以下の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48853.htmlより取得しました。


読者投稿:正義の殺人を実行させるもの ~ 戦士学解説番外編 殺人の解剖と普通の人

目次 国際的な小咄

3713 : 葡萄 ◆5d3N5K3xD6 : 2021/01/12(火) 20:25:10 ID:MQcqgzQ.

読者投稿:正義の殺人を実行させるもの


 ┳
○○○○     はじめまして、私は葡萄です。
○○○      四代氏の投稿(>>1749->>1776)について若干の異見ないし補足があるので投稿させて頂きます。
○○       最初に断っておきますが、氏の全体的な分析には同意します。重箱の隅を突くような指摘になりますのでご容赦ください。



 ┳
○○○○     さて、氏は>>1751において「人は正義を確信すれば躊躇なく人を殺せる」と述べておられます。
○○○      異見いたします。普通の人間は、正義『だけ』では人を殺せません。
○○       人が人を殺す決定的な動機には、もっと別の要素が必要になります。それは何か?



 ┳
○○○○
○○○      「憎悪」です。これが必要です。
○○



 ┳
○○○○     あくまで正義は憎悪を煽ったり、正当化する為に利用されます。
○○○      憎悪というエネルギーが無ければ、人が人を殺すほどのモチベーションは簡単には生まれません。
○○       憎くもない相手を正義だけで殺せるのは、特殊な素質があるか高度に訓練された人間だけです。
○        いくら正義を提示されても、ぶっ殺してやりたいほど憎い相手以外はそう簡単には殺せないものです。


 ┳
○○○○     さて、ここから少々踏み込んだ内容に入りましょう。
○○○      一般論として、「正義が人を殺す」という言説がございます。四代氏も引用されました人口に膾炙した言説です。
○○       アニメなんかでもよくネタにされますので、まあ皆さんよくご存じでしょう。



 ┳
○○○○     正しくは、「正義で人を殺させる」です。
○○○      正義は人を殺しません。
○○       何故なら、「殺人は正義ではない」からです。



 ┳
○○○○     やり方をご説明いたします。正義によって人に人を殺させるには、先に述べた二つの段階を踏まえます。
○○○      第一に、「正義を利用して憎悪を煽る」段階。
○○       第二に、「蔓延した憎悪を正義で起爆する」段階。
○        第一段階は元からの社会情勢によっては省略できますが、概ねこの二段階によって組織的殺戮は達成されます。


 ┳
○○○○     結論を申し上げますと、例え正義があったとしても、それだけでは内乱にはならない。
○○○
○○       ――アメリカ人がアメリカ人に鉛弾ぶち込んでやりたいと願っていない限りは。



 ┳
○○○○     上記の結論を四代氏も恐らく分かってはいたのでしょうが、ネット掲示板という場を弁え、不特定多数のスレ民に動揺を与えまいという深慮遠謀を以て、賢明にも口を慎まれたのでしょう。
○○○      しかしながら氏の論において、この点が引っかかっていそうなスレ民を散見いたしましたので、僭越ながら補足させていただきました。
○○       以上となります。






4165 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:55:57 ID:9WbNdb0E


戦士学解説番外編 殺人の解剖と普通の人


          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |  ひさしぶり、今回は戦士学とはちょっとずれるけど、
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|. 人はどういうときに人を殺すのかという殺人学のお話をするよ。
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″ ちなみに戦士学はこれをベースにしたうえで、
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    `二´    / l゙   .|/ .l     .どうやって兵士に人を殺させるかって学問なの。
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.::.:.:.| |.:.:.:.:.:.:.:.|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|


                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |ソヘミ ー<厶/`У / /
.                ∨ | トx≠ミ   x=ミ.∨ / /      ちなみにフードの変な人は、パイロットの私に解説させているのに
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  マ__フ  〉/ /´ |      戦術機を批判しようとしたせいで、反革命分子とみなされて
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\    .シベリア送りになったからいないよ。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  \
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }

.


4166 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:56:46 ID:9WbNdb0E




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .       /   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l  .まず、葡萄さんが言っていた殺人を犯す原因の憎悪、恐怖、責任感だけど
       .|│ ||.|  .ト、    -─-    / l゙   .|/ .l
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |   すごく核心に近いの、
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |  .それで、それがどうして殺人に結びつくのか、一つ一つ見ていくね。
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|



        ____
      /    :\
    /        :\    まず、憎悪がなぜ殺人に結びつくのか、
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧  . それはね。”相手を同じ人間として見なくなるから”
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|
  | :| |/示    示ヘ| | :|   なの。
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |   ..人間じゃないものは殺しても心が痛まないから、人間を殺したことを否定できる。
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ  .....憎悪によって相手の人間性を否定すると殺人へのハードルが下がるの。
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \  ..もちろん、頭に袋をかぶせて相手のシルエットから人間性を奪ったり、
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ   宗教的に人間じゃない判定を出すことでも同様に殺人のハードルが下げられるの。

.


