以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-49671.htmlより取得しました。


読者投稿:エンゲルスと母権論、そして私有財産制。

目次 国際的な小咄

5627 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/02/16(火) 05:40:28 ID:2TRFCTsI


エンゲルスと母権論、そして私有財産制。

                     __
                , -‐ァ"´     `丶 _
                 /::/     , -―-、 \::::}    まず、今回はマルクスではなく、
        , -―-、   {/  丶==' {:::::::::::::::}   V
        / \   }   /   ' , '、 丶--- ' 丶=' |    エンゲルスによる私有財産制批判について見て行こう。
     /、   \_/   l      \_    _ ' , ' ;
      { \     } 八         ̄ ̄   /
     ヽ __ >、_ノ{⌒丶ゝ          _  /     まず、唯物史観で生産関係について考えると、
            \  〈 Y⌒ヽ _/⌒V´ `Y
                  \/        , ―<      所有関係というのも生産関係に過ぎず、
               /        〈     )
          ___ {          `T¨ ̄      建て前に過ぎない制度だとマルクス主義では考えていたよな?
         {-‐ :::::::::::ヽ.           l___
         ヽ-‐::::::::/ \       /:::::::::::\
            ̄     丶--- r<::::::::::::::::::::::}    だから当然、マルクス主義においては生産力が上がれば、
                  /:/::l:::|     ̄ ̄ ̄
                  ヽ--‐'            私有財産制は放棄されるべき制度だとしているんだ。



        .  -―‐- .
    . ‐ァ'´           r―-、
   {::::/           ',:::::::::}         そしてタイトルで分かったやべーやつもいるだろうが、
    V              \_ノ
   ,                 |          今回取り上げるのは
    | 、_         _ノ  ,
    、 {;;;フ/´ ̄`ヽ イ;;;;}  /          『家族・私有財産・国家の起源』byエンゲルス の内容だ。
     ヽ∵ ヽ _ ノ_,ノ] ∵/ }
     {>/⌒ヽー /⌒^´  く
      Y^ヽ.    ̄    /⌒!|         俺が中学生の時に感化された、ネクロノミコン並にヤバい書物である。
        |   |//⌒l\/   ' | ___
        |   |、.〈  {__ |  / /::::::::::::::::\
       ヽ_人 └‐┘ し' / \:::::::::::::::::}   でも、内容としてはアレに類似してるので、そのままコピペしよう。
      (::(::(::::>‐---‐<::::)::)::) ` ̄ ̄´

.





5628 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/02/16(火) 05:41:22 ID:2TRFCTsI


読者投稿:ルソーの社会契約論 から


2747 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/20(日) 06:31:58 ID:URrijS9o



               _,.  -――-=、¬ー- 、    r㍗/ / /
              .   ´         丶 :::::::::l  r㌢ / / /
          /              `丶| r㌻/ / / /   まず人間はもともと小さなまとまりで狩りをしてたよな。
            '                   r=、  r㌘ / / / /
        /                ト-'ハ  ㌣ / / / /
         /         , -―-、   V//}  ㌦/ / / /    自然状態でも同じように、
      イ           ,      ヽ  Vン , _㌶ / / /
     /::::|   r=、    l       /  '   ㌫/ / /      穀物や肉の保存法がないのであれば財産を
    ,:::::: |    ト-'ハ   ヽ、   _/     ' ㌧ / / /
    ヽ::: |   V//}      ̄ , ―‐ャ┬ r㌍ / / /      守るための政府が必要なかったんだ。
      ヽ!    Vン   ,     /!     / _㍑/ / / /
       八     ,      /^__./_㌘ / / / / /
        \      ,  _r㌣冖㌢/ / / / / / / /       肉はすぐ食べるし、土地を持っていても仕方ない。
          丶 _r㍉_r㍗/ / / / / / / / / / /
          r㌻/ / / / / / / / / / / / / /         これが自然状態での人間の生き方だ。
         _㍍/ / / / / / / / / / / / / /
        r㌘/ / / / / / / / / / / / / /




