以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1374.htmlより取得しました。


母の日記

128 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:35:59 ID:vko7P94b

題「母の日記」


:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::}
:::::|:::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ヘ:::}
:::::|::::::::::::::::| ` <::::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i/
:::::i:::::::::::::::|    ` <::::::::::|:::::::::::::::「ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
:::::ィ::::::::::::|   ._,,.-. ` <:|::::::::::::::::ト 、ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::{
:::::ハ:::::::::|: :_..イ      `|::::::::::::::::|  ィ:/::::::::::::::::::::::::::::::',    
::::i  i:::::::-" _, -.'"     |::::::::::::::::| ノノ::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
::::i  i::::::ト  \   //つ::::::::::::::| i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    )ヽ
::::i   i::::|:::\.   /::::/ .o|::::::::::::::::| ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``--'゙:::::::}
::::i   ハ:|::::::::::ト   >/じ |::::::::::::::::| ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
::::i    |::::::::::::i      |::::::::::::::::|  ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
::::i    |::::::::::y      .|:::::::::::::::|    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`` ‐- 、
、::i    |:::::::::::- ..   /"ゝ|:::::::::::::::|. y   /\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ヽ:i    .|::::::::::::::::|.~ ̄`-'゙ |:::::::::::::::レ゙\/   `` - 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::
 \   |::::::::::::::::|.    \|:::::::::::::::| Kヾ   彡//: . ̄

┌─────────────────────────────────────┐
     長い間、闘病生活を送っていた母が、病院でひっそりと息を引き取った。           
                                                        
   母は最期に「ごめんなさい…」と、私に向かって小さく呟き、涙を流しながら逝った。    
└─────────────────────────────────────┘


129 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:38:06 ID:vko7P94b

     |: : : :/:\//  /: : : : : : :/: : // : : : : : : : : /: : : : / : : : : / : : |: :ヽ !: : : : : : : :|
     |: : :/: : : { {   |: : : : : : /: : //: : : : : : : :/: : : : /: : :/: :/ : : :/.: : :|:l: : : : : : : : :|
     |: :/: : : : { {   |:|: : : : : |: : :| : : : : : : /: : : : :/: : :/: :/ : : :/: : : : !:!: : : : : : : :|
     |:/.: : : : :.// ヽ|:|: : : : : |: : :|: :__:/: : :_/: : :/: ://: : : /| : : : : |:l: : : : : : : : :|
      /: : : : : : { { =|:|: : : :∠二二: -― '  ̄/: : //: / / : : / | : : : : |:| : : : : : | |: |
     / : : : : : : : ハ V ∧: : : : : :| :l: |――‐-≦_'" ̄ // , / : /   ヽ : : : レ |: : : : :.| |: |
   /: :/⌒ヽ、: :{ {   ヽ: : : : : :l: l 气=zzz≧三≧ー='"/ /≧ニー-v\: :| / : : :ノ|:| |: |
  / : (  _ノ \ハ∨   ヽ.: : : :ト、\ ` 〃   バ`    ̄ 〃=テテ′: : V/ : / /// /
 /:r=ー' /ニ| ‐-ミハ∨    \ : ヽ\\辻z ン′       弋 ', ' | | : : /: /  レ' レ′
/ :| //二=\r‐-、ハ∨  \|\: \ ̄             /  |/ : // }}
: : :.|/ニ/二二二二=ハ ∨、 ―‐ ―\: \         ,〉  /!| /: ://  }}    お母さん…
: : : |二|二二二ニニr‐' -ヽ  /|\ ト、 ̄    rー_ァ ´ , イ⌒「 レ′=  }}}}
: : : |二|二二二ニニ|   __ヘヽ      | > .   ' ,.  ≦  |Yニ{{ / || \  }}

