''''  ._.,,..:';..,
    ι''J"''','::,:,'::⊃ヽっっ  っ*,':::'.':ゝ‥  ,,,._.,,.      _::_ ∧_∧   ( ゚;;-;゚;) ,..:';.. (;:゚-。メ)ヽ
              ':''"'' :',::;;;-;。;;)::::∵  (;:゚o;。(;;)っ  ⊂..,,,(*,。;o゚;)   '"'''"⊂_,,.._っ V Vノヽ)


550 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:56:00 ID:tI5MM47s


┌──────────────────────────────────────────┐
│ 急造の焼き場では、積み上げた死体に石油をかけて焼く様も見られた。                 .│
│ 隅田川では川に飛び込んだ後死んだ遺体が折り重なるように浮かび、体内の腐敗ガスで      ..│
│ パンパンに膨らんでいたのである。                                        │
└──────────────────────────────────────────┘

::::::::::......                  ....................................................      .........::::
:::::::::::::::::::::::..........................:.                       ...............:::::::::::::::::::
 /~ \..............     :.  .................:::::::::::...........   :. ............:::::::::::::::::::::::__ノ
__ .........::::::::::::::::::::::::::..........`ヽ.    .            :.   .............:::::::__/彡
 \     ヽ:::::::::/~   ̄ ̄)   :..-ー::::::::::..................`ヽ.    .ニ、ー'~
   ミ、     \::::::........  , ´   ノ::::...............:::::::;;;;;;;;;;ーー')   :   :.
 ゝ   ト、    λ-ーー (   ( (     ノミ~~~   -, ´   ノ ......_:.__:::::::::::::
 λ  ヽ ~''ー  λ............ヽ.  、ヽ::::::/彡      (   ( (     `ヽ.    .
               __:  } )         =ヽ.  、ヽ=====三:)   :
         __=-―'~ ̄    . ' ´    _  ............. :  } )    , ´   ノ
ー、,,,_∠~ ̄~\__...... .......   (:(         ̄~-ー== . ' ´    (   ( (
           :'':';:;'"'"       _,,、=~         (:(  ̄''=っ  ヽ.  、ヽ
            :; ∧∧_=<~    ::'○ヾ  ..............::::::::::::::ノミ   :  } )
ーi、,,,,__wwjklwjklw (,,゚ω゚)二   ゝ:::::::::::...............               . ' ´
 ̄  / / ̄/ニlーiニトーi-,.;;:。;:;;::、;;        ∩∩''          (:(
    ̄           ̄. ,.,;:; :'::'○/ ̄"'`',:⊂/ /`::'jlwjiwjjilwi
          ∧ ∧               (。ω。 )二⊃ニヽー-、,,_
        (  ,,゚)    ∧∧                     ∠ニiー- ::∧ ∧:;
        [=  弋   イー、)                         ⊂(゚ω゚; )
        .|  | /   /  ,へ


551 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:56:11 ID:kTvJq5lw
帝都が焼け野原ねぇ
二十数年後に似た光景が現出するとは思わなかったろうな…
平賀自身その光景を見ることはなかったけどもし見てたら何を思ったんだろうな


552 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:57:00 ID:tI5MM47s


     / ̄ ̄\
   /:::::::  / ヽ         お、お父さん、なんですかこれは!!
   /:::::::::o゚((○)(○))゚o
  .|::::::u:::   (__人__)        ひどい臭いがするし、
  .|:::::::::::::   |r┬| |
  ヽ::::u:::::::   `ー'./        まるで地獄の絵草子ですよ!!
  /::ヽ:::::::::::    ノ
  /::::       く
  |:::::        \
  |::::        ヽ、二⌒)



       r 、.       ,、
       l ヽ,,, -ー ー-', l
       /   @  o @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...、 : : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ::::::ノ  ヘ:::::::::)       …………
      リ::::::(::ノ \  ノ :::(
.      ハ::::ハ ( ●) (●):) )
        Y ヽ __ ⌒ イ' y
          ,(  マ 〆 `)
         ./  ゝ ノゝ_ノヽ
         i   ノ Y i   )
         `ー ´  i! `ー'

┌────────────────────────────────────────┐
│ この惨状に気の優しい長男は目をつぶったが、やる夫がこの子が男だったらと思う長女は    │
│ まじろぎもせず地獄絵と対峙した。                                   .....│
└────────────────────────────────────────┘


553 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:58:02 ID:tI5MM47s


          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \      …………
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ∥
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=
"""""""""""`"゛ '''''''''''''''''''''''''''''''´-‐‐‐‐''''''''''''''''''''''''''''''''''''','r'~´   ,''''''''''''''''''''''''''''''
                          _,,,、,_    / ,、  ,  i
                         //  'χ';"'''-'7' , , ,'
                         ヾヽ.  } ( ;;,,, ノ///ノ
                          `''''""`~"" `~~ ̄



            ___
       /      \              (…………!?
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \           あの子たち、やる夫たちのことを
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /           さっきからじっと見ているお
    ノ            \
  /´               ヽ          いったいどうしたんだお?)