        。    , -‐ァ-―…-- 、
          o /ィ,=、ー, -‐- 、  _ノ\ー- 、  。 ゚     しかし技術が発達してくるとそうはいかない。
              /{i{_ン {::::::::::::::}  /ニil 丶 }   o
         // '  ,  丶---‐'  {_ンノ  V
          /: : :{ '   /⌒\   '  ,   }:\       たとえば農耕が進展すると、
      /: r‐ 、: ',   N   lハ   '   u /.:/\
      {: : : :|  \X⌒ヽ  /⌒ヽ_ ,  -― ┐-―ャ    いつ種をまくかを決めるリーダーが現れてくる。
     ヽ : ∧  /^ヽ  ̄> ''"´/     /: : : : : ',
     ,.ィ⌒ヽヽ./   , l ´    /      / : : : : : : |    当然そいつには分け前が多く貰える。
    { { {   V  /  ',     ヽ   _/: : : : : : : : : }
     ヽ     ヽ      丶     !¨/: : : : : : : : : : : /
       丶   }      ヽ    |/: : : : : : : : : : /     知っての通り穀物は蓄えることができるので格差ができる…
        \_ノ       \  /.: : : : : : : : :/
        /:\           \: : : : : :> '´        ………わけではないんだ。
        丶 : : 丶---‐ァ "´ ヽー―<
            ̄ ̄ ̄/     }、 __)          まだこの時点では差別は生まれない。
             =ニ二三ゝ _{_},ノ三二ニ=‐

.


5629 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/02/16(火) 05:42:05 ID:2TRFCTsI



2748 : ◆XksB4AwhxU : 2020/09/20(日) 06:32:45 ID:URrijS9o



                   -―――- .. _
             ,   ´ ,    ´ ̄       ` -               他人が勝手に家に入ってきて穀物を食べれば
              /   /                 `丶-- . _
         /: .  /                      \  `丶、    当然、蓄えがなくなるだろう。
          {: : : . /                        - ヽ    :\
         ヽ: : /: .                  .   ´    ヽ: : : : : :}
        /⌒>―- .            .  ´          ',--‐ '
       ,  "´        `丶       /              ',      だから所有権や家族という制度を作ってから
       / ! l_  u         r‐- 、  /                 :l
     / \|_         {   }: :/: : : . . . .              . . . : }     初めて格差は生まれるんだ。
      {' , /:::::::::`ヽ ヽ//  ',  /: :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
     l , ヽ ::::::::::ノ  ∠ _  ヽイ}>ゝ:_: : : : : : : : : : : : : : : : : :_: -‐'
     、    ̄    ,  ,  U/      ̄ ̄  フ  T ¨¨¨´
      \/⌒\    ,  u / /-、       /   |
       丶    \      ∠ィ     l __  -‐'/ / / |              でも不平等な状態を快く思わない人も当然出てくる。
          `¨T ーァ='´  |    |      ヽ{__{_ノ
              └ '´       !    ,'
                      ハ  /
                    ヽ-'




           -―ァ_   -―――――― - ――
       ,  ,   ´. : : : : :  _  -―― ニ二  ̄ ̄    そこで所有権を守りたい人たちは、
      / /. : : : : : : : : : ;   ´
    /j//.: : : : : : : ::, -―=、  ̄ ̄  - 、         『生命を保証するために、一緒に自然権
   / .::  /    ノ.: /;;;;;;;;;;;;;/        \
  ,'           / {;;;;;;;;;/           ヽ       (自然な行動原理)を捨て政府を作ろう!!』
  {          / /`¨´                   ',
  八         ノ〉.l    , ヽ                ',      という名目(ここ大事)で暴力を独占し、
   丶-―--イ \{   /::(__〉           |ヽ
            |  /^', , ヽ _/ __         |;;;;}     自分たち財産の所有権を確固たるものにした。
           l  {  ヽ ,  '  /: : : : :\ _ _ _  /:ノ
         '、 \ -‐-、 _ゝ: : : : : : } /_):/  /´
            ヽ/    }、`丶、-‐' ' ー' /         つまりルソーは近代以前の政府は
          /       \/´ ̄`T¬'´
          {          /`¨ T’-‐ 、        不当な社会契約に基づいていると主張したんだ。(例外あり)
         , へ、        l    |:::::::::::::\
       /;;/;;;;>、          |   / -----‐'
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


  (ここらへんは人間不平等起源論に書いてある)


5630 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/02/16(火) 05:42:54 ID:2TRFCTsI


