以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-50567.htmlより取得しました。


読者投稿:光合成の仕組み4 共鳴エネルギーの使用法

目次 国際的な小咄

3058 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/03/16(火) 23:04:13 ID:UOYWApa6


光合成の仕組み4 共鳴エネルギーの使用法


   :. .              __
    :. .         . ィ ⌒丶   `  、           前回はクロロフィルを伝って、反応中心複合体にエネルギーが
     :. .      / |:::::::::::/      \
      :. .    /    ヽ._/    rh   〉-、       伝わるところまで解説した。
       :. . .  '            |:U|   ///ハ
         :. . ..i               ゝノ   V///
          :. . .         ・  ・ __T´⌒l     今回も ttps://miraiecosharing1.com/page-5145/ と一緒に見て欲しいんだが、
           :. . .          ・ /l//  /
               : :y‐-、        し ' /       主に見るのはB:『反応中心』のスペシャルクロロフィルa対分子というものだ。
             .: :/   \-、    イ /
               :: :/      l }ー=彡〈/
           :: :{      }     |           この「スペシャルクロロフィルa対分子」、俺の知る限りでは「反応中心クロロフィル」と呼ぶが、
           .: :.\   /´      |
:: : : : : : : : : : : : .: .: :    `¨´         /           今回ばかりは前者の呼び方を採用しよう。
      , -―‐人          ∠. _
      (//// ////トr--------‐く/////\
       ̄ ̄ V{//jノ        丶 /}//}リ        このスペシャルクロロフィルa対分子は共鳴エネルギーの終点駅だ。
            ̄             ̄

.





3059 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/03/16(火) 23:04:41 ID:UOYWApa6




            _, -―-  ._
       r―=ァ'´        `ヽ=ー、
       {三/            ヽニ}       ではこの共鳴エネルギーはどう使われるのか、
       }:ノ             V
       i     , - 、      ,-、  }        光化学系Ⅱでは次のような反応が起こる。(サイトから抜粋)
       |   {:::し}       {J:} .
       ヽ   ゞ='  (: : : : ) ゞ' /
         >、 ∵    n  ∵ノ}         2 H2O + 4つの光子 → 4H+ + 4e- + O2
        {  ヽ'´ ̄ ヽ---'´ ̄ ノー-、
         ヽ , ――-、    〈  /
     /^\ / {    /     Y´        そこ普通、光子って書くか…、書くのか…。
    くニ三三{ 丶-‐'´       |
     丶 ニ三',           /         ご存知の通り【光】は光子でもあり、波でもある。
          `¨ -\        /
          /ニ`ァー---‐r'´ニ\
         ヽ{ニ{ノ  r==ュヽ.}ニ}ノ         波として共鳴した光が今度は、光子として反応に用いられるわけだ。
              ( \\ )
                ̄ ̄

.


3062 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/03/16(火) 23:05:38 ID:UOYWApa6




|  __
|/::::::::>-―‐- 、
|:::/        丶            Mn4CaO5クラスターが、光化学系Ⅱの付属部品、マンガンクラスターで、
|' 、_             \
| /:し>             ヽ         この水分解の反応の場として機能するわけだな。
|八:::ノ , -‐- 、       ',\
| ,    {: : : : : :ヽ  、   |::::::〉
| /l>、 \: : : : : ノ /し:7  ,:/       因みにマンガンクラスターの分子構造については、このサイトで初めて知った。(小声)
|ヽ\ \_丶-‐' {:::ノ  /
| l  \  l>、  '  ,  〃
|ー---=、⌒ヽノ  '  /          ここまで説明したら光化学系Ⅱの説明は十分だとは思うので、
|、     \ )ーァ '´
|/\_   丿 _/_             次はシトクロムb6-f複合体とチラコイド内腔についてやっていきたいと思う。
|   / } ̄  }:::::::::::::ヽ
|\ァ'ー'     /:::::::::::/
|      /  ̄ ̄             この水分解で出た、H+ や e- がどこへ行くのかを説明していこうと思ってる。
|ー-r― く
|  乂_)_)_)


~~~おわり~~~


3068 : 尋常な名無しさん : 2021/03/16(火) 23:10:08 ID:4Zd5T5Y6

投稿乙
だいたいわかった(しろめ


関連記事
[ 2021/03/18 22:57 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(0)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-50567.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13