以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-54626.htmlより取得しました。


読者投稿:【百物語】 14 遺骨の数 ~ 宗教 ~ 杳として知れず

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

6000 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 20:57:15 ID:B9xqBYcs


百物語企画投稿

case2
遺骨の数

私の管理する墓地で、ある日一人の女性に声を掛けられました。
お父上が亡くなったので、お墓への納骨をしたいと言います。

        ____
.       /. . . . . . . . . \
      /. . . . . ---ミ. . . ..\      ____
     √ / ::::::: --\. . . ...   . .'" . . . . . . . . . . `丶、
    √/:::::::::::/    )_  . }./ . . . . . . . . ./ . . . . . . . \
    {. .{::::::::::::{   //////∨''"゚~ ̄ ̄~゚"'/. . . . . . . .../⌒ヽ
.   八八:::::::::人  {///////}. . . . . . . . \. . . . . . . . ./ . . . . .
.     \\:::::::::\∨/// (⌒). . . . . . . . . |. . . . . . . / . /|. . . :.
       \. . ..._:>''⌒¨⌒. .\. . . . . . .| . . . . . ./ . / .|. . . ハ
        `¨¨ア¨´. . . /. . . . . . \. . . . | . . . . . . . /\|:|:.:/. |
         /. . . . . ./. . . . . . ./. .  ̄ /|.. . . . .../f⌒刈/. . |
        /. . . . . ..../. . . . . . ./. . . . ....{(|. . . . ..    L}/. . . |
       /. . . . . ..//. . . . . . ./ . . . . . 人| . . . . | ' '    乂. 八        なるほど、お墓によって納骨の料金なども変わります。
      ⌒¨¨¨¨¨´ /. . . . . . ./. . . .../. ....| . . . . |/\__  //
            /. . . . . . ./. . . . /..........八. . . . |\_ ノ イ´          亡くなったお父上の法名等の彫り入れもありますし、
           /. . . . . . ./. . . . /......./\\. ...ト  _//           今からお墓を見せて頂きますね。
          /. . . . . . ./. . . . /.../|ニニく)⌒\∨ | . /
          /. . . . . . ./. . . . . /_>---<ニ∧__| /
.           /. . . . . . ./. . . . . //  /     ∨〉  \
         /. . . . . . ./. . . . . //  /        }(__/
.         /. . . . . . ./. . . . . //| /       / 〈\|\_  -==- _
       /. . . . . . ./. . . . ...√ ̄/       / . . ∨|ニ/-=ニニニ=- _
     /. . . . . . ./. . . . . ...{/ /___    / /. . .| -=ニニニニニ=-_
    ⌒7 . . . . . . /. . . . . . . | /    \  / '. .   . | {-=ニニニニニ=-_
     /. . . . .//. . . . . . /. |./__     \. . . .   √ -=ニニニニニ=-_
     . . . /  . . . . . .../|..../    \    / . . . .  √ ∧-=ニニニニ=-
     |. . ./   .|. . . . ../ .|./       \_/. . . . . . ./ /ニニ -=ニニ=-~
     |. ./    |. . . ../ ./        /  \. . ../ /ニニニニニニ}
     |./     .|. . ../. 〈       〈.     \  /ニニニニニニニ.}