┌─────────────────────────────┐
          私には父も、兄弟も、祖父母もいない。

    私たちは2人きりの家族だった。今日から私はひとりぼっちだ。  
└─────────────────────────────┘



,,,,_________
               ⌒ヽ、    ノ⌒`''''-- ,,_
                   ヽ (⌒  ノ       \                  __,,--
                     `-へ,,,,,____     \"''ヽ ___,,----''"" ̄
                             ̄''''''------ 、
  __ ,, ----─ '''  ̄ ̄ \ /⌒,! /⌒,)      \ ___ \
 ̄                 Y   ノ /  / /"`ヽ   _ .\  \   i
                  ∟___Y   /./  /  \\ \ λ !
                     /  .//  :/./゙`)  \.l  |  `┘      __,---
                     '--::`!   // ./ \ `! /  _,,---''" ̄
                         ヽ-.// ./ 〉  〉 〉" /
                             ヽ-/ /  / /

┌───────────────────────────────────────┐
            母は夫を事故で亡くしたそうだ。 私が生まれる数週間前に。   
                                                
          悲しみのどん底から、女手一つで、私を育ててくれたお母さん。
                                                
              臨終の間際まで、私のことを案じてくれるなんて……   
                                                
                                                
   私は母の手を握り締めて、最期を看取った。安らかに眠ってください、と心の底から願った。 
└───────────────────────────────────────┘


130 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:38:42 ID:vko7P94b

                                                   __
                                           _,、 - ‐ ' /´フlヽ ./`'ー- 、,
                                         ,ィ'´: : : : : : : : /    ,'       `ヽ,
                                        //: : :/: : : : : :l ._ヽl.ノ_ l        \
                                       /./: :.:./: : : :.: : :.l ノ.lヽ. l             `ヽ、
                                       /:/: :/: : : /: : : : l    l                i
                                   .    l:/: : l: : : /l: : : l: :ヽ ヽl.ノ_ヽ          .ノ
                                       /; l: :.l: :.:/ l‐-、l: : ヽフlヽ ヽ            i
                                       l:ll:l: :/!:.:ll.  ヽ: :l`: : :.ヽ   ヽ  ,ィ-‐'      l
さて、お母さんの遺品を整理するです。               l! ヽ:lヽヽ!i   ヽ!: : : : :`i   lィ'´: :ヽ、_     ヽ
                                   .     l  `! ノ|ノ ゝ=-/: : :/:/ヽl.ノ_l: : : : : : : :`'ー-、. ヽ、
いつまでも、このままにしておくわけにはいかないですからね。     ヽ    /: /レ'/ .フlヽ/: : : : : :/: : : :l!、ヽ,ィ'´´
                                            !  //  /   /: : : :/: /: : : : :.l ´
                                            ヽ ´   ./ヽl.ノ_./: :.: :/: /: : : : : : l
                                             `-‐ './ フ.lヽ/: : : /:./: /: l: : : :∧
                                               /   ./: : : :/: : l: : l: : : : :∧
                                      _,、-、_.  /ヽl.ノ./: : : :/: l: : :.l: : l: : : : : :∧
┌────────────────────┐
  数ヵ月後、母の遺品を整理していた時のこと。 
└────────────────────┘





                      .     /  i/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\※\  ',
                      .    \/: : : : : : :___: ,ァ: : : : : : : : ,、 : : : : : :\ j  ',
                           ,' : : : : : : :´ ̄/''|: ∧ : : : ≠=ヾ、: : : : : :ヽj  ノ
                           !: : : : : : : : /=xレ  |: :,/__ ヽ! : : : : : : | /  /⌒ヽ
                           !: :/: : : i:/〃' _):::,ァ // ''于心 ! : : : : : : |    し⌒i i
                           ∨.: : : :.| '' 乂:::ソ'´   弋ーz:| 》l: : : : : /yi}      ノ ノ
                            |\ : : \            `ー‐゚ ノ: : : :,/  i}      し「
 ……なんだろ、この日記。           |: :{i\.: : :ゝ    '     /.: : :/i  i}、     ◯
                           /: :{i  iト´、    ◯       >- ´: :{i   i}:\
                          ∧: :{i   i} : : > _    _ < : : : : : ; {i   i}: : :.ヽ
                          /: :ヽ{i   i}: : / l_ニ ´ ,i : : :ヽ: : :/: {i   i}: : : : )
                      .   /: : : : {i   i}》: :》´ ィ≧≦ァ 7《 ̄《气: : {i   i}: : : /:ヽ


