以下の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-918.htmlより取得しました。


やらない夫は約束を守るようです 第四章 王城へ その3

246 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:00:01 ID:+17sqVwN
四101.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

真実が部屋を出て五分も経っただろうか。



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|    「ありがとうございました!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|     ジュン=サクラダ、失礼いたします!」
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



扉の前で一礼したジュンが、興奮に顔を赤くしてやらない夫の下へ戻ってきた。
247 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:01:01 ID:+17sqVwN
四102.



                               ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
                             /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
                            ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
                               /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
                             ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
                             |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
                            イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
 「な、中に親衛騎士団長の           /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
  アンデルセン様までいらっしゃった!      !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |
  色々聞かれてしまったよ!」          .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|
                            .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
                             レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
                                   i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ
                                    、             r彡;〃´
                                    ヽ   ヾニフ       ノレ'´
                                     \          ´ ,L. -‐ 、_
                                       ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
                                        ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
                                      _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
                                    rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"



褒められでもしたのだろうか、興奮冷めやらぬ様子で足をじたばたさせるジュンは、
かなり良い手応えを感じた様子である。



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)   「で、どうだったんだ?
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|

248 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:02:01 ID:+17sqVwN
四103.



                                  〃::::::::/::::ヾ:::i::::ヽ:::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\
                                 /:::::::::/:::::::::i:::`:::::::}::: ト:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                /:::::::::ィ/:/:::::::: L:_ ∧:ハ::::::::::|ヾ:: l>、::ミ、:::::::::::::::V:_:::::::::::::::::::::::::i
                              . /:::/ /::/::::::::::::ハ    il i::::::: l 刈  ≧ミ> 、::::::::<  ヽ::::::::::::i\ |
                              ..// ./:::::i::::::::::::ト:ハ       l::::://_ ィ=彳司 ||== ̄`{ i }:::::|\ゝ. `
  「き、緊張しちゃって                    i ::::::ハ:::::::::::|\ゝ___  |:/ r/ ´ イt jハ ||    ノ //::::::i
   上手く話せなかったけど………             l:::::::::::ヾ:::::::|::::::ヾ´ ≧ミ、ィ'''ヾ   ゞ┴ノノ    `./:::ノ`
                                  |::::::/i::\:::V::::彳 ィ芯、}}   `ミ==''     r'´:/
   僕が水月斬を使った事をご存じだったよ」       |:::/  |::::::>:K ヾ、 _ゞノ ,             |/
                                  |/   ヽ/ ヾ `ーt   ` _ ノ フ      /  | ____
                                       `      ヽ   `ー´       / ̄    _   ヽ
                                               `  、     ノ  /     /  ̄ ̄ ヽ_
                                                   >-イ |  〃   ./
                                                 / ̄il  // /-= ' ´  _
                                               /   V/ ヽ=.//   / ̄ ̄ ̄>=- 、



まんざらでもなさそうな彼の肩を、お疲れ様と叩いたところで
今度はやらない夫の名前が呼ばれた。



              _,,..,,_
             _r'/ ̄\、
            / ‐-、  丶
           / / ,'Θ`''''、l           「やらない夫!
           l′ \/,'/ /            やらない夫=D=ビップ!
           冫;:-.._   /    ,--ェ-‐、
         ,-‐‐‐-、ゝノ_,.ノ.―‐‐∟ ソ'´´     速やかに面接会場へ入りなさい!」
        /   个- - 〉〉.  /
       ′    丿ノ ヘ_/ ̄
       丿`-'┴ 、ノ.  ヘ
      /    /     |
     ,'__ 、/      丿
249 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:03:01 ID:+17sqVwN
四104.



                      / ̄ ̄\
                   /  ヽ、_  \
   「おっと。          (●)(● )   |
    行ってくる」        (__人__)     |
                   (`⌒ ´     |
              .     {           |
                   {        ノ
                    ヽ     ノ
                    ノ     ヽ
                     /      |



           > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
           >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
         r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
        /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|     「頑張れ!」
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
   ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
       /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
       フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
       ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
           ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
            /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
       /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
      /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
    ノ |      }ヽ::::    /_
  ̄ ̄  .|       \   { ヽ
      .|      / ` ー='´  \

250 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:04:01 ID:+17sqVwN
四105.
ジュンに手で応え、面接部屋に入ると七人の騎士が待っていた。



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)         「失礼いたします。
          |     (__人__)          やらない夫=D=ビップです、
             |     ` ⌒´ノ          宜しくお願いします」
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



その内の二人、エンジュとギャブレットはもちろん知った顔であるものの、
他は今日初めて見た顔ぶればかり。



                                   _,..-‐ー──-.,、
                                 ,-'"  .  ,       ̄`ミヽ,
                               ,r'   ( ( ,r'ミ、        )
                               l  ヽ、 _,-‐─/リ       彡
                              ,r'   ッン,/    ( ミヾミ;ミ;:、,:゙ゝ、ィ彳
    「ようこそ。                   l,,、-─'/      いィイレ゙-、,.ィ'タ彡
     そこの椅子に座り、              ゞ ,ハ;イ ,,、、,_.  ヽj从゙ヽ,rリー'´
     楽にしてくれたまえ」              `ッ'《、   rャテ=-'  ftェ- !
                                マノ         !'   /
                                 ! i      、_,」  /
                              ,、-‐| ヽ,   ,__  /
                             rl'ー‐-┐\    ̄   / ̄`ヽ、
                             | `ヽ、, |   \__,/   /ー-,
                         _,.、-ー'L_、-‐ヽ!      ノ lゞ  ,/  /
                     _,、-‐'"ヽ ,. ‐'"´    \__ /_,!\. └, ,.k'-、_
                    ー-、,. ‐'"´          \i、-‐─'"l  /  \ ヽ
                       `ヽ、             | !    / ,/    / |
251 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:05:01 ID:+17sqVwN
四106.



         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |
        |    `⌒´  |              (………随分ピリピリしてるな)
       |        }
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i:
     } ヽ 〈   l |;;|ノ /::::::::::i  -,,_
  r iY'ノ.;;  }::ヽ  l|;;| /::::i::::::::}‐ | ||
 .|| | ノ::::   }:::::::\|;;;レ'ー'' ⌒.:::: ヽ | ||
 .|| | {,,;;;; .:::: ヽー---ケト、, へ、::::   | ||
―──.::::::::::::ノ.:::/ /   彡}――─────
     " ̄`゙゙ ''ー-、'ー----'



勧められた椅子に座ってそれとなく全員の顔を確認すると、
ジュンの時からか、自分の番になってからかは分からないが、
団長達の間に妙な緊張が満ちていると分かる。

椅子に座り直す者――――



                                , ィィィイr''"´三三二ゞ‐-、
                               ,イl/  l/   , イ     ̄``ヾ
                              ,イ ノl|l    ,r' /      _ _ \
                             /.:.:.ヾl| !  /,r'゙_ _,,、、-‐<三三二 ト、
                            ,イ.:.:.:.:::f^ヽ,,,、r''"´ ̄ ̄`ヾrr-、    `¨`ヽ
                            ゙、.:.:.:::/           `ト、 \     `、
                             `ヾj!             V\ ゞー-- 、__ノ、
                              リ    ,  -‐''" ̄``ヽ \ ト三三≡ニニ 〉
                              〈、、、,,j / _,,、-_ー-、    ゙トミミr=-、.:;に7
     (恵まれた体格をしている。         i''trュj ノ<`ーェェ-z、,,_    !// ,ヘ !;;//
      戦士に向いているな)            |  ̄フ  `~`ー  '"´    '7 せ//彡
                               ゝ/  `ヽ      ノ   /_ソイ彡7
                               ゙L,,、ィ=''^ヽ     /;::.  /厂`ヾィイ
                                |! ‐─ ‐- 、 ゙.i  !;:;::.  ,!   !/:::::/ト、
                                Y- ー‐    ,! ,!.:.  / _/.::./ /i
                                 |" ̄     / /:.:. / /::::::/   /;::;`\
                                /!__j! _ __,.‐'"´ /::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;
                               _,/ヽ二二二二、__/:::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                            , ィ´:;:|  「 ̄ ̄ 「 T´ ̄ ̄     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                          "´.:;;;;;:;;:;:;ト、 」!   i! ! 「三三!   _/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
252 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:06:01 ID:+17sqVwN
四107.
腕を組んで息を吐き出す者―――