4167 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:57:25 ID:9WbNdb0E




                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /             次に恐怖
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |             これはどちらかというと理性が薄れて、感情や体が動く状態
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\          いわば、肉体が自動化された状態なの。
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧          戦士学では、訓練でこの状態でも適切に動けるようにするの。
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵          普遍的人間恐怖症って覚えてるかな?
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |
  { /     '∨ヽ    {        ∨ /   ∨     Y       }  }    /
  |./    ./  〈    〉      ∨     \   j     /  ./   /



        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|   この状態だと理性のストッパーがあんまり働かないけど・・・
  | :| |/示    示ヘ| | :|
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/   .逆に本能的な部分での殺人忌諱も出ちゃうから、
   .| | | 》     `  《| | |
   .| | |\_二_/| | |   ..ちゃんと殺すか、逃げ出しちゃうか、殺さず脅そうとするか、降伏するかは
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |
  /| |\o\/o/| |ヽ  .....本人のこれまでの経験や訓練、性格が出るの。
 /_ | ||二└┘二| | | /|
  / | .|     Y   Y | \
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ

.


4168 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:57:57 ID:9WbNdb0E




          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|    .最後に責任感、
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |   これは権威に対する服従と共同体に対する服従に分けられるけど
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|  ...権威に対する敬意や、集団の自己同一性や人数、
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″   そしてその正当性によって、
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l        それらが指示する殺人へのハードルが下がるの。
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|


                    /´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
                   / 厶         \
                 / ,  厂´ / /  ヽ  i  ∧
             / / / / / ,イ   j}  } Y  ∧
                イ /  {斗┼ミ{   //_ / j j  }
            ヽ{  | |芹云 ー<厶/`У / /
.                ∨ | ト じツ    じハ∨ / /    私たち軍人は、この三つをうまく使い分て、人を殺すの。
                 } ! !}〉   '   _ン' //{
                  / }| |ト、  っ  〉/ /´  |    だから基本的に、このどれかがそろわないと人を殺せないの。
               / / } }} r≧iュ≦彡 {─‐ ヘ
           __厶イ_ノ ノ⌒} ∨─ イ. |⌒∨∧\
          / ∨ //\_」7´ ̄ ̄}  |  ∨∧ \
         /   }イ/_   _>─<! .|.   ∨∧  \      でも、例外がいる
       /   /イ ⌒ヽ 丁/      |  |    ∨ ̄\  \
        /  /       Y   >ァ .|  ト、   }∵  /   \
.    /{  {  > ーュ──≦/∠_. 从ノ }    |  ∧ \   \
.   / イ_>-=ニ彡ィ乃 ` ̄´{   ` <_,丿   ∨/  }  \   \
 / /≧イ  r'ニ三≦ノ     \_   `>、 /}´ /  、  \    \
/ /⌒7_ノ /  `フ<´ ̄< ̄ ̄ ̄`\       ヽ {′ \ \  \
./   ∧_/ /⌒7 ̄´     \     \       |     ∨ ∧   ヽ
    / / /  | /         \     人\    }    ∨ ∧    }
.   / 〈/    .|′          }   {  \ >-'      }  }    |
  /  /   ∨ /           /  /∨  `ヽ.       |  |    |
  { /     '∨ヽ    {        ∨ /   ∨     Y       }  }    /
  |./    ./  〈    〉      ∨     \   j     /  ./   /

.


4172 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/12(火) 23:59:09 ID:9WbNdb0E



        ____
      /    :\
    /        :\
    / ::/〕 |   ::〔ヽ ∧
  /  :| :__|_:|  |__L| ::∧  ...そう、以前話した人口の2%を占める社会病質者(ソシオパス)の人、
  | :| |:イ/Lハ_|__L| | :|
  | :| |/示    示ヘ| | :|  ....この人たちは正当な理由が与えられれば、憎悪や恐怖、指示がなくても、
  \| |ヒ0ソ   ヒ0ソ| |/
   .| | | 》     `  《| | |   ....人を殺すことができるの。
   .| | |\_二_/| | |
   .| | |.ヘ ̄凵 ̄ヘ| | |   ....もちろんできるというだけで、特別攻撃性が高いわけじゃないよ?
  /| |\o\/o/| |ヽ
 /_ | ||二└┘二| | | /|  ......権威に反抗的という分析もあるけど
  / | .|     Y   Y | \
  /ニ/|人___人___ノ:|二/
  V  | | ) /    く | | ヽ





