以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-52577.htmlより取得しました。


読者投稿:刑法ってどんなキャラ?

目次 国際的な小咄 1~5000 国際的な小咄 5001~

8025 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:12:51 ID:70MuKvss


刑法ってどんなキャラ?

                      ]:、 ]、 _,,.. -――'f /{-―z_
                      ]:::\] \ノ\ ,.. '"  'フ--/∟___
                 \__,,,.:::::::::::<    」j L...,,_ --  -く::::::::::::::::::/       こんばんは、徳川家康です(重大な錯誤)
                   \:::::::::::::/  >'~      ~''<  才::::::::::::::/i
                    了:::/_/           \ '<::::::<_j         一番身近な法律は、民法であることは間違いないのですが、
                      <二 /込,         ,f{  _ ヽ Y ̄\
                     / ./`''=≧x、    ,rセ佐ア~´  } i i  \        刑法もまた無視できないのも事実
                    __,,ノ  }_, ==ミ、     ,斗===t'   |  V i   \
                    ノ  气 ((・),ハ    / f(・)) 从  } i V|  「 ̄    というか、センセーショナルな刑法って注目集めやすくていいよね
                    ̄]r‐] `=‐- i/  ノ'=--- 彡  ノ | | | r-┘
                         / ノ|     ハ 、         /  jノ~\ \ ̄\   (不人気民法は見習って、どうぞ)
                    {__ソ!         __ /   /  / /} } }/⌒   >
                   / 从    Y'´___/    ̄| / /__ノ/{     {   さて、今回は初歩中の初歩、刑法の目的とはなんでしょうか。
                      /イ / ∧   寸7⌒`{      | i |_,/i  |   \[
      __          j/ / ム    `' 二ノi       j人八  |  |\ト、 [    それは「被害者の救済のため」
   r― /  _,,,>――t二二二二二ニニニュ、   フ     _,. /:::::::::| / |  |
   [二j _j/  _,..'"~}----― ::::::「 ̄ ̄]_\__ ,,...=ニ-- /::::::: : |'7 i |  |
      i f   _,.'゙  /)    |::i::::::i::|フ {二二二 | 「 ̄ ̄ ̄j/|:::::::::::|  | V 、
      |   f  _,.. ' /     j人::::「 ̄j_|:i:i:i:i:i:i:i: | |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::::|V    \[
      |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i込{V   j\/⌒\
   _/|  |                      |  \i:i:i:__i:i:i:i|/∨     i\
 /{ |  |                      |    \   V:i:/i:i:i|      |  \
,fi:i:i |  |   |r─────────────‐ 、     Y   Vi:i:i:i:|      |
i:i:i:i:i:,  、  \\              __   \,.. '~    寸i:i:|      |
i:i:i:i:i∧ \ j |\\          (    `'´ ̄         V :|      |
i:i:i:i:i: ∧   \j  .\\        f´ ̄`ヽ ____           V:|      |
:i:i:i:i:i:i:i∧   > / \\____  ̄>-、            / ̄\,へ   |
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/{ ./ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'::..,,_¨¨¨¨¨         /    /:i:i:i:i\ |
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i7 /   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{{:i:i:i: ̄~T''ー      /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i||:i:(__):i:i:i`'ー---、 /  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\




        / ∨ヘ          , /^ミ二
         ⌒7, 代、_          ,イ/     }〉、    では、ありません。
           厶 {二弌      ,ィ升ニニ=- `ミ
           ) { ̄⌒\   ⌒¨¨´ ̄     ミ     刑法の存在目的は被害者救済とは別にあります。
          ^} ミxz___   ,            ヘ
          レ l `¨¨¨`    `≠===≠-   /     例えば、被害者の救済が目的であれば、「未遂」は処罰しなくてもいいということになります。
          / :.   ∥             /
         / ., ∧  ヽ _        , ′ /     殺されそうになり運よく助かったけども「未遂だから処罰しない」となるのは如何なものでしょうか。
       ムハ/  }∧   、__        ‘    l
        /   ∧/::.    ̄`     {     ヽ
          ⌒{ //,}: ::个:、       .:<{ハ  /  )
        __/'////}一'|=-≧≦__ -=ニノ/)/
  /  ̄   l{////,ハ /ニニ| l |ニニニ/////,{
  ′   / l{从{リ/ニ寸二| | |ニニニl{///,ハル
      /   l{ / /ニニ=寸」 | |ニニニl{八/ |

.