             _,,,、、、、、、、、..,,,_
          ,.-‐'"        ゙゙`ヽ、
         /                ',
        ,l ,..、、、、     ,..、、、、、 .,  l
        ! ,l   """''''""      'i, |
        ヽ |               f ,|         (筆記試験も、
          'il              i l          国内関連以外は完璧。
         l _,,-===、,_)( _,.ィェ==、 l,,;!
         fi、}   ー゚='冫i :;;ぐー゚='  l}` )         成る程、冒険者であれば
         !/!,   ー´ l;;:::. `ヽ  ;l レ'          その傾向は納得できる、が………)
         ヽ`!      f;;;::::..    ;'/丿
          `'l    `ー一'"    ,' !'
              |   ,.-─‐─-ヽ  ,l
           ,;!           /;|ヽ、
          ,r'::\         / |::::::ヽ,
          /::::::| \ __,.__,/,  |::::::,f i
        /\:::::|   、     /.   |:::/;;;;|
      _,,...〈.;;;;;;;\|    ヽ   /    ;|:/;;;;;;|;;;;;;`'ー、____
 _,,.、-‐'';;;;;;;;`;、;;;;;;;;;ヽ、      '    _,;::!;;,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;i`ー─----─‐' i;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 `'ー‐-、_;;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;;|: : : : : : : : : : : :/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;_、-‐一''"



咳払いをして、自分を落ち着けようとする者―――



             |   | l ''''i'''" i─--.,,_   ヽ, \` `ヽ、
            i    レ'iヽ,l / ,i     `'''- ヽ、 ヽ、  ゙、
              ヽ、 | ヽ `' /          \  `ヽ、ヽ、__
              `''i_,,.-─''''''"""''''''''''┬-, ,,__ \     ̄ _ヽ
                (,.-‐'''''"フ ̄/ ̄ _,l,.-'''i-(_)ー-、 ̄iヽ二,,_ノ
               /  __,,∠ --─‐i'''''"i    !     ̄ヽ ̄
            /,.-''i''"ヽ、    ノ  ノ   ゙、       、゙、
           `''''" | (ニiー、ヽ  _,.-- .,,,__   |       i l、_
               r'|  `' " i  ''´ r.,ー 、_ヽ, /       ー=-  (最高得点者が
             i;i     l     `' '''"` i   ,.-、   ∠´    国外から来た冒険者ってのも
               ノ゙i     l            ノ i'/  i、_/      ちょっと情けないねぇ)
           <  |     ヽ_,,,ノ        i´ ノr'i ノ__,ノ
             ヽ,i  ヽ、___.,    /  i ` /i、ヽ
                |  ゙、   ̄ ̄   、,.-''"  ,/‐'゙i'''"´
               |   `''-     `--i,/  |
               ゙、        ,,.-''"    _,,l` 、
                r_ゝ、_   _,,.-''"   _,,-'''"   |
     ___,,,,,. ----| i ゙i   ̄,. -- ニニ -i _,,.-'"i !
   ///、_      | | i  / /      | |_,.-'" i



彼らは皆一様に、現れた少年の纏う雰囲気に圧されぬよう、
平静を保つのに努力していたのである。

253 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:07:01 ID:+17sqVwN
四108.
やがて、手元の推薦状と試験結果から視線を動かした一人が面接の口火を切った。



               _,..-‐ー──-.,、
             ,-'"  .  ,       ̄`ミヽ,
              ,r'   ( ( ,r'ミ、        )
           l  ヽ、 _,-‐─/リ       彡
          ,r'   ッン,/    ( ミヾミ;ミ;:、,:゙ゝ、ィ彳
            l,,、-─'/      いィイレ゙-、,.ィ'タ彡   「ああ。
          ゞ ,ハ;イ ,,、、,_.  ヽj从゙ヽ,rリー'´     君の剣捌きを見せて貰った。
           `ッ'《、   rャテ=-'  ftェ- !        霊刀相手を訓練刀でなお凌駕し、
            マノ         !'   /         剣技も扱えるとはね。
             ! i      、_,」  /
          ,、-‐| ヽ,   ,__  /          十七歳で素晴らしい腕と言わざるを得ない、
         rl'ー‐-┐\    ̄   / ̄`ヽ、      一体師匠は誰なんだね?」
         | `ヽ、, |   \__,/   /ー-,
     _,.、-ー'L_、-‐ヽ!      ノ lゞ  ,/  /
 _,、-‐'"ヽ ,. ‐'"´    \__ /_,!\. └, ,.k'-、_
ー-、,. ‐'"´          \i、-‐─'"l  /  \ ヽ
   `ヽ、             | !    / ,/    / |



                                   / ̄ ̄\
                                /  ヽ、_  \
                               (●)(● )   |
                               (__人__)     |
       「私の剣の師匠は父です。         (`⌒ ´     |
        幼い頃からずっとそうでした」  .     {           |
                                {        ノ
                                 ヽ     ノ
                                 ノ     ヽ
                                  /      |



やらない夫自身、己がどのような力を持っているかは理解していたので、
ああ、まずはそこに突っ込んでくるかと慣れた様子で答える。

254 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:08:01 ID:+17sqVwN
四109.



        , ィィィイr''"´三三二ゞ‐-、
       ,イl/  l/   , イ     ̄``ヾ
       ,イ ノl|l    ,r' /      _ _ \
     /.:.:.ヾl| !  /,r'゙_ _,,、、-‐<三三二 ト、
    ,イ.:.:.:.:::f^ヽ,,,、r''"´ ̄ ̄`ヾrr-、    `¨`ヽ
    ゙、.:.:.:::/           `ト、 \     `、       「失礼だが、父の名は?」
     `ヾj!             V\ ゞー-- 、__ノ、
       リ    ,  -‐''" ̄``ヽ \ ト三三≡ニニ 〉
      〈、、、,,j / _,,、-_ー-、    ゙トミミr=-、.:;に7
      i''trュj ノ<`ーェェ-z、,,_    !// ,ヘ !;;//
      |  ̄フ  `~`ー  '"´    '7 せ//彡
        ゝ/  `ヽ      ノ   /_ソイ彡7
        ゙L,,、ィ=''^ヽ     /;::.  /厂`ヾィイ
        |! ‐─ ‐- 、 ゙.i  !;:;::.  ,!   !/:::::/ト、
          Y- ー‐    ,! ,!.:.  / _/.::./ /i
          |" ̄     / /:.:. / /::::::/   /;::;`\
          /!__j! _ __,.‐'"´ /::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;
        _,/ヽ二二二二、__/:::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    , ィ´:;:|  「 ̄ ̄ 「 T´ ̄ ̄     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  "´.:;;;;;:;;:;:;ト、 」!   i! ! 「三三!   _/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



                                     / ̄ ̄\
                                  /  ヽ、_  \
                                 (●)(● )   |
                                 (__人__)     |
      「ラオウです。                    (`⌒ ´     |
       ラオウ=D=ビップと言いました」   .     {           |
                                  {        ノ
                                   ヽ     ノ
                                   ノ     ヽ
                                    /      |



ここまでは、今までも良くあったやり取りであったが―――
255 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:09:01 ID:+17sqVwN
四110.



            _,,,、、、、、、、、..,,,_
         ,.-‐'"        ゙゙`ヽ、
        /                ',
       ,l ,..、、、、     ,..、、、、、 .,  l
       ! ,l   """''''""      'i, |           「ラオウとな。
       ヽ |               f ,|            まさかあの、剣神ラオウかね?」
         'il              i l
        l _,,-===、,_)( _,.ィェ==、 l,,;!
        fi、}   ー゚='冫i :;;ぐー゚='  l}` )
        !/!,   ー´ l;;:::. `ヽ  ;l レ'
        ヽ`!      f;;;::::..    ;'/丿
         `'l    `ー一'"    ,' !'
             |   ,.-─‐─-ヽ  ,l
          ,;!           /;|ヽ、
         ,r'::\         / |::::::ヽ,
         /::::::| \ __,.__,/,  |::::::,f i
       /\:::::|   、     /.   |:::/;;;;|
     _,,...〈.;;;;;;;\|    ヽ   /    ;|:/;;;;;;|;;;;;;`'ー、____
_,,.、-‐'';;;;;;;;`;、;;;;;;;;;ヽ、      '    _,;::!;;,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;i`ー─----─‐' i;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
`'ー‐-、_;;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;;|: : : : : : : : : : : :/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;_、-‐一''"



次の、いかにも用意してあったような台詞に、
一瞬意味を測りかねたやらない夫は面食らった様子でこめかみに手をやった。



                                             ―― 、
                                          / 〉 ´      \
                                         / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                      / //〉  ( ー) (ー )  l
   (………剣神!?                         l  ´ イl   (___人___)  l
    親父からはそんな話、聞いた事ないぞ。 .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                             .       /   ハ !.!          !
    大体訓練以外は殆ど体術だったろ、    .        /  /  ' ヽ           /
    宿屋の主人からは『拳王様』なんて            l   // 、ゝ       / ヽ_
    あだ名を付けられていたぐらいなのに)        ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                             .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                             .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                 / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                             .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                             .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                               /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
257 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:10:01 ID:+17sqVwN
四111.