そう言って、お墓に案内して貰いました。

その方が言うには、お墓には祖父と祖母の遺骨が納められているとの事。
お墓に刻まれているのも、確かにその御二方だけでした。





6005 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 20:57:51 ID:B9xqBYcs



そして、納骨室の入口の蓋となっている石を倒し、納骨室の中を確認すると・・・

                                  ,
                                 }|
                                 / |
                               / }
                         /.}    ,/  /
                     /\{ レ=≦    ハ 、
                      |       ,、       \__,,
                  . ――≧―< _ ー-ィ  ̄ ̄ ̄´<
               /            \ \         >
             ≠ 三 ̄`≧ ―-       \ }、  、< |
           /   /    i\    \  ,/ /,、7i      '\
          /        /i  '  \   ∨ / ,/_ハ      | \
          /     |  / |     ヽ   ハ,/ 彡三'}     |
.         /     、 | ,/  .|      ヽ  ∨彡三j/}     ハ
.      ー イ |  .//メ、  {ハ /i__}   }   ∨彡 //     ,ハ
.          | ,|  /tヤ゙笊ミ、 ヾ斗去==ミ、}    \//       I
.          l/t| .∧ ト、t_'ノ     イ ( : ) ケ'  ;ト、_ \       |\}
          |/{ィハ|            ¨¨ /   '}冫'j≧'       |
     な    |' |  }     /      / /  }/_;∨     ,ハ /              え・・・何で・・・四つ?
            |  ム         'J }    |'〈 ` ∨   ,′'
     ん     |  ./ \  '   =-    ィ   | ム  '∨   {               いや、確かに前に祖母を納骨した時は
            | /    ,> 、    <"|  /}/ / \ ∨ ,{               骨壷は二つだったのに・・・
      .      |,/   /  ` <"\. | ,/ ,} /   ×\ {
      :          {   //   | } |/   ,/  / ,_\ '
               |   ゙{|  :|    /  /  / __ > 、
     だ            |   :{|  :|   /   ,′/         ` 、
                V   {|   I,/    , /             ュ
     と              \_||  「≧    . i
                   |'N、 }><|    | |                .
    !?            |丶、>x″   :| | \
                  {    ァ { `Y> - ! |_   ゛、           .
                   ∨  v.乂ノ }><≧三二 》
                    \  ス__ /        ̄′、         、
                     <   、          ∨        .
                      / ≧ュ、_ 、       ≦'∨        、
                      /   \≧= __ ー―< __,,;′ス
                    /       x   、  ̄  ̄       、       .
                   /       /  、   \             .       丶
                /     . '     \                 、        }



納骨室の中には、骨壷が全部で四つ。
在る筈の無い骨壷が二つ増えていたのです・・・


6006 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 20:59:28 ID:B9xqBYcs



増えた遺骨に関しては、お墓を持たない親戚が勝手に入れたと言うのが真相です。
こう言うケースは結構あるので、気を付けましょう。

墓地の規約次第ですが、基本的にはその墓地の管理者なりに納骨届を提出するものです。
納骨自体はお墓を開ければ誰でも出来るものです、ですがちゃんと届けは出しましょう。

※古かったりして容易に開けられない場合は難しいです、またそもそも納骨室が無かったりする場合もあります。



                          __/ //_, }_/        \
                        _{ / | 厂 ノノ:::::::`丶、斗-―-ミ
                      / / `ー〈_ノ,/ 〉丶、::::::::::Y    } ヽ |
                _   ''Т¨{>( / ̄ ̄ /\  \斗ミ  /  } ',|
.             _,.. ''´     |:::∧       _,,. <   ∨   ',__ノ ̄  / ノ
.      _,,.. ''´         ∨:∧_/| ̄   `、  ∨ /ハ   ̄  /
    /               ∨:.::\ノ \―‐-ミ\  ∨/|\‐=彡
.   〈             ___,,>ー个   \\\ \|/ ,|  \__
.   ∧  ______彡ィ¨ ̄ ̄l   l 八|\ | _彡\\\――/ |   `<⌒
     ∧      人    i| | | _,,,彡 \ ¨¨´  Т¨¨^ |Y:  | \   \_
     ∧       \ 八∧ |    〈           |:     | }   トミ \ ̄ ̄
.       ∧       _,,.⊥.__ Ν    ___/⌒ヽ    |:    /イ:   |   ̄`       親戚間でのトラブルは結構あるのよね。
       \   /:::; ''¨ /||込   ∨     }   |  /      |
        } /:::/  /\||:  \ \_, /   ,/  /:     |           「お墓参りに来たら、お墓が撤去されていた!」
.         `ヽ/  /   '|i   |\   _,. イ/   イ:       |          と言って来た人もいます。
           | /     八  | __,二[_  __/ /'⌒ア      |
           ∨\       |::|\:|\{  ( ̄ /イ,斗‐<______  ,
             ̄ \  /ノ   |r‐ヽ二斗‐=T ̄r'´ ̄   //、∨ /
               `、|:::/ ̄\_\/>――ァ ̄    -‐::/  Y ∨ /
                `,V  ーY⌒)Y―   /    /:::/ ̄    } ∨ /
                /   人彡'     }――‐':::/      ,   ∨ /
               └ァ=ニ7 |  \__/ ̄| Т¨:|       /    V /
.               /::::/  / /:|   |:::::::::::::::::::| | ,」ニ=--=ミ,/    ∨ /
            /::::::: |_// /:: |   |::::::::::::::::::∧〈´        \     V /
             |::::::::::::::::/ /:::::::\/:::::::::::::::::::::∧ヽ,=-―-ミ  /    ∨ /
             |:::::::::::::: | :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y´ ̄``~、Y´       ∨





他にもお墓の中から勝手に遺骨を持ち出されていた、などのトラブルもあります。

お盆ですのでお墓参りに行かれるのも良いのではないでしょうか?