8026 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:14:52 ID:70MuKvss




              トト,j、,、、
             , ヾー _-ミ;,、                      では「社会的秩序の維持のため」
            |-i;r'"_、`' j::::\
            /フ _ '`''゚ ,, ):::::::::l                    というと、正解に近いと考えられています。Cカップですね。
            | こヽ  ,/ /'',ュ`レ'
.           |,,,_    ,,ィーr'ヘ_/^\               が、逆を考えますと、刑法以外の法律は「社会的秩序の維持に役立っていない」となり、
            `ヽ`''-='' / ,/ / / _,,ノ,|
              `r'  ,! /ヘ  / / / /^''-,,_            不適切ですね。
               ヽ、 !ノ  ∨ i/  、/r-''  ''-,,_
              //i:::| 、  `i フ'''"''-,,   ,   、''-,,_      刑法以外の法も、秩序の維持の為に存在します。
              |ノ |::j`'i  ,/ ,>i | ヽ  `'- r'、r//、 、_>
              | : K l // | / |     ヽ ^'7  i  )
              レク |:ヽl / | _,,イ /     ,/ 〈,  l |
              ,/ \|/-ニ/イ/   /ム    |  /  |
              `ー-ニ|,l| /   i   //_,,ノ=- 、|/   |
                 `''} i 、,  |^' //// ̄ ゙̄|、   i.|
                 ノニノ`,ノ ! l イ///⌒ヽ、_,| \ / |
                 `''" `i_ノノノ/_,, _,.::'::| {::::|  ヽ8'l,
                     ,r:。:。://:。:o:o;;;::'''" ̄|    'l,
                  _,,、-''''''''=''"'''''' ̄     |  ,ィ''''′
                ,r',、-'` ̄/ `'-、,,,,,,,,,,,,,,、-フ''レ'_,,ィフ
              _,、-'`    /       `ヽ,ノ |三ノ{
           _,、-'`_ -_ _,,-',/         /  ,} 、 |
         ,、 '` -- _,, -''  ,/         /   /  ノ,/
     _,、-'`    -'    ,/        ,/    | ブ/
   _/__,, / ̄     ,ィ'        ,/      |7l/
  /  -z.ミュ_,,,,,,,,、-'''`/       ノフZ      |j/
  `i、_,,,,,,,,-ミュ>    .|   ,,,,,,,,,  `=彳L_
   )  ,/l  `'' `i     `Y"   }      `ヽ、
   ト、,/  `'   |     `ヽ、 ,/         ト
.   !        |       \          l|
.    i      ノ/        \ 、       ,/l\
.    l   r''゙ {          \\     / | |l
.     li、 .{   l           \\-ー'" / | |
      l,ヽ `  |            \\-'" / !\
      l、\   .l              \`      \




                                 , へ
                            _. - '    \- 、     ,. -‐ 、
                              /:::::/.      ヽ::.ヽ  , '     ':,
                      ,. -‐={.{:::::::' r、〈.!.「l.,'〉/!.l::::; '        l   私が法を学んだ時の、主流の考え方は
                     /ニ二二ヽ::::::l ヾ '!.l.l,//イ./     / ,'   l
                   /ニニニニニ},!.⊥ _ _/ __  ./ /    .|   『厳しい制裁である「刑罰」によって保護することが適切で、
                   ,イニニニニ二二{. o 、ー--./ '"´   `> 、     |     刑罰以外で保護できない法益の保護のためある』
                     /ニニニニニニィヽ  ',.乂 , '          \   !
               //__ ̄ー―‐,ァ'"l  ',\ ゝ,.'               ヽ l   と、されています。
> __            / ̄  ヽ  }!ノイ   .!   V /                ',.!
'<.....> __.    _   /       i / l    ',   ヽ'     / !         l'l   おそらく、現在もそうでしょう。
   ` <.....> __/./-.、./        .l' l. l    、   /      ./__ !     , ,    l=!
      ` < /./.{. \>ヽ  / .l  ',     ヽ./,. '"  ̄ ̄`` 、   / !  /=!
         ././/⌒r、イ<)Y.ィ" l  l  /、=ニ ̄ l            >、.'_ ,'  ./!=l
        〈./ 、 / :! Y }_/ ヽ  :l  /;:', \. ー!               ヽ!  / l=l
           ´ー '-'ー' `"   ./;:;:;:;:;:ヽ > _!              ', ./ |=l
              lニニl ./;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\. .l  /l            /! .lニl
              l=ニl/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>! /  ̄> 、/!      イ;:;V .!ニl
              l=ニ{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ,. -- 、     l.   /;:;:;:;:;:Vニニ!
              l=ニ!、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!/;:;:;:;:;:;:;:;\  ヽ. /;:;:;:;:;:;:;:;:;:Vニl
              |ニニ| ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ  /;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;:V二,
              lニニ|  ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;'";:;>''" ̄    ヽ〉二',
              lニニ!  .l \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>'"/          lニニ,
               lニニ!  .l  ト、`'<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>'" l   \   , '" ̄`ヽ!二二,
               |二|  l  l. \   ̄ノ/    ,' !     ヽ_/      ',ニニニ,
                |二l  .l  l     ̄  イ    / .l      }、       ./!ニニニl
                 l二l   l  .!     ./     '  l      l ー- __/ l!二ニニl
                  l二l      j、   ,.l       _l      .l       .l.!二ニニl
.                |ニ{    .l. >< .!  ,. ''" ̄  ヽ        ',       l__!ニニニl
              ヾ=ゞ゙ ゙̄ヽ/"   ヽl'"        ` 、    l       l .lニニニl
                    /     ',            ̄ ̄ j.   __  l  .l二ニノ
                      ヽ     .ノ              / '"   ヽ!  j=/
                      `ー--‐'"                /'"´  ̄ `ヽ',  '"
                                          {         .}
                                        ヽ     /
                                             `"'''''''"´