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、    (ああ。
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }     やはり本人は知らないか、別人なのか)
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



                                         / ̄ ̄\
                                       /  \    \
                                      .(●)(● )  u. |
     「分かりません。                       (__人__)  u   |
      父からは聞いた事がありません。             .(`⌒ ´     |
                                       {         |
      昔の事は話さない人でしたし、               {      u. /
      私が十五の時に亡くなった為、  .             __\     /リ 厂`'‐- .._
      確認する術もありません」              / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                    | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                   | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                          .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

258 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:11:01 ID:+17sqVwN
四112.
しばらく考え込んでからの答えに五人の団長はざわざわと何事か話し合うが、



         ,、  _
     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
        '-' / /   .゛´   / / __
       //         //  凵. 匚!
       `´          `‐´

                             ,、  _
                         ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
                         '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
                            '-' / /   .゛´   / / __
                           //         //  凵. 匚!
                           `´          `‐´



             /             \
          /                  丶
         /                       `、
         /                     ヽ  ヽ
       /                       ヽ  \
     /                          i    \
      i/           /!  / |  i        l     ` ー―ァ
     レ1   i   /  / l   ! ! !l   l              /  (思いも寄らぬ大物だったな。
       | /  | │! | l   ! l | ヽ ト、             ∠ _   だが道理の分からぬ男でもないようだ。
       ! |   !  { \L._ヽ! { ヽ ヽ{_,.>‐、_      ヽ_/
       ヽ!  \_\.ー赱Tヾ ゝ.'" r乏‐   /!      l       意外に、自分の手元に置いた方が
         >!    ヽ     , i       / |        !      有用な駒になるやも知れんな?)
   -‐  ¨  }   ハ    〈. |       / /       |
        ,イ     ∧    ー       / ,!        Y
        |      {ヽ   ー_一    //|         !
        |       ヽ\       ,    j        /
        ぃ       i  \    . イ   /       /
           !      リ   |  ̄ 才´  !     /
         ヽ    }    |    |  │   l /´
          \  ,ノ    |    l    !  /イ



ギャブレットとエンジュだけが、これから自分がどう動くかを考えている。



    / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
   / // /       !   |    |       \丶   \  |
  ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
   |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
   ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
       l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |   (さて。
        l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |    皆とアンデルセン殿がどう出るか………)
         \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
          ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
              /                 /        V了\   り
             └-- 、     ,        l       ∨   〉
                 `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                  ヽ     , く     l   /   / ヽ
                   `一'´/ ∧   / /    /   \
                     , ィ  //!   ' /      /       \

259 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:12:01 ID:+17sqVwN
四113.
やがて沈黙が部屋を包み込んで数秒。
中央に座っていた、品格のある騎士が口を開き、



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !     「それではあなたに尋ねます。
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|      何故、騎士になろうと思ったのですか?
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!      何故、それはローゼン王国だったのですか?」
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



根源となる問いかけに、やらない夫は一瞬だけ本当の事を言うか、
適当にそれらしい事を言うかで悩んだ。



                     / ̄ ̄\
                   /   _ノ  \
                   |    ( ー)(ー)
                  . |     (__人__)
      「私は―――」     |     ` ⌒´ノ
                  .  |       nl^l^l
                  .  ヽ      |   ノ
                     ヽ    ヽ く
                     /     ヽ \



だが、嘘で取り繕うぐらいなら沈黙が良い。
口を開くなら、心から思う事を言わなければならない。
いつだってそうして生きてきたじゃないか、と心の内を吐露する事に決めた。
260 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:13:01 ID:+17sqVwN
四114.
┏──────────────────────────────────────────────┓

  私は、物心つく前からずっと父について各地を旅する冒険者でした。

┗──────────────────────────────────────────────┛      



  _     _ ..... ...,, 、.、、, ; '"^       ...:.:.:...:.:;;;;:;: ::.. . :::::::: ...: ... ..., 、、 ; :;;;'' "`~
   '"'ヽ'''~'゙ ::::::::::::::::::::::::      :::::.:.:.:..:.:.:..:.::.:.:.:...:..   _,,,,... 、、 -‐‐''''"
 ;;:::::::;;:;;::;:;:;;::;;::;:;:;:;:;:;:;:;::.:.:....    .::.:.:.:..::.:.:.,..,...,     '"^      :::....:,::'':':.:.:.':::::....:...:..
                    ...,...,,;,:,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
          . ; .;..:.:::::::::::::::::::::::::::::,:.:.      ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 "`''''''ー――---------- ,..................,,,,,,,,,,,,,.,__    __,.,,,,,,,,,,,,,,,,....................,---------‐―'''''''`"
   . : ..: .:. ::. :..:.. ::.:..: .:.: : .::.:. :.... ....: ;.: ̄. . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :.  : .  .  .:  .. .. .
  . . .  :. . . .. .  .: . : . :. . :. . :. : . . :. . ..: .  .  i..i ::.:: .: : : :: : : ::  : :: :  : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  :. . ;:
  :: .: : : :: : : ::  : :: : . ... : :: . :. :. .: :.:.  :. :..:  l .l ::. :: .:: ::: :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :..: :. . ;:. .;: .
  : :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :.. .:. :. :..: :. . ;: .| | ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:;  :
 ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:; ::;;:   ,!. !, .', '. ', .'' ,.'' .,' , ',' .', '.', .'',.''.,' ,','.','.',.'',.''., ',', '.','.',



               , ヽ- 、
.            /つ/●).  〉
               \ノ、_)   /    「父さん、向こうに町が見える。
              ヽ   ノ     このまま行くと夕方ぐらいには着きそうだよ」
               /    〉
                 /   (_ノ
             |    〈
             Lノ \__)


       ヾ
        ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
      ゞ 、                ν
      ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
      ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
      ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
      ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ    「お前の目は遠くまで見通す良い目だな。
      ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν
      |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ     だが息子よ、物事には必ず表と裏がある。
      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ     相手が何を考え、何を望んで行動しているかを
      ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ     常に見極めるよう心がけるのだ―――」
       | | Z ´ ν     Z  | | ν
       | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
       |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ
       | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
       | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
       |  |   /、    〃  彡  \
       |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
       |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ

261 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:14:01 ID:+17sqVwN
四115.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   それは父が亡くなった後も、一人で続けていたのですが、
   特に、宛や目的があるわけではありません。

┗──────────────────────────────────────────────┛


:::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .
::::: :: :  .                   ... .::::: :... .
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. :...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:           . .. . .. ..   . .. ..     . ...
 ...    ..::   . .. . .. ... .. ..    . ... ...    ..::   . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ... ...    ..::   . .. .     .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. ... .. ..   . ... ...
... ...    ..::     . .. . ..
 .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...      ...    .  .::   . .. . .. .    . .. ..   . ..    . ...    ..::      . .. . ..
゙`,:`:,`,:`'
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙  ...    ..::   . .. . .. ... ..    ..   . ... ...    ..::   . .. . ..
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!ゞヾゞYゞ                          ,,,,.ィ;;wリ゙W゛jリwj
":;;;wリ゙W゛jリwj从リj  从 MwM 从 ゙''、,,_.,.__,..,._,.,_.,...,_..,._,.__,..,._,.,_.,,,,-‐'゛wj从 W:;,':,:;.,:;.:从wW从リj
 从 wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj"W゙リw;yノw''"                 ゙''、,,゛jリwj从リj  :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
wMwM 从;: `:、 ゙''、,, ``'.、 ,:`:,,,,‐'゛' ~    ~    '' ゚   ;~ ,;    wwリ゙W゛jリwj,、,、,、从リj",:.:.、;:...:;;wリ゙W゛jリwj.:,:.:.
 `:、,, `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、 ,:                          `゙''、:::.. リwj,、,、,、从リj"::::::
 ''wリ゙.,.,.,.,..wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛         '    ,.;  , -―- 、,;   ''"'.     `:、 ゙''、,,'.、゛jリwj从リj `:、 ;;wリ゙W゛jリwj ,:`
 '' ;~'',;''',;' jリw j ;: ー''' "゙゙     ''"' ,,;           l:::::    l             ``'‐.、 :;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`
W゛jリ wj 从,,,,;~'',;''゚                  "   |::::::::::  | ~' '  ,;''           ~'ー:;.:;;wリ゙W゛jリwj".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.
,;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;  '゚ ;      ~' ',;   ''       ,  ヽ   .ノ       ~'   '      ``リ゙W゛jリwjr'
,;'',;''゚ ;~                             /   .ヽ     '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:::.. リwj'゚    ;
                    '゚         ,    ( |   | | ''                     `゙'':::..wj
             ''"  '"   ~'.            ゝl  |'    ,;''   ~   '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、
   ''   "  '   "        ~'            `.|_)