6009 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:00:33 ID:B9xqBYcs


case3
宗教

私の母親は色々な宗教にハマっていました。
幼かった私も怪しげな集会に連れて行かれたものです。




.         /     \
.       /       ‐=‐ 、__,    -‐━‐-
         .:::::「⌒7:     ∨ '′
        | /{:::::|  {::::.... ..:/               \
        ∨::::::::::\_,>‐<::::/ \/     ∧          ∧
.        \:::::::::::::(_____)/           ∧   \    \{
.         \::/  ..::「     |  i    | \  \ヘ  \
        ⌒ア ...::::::〈   \|  |    |\,,_\「 ̄ \____>
        <____/:::::/|〉\  |     ∧!      斗::七ヘ|
.            厶イ  j∧  i|    | ,斗:::七    弋J { }、
                  |:::/\/|    | 弋_J     、  }⌒i           金もサクサク使っていましたし、
                  |/ ..::人|    |            /  /           この頃の経験から、
                / ..::::::::∧   「\     )⌒ ,.:::{  |           私は宗教と言うものに忌避感があります。
                  / ..:::::::::::::∧   |..,,,__   ---‐=升=‐ |_
             / .「⌒\⌒Z\ |ニニiニニ7⌒Z ト, 〉   V]>、        まあ、良き反面教師になってくれたと思いましょう。
               / .:::|/ ⌒\ ⌒Z|-=ニニン⌒Z | `{∧__,/ ∧
.             / .::: ,′    \>⌒Z__]  /\__,〉 \____/ ∧
            / .::::: ′       `、〈 ̄`(__)____]  /   |      ∧
             / ::::::; {\     `,_,L__/∧\>、|   ∧       |
         /  :::::::|  : : `、    / !::::|_|::'∧::::::∧,__{ |       |
          ,'  ::::::::|  : : : :〉__,,. '′∧:::::::::: '∧:::::::}  \     ノ
.         /   :::::::[ニニ二彡ヘ__,,....::::/⌒i:::::::::〉〉:::/    >--<
       /    ::::::::::|::::::::::::::::〈:::::::/ ‐=ニ>:::://:::/   /:::::::::::::::\
        ,′   :::::::::::〉::::::::::::::::: ̄{     /⌒7=‐----‐=ニ⌒'マヘ''ー=ミ_
.       ′    :::::::::{::::::::::::::::::::::::::\                }:::}     〉
        {      ::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::\_______,,...   ,,____/::/\ `ン






ある日、小学生だった私は、大阪某所のビルのペントハウスで行われていた宗教の集会に連れてこられました。

そこで年代が近い方が良いと思われて寄越されたのか、
中学生か高校生らしい少年が、私の所へ来て話し掛けて来ました。


6010 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:01:32 ID:B9xqBYcs




.         /:::::::::/ヽ/`′`' ∨∨、:::,:::::::::::、|
.          /:::::::::/            `' `'l/ヽ!`
        /::::::::::'j  -‐==‐、       i
         /::, ´}::::,′,,-‐-、 ゙`   ,,___  l
.       /::/ f'i:::,′'{  。ヽ     __ `ヽj
.        /::::{ {.|::'   ゝ   ,,   i´。 } ./
      /:::::::', ゝ!′    /   ,i` - './
     ,'::::::::::::>l       /    i.   ,′
   ,.、_.{::::, ´  l     ゝ-、__,,┘  /
  ,.': : : :ヽ.     l   r´エエェェェュ   /
':´: :ヽ: : : : : \.  ',    ̄ ‐‐--' ., ′        父親と言うものはね、サタンなんだ
: : : : : : `: :、 : : \. ',.   ===   , ′
: : : : : : : : : : :≧: : ヽヘ       /
: : : : : : : : : : : : : : : ≧:`、ー---´
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧.、
: : : : : : : : : : : : : : : /:´: : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : ,: :´ : : : : : : : : : : ∨
: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : :∨