.


8028 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:22:25 ID:70MuKvss




    r'''"     ゙l,
     `l       `l、__                ,r‐ー-、
     |             ) /" ̄ ̄ ̄\    /     ヽ、
     l   ,r'"" ̄ニ、  .,//        ヽ、 /        i          道徳や倫理ではなく、法益保護のためにありますので、
    / _,r"∠ニ、'L- l,,/ l   ,rー---ヽ、 l /      ,,r 、 ゙l
  <" ,,r'" l 、___`_|.   |  / ,,/" ``ヽl l/    ,,,,ノ" ,,ハ ゙l          道徳倫理に反するからと言って刑罰を科すことは認められません。
  `>i`|.l ヒーーーラli.   |.i´l.|  '⌒ L ⌒ l/    l" ニ= r-‐ l  l
  〈  ゝ'ヘ、\., - 、/.li____ゝ || 、___イ_, 〔   r、 !、   ヽ l 丿         何かを盗んだり、騙したりすることは「道徳的に悪いから」と処罰されるのではなく
   vヘ、  ヽ、 ヽ==l,,ハ,,   ハミ lーー--ー-//ゝ、 ゝゝ7 、__ ' //
  ,,_.n ,,ゝ、,,,,,,,゙゙''''^'',,,,,,彡ーく./ ミ \, ‐-‐.//  l`ー‐=ト、`ー' /l ̄\_       「重要な法益を侵害する行為」だからこそ処罰されるのですね
. / l,,l,,厂  l\∧l'''''l∧l    ヽ \`ー-' イ  ノ,,r‐'''| | ヽ ,,イ .l  l'",,,、 ヽ
/,∪     l,   >‐i  l     l   >ー‐ヘヽ /   l l    | .|  ∪ l |.゙ト、
ゝ      |   l  l  l      |   ヽ_l  l ヽ   | |    | |    l,,,l,,l,l |
        |  |  |  |.     l    /  l  |  ヽ |  |

                            >------<
                             ∧     ヽ:.∨
                       ____|      ',:.{──┐
                      ヽ    :|二二二二二〉 >''~
                       ``~、_`    _ ィ㌻_
              r---、            | L・ァ-r´・ノ }:|i 〉 ゙\
             ノ   }、.       _ ∧ /   ̄'' }:|イ    \⌒¨¨¨¨¨¨¨ヽ
            /, -、/⌒\゙ヽ  / ̄ / ', ヽ  _ =、 7゙ }      ∧     / ∨/,
               /´ /^ヽ__ } .}  }  ,/  }-=ニ -ノ/: /∨     ∧    :i{   V
           {Ξ'Ξ//〉゙ ./  :!', /  7゙    // .∨     ヽ   :{   >、
           ^ミh、   /\′ :|∧{___`¨¨¨¨¨,´ ´   /{       \', {/  ̄ ´ヽ、       「道徳的に悪いのだから処罰するべき」
                 \   ,ノヽ  「    ⌒ヽ、 /、/^ヽ/ ::  < ̄ ̄⌒i 7゙: : 二二二ヽ
                 /r--イ/ }  〉     /  | ヽ-〈  :|     `"ヽ } {: : : :       \     と考える人がいるのは自然なことです。
             ∧---<  ∧ 7   : /   |  :|  ',  :|      /   `、: : : .      ヽ
                  、: : : :   ∧、  : ヽ     :|  :|  .∨ ∨    :/   :::::ヽ: : : .          しかし、刑法によって道徳による処罰(強制)することが
                \: : :.  ∧ヽ : : :}i`、  :|  :|   〉゙ 「     /    . /} \: : : . ._,,..
                 ヽ: ::.   } i : :,' ∨`、 ヽ \/ ∧   ,'     . : :/  〈ー   ̄       許されないのは三つ理由があげられています。
                  ∧: : :.  : : : /  ∨ `、 |-、´  /{   i    . :__{__,/       /
                  ∧: : : : : : /  /     :{_      :∧   ;  _/ /       /
                       ヽ: : : /  〈ヽ   7゙  r-、  \ __ --/       /
                      ̄    /     /   ⌒    ヽ-----/        :/
                        /     ′                /、   、 \/´ヽ
                           /     /    r-ァ         /  ミh、 ヽ/i:   |
                          / .:'    /      /ヾ       .ア     `¨ヽ.i|
                      /  ′     !     | {     /         \  |
                       / . |     :|_    :! ∧_ 、丶`            `、:|
                   / . : |   / / ``~、」___               ヾ
                   〉、  i|   /  {   , ィi〔::::::::::::::::::^^''‐= ..,_               ∨/

.