262 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:15:01 ID:+17sqVwN
四116.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   この年で一人の冒険者と言うのは、何かと不都合が多くて………
   自分の存在の軽さ、自分の言葉の軽さを嫌と言うほど思い知りました。 

┗──────────────────────────────────────────────┛


          `,ー---―'フ
           `!;;;;;:::::;;;;!
            il;;;;:::::;;'l!
            il;;;;:::::;;'l!
            il;;;;;::::;;;l!      「あぁ?      パイロ=ヒドラ
            i!;;;;;;;;;;;;l!       ………沼地の多頭の怪蛇を退治した?
        ,__;仁二二j__,
          ,j;j;i'; ''(゚\j・ノ     おめぇみたいなガキが出来るわけなかろう!
         ィi;l;llリ ,シ^, ^r,〉    おおかた、他の冒険者が相打ちになったところを
        ;リj;l;j;l;j   し、f !     手柄だけ貰おうとノコノコ現れたに決まってんだ!」
        ,;'iェjl,l,i'!  l!  ! l
       ;l;jli'j,l,li,'i  | ノし'
       j;ii;li;l;i;j';l; ,ノ'( (
      /::::::::⌒ヾ、  ヽ`、
     ,/::::::::::::::::::::::...、ー- 、_.つ
    ,:::::::::::::::::::::::::::::...i



                                      /                 ヽ
                                     /::                  ヽ
                                     i:::::::                    i
                                     i:::::::::::::::                 |
                                     |::::::::::::::::::∧       /i       .|
                                     l::::::::::::::::/  ヽ:::::::::::::::::/ .',  ./|.  i
                                     i:::::.|',::::/   \:::::::/   i::::/ ,':::::/
    「仕事?                            i:::::| ∨,`ニ=、、_ ヽ ´,,. -_=ニレ、 ,'::::::/
     あんたみたいな若造一人に                ',::..|, ヽゞソ>    <,ゞソノ .レ,::/
     何の仕事を回せってのよ。                  ',.lゝ  `´.  ".,,..,, .゛  `´  ./|/
                                       l∧',      '"゙゙'      /.i'
    ああ、北町のトメさんところに                   'ノ、     、 ,,       /
    小麦粉を届ける仕事ならあったかな」               .iヽ  -,-;;;;;;;;-,-  /l
                                        ,,ィ.i:::丶, '''---''" / l´ヘ .   _
                                  ,.....-,'__, ィ´:::::::::i:::::::.丶,,___,,ィ:::  / i:::::::::::`゙゙゙'χ''‐-,
                               ,,.-‐,';;;;;;;/  :::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::  i :::::::     i;;;;;;;|゙'' ‐- .,,
                            , ‐''  /;;;;;;;/`゙''.‐ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::        _,, -‐''|;;;;;;;|    `
                            '    ';;;;;;;;i   ::::::::::::::`'':::::::::::::::::::::  ′ ''"´:::::::::::   |;;;;;;;|

263 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:16:01 ID:+17sqVwN
四117.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   色々な事がありました。
   護りたい人を護れず、約束を違え、力不足を何度も痛感しました。

   自分に何が出来るのか―――
   自分は何処へ行けば良いのか―――

   そう迷いながら、カーディナルへ来ていました。

┗──────────────────────────────────────────────┛



                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/      「腕っ節ばっかり強くたって………
          |     ::::::::::::::::::::l       何にも護れないよ、親父………」
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j





                                      , -――-、
                                    /      \
      「未練ったらしくミツカミの国境そばに      . /::::::::::::::     ヽ
       滞在して半年、か。                /::::::::::::::::::     ヽ
                                  |::::::::::::::::::::::    /
       いい加減、前を向かなきゃな」          .|          /
                                   \        /
264 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:17:01 ID:+17sqVwN
四118.



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)       「そこで大切な友達が出来ました。
    |     (__人__)        私に出来る事がありました。
    |     ` ⌒´ノ
    |         }         その友達の見ている夢を、
    ヽ       /          自分も見てみたくなったのです」
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |


若くして強い力を得た者にありがちな、強さに眩んだ慢心や高慢、堕落の欠片もない。
挫折により折れた心が暗い感情に支配されている様子もない。


                                        ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
                                        フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
                                        ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
                                        "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
                                        /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
     「友を思って、ですか。                      ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
      騎士にふさわしい、素晴らしい答えでした」         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
                                         \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
                                          \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
                                           "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
    (名声の足りない英雄候補、ですか。                  l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
     これはとんでもない拾いものですね。                  'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
                                             l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
     しかも―――                              ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
     すでに挫折を知っている様子………)                l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
                                           l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
                                         i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,


それが分かったアレクサンドも、目の前の少年がローゼン史上でも類を見ない
大当たりである確信を得た。

265 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:18:01 ID:+17sqVwN
四119.
その隣に座っていたエンジュも、やらない夫の静かな告白に、
彼が心の内に傷を隠している事を感じ取って驚いている。



              _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
          . -=ミ            \
        /           ⌒\    \
       /   /        ヽ  \ \   ‘,_
    ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ     (ジュン。
      / /   i      | l     \  \     |  ハ     もう一度だけで良い、
       ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ     やらない夫と出会った幸運に感謝するのだ。
.       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /
.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {      悲しみを知り、苦しみを耐え、
      〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、     それでも気高く前を向くこの男に―――)
         ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
.            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
            八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
               \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                \    . イ   '`       ∨/
                    `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                  厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                 _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
                  /    \ : : : \       | : :} '

266 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:19:01 ID:+17sqVwN
四120.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   私は、風に向かって立つ獅子王を見たぞ―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



                                 ,ィァャイイ___ ,イ
                               /レ'ノノ ,'}'´ イノ j,イ
                           ____ ,ヘ _,ノ !// ノ//´  '∠
                     _ァ‐-ヽ、  ヽノ  ノ' { V´  /,イ
                      zヽヽ.  }  /  〈   ヽ ヽ//  /
                    __,ィ´ ̄ ヽ ノ _ァ'ハ   ヽ/  ̄`ヽ、/ /
                  __テ¨ヽ、 /‐'´}ヘ ヽ、 ノ ¨>― 、 i\イ
                  'ァァ=-  シ´ , -,ノ   `ヽ/ , -'‐‐、_  !::: \
                    彡ァ‐ ァ'´ / '´      〈イ/イ/:::::::::〉 |:::::::::
                  イァ'´ .イ 〈         , ヽィァ':::::::::::::{ヽj:::::::::
                ィ'´ /   ,ノ-‐ 、   /  ' ハァィvイ{ヽ{:::::::::
                {_,/  __,イ_   ヽ 〈     / /  ハ<´:::::::
                 /  /   ・ 風ァz__j       }  ヽ::`':ヽ、:
            _, ィ´, -‐ァ‐zノ-ク'´ ̄/ヘハ、/    ´ヽ、 {::::::::::、ヽ
          __,イ      イ   〈 '´ ̄ ノ ハ    /ヽ  Y `ヽ::::::ヽ
         /  ノ 、  _,ノ    ノ   '´ヽ/  ', }  '   ヽ |ヽ、ハ:::::::
.        /__    ,`¨´ハ     ヽ / _,ノ   レ'ヽ/ヽ   ヽ. ヽヘノ::
          Y´:::`:‐_ク .. ..   ヽャ 、ハノ' / ヽ、 /  }   ',    ヽ::::::::::::
        ヽ、/´ .. .. .. .. .. .. _}::::::::}‐'´    }'   ノ   }    イ::,ハ::::::
          }'}  :: :: .. .. .. .. _ハ_{_    __,/   ,イ    ハ  ,イ レ':;ノ:::::
         !ヽ、.. .. .. .. .. .z'ミ、ニニヽ// ̄`V    ||/ ル'::/:::::::::
         ヽ_,}ヽ、  ヽミミヾヽ\〉'___   j    ||' /|,':::::::,イ
           イ  ` ‐-、_ヽヽ`ヽ`7ヽヽ、  /    ,イリ ,'  !'::::/
           ノ       l ヽ¨ ‐--' _|`リヽ,イ    / |' イ /:/   /
          彡ノノ     ! 〉'Yヽイ ̄,'::::::::/   イ/ /  /'´  ,ィ´
          /イイイイノ/ ノ ノ } ::/:::::;ノ  //' /      イ
                i / ' /レ'i::/  イ    /  / / ,'
               ノ'/ // /イ  /  / , イ  /  /

267 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:20:01 ID:+17sqVwN
四121.