554 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 22:59:00 ID:tI5MM47s


            __ , -------- 、__
         , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
       /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
      / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ         ……兄ちゃん、あの子らはちゃんと
      i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙ i
     i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|        運動靴履いてるのに
    . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
     .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|       何で私らは裸足なん?
     |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
     `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/ 
     .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/
        {      ヽゝ          '-'~ノ
       λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
        ヽ,    ^~^         (
        /  `丶 、     , -   /^l
        |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、
       {  / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,- '¨ }
       {/ /  ゙ー────'~   \|
       /               ヽ  \


555 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:00:02 ID:tI5MM47s


    |     |  |     |         |     |  |     |
     |     |  |    |         |     |  |    |      (…………そうか!!
    |       |  |    |         .|       |  |    |
      |     |  |     |          .|     |  |     |      あの子たちは命からがら逃げ出して
     |     |  |    |        |     |  |    |
     |     |  |    |        |     |  |    |      運動靴どころか履物もないんだお
      |ノ    、.|  .|   、|        |ノ    、.|  .|   、|
     ノ_____,ゝ ソ___ゝ         ノ_____,ゝ ソ___ゝ     だから子供たちの足元を……)
   _ノ゙ ̄⌒^⌒}  .{ ⌒^⌒}      _ノ゙ ̄⌒^⌒}  .{ ⌒^⌒}
  'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}    'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=}



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \        ……謙一、お金を渡しますからそこの行商人から
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |      草履を買ってきなさい
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ       今から三人ともそれに履き替えるんですお……
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ


556 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:01:07 ID:tI5MM47s


     }     /   j! |             l       /
     l    , l   j!/l             l        /.   ┌───────────────────────┐
     |   / |  ,.'/_.|             !      /    │ もし運動靴を草履に代えさせたような思いやりが   .│
     {   {_ ィ  j! ! |             ,'     /.     │                                  │
     l   | .! ., 'j!{. !           /      /      │ 仕事の場であったのなら、おそらく           ...│
     ヽ.  | j,'  j!j |          /       /.       │                                  │
       ヽ l/  ,ハ....l         /      /       │ やる夫はそれほど嫌われずに済み、さらに      ..│
     . ...::::V'   j! ! `l        /      /          │                                  │
    :., ィ´    j! ,ィ  {        /      / .          │ やる夫を放逐しようという動きもなかったであろう。   .│
   , イ/    , イノ  ` 、         _. <           │                                  │
    ハ,lf,ニニフ// ´ , 、   ` ┬─ ‐ イ´  `::.         │ だが、現実はそうではなかったのだ。         ....│
   {ヽt_, -彡'      `´   ..../    {l     ,:...          └───────────────────────┘
   ` = ´            {ヽ  ィ彡|! . .::: ::'
                  lト、V/ , iノj..:: ' ´
                   l{__ハ_jノ'//
                  ` =‐ ´


557 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:02:04 ID:tI5MM47s


          /            l   \
         /                l     ヽ
          /              :        ',
          /              l        l         ……こうしてやる夫の周りで動き出した
       ,              ∧        |
        l              /  v     |         小さなうねりは、やがて集まって大河となり
        |              /   V    l !
       l         / /      V   l|        やる夫を押し流そうとするわ
          l   |    //         . -∨  V
          .  ∥   k _       ィ行〒|  |         次回はやる夫を押し流そうとする陰謀と、
        ヽ  l|     |行〒`     ゞ斗'|  /
          \|   :|ゞ斗          l: ./          何も知らずにその流れの上に乗ってはしゃぐ
           l:.   :|       l    /: 小
           |:ハ  |      , - /: /: ト\        やる夫の姿を描くわ
           |' ∧ |> .._   ´ /V: /  |
          // ∧| _ 8 〉   ̄ 8 l:/:   |`>、       次回も引き続きよろしくね
          /l /   { l\8`  -‐8//   l|  /\
        /  {  l ヽ  8 -― 8 / _,/  /| /   l
         |   l \{  ト\8   8  ̄/  ///     |