8029 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:24:26 ID:70MuKvss




            _ ,,               _,.―'~ ̄|                 ①「憲法が予定している社会は「個人主義」の社会であるから」
        _,...- '"  \     __  ,.. ,../   _// \                   価値観の多元性を許容する社会であるから、
      /       \  /   \/\\__,../ ~|  |                  他人に迷惑をかけない限り(法益の侵害)は
    /\  _,.. -へ   \| ,..,__,.-、|  |/    / ___|                  多数と異なった行動基準に従うことを認める必要があります。
 ⊂二⌒\ゝ-'    \   /|| (・・) |_|ヽ |    ⊂ ⌒ ヽ
 ⊂二   ,⊃       ヽ / (| ._,|) ヽ|    (|_,.._ ノ                 ②「道徳倫理は人や場所によって変わり、
   //l l⌒          | > | | /  / | < |       ~                   歴史的変化もあることから刑罰を科す根拠にふさわしくないから」
   U U          | ヽ|ヽ\_ノ/;;;| / |
            Γ ̄\| |;;;;∨〇;;;;;;|/ ヽ                        ③「道徳倫理は自らの良心の自主的に行うべきであり、
            |    | \;;;;;∧;;;;;;;;|  \ , ヘ、                     国が強制することではないから」
     ,.  、    _ |  / ∧ /;;;;| L__;;\  ∨;;;;;;;ζ      ,,
    /::`´::\ ,../::|  |  ' ∨;;;;;ヾ   ̄入/;;;;;;;;;;;/_,..,∧  ,./(__
   ├──┤_::::|   `  /|;;;;;;;;;;`ー-´;;;;;;;;γ;;;;;;/ / '\(:::::::::::::::::::::::ヽ
  _,.∠--―´,...>:::::: \_,/ ξ__,.-/;;;;;;;;;/;;;;;;/ /   /ゝ:::::::____:ノ|
∠_,..--σ-|β\:::\     丿;;;;;;;;;;ヾ(;;_;;;/;;;;;;;;|/ _  //||―' σ丿::丿
  (::ヽ|   /フ \:::\    /;;;;;;;;;;;,./|_,./ /;;;_ノ/;;| // _l、_ゝ/:::/
  /:::ノ二 ノΟ    \:::\_/;;;;;;;;;;;;/   / /;;;/ι/;;;;;;;| //  //- ' ∪'
 /幺夊彳 | \  \_::::/;;;;;;;;;;/-   (.,_(;;/;;;;;;/;;;;;;;ノ//\/∠/ ̄)|
 |::::幺彳\ \=\_ |:::::|;;;;;;;;;;/ /  〆\ '|/;;;/ |/_//    /|        /|
 |::::::::|  \:\\_  フ::::|;;;;;;;;;|/ ∧;;;;\| \,.ノ\ ,../      / )      //
 |::::::(   \:\   \ノ:::::|;;;;;;;;;;|/;;;;;|;;;;(  //二二匚|   _/  / |     //
 ヽ:::::\   |::::|─--'::::::::|;;;;;;/;;;;;;/|;;;;;;| /く/ / /  _/ _,..., / ζ   //
  |:::::::::::\_ \::|:::::::::::::,.-|;;;;;;;;;;;;;;人 ノ;;;ノ/   \/_/  //  )┬ '  //
  |::/~"""|  |:::|:::::::::::| ,..|_,./::::::\~ /    丿/  ,,.-/,./^~ヽ|   //
  \|    ) |:::|:::::::::::|(    \__,.人/    |___/_,//  ,.丿|//
   \ __丿  |::::|:::::::::| >     \,..ノ  __,./ /| ̄/ ミ /⊂  |
     ~      ̄|:::::::::|        |     / /  '-- '´ ///~
            |:::::::::|       |    ,イ /     //´
            |::::::::\      ~ ̄ ̄ `´     //
            \::::::::\                `~´