            _,,,、、、、、、、、..,,,_
         ,.-‐'"        ゙゙`ヽ、
        /                ',
       ,l ,..、、、、     ,..、、、、、 .,  l
       ! ,l   """''''""      'i, |
       ヽ |               f ,|
         'il              i l
        l _,,-===、,_)( _,.ィェ==、 l,,;!          「君には、家族は残っていないのかね?
        fi、}   ー゚='冫i :;;ぐー゚='  l}` )          どこかに定住した事は?」
        !/!,   ー´ l;;:::. `ヽ  ;l レ'
        ヽ`!      f;;;::::..    ;'/丿
         `'l    `ー一'"    ,' !'
             |   ,.-─‐─-ヽ  ,l
          ,;!           /;|ヽ、
         ,r'::\         / |::::::ヽ,
         /::::::| \ __,.__,/,  |::::::,f i
       /\:::::|   、     /.   |:::/;;;;|
     _,,...〈.;;;;;;;\|    ヽ   /    ;|:/;;;;;;|;;;;;;`'ー、____
_,,.、-‐'';;;;;;;;`;、;;;;;;;;;ヽ、      '    _,;::!;;,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;i`ー─----─‐' i;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
`'ー‐-、_;;;;;;;;;;;;;;;;〈;;;;;|: : : : : : : : : : : :/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;_、-‐一''"



                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
                                      (●)(● )   |
    「家族は父しか居ませんでした。               (__人__)     |
     母はとっくの昔に亡くなったのだと思います、        (`⌒ ´     |
     記憶にありません。                  .     {           |
                                       {        ノ
     住まいも、旅をしている覚えしかありません」         ヽ     ノ
                                        ノ     ヽ
                                         /      |



その他は他愛もない事を二、三聞かれただけで―――
268 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:21:01 ID:+17sqVwN
四122.
他の受験者の半分程度の時間で、やらない夫の面接は終わった。



                                   , ィィィイr''"´三三二ゞ‐-、
                                  ,イl/  l/   , イ     ̄``ヾ
                                  ,イ ノl|l    ,r' /      _ _ \
                                /.:.:.ヾl| !  /,r'゙_ _,,、、-‐<三三二 ト、
                               ,イ.:.:.:.:::f^ヽ,,,、r''"´ ̄ ̄`ヾrr-、    `¨`ヽ
                               ゙、.:.:.:::/           `ト、 \     `、
                                `ヾj!             V\ ゞー-- 、__ノ、
   「そうか。                          リ    ,  -‐''" ̄``ヽ \ ト三三≡ニニ 〉
   面接はこれで終わりだ、お疲れ様」         〈、、、,,j / _,,、-_ー-、    ゙トミミr=-、.:;に7
                                 i''trュj ノ<`ーェェ-z、,,_    !// ,ヘ !;;//
                                 |  ̄フ  `~`ー  '"´    '7 せ//彡
                                   ゝ/  `ヽ      ノ   /_ソイ彡7
   (もはや尋ねる意味もあるまい、             ゙L,,、ィ=''^ヽ     /;::.  /厂`ヾィイ
    この少年を取らずして、                 |! ‐─ ‐- 、 ゙.i  !;:;::.  ,!   !/:::::/ト、
    他の誰を取れと言うのだ)                  Y- ー‐    ,! ,!.:.  / _/.::./ /i
                                     |" ̄     / /:.:. / /::::::/   /;::;`\
                                     /!__j! _ __,.‐'"´ /::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;
                                   _,/ヽ二二二二、__/:::::::/    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
                               , ィ´:;:|  「 ̄ ̄ 「 T´ ̄ ̄     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
                             "´.:;;;;;:;;:;:;ト、 」!   i! ! 「三三!   _/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)       「ありがとうございました。
             |     ` ⌒´ノ       やらない夫=D=ビップ、
              |         }        これにて失礼いたします」
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

269 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:22:01 ID:+17sqVwN
四123.
こんなもので良いのかな、と部屋を出たところで待ち構えていたジュンが具合を聞いてきた。



 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ     「どうだった!?」
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧



                              / ̄ ̄\
                            /  ヽ、_  \
                           (●)(● )   |
                           (__人__)     |
   「まぁ、あんなもんだろ」          (          |
                       .    {          |
                           ⊂ ヽ∩     く
                            | '、_ \ /  )
                            |  |_\  “ ./
                            ヽ、 __\_/

270 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:23:01 ID:+17sqVwN
四124.
時間が短かったのはやらない夫だからだろうし問題はないよね、
と納得した彼は次いで、矢継ぎ早にこれからの事を言い出した。



 i: : : : : : : :',    \: : : : : : : : ヾ: :\'´\:\\,ヘ: \: : :r-、\: : : \
. ,':ハ: : : : : : :',     \\: :\: : :\: :\r''ィ==..、 ̄ヾ\:ヽ `i: \: l ̄
/:/ l: : : : : : : :',   __ \\: :ヽ>、:ゝ/ llっ::::芯}  ll iー`.|:\::\
:/ .|: ハ: : : : : ::',ィ''´  _ミヽ \:ヽ  メ  ゞミ=歹  .ll l } l: /:>- '     「やらない夫は騎士になったら
  .|::i .',: : : : : : ',   ィ彳=ミ ヽイ  ̄ ヾ    ̄    ノ |  ./i: l\i       どこに住むんだい?
   |:| ',: : : : : トゝ/ {il::::::と、  ',      \___/  |、_/:/:/>ゝ      騎士団の宿舎?
   |:|  ',: :ハ: : :ト、  ヘミ=夕   i             il: : /:/
   |i   ',;i ヾ: i ヘ    ̄   /  `    _        ∧从/          あ、お金はあるんだからうちの近所に
   i    ';  从\__ _ィ'´    _ ィ''´ /.       / i/    ,- ─ '    部屋を借りても良いんじゃないかな、
          `,_ \        `-          /  ト- - -/        ヒナも喜ぶと思うよ」
            ̄ ヽ.>、             /   ヽr=''´ ̄
               ',ハ>-  _       /     /
                 ヽ:ハ  ヽ`  ー        /     / ̄
                  r=-、 >、  _ _ ,,    ./    /  ̄
              __/    _ヽ_       ./   /   _
           /             \   /      / ..ー
          /                   \''´     ィ ' ´



彼の中ではすでに自分とやらない夫は第一騎士団に合格しており、
明日からの見習い生活に希望を馳せているのだろう。



                               / ̄ ̄\
                             /  ヽ、_  \
    「そうだなぁ。                (●)(● )   |
     集団部屋は慣れないし、         (__人__)     |
     しばらくは宿暮らしかな」         (          |
                        .    {          |
                            ⊂ ヽ∩     く
                             | '、_ \ /  )
                             |  |_\  “ ./
                             ヽ、 __\_/



サクラダ家の側だと高級住宅地だよなぁ、と渋る彼に、
いい加減慣れなよ、とジュンは苦笑してしまう。
271 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:24:01 ID:+17sqVwN
四125.



 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i     「やれやれ、
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ     冒険者気質が抜けないね。
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ         君も騎士になるんだ、
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´          少しはそう言うのに慣れなきゃ」
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧



                                    / ̄ ̄\
                                  /  \    \
                                 .(●)(● )  u. |
                                 (__人__)  u   |
        「ど、努力はする」              .(`⌒ ´     |
                                  {         |
                                  {      u. /
                     .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                              / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                               | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                              | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                     .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |


冒険者暮らしが本当に長かったんだよ、と言い訳じみた事を呟き
壁際の椅子に腰を下ろしたやらない夫は、
合格発表までの間にこの国と町の事をもう少し聞いておく事にした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……

272 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:25:01 ID:+17sqVwN
四126.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

十九時過ぎに終わっていた面接から、さらに待つ事一時間半。
団長達が話し合っているであろう部屋に試験官の騎士が呼ばれ、
やっと発表が始まる事を告げた。



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-    └' i          「受験者は鍛錬の間へ集合!
          |∩ \_     _|          二十一時より合格者の発表を行う!」
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i


273 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:26:01 ID:+17sqVwN
四127.