558 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:03:16 ID:tI5MM47s


    r┘  \_ _, -―- 、_
   」_    _ノ      -、 丶---、      /⌒\
   ノ \__ノ. -――  /⌒\ー \ _rへく       \_, - 、
_/  //              |    ヽ   ]          l
    〃              |   \ }  」            \_,
    //          /   , ハ     Vー、」         \_ノ
    / |    / / /l   / / l      |  \          \     それじゃあ、次回もよろしく!!
   / l   /´ ̄/ /ノ/  //、|  /   l |:l   \_        | |
  ○ ∧ | ̄'´ _ /   /   j/l   l/|     ) ト、    /.ノ
 / |  l `ト| ーヒfテ  ̄   _  /   /  |     ノ-‐' j  /´       まったね~~~~~
 |/   \_l  , ,     ,   ヒfテー/ /  j          ノ‐'´
      ∧          ' '∠ イノ  ○
    /マ 〈ヘ、r― 、       /ー'    /l
  /  |  \ \   ー―ぅ '´     {/
 ̄ |    \   \ノトr-‐<´
  l     \/ヘ.| |\



第4話  吹き始めた逆風  終わり

第5話  悪意と善意   へ続きます


559 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:04:02 ID:tI5MM47s


◎第4話「吹き始めた逆風」


平賀やる夫            海軍造船少将(第四部計画主任):やる夫(AA)

平賀カズ                  やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


田路坦                  艦本第四部員:ロック(Black Lagoon)


藤本喜久雄              艦本第四部員:できる夫(AA)


山本開蔵                艦政本部第四部長:牡羊座のムウ(聖闘士星矢)
加藤友三郎              海軍大臣:冬月コウゾウ(新世紀エヴァンゲリオン)
加藤寛治                海軍軍令部次長:星野仙一(実在人物)
末次信正                軍令部第一班長:岡田彰布(実在人物)
鈴木圭二                艦政本部第四部長:ブンビー(Yes!プリキュア5)

チャールズ・ヒューズ .       ワシントン会議議長:エレオノール(ゼロの使い魔)
アーサー・バルフォア        ワシントン会議英国全権:ウルリッヒ・ケスラー(銀河英雄伝説)

土本宇之助    ..          艦政本部の文官技師:ドモン・カッシュ(機動武闘伝Gガンダム)
艦本四部事務員          音無小鳥(THE IDOLM@STER)
田路の妻                エマ(エマ)
海軍兵科士官(砲熕部代表)  芝村舞(ガンパレードマーチ)
海軍兵科士官(水雷部代表)  カミナ(天元突破グレンラガン)
海軍兵科士官            ヴィラル(天元突破グレンラガン)
海軍技術士官            ホランド・ノヴァク(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ムーンドギー(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ヒルダ(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ハップ(交響詩篇エウレカセブン)
海軍技術士官            ストナー(交響詩篇エウレカセブン)
震災罹災者の子供        節子(火垂るの墓)


平賀謙一                やる夫の長男:やらないのか夫(AA)
平賀重孝                やる夫の次男:やる太(AA)
平賀 道                 やる夫の長女:できる子(AA)


560 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:04:17 ID:BhUGBXwE
乙でした


561 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:05:01 ID:fN7vYBCc
乙でした~


562 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:07:09 ID:7u/wdhd6



563 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:07:14 ID:tI5MM47s

本日の投下は以上です。読んでくださった方、お疲れ様でした。

妙高型重巡の兵装をめぐるバトルに関しては異論もあろうかと思いますが、
自分が調べた限りの一つの結論として書かせていただきました。

次回投下は来月早々になると思います。
次回はやる夫の二度目の欧州外遊を描く予定です。
それではお休みなさいませ。


564 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:07:52 ID:kTvJq5lw
乙ですた


566 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/16(木) 23:18:01 ID:XfqZK7wE
乙でした~


570 名前:読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで![sage] 投稿日:2012/02/18(土) 00:42:17 ID:7vzeW.h.

妙高はともかく夕張はなぁ……



関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

何かを決定するとそれに意を汲まれなかった反対派が絶対でてくる。 
それを積み重ねていくと反対派が増大していく。  でっかい組織で出世するには・・自己主張しない方が・・いいのかね。 小さい組織は逆で

対米6割も、兵装のことについての論争も官僚セクションの暗闘にみえてくるな・・。 日本の為を思ってと思ってた人はどれほどいるのか。
 
八八艦隊がだめになって、首になって海軍ほうりだされた人、出世の可能性へった人、フネを作る可能性がへって船台が空く船会社・・とかやっぱ納まらないんだろうな。 
理屈がどれほど通じるか。  加藤寛治も鉄砲屋としての主張しただけだろうけど。 自分の論に人が集まるとその人たちにある程度は理解できる妥協理由がなきゃ面子立たないもんな。

No title

技術屋が用兵に口出しして兵器の性能を決めるなんて本末転倒だわな
でも日本の場合、肝心の用兵側もアホばっかりだったから救いようがない
大砲屋、水雷屋に加えて技術屋までが口を挟んで結局声の一番大きい奴の意見が通る
結局官僚の縄張り争いでしかないんだよな
今に続く日本の悪しき風習だわ
page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-2430.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13