    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:x、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__::::::::::::::::::::::∧:::::::::::\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
::::\:::::::::::/:::::::::∧ \:::::::::-=V∧::::::::::::::\WVWVi/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|            となると、一つ問題が出てきます。
:::::::/ ̄ ̄\::::/::¨\/\::\:::\ \=-::::::::::: ̄ ̄Yi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
:::::/:::::::::::::::::::\__)::::::\__ノ―― 、::::::::::::::: ノ{i:i:iトi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|___        「誰も被害を受けていない犯罪」です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:八ハ「 ̄ ̄ ̄│ }i:i:i{ヽi:i:∧i:i:i:i:i>┐-_-_-´"''~、、
::::――::::::::::::::::::::::::::::::::: /∨アフ7‐-ミ|   -|-  |斗f七爪丁ハ:i:i/ / | -_-_-_-_-_-_-   麻薬や覚せい剤を自からに摂取して誰が被害を受けました?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___/{ {.   a   |  「王」 |′  a   } |/ /  j -_-_-_-_-_-_-
::::::::::::::::::::,、丶`::::::::::::{i:i八 、     ノl /」\. ト、      ノ | /) / _-_-_-_-_-_-_-   賭博をして誰が被害を受けました?
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::: \ 丶- ¨¨¨-彡|_______|ミ ¨¨¨-彡 // / -_-_-_-_-_-_-_-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: >――‐<:::::::::::::::::::::)丶     rく:( /∨ _-_-_-_-_-_-_-   しかし、一般には、これらは「道徳や風俗に反する行為」として処罰されています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::{:::::::::::::: >i`      /:::::从/ _-_∨ -_-_-_-_-_-_-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::: ____>'` |__/=‐ // /::/彡-_-_-∨ _-_-_-_-_-_-   法益保護を徹底するならば、この被害者のない犯罪は
::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;>――― \z‐- ̄ ̄ ̄ ̄ ‐zz/ /::/_-_-_-_-_-∨ -_-_-_-_-_-
__:::::::::-=ニ ̄| -_-_ /-_-\∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ::/-_{´"''~、、_∨-_-_-_-_-_-   「処罰の対象から外す(非犯罪化)」べきともいえます。
 _-_-_-_-_-_-└‐< -_-_-_/-∧::::    ̄ ̄ ̄ ̄   ::/-_-∨-_-_-_\| _-_-_-_-_-_-
_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-/-∧::..______ /-_-/-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\        /-_-_/-_-_-_-_-/_-_-_-_-_-_-_-

.


8031 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:26:21 ID:70MuKvss




                  _
                 ;'´ ``、   i i i j;
                   _,,.;'    'ー、 ト   ;
               ー ;    ,'´  `、 _ ,'
     ,.- ‐ ' "ヽ.       '、   ;    r  ゙ ,          が、これら非犯罪化論に賛成しなければならない、とは断じて言えません。
 r─-、 ヽっ  r ニ._       ;::  `ー 、_ ',  ',
  ー -' i ̄    _|    ,.. '         `゙';   ',         刑法は「目に見えるものを法益として保護するだけではなく、
 i  ̄ | フ ,  、 _7   ,'´               ;
  二ニ-ヽイ  `ーi.__  ;::         ::; _ _ ,. '            無形であっても保護するに値する」と考えているからです。
  i__   ) フ__ハ_  ,i   ;::         ::;
  /  ``゙ー-、_ー-'   ',:         ::;            社会の文化的・精神的環境を保護することも法益保護なのですね。
  ー、/` ̄`ー-、ァ`゙、_ ,,;'   ,       ::;
  / ̄ ̄`i | ̄ ̄ ̄|    ,.'       :::;
  | iニ! | !  iニi  ! - ‐ '´゙;:::         ::;             反道徳的な行為というだけで処罰対象にはなりません。
  ! iニ! | !  !ニ! i     ;:::       :::';
  ー─一'/  _  |    ,':::          ::;            ですが、だからといって、目に見える具体的な法益を危険に晒さない、
      /_/ i_!     ;:::         ::;
       , ヘ         ;::     ;     :::;            といって刑法を適用できないとするのも誤りなのですね。
     / /       ;::    ;     :::;    _
    /  (_          ;::    ;'、    :::', _/く_
  /  _  `ー、       ;:   , - ─ ''''''""" ̄  ( 二---、
 く  / `ー、  `ー、    ;:   !     _,, - ‐ ;─ 、_三イイイト、
  `ー'    ``ー、/     ';:.  \ ー -く_    ; 彡イリニ 、_j !
 r──‐┐r ──‐┐   ;::    ',\ _ ノ `ー - '、川リイ ` j ー | ト.
 |  iコ ! |  iコ   |   ';:     '; ヽ、_   ..  i川リ cっ .ノ ノ
 |  iコ ! |  iコ   |     ';:.   :',    ):: .:::  ヽ、ヽ_.ノト j
 |  r ‐┘ ー─┐ |     ';:   ::;   /::::::::::::      三 ミ レ'
 |  | r─‐ ┐| |     ;'   _::;.  /´ ̄ ̄ ̄ ヽ.  ',_i   |
 |__| | = || | ;'"´  ,. '、_:;' /        ',  ',ヽ  ',
.      | = |   ̄   ``゙゙´    ./          ー-ノ   ',
        ̄ ̄              /           人    ',