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\    「僕らの面接から実に四時間半。
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l    やっと合格発表のようですよ、やらない夫さん」
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |

                                 / ̄ ̄\
                              /  ヽ、_  \
                             (●)(● )   |
    「四十人の面接だもんなあ、        (__人__)     |
     待ちくたびれただろ」           .   (`⌒ ´     |
                         .     {           |
                              {        ノ
                               ヽ     ノ
                               ノ     ヽ
                                /      |

274 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:27:01 ID:+17sqVwN
四128.
ジュンややらない夫だけでなく、全ての受験者が待つ事に飽きてから
かなりの時間が過ぎていたが―――



                      「やっと発表らしいぜ」

                       ∧_∧
                       (´<_`  )
    ∧_∧              /    `ヽ
   ( ´_ゝ`)               i     n ヽ
   /      ヽ             i ⌒   (E)二)
   | |    | |             l | │   i
   | |     ゝ__⊃             l | |___ヽ
   | |   /⌒ヽ⌒ヽ           l | │      )
  と .u)ゝ'_λ ヾ  ヽ        と.(__) ̄ ̄ ̄
          (__) _)

 「随分かかったなぁ。
  どうせやらない夫って奴の
  取り合いだったんだろう」



幸いにして空きっ腹を抱える羽目にはならなかった、
去年よりも大幅に長引いている事を知ったマゴット司祭が
十九時頃におにぎりを差し入れてくれたのである。



┏──────────────────────────────────────────────┓


              r;ニニニニニニヽ
          ,--―| |:::::::::::::@:::::::||
          |:::::::::::| |::::::::::::Π::::::::||
         . |::::::::::| |::::::::!ニ ニ!::::||
           |;;;;;;;;;;|_|;;;;;;;;;;;;|_|;;;;;;;;||
          |  | |ィケリノ |ト}!l|
          | _| レァ予  伝yリ|    ,..、    /    「受験者の皆様、お疲れ様です。
           | fr| 《{_丿   Ljハ∥  _,ノ/`il  /      おにぎりを作ってきましたので
           | ゞ| |、''  r-ァ ,ツ イイ´  ハ il         よろしければどうぞ」
          |  | | ,フ 云'I「|{ {::::{   V リ  \
          || N {`ヽー弋イノ`衣√`ヾノ    \
           从 |、 ハ Y:::::ヘ\,イ乍}
             `ヽVリ'| !:::::::Y´ア´
                 ,| |::::::::「´
                 /ヒニリ::::/`、
              ん{,,,,'〉v,、,、ゝ
               ┝━┿┥


┗──────────────────────────────────────────────┛
277 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:28:01 ID:+17sqVwN
四129.
数分が過ぎた。
ようやくにして面接部屋から現れた団長達に視線が集まり、
ざわついていた鍛錬の間がしん、と静まりかえる。



                ,--‐‐、
              /   凵 ヽ
              l」''l___________゙i
             r " ∟-''TT''‐|           「それでは、今年合格した新しい騎士を、
             'll `ー、 _ ll ヘ、           各配属団長より発表していただきます!」
             ィイイイ ヽ,ヘ/ ヽ
          ___ `ゝ、  (0)只(0)/
       /´  /l  ( __ >-- 、,----、
      / ....-‐''´/      |     |     ヽ
      _/<  丿     i     l \    ヽ
     /    ,r'  __∧__  ヘ  ゙゙''ーュ..冫
   ‐ /     / /        \ヘ __ノ'' ヘ
   ,r'  _ ゙i__ /|    __     | ヽ    ヘ
  , r'=ニ二〈 |  /| | | |ヘ    | ヘ     ヘ
   |     |  | / | | | | \____|  ヘ __/ _  ヽ
   |    |  |.   | | | |     |     〉二ニ=ヽ



最初に壇上に上がったエンジュが咳払いをすれば
周りに集まっていた少年達の緊張は否応なしに高まり、
ジュンも息を呑んで、父親が自分の名を呼ぶのを今か今かと待っている。



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|    (父さん………!)
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \
278 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:29:01 ID:+17sqVwN
四130.
だが―――



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ     「第一騎士団長、エンジュ=サクラダより
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄        第一騎士団に配属になる五名を発表する。
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、      兄者=流石、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }      弟者=流石、
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {        カイ=シデン、
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!        ロラン=セアック、
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ        シロー=アマダ。
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨            以上五名を合格とし、
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /             明日より見習い騎士として所属させるものとする」
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



拳を握りしめ、何かを我慢している様子のエンジュが読み上げた五人の中に、
二人の名前は含まれていなかった。



「ひゃっほう!
 さすがだな、俺ら!」

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +   
      +    。  |  |
   *     +   / /   +    。     +    
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +  ./ 》〉   。     +   
      ,-     f    | | ∧_∧
      / ュヘ    | *  ヽ ヽ ´∀`)_    。    
     〈_} )   |      ヽ    _ヽ      
        /    ! +    。 .|  ({__〉 +   
       ./  ,ヘ  |       |   |        
 ガタン ||| j  / |  | |||    ||| .| ,ヘ \ || |||ガタン 
―――――――――――――――――――――

                 「しかも第一騎士団だなんて
                  最高だぜ!」

279 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:30:01 ID:+17sqVwN
四131.



        /:.:.:.:.:.:.:.:|ヾ:.:.:.:/:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       /:.:..:.:..:.:.:.:.:.:|:::::>/-''`.|:.:.:. /:.::.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     / -''´:.:.:.:.:.::.:.:.|/     |:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.::.:ヾ:.:.:.:.:.::.、:.:.:::\
      ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:.|       |:/:.:.:.:.:,、:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.::.:V:.:.:.:.:.:ヽ  ̄
.      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:ヽ __/ハ:.:.:.:.: /__V:|≧、:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.∧      「えっ………
     /:.:.:.:.:.:.::V:.:.├弋 ̄__/ .V:.:/_ _V=- 、V:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.∧
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:レ-=≦ ̄ ̄|| i:./i | ゞテ=、-、 ||ヾ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.∧      えええっ!?」
.   /,;,;:.::.-' /:.:.:.:.Vゞr'て・) }  ||=イ=|.| { ・ .) / || V:.:./ヾ:.:.:.:.:.:.::ゝ
     ̄   /:.://∧ `== ´ /   廴=三三=/ r─、:./ ̄ ̄ ´
.       // { ヾー==''´  {    ̄ ̄ ̄   r  }´
           ヽ .|       __       ///
             ∧      {=---ァ}     /__/
             ヽ、     ─= ‐    ノ
               ` 、       , イ
                  |> 、 _ , ィ´  .|
                r─|         ├‐ 、
                 / ..| .}        V   }
              /   V、      //   |\



思わぬ事態に、いくら何でも落ちては居ないだろう顔を見合わせる二人は、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)     「あれ?
. |  U  (__人__)      まさか別の団長に取られたか?」
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



各団長達がどのような優先度で合格者を選ぶのか知らないので、
最悪ギャブレットの団に配属された可能性も否めなくなってきた。

281 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:31:01 ID:+17sqVwN
四132.



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:./.:./:.:/.:.:.!:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: /.:./:.:/.:.:./!:.:l:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.l:.:.i      「第二騎士団長、ギャブレット・ギャブレーより
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: /:.:/.:./:.:.:/.:l!.:.l:.:.l:.:.:.l:.:.:.:. !.:.:.!:.:l.:.:!      第二騎士団に配属になる四名を発表する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:./.:./:.:/.:.:./:.:/!.:.l:.:.l:.:./:.:.:.:./.:.:/.:.:!:/
:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:><;,/.://./ !/:./:./:.:.:/.:/://       シンジ=ギャブレー、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ーャァ-`ーノノ ノ;.厶斗匕:/:/: 八       プレータ=クォイズ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::!    ` ̄   .: / ィfアニ /.:.:.:.:.:.:/         ギワザ=ロワウ
:::::::::::::::/:::::::::::::::::l          : i     /.:.:.:.:./          マフ=マクトミン。
::::::::::::/::::::::::::::::::::l          : |/    /.:.:.:.:.:.:l
:::::::::/:::/::::::::::::::::i:!        、..,!    /.:.:.:.:.:.:.:.l           以上四名を合格とし、
::::::/:::/:::::::::::::::::::lヘ      、 _     ,′.:.:.:.:.:.:.:l          明日より見習い騎士として所属させるものとする」
:::::::::/::::::::::::::::::::::l \         ̄   , ′.:.:.:.:.:.:.:.:.l
::::::/:::::::::::::::::::::::::l    ヽ       ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
:::/:::::::::::::::::::::::::::j\    \     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
::i::l::::::::::::::::::.:.:.:/  ` 、_   ー ' |ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧



しかし、推薦した真実=ブラッドレイが筆記試験を白紙回答した事で問責となり、
一名少ない合格者となったギャブレットの団にも、二人の名前は含まれていない。

282 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:32:01 ID:+17sqVwN
四133.