131 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:40:43 ID:vko7P94b

                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   く /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂
┌─────────────────────────────┐
      母の洋服ダンスの奥から、古ぼけた日記をみつけた。
                                            
   母がつけていた日記のようだ。  そっと頁をめくってみる。    
└─────────────────────────────┘





○月×日
─────────────────────────────────────────────
夜明け前に、赤ちゃんが生まれた。双子の女の子だ。家族が2人も増えた、こんなうれしいことはない。
─────────────────────────────────────────────
お姉ちゃんは翠星石、妹は蒼星石と名づけよう。
─────────────────────────────────────────────
お姉ちゃんの泣き声は病院一うるさいと、先生に言われた。妹は静かなのに。不思議。
─────────────────────────────────────────────


132 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:42:02 ID:vko7P94b

       _______
    ,, -‐' _r─v─v‐ュ_` ー-、
  /  __/,-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙ー-、\
/   //    ‐米‐     \\
   〆 ※_ェ=====ェ、_ ※ \\
 〆  r‐'7.::/.::::::.:ノノ:::::::::!::ヾー-、__V
〆※/:::/.:/::::/::/;イ::!:::::/|::::ヾ:::::::::::::::|
| /.:::::/::ム斗-!;:/::j/.::_j__j::::::!):|:::::::::::|
|/|:::::::|:::|:::|//ーメ|/|:::/:/_`寸:/|::::::;イ:|       なあに…これ?
|::{:::::::i:::k{了 ̄「`   レi,イ ̄}゙i|〉/.:::/.:|::|
|::{|\:::ヾ: ヘ辷ジ      廴.ノソ|/.::;:'.:::/j}|    …この筆跡は…お母さんの筆跡…ですう……
:::{|  \_二ニ=-    ,   -=ニイレ'|/ j}::|
:::{i ※ i}__>、 u    o   /.::::{i ※ j}::::|
:{i   i}ん' ̄`>_(\ イ ̄丁{i   i}\|      ┌──────────────────────────────┐
{i ※ i}fヲ ,r===、`ーf⌒ヾ!  fヲ{i ※ i}  \           「これを読んではいけない」  そんな予感がした。 
j   j}fヲ ||_⊂二二-‐' \ノ ̄{i  i}    \                                       
※ j}廷  ̄7/,-‐'´,-‐‐ _ノ   {i ※ i}     〉    けれど、好奇心にあらがうことはできず、私は日記を読みすすめる。 
  i}廷〉  //  ̄乙イ~7'´    /{i   i}     |    └──────────────────────────────┘



133 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:44:12 ID:vko7P94b

△月○日
─────────────────────────────────────────────
一歳のお誕生日。夜泣きの頻度は減ったけど、その代り、昼間は大騒ぎ。ちょっと疲れる。
─────────────────────────────────────────────
お風呂に入れても、もう泣かなくなった。二人ともお風呂が大好きのようだ。
─────────────────────────────────────────────
……あの人の面影が一番あるのは翠星石かな。双子なのに…おかしな話
─────────────────────────────────────────────




◆月●日
─────────────────────────────────────────────
翠星石が事故で死んだ。まだ4歳。どうして。
─────────────────────────────────────────────
あの人は私を孕ませた揚句、私の前から蒸発した。あの人の面影がある翠星石も、私の前から消えた。
─────────────────────────────────────────────
あの人は、私が嫌いなの? どうして逃げていくの? …ここは思い出が多すぎる、遠くへ引っ越そう。
─────────────────────────────────────────────



□月○日
─────────────────────────────────────────────
蒼星石を翠星石として育てることにしてから、半年が経った。
─────────────────────────────────────────────
「僕はお姉ちゃんじゃない!」と泣きわめく蒼星石を、なんども殴りつけて半年。
─────────────────────────────────────────────
最近は泣かなくなった。もうひと頑張りだ。
─────────────────────────────────────────────