     /´ ̄ ̄\
   ./ : : : : : : : : : ヽ
   |.: .:.イ⌒Y ─ 、i
   {: : {人  {´   }) >: :´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.   \|.: .:.\ゝ   ノ´.: : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
      \: : :.`>'7.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :.}.: :. :.\
      ` ̄ノ: :/.: : : : : : : : : : :.|.: : : : :. :./.: :. :. :. :.\
       /: :./: : :i.:. :.:.\: : : : |.: : : :. :./: :./.:.:.i{: : :.}
    ー=彡ィ.: :.{.:. :.:.|.: :. .:.|.:.\: 人.: : : :.{,.ィi´\: :八: : |
       イ : : |.:. :.:.|.: :. .:.イ,x=≧、\: :ィテ示ミ、{.:..:.ヽ.|
     /: : : :|.:. :.:.|.: :. :.〃んィ:ハ    ヽ{ノ:::ハ  i.: :. .:.|
   _/.:..:./}人.: .:.|.: :: ::.{ 弋辷ツ     ー ′ ヽ : : |  なんや、この邪教。
  ` ̄ ̄´    }: :.ハ.:. .:.∧////rv─‐ーvヘ /// } : : |
           |: :ゝ!: : : :.∧  |       ;′   ハ: :|  ほな、お前も父親になったらサタンになるんかい。
          /: : : :.\ト、: ∧  ゝ__ ノ   イ: : : :/
.           / : : : : : : : : \ ≧=ー┬r=≦ : : } 乂/
         /.: : : :: :. :. :./⌒i r≧⌒≦{∧ Y.:. .:.i/
.         /.: : : :. :. :. :./   .| { 人__人ノ ハ ∨: :|




いきなりこんな事を言われ、幼心に私は上記の様に思いました。

ろくでもねえな。


6013 : 尋常な名無しさん@東京五輪 : 2021/08/13(金) 21:03:06 ID:QnF/PAWg

父親=サタンってことはその種から生まれた子供もハーフサタンなのでは…?


6011 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:02:22 ID:B9xqBYcs



また別のある日、神戸市長田区某所。

私は怪しげな霊媒師か何かの所へ連れて来られました。
そして祭壇の前に正座させられ、
その霊媒師に、短剣の形をした金属製の鈍器で、背中をバシバシと殴られました。
「この子の中には悪しきモノが取り憑いておる」とか何とか言ってたと思います。



                 八: : γ⌒ヽ   /: : : : : : / \ ;;;;;  >ー--- 、
                    ゝ、{::::::::::::}_,./: :;;;;;: : : : /  r- `    {:::r‐‐‐一 へ
                _、+''"~: :\rぅイ: : : : : : : : : /   ≧=‐---┤:! ,,,;;,;,;,   `''<
  r  ヘ         /: : :;;;;;:/: : :Y: :\: : : :_,。o个         ``~、、  .:: ,ィi{  ~"''*、
  |   ∨         / : : : : : / :/./ :.| : ! : :≧=‐ :''*、              ヽ_ィi「       〉
 ∧   ∨ .r ァ   / : : : : : : \:/: : :|: :|: : : : : : \: : \         _∠二 ,;,;,;     /
  .∧   `ー ./   ′.: : : : : : : :\: :j!: :|: : : : : : : : : : : : \ へ _r≦´   \ヽ    ,.ィ升
   ∧     |   ;′: : : \: : : : : \⌒!: : : : : : : : : : : : : : \く _   ヽ   ヽ}_ ,.ィ升
   ∧__∠    |: : : ;;;#: ,:ヘ;: : : : : ‘:, }:\: : : : : : : : : : : : : : : \: : : : ー----≦. ._
    f:::::_:_:_:_:_:|   |: :;;;;;: : イ/ \: : :;;;;ム: 、: :\: : :.\: : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : ~"''~、、  いててて、痛えぞオイ!
    |/    .|   .Y: :: : :人 ・/ 下: : :.ムイ\: }: : : : :\: : : : : : : : : : ',: : : : : : : : : : : : : \: : :
    { ::;:;:;  .|   }: : : : :.} )    |ハ:. : : !:::/^Y: : : : : :.‘,: : : :\: : : 八: : : : : : : : : : : : : : : : : :   (普通に痛かったです)
    ‘, ::::::::  }   }从从/ ゝ、{:ミh、}:_:_;レ__rぅ_}: : ;;;;;: : : ',: : : : : \: : :.\: : : : : : : ~"''~、、: :
     };:;:;.,;  |          ,>''"      }: : :##: : : :}: : : : : : : :\: :.:\: : : : : : : : : : : \
    .‘,    ‘,    _   ナ========ミx  |: : : : : : : :.}: : : : : : : : : :\: : \: : : : : : : : : : :
     }  ー- 、} _ / T込/  .:.:.:.    マム |: : :.|: : : : :.}: : : : : : : : : : :.‘:,: : :.:`''<: : : : : : :
     |  /⌒  {:「   |           入::|: : :|: : : : : |: : : :‘:,: : : : : : :.‘,: : : : : : ミh、: : : :
     ',  .:.:.:.:.   マt,  ∨         /:::::::|: : :!: : : : :.‘,: : : : :\: : : : : :.‘,: : : : : : : : \: :
      ∧      ヾt、   \_ァ――一 ヘ   .|: : |: : : : : :.‘,: : : : : :.\: : : : : \: : : : : : : : : :
      ∧   _ -一---一'´       \ |: : |: : : : : : :‘,: : : : : : : \: : : : : \: : : : : : : :