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、        「ギャブレットのところじゃなかったぁ~」
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´
: : : : : :゙・: : : ::‐'''~`



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    「最悪の事態にはならなかったが………
. |     (__人__)     これ以降は地方警備隊だよな。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l   カーディナルを離れる事になるか」
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



第二騎士団に配属になるぐらいなら辞退するつもりだった二人は、
何とか最悪の事態は免れた、と安堵の吐息を吐きだしてしまう。

283 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:33:01 ID:+17sqVwN
四135.
ほっとしたのもつかの間。
次に発表された第三騎士団の五名から、第六騎士団の五名までの二十名の中に、
結局ジュンとやらない夫の名前は含まれていなかった。



               /!
                 //
             /::l _,  - ア ¨’;
            _ /:::::!「::::::::::::/─‐…ァ :
      、___∠::::::〈:::::::|::::::::::::::::::::::::<´  :
       /::::::::::::::: 〉、::ヽ-..、::::::::::::::::::::\  :
      ∠ ァ¨´::::;:ィ::::;、ヽ::∧::\:::::::::::ト、::;;> :      「あれ………?
      /::::::::::/:::|::::{┴'┴l:!::::::}i::::::::::::::\ :       どこにも呼ばれなかった?」
.     /::::::::::∧::下仁、 イル二ハ::::::::l:::::::::ヽ :
     /::::;イ:::/;;:ハ:{廴__j「¨f廴__j}ハ::::::ト、::::::::', :
    .厶イ/::/::{ (Y ` ̄/|  ト ̄´ Yヘ::::l/:\::::! :
       ⌒ヽヘ トー‐  !  !   ー-1 /∧:: ハ:| :
         Vヾ{ U  { _ _〉     };イ/ ∨  ′:
         V:::ト、 } r―‐ァ  { /::/  :
             ヽ:} ヽ }   |  /|:/   :
             /! iハ、`_´ イ i|\  :
         _/ {〈 l   {    ト、∧
     / ̄ |   ヽ._  ゝ    _!イ〉 「 ̄\
_  - ´ ̄ヽ  ト、   \二二二 / /    ` - 、_



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l             「そんな馬鹿な。
          l  ´ イl   (___人___)  l              こいつは参ったな………」
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !
284 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:34:01 ID:+17sqVwN
四136.
確かに面接に残ったのは四十余名、合格者は二十九名。
全員が全員合格するわけではない、と計算上では分かっていたのだが―――



            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/     「なんでだよ………
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´      僕もやらない夫も頑張ったじゃないか」
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
    /.: : : : : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ



何も落ち度は無かったはず、と拳を震わせるジュンの背中をそっと撫でたやらない夫も納得できず、
壁際で眉間にしわを寄せているエンジュに理由を聞こうとそちらへ向かう。



         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |       「何か裏がありそうだ、
      (_人__)    /        エンジュ様に確認しよう」
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ
      ( ヽ /
       \__ノ



それを察したエンジュが首を振り、こちらに来るなと伝えたところで、
285 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:35:01 ID:+17sqVwN
四147.
親衛騎士団長アレクサンド=アンデルセンが壇上に上がったと思ったら、
とんでもない事をさらりと発表して室内がどよめきに包まれた。



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !        「ああ、それから。
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!         特例として、
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ         やらない夫=D=ビップ君と
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !          ジュン=サクラダ君の両名を
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i          親衛騎士として薔薇騎士団に入団させます」
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.


        (ヽ、00  ∩                     (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃                  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇           ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )               ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ                 `ー――'′ し∪  (ノ



           .ィ
          //. -''" ̄ ̄ ̄`゙''ー-、
        .へ}  ′          ヽ
       /  `              ヽ      「凄いな………
       ノ                   .i      募集試験から直接
     / // / .イ .l|  ト、   、  、    l     親衛騎士になった人なんて
    ノッ′/. /./ |/ .|  | ヽ、 ヽ  l    l     今まで居ないんじゃないか?」
     | ./| /lイフ=、| |_,.=キ、 ト、 :|:::....  ヽ
     |イ | /::::} l {゚j`ヽ | '´{゚jヽ| Y::yヘ::::::. 〉
 .     レ|/:::::::|  ̄   ヽ{   ̄  }:/^i |::::::::/
        `ヽ::::l,  〈         レ‐'ノ::::/
         `'ーヽ  ー ―    イT":::;∠-ッ'
         `'ミミヽ,   _,.. イ  |:::::::::;∠
      _. -―''''^'ーl「  ̄   l   .|ソ ̄`">
      \、 、 jilil||リ     /.l __,.イ∠-z'〈

287 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:36:02 ID:+17sqVwN
四148.
ずっと我慢していたのだろう、そこで遠慮のない笑顔を浮かべたエンジュに頷き返し、
ようやくやらない夫も何があったのかを察するが、



           \  _ __ _ _
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、   (おめでとう、ジュン。
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|    おめでとう、やらない夫)
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
       ト、:i { r=ヽ l/ 'r=ヽ .:!.:ト、:;!/
          ヾ::、    ,        !/::/
          仆    :j 、      イ:/
             `、  ___     /i,ハ
            ヽ ヽー┘   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)         (なるほど、な)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



ジュンは頭の処理が追いつかないようだ。



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l      「幻聴が聞こえたよ。
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ      やらない夫、僕はもう駄目みたいだ」
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |

288 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:37:02 ID:+17sqVwN
四149.



           ,.-===、、
         /イ   ヽヽ、
         :l匚ユ_____l
         jΘ-|l__-‐l.l‐i|           「合格者は各団長の下へ集合せよ!
         リ ..ム\ 」∟i
         ( ( ─,' ヽ'´ ム           今年受からなかった者も、
     ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、      諦めずにまた来年挑戦してくれたまえ!
    ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
    l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ     これにて、九十二年度騎士募集試験を終了とする!
    l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|     解散ッ!」
   '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
    | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
     ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
    ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
    にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
   ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )



九時間に及ぶ長い試験も終わった。
疲れ果てた身体を引きずって去る者、合格に歓喜して騎士団長の下へ走る者も居る中、
荷物をまとめて部屋から出て行こうとするジュンを引き留め、



               /!
                 //
             /::l _,  - ア
            _ /:::::!「::::::::::::/─‐…ァ
      、___∠::::::〈:::::::|::::::::::::::::::::::::<´
       /::::::::::::::: 〉、::ヽ-..、::::::::::::::::::::\
      ∠ ァ¨´::::;:ィ::::;、ヽ::∧::\:::::::::::ト、::;;>
      /::::::::::/:::|::::{┴'┴l:!::::::}i::::::::::::::\      「よーし解散だ、
.     /::::::::::∧::下仁、 イル二ハ::::::::l:::::::::ヽ      やらない夫帰ろうよ」
     /::::;イ:::/;;:ハ:{廴__j「¨f廴__j}ハ::::::ト、::::::::',
    .厶イ/::/::{ (Y ` ̄´ } ` ̄´ Yヘ::::l/:\::::!
       ⌒ヽヘ ト-‐ トLr┘ ー-1 /∧:: ハ:|
         Vヾ{ ',ト、 __ ィ1' };イ/ ∨  ′
         V:::ト、 }ヽ`二´ '{ /::/
             ヽ:} ヽ . - 、 /|:/
             /! iハ、___ イ i|\
         _/ {〈 l   {    ト、∧
     / ̄ |   ヽ._  ゝ    _!イ〉 「 ̄\
_  - ´ ̄ヽ  ト、   \二二二 / /    ` - 、_



予想外の事にはまだ弱いなぁ、と思いつつ説明を試みる。



                                        / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
   「待て待て。                          (●)(● )   |
    落ち着いて脳で処理するんだ、良いか?        (__人__)     |
                                     (`⌒ ´     |
    ジュンは特例で親衛騎士に合格したんだ。   .      {          |
    分かったか?」                         {         ノ
                                  mm   ヽ      ノ
                                 (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                     ̄ ̄ ̄|    |

289 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:38:01 ID:+17sqVwN
四150.



        /l
     Λ/ 〈 へ、
   ヘ|        ,>
 ∠  /   〉ヽ   ̄\      「やらない夫ならともかく、
 / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l      僕が親衛騎士に合格するわけないじゃない」
 |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
   l/  |‐|   |―ヽ_|
    |  ̄ c  ̄   6 l
.   ヽ (____  ,-′
     ヽ ___ /ヽ
     / \∨/ l ^ヽ
     | |      |  |



冗談はやめてよね、とジュンが嫌がった瞬間だった。



                                ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
                                フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
                                ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'              -、
                                "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,           -、 `、l
                                /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,   〈`'-ーー-'^ヽ `、l
                                ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ    ヽ-''´~ソ /
                                i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/       ,/ く
                                 \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"      _,.r' .,へ `ヽ
 「いいえ、そんな事はありませんよ」            \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''      =ニ-ー'´  `;、ノ
                                   "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
                                    l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
                                    'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l             ,ー-、
                                     l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l           `l、_l    ,,-ァ
                                   ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,              ,,.-''/
                                    l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l         r、__,,.-''゙,,.-'´
                                   l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,       ヽ_,rー'゙´
                                 i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
                        __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
                       :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
                       ::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::



丁寧な口調の中に潜む、とんでもない圧力を隠そうともしないアレクサンドが現れ、
敏感に感じ取ったジュンは背筋を伸ばしてそちらを振り返る。
291 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:39:01 ID:+17sqVwN
四151.