                        />─…─ -.、___
                       / ハ           ヽ、  Z_
                          // |/ l/'´\`        ∨  く
                      /ハ⌒   r-、 \「\    「  ̄
                       | ,rハ   ヒ リ     \_ .ハ           また、もう一つの面を考えることもできます。
                      リ八ソ    `      r‐γリ
                     {   __ _      9 ノ/                それは「その人自身から、その人を守る」ための処罰規定です。
                         、  f/   ヽ    ノ' ´ `ヽ,
                        \ \__ノ   イヽ、. ┌"            厳しい処罰規定があるから、誘惑に打ち勝つことができるという考え方です。
                       じへ. _   フ /..\「
                             Уl l_/ /..............\           これを国家を親と見立てたパターナリズムとも言います。
                         /.......! ! │ l.........../........\
                     __/.............! ! l  .!......./.................',
                   /....,>.─┴┘ |  |.............................l
.                    ノ´ ̄三:::::ラ´ ̄ ̄ ̄ ̄\...................l
.                   j,  、て:::::{ イ   / ̄|\ ..............リ
.                   /ヘ,ハ_ハ´lハ::::しr_/::::::::::::|.....\  ......ノ
                  |ノ从T TTT从:::::::::::::::::::::::!........... ̄ ̄}
.                  从 |fテ  ィテ  リ::::::::::::::::::::::!......................|
                    ノ .ノ     ハ::::::::::::::::::::::|.......................',
                     ハ く     ノ !ハ:::::::::::::::::ノ.........................',
.                   i∧      ll ! l::::::::::ム-‐-、..................',
                   /:::::. ̄ ̄   リへ从ヘ./::::::::::::::\..............}
                  /::::::::::::..__ < .     /::::::::::::::::::::入_/
               _fニニ⊃:::::::::::::::/从ハ     /::::::::::::::::/
             fニニニ⊃:::::::::::/ .// !    /::::::::::::::::/
          fニニ⊃::::::::::::/ /..../  L __ム‐-ニ:::::/
   ____/:::::::::::::::::::/ノ /.........!咲 l   ノ-─- 、`ヽ、
    ////////ハ__::::::::::::/ / /...........l  l   〉'ー-     \
   </////////>、___ノ / /..............!   !  冫==
    ` </////////  l /................l宮 |  /`ー─、
       ` <////  l /..................l  |  //////ヘ.\
.            ̄|   l/....................!   !,ィ////////}  `
.             |    .}.....................|町 |ハ////////ノ
.             |    ',...................|   |/////////′
.             |     !..................|   ! `ー一'"´

.