          /     /                |    ヽ
       /      .v/    /           .|,     .ヽ
      ./      /|      |、   .|   |、 l|l.      ミ
     /       |ミ|  ,|   ||   |ミ   ミ .|ミ|  1   ..|
     /  r    .|ミソ .|l、  | .|   .||  | .|ソ  │   .|
    ,|  |′ ,  |,.-ム-lリ―.||,.l、   | |,,,,,__|| ||   .l |   |   よく”普通の人”ならこれ位なら殺人を犯せない。
    .,|  l゙  |  .゙{ ,|.| .],l、 .||.||   l|.|、 .]l'=l||  │ ヘ  |
    .l  .|   |  l_,|ィぅ示ト-┘||_,-テ示ミy、.||゙'‐  |  |  .|  っていうけど、その”普通の人”って
    .|、 |   .|   |/{r|_ ,j::}.      .{r|:::::j:}..}.|   /  .|  .|
     `-.|   .|  'lヽ之少.      乏沙´.l/   .|  .|   |. .人口のどれくらいでどんな人の事?
       |-|、 |   l.       .     "/   .|  ,l-=''″
       .| |.゙ミ,l.   |               ./|   .| .,/l
       .|│ ||.|  .ト、    ー─    / l゙   .|/ .l     それに、もし整っている人が権威として指示を出したら、
       .| | .l ヘ  .| .|`'i、       /| |   /|  |
       .l/ ,/  .|  |,. -|,,,`''ー- -‐‐~i,_ .l /  / .l  |      それに正当性があれば、”普通の人”に限らず、
       l゛/    |  |`''''ー`-─--‐''" |.| |  ./  .l  |
      ./    ._l  |.:.:.:.:.:.:.::.| |.::.:.:.:.:.:..|.|゙} │  .|,  .|     だれでも人が人を殺せる条件は整うよ。
      / ...__..,.:.':│  lン;;、_:.:.:.:L|.:.:.:.:.._メ.:.│ .ト、_|. .|
   .r='"´.:.:._,,.:.:-ソ  |` ミ=='|==彡メ゛.:l. .|''‐-.二''ー、
  ./::::゙ミ ̄゛.:.:.:.:.:.|   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ  ヘ.:.:.:.:.:.:.:.`゙l ミ、
  /.:.:.:.:.:.ミ.:.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヘ.:.:.:.:.,.:.:ノ::::::|
 .|.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:.:.:.:../  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ ヽ }/.:.:.:.:.|
 .l.:.:.:.:.:.:.:.│.:.:./   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.ニ三ゞソミ ゙,ニ|.:.:.:.:.:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:/   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|三三三ヘ ヘ.|.:.:.:.:.:.:.|

.


4175 : ◆GI6LgZV2Eg : 2021/01/13(水) 00:00:21 ID:Ru4Grd3Q


以上です。
元ネタは戦場における人殺しの心理学です

注)ソシオパスの人を差別したり悪く言う意図はありません。
むしろさりげなく普通の人の分類から除きそうになるのが怖い・・・


4177 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:20 ID:A18cKy8.

普通というのも所詮はその状況下における多数くらいの意味しかないからなぁ……乙ー


4178 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:30 ID:ZShDXnfg

人を殺してはいけませんの道徳教育と、
殺人で受ける刑罰と社会的リスクを知識として持ってる人間のうち、
10人中5人が殺さないラインが”普通の人”が殺人を犯せないラインかなって思ってる


4179 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:41 ID:90DnZuPo

投下乙
中々、人を殺すのにはハードルが有りますなぁ。
そうやって、傷付いて帰って来た兵士に罵倒を浴びせる、マスコミって連中がいるってランボーで言ってた!


4180 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:02:42 ID:0xrPtRvI

乙です。

やっぱこういうの効いてるとそんな教育されたエリートの中でも
ぶっこわれる人間が出るゲリラ戦やテロリストの戦いの恐ろしさを実感するねぇ・・・


4181 : 尋常な名無しさん : 2021/01/13(水) 00:03:40 ID:x/t4wCbY

投稿乙ですー
戦士学はそこまで踏み込むんですねー


関連記事
[ 2021/01/15 22:21 ] 語り人総合 読者投稿 | TB(0) | CM(4)



以上の内容はhttps://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-48853.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13