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、        「し、しかしアンデルセン様!
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、       薔薇騎士団は、他の騎士団で手柄を上げた者や
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、      技量の優れた者が集まる親衛騎士団のはずです!
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,           やらない夫はともかく、僕が入れるとは
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,          とても思えません!」
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´
: : : : : :゙・: : : ::‐'''~`



                                         _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
                                         ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
                                        彡;.゙           ヾ, ミ
    「サクラダ君。                           .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
     君達なら他の騎士団に一度入ったところで、        ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,
     すぐこちらに来る事になるでしょう。              彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
     わかりきっているのに                      i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
     二名の欠員を出す事もありません。             liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
                                       |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
     それに―――                            ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
     あなたたち二人は各騎士団で                    i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
     引っ張りだこだった程なのです」                  ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
                                           ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
                                      ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
                                    ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,



その言葉に嘘は無い。
ジュンは親衛、第一、第三、第六の団長が指名し、
やらない夫に至っては全員が指名をしたのである。
295 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:40:02 ID:+17sqVwN
四152.



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}    
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|     「こ、光栄でありますっ!」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



父も自分を選んでくれていた。
それが分かって嬉しいジュンは大きく返事をし、
隣のやらない夫も期待されているんだなと言葉を返した。



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)     「ご期待に添えるよう、精進します」
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

296 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:41:01 ID:+17sqVwN
四153.



                                    ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
                                    フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
                                    ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
                                    "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
    「取りあえずは                       /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
     この記章を渡しておきましょう。             ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
                                    i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
     これを付けていれば、                    \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
     城の大体のところへは自由に                \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
     出入り出来るようになります」                 "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
                                        l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
                                        'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
                                         l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
                                       ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
                                        l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
                                       l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
                                     i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
                            __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,



そう言ったアレクサンドは自分の胸についていた、薔薇を象った記章をやらない夫に渡し、
もう一つを懐から取り出してジュンに握らせる。



                /`~'`ヽ__
              r=ーー-‐ーi `ヽ`ヽ、
         rv__r=V:.. __:: /ヽヽ、  ヽ }
        ノ  _.:ソ´.::___:....\ i l l/`ヽ. |`ヽ
       イ Y´ .::/i ./=/=ハr)))i l......f⌒レく
       ヽ く  .:ト } Yく<レ  メ/ レ::./__r= ノ
        ト ::i`ーヽヽ_ソノ∠_ _// イ::. f´
   o 。   ノー〉、\ヽ\`ー-‐7  ノ.::oノ
        く __」  \ 二ーニ-く<ー゚.::::-ナ>
        { \ :..ー―‐く´   r ー'´ ノ
 ゚ o。    Y :.ヽ__   :::..ー‐イ.::: ‐-f
         `ー-ゝ `    _∠-‐ー'´
         o   `ー-‐ '´

297 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:42:01 ID:+17sqVwN
四154.



                   r"゙゙゙' 、
             f'''''ヽ.   l    l    __
             .l   l  .|    |   .f´ `、
             l    |  | ==  |   .|   l
             ト ''  '''|  .|    |   |___  l
             |    .|  |    |   |   `l  r'''‐、
             |    l | - ‐‐ l  |   .l  |   l
             |__ ==. |. | ` ´ .|  l ‐‐- l  |   .|
             |    .|. |.    .| l ` ‐ | ノ‐‐- l
             |     |. |    | l    | /    |
  f''"゙゙゙゙' ヽ 、     |     l__|__  __| |    .|.l- ‐‐ /
  \      ヽ    .|  "´´ 、    ``''  -|,l  `' .|
   ヽ     ゙、   |.      ヽ.        ` 、   l
    .ヽ     ゙,  l___     ヽ         ``゙ l
     ゙i     .゙, /彡 ``''‐ 、  ヽ、         |
      .l     ソ`      `'' 、 __ ,. 、__      .|
      |    ,r"`` ‐-     _r-ノ,rォイリ ハ'' ‐-.  |
      |   /          トヽこ辷ノノ り}     l
      l             く辷二__,∠ィヽ    |
      ヽ;                         |
       ヽ;                         |
        ヽ;                      l
         ヽ;                    /
          ゙、                   /
           ゙、                 /
            ノ`                /



紅水晶で出来た、四センチ程の記章。
ジュンにとって騎士は夢であり、親衛騎士は憧れであった。
その憧れが形となり、見た目では無い重さを伴って手の中で輝いている。



      ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
    /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
   ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
      /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
    ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
    |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
   イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
   /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
    !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |     「あ、ありがとう………ございます………。
   .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|      夢みたい、です………」
   .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
    レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
          i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ
           、             r彡;〃´
           ヽ   ヾニフ       ノレ'´
            \          ´ ,L. -‐ 、_
              ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
               ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
             _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \
           rく ヽ   j ,-=ニ¨       イ=‐- 、    >"



夢見心地の彼にうんうんと頷いた団長は、時間も時間であるので
早めに済ませましょうと申し送りを続けた。
299 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:43:01 ID:+17sqVwN
四155.



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!      「今日はもう遅いですから、
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ       家に帰って荷造りし、明日十時に城に来なさい」
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:     「荷造り?」
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´
: : : : : :゙・: : : ::‐'''~`
302 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:46:01 ID:+17sqVwN
四156.



          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,   「そうです。
        彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ    私達親衛騎士は
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ    城での生活が必須です」
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ
           i// , .          ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
           _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
      /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \



一日では無理でしょうが数日の内には引っ越しを終えてくださいね、と言う明日からの上司に、
やらない夫は内心覚悟を決める。



                                          / ̄ ̄\
                                        /  \    \
                                       .(●)(● )  u. |
                                       (__人__)  u   |
                                       .(`⌒ ´     |
       (城で生活、か。                       {         |
        こりゃいよいよ慣れなきゃだ)               {      u. /
                           .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                                    / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                     | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                    | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                           .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |


300 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:44:01 ID:+17sqVwN
四157.



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,    「明日、他の団員に君達を紹介しましょう。
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ    本日はこれで終わりです、
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/     ご苦労様でした」
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|    「はっ!
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}      失礼します!」
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ



            / ̄ ̄\
          /   _\ ノ\
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ           「失礼します!」
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|

301 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:45:01 ID:+17sqVwN
四158.
それでアレクサンドと別れた二人は鍛錬の間を出たのだが、
廊下に出るなりジュンがぺたりと座り込んでしまった。



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、    「夢じゃないよね?
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:    騎士になれた上に、
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,         親衛騎士に選ばれるなんて………」
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´
: : : : : :゙・: : : ::‐'''~`



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l     「言ったろう?
.    l              冫.ー く      お前は今日から生まれ変わるって。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'     とにかく戻ろうぜ、
   l                  ノ'      早く帰って家族の皆さんにも報告しよう」
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

303 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/05 21:47:01 ID:+17sqVwN
四159.
最高の結果じゃないか、と言ってくれる親友に頷き、立ち上がったジュンは歩き出したのだが―――



                 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |: : : : ヽ: : ヽ
                 : : : : : : : : : : : : : : : :./\: : : : : ト、: : : : ト、: : /: :∨ :.l
                 : : : : : :∧: : /──{/、.  \ : : |.-\: : |ー∨、: : : : : |
                 : : : : :./ 1/     .i   l\:|   \|   |: : |\;!
                 : : ,、: :{           |-‐‐-|         .|:ヽi
    「そ、そうだね」    : :{ ヽ'           !   |         ハ:_}
                 ハヽ ヽ_____,ノ   ヽ_______ノ }
                 ハ: :`-',  ! | |  ! !      ' ! |' | | 川/ ノ
                   〉: :.:∧   〃'ー──-----、    ,イ"´
                    ̄  \  ヽ______丿  /
                         >、         ,イ´
                  ,────、__` ,‐──┬'"´ __
                 /        |   !     | ̄l ̄    `ヽ
                 .         |  ー──'  リ      }



相変わらず夢見心地のままで、



                                      / ̄ ̄\
                                   /  ヽ、_  \
                                  (●)(● )   |
  「おいジュン、段差、段差!                (__人__)     |
                                   (`⌒ ´  u  |
   そっちじゃないって!               .      {          |
                                   {         ノ
   側溝に落ちないように……って危ない!」     mm   ヽ      ノ
                               (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                   ̄ ̄ ̄|    |



階段で転びそうになるわ、壁にぶつかりそうになるわ、側溝に落ちそうになるわで、
結局冷静なやらない夫が腕を引っ張って帰る事となった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……

304 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日: 10/09/05 21:48:16 ID:+17sqVwN
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!


途中抜けコマと、連番が十番すっ飛んでるのはこちらのミスです、
申し訳ございません  orz


Editからの慣れない投下はするもんじゃないですね(・ω・`)


第四章 王城へ その4へ


スポンサーサイト



  1. 2010/09/05(日) 21:53:51|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです おまけ2 | ホーム | やらない夫と呪われし姫君 第32話>>

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/918-b43169d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR




以上の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-918.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13