.


6012 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:03:02 ID:B9xqBYcs



そんなこんなで疲れていた私。

ある時、駅のホームに座っていると、そんな私を見かねたのか、声を掛けて来たおばさんがいました。

「大丈夫?コレを渡しておくわ、きっと良い事はあるからね」

そんな事を言って私に冊子を渡して去って行きました。



                /    /                       `、     /   ∧           /
               /     ′                         `、  /    i    ____/
              /                  |     `、      ',/    ノ  {____/
             /     |         |       `、       |       }   \
             ,′    | |         | |         `、     |  /   ∧\   \_
                  /|   ,      | |           `、   | /        ',    ̄ ̄ ̄
.              i   |   i::|  `、    |∧         `、   :|     /
.              |   |  _|八  |`、    i|/::::',   |      `、  |_   /    `、
.              |   l    |::::::\ |:::`、    | ̄:::`、ー|-      `、 i|  Y         `、
.              |  :.   |::::::::::\:: `、  |:::::::::: `、|: \       `、iト  |          `、
.              |  ∧  |:::x≠=ミ::::::::`、 |::::::::::::::::\:::::l\    `、ノノ            `、
.              |   | ∧ i|〉::ゞ|:::::ハ :::::::: \|:'^竿≠==zz|  `丶、   `く       `、     `、
            八  |/ ∧|∧ :乂:::」:::::::::::::::::::::: |:::::::j:|:::)イ     ≧=ー\       \ __ \_
             \| /  |/∧         :::::::乂:::ノ:::::::|      |∧        / ,. -―┴::┐
             /,     圦    ::、               //「`、 \  _/ /;:斗‐<::::::::|
.              ,  ∧     i|\                 ,′    /_j.ノ /\  ̄__/ ´      \/
     , -―‐-ミ/    ∧    | 会。,   ‐-       , /     /  /: / ア¨::/         `、    何だこれ?
      |      \   ∧ -―‐=ミ |>      ィ /     /彡'′:/ /::::/
     |         ヽ,ィi〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\、: : ≧=≦: : /     /: : : : : :}/::::::/ /              |    ものみの塔・・・宗教やんけ
.       |__       /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\, ィi〔 ̄ ̄ ̄〕iト /:\: :_//::::::/ /
    /.:::::::::::::::\/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`:<⌒  :|::::_」 厶=-―‐-=ミ      ,′
.   /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\  /           \     /



エホバの証人の人だった様です。


他にも私の母親は霊感商法で高価な物を買ったりしていました。
宗教にハマると人は正常な判断が出来なくなるんですね、怖いですね。

もちろん、ちゃんと貴方の心を救ってくれる宗教もあるでしょう。
ですが下らない新興宗教なども多くあります、気を付けて下さいね。


私は宗教に救って貰った事はありません。


6016 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:04:13 ID:B9xqBYcs



case4
杳として知れず

十数年前、にほんの東の方のちほー某所。

此処に一人のDQNなスロプーがおりました。




     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!        '     !
        ヽ    'ー―--   /                世の中、大抵の事は大丈夫なんだよ
      ___,r| \       /
    /:/::::| \  ヽ  _  ィ´                   ガンガンいこうぜ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、