134 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:45:26 ID:vko7P94b

○月×日
─────────────────────────────────────────────
今はふいに、あの子を蒼星石と読んでも振り向かなくなった。
─────────────────────────────────────────────
蒼星石の人格はもう少しで消えてしまうだろう。
─────────────────────────────────────────────
痕跡は全て消した。……私はもともと天涯孤独だ。身内や親せきはいない。
─────────────────────────────────────────────
絶対にばれない。
─────────────────────────────────────────────






●月×日
─────────────────────────────────────────────
あの子の目を見ていると、気が狂いそうになる。
─────────────────────────────────────────────
目は蒼星石のままだからだ。あの子は翠星石じゃない、蒼星石なのか。
─────────────────────────────────────────────
あの目で見つめられると、死にたくなる あの翡翠の右目が私を呪おうとしている。
─────────────────────────────────────────────
始末しておけばよかった。こんな写真…
─────────────────────────────────────────────



135 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:45:47 ID:vko7P94b



                              
                           | `ヽ、   |
          ┌┬┐.      |\__|   `ヽ |
   ┌┐ ┌┼┴┘     l:::::::::::: l     llヽ、
   || ||  ┌┐┌┐ l::::::::::::: |     ||  `ヽ、
   || ||┌┘└┘└┐::::::::::::|     ||    ┌────────────────────────────┐
   └┘ └┘└┐┌┐┌┘::::::::::::|     ll|           ●月×日…お母さんが倒れた日だ……
              └┘|| .l:::::::::: |      |l|     
                  └┘  l:::::::::::|      |||        思わず私が日記を床に落とすと、一枚の写真が出てきた。 
                      l:::::::::|      |||   └────────────────────────────┘
            |          .l::::::::l      l|il                  |
            |           l:::::::|                       |
            ∥           ヽ::::|                       |
            ∥           ヽ::|`ヽ、                ┌┬┐
            ∥      _ ___ ノ   `ヽ、      |┌┐ ┌┼┴┘
            ∥    ,....::.:::::::::::::::/      `ヽ、.    |;.|| ||  ┌┐┌┐
.            ||  /.::::::::::::::::::/`ヽ、        `ヽ  ∥|| ||┌┘└┘└┐
.            || ::::::::::::::::::::::/    `ヽ、.       ヽ∥└┘ └┘└┐┌┐┌┘
        /:::::::::::::::::::::/        `ヽ      ∥ 、       l └┘||
       /.::::::::::::::::::::/              `ヽ,.     |||  `ヽ、.    l    └┘


136 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:46:27 ID:vko7P94b

       /  /XxXxXx_,、.-‐ '´ ̄ ̄``ー-、_xXxXxXxXxXxヽ ヽ
    /   /XxXxX/: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、xXxXxXxXxl! l
     ̄`'ー、/xXxX/: : : : :/: : : : : : : : : : /:l: : : : ヽXxXxXxXxl l!
       /:./XxXx/: : : : /: : : : : : : :/: :.:/:./: :l: : : :.ixXxXxXxXl l!
      /:/xXxX/: : :.:/: : /: : : :/: : :.:/:./: :/: : :/: lXxXxXxXx! l!
     i:./XxX./: : : :/: : /: : : :/: : : :/: :./: :/: : :/: l:.lXxXxXxXl!  l!
      l:lxXxXl: : :/:/:./: : : :/: : :/:/: :/: :./: : :/: :.|: lxXxXxXxl   l
.      l:lXxXxl:/:/://:/: :/: : :./: :/: :/: ://:/:/:/:./: :lXxXxXxl!-.、 .l
     l:lxXxX/:/:// /:/:/: //://: :////:/:/:/: : :lxXxXxX!:l  ゝ'
    l:.lXxX///ィ二、// ////:./、_////!: : : lXxXxXl:.:l
     l:.lXxXl|:/!l ´ん:::::ハ`,  / ////ィョォュ¬/ .l: : : :lxXxXxl: :!
    l: lXxX.l:l!:.|  ヤ::::::リ      /  け c刈`, /: : :./XxXxX!:.l    この人は…誰?
.    l: :lXxX.l:l: :l    ̄         弋:::::cリ´/: : :./XxXxX/: l
   l: :lxXxXl:l: :.i       '         `亠''´/: :./xXxXx/: :/
.   l: :lXxXx.l:l: :.:ヽ.      r‐ 、        /:/XxXxX./: : /
   l: :lxXxXxl:l: :l: : ヽ     l   l     u   /xXxXxXx/:.: :/
.  l: :lXxXxX.l: :.l: : : :.ヽ    `' ´    ,, /xXxXxXx/: : : :/
  l: :lxXxXxXl!: :l: : : : : :`. 、,  _,, 、 ィ/ /XxXxXx/: : : : :/
.  l: :lxXxXxXxl: :l: : :.,ィ、/  `´    / /xXxXx./: :/: : : /
  l: :lXxXxXxX.l-‐''´_ィ==x、__     .//XxXxX/: : :./: : : :/
 l: :lXxXxXxXx.l ,ィケ" _ィク''又==x、/xXxXx./: : :./: : : :/
. l: :lxXxXxXxXxlヾ_,ィケ"〃 ij!ヾ、 /xXxXxX./: : :./: : : :/