8033 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:28:00 ID:70MuKvss




        -‐‐ '^~ ̄ ̄〔``
      / /三三二二ニニニ≧=‐- ..,,__
   r'^=/三三二二ニニ=-/三二ニ=-〔_ 、
   |ニ/三三二二ニニ=- ,/三三二ニ=- 「∧ \
  __jニ{三三二二ニ=- /三二ニニニ=-{,/∧   、
 ′ニ=ヘ、三三二ニ=-  -ミ三二二ニ=-「` /∧  ∨≧s。.,           ___        さて、刑法が法益保護のために存在するにしても、
.ノ三二ニ=\三二ニ=/   ``寸= r一 ≦ニ/∧  ∨\ニ ≧=‐- -‐=≦ニ  ----ミ
ヘ三二ニ=-,r――‐'^ __/ r‐-ヘ、」二ニニニ/∧/::, ∨,∧二二二二二ニニ/二二ニニ`ヽ      刑法単体で法益を保護できるとは考えられてません。
 }三二ニ=〈  _/, -‐ r‐'_ァイ } ∨ ̄ ̄``寸,∧::: , ∨,∧二二二二ニ/二二二ニニニ ‘,
 〕三二ニ=ノ  _rヘ 八{ ー=彡_,ヘ、V`ヽ. \. 寸ハ:::: , ∨,/ニニニニニ/二二二ニニニニニ|    刑罰は、「最も厳しい法的制裁」であり、
 `7= r=ミ,} ノ xr_ァァ   乂┐,',ノ } l ∨ }   l   寸,::::, V二二ニニ /二二二二二ニニニ/
. 人 人ヽ,ハ ー=彡 r人__ノ /} ,,'|  V  :l Y⌒'ーl:::::, l \ニ,。s≦二ニニニニニニニ /     犯人の法益もまた侵害するからです。
   \ 〕iトヘ、 r ,,',,' -‐‐'^ソ/ ,'',|   |  / У ̄|::: | |   \二ニニ /二ニ /ニニ/
   /三|ニ| ,∧,'ヽ ``ヽニ´/, ,, ,' |  / ̄/ (_/|::: | |    l`ヽ二,/二ニ /ニ /        犯人の人生を破壊してしまうことも考えられます。
.  /ニ=∧=〕iト ≧s。..',,  ̄,,',,'',,',,/  / ̄/o\(___/|::: | |    |  }ニ/二ニ /ニ/
  /二 / ∧ニニニ〕iト ≧=‐ '^´___,/ ,/\ oハ(__,|::: | |    |/∨二ニ=//           刑罰は使わないにこしたことのないので、刑法以外の法規範や、
. /二二 / ∧ニニニニニ〕iト . --‐      :, o(.  |::: | |    /   :|二二/´
/ニニニ=/ ∧二ニ=/|二二ニ〕iト .       |__/ ≧|::: | |_/|    \/              社会規範も法益保護の働きをしています。
ニニニニニニ ̄ ̄ニ=|二二二二二\        |::: | |ニニ \___/
-‐=ニ二三≧s。,,ニニニ ̄ ̄ ̄\ニニ\    / |::: | |二二二 \
ニニニニニニニ ``ヽニニニニニ \ニ= |___,/  | :| |\ニニニニ\
ニニニニニニニニニ \ニニニニニ|ニ=,|   /   |::: | |   `r―――‐ 、
ニニニニニニニニニニ=\二二ニニ|ニ=,| /    :|::: | |  |        \
ニニニニニニ  ---‐―‐‐--ミ二ニヘニ=|/      |::: | |  |        \
ニニニニニ/二二二ニニニニ\二ニヽ=|   ,/  |::: | |  |             \
\二ニニ/二二二二ニニニニニ \ニ= |  /    |::: | |  /
  ``ヽ /二二二二ニニニニニニ‐‐---ミ |   / ̄ , ::: | l /|                \
      \二ニニニニニニニニニニニニ\/    ∧:: , ,ヘ//\               、
      \二二二ニニニニニニニニニニ|   .〈/∧ ハ ∨/∧             /
.         \二二二二二ニニニニニニ |    ∨∧{/ } ∨/∧
            \ニニニニニニニニニ/|    .∨∧,ノ  :}/// \-‐‐ '^~ ̄ ̄
        //// ≧s。.,ニニニニニニ/   \     ̄   ///////\
      ////////////≧s。.,ニニ= |.  /   ≧=- -=≦ ///////// \
      ,/ ///////////////∧ニニ |、 r┤   ``ー‐┬┘/////////////\



                  _  -----  _
                   _ -ニニニニニニニニ- _
             / /ニニ/ニニ=- _ ニニニ\
.              /{二{ニ/ ̄ ̄ ̄)ニニニ=- _ニニ-
              /^ ー    。 __⌒\ニニニ- _ニ-
                   _j //⌒   }ニニニニニ-               以上のことから、刑法の適用は「ひかえ目」である必要があると考えられており
                \ {_/,r茄フ    }ニ/⌒゙Yニニ.}
.            jニ==く_:::::::_厂⌒:::;;::u   T{ く⌒:}ニニ }                これを「刑法の謙抑性の原則」と言われています。
             :.._r茄}{  \         |   } _ノ二二>rく⌒]
            :フ;;:: r‐::     ̄     __ノ ー┘}\ニニ } }⌒}           また、この原則の内容には「補充性の原則」「断片性の原則」
.              { { ーt ┘         } 「   \二} }二}__
              \  _J__ __,   }    }     ∨} }厂 ニ|        というのがあることも重要と考えられています。
                  ∟j {__ -‐ナノ{  く  }/       ∨八二ニ厂 \
              丶T⌒     .,__ノ   }       ∨   ̄ {二二}
               T      ノ::::ノ }    ノ      ∨   乂二人
                  {_  ..:<:::/ _ム-=''"~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}   (二二)
                ⌒T   _、-''"二二二二二二二二 { { ̄~"''くニく
                     { ∨ {二二二二二二   ________,{ {      ノ'"゚~ ̄ ̄~~゚"''
                     { 」Lノ二二二 _  -=ニ二二{ {~ ̄ ̄~^'く: : : .
                 厂{ T⌒二=-‐=二二二二二二{ {<⌒     \: : :                 \
                / /ニ厂ニニニニニニニニニニニ\              u           `
.          -―-∠ ノニニ>''^~ ̄~^''<ニニニニニニニニ\∨
       /__,.>―くニ>''´          }ニニニニニニニニニ.}
.     / _ -ニ/   /´      ι     ノニニニニニニニニニ }
    {/ニニ{   . :         _  -ニニニニニニニニニニニ}⌒\                        }
  /ニニニ人  /: .     _ -ニニニニニニニニニニニニニニ}           }         }    }
 -ニニニ二二ヽ{ / _ -ニニニニニニニニニニニニニニニニニ}{             }         }    /
-=ニニニニニ二}_ -ニニニニニニニニニニニニニニニニニ==--八: : . . \       }         }
-=ニニニニニ=--ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=- }\: . _>  ,.ノ           ___j
-=ニニニニニニ---==ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-ノ {/⌒    ⌒\       / ⌒{
二ニニニニ===---二二二二二二二二二二二二二二二二二二 イ{ {: .: .: .             /     \