喧嘩っ早いですが、中々腕っぷしも強く、女の子にはそこそこモテました。

そんなある日、彼はとある女性と付き合い始めました。


6018 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:06:08 ID:B9xqBYcs



この男は誠の友人のスロプーです。
ある日この男から連絡がありました。



                  _ヽー-v-─‐z._
                 ,>  `       <.
           .    ∠       /v、     \
               /    ,.イ ./   ヽト、ヘ、  ゝ
               7  ,.イノコ/‐   ,!エ、ヽト. ゝ
           .    1 /_/, == ヽ_/ == 、ヽ__! |
               /´l.「 ヽ.ー-゚ノ─ヽ.゚-‐',ノ l.「iヽ
                {.i´||    ̄ l  ' l  ̄   ||`;リ
               ヾ:」!  、 └‐-‐┘  ,.  l!ソ
           .   / |  }  )ー-‐-‐{  {   ! \               昨日、誠と飯食ってたら、誠に電話掛かって来てさ。
           -‐'''7    ヽ. ´   ー一   ` , '    「'''ー-
        ./:   ..i      |`ー-、.___,. --イ     |    ヽ          今、付き合ってる子からだったみたいなんだけど、
      /: : :    .!     |             |      |    : : ヽ       その電話の内容が「あの人にバレた」だったんだよ
      .': : : : :   .!     ,ト、          ,ノト、    |   : : : : ヾ、
      .: : : : :    .l    , ィcト、.`'''ー---‐'''´ ,.イo、\  │  : : : : : :: :\
       .: : : : :..!|__...:':.:_/ l /!:/='|」! ` ´ !{|.|: |}l〉 ハ: :゙!!  `ヽ : : : : : : : : : :\ヽ
     〃 __|l  /l ヽ|! l. l..゙/'ノ-イ/    |   ;:{/l〉...  |ト、_ ノノ
     l| / ヽ_ノ! !   トヘl|/:ん_/   Y  ヽ 乂}'   /   ! ヽ. !|   !     、、
      !    ヽヽ  !   !|ヽl__!|}\__::;:_/-r乂}.゙∧  ∧ _..|!|\!| !  ノノ
    j|_∧  l| l ヽ_ノ\ !| \l_ノ  /( _j|∠ノ   ̄ /! ∧   ̄!| ̄ノ
  / ! _ノヽ、_!lノ_.. -―ヽ   ヽ从/ ムヽ、!|_ ノ__ / l| /从` ー‐l|<_
  __ノ´ !ヽ、_ノ__ >ー‐人ヽ、 \   ≧   !::::::::::::)\! !/  ≦‐-、!   ノ
      \:::::::::::::::::::::::::≦   ヽ、_\ `>  |:::::::≦  \j / `>   ̄

.


6020 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:06:52 ID:B9xqBYcs




          |/|::::::::::::://:/ ム:/ /::/     マム  マ', マ::::::::::::::::::::i::|
.          ! |:::::::::::,'/:/ ,'/==、':::/        .マム,,==マ|=、:::::::::::::::::::l!|
.            |::::::::r'/'//  //、       .//ヾ、  `! ヾ、|ヽ::::::リi!
               ,ヘヽ:| //_____  ヾ、 ___  //  _____ヾ、_|/}:i_
           /  ト二 { `ー-`ー'′ ≧} }.-‐‐-.{ {≦ `ー'′ ア .} rェr'  ',
.          i  ',::|ヘ ' ,    ̄ ´ //.-‐‐‐-ヾ、 `  ̄    // !:|.  |
.          |   !:! ヽ ヽ ___ /ィ       .r、ヽ  __/ ´ l:|  .i
           i   l:!   ` ー--‐ ´!        .i ` ー --‐ ´   .!!  ,'
.          乂.  i!            |         |           i!  ノ
            `r.|           |        .|         ├イ′
.             i::!            ゝ-、___,,-‐′        |::,′     電話でそれ聞いた途端に、あいつその場で吐いてさ
             ,|::!      }__________.{        |::|
           /.|:|      ノ、-──‐-、,-──‐、∧      .|:|.\      いや、見ものだったわw
           /. . . i!       `ー-----------一′      |:!. . .ヽ
        。s´. . . . . |、                         ,|. . . . .`.、
    。s≦. . . . . . . . ..| ヽ        ‐-=====-‐           /.| . . . . . . \