       . -――- 、
  , -‐/         r┴‐- 、
  /::::/          \::::::::::|          こんな内容を紹介とはいえ読者投稿に載せるとかやべーやつだわ。(驚愕)
  l::::' u              \::::!
  ∨  _ノ, -―- 、u      V           そりゃあ、スターリン先生が「共産党員よりも左派について詳しい」とか発言するよ…。
  | T廿T{:::::::::::::::} T廿T u |
  l ・  ・ ヽ--- '  ・  ・   /
  ヽ ・ , ―-----―、・, ‐く            話を戻して、この「名目」ってのがエンゲルスの主張の根幹となるわけだ。
    \(/⌒ヽ _ /⌒ヽ/   )
    {    └┘      ヽ    __
     `T|         /⌒ヽ   V´::::::::::::::ノ    内容的には
       l |  /l⌒l\/    |  |::::::::::::/
       | l   ヽ〉 V |    /  j::::::/       「農耕が発達するにつれ、男性の権力が強まり父権社会へ。」
      しヽ 丶--' 、__/   ノ/
        >、       .xく´          「これと同じく奴隷制が発生し、国家が発生した。」  ってな感じかな?
       く(_(_>――<_)_)_〉

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/家族・私有財産・国家の起源



                 _,.  -―- ._
          r― ァ'´        `ヽー┐
          |::/            ヽ|     自らの名誉を傷つけるつもりは1mmも存在しないが、
          /´              ',
         ,      _,      、_    l     恣意的に読んで、生き恥を見せてる可能性があるので注意してくれ。
         {   、__, /´ ̄`ヽ 、_, |
            〉、  ,  ,  ヽ __ ノ ,  , /
         { \  '   _,ノヽ    ' ,.〈      まぁこれ要するに、「所有権がいかに発生したか」を
          >-‐く´ ̄`\`ニ´/ ̄`Y´ /
       /⌒´   }    ` ̄´    イ `⌒\   母権論*を研究し明らかにして、私有財産制批判に繋げるわけだな。
        └-、   ノ              }   , -┘


*母権論はディオニュソス研究でもよく出るので、ディオニュソス好きはチェックしておこう。


5631 : ミジュニキ ◆XksB4AwhxU : 2021/02/16(火) 05:43:36 ID:2TRFCTsI




                _,,.. ..,,_へ
              /     `ヽ       国家の制度というものがルソーでいうところの
            r::/   _   fh   ',
                Vfh(::::::::) じ'  /⌒!     不当な社会契約であるとして、
            { じ^` , ― 、∵/  |
            ヽ∵ /_/⌒ 〈   '     私有財産制は何にしても退けられるべきと主張するわけだ。
              `(⌒´ _   ヽ_/
            /´/ / l >-、   |
           (._/ /〈 〈::::::::: ',  |  ____    ttps://www.jcp.or.jp/jcp/22th-7chuso/word/key/03_10zaisan.html
               { ``}_,∧:::::::::l ,'´:::::::::::::::::::::::::::〉
              ゝ.     ',:::::::|ノ‐- 、::::::::::::::::/   まぁでも、こんな感じで一部、私有財産制を認める部分もある。
            / ::::/`¨¨  ヽ-'     丶--‐ '



),        ,   -――- 、 _
∧     /    ,  -―ー_}//ハ
 ∧ _ _ { ー--‐'_,  '" ̄  `ヾ}       /:::::::   というわけで、マルクス主義においては
.   |::::::::::///厂 ̄          \ -―=' ::::::::::::
.   |: :::::::{ //      ,  -―- 、 _,ノ 丶 :::::::::::::::::::    私有財産制の否定がどこまで重要か分かっただろう。
.   |: ::::::::V       {: : : : : : : :}   , | ::::::::::::::/
.   |::::::::::::{   ー-='  丶----‐'´ ' ,./ -‐ ニ´
.   |::::::::::八   ,  '  r v--‐'マ}   /::_..         個人的にはこれで共産主義については語りつくした感覚があるので
.   |::::::::::::: :\   '   \ _ ノ -‐'´ }  'ー、
.   | --= ,≦::. ー- '´ ̄` ー-'  _,.ノ r- '       労働価値説、剰余価値論なんかは触れないことにする。
,   |   (( _  ̄ --  ,二二  -‐く 丶、
/  |   、_-ァー-----‐'  .: '"  :.゙'.  ',: ...: _
///     .:  :;'     〈  :.  : ,.:'  >.:::::::::::;     それからスターリン先生、是非とも誤りなんかがあったら修正お願いします。
/    r:: :._,. .:::!  ,.::::::... ` .:_ ,,....:  ,::::::::::/
       `  :::::::.、 i::::::::::::.      .:::::::/
          ` 丶 :::::::::.  _,,..  '`"´
              丶:::;;:                                                 ~~~おわり~~~

.


5633 : 尋常な名無しさん : 2021/02/16(火) 06:08:25 ID:oc5NfGkQ

朝から補足投稿乙でした

すでに半年前に投稿してたのね(目がテン


関連記事
[ 2021/02/16 23:35 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(12)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-49671.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13