137 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:47:15 ID:vko7P94b


























┌───────────────────────────────────┐
│┌─────────────────────────────────┐│
││          ´. : . : . : . : . : . : . : .ヽ  /. : . : . : . : . : . : . : . ヽ             ││
││          /. : . : . : . : . : . : . : . : . : : ./. : . : . : . : . : . : . : . : . : : :.             ││
││       /. : . : .i|. : . :i . : . : . : . : . : .′. : . ,: . : . :....:| . : . : . : . : : i            ││
││.      /. ′:.:..八. :..:.|.:.:|. : . : .ヽ : . |. :〃:/. : . : . : .八 : . : . : . : . |           ││
││      ′| .: : :.| \八八\. : . :|: ..:|. :| ./_:_,//: ./、__\: \. : . :|           ││
││        | :|:..:.:.斗=弌\\\メ⌒|: . |. :|/x=ミ. /: /  x=ミ\__\.:.|           ││
││        | :|.:..: : ん:ハ  \ イし刈: . |: .|イし刈 /  んハ./ 厂:.:|           ││
││        人.:. . 乂_ノ    乂_ツ: .人:... 乂ツ     乂.ノ/ /:.: .:.|            ││
││         个ト: :≧=- `_  -=彡イ:} |: .:≧=- `,., -=彡イ: . : . |           ││
││.           レ|.:.:.:个ト   _  イ从ノ:/ |: . :.个ト rfミヘ イ:. :...:.|: . : . :|           ││
││           |.:.: N_乂}    {_/:.:/ _.|: . .:ノ____{ミ  } レ:7´ `ヽ : ..:|           ││
││            \| : {      レ':}「j`r、´ .//(   ./ //     } : ..|           ││
││           .'  /.:.人_   _r‐ミ:..:.:| (// 〕/:.{ ト イ //     / : ..:|           ││
││        ,′ ノ. : . : . :と二⌒ \| (/′; ー|  |‐':.′  .イ : . : |           ││
││          ′(. : . :. . : . `¨フ    ヽ  |′:; :.:.|   ,:./   /: | : ..:.人           ││
││        /   ,: . : . : . : ..ιヘ、__  ) |、: .; :.:.|   V   /: :.| : . : . :.\          ││
││.      /   .ハ. : . : .:.:.:.:.: . : . : . 「  ', | ‘,:; : :|   }  ./.: : :| : . : . : . :.\        ││
││.       /   / }. : . : . : . : . : . : ハ   ',| ‘, ; :|   ノ ノ.:...: 人 : . : . : . : :.:\       ││
│└─────────────────────────────────┘│
└───────────────────────────────────┘ (終)


141 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 16:53:35 ID:qwki3StG
おれはこっちの方が好きだな…なかなか怖かった


153 名前:名無しを了承[sage] 投稿日:11/05/05(木) 17:15:05 ID:eES90MFX
大好きな祖母がずっと自分を呪っていたというホラー話を思い出した
うん、10レスとは思え無い濃い内容でした
面白かったです


関連記事
スポンサーサイト



コメント

page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1374.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13