.


8035 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:29:00 ID:70MuKvss




                (゚)(゚)ミ
                 ノ   ミ       補充性の原則とは、刑法は他の手段で法益保護が十分なされていない時、
                つ  (
               ノ    ー、      いわば「最後の手段」として用いられるべきとするもの。
              /    人 `i
             / ,ソ.   / ) |      つまりは、補欠選手のベンチメンバーですね。「代打! 刑法!」
            / / |   / (メ
 ___     /  / ⌒ 、ヽ
(___二二二)ミリ ( <    ヾ )
           ⊂_)  ⊂_)



     /⌒ヽ.
    /´・ω・ )           断片性の原則とは、刑法の保護は完璧で網羅的であってはならず、
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ         特に一部を選んで処罰するような断片的性格のものでなければならないとするもの。
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ        全部が全部刑法に任せていいというわけではないってことですね。
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/        これは実務的にも大変になってしまうからというのも考えられます。




   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;八;:;:\
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:xxメⅩ十メ、;:;:〉    つまり、刑法を擬人化すると、控えめでおしとやかだけど、やるときは徹底的にやる
≦≠乎千于ラ弐'/_ ノ' 、_|;/
  〉;:;:;: -、;:;:;_/  ー-≧ 〈_,!      ……
 /;:;:;:;:八  ∨ミ       \
 |;:;:;:;:;:;:;ハ          ´イ       ジョンウィックみたいなタイプですね
 |;:;:;:;:;:;:| `了      孑≦ヽ
,/;:;:;:;:;:;:;ハ  |      ヽ=〈      長くなったので、最後に講師が言っていた、法の格言を置いて、締めといたします。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉  ー- 、 _  ,;i!,}
;:;:;:;:;:;:;:;:;〈        /`        「法は、些細なことにはかかわらない」

.


8037 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:32:06 ID:70MuKvss

以上です。
ご清聴ありがとうございました

法は楽しいぞ!


8036 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:29:29 ID:tWpoU2cI

刑罰を規定することによって私刑を抑えることもあると思う


8038 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:33:27 ID:l7JyCo1c

乙です
刑罰がモロ「国が行う人権侵害」なので、人権至上主義な憲法の規定上、本当に最小限の場面でしか認めて貰えないんですよね…
基地外や薬中が時折「責任能力が無い」とか言って刑罰を免れるのも憲法のせいというか

刑法は特にそういう厳格なルールがあるお陰でパズルみたいな楽しみがありますよね


8039 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:36:38 ID:1qTXALCE

投稿乙です。というか深夜になんてもの投稿してるんだよ……根本とはいえ刑法のガチ理論面やんか。
これは内容的にもっと人多い時に投稿して、いろいろ意見でたり議論盛り上がるのが見たかった……


8040 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:37:20 ID:l7JyCo1c

>>8039
ぐうわかる


8041 : 唐揚げ ◆wIGwbeMIJg : 2021/05/23(日) 04:40:16 ID:70MuKvss

ちゃうねん・・・
仕事終わって、イラストの勉強、筋トレと剣道の自主稽古終えて、なろう小説書いてたら
感想で外国人兄貴が「お前これめっちゃ心温まるわ!」って言ってて、その次の話で、主人公の心べきべきに折るつもりやったのが
「かけへん・・・」になって、必死こいて修正してたら、このありさまだよ!(轍や)


息抜きにちょうどよかった。
反省はしているので、情状酌量みとめて・・・


8042 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:41:59 ID:l7JyCo1c

>>8041
多芸というかツッコミ所多過ぎて草
読者の声が届き過ぎるのも考え物やねw


8043 : 尋常な名無しさん : 2021/05/23(日) 04:48:31 ID:1qTXALCE

>>8041
そのエピソードだけで小説書けるレベルやんけw
しかしそういうことなら情状酌量してまた法学系の投稿することで許すわw


関連記事
[ 2021/05/23 22:54 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(3)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-52577.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13