     Λ_Λ
    (´・ω・`)
    ( _ )      いや、ツレだろ、何で笑ってんだよお前は
     U U


                     <いやー、だってあいつ偉そうだからさw








この安藤さんもご覧の通りのクズです。

後に金銭含め色々なトラブルの果てに、皆と縁を切ったので、今どうしてるかは知りません。


6021 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:08:07 ID:B9xqBYcs



その後のある日、誠は突然姿を消しました。

女性の関係者は、誠の友人、かつての同級生などまで「アイツは何処に行った」と詰めて行きました。
女性の関係者達は誠を捕捉出来ないでいるのか、
それとも捕捉済みで「いや、俺達も知らねえから探してんだよ」と言うポーズなのか。

どちらなのかは皆様のご想像にお任せします。
いずれにせよ、今日に至るまで、誠の行方は杳として知れず・・・

そして、この話の怖い所は
同じ行動を取って、同じ結末を迎えたのが、私の知り合いだけで一人ではないと言う所ですかね。


: : : : :\: : : : : : : : : :.∨
: : : :.:/ \: : : : : : : : :}
: : : : |   _}_:_:_:_: : : :/  ___
: : : :∧ ./三三:ム__/..: : : : : : : : : : : : ~"''*、
: : : : :.:Ⅵ三三㌢´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
: : : : : :圦三㌢: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : ヽ
\; : : :{⌒У: :./: : : : : : :.|: :.|!: : : : : ム\: : : : : :.‘,
--‐=≦:ゝ′:.;′: : |: : : : |!: :|\: : : : :ム,.. -、:.\:.:.:.
: : : : : : ;′: :.:|: : : : |: : : :/,L --:.:':, : : : }   \: :\ヽ
: : : : : : |: : \|: : : : |: : :.「 \!.\:.\: : | シ芹ミ T≧=‐
: : : : : : |\: : |: : : : |: : :.| ,.zzzx \}\} .んハ 〉 |: : :.!
一=彡!: :.:\!: : : :.圦: :|〃.んハ       乂:ソ  |: :.: !
    ′: \|: : : : | `;| ` .V:ソ    、     .ヽ: :.|
   /: : : :.:.∧: : : ‘,                 ‘,:|
  ./: : : :.:./:.∧: : : ‘,               。 从
  /: : : :.:./: : :.∧: : : ‘,   ○           イ:.:|   こんなのは一人でお腹いっぱいなんだよなぁ・・・
. /: : : : :/: : : : :.∧: :.:.:‘,         )ノ^    イ: : :.|
/: : : :.:/: : : : : /: :.\:.:.:‘,    o.     。o个|: : :/
: : : :.:/: : : :.:.:/: : : :/ \:‘, ̄ 7  ‐=≦    |: :/
: :.:/: : : : :./: : : :/ ̄ ̄\}ー┴---ァ       |:/
/: : : : : : : : : :.:/   _,,.. -‐ '' "/         ´
: : : : : : : : : : :.:/ >''"     Y::/
: : : : : : : : : :.:/ /        |/
: : : : : : : : :.:/| .|         |
: : : : : : :.:/. |. |         |
: : : : : /  .| .|         |


皆さん、浮気等はしない様にして下さいね。
お盆だからか、こう言う話を置いておきました。

君子、危うきに近寄らず。
危険とは距離を置いて下さいね。

危険が向こうから来る事もありますが。

身構えていても死神は来るものだ、ハサウェイ。
聖人だろうが、悪人だろうが、この世の誰も、死神の俊足から逃け果せた者は居ないのだ。


6022 : 人生送りバント ◆xr/su8fnFU : 2021/08/13(金) 21:09:00 ID:B9xqBYcs

以上になります、お付き合い頂きありがとうございました。
皆さんの怖い話もどんどん聞きたいですね!

では、提督さん、語り人さんどうぞ!


6023 : 尋常な名無しさん@東京五輪 : 2021/08/13(金) 21:09:35 ID:C0DrWZ5c

投稿乙。

骨壺入れようと墓石どかしたら入ってる骨壺の数が合わないは自分の祖母の時もありましたわ。
結局夭折した祖母の妹のを入れたんだろうで決着しましたが。


6027 : 尋常な名無しさん@東京五輪 : 2021/08/13(金) 21:10:39 ID:Sh6IZ2zQ

投稿乙です


関連記事
[ 2021/08/23 23:54 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(5)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